脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

食文化

【韓国】 「日本のバター品切現象」...韓国企業進出の機会~旅行できなくてもオンラインで日本市場に参加可能

1: 蚯蚓φ ★ 2020/07/07(火) 00:36:11.34 ID:CAP_USER
コロナ19による外出自制の動きにより日本列島には「内食(外食の反対語で家で食べるご飯の意味)」熱風が吹いていることが明らかになった。

no title

▲日本のバター品切現象を韓国企業が活用すれば、新しい進出機会になるという診断が出てきた。(写真=コリアポストハングル版資料写真)

5日、KOTRAキム・ジヘ日本名古屋貿易官は「日本総務省の家計支出調査によれば2020年3月に日本全世帯の外食関連支出は前年同月比32.6%縮小された。全国的に緊急事態が発令されて多くの飲食店が臨時休業あるいは短縮営業をする他なかった4月にはその幅がより大きくなって65.7%の減少を記録した。」としながら
「ライフスケープマーケティング社の調査によれば、日本の消費者が家で食事をする比重はコロナ19に対する警戒心が広がり始めた2月中旬から上昇した。緊急事態が解除される直前である5月7~13日にはその割合が昼に65.9%(前年同期比39.5%上昇)、夕方には88.4%(前年同期比14.6%上昇)だったと言う。夕食の内食比が80%を越えるのは2011年東日本大地震直後を除けば史上初の事態だ」と指摘した。

このような傾向が続くなか、日本飲食品製造業者の経営戦略にも大きな変化が現れている、ということがキム貿易官の分析だ。キム貿易官は「本来のキャッシュ・カウ製品(ドル箱商品)である業者用製品の実績が悪化した反面、家庭用(一般消費者用)製品は飛ぶように売れ始めたからだ。『アサヒビール』の場合、3月に発売した新製品『アサヒ ザ・リッチ』がヒットして発売後2月で年間販売目標の50%を達成した。『家酒』する人々が増えたことも主な理由の一つだ。一方、同社の定番と言える業者用『スーパードライ』の4月売上げは前年同月比80%も落ちた。」と説明した。

これに対し競争の主舞台がオフラインではなく、オンラインになれば韓国企業が日本市場に参加できる機会も大きくなるというのがキム貿易官の意見だ。

例えばユーチューブ、インスタグラムなどのプラットホームを利用してオンライン クッキング クラスを開いた後に該当料理の推奨キットを視聴者たちの家に送るなどのビジネス モデルも考えることができる。

特に韓国のトレンディーなカフェや飲食店などに関心が高い今、直ちに韓国旅行できない日本のZ世代のニーズを把握することが先決課題になる様に見えると、キム貿易館は伝えた。

(記者注:元記事本文には最後までバターの話はありませんでした)

ソース:コリアポスト(韓国語)'日本のバター品切現象'...韓国企業進出機会できて
http://www.koreapost.co.kr/news/articleView.html?idxno=48940

関連スレ:【NOJAPAN】日本企業、NOジャパン余波で続々と韓国から撤退=ネットの反応は? [5/31] [新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590902238/

続きを読む

【韓国】「熟成寿司召し上がれ」(写真)

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/07/05(日) 13:14:03.00 ID:CAP_USER
(写真)
no title


5日午前、ソウル 城東区(ソンドング)にあるイーマート聖水(ソンス)店で、モデルが熟成寿司(スクソンチョバプ)2種類(ヒラメ、鮭)をPRしている。

(写真)
no title

no title

no title

no title


ソース:ソウル=ニューシス(韓国語)
https://newsis.com/view/?id=NISI20200705_0016452114

続きを読む

【韓国】日本マクドナルドが韓国人が憤怒するべき蛮行を犯した

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/06/18(木) 08:51:57.94 ID:CAP_USER
┃各国の代表バーガー紹介するというコンセプトで限定メニューを披露した日本マクドナルド
┃韓国式カルビ焼きである『カルビ』を自国の食べ物のように紹介
_______________________________________________________

日本マクドナルドが公開した期間限定の新製品が、韓国内のSNSとオンラインコミュニティーで物議を醸した。

今月16日、日本マクドナルドは、『世界のマクドナルドからビーフバーガー集結』という企画で限定メニューを販売すると明らかにした。世界各国を代表するビーフバーガーを販売する企画である。

(写真)
no title

no title


まず、日本マクドナルドは今月24日まで販売する第1弾として、カナダとイギリス、日本の3か国が含まれている。カナダを代表するバーガーとして『マイティビーフオリジナル』、イギリスを代表するバーガーとして『スモーキーバーベキュー』が紹介された。

問題になったのは日本を代表するビーフバーガーだった。日本マクドナルドは日本代表として、『かるびバーガー』を掲げた。

(写真)
no title

no title


かるびは韓国語の『カルビ』の日本式表記である。韓国式カルビ焼きが日本でも人気を集め、韓国語を日本式の発音で読んだ表現がそのまま通用する。

韓国の食べ物を、あたかも自国代表の食べ物であるかのように紹介したのである。その知らせに接した韓国内のネチズンは憤怒している様子だ。

特にネチズンは単純なミスとは思えない露骨な意図のため、さらに憤りを感じている。

アルファベットの大文字と小文字のように、日本の文字である仮名にもひらがな、カタカナの二つの文字形態がある。そのうち、外来語を表記する時はカタカナを使用する。

カルビも当然外来語なので、カタカナで『カルビ』と表記するのが一般的である。ところが日本マクドナルドは、ひらがな表記である『かるび』を選択した。

ネチズンは、「カルビがなぜ日本代表なんだ」、「厚かましい」、「意味が分からない」、「カルビまで日本食と言い張るつもりか」などの反応を見せている。

ソース:ウィキツリー(韓国語)
https://www.wikitree.co.kr/articles/543214

続きを読む

【世界が注目】韓国のラーメン、コロナ禍の「巣ごもり生活」きっかけに世界が注目?

1: 新種のホケモン ★ 2020/06/14(日) 22:19:56.01 ID:CAP_USER
12日、韓国メディア・韓国経済によると、新型コロナ禍での「巣ごもり生活」がきっかけで、韓国のラーメンが世界から注目を集めている。写真は韓国のインスタントラーメン。
12日、韓国メディア・韓国経済によると、新型コロナ禍での「巣ごもり生活」がきっかけで、韓国のラーメンが世界から注目を集めている。写真は韓国のインスタントラーメン。
2020年6月12日、韓国メディア・韓国経済によると、新型コロナ禍での「巣ごもり生活」がきっかけで、韓国のラーメンが世界から注目を集めている。

記事によると、これまで味と品質を誇りながら「間食」として認識されていた韓国のラーメンだが、「巣ごもり生活」を強いられた外国人から、食事の代用品として選ばれるようになったという。米国の大手スーパーマーケットチェーン・クローガーの購買担当者は、「韓国の辛ラーメンは、今や料理の主材料になった」と話している。米国では辛ラーメンにチーズをトッピングして食べる文化が広まっているほか、豪州では、有名シェフが辛ラーメンを使った新メニューまで開発したという。

また記事は、今年2月、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞作品賞を受賞し、映画に登場する韓国麺「チャパグリ」が話題を集めたことも、韓国のラーメンの認知度を上げるきっかけになったと分析。こうした人気により、韓国のインスタント食品メーカー・農心(ノンシン)は、海外法人の営業利益が増えたといい、第2四半期(4~6月)も売り上げが伸びると見込んでいるという。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「韓国のラーメンのおいしさを知ってもらえる」「ラーメンは韓国がナンバーワンだ」「ラーメンと言えば辛ラーメン」「『K防疫』、『K診断キット』に続いて、今度は『Kラーメン』かな?」「韓国の企業の売り上げが伸びるのはうれしいこと」などと喜びの声が多く上がっている。

また、「米国で韓国のラーメンが人気なのは間違いない。ガソリンスタンドにも韓国のカップラーメンが売っていたよ」といった証言も。

その他「カップラーメンならば日本の物が一番おいしい気がする」「インスタントラーメンほど安くて手軽に食べられる食べ物はない。20世紀の食品界の発明だ」「もっと世界に売り出して韓国の味を広めよう」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

2020年 06月14日 21時20分 提供元:Record China
https://www.recordchina.co.jp/b235853-s0-c30-d0155.html

続きを読む

【無駄無駄ァ!】韓国の農林畜産食品部・農水産食品流通公社=シンガポール・日本へ「K‐フード」輸出商談会開催

1: 新種のホケモン ★ 2020/06/10(水) 20:28:32.31 ID:CAP_USER
農林畜産食品部と農水産食品流通公社(以下aT)は10日、シンガポールと日本を対象に「K-フード」のオンライン輸出商談会を開催すると発表した。

今回の商談会には、韓国の食品企業45社が参加する。 まず、同日開かれる輸出商談会にはシンガポールの食品会社12社が参加した。 続いて11、12日の商談会には日本の業者25社が参加し、輸出関連の協議を進める。

これに先立ち、aTは新型コロナが広まると、国際食品博覧会に参加する代わりに、今年4、5月に中国を対象に「Kフードオンライン輸出商談会」を運営した。

aTの関係者は「256回にわたって513万ドル規模の輸出商談が行われた」とし、「菓子、飲料など約7万ドルはすでに輸出されるか契約を結んでおり、現在も輸出協議が進められている」と説明した。

また、aTは海外支社を活用し、現地の有力バイヤーと交渉し、商談前にウェブページの作成や、商談会参加企業を対象に製品紹介やサンプルを配送するなど、商談会を積極的に支援する方針だ。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 6/10(水) 20:17
https://news.yahoo.co.jp/articles/5327e00b0febd1c416b86be02f264132d14af2e7

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト