脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【韓国学生】 百済人、陶工、渡来人、朝鮮通信使など…韓半島文化を伝えてあげた「栄辱の地」日本を歩く

1: LingLing ★ 2024/05/31(金) 23:42:29.58 ID:/v9+6zbF
忠南学生たち、韓半島文化を伝えてあげた「栄辱の地」日本を歩く
-忠南教育庁忠武教育院主管「創意融合人文学紀行」3日間
-百済のきらびやかな交流に学生たちの自負心と歓呼の声相次ぎ
-武寧王誕生地先献花・黙祷後の海洋ゴミ浄化活動も
-歴史歪曲・朝鮮侵攻の背景説明には残念なため息と嘆き

忠南教育庁忠武教育院が主管する創意融合人文学紀行団が、24日から30日まで日本体験学習に出ている。

今回の人文学紀行は、体験活動を通じ学生たちに歴史と市民意識を鼓吹させて、歴史・文化・生態感受性と人文学の想像力を植え付けるためのプログラムだ。

忠南道内の高校1年生30名ずつ、3つの紀行団を選抜し、それぞれ歴史と文化、生態を主題に日本の関連地域と名所を探訪している。

今回の探訪を通じ、百済の優秀な文化伝播の裏面で起きた日本の韓半島侵略と関連した悲しい歴史の現場は、多くのことを示唆している。

日本の歴史で古代から韓半島と関連したものには、きらびやかな文化の伝達にもかかわらず、大部分に疑問符がつけられているのだ。

特に近ごろ、技術と文化を伝えた韓国の影響力を縮小するために、「渡来人」をうちうちに韓国ではなく「大陸」から伝わったとし、意図的な歴史歪曲を試みているという。

忠武教育院の「創意融合人文学紀行」は、歴史はそうだとしても、日本にそのまま生きている我々のきらびやかな文化遺産をどう受け止めるべきだろうか、という悩みの中から出発した。

文化紀行団は7日間、日本の北九州関西地方探訪を皮切りに大阪まで続く。

初日の24日には、韓半島の農耕文化が伝来した九州佐賀県の吉野ヶ里村遺跡から、1592年壬辰倭乱の時、故郷の公州から九州に連れて行かれ、陶磁器の神として崇められるイ・サムピョンを祀る神社、名もなく消え失せた朝鮮陶工たちの魂が宿る「陶工無縁塔」と梅花園にある「高麗人の碑」を訪ねた。

続いて25日の2日目には、壬辰年、朝鮮侵略の前哨基地だった肥前名護屋城跡と百済武寧王の誕生洞窟がある加唐島を訪問した。また、羅唐連合軍の攻撃に対備した防御施設の太宰府庁舎跡と、百済王仁博士の後孫で学問の神と呼ばれる菅原道真を神として祀った太宰府天満宮を体験した。

26日の3日目には下関に移動し、朝鮮通信使の足跡が残っている赤間神宮と上陸記念碑をはじめ、清・日講和記念館、近代化の産物である門司港を探訪し、日本文化とその中に息づく我が国の文化を探った。

探訪の第一歩として訪れた吉野ヶ里(良い平野という意)は、約3000年前に村が造成され、韓半島の農耕文化が伝来したところだ。

日本最大の村の遺跡であり、総300mにわたって約500基からなる甕棺墓と、約2100年前の歴代王やそれに次ぐ身分の貴族が埋葬された北墳丘墓など、31軒の建物が考証によって、きれいに復元されていた。

ここで学生たちは、漢江(ハンガン)下流から錦江(クムガン)まで続く中西部海岸地域で初めて登場した土器と銅剣などが、日本列島でも発見され、我々の文化が伝わったという事実に大きな自負心を感じるように見えた。

ある学生は「我が民族が昔から東洋文化の形成に積極貢献し、世界文化の発展に大きく寄与してきたという事実に胸がいっぱいだ」と話した。

しかし、韓国と日本が今享受している文化恵沢がどのように行われたのか探索する過程で、崖に突き当たるように見えた。

数千年にかけて文化を伝えて交流してきた日本が、侵略と植民政策で韓半島の歴史と文化を歪曲して愚民化しようとしたという事実に、理解することができないという反応だ。

百済人たちから受けた文化伝授の恵沢だけでも計りしれないのに、むしろそれを否定して蔑視する風潮まで見せているからだというのだ。
(つづく)

ホン・ソクウォン記者

ソース クッキーニュース(韓国語)
https://m.kukinews.com/newsView/kuk202405270014

続きを読む

【韓国・ハンギョレ】 「被害者がどこにもいない強制動員『第三者弁済案』、誰がみても変だ」

1: 仮面ウニダー ★ 2024/05/30(木) 13:28:57.31 ID:D+mU7zmz
[インタビュー]山本直好|「日本製鉄元徴用工裁判を支援する会」事務局長
no title


 「『第三者弁済』というアイディアで韓国と日本の友好を“演出”できるかもしれません。
しかし、この案のどこにも被害者はいません」

 25日、ソウル市龍山区(ヨンサング)の植民地歴史博物館で会った「日本製鉄元徴用工裁判を支援する会」の
山本直好事務局長(59)は、尹錫悦政権が韓国最高裁(大法院)の強制動員被害者賠償判決に対する問題解決策として押しつけている
「第三者弁済案」について、「誰がみても変な方法」だと批判した。
この案では、日本の加害企業ではなく、韓国の日帝強制動員被害者支援財団が賠償金を代わりに支払う。

 山本事務局長は、民族問題研究所が植民地歴史博物館で「日帝強制占領下強制動員被害真相究明などに関する特別法」制定20年など
を記念して開催している「強制動員被害者運動記録写真展」(5月24日~7月21日)に参加するため、ソウルを訪れた。
山本事務局長が所属する「日本製鉄元徴用工裁判を支援する会」は、日本製鉄に強制動員された韓国人被害者の損害賠償訴訟を
支援するため、1995年に結成された日本の市民団体だ。
山本事務局長は、太平洋戦争のA級戦犯が合祀されている靖国神社に無断で合祀された韓国人の名前を削除するための運動、
そして、日本政府を相手取り、韓日国交正常化交渉に関する外交文書の情報公開を要求する活動にも参加している。

 大学時代に差別を受けた人たちの歴史を勉強して平和運動に参加した山本事務局長と朝鮮半島の縁は、
公務員生活をしていた1993年ごろに始まった。
「在日朝鮮人被爆者たちが、昨日までは日本人として扱われ、戦争が終わると、あらゆる治療を受けられなくなり
排除されたという事実を知りました。(日本の)植民地支配の残酷さに怒りを感じ、そのときから本格的に活動を始めました」

 そのようにして始めた支援活動は、30年以上にわたり続いている。
山本事務局長は、日本製鉄鹿島製鉄所の強制動員被害者の遺族であるイ・サングさんが「山本さんは長い間、韓国人被害者を助け、
一度も揺らいだことがない」と話したことが最も記憶に残っているという。
「私がしていることは、被害者と遺族の苦痛に比べれば取るに足らない、とても小さなことにすぎないかもしれませんが、
このように活動を評価して私の気持ちを分かってくれたことが、本当にうれしかったです」

 山本事務局長はこの日、「強制動員問題解決と過去清算のための共同行動」の矢野秀喜事務局長、
「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」の市場淳子会長、日本製鉄訴訟の支援活動を行っている中川美由紀さん、
中田光信さんと一緒に参加した。いずれも、韓国人強制動員や被爆被害者とともに戦い、被害者の尊厳と人権回復のための
長い歴史をともに過ごしてきた人たちだ。

 山本事務局長が支援活動を続けた間、日本と韓国で続いた強制動員損害賠償裁判は浮沈を繰り返した。
強制動員被害者が1997年に大阪地裁に新日本製鉄(現:日本製鉄)を相手取り損害賠償訴訟を起こしたが、2003年に最高裁で
敗訴が確定した。韓国で日本製鉄による強制動員被害者が2005年にふたたび訴訟を提起し、2008年にソウル中央地裁でも原告敗訴の
判決が下された。2012年に韓国最高裁がこの判決を破棄して差し戻した。
そして2017年、韓国最高裁は日本製鉄が被害者にそれぞれ1億ウォン(約1100万円)支払うよう命じる歴史的な確定判決を出した。
しかし日本政府は、この判決が韓日請求権協定に違反するとして、輸出規制等を通して韓国政府に圧力をかけた。
結局、昨年に尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が第三者弁済案を解決策として押しつけたが、真の解決策にはなっておらず、
山本事務局長の困難な活動は今も続いている。

ホン・ソクチェ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
登録:2024-05-30 08:31 修正:2024-05-30 09:16
https://japan.hani.co.kr/arti/international/50164.html

続きを読む

【韓国神話】 新羅の「延烏郞と細烏女」 倭の王と王妃になり、武器製造技術と絹織技術を伝える

1: LingLing ★ 2024/05/28(火) 23:30:39.41 ID:rB3c23Gf
神話中の歴史13、延烏郞(ヨノラン)と細烏女(セオニョ)
-延烏郞と細烏女 、倭の王と王妃になり 武器製造技術と絹織技術伝播

浦項(ポハン)市が新羅時代、延烏郎(ヨノラン)と細烏女(セオニョ)が倭に発ったところとして伝わる迎日湾(ヨンイルマン)地域に、延烏郞と細烏女のテーマパークを造成している。
no title


延烏郞と細烏女夫婦は、新羅の阿達羅(アダラ)王時代に倭に拉致され、小さな国の王と王妃になったという説話で伝えられている。

延烏郞と細烏女の拉致で新羅に太陽と月が消えて、暗闇が覆った。阿達羅王が延烏郞と細烏女に帰って来るよう要請したが、彼らは既に倭の王になった。王は彼らが送った絹で祭祀を執り行うと、太陽と月が再び現れたと伝わる。

学者たちは、延烏郞と細烏女が祭祀を執り行う巫堂(ムーダン)だったと推測するなど、解釈がまちまちだ。

阿達羅王当時、新羅は外勢の侵略と内紛が起きて、政治が大きく揺らいだ。結局は朴氏王朝が阿達羅時代に幕を下ろし、昔氏王朝が始まった。延烏郞と細烏女についての説話も、このような政治的な現実を隠喩して製作されたものだ。

◆神話伝説:延烏郞王になる
新羅の阿達羅王時代に、東海の海辺で延烏郞と細烏女夫婦が幸せに暮らしていた。ある日、延烏郞が海に出て海藻を採っていたが、突如、彼が座っていた岩が動き始めた。延烏郞が岩から降りる前に、岩が海の上を速く走り、いつのまにか倭にたどり着いた。

倭の人々が「おお、あなたは平凡な方ではありません。どうか我々の王になってください」と懇請した。延烏郞は彼らの切実な請いを受け入れ、倭の王になった。

一方、細烏女は海に出た夫が日が暮れても帰ってこないと、おかしな気がして海辺に出て夫を探し回った。そうしていると、岩の上に脱いでおいた延烏郞の履物を発見した。驚いた細烏女が履物を持ってよく見ていると、岩が動いて速く走り、延烏郞が留まっていた倭に到着した。

倭の人々が延烏郎にこの事実を知らせた。延烏郞が海辺に駆けつけてみると、それは他ならぬ自身の妻の細烏女だった。2人はうれしさで互いに抱擁して喜んだ。そうして細烏女は倭の王妃となった。

ところが、延烏郎と細烏女が倭に行って以降、新羅ではおかしなことが起きた。突然、太陽と月が光を失ってしまったのだ。

阿達羅王はなぜこのようなことが起きたのか不思議に感じて、星座を読んで未来を見通すことができる日官に事の顛末を調査させた。日官は「近ごろ、太陽と月が光を失った理由は、太陽と月の気運が我が国になく、倭に行ってしまったせいです」と報告した。

王は使臣を送って、2人を取り戻すように言った。しかし、延烏郎は使臣に「私がこの国に来たのは天が決めたことだから、どうやって戻ることができるだろうか。王妃が織った美しい絹をあげるから、帰ってそれで天に祭祀を行いなさい。そうすれば、太陽と月が再び光を取り戻すだろう」と話した。

使臣は延烏郞が授けた絹を持って帰ってきて、阿達羅王に顛末を報告した。王は臣下たちに命令し、延烏郎の言葉通り、天に祭祀を執り行わせた。

すると、本当に太陽と月の気運が戻ってきた。阿達羅王はその絹を国家の宝物にして、王室倉庫に保管させ、その倉庫を貴妃庫(キビゴ)と呼んだ。また、天に祭祀を執り行った場所は、迎日県(ヨンイルヒョン)または都祈野(トギヤ)と呼ばれた。

延烏郎と細烏女の説話を通じて、当時の政治的状況を調べなければならない。阿達羅王は朴氏で、新羅の始祖・朴赫居世(パクヒョッコセ)は明るい光で世の中を治めるという意味だ。太陽と月の気運が消えたということは、朴氏王朝が終わったことを意味する。

また、この時代には新羅の文化が日本より先にあったから、日本に文化を伝えることは一般的な事だった、ということを理解させる。
(省略…)

カン・シイル記

大邱日報
https://www.idaegu.com/news/articleView.html?idxno=604478
関連【海藻】 韓国は「世界ワカメ文化発祥の地」 ビールが緑色?慶尚北道の奇抜な挑戦[07/16] [LingLing★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1657967725/

続きを読む

【日韓歴史】 日本酒醸造、文禄・慶長の役で捕らえられた朝鮮人が教えた

1: LingLing ★ 2024/05/08(水) 21:04:36.62 ID:ujAdOOeL
日本酒醸造、壬申・丁酉の乱(※文禄・慶長の役)で捕まった朝鮮人が教えた
キム・ムンギル韓日文化研究所長、文献・醸造所など確認

約420年前酒を発酵させた大釜
no title

朝鮮人が伝えてくれた技術で製造し販売中の様々な日本酒。壬辰倭乱後、朝鮮人が教えてくれた酒を仕込む過程を描いた絵。倭将相良肖像画
no title


[蔚山=ニューシス]チョ・ヒョンチョル記者=壬辰倭乱・丁酉再乱の時、倭将の相良頼房が酒を作る朝鮮技術者を大挙引き連れ、故郷に醸造所を作って、今日でもその地域の銘酒として製造中だと知らされた。

「壬辰倭乱は文化戦争だ」の著者キム・ムンギル所長(韓日文化研究所・釜山外大名誉教授)は、豊臣秀吉の命令により朝鮮に出兵した倭将・相良の故郷を訪問し、朝鮮人酒製造技術者を連れて行った文献と醸造所を見学・確認したと7日、明らかにした。

キム所長によると、壬申倭乱当時、豊臣は朝鮮の技術者を捕まえるよう命令した。この命令文書は国立神戸大学図書館の鍋島史料館が保管している。

「朝鮮から多くの技術者(細工)を捕まえてくる時、甚だしくは針仕事が上手な女性は別途、城(豊臣居所)に送るよう命令した」という記録と一緒に「(豊臣の命を受けた倭将)鍋島・相良は酒造りの技術者を自身の故郷に連れて行き、相良酒蔵を作った」と記されている。

熊本から出兵した加藤清正も丁酉再乱の時、蔚山城の戦闘中に酒を作る技術者を引き連れ、故郷の熊本で酒を製造するようにした。熊本の住民たちは酒造法を伝えてくれたことに、ありがたみを示す次元で、西生浦(ソセンポ)倭城訪問答礼文化交流の時に、作った酒を持ってきたことがある。

キム所長が確認した「相良酒」は、相良の故郷・熊本県人吉市の銘酒だ。

キム所長は、「倭将の名前を冠した相良酒は壬辰倭乱と丁酉再乱当時、蔚山城の戦闘で戦死した朝鮮人の耳を切って耳塚を作って、その地方に伝来させたこの酒で祭祀を行うこともあった」と伝えた。

加藤清正の朝鮮進軍に加わった相良は、酒を仕込む製造法(発酵)を故郷の住民に直接教えた。今でも彼が眠っている本妙寺に文化財級宝物館を作って製造法を保管している。

加藤は酒や陶磁器など朝鮮の技術者たちで朝鮮人村を作り、「唐人町」と命名した。倭人たちは壬辰倭乱の時、朝鮮を「唐国朝鮮人」(唐人)と呼んだという。

相良が住んでいた熊本には「蔚山町」がある。

キム所長は「熊本に行ってバスに乗ると、『ウルサンマチ(蔚山町)で降りてください』と案内をする。蔚山町に住む人は蔚山姓、西生姓(蔚山[ウルサン]蔚州群[ウルジュグン]西生面[ソセンミョン]から来た後孫)を持つ人が多い。電話番号簿を見ると、蔚山町に住む人が数千名になり、全国に多くの人がいる」と明らかにした。

「相良酒の種類は多様だ。工場を訪れて酒を作る過程を見れば、朝鮮人が活躍した歴史を鮮やかに見ることができる」とし、「昔の手作業で酒を発酵させる釜があり、発酵させる方法、酒を作る過程記録がある。耳塚がある近く市街にさまざまな醸造所があって、酒の種類も多様に生産している」と伝えた。

チョ・ヒョンチョル記者

ニューシス(韓国語)
https://n.news.naver.com/article/003/0012532447

続きを読む

【韓国】 伽耶学術大会、「日本郷歌は古代韓半島語」…日本に古代文化伝播

1: LingLing ★ 2024/05/06(月) 00:14:20.22 ID:J3/X37hD
伽耶学術大会、「日本郷歌(ヒャンガ)は古代韓半島語」…日本に古代文化伝播

・(社)伽耶文化振興院主催、4月27日に国立金海博物館で
・キム・ムンギル教授、崇神以前は神話的な存在で、後世の創作人物
・キム・ヨンフェ室長、漢字の意味から我々の言葉を表記したのが古朝鮮の郷歌法
・トミョン僧侶「学術大会が統合発展の学問的土台になるように」

今年で9回を迎えた「伽耶文化振興学術大会」が27日、国立金海博物館で韓日文化研究所のキム・ムンギル所長(釜山外大名誉教授)の基調発題を皮切りに、東国大世界仏教学研究所(郷歌・万葉集研究室)のキム・ヨンフェ研究室長とブッダパラ僧侶、鮮文大イ・ファソン研究教授の発表と仁済大パク・ジェソプ名誉教授が座長として討論が続いた。

日本の中・高等学校の歴史教科書から崇神天皇を挙げ、崇神王朝または三輪王朝あるいは入彦王朝などの名称を使っている。日本でいう10代の崇神天皇とは誰なのか。

キム・ムンギル名誉教授は、「崇神天皇は伽耶氏族だ」という主題の基調発題で、「駕洛王国の氏族である金海金氏のある王族が日本に入って強い統治力を発揮した」とし、その天皇がまさに「崇神天皇で、本名はミマキイリヒコ」と明らかにした。

日本が、統一国家以前は部族の力がある統治者が存在する程度であって、きちんとした国家の役割は行うのが難しく、統治体系を備えた王はまだいなかったというのだ。

キム教授は「10代天皇の崇神天皇以前は神話的な存在で、後世に創作されたものと考えられる。統治体制を備えたのは崇神天皇の時からであり、彼が伽耶金氏すなわち金海金氏の後裔」と強調した。一方では、崇神天皇も実存人物ではないとの主張もした。

日本と駕洛国は距離上最も隣接した所で、強い勢力を持つ鉄器文化の発祥地である伽耶(駕洛国)の文化が、日本の九州地方を経て大和に伝播したことで、日本が古代文化の花を咲かせることができたという視点だ。

続いて、「伽耶表記法と、『万葉集』・『古事記』・『日本書紀』の中の郷歌との関係」を発表した東国大キム・ヨンフェ研究室長は、古朝鮮に我々の言葉の表記法と郷歌製作法があったとしながら、「古朝鮮の表記法は、伽耶の首露王(スロワン)によって重要な進展を見ることになった。伽耶の一部の政治指導者たちが古代表記法と郷歌製作法を持って日本列島に渡り、郷歌を製作した」と明らかにした。その根拠として、「西暦300~700年代に彼らが作った郷歌作品の数々が、日本の『万葉集』、『古事記』、『日本書紀』に収録されている」と話した。これらは、「日本列島の郷歌は、漢字を利用して古代韓半島語で表記された作品」ということだ。

さらにキム室長は、我々の既存郷歌に対する新しい解釈がなされるべきとし、「古朝鮮郷歌表記法」を提起した。 (省略…)

時事フォーカス(韓国語)
https://www.sisafocus.co.kr/news/articleView.html?idxno=316865

続きを読む
スポンサーリンク

スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト