脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

食文化

文在寅は約束を守りません… 韓国の「食用犬」24頭が初めて日本で保護された意義

1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/26(木) 13:36:31.76 ID:CAP_USER
韓国の『犬肉牧場』で食用目的で飼育されていた24頭の犬が救助され、日本へやって来た
韓国では食用のための犬をガスバーナーで口を炙るなどの残忍なやり方で殺すという
愛護団体『CARE』は「犬肉産業廃止を宣言した文在寅大統領も約束を守らない」と述べた

※略


■中国では“犬食禁止”も、韓国は…

 アジア諸国に根付いている犬食文化。アメリカの動物愛護団体の統計では、年間3000万頭の犬が、アジア地域で食用のために屠られているというデータもある。

 昨年4月に韓国の大手紙『ハンギョレ』が報じたところでは、韓国国内にある犬肉牧場は約1万5000カ所。また、『ソウル新聞』によると約250万頭の食用犬が飼育されているという。

 今年5月には中国・深セン市が「犬と猫の肉の販売や消費を禁止する」と発表。こうした規制は中国初だが、裏を返せばそれだけ食用が盛んだということである。

 日本では決してメジャーな食文化ではないものの、2017年には20トンの犬肉が輸入されているから、決して他人事ではない(農林水産省・動物検疫所の平成29年「国別畜産物輸入検疫数量」より)。

 今回の活動にボランティアとして参加した世界愛犬連盟の渡邉康恵氏は「世界は犬食禁止に動いており、日本も現実に目を向け禁止にするべき」と訴える。

 北田氏が続ける。

「今回協力した『CARE』ほか、韓国の愛護団体は犬肉牧場から犬を助け出す活動を行っています。韓国では食用のために犬を飼育すること自体は違法ではありませんが、問題はその処理方法が残忍な点です。今回、日本にやってきた子たちがいた犬肉牧場では、ガスバーナーで口を炙って殺すという酷いやり方をとっていました。なぜそんな方法をとるのかは理解に苦しみます。中国には“苦しませて殺した方が美味しくなる”という迷信もあるようですが……」

 これまで韓国で救助された食用犬は、アメリカやカナダに多くもらわれて行ったという。

「アメリカやカナダは数週間で輸入の許可が下りるのに対し、日本の場合は最大で半年間もかかることが、日本に来にくい理由です。輸出許可を待つ間はそれだけ飼育代がかかるため、どうしても早く里親の元へ行ける国に行くことになります。だから、これまで日本で食用犬が保護されることはなかったのです。また空輸にかかる費用も、一頭あたり2~30万円と、費用がかかります。

近年は韓国でも犬肉牧場が閉鎖されつつあり、そこで飼われていた犬たちが行き場を失っています。施設の規模によっては50頭、大きいところでは200頭も一度に受け入れ先を探すことになる。受け入れ先がなければ、もちろん安楽死させるしかありません。今回の救助で、日本が受け入れ先のひとつになればと思うのです」


全文はソース元で
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12280-873378/
no title

no title

no title

no title

続きを読む

【韓国】物価の変遷史・・・1970年に100ウォンだったジャージャー?が2020年は5,000ウォンに

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/11/17(火) 10:50:18.35 ID:CAP_USER
┃韓国の物価情報『総合物価総覧』
┃牛肉価格、50年で133倍に値上がり

(写真)
no title

no title

▲ 1970~2020年の生活物価主要品目の引き上げ幅
_______________________________________________________

50年間に我々の生活と密接な消費者物価が、数倍から数十倍に大きく上昇したことが分かった。

16日、専門価格調査機関である韓国物価情報は、1970年から今年までの主要品目別の物価変動状況を整理した『総合物価総覧』を発行した。

この便覧によれば、代表的な庶民の食べ物であるジャージャー麺は、50年で50倍近くに価格が上昇していた。

ジャージャー麺は1970年は1杯100ウォン水準だったのだが、最近では5,000ウォン水準で価格帯が形成されている。

焼酎(360ml基準)は、1970年に65ウォンだった価格が2000年には830ウォン、最近では1,260ウォンまで上がり、50年間で20倍近くに値上がりした。

タバコの価格はそれよりもさらに値上がりした。タバコは1970年に20本入りのシンタンジン(新灘津)が一箱60ウォン、チョンジャ(青磁は)一箱100ウォンだった。1980年に発売されたソルは、一箱450ウォンだった。

(グラフ)
no title

▲ 1970年から2020年までの50年間で変化した生活物価。

国産タバコは1985年4月に発売されたオマシャリプ(OMAR SHARIF)を皮切りに1,000ウォン台に値上がりし、現在は4,500~5,000ウォンを維持している。

お米の価格は1970年は40kgで2,880ウォンだったが、今年は96,200ウォンである。33倍に値上がりした。ラーメンも30倍近くに値上がりした。ラーメン1袋の価格は1970年は20ウォンだったが、今年は596ウォンである。牛肉は精肉500gが375ウォンから50,000ウォンになって133倍、豚肉は精肉500g基準で208ウォンから1万ウォンと48倍値上がりした。

(以下略)

ソース:忠清トゥデイ(以下略)
http://www.cctoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=2106464

続きを読む

【オンラインで韓国の食文化を発信】仙台の総領事館がレシピ本などをウェブで公開「韓国の食の力でコロナ禍を乗り越えてほしい」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/11/07(土) 22:52:01.87 ID:CAP_USER
 コロナ禍で中止となった交流行事に代わり、オンラインで韓国の食文化を発信しようと、駐仙台韓国総領事館(仙台市青葉区)がウェブでの情報発信に力を入れている。家庭で手軽に作れる韓国料理のレシピ本を公開しているほか、調理の実演動画や東北の韓国料理店を探訪する動画も配信。「韓国の食の力でコロナ禍を乗り越えてほしい」と活用を呼び掛ける。
 レシピ本はプルコギやチャプチェ、チーズタッカルビなど定番の炒め物のほか、宮城特産のホヤを使ったビビンバ、日本のお焼きのようなホットクなど26品を掲載。盛り付け例を示す鮮やかなカラー写真とともに材料や作り方を簡潔に説明している。同領事館ホームページのリンクhttps://cutt.ly/skrb から無料ダウンロードできる。
 動画投稿サイト「ユーチューブ」では、キムチ餃子など8品の作り方を専門家が実演する動画https://youtu.be/lyHhFl2y1Tk

 を公開。レシピ本にはない独自のメニューを展開する仙台市内の韓国料理店6店を訪ねる「仙台韓国食堂めぐり」https://youtu.be/Y_-MDA61nnA

 や、東北6県の隠れた名店を探訪するシリーズhttps://youtu.be/zx97xfKsdCY

 も順次アップしている。


河北新報 2020年11月07日土曜日
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202011/20201107_13013.html

続きを読む

【韓国】動物愛護団体「犬の食用販売取り締まりを」犬は法律上、食品ではない

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/11/05(木) 07:28:16.66 ID:CAP_USER
no title


韓国の動物愛護団体がソウル地方食品医薬品安全庁の前で記者会見を開き、犬は法律上、食品ではないとして、違法な犬の食用販売を取り締まるよう訴えた。犬の食肉処理パフォーマンスの様子=4日、ソウル(聯合ニュース)

聯合ニュース 2020.11.04 16:42
https://m-jp.yna.co.kr/image/photo-view?type=today#2

続きを読む

韓国の犬肉農場から200匹の犬が救出される 韓国では毎年約100万匹の犬が食べられているという

1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/01(日) 12:23:17.94 ID:CAP_USER
世界には多様な食文化があり、国によって牛や豚、鶏だけでなく、様々な肉が食されている。たとえば日本だと鯨肉は世界的に見て変わった文化であり、時には批判の対象にもなっている。

犬食もまた、犬をペットとして大切にする人が世界中にいるぶん、批判の対象とされやすい文化だろう。

そんな犬食文化が残っている国がいくつかあるなか、韓国の犬肉農場が閉鎖されたことを米「ABCニュース」などが報じている。同国で閉鎖された犬肉農場は今回で17軒目。米ワシントンの動物愛護団体「ヒューマイン・ソサエティ・インターナショナル(HSI)」が「食用に飼育されていた約200匹の犬を救出した」という。

ゴールデンレトリバーやプードル、コリア・ジンドー・ドッグ、マスティフ、ポメラニアン、テリア、そしてラブラドールなどの犬種が含まれていた。保護された犬はアメリカに連れて行かれ、今後新しい家族のもとへ迎えられる予定だ。

英紙「インディペンデント」が今回閉鎖された農場の経営者、キム・イルファンにインタビューをしている。犬肉農場で約40年働いてきたベテランだ。彼は農場を閉鎖することと引き換えに、金銭的な補償とキャリア支援をHSIから受けたという。

キムいわく「この(犬肉)業界は縮小しており、過去10年間は厳しい状況が続いていた」。

「犬肉に未来はなく、すでに瀕死の状態です。この業界は間もなく崩壊するでしょう。それに、犬の養殖は体力的にもキツイものです。私も年をとってきたので、そろそろ辞めたいと思っていました」

「ABCニュース」によれば、韓国は「食用に犬を大規模に養殖している唯一の国」だ。犬肉は古くから韓国料理に使われており、毎年約100万匹の犬が食べられているという。

だがその人気は衰退し、若い世代の間では犬肉を食べることがタブー視されている。実際韓国で行われた世論調査によると、調査対象の84%が犬を「食べない、あるいは食べるつもりがない」と答え、約60%が「法的に犬肉の取引を禁止すべき」と考えている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb460e305a0fa92a8d3811386d54c3609f69c6d1
no title
続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト