脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

食文化

【聯合ニュース】「日本料理コンペ」韓国予選開催 若手料理人が技競い合う

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 23:25:15.65 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】和食の料理人が技を競い合う「日本料理コンペティション」の韓国予選が23日、中村調理製菓専門学校(福岡市)のソウル分校「ナカムラアカデミー」で行われた。

no title

韓国予選の出場者や審査委員ら。前列中央が優勝したユさん=23日、ソウル(聯合ニュース)

コンペティションはNPO法人・日本料理アカデミー主催で、隔年で開かれている。日本国内の6地域と韓国で予選が行われ、各予選の優勝者らが来年3月に京都で開催される決勝に進む。

 今年のテーマは「香りの創造」。当日に公開された食材を使い3時間半の制限時間で3品を仕上げた。

 韓国予選には韓国人の若手料理人5人が出場した。審査委員は「年々レベルが上がっていることに驚いている」として、「日本料理をもっと広めてもらいたい」と感想を語った。

 優勝したのは京都やソウルのすし店で修行を積んできたユ・ソンヨブさん(40)。ユさんは「今後も韓国でしっかりとした日本料理をちゃんとした形で提供するためにまい進していきたい」と意気込んだ。

 一方、予選後は農林水産省が日本食の海外発信を広げるために定めたガイドラインに基づき、民間団体が認定する外国人対象の日本料理調理技能認定の授与式が行われた。これまで計90人が認定されており、韓国人としては初めて10人が認定を受けた。10人はいずれもナカムラアカデミーの卒業生。ソン・ジュンソクさん(37)は「これからもっと経験を積み、韓国化した日本料理ではなく、現場の料理をお客さんにふるまいたい」と語った。

2017-09-23 17:21 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/09/23/0800000000AJP20170923000100882.HTML

続きを読む

【食】韓国の“うまい店”を巡った外国人の覆面調査隊、「食べる気うせた」訳は?=韓国ネット「韓国人はうそつきだから…」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:29:07.24 ID:CAP_USER
2017年9月15日、およそ5カ月後に迫った平昌(ピョンチャン)冬季五輪に備え、飲食店の品質やサービスを点検すべく韓国観光公社が各地に派遣を始めた覆面調査隊「ミステリーショッパー」の現場調査の様子について、韓国・朝鮮日報が伝えた。

このほど発足したミステリーショッパーは、韓国人と外国人各50人の計100人で構成。外国人の訪韓への満足度を高めるため、外国人観光客が好んで訪れる全国の店400カ所を抜き打ちで訪れ評価する。

調査初日の14日、フランス人のエリックさん(31・仮名)はソウル中心部にある鶏料理の店へ。調査の結果、40あるチェック項目について「甘めにみても10点満点中3?4点以上をつけるのは難しい」と話した。料理の味は問題なかったが、トイレが「本当に耐え難かった」というのだ。店の裏手にあるトイレは男女共用、便器の横には使用済みの紙がうずたかく積もったごみ箱があり、用を足した後に女性が待っていたのにも当惑してしまったそう。

米国人のクリスティーヌさん(29・仮名)は、同じソウル中心部の鍋料理店に向かった。土鍋で出すチゲ(鍋)が特に有名で近隣のサラリーマン客や日本人観光客が多いというが、店頭に外国語での案内はなかった。しかし何より彼女が閉口したのは、清潔からは程遠い店内だ。「店員が布巾でテーブルを拭いたけれど、とても汚くてスマートフォンを上に置けなかった」ばかりでなく、服への汁はね防止に貸し出されるエプロンはすでに何度も使われたように染みだらけ、床には客が捨てた紙くずが散らかっていたという。

ソウルの繁華街に中国料理店を訪ねた韓国人調査員2人も、「外国人の友達がこの店に行こうとしたら止める」と辛口採点。彼らが席に着いた途端、注文もしないうちにキムチチゲが運ばれてきたのだ。ネット上でこの店は「うまい店」として好評だそうだが、ランチ時の売り上げアップのため、昼時は「今日のランチ」1メニューしか提供しないという。この日のメニューはキムチチゲだったが、調査員は「チゲは酸っぱいし、おかずはこしょうのにおいがプンプンした」と話した。

この実態に、韓国のネットユーザーからは「衛生の問題は本当に深刻」「トイレの個室のごみ箱はなくした方がいい。一番不衛生だと思う」「韓国人の僕が見ても汚くて不潔な所に外国人が来るわけがない」とうなずく声が多く寄せられている。

また、ネットやテレビ番組で評判の「名店」について「韓国人はうそつきだから、うまい店というのは広告費を出して宣伝した店なんだよ」と告白するコメントや、こうした状況に「韓国人として恥ずかしい。皆さん、だまされないで」との声も。

さらには、「外国人は韓国の店で残したおかずが再利用されていることにまだ気付いてないみたいだね」と驚きの暴露をする人もいた。(翻訳・編集/吉金)

http://www.recordchina.co.jp/b176625-s0-c30.html

no title

写真はチゲなどの韓国料理。

続きを読む

【Record China】「韓国人は辛いもの好きで酒に強い」は外国人の誤解?=韓国ネットユーザーが主張

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 12:58:46.11 ID:CAP_USER
no title

韓国のあるネットユーザーがインターネットの掲示板で「韓国人の味覚は海外の人からかなり誤解されている」と主張した。写真は韓国の鍋料理。

投稿者が「誤解」の一つとしてまず挙げたのが、「韓国人は辛さに強い」ということ。誤解されている理由について、「韓国人は世界の中でも米国人や日本人に接することが多いが、米国人も日本人も辛さには際立って弱いときている。だから韓国人が辛さに強いと錯覚されているのだ」と説明している。また「欧州や中国、東南アジアや南米の料理は韓国料理とは比較にならないほど辛い」とし、「韓国料理が辛い」と誤解されている背景には、「激辛」味の韓国のインスタントラーメンが「韓国の味」として世界に広まったことにあると主張した。

二点目は、「韓国料理が塩辛い」ということ。これについては「韓国料理は汁物が多いこともあって韓国人は塩分を多く摂取するけれど、少なくとも和食や米国の食べ物、中華料理に比べたらしょっぱくないと断言できる」「しょっぱさでは米国や日本食の方がひどい」と主張した。

最後に「韓国人は酒に強い」こと。こう思われがちなのは「飲み会が頻繁にあり、集団的飲酒文化が発達しただけ」で、実際に強いわけではないという。むしろ外国人の方が酒豪と言え、日本人も韓国人とと比べれば「はるかに酒豪」とのこと。理由は、韓国人が普段、専用の小さなグラスでストレートで飲む焼酎を、日本人は大きなグラスで楽しんでいる、そんな姿を日本で何度も見掛けたためと説明した。

この主張に、他のネットユーザーからは「メキシコの人々は青唐辛子を食べても全然辛いと思わないらしい。韓国人にとっての辛さは『井の中の蛙』みたいなことかな」と同調の声が上がっている。

しかし、「辛さの特徴は国によって異なる。他国の辛さは初めがすごくてそのうちに落ち着いてくるけど、韓国は反対。だんだんと辛さが増してくる」との意見をはじめ、「お酒については1人当たりの消費量が統計に出てて、韓国はアジアでは1位。それだけでなく、お酒を飲まない人の割合もかなり高いから、飲む人だけが浴びるように飲むのが韓国」「日本人は韓国の焼酎を大きいグラスで飲む?いやいや、氷を入れてロックで飲んでるよ」など反論の方が圧倒的に多いようだ。(翻訳・編集/松村)

2017年9月17日 22時59分 Record China
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=160653&ph=0

続きを読む

【食】新大久保でアワビや牡蠣に舌鼓…韓国水産物の試食会 ビッグサイトでは参鶏湯やチヂミなどPR

1: 記者もスレも少ない@ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 12:20:28.32 ID:CAP_USER
韓国海洋水産部が多様な水産物を開発して輸出競争力の強化を図っている。5日は東京・新宿の「新大久保コリアンタウン」で輸出総合ブランド「K‐FISH」をアピールする試食会とプロモーション活動を行った。

試食品はホンオフェ(熟成ガンギエイの刺身)、蒸しアワビ、牡蠣の揚げ菓子、ふりかけのりなど9種類。在日韓国農食品連合会と新宿韓国商人連合会が協力した。

ホンオは全羅道産。本来は熟成したものほど高級品だが、日本市場向けは熟成前を提供した。試食した若い女性たちも「臭いが気にならない」「おいしい」と歓迎していた。

調理を担当した韓国料理専門店「はんあり新大久保本店」の関係者は、「カルシウムやタンパク質に富み、二日酔いにもいい」と効能を説明していた。

蒸しアワビは済州道産。試食した女性は「思いのほか柔らかい」とびっくりした表情。味は日本産より「香り深い」と評判。

牡蠣の揚げ菓子は慶尚南道統営の清浄海域で育った良質のカキをまるごと揚げたスナック菓子。酒のつまみとしてもよく合うオリジナル商品で、日本では肉のハナマサなどで販売している。カワハギとアーモンドのコラボが意外といわれる「ノッポ」も酒のつまみ向きだ。

ふりかけはピリ辛キムチ味のほか、カレー味やわさび味など多彩。いずれもメインの原料はのり。担当者は「板のり以外にいろいろあることを知ってもらいたい」と話していた。

会場では3人組K‐POPグル‐プ「D&T」が広報大使を務め、ミスコリアの2人も韓国から応援に駆けつけた。

http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=23685

no title

ホンオフェを試食してニッコリ


参鶏湯やチヂミPR…ビッグサイトで外食ビジネス見本市

外食産業572社が一堂に集う日本最大級の外食産業商談展示会「外食ビジネスウィーク2017」が8月31日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された。韓国からも韓国農水産食品流通公社東京支社(aTセンター)が統括のもと、選定した10社による韓国ブースを出展した。

日本でもなじみ深いチヂミや参鶏湯、マッコリ、ゆず茶の新商品を試食、試飲を通じて業界関係者へアピールした。

目を引いたのはえごまを加えた「参鶏湯」と韓国産の「もち麦」だ。同商品を扱っているM&Nコーポレーションの元錫喜チーム長は「参鶏湯にえごまを加えることで、濃厚な味わいになる。商談では一般客が多かったが、卸売業にどうアピールするか戦略を考えたい」と今後の課題を述べていた。

一方で、にぎわいを見せたのが新大久保のコリアンタウンで韓国食材専門店「ソウル市場」を経営しているハッピー食品の新商品「成京海苔」だ。韓国でも知名度が高く、現在、日本への輸入承認を申請中だ。

自社のえごま油を使って製造しており、ハラール認証(イスラム教の決まりにのっとって調理・製造された商品であることを証明するもの)も受けている。課長の姜敬和さんは「通関手続きが終われば、来年開催されるフーデックスジャパンでも展示したい」と熱く語った。

aTセンター東京支社の丁榮南次長は「対日農水産物輸出量が前年同時期に比べると今年は12・2%伸びており、日本での韓食への関心が戻りつつある。日本人は常に新しい物を求めているので、新商品や韓国でのヒット商品をいち早く把握し、日本のマーケットでアピールしていきたい」と語っていた。

期間中、約5万人が来場した。

http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=23684

no title

えごまを加えた参鶏湯も展示され、人気を集めた

続きを読む

【犬焼酎】他人のペット犬を“飲むため”盗んだ男が捕まる=韓国

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/12(火) 10:37:02.60 ID:CAP_USER
2017年9月9日、首輪が緩み家の外に出ていた他家のペット犬を捕まえ、煎じ薬屋に売って死なせた韓国の男が逮捕された。韓国・マネートゥデイが伝えた。

釜山(プサン)の警察署は8日、占有離脱物横領・動物保護法違反の疑いで男キム(54)を逮捕し取り調べていることを明らかにした。

キム容疑者は2日午後2時40分ごろ、釜山市内のスーパーの前の路上を走り回っていたラブラドルレトリバー1匹を発見、自分のトラックに無理やり載せ、煎じ薬屋に連れて行き死なせた疑いが持たれている。

また警察が調べた結果、キム容疑者は、捕まえた犬を使って「犬焼酎」と呼ばれる薬用ドリンクを作り飲もうとしていたことが分かった。「犬焼酎」とは犬の肉と漢方薬などを煮込み成分を抽出して作る飲料で、鍋などの犬肉料理と同様に韓国では滋養強壮剤として知られる。

犠牲になったラブラドルレトリバーは、チェさん宅で7年にわたりかわいがられていたペットだった。犬の姿が見えなくなり探し回っていたチェさん家族は、一人の男が犬を連れて行ったという情報提供を受け、警察に届け出た。

現場の防犯カメラの映像から連絡を取った警察に対し、キム容疑者は当初「知人の農場にイノシシが出没するので、連れて行って放とうとしたものの、途中で逃げられた」と説明していたが、6日になって犬を煎じ薬屋に渡した事実を認めたという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「こんなことをするやつが理解できない」
「こいつ正気か」
「人間のクズだ」
「犬みたいなやつだ!」

など、キム容疑者への厳しい批判の声が多数寄せられたほか、「きちんと処罰してほしい。本当にぞっとする世の中だ」といった声が寄せられている。


2017年9月12日(火) 9時30分
http://www.recordchina.co.jp/b190219-s0-c30.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト