脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

食文化

【韓国】最も辛いラーメンがやって来る

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/03/23(土) 09:42:40.91 ID:CAP_USER
八道(パルド)の『核火鶏炒め麺(ハクブルダクボックムミョン)』の独占販売でヒットした11番街が、今回は最も辛いラーメンである三養(サンヤン)食品の『核火鶏炒め麺mini』を単独で販売する。

11番街は22日、三養食品と提携して核火鶏炒め麺7周年限定版『核火鶏炒め麺mini』を単独で発売すると明らかにした。現在、最も辛いラーメンNo.1の『核火鶏炒め麺(スコヴィル値=1万)』よりも辛いスコビル値1万2000の強力な味が特徴である。

(写真)
no title


今回発売された『核火鶏炒め麺mini』は来る6月まで販売される限定版の製品で、この日から11番街で最初の販売を開始する。3セット(1セット=5袋)1万900ウォンで配送は無料。

重さ80gで熱量320kcalの『核火鶏炒め麺mini』は、昨年12月に正式発売した『核火鶏炒め麺』の重さ(140g)とカロリー(555kcal)を約半分に減らした製品である。

11番街のパクムンスDealチームMDは、「既存の核火鶏炒め麺の辛さとカロリーのため、一つを全部食べる事が負担だった人たちに朗報になるだろう」と言いながら、「サイズを減らした代わりに辛さを約20%高め、辛口マニアに高い人気を得ると予想している」と述べた。

ソース:ビジネスウォッチ(韓国語)
http://news.bizwatch.co.kr/article/consumer/2019/03/22/0001

続きを読む

【頭やられるヤツ】韓国激辛即席麺、日本に本格参入 若い世代に人気、元祖に挑む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/19(火) 18:11:00.77 ID:CAP_USER
【ソウル共同】韓国の食品大手「三養食品」が19日までに、日本の即席麺市場への本格参入に向け日本法人を設立した。主力商品の激辛即席麺「プルダック(火の鶏)ポックンミョン(炒め麺)」の日本向け輸出が好調で、過去3年間の売上額は毎年2倍以上のペースで成長。若い世代を中心に人気が広まっている。

 「辛ラーメン」で有名な韓国の同業「農心」は即席麺の元祖とされる日本市場にいち早く注目し2002年に日本法人を設立。「カップヌードル」の日清食品や「マルちゃん正麺」の東洋水産などが市場の大半を占める中、本場の辛さとうま味を売りとして、着実に知名度を上げてきた。

https://this.kiji.is/480626230784263265?c=39546741839462401
©一般社団法人共同通信社 2019/3/19 15:54

no title

参考画像

続きを読む

【韓国】イ・スンユンが『ラーメンごはん』のレシピを公開、「魔性の新しい味」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/03/17(日) 20:30:43.68 ID:CAP_USER
(写真)
no title

▲ 調理が完成したラーメンごはん

コメディアンのイ・スンユンが、ラーメンごはんのレシピを公開した。

16日に放送されたMBCの週末芸能『全知的おせっかい視点』で、イ・スンユンがマネージャーと一緒にラーメンごはんを作った。イ・スンユンは、「自然人に教わったレシピ」と言いながら、「この料理法を知る者は私とマネージャーのカン・ヒョンソク、そして自然人の3人だけ」と付け加えた。

放送が終わってイ・スンユンが、SNS(社会連結網サービス)のInstagramを通じて公開したレシピは次の通りである。

(あえて略)

(写真)
no title

▲ 調理中のラーメンごはん

イ・スンユンはラーメンごはんについて、「魔性の新しい味、新しい世界」と評価した。彼のマネージャーであるカン・ヒョンソクも、「特別な味」と言いながら称賛した。

ソース:NAVER/マネートゥデー(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=008&aid=0004189651

続きを読む

【K-フード】外国人が食べてみたい韓国料理…1位は?

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/03/12(火) 16:55:35.29 ID:CAP_USER
韓国観光公社が昨年フェイスブック、微博など海外SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の会員944人を対象に調査した「最も食べてみたい異色の韓国料理」アンケート結果、外国人が最も食べてみたい異色の韓国料理はサンナクチ(テナガダコの踊り食い)だった。

今回の調査で挙げられた食べ物ではサンナクチ(26%)、カンジャンケジャン(生のワタリカニの醤油漬け、14.6%)、スンデ(豚の腸詰、14.2%)、ホンオ(発酵させたガンギエイ、10.3%)等が高い割合を占めた。また、ユッケ(7.7%)、チョングクチャン(発酵させた大豆の鍋料理、6.7%)なども外国人が好奇心を刺激される食べ物に選ばれた。トッポッキ(餅の辛みそ炒め)、プデチゲ(スパムやラーメンなどが入った鍋料理)、ホットク(おやき)、平壌(ピョンヤン)冷麺、参鶏湯(サムゲタン)などの項目は反応が薄かった。

言語圏別では英語圏の回答者はカンジャンケジャン(18%)とサンナクチ(16.7%)、チョングクチャン(15.0%)とスンデ(10.7%)、ユッケ(10.3%)が食べてみたいと答え、日本語圏ではホンオ(23.5%)の順位が高く、続いてスンデ(17.3%)、サンナクチ(13.3%)だった。中国語圏では3人に1人がサンナクチ(34.2%)を挙げ、スンデ(13.2%)とカンジャンケジャン(7.9%)が後に続き言語圏による韓国料理に対する関心の違いが見られた。

以前は外国人に馴染みが薄かったサンナクチやカンジャンケジャンのような韓国料理への関心が広がる理由として、映画やドラマ、K-POPなど韓国大衆文化の中の韓国料理に対する好奇心と共に有名ユーチューバーらの韓国料理紹介番組などにより外国人が食べてみたい韓国料理も多様化しているものと見られる。

ソース:中央日報
https://japanese.joins.com/article/141/251141.html

続きを読む

【韓国】高興(コフン)産のユズ果汁12トン(約1230万円)日本に輸出へ

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/07(木) 17:50:43.96 ID:CAP_USER
【高興聯合ニュース】韓国南部、全羅南道高興郡で栽培されたユズの果汁が日本に輸出される。

高興ユズ融複合地区造成事業団は、5日から千葉・幕張メッセで開催されているアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2019」にユズ加工メーカーとともに出展し、ユズ果汁12トン、11万ドル(約1230万円)相当の輸出契約を締結した。

高興は1400を超える農家がユズを栽培しており、韓国の生産量の65%を占める。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190307004500882?section=japan-relationship/index
聯合ニュース 2019.03.07 17:08

no title

高興ユズ融複合地区造成事業団の関係者(高興郡提供)=(聯合ニュース)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト