脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日本

【読売新聞】 日韓関係「良い」は13年ぶり50%台に、韓国でも2年連続の4割超え…日韓共同世論調査

1: @仮面ウニダー ★ 2024/06/11(火) 07:16:12.39 ID:S9Qk9ISN
 読売新聞社と韓国日報社は5月24~26日に共同世論調査を実施した。現在の日韓関係を「良い」とした人は、
日本は50%(前回2023年調査45%)に上昇、韓国は42%(同43%)で横ばいだった。
日本で50%台となったのは2011年調査(53%)以来で、韓国では2年連続で4割を超えた。
昨年来、両国政府の関係が良好なことが、国民の意識にも表れたとみられる。

 相手国に親しみを「感じる」との回答は、日本が48%、韓国が33%で、同じ質問を始めた13年以降、いずれも最も高かった。

 日米韓の3か国が、安全保障の面で連携を強化することについては、「賛成」が日本で86%、韓国も79%と高かった。
安保を巡る日米韓の枠組みが日韓関係の改善にも影響しているとみられる。
自国にとって、米国と中国のどちらが重要になると思うかは、日本では米国73%、中国19%、韓国では米国68%、中国28%だった。

 今後の日韓関係のあり方について、日本では「歴史認識を巡る問題で隔たりがあっても、友好関係を深めた方がよい」が57%で、
「歴史認識を巡る問題で隔たりがある限り、友好関係を深めるのは難しい」の41%を上回った。
韓国では「友好関係を深めた方がよい」の49%と、「友好関係を深めるのは難しい」の50%が拮抗(きっこう)した。

 韓国政府は昨年3月、元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)訴訟問題を巡り、韓国の財団が日本企業に代わって
賠償金の相当額を支払う解決策を決定した。
日本でこれを「評価する」とした人は51%(前回57%)で、「評価しない」が39%(同31%)、
韓国は「評価する」が34%(同36%)、「評価しない」が61%(同59%)だった。

 日韓ともに、少子化が深刻な問題となっているが、政府の対策を「評価する」との回答は、日本が18%、韓国が21%にとどまった。

 調査は、日韓とも18歳以上の有権者を対象に電話方式で実施。日本では1045人、韓国では1000人から回答を得た。

6/11(火) 5:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c8fbe83764fd054790f6402eca509c1f41af2e7

続きを読む

靖国神社の「放尿テロ」をマスコミが頑なに「落書き事件」と矮小化する、あまりにもセコい理由

1: @仮面ウニダー ★ 2024/06/08(土) 07:16:04.97 ID:oDs0ZODB
● 「落書きをする前に放尿」 なぜマスコミは報じないのか
 ちょっと前、「報道の自由度ランキング」で、日本が世界180カ国中70位と先進国の中でずば抜けて低いということが話題になった。
マスコミは「国家からの圧力ガー」と毎度お馴染みのサムい言い訳をしているが、海外の専門家たちはずいぶん昔から
「記者クラブという日本独自の制度による自主規制が元凶でしょ」と冷ややかに指摘してきた。

 わかりやすく言えば、「政府のおえらいさんがそうおっしゃっているんだから、そういう風に報じますね」という感じで、
得意先に出入りする営業マンのようなサラリーマン記者の割合が、他国より多いのだ。

 そんな「ムラ社会の自主規制」がこれ以上ないほどわかりやすく表れているのが、今回の「靖国神社の落書き事件」である。
東京・靖国神社の石柱に中国人ユーチューバーが「toilet」(トイレ)とスプレーで落書きをした事件だが、
実はその前にこの男性は「放尿」をしている。本人も日本テレビのインタビューで、「落書きをする前に、便所でやるべきことをやった」
(日テレNEWS 6月4日)と認めているのだ。

 しかし、マスコミ報道をご覧になるといい。タイトルは申し合わせたように「落書き事件」「落書き男」「靖国落書き」が
圧倒的に多い。「放尿」という見出しが踊るのは、週刊誌メディアや個人の寄稿記事など、かなり少数派だ。
これは世界の常識に照らし合わせれば、「異常な自主規制」である。

 ご存知のように、靖国神社は宗教施設である。日本人の間でも色々な捉え方の違いがあるにしても、そこには亡くなった人たちの
魂があるとされ、多くの人が参拝をしている事実がある。そういう「信仰」や「死者の魂」に対して放尿をするという侮辱行為は、
「日本政府への抗議」いう次元とまったく異なる犯罪なのだ。

 たとえば2012年、アメリカ海兵隊の兵士が、戦闘で亡くなったタリバン兵の遺体に放尿をする動画が流出、さらに米軍基地で
イスラムの聖典コーランや宗教文書100点を焼却していたことがわかると国際社会で大きな批判に晒され、
アフガニスタンでは抗議デモやテロが多発して多くの人が亡くなった。
これを受けて米軍もこの兵士を処分、オバマ大統領(当時)も謝罪に追い込まれている。

 つまり、激しく憎しみ合うような国家・民族間であっても、相手の信仰や尊厳を「放尿」で貶めるというのは、
「人として超えてはいけない一線」なのだ。激しい紛争が続く中東でも、エルサレムやメッカで「放尿テロ」があったなどと
聞かないではないか。

 そんな許されざる行為が日本の宗教施設で起きた。本来ならばマスコミはこの蛮行を国内外に広く発信し、個人の犯罪とはいえ、
中国政府に「遺憾」くらい言わせなくてはいけない。

 が、現実のマスコミは「落書き事件」ばかりを報じて、「放尿」の事実には目をつぶって鎮火しようとしているようにさえ見える。
これはさすがに「自主規制」を通り越して、「偏向報道」と言わざるを得ない。

 という話を聞くと、ネットやSNS界隈の皆さんは「親中マスゴミのもとに中南海(中国共産党中央幹部)から
報道統制のお達しが出たのだ」というストーリーが頭に浮かぶだろう。
ー中略ー

● 習主席が頭を抱える 中国人の放尿トラブル
 そう聞くと、「いやいや、確かに不名誉な話ではあるけれど、そんなことくらいで習近平に恩を売れないでしょう」と
冷笑する人も多いだろうが、「中国人の放尿問題」をナメてはいけない。実は「中国人=あたり構わず放尿をする」という
ネガイメージは、習近平主席が今最も頭を痛めている「反中感情」に結びついて、「反中デモ」にまで発展してしまうことが
わかっている。
ー後略ー
(ノンフィクションライター 窪田順生)

全文はソースから
DIAMONDOnline 6/7(金) 6:02配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/04bb3dec894797562206d7ec2b72becaa19a7fa5

続きを読む

日本、尹政権に『旭日旗掲揚に問題がない』との合意を要求

1: ばーど ★ 2024/06/03(月) 12:02:20.31 ID:cXbFNcKL
哨戒機めぐる交渉の最終局面の争点に…尹政権の反対で合意文に含まれず

韓日政府が1日、5年以上にわたり両国の軍事協力に障害となってきた「哨戒機問題(レーザー照射問題)」の再発防止対策に合意した中、交渉過程で日本側が「自衛隊の旭日旗使用に問題はない」という点を韓国が確認してほしいと求めたという。日本帝国主義が犯した「侵略戦争の象徴」とみなされ、韓国でかなり敏感に反応する旭日旗の公式使用を認めるよう日本側が合意を求めたのは、行き過ぎた要求と言える。

 読売新聞は2日付で、「照射問題」と関連し、「韓日交渉の最終局面で争点に浮上したのが日本の自衛艦旗(旭日旗)の扱いだった」とし、「日本側が自衛艦旗の掲揚に問題がないことを確認するよう韓国側に求めたが、韓国側は(哨戒機問題の)合意の見送りも辞さないとして態度を硬化させ、最終的に日本側が合意には盛り込まないことで譲歩した」と報じた。

 日本政府が韓国の強い反発を予想しながらも「旭日旗の掲揚」に合意するよう尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権に求めたのは、最近の韓日関係の変化を反映している。日本政府の悩みの種だった強制動員被害者賠償などの争点に対し、韓国世論の反対にもかかわらず尹大統領が一方的に譲歩する姿を見せたこと受け、これを機に長年の課題を解決するという構えだ。

 韓日軍事協力の拡大を名目に掲げた尹錫悦政権が、前任の文在寅(ムン・ジェイン)政権とは異なり韓国で旭日旗掲揚を許可したことも影響を及ぼした。昨年5月、韓国で開かれた多国間海上阻止訓練「Eastern Endeavor(イースタン・エンデバー)23」に参加するため、日本の海上自衛隊護衛艦が旭日旗を掲揚して釜山(プサン)港に入港した。読売新聞は昨年5月のこの事例を取り上げ、「尹政権は自衛艦旗の掲揚を認めており、『自衛艦旗は支障となっていないとの評価だ』(木原防衛相)と整理した」と強調した。

 これに先立ち、文在寅政権時代の2018年10月には、韓国政府が済州(チェジュ)国際観艦式に参加を予定していた日本の海上自衛隊艦艇に旭日旗の掲揚の自制を要請したことで、日本側が強く反発し、参加見送りを通知したこともあった。韓国側は旭日旗を「戦犯旗」、「日本帝国主義侵略の象徴」と捉え、使用を控えるように求めているが、日本側は自国の象徴という立場を貫いている。1998年の金大中(キム・デジュン)政権時代と2008年の李明博(イ・ミョンバク)政権時代も、非常に例外的に海上自衛隊艦艇が韓国海軍主催の国際観艦式に旭日旗を掲揚して出席したことはある。

 旭日旗は日本政府が1870年5月、陸軍旗に定めた。横134.2センチ、縦152.5センチの四角の中に太陽を象徴する赤い丸の「日の丸」を中心に周辺に16本の光線を放っている姿だ(十六条旭日旗)。1899年に海軍の軍艦旗としても採択された旭日旗は、陸軍と違い、日の丸の形が左に少し傾いている。その後、日本政府は1954年に自衛隊を作り、自衛隊法施行令を通じて旧日本海軍の軍艦旗を自衛艦旗として採択した。自衛隊法により、自衛隊の船舶は自衛艦旗を日の丸とともに掲揚しなければならない。日本の海上自衛隊艦艇が旭日旗を掲げる理由でもある。

東京/キム・ソヨン特派員

ハンギョレ 2024-06-03 06:00 修正:2024-06-03 07:09
https://japan.hani.co.kr/arti/international/50192.html

続きを読む

【東京新聞】 母の告白で「幸せ終わった」 日本提訴の元慰安婦遺族

1: 仮面ウニダー ★ 2024/06/01(土) 06:54:39.09 ID:nRf+kYWq
 【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国人女性の息子で、日本政府に損害賠償を求める訴訟を
韓国で起こした金栄萬さん(67)が31日までに共同通信の取材に応じ、1990年代に母が被害を告白した時から
「私の人生の幸せも終わった」と訴えた。日本政府に元慰安婦や遺族と直接向き合うよう求めた。

 韓国の裁判所で日本政府を相手取った慰安婦訴訟は、計2件の集団訴訟で日本敗訴が確定。
金さんはこれとは別に今年1月、単独で中部の清州地裁に提訴した。日本政府はいずれの訴訟にも出廷せず、賠償に応じていない。

 金さんによると、母の故吉甲順さんは17歳の頃、日本の慰安所へ送られたと話していた。
慰安婦問題が韓国で表面化した1990年代に、慰安婦だったことを家族に告白。
被害を思い起こした吉さんや、金さんの妻は黙り込むようになり「円満だった家庭の幸せは終わった」。
吉さんは98年に73歳で亡くなった。

 日韓両政府は2015年の合意で、元慰安婦を支援する韓国の財団に日本政府が10億円を拠出し
「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した。

2024年5月31日 21時04分 (共同通信)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/330769?rct=world

続きを読む

日中韓FTA交渉加速へ、3首脳が共同宣言を発表

1: ばーど ★ 2024/05/27(月) 19:45:15.59 ID:nSHgVnPd
【ソウル=原川貴郎、桜井紀雄】岸田文雄首相と中国の李強首相、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は27日、ソウルで日中韓首脳会談を開き、共同宣言を発表した。3首脳は、2019年を最後に中断している「日中韓自由貿易協定(FTA)」の締結に向けた交渉の加速で合意するなど、経済分野を中心に幅広い協力策を進めることで一致した。

日中韓首脳会談は19年12月に中国・成都で開かれて以来、約4年半ぶりの開催。日中韓が12年11月に開始を宣言したFTA交渉も、関係悪化を受けて途絶えていた。

共同宣言には「自由で公正で包括的な日中韓FTAの実現に向け、交渉を加速していくための議論を続ける」と明記。岸田首相は会談で「ハイレベルな規律を含め、未来志向のFTAの在り方について意見交換していきたい」と述べた。

3首脳は、3カ国の首脳や外相による会談を中断することなく、定期的に開く必要性を確認。3カ国協力の制度化を促進することが、北東アジア地域の平和と安定、繁栄にも寄与するとの認識を共有した。

岸田首相は、北朝鮮が27日未明に行った人工衛星打ち上げ通告にも触れ、「発射を強行すれば、国連安全保障理事会決議に違反するもので、強く中止を求める」と強調した。

首相は共同記者発表でも「北朝鮮の非核化と朝鮮半島の安定が日中韓の共通利益である点を改めて確認した」と説明。日本人拉致問題の即時解決に向け、中韓両首脳に支援を求め、理解を得たと述べた。

ただ、共同宣言では「朝鮮半島の非核化や拉致問題についてそれぞれ立場」を強調したとし、「朝鮮半島問題の政治的解決のために引き続き前向きに努力すること」に合意するとだけ記された。安保理でもロシアとともに北朝鮮を擁護してきた中国の意向が働いたとみられる。経済を除く、北朝鮮問題などでは日韓と中国の立場の違いが改めて鮮明となった。

産経新聞 2024/5/27 16:06
https://www.sankei.com/article/20240527-5CKLE7AEHZPCTBQTYP6V3GFF5E/

続きを読む
スポンサーリンク

スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト