脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

【韓国】ウェブトゥーン の利用時間は1年間で11.2%急落、2022 年をピークに成長が鈍化

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/06/15(土) 08:38:24.91 ID:sbU7HbHY
(機械翻訳)

韓国を代表するコンテンツ産業であるウェブトゥーンの成長が鈍化していることが判明した。COVID-19のパンデミックで爆発的に増加した国内のウェブトゥーンに費やす時間は減少傾向に転じており、バリューチェーン全体が揺れているようです。国内のウェブトゥーン業界が縮小すれば、映画やドラマ業界に悪影響を及ぼすのではないかという懸念の声が上がっています。

データプラットフォーム企業IGAワークスのモバイル指数によると、ネイバーウェブトゥーン、カカオページ、ネイバーシリーズ、カカオウェブトゥーンなど、韓国の主要ウェブトゥーンプラットフォームの総利用時間(Androidベース)は2022年をピークに減少傾向にある。今年の月間労働時間(4月時点)は99,494,725時間で、前年同月(112,101,581時間)から11.2%減少した。これは、昨年(5.8%)から大幅に減少しています。

国内のウェブトゥーン市場は、COVID-19の影響による非対面文化の広がりにより成長しています。4大ウェブトゥーンプラットフォームの月間利用時間(4月時点)は、2019年(91,993,557時間)から2022年までの3年間で29.3%増加しました。この成長傾向は、韓国コンテンツ振興院が今年2月に発表した「2023年ウェブトゥーンビジネス調査」レポートにも表れています。2022年の国内ウェブトゥーン産業規模は前年比16.8%増の1兆8290億ウォンだった。

ウェブトゥーン制作会社リアルドローのチェ・サンギュ代表取締役は「ネイバーウェブトゥーンやカカオページなど国内のウェブトゥーンプラットフォームは近年成長を維持しているが、これらのプラットフォームにウェブトゥーンを供給する制作会社の売上は、市場がピークを迎えた2022年以降、すでに減少に転じている」と説明した。韓国コンテンツ振興院は、2022年の韓国のウェブトゥーン制作会社の売上高を7,013億ウォンと推定しました。これは前年比5.5%減です。

ウェブトゥーン業界の低迷で様々な作品が公開できなければ、映画やドラマの分野にも火花が散るというのが業界内の見方だ。最近海外で人気が高まっている「引っ越し」「マスクガール」「スウィートホーム」「ぼくらの学校は今」などの韓国ドラマがウェブトゥーンをベースに制作されています。

https://n.news.naver.com/mnews/article/015/0004997258

*関連スレ
【起源主張】「韓国はウェブトゥーン発明国」…アップル・アマゾンよりネイバーとカカオが先んじていた [Ikhtiandr★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1718334192/
【韓国】 カカオピッコマ、ヨーロッパ進出から3年でウェブトゥーン事業撤収… 日本市場に集中 ★4 [5/13] [ばーど★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1715606518/

続きを読む

「韓国のコンビニは日本のコンビニを超えた」と韓国メディア、ネット「そもそも日本のコンビニをパクってきたのに」

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/06/15(土) 16:29:25.95 ID:sbU7HbHY
2024年6月11日、韓国・朝鮮日報は「韓国のコンビニエンスストアはかつて日本のコンビニをベンチマーキングしてきたが、『K-コンビニは日本のコンビニを超えた』と評価する声が上がっている」と伝えた。

記事は「コンビニ発祥の地は米国だが、日本には1974年にセブンイレブン1号店が誕生し『日本化』に成功した。韓国に初めてコンビニができたのは、日本より遅れること15年、1989年のことで、24時間営業、おにぎりの販売、ATMの設置など、日本のコンビニの成功要素がそのまま持ち込まれた。以来、韓国のコンビニは日本をベンチマーキングしてきた。しかし、最近はコンビニ業界関係者が『とにかく日本のまねをすれば成功するという時代は終わった』と口をそろえている」と説明している。

日本国内のコンビニ店舗数は2022年6月(5万5887店)がピークで、その後は減少を続けている。一方、韓国は18年には3万8451店だったのが昨年は5万5580店と、増加を続けている。韓国のコンビニGS25の関係者は「商品企画担当者の日本出張はすっかり減り、最近は韓国内をすみずみまで回って味の名店を探したり、YouTubeやSNSで最新のトレンドをリサーチしたりすることが主な業務だ」と話したという。

韓国のコンビニが日本のコンビニを超えたと評される秘訣(ひけつ)は「新商品と販売イベントを次々と繰り出す企画力」だと記事は指摘。GS25では年間1000点を超える新商品を出しており、「これが可能なのは韓国ならではの瞬発力のおかげ」だと評している。世界最高のITインフラを基にした配達サービス、モバイルアプリサービスなども早くから導入し、革新スピードで日本に大きく差を付けた。また、日本のコンビニはイートインスペースがない店舗が多かったが、韓国をベンチマーキングしてカフェのような店舗を導入するようになったとしている。

CU関係者は「日本のコンビニが商品を買ってすぐ出ていく場所だとしたら、韓国のコンビニは長時間滞在して食事をしたり休憩していけるスペースであることも大きな違いだ」と指摘する。またセブンイレブン関係者によると、「コンビニにテーブルを置く戦略が顧客の滞在時間を延ばし、売り上げにも貢献している。日本がこれをまねするようになった」という。

さらに、韓国のコンビニは海外進出にも積極的だ。GS25はベトナム、モンゴルなどに562店舗、CUはモンゴル、マレーシア、カザフスタンなどに543店舗を展開している。後発のEマート24はマレーシアに52店舗を構えており、今月、カンボジアに1号店をオープンする。

早くから東南アジアに進出している日本のコンビニも、国内が飽和状態となり、海外進出に力を入れている。セブン&アイホールディングスとローソンは2036年までの3年間でアジア・オセアニアに1万点以上増やす計画を明らかにしている。コンビニ関係者は「今後、コンビニ日韓戦はさらに激しくなるだろう」と話している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「この記事を書いた記者は日本のコンビニに行ったことがないの?」「日本のコンビニに行ったことがある人には分かる。そもそもゲームにならないということが」「日本のコンビニに行くと、韓国のコンビニのレベルがどんなに低いか思い知る」「コンビニ目当てで日本旅行をする人も多いというのに。韓国とは比べものにならないよ」「そもそも日本のコンビニをパクってきたのに」「恥ずかしい記事だね」「世界で唯一、日本を軽視している国=韓国の左派」などのコメントが殺到している。

また、「人口1億人以上の日本と、店舗数が変わらないの?。韓国のコンビニはもうからないね」「日本の国土は韓国の2倍だよ。韓国には本当にコンビニが多いんだな」といった声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

https://www.recordchina.co.jp/b935139-s39-c30-d0195.html

続きを読む

韓国メディアは卑劣にも完黙。文在寅が「レーダー照射の事実を隠蔽しろ」と指示――反論しないのか

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/06/15(土) 08:30:51.02 ID:sbU7HbHY
2024年06月14日、韓国当局がウソをついてきたこと、事実を隠蔽しようと文在寅大統領が指示した――と日本の『産経新聞』が報じました。

いわゆる「レーダー照射事件」です。

2018年12月20日(木)、韓国海軍艦艇が、日本の自衛隊機P-1にレーダー照準を合わせてロックオン(TIR-180火器管制レーダーによる)。

軍事上ロックオンは「発砲」と同意です。この時点で韓国は日本に対して完全な敵対行為を取ったことになります。戦争の火蓋を切る行為に他ならないからです。

しかし、韓国の国防部はロックオンの事実を否定。言を左右にして現在に至ります。

『産経新聞』によれば、文在寅政権下で大統領府まで報告が入ったものの、文在寅が事実の隠蔽を指示。これによって国防部は後に引けなくなり、レーダー照射などしていないとウソをつき続けた――というのです。

韓国によるロックオン事態が起こり得ることは、本件の前段階から分かっていました。

ネットに上がった『産経新聞』同記事のタイムタンプは「2024/6/14 01:00」です。

ところが、韓国メディアは本件をガン無視しています。

普通なら、日本の極右新聞『産経新聞』がこんなことを書いている――として、後追い記事を出しそうなものですが、2024年06月15日、00:34現在、保守寄り『朝鮮日報』『中央日報』『東亜日報』はもとより、極左新聞『ハンギョレ』も記事を出していません。

『NEWSIS』『毎日経済』『ソウル経済』『ヘラルド経済』『聯合ニュース』『京郷新聞』『韓国経済』『月刊朝鮮』……全部だんまりを決め込んでいます。『産経新聞』の記事は有料記事ですが、読むためのお金もないのでしょうか。

自分たちがウソをつき(メディアが加担しました)、文在寅の隠蔽工作を知っていながら放置したことを認めて恥をかきたくない、だから黙り込んでいる――としか判断できません。

こういうのこそを「報道しない自由」というのです。

もし「真実を知らせる」というメディアの使命に忠実であるのなら、『産経新聞』の報道にリアクションを取るべきでしょう。

「韓国人はウソつきです」――そういわざるを得ません。

国のTopである大統領が事実を認めず、ウソを突き通せと指示、それに従ったのですから。韓国メディアもウソだと分かっていながら加担しました。ウソつきの二乗です。

ウソだとばれても、隠蔽工作を行ったことがばれても、それを認める勇気がありません。真正のうそつきであることの証明です。「ウソをついてすみませんでした」と謝罪もしません。

朝鮮時代に、半島を訪れた外国人(日本人含む)が「朝鮮人はうそつきである」と指摘していますが、それは現在も続いてるのです。日本人は「韓国人と分かり合える」などという幻想を捨てるべきです。

https://money1.jp/archives/129150

*関連記事
韓国は中露より「日本を主敵」と考えている。「レーダー照射」には大統領府の指示が関与していた
https://money1.jp/archives/87202

*関連スレ
韓国レーダー照射事件、韓国の軍人らが新証言「文在寅大統領が隠蔽を指示した」 ★2 [6/15] [ばーど★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1718403683/

続きを読む

スポンサーリンク









アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト