脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

食文化

【食】韓国では赤いちゃんぽん、日本では白いちゃんぽんが食べられている訳

1: たんぽぽ ★ 2018/02/23(金) 15:25:59.68 ID:CAP_USER
討論会に先立ち公開された日本の長崎ちゃんぽん(左)と韓国式の赤いちゃんぽん。(写真提供=ダイアリーR)
no title



21日午後3時、ソウル西橋洞(ソギョドン)の中華料理「津津(ジンジン)カヨン」で「東アジアのちゃんぽんを語る」というイベントが開かれた。「文筆料理人」として有名なシェフのパク・チャニル氏が企画したこの日のイベントは、韓国と日本のちゃんぽんがどのように発展してきたかを語り合う場だった。パク・チャニル氏は「数年前に長崎でちゃんぽんを食べたが、食べ慣れた『赤いちゃんぽん』ではなく、色は白く玉ネギやたくあんもくれなかった。ソルロンタンのようで、うどんの麺を入れたものをなぜちゃんぽんと呼んでいるのか気になった」と話し始めた。また、「東アジア(韓日中3カ国)で人気のメニューだが、ちゃんぽんの根源を納得いくように説明してくれる資料がなく、一緒に集まって語り合う場を設けるきっかけになった」とイベントが開かれた背景を説明した。

◆韓日「ちゃんぽんの達人」が一堂に

この日のイベントには2年連続「ミシュランガイド」で一ツ星を獲得した韓国の中華料理店「津津」オーナーシェフのワン・ユクソンさんと、長崎県雲仙市から来た「ちゃんぽん番長」の林田真明さんら韓国と日本の「ちゃんぽんの達人」が参加して各国のちゃんぽんについて語り合った。

林田さんは温泉で有名な小浜町の役場に勤務する公務員だ。2000年以降、町を訪れる観光客が大幅に減り、町おこしのためにちゃんぽんに目をつけた。実際、小浜町は「ちゃんぽんの町」として親しまれている長崎に劣らないほどちゃんぽんで有名だ。林田さんは町にあるちゃんぽんの店の位置をまとめた地図をつくって宿舎に配布するなど、小浜町のちゃんぽんPRに尽力し、日本国内の各都市にある特色あるちゃんぽんを一つに集める行事も企画した。

津津カヨンで開かれたイベント「東アジアのちゃんぽんを語る」の司会は食コラムニストのパク・ジョンべ氏が務めた。パク・ジョンべ氏は「行事が開かれる10日前、ちゃんぽんを勉強するために長崎に行ってきた」と紹介した。これによると、ちゃんぽんは初めから料理を指す言葉ではなかったという。日本では、1882年の文献に「ちゃんぽん」という単語が初めて登場するが、それぞれ異なる酒を混ぜたり他の医薬品を混合したりする意味で使われたという。パク氏は「韓国でも同じだった」とし「1963年、ある新聞に『ちゃんぽん内閣』という単語が登場した」と説明した。

◆中国式の肉ベースに海産物を加えた日本ちゃんぽん

ちゃんぽんが料理名で呼ばれたのはいつからだろうか。日本では1899年にオープンした長崎ちゃんぽんの元祖「四海樓」から始まったとしている。当時、日本に留学に来ていた中国人留学生たちのために、同店の創業者・陳平順さんが中国の湯肉絲麺を基に麺が太いちゃんぽんを作った。中国の麺料理は豚肉スープがベースだが、四海樓は長崎の豊富な海産物をたっぷりと入れて作り、これが長崎ちゃんぽんのツールになった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/965/238965.html
http://japanese.joins.com/article/966/238966.html

続きを読む

【韓国】 平昌の食堂 外国人にだけ値段が高い別メニュー 抗議すると「店から出て行け」

1: 荒波φ ★ 2018/02/23(金) 08:57:37.33 ID:CAP_USER
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title



平昌五輪が開催されている平昌市のレストランで、外国人にのみ高い値段をふっかけるという店があるという。

そのお店を調査するために韓国のテレビ局が江原道平昌に外国人を調査隊として送り込んだ(調査隊の外国人は韓国語が出来る)。

この日行ったレストランは英語で書かれた外国人専用メニューが置いてあり、ハングルが読めない外国人はそちらを読んで注文する。

しかしそこに記載されている外国人専用メニューは同じ韓国人のメニューよりも数千ウォン高くなっている事実が発覚した。

韓国語が出来るメンバーも居るが、わざと話せないフリをして英語でオーサムプルコギを注文。このメニューの実際の値段は1万3000ウォンだが、外国人専用メニューは更に2000ウォン上乗せされていた。

調査隊はこの価格差を店員に問い詰めたところ、「スープが付いているからその値段だ。外国人にはスープを付けるかわざわざ聞かないので2000ウォン高くなっている」と主張し、更に「食事を食べたくなければ出て行け」という態度に出た。

この食堂だけでなく、平昌五輪を狙って商売をするホテルやお店に批判が相次いで居る。


2018/02/22 19:10:22
http://gogotsu.com/archives/37486

※韓国語ソース (動画あり)
http://www.insight.co.kr/news/141210

続きを読む

【平昌五輪】オランダ選手団長、選手の「犬肉」発言を謝罪…「韓国の文化を尊重」

1: たんぽぽ ★ 2018/02/22(木) 18:57:36.51 ID:CAP_USER
http://japanese.joins.com/article/923/238923.html

オランダ選手団長が22日、韓国の犬食文化を批判するような自国のスピードスケート選手の発言について謝罪した。

オランダのイェロン・ビフ選手団長はこの日、江陵(カンヌン)ラカイサンドパインリゾートのラウンジジで韓国の記者らに対し「選手の代わりに謝罪に来た」と述べた。

前日、スピードスケート男子団体追い抜き競技後の記者会見で、銅メダルを獲得したオランダ代表チームのヤン・ブロクハイゼンは「犬をより良く扱ってほしい」(Please treat dogs better in this country)と発言した。

ビフ団長は「私たちは韓国の文化を尊重していて、3週間にわたる韓国の歓待に感謝している」とし「ヤンとも話をした。ヤンは意図を持って言ったのではないと述べ、ソーシャルメディアを通じて謝罪をした」と伝えた。

ビフ団長は「ヤンは動物愛好家なのでそのような話をしたと言った」とし「彼には正しいことでないと伝えた。彼は(なぜ正しくないのか)あまり理解できずにいる」と話した。

ビフ団長は選手団からヤンへの懲戒処分があるのかという質問に対し、「理事会で議論してみる」と語った。

ビフ団長は前日夜のイベントで韓国人の観客が負傷したことについても「絶対に起きてはならないことであり、故意ではなかった」とし「選手たちはけがをした観客に謝罪した」と伝えた。前日の競技後、団体追い抜きのオランダ代表選手らがオランダオリンピック委員会から受けた賞牌を観客に投げるパフォーマンスをした際、韓国人観客2人が賞牌でけがをした。

当初、この日午前にはオランダのスピードスケート選手スベン・クラマーが記者会見をする予定だったが、良くないことが相次いだことでクラマーの代わりにビフ団長が謝罪した。

続きを読む

【NOW!ソウル】1秒に5個売れる!海外でも人気の韓国激辛ラーメンとは?

1: たんぽぽ ★ 2018/02/22(木) 06:40:54.91 ID:CAP_USER
1人当たりのインスタントラーメン消費量が、世界でもトップクラスを誇る韓国。バラエティー豊富な商品の中でも「プルタッポックム麺(プルタッ焼きそば)」は、海外からも注目されています。「プルタッ」は韓国語で「火鶏」を意味しており、中毒性のある辛さが人気の秘訣です!

no title

http://japanese.joins.com/article/877/238877.html?servcode=800&sectcode=850

続きを読む

【韓国グルメ】日本で過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?

1: 動物園φ ★ 2018/02/21(水) 02:29:33.05 ID:CAP_USER
2/20(火) 6:40配信
ITmedia ビジネスオンライン

「チーズタッカルビ」。外食チェーンのメニューに次々と採択されている
no title


 韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。

松屋の「チーズタッカルビ定食」は若手が開発した
http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1802/20/l_rs_nagahama2.jpg#utm_source=yahoo&utm_medium=feed&utm_campaign=20180220-007&utm_term=zdn_mkt-bus_all&utm_content=img

 牛丼チェーンの「松屋」が1月23日に「チーズタッカルビ定食」を新発売。ファミレスの「デニーズ」、コンビニの「ファミリーマート」でも、チーズタッカルビを今冬シーズンの目玉商品として販売している。全国チェーンのメニューに次々と採択されて、一気に知名度が高まった感がある。

 レシピサイト「クックパッド」の2017年食トレンド大賞の1位に「チーズタッカルビ」が選出され、いよいよトレンドから普及の段階に入った。

 タッカルビとは鶏肉と野菜をコチュジャンベースの辛いソースで炒めたもの。韓国・春川の名物だが、これにチーズを絡めたのがチーズタッカルビだ。とろけたチーズを絡ませることで、チーズフォンデュのようにまろやかな味の変化が楽しめる。

 チーズタッカルビは、東京・新大久保コリアン街にある「市場タッカルビ」という店が開発した創作料理だ。インスタ映えすると話題になり、10~20代の女性の間で爆発的な人気となった。今やコリアン街のほぼ全ての店が、こぞってチーズタッカルビをメニュー化し、看板にチーズタッカルビ提供店であることをアピールするようになっている。

 チーズタッカルビの起爆力にけん引されて、一時期閑古鳥が鳴いていたコリアン街がよみがえり、「TWICE」(トゥワイス)のような新しいK-POPアイドルや、韓国の化粧品も見直されるようになった。

 今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000007-zdn_mkt-bus_all

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト