脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓流

【水原希子】「右翼じゃなかったの?」ヘイト攻撃にさらされた水原希子に対する韓国人の反応は

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/20(水) 10:21:58.29 ID:CAP_USER
人気モデル水原希子がCM出演するサントリーの公式ツイッターアカウントに、差別表現を含むコメントが多数寄せられて物議を醸した。

水原は9月15日、自身のツイッターに「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」とツイートし、「これからも強い心を持って、生きていこう」といった意思を表明している。

この騒動には、韓国メディアも敏感に反応。

■GDとの熱愛報道でお馴染み

「日本で嫌韓テロされた韓国系女優が一石を投じる」(『中央日報』)、「日本の“嫌韓派”に排斥された水原希子…“偏見なくなってほしい”」(『ヘラルド経済』)、「水原希子が米韓ハーフという理由で攻撃される」(『ハフポストコリア』)などと報じている。

水原は、K-POPグループ「BIGBANG」のG-DRAGONと熱愛報道が何度か浮上したことで、韓国でも馴染みのある芸能人だ。ただ、アメリカ人の父親と在日韓国人の母親の間に生まれたことが知られているにも関わらず、好感度はあまり高くない。

というのも、過去に靖国神社のみたままつりに参加したり、旭日旗の前でポーズを取っていたりする写真をSNSに掲載しており、“右翼派芸能人”“お騒がせタレント”というイメージが定着。

映画『進撃の巨人』に出演した際は、「朝鮮人強制徴用の悲しい歴史を抱えた軍艦島(=端島)で、セクシーな衣装を身にまとって写真を撮った」として、韓国ネット民から非難を浴びたこともあったのだ。

それでも彼女が日本でヘイト攻撃にさらされたとなると、「かわいそうに」といった擁護派が多く現れるかと思いきや、そうでもなかった。

ネット民からは「水原希子って右翼じゃなかったの?そんな人が偏見云々するのはおかしいと思いますが」「今まで散々嫌韓行為をしてきたくせに自分が不利になるとLOVE&PEACE。ふざけてる?」「頭が悪いと人生が辛いもんだ。そもそも日本人ずらしている君が悪い」といったコメントが寄せられている。

一方、「人と違うとすぐ注目される日本社会。韓国よりもひどく閉鎖的だな」「韓国や中国では右翼だと嫌われ、日本のネトウヨには日本人じゃないくせに日本で活動すると嫌われる。本当にかわいそう」「他の人間は気にせず、堂々とマイウェイを歩いてください」といった、水原を擁護する声も少数ながら見受けられた。

いずれにせよ、彼女が日本で活動する以上、それこそ「強い心を持って」やっていかなければならないのは事実。

2015年に行われた韓国のファッション雑誌「HIGHCUT」とのインタビューで水原は「(自分には)韓国人の血が流れている。韓国語もそこそこ出来る。今後、頑張って韓国で活動したい」と、“韓国愛”を披露したこともあるが、現状を見る限り、韓国で歓迎されるためには、まだまだ時間が必要になりそうだ。

2017年09月19日
http://s-korea.jp/archives/20649
http://s-korea.jp/archives/20649/2
http://s-korea.jp/archives/20649/3
http://s-korea.jp/archives/20649/4

続きを読む

【女性セブン】東方神起の凄さ 嫌韓事情やファンの生き方さえ変えた 大桃美代子「東方神起はもはやJ-POPのひとつ。国を超えたスター」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/17(日) 02:02:58.76 ID:CAP_USER
800日におよぶ兵役の苦難を乗り越えて、一回り大きくなって帰ってきた東方神起。忘れてはならないのが、この間に成長したのは2人だけではなかったということ。

一日千秋の思いで再始動を待ち続けたファンにとっても、東方神起に会えない日々は、自分を見つめ直すまたとない機会になっていた。

「韓国語をもう一度勉強し直したり、ツアー代を貯金するために一生懸命パートで働いたり、ファンにとって“自分を高める”期間になったんです。私も、今後は英語圏のファンとも交流できるように英会話の勉強を始めました。だって、2人があれだけ頑張ってるんですから。いつも元気をもらってばかりじゃダメ。2人が帰ってきたときに、“私たちも成長したんだよ”っていう姿を見てほしいんです」(ファンの1人)

東方神起の再始動を「盆と正月が一緒に来た」と話す生粋のトンペン(東方神起ファンの呼称)、作家の北原みのりさんもその一人。

「“きちんと生きよう”と。そういう気持ちで2年間過ごしていました。厳しい軍隊生活の中、聞こえてくるユンホの話って、嘘みたいに素敵な話ばかりなんです。(射撃、体力、精神力、戦闘力、すべての科目で90点以上を達成したものに与えられる)“特級戦士”もそうだし、誰よりも働いて、いちばん早く起きていちばん最後に寝る、とか。

それを聞いてしまうと、自分だけ怠けてるなんてできない。いないのに、ファンの生き方さえ変える。これが東方神起の存在感なんです」(北原さん)

数多のK-POPアイドルが日本デビューを果たしている中、東方神起だけが異次元の人気を誇る理由も、同じところにあるという。

「分裂騒動があって、いろんなバッシングを受けながら、彼らは何があっても反論しなかった。つらい過去を持ちながらも、人間性が一切歪んだりしない。いまだに誰よりも腰が低く品行方正で、努力家。ライブではステージの端から端まで駆け抜けて、お客さんの1人1人を全力で楽しませようとする。その姿は光そのものだし、何よりも“正しさ”がある。

性別を超えて、ああいう人間になりたいという憧れ、いわば人生の目標にまで昇華されていく。好きという感情を通り超えてしまうんです。もはや仮想の国というか、私たちファンは『東方神起国』の国民であって、チケット代なんて税金みたいなもの。当然の義務として払っています」(北原さん)

近年、BIGBANGのT.O.P(29才)が大麻吸引で逮捕、SHINeeのオンユ(27才)がセクハラで逮捕など、韓流スターの事件が相次ぐ中、東方神起だけはこの手のトラブルとは無縁である。

◆東方神起はもはやJ-POPのひとつ

2012年8月、李明博元大統領の竹島上陸を機に日本で過熱の一途を辿った嫌韓ブームの最中でさえ、東方神起とファンの絆は変わらなかった。

「知人の中には、会社のデスクに東方神起の写真を貼っていたら、上司に“剥がせ”って言われた人もいました。その上司が露骨な嫌韓で。ひどい話だけど、逆にファンは結束を深めていましたね。肩身が狭くなるほど親密になるというか。それに、東方神起の人気はもうそんなことで揺らぐようなレベルじゃなかった」(北原さん)

事実、東方神起がこの数年の嫌韓ブームを変えたという見方さえある。8月21日の復帰会見の模様はヤフーのトップページに掲載されたが、「珍しい現象が起きていた」と言うのは、あるIT系ジャーナリスト。

「瞬く間に1000件を超えるコメントがついたのですが、“おかえりなさい”とか“ずっと待っていました”とか、ほとんどが好意的なものでした。極めて異例のことで、いまだ嫌韓が根強いネットの世界では、韓流アイドルの記事がヤフーに上がるだけで、口に出すのもおぞましい人種差別コメントで埋め尽くされるのが日常なのです。

その中で、“一括りに韓国をバッシングするのは間違い”とか“この2人は別格”といったコメントも相当数あった。東方神起によって日本人の韓国への考え方が変わってきていることを実感します」

韓国好きで知られ、江原道(カンウオンド)の広報委員を務めるタレントの大桃美代子(52才)も、東方神起の影響力をこう話す。

http://news.livedoor.com/article/detail/13568293/

>>2以降に続く)

続きを読む

【TTポーズが若い日本人女子の間で社会現象】韓国女子ユニットTWICE、初の日本限定オリジナル曲発売へ

1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@無断転載は禁止 [IE] 2017/09/15(金) 06:15:46.32 ID:S0ii3zAl0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
「いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる」という意味を持つ、Asia No.1最強ガールズグループ“TWICE”。韓国では、デビューから1年2か月足らずで、
最も権威のある賞のひとつ「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞に輝くなどのたくさんの功績を持つTWICEが、ついに6月28日にデビューにして最強ベストアルバム『#TWICE』で日本デビューを果たした。


「#TWICE」は販売枚数が27万枚を突破し、日本レコード協会のプラチナディスクに認定された他、オリコンデイリーランキング1位の獲得、
Youtube再生回数が6週連続1位(7月月間1位)の獲得、日本を含む9地域のiTunes 総合アルバム・ウィークリーランキング1位を獲得、LINE MUSICの7月度月間1位獲得、
その他配信サイトでも1位を獲得するなど、いまだロングヒットが続いている。

さらに6月28日の発売週には東京タワー(TOKYO TOWER)との「TT」コラボレーションやSHIBUYA109とのコラボレーション、デビューして3日で超人気音楽番組に初出演するなど
、日本でのTWICE旋風は衰えることなく、社会現象にもなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000001-exmusic-musi

続きを読む

【話題】 韓国に伝播した “AKB商法”

1: 影のたけし軍団ρ ★@無断転載は禁止 2017/09/15(金) 09:33:29.19 ID:CAP_USER
K-POPのガールズグループ、TWICEが好調だ。

例えば6月28日に発売された日本デビューベストアルバムは、発売から約4カ月経った9月にも
オリコン・デイリーアルバムチャートのトップ10にランクインしており、彼女たちの人気を証明している。

8月30日に発売されたAKB48のニューシングル『#(ハッシュタグ)好きなんだ』を巡っても、なぜかTWICEに関心が集まったそうだ。
同曲を巡っては、日本のネット上で双方のファンが局所的な論争を繰り広げたという。

何が論争になっているのか。例えばタイトルに付けられた「#」や、同曲のダンスに取り入れられている「#ポーズ」が
TWICEの“パクリ”なのではないかとネット上で物議を醸した。

ちなみに今年6月28日に発売されたTWICEの日本デビューアルバムのタイトルは『#TWICE』であるし、
同アルバムのプロモーション活動の際にはTWICEが「#」を形作ったポーズを取っていた。

韓国メディアが追いかけてきたTWICEの成長の軌跡にも、それはたしかにカメラが納めている。
ネット上ではAKB48はTWICEよりも先に「#ポーズ」を行っていたという反論も上がっており、未だ論争は冷めやらない様子だが、
一つ付け加えるとすると、こうした状況の裏で実は韓国のアイドル業界ではAKB48を想起させる現象がいくつか続いていることでもある。

例えば、韓国で人気急上昇中のアイドルオーディション番組だ。『プロデュース101』や『アイドル学校』といったオーディション番組がそれで、
番組に影響を受けた女子高生たちが美容整形を行う“オーディション整形”まで流行っているのだという。

特筆すべきはこうしたオーディションの形式の番組では、アイドルとしてデビューするメンバーや途中脱落者を視聴者投票によって決めていること。
それはさながら“AKB総選挙”の様相と似ており、AKB48のファンと同様、投票権(投票ID)を大量に手に入れて複数投票をするファンもいるらしい。

韓国メディア『蔚山総合日報』も、「『アイドル学校』、日本の国民的アイドル“AKB48”みたいだが?」と見出しを打った記事で、
「投票を通して番組に出演できるメンバーを選ぶサバイバル形式は、日本のAKB48の“総選挙”を思い起こさせるという疑惑を投げかけられている」と報じている。
 
ただ、韓国のファンたちは、自身のことを“ママ”と呼んで特定の候補生をどうにかデビューさせようと躍起になっているという話もあるので、
見方によっては韓国版“総選挙”のほうが過熱していると言えるかもしれない。

また、K-POPアイドルのCDの販売方法もAKB48に酷似している。
韓国では“CD離れ”が叫ばれて久しく、日本以上にCDからオンライン配信へと音楽利用手段が移行しているとされている。

しかし、奇妙にもCDの売上自体は伸びており、『東亜日報』が伝えたところによると、
昨年には2011年の調査開始から、初めて総売上枚数が1000万枚を突破したという。

この事態は、アイドルのCDが爆発的に売れていることに起因している。前出の『東亜日報』の報道によれば、
CD売上総数の中でアイドルのCDが占める割合は94.3%に上っているのだ。

そして、アイドルのCDがそれほど売れている理由には、特典目当てのファンを狙った、いわゆる“AKB商法”が韓国に伝播したことが原因だという指摘も少なくない。
CD市場の日韓比較を見ても、“AKB商法”が浸透していることがよくわかるぐらいだ。

このように最近のK-POPアイドルは、AKB48が作り上げてきた様々な手法をなぞっているようにも見えるが、その背景には、韓国でのAKB48の知名度が高いこともあるだろう。
実際、元NMB48の須藤凛々花が今年6月の“総選挙”の場で結婚宣言をしたときも、韓国のメディアとファンは猛烈に反応していた。

韓国のアイドル業界への影響や今回の「#ポーズ」騒動を見る限り、AKB48の存在感がますます大きくなっていることは間違いなさそうだ。
今後も彼女たちは韓国のアイドル業界に影響を及ぼしていくのだろうか。引き続き動向を追っていきたい。
http://s-korea.jp/archives/20266

続きを読む

【韓流】少女時代テヨンの吸い込まれそうな瞳…独特な清純美を発散(写真)

1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/09/13(水) 17:23:58.20 ID:CAP_USER
少女時代テヨンの吸い込まれそうな瞳…独特な清純美を発散

少女時代のテヨンが独特な清純イメージをアピールした。

テヨンは13日、自身のインスタグラムに近況を伝える1枚の写真を掲載した。

これは、テヨンが待機中の車の中で撮影した自撮り写真だ。カメラを見つめる大きな瞳と無表情な顔が何とも言えない魅力をかもし出す中で、手の甲のキュートな記号タトゥーが目を引く。

一方、テヨンが所属する少女時代は、最近デビュー10周年記念アルバム『Holiday Night』を発売した。

ソース:ISPLUS/中央日報日本語版 2017年09月13日16時22分
http://japanese.joins.com/article/399/233399.html?servcode=700&sectcode=740
no title

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト