脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

食文化

【韓国】韓国人が選ぶ、韓国より日本の方が絶対においしい物とは

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/23(火) 10:48:17.09 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178070&ph=0

韓国のネット掲示板に投稿された「日本の食べ物で、確実に韓国の物よりおいしいと感じるのは…」との韓国人のつぶやきに多くの声が集まっている。

投稿者は、「生ビールとご飯は、日本で食べた方が韓国より確実においしかった」と指摘したが、他のネットユーザーの声をみると、「ご飯は同意できないがビールは同意」とするものが多いようだ。

例えば、札幌市のサッポロビール博物館で飲んだ生ビールに「ああ!今まで僕が飲んでいたビールはいったい何だったのかという思いになった」というユーザーは、「韓国産の缶ビールは、韓国でも飲める日本産缶ビールと大差ないようだけど、生ビールの差は大きい」と指摘する。また、「韓国産は日本産ビールとは比較にならない。日本は韓国より開発が早いし多様化も進んでいる」という意見のほか、「生ビールに限らずとも日本の方がおいしい」「どこの国でもだいたいビールは韓国よりまし」との声も。

一方、ご飯については少数ながら「そうそう。日本はご飯がおいしいね」「ご飯は当然、日本の方がおいしいよ。米の品種を最初に開発したのが日本だから」と投稿に共感する声があった。

そのほか、日本の方がおいしいものとして「パンとケーキ」「デザート」「天ぷらとうどん」などが挙げられ、さらに「食文化自体のレベルが違う」「外食産業のレベルが違う」など日本の食への手放しの評価もみられた。

そうした中、自国の料理の味を深く愛するユーザーからは「大豆から作ったみそのチゲをスプーンですくって、ご飯ときゅうりキムチも一緒にもぐもぐと食べる。典型的な韓国の田舎の人の味覚の私には、日本の食べ物の何がおいしいかよく分からない」との書き込みもあった。

続きを読む

【ラーメン】日本人はたった100年でラーメンを「日本を代表するグルメ」に変貌させた=中国

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/24(水) 17:24:21.80 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1636375?page=1

 ラーメンは日本を代表する料理と言っても過言ではない。日本人はもとより外国人の間でも人気が高まっており、海外に進出し、現地で大きな人気を集めるラーメン店はもはや珍しい存在ではなくなった。

 日本人なら誰もが知っているように、ラーメンはもともと中華料理であり、中国から海を渡って日本に伝えられた料理だ。日本でラーメンが広く親しまれるようになってからせいぜい100年程度しか経っていないにもかかわらず、日本のラーメンが世界的に高い評価を得ていることは、中国人としては歯がゆい思いもあるようだ。

 中国メディアの今日頭条は22日、「日本のラーメンの歴史は100年ほどしかない」とし、中華料理が持つ悠久の歴史から見れば「非常に短い期間」で、味を大きく変化させ、世界的な評価を得るグルメに変貌させたことを伝えている。

 まず記事は、「ラーメンが日本国内にあった中華街から日本に広まったのは約100年前」であると指摘。つまり、中国のラーメンが日本人の好みに味が変化して、現在の日本を代表する大衆グルメとなるまでわずか100年しかかからなかったことを紹介した。

 さらに、「醤油ラーメン」、「塩ラーメン」、「味噌ラーメン」、「とんこつラーメン」がそれぞれどのようなラーメンなのか、日本のどの場所で食べられているのかなどを紹介したほか、ラーメンはさらなる進化を遂げ、「つけ面」という派生料理も生んだことを紹介。さらにラーメンのみならず、日本の坦々麺も中国の坦々麺とは大きく異なることを指摘し、「日本人は料理のアレンジやローカライズが上手」との見方を示した。

 日本を代表する料理と言えるほど一般的になったラーメンだが、中国ではラーメンは数多く存在する麺料理の1つに過ぎない扱いで、日本のラーメン店のようにこだわりの一杯を提供する店はほとんどない。最近は中国でも日本のラーメン店が進出していて大きな人気を集めている。本当の日本のラーメン店ではなくても、店の看板に「日式」と書いてあれば多くの中国人がその店に入るような状況だ。日本のラーメンの起源をたどれば中国にたどり着くわけだが、日本から逆輸入されたラーメンに多くの中国人が興味を示しているのは日本人としては喜ばしいことだ。

続きを読む

【ネット反応】日本で韓国産のりが大人気!輸出急増で史上最大規模に「日本人にとっての韓国のイメージは、のり?」

1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/05/23(火) 18:01:53.94 ID:CAP_USER
2017年5月21日、韓国・聯合ニュースは、日本で韓国産のりの人気が高まっている現状を伝えた。

韓国海洋水産部によると、17日に東京で開催された日本向けのりの輸出入札・商談会で、韓国産のり5億2500万枚、金額にして438億ウォン(約43億7000万円)規模の輸出契約が成立した。これは昨年の264億ウォン(約26億3500万円)から約66%の大幅な伸びで、契約としては史上最大規模となる。この商談会は1995年から毎年韓国水産貿易協会と日本ののり関連5団体が共同開催し、今年で23回目を迎える。

記事は「日本では最近、のりの生産者数減少に伴い、国産のりの価格が上昇していることから、韓国産のりの人気が高まっているものとみられる」と分析している。実際、昨年の日本向けのりの輸出実績は一昨年より約52%増の877億ウォン(約87億4400万円)を記録しており、日本へののり輸出国の中ではシェア22%に達している。また日本は、韓国にとっての最大ののり輸出先だ。

海洋水産部関係者は「今後、より多くの企業が入札・商談会に参加するよう関連支援と広報に努める計画」とし、「日本を含む主要国との通商交渉進行時、韓国の水産物輸出に有利な環境を作るために最善を尽くす」と述べた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「そういえば、私の知り合いの日本人も韓国のりを好む人が多い」「日本人のおじいちゃんに韓国のりをプレゼントしたら、本当に喜ばれた」「日本人が韓国と聞いて最初にイメージするのがのりだと聞いたことがあるよ」など、自身の経験からも日本で韓国のりが好まれていることを伝えるコメントがみられた。

また、「同じのりなのに、何が違うんだろう?」「採る場所によってのりにも違いがあるだろうから、日本で採ったのりを加工しても韓国のりにはならないだろう」など、日本産のりとの違いに関連した意見もあった。

その他、「日本のビールや日本のラーメンを見てみろ。結局、韓国は日本から輸入する食品の方が多いと思う。のりの輸出が増えたからといって喜んでいてはいけない」と、韓国にあふれる日本産食品に言及した意見や、「こんなことを公にされたら、韓国でのりの値段が上がってしまう」と懸念するコメントもあった。
Record china
2017年5月23日(火) 16時30分
http://www.recordchina.co.jp/b178862-s0-c20.html

続きを読む

【韓国】コンビニのキムパプ(海苔巻き)から人の奥歯が・・・

1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/05/22(月) 11:54:37.66 ID:CAP_USER
韓国内の某コンビニ(便宜店)で購入したキムパプ(海苔巻き)から、人の奥歯2本が出た
という主張が申告された。

22日、江原道(カンウォンド)東海市(トンヘシ)に住むAさん(45歳)によれば、去る17日の
午前7時30分頃に仁川市(インチョンシ)西区(ソグ)の某コンビニで買ったプルコギ・キムパプ
(2000ウォン)から奥歯2本が出てきた。

このキムパプは、食品安全管理認証基準(HACCP)を受けた製品である。

(写真)
no title


購入してキムパプを食べたAさんは、ごはんの中から奥歯を発見、コンビニ側にこの事実
を伝えた。

製造会社は3日後に調査結果を伝えると言ったが、3日が経っても何一つ連絡はなかった。

一方でキムパプ製造会社とコンビニ本社は、奥歯が発見された経緯を調べている事が
分かった。

製造会社はキムパプの製造者を確認した結果、キムパプから出た奥歯が製造者のもの
では無い事が分かったと明らかにした。

製造会社の品質担当者は、「発見された奥歯は歯と同じ色で汚れていた」とし、「当時
キムパプを作った作業者を確認したが、これらの中で歯が抜けた者はおらず、製造過程で
問題は無かったと見られる」と説明した。

この製造会社はキムパプに使用されている米や海苔、野菜など、食材を納品する業者等
を調査している。

ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=016&aid=0001240619

続きを読む

【観光/グルメ】欧州人もはまる韓国特有の味と趣

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/05/20(土) 23:12:38.54 ID:CAP_USER
イタリア出身なので観光に関心が多い。イタリアは国内総生産(GDP)の10.2%が観光から出る味と趣の国だ。

10年間に韓国の津々浦々を訪ねた私はその魅力にどっぷりとはまり欧州人が韓国をたくさん訪れない点が残念だった。2016年に韓国を訪れた外国人は1724万人に達するがこのうち欧州人は100万人にもならない。

そこで昨年韓国に旅行に来た欧州人の友人20人ほどと会い、良い点と嫌いな点、改善すべき事案を直接聞いてみた。

標本は少ないが彼らから意味ある話を聞くことができた。共通した意見は、韓国は欧州人にとって特別なイメージがないという点だ。

普通欧州人は日本といえば空手・着物・畳・芸者などの単語を思い浮かべる。

中国といえば万里の長城・天安門・上海・毛沢東、そして珍しい食べ物などを考える。

アジアでは韓国といえばだれでも化粧品・K-POP・ドラマ、そしておいしい食べ物などを連想する。だが普通の欧州人は韓国といえば大韓民国ではなく北朝鮮を思い浮かべるのが常だ。

しかし一度韓国を経験した欧州人の友達は違った。印象的なものを尋ねた質問にほとんどが韓屋、床で寝て床で食事をする珍しい習慣、ライスワイン(マッコリ)、治安と親切さ、漢江(ハンガン)を挙げた。韓屋体験と春川(チュンチョン)・江華島(カンファド)など中小都市旅行もとても満足していた。

韓国の多様な食文化に対しては賞賛を惜しまなかった。韓国に来る前に見た案内パンフレットやオンライン情報ではキムチ、ビビンバ、プルコギ、コリアンバーベキュー程度だけが扱われ食文化は単調なものと予想したという。

だが実際に体験してみた後はその多様性に驚いたという。パプでビールやワインを飲みフライドポテトやサンドイッチ程度だけ食べていた欧州人は、マッコリ屋でパジョン、エイ、豆腐キムチ、乾き物などを味わい珍しがった。

韓定食で多くの食べ物が一度に出てくるのを見て信じられないという表情になった。彼らは異口同音に「韓国を離れてから食べ物が最も懐かしい」と話した。

彼らは食事の時に焼酎、マッコリ、トックリイチゴ酒など韓国酒を好んで飲んだが免税店でおみやげに買って行けるようなもう少し高級で洗練された韓国酒がないことを残念がった。

一度行ってみると満足度が高かったパブ、カラオケ、クラブなどナイトライフについての英文案内も見つけにくい。

このため欧州人にとって韓国は訪問後には満足度が高いが来る前には旅行を迷うほかない国になっている。

韓国観光の新しい枠組みをどのように組むべきか悩む時になった。

中央日報 2017年05月18日
http://s.japanese.joins.com/article/207/229207.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト