脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓流

【韓流】翌週に控えた「SHINHWA」の日本公演、突然の中止発表… 「SHINHWA」側は法的対応も辞さない構え

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/05/24(水) 17:09:54.04 ID:CAP_USER
ソース元、2017年5月24日14時36分配信 (C)WoW!Korea
http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0524/10190650.html

韓国アイドルグループ「SHINHWA」の日本公演が、開催を翌週に控えて突然の「中止」が発表された。「SHINHWA」側は法的対応も辞さない構えだ。

【動画】SHINHWA 13TH UNCHANGING - TOUCH_OFFICIAL MV (DANCE VER.)

韓国メディアは24日午後、「神話カンパニー側は公式サイトを通して、来る30~31日に日本で開催が予定されていたコンサート『2017 SHINHWA LIVE UNCHANGING IN JAPAN』公演がキャンセルされたことを告知した」と報じた。

神話カンパニー側は「日本公演企画社が公演準備のための重要な契約事項に関し、終始一貫として不誠実に対応した」とし、「4月末、日本ファンクラブ先行チケット販売終了時点で、公演契約とは何の関係もない日本のファンクラブ運営会社のファンクラブデータ送付に関する問題を理由に公演実施の意志を見せずにいた」と経緯を説明。

続けて「公演チケットを購入されたファンの皆さんのために何としてでも公演は行われなければならないという意志から、契約金額の縮小等、様々な権利を譲ってまで公演を正常に進行させようと努力しましたが、残念な結果を防ぐことはできなかった」と明かした。

続きを読む

【韓国アイドル】 視線は中国から米国へ THAAD配備の余波

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/05/22(月) 23:41:57.41 ID:CAP_USER
ソース元、CNN.co.jp 5/22(月) 16:51
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-35101535-cnn-int

(CNN) 韓国のアイドルたちによる米国ツアーの数がここ数年で急増しているが、その背景には、米軍が韓国に配備している高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)をめぐる中国と韓国との間の外交的な対立がありそうだ。

2013年に米国で行われたコンサートツアーの数は7つ。これが、14年と15年は14に増え、16年は20となった。今年はこれまでにすでに14のツアーが行われている。

Kポップを専門としている香港の制作会社エルフ・アジアの最高経営責任者(CEO)によれば、中国はこれまで韓国にとって最大の貿易相手国で、中国にも多くのKポップのファンがいたものの、THAAD配備の影響が大きかった。

中国は韓国のTHAAD配備について反対の姿勢を明確にしている。

こうしたことから、中国はもはや韓国のアイドルがツアーを行って収益をあげられる市場ではなくなった。

業界の情報筋によれば、この結果、韓国のアイドルは米国でのツアーを急増させているという。

Kポップに関連したニュースなどを扱うウェブサイトの共同創業者によれば、8年くらい前までは韓国のアーティストが米国でツアーを行うことは非常にまれだったが、今では当たり前になったという。

続きを読む

【テレビ】BSでは今も主力コンテンツの韓流ドラマ 反日新政権の誕生でファン離れは起きるのだろうか?

1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/22(月) 10:13:07.56 ID:CAP_USER
「冬のソナタ」「チャングムの誓い」など、かつて日本で一大ブームさえ巻き起こした「韓流ドラマ」だが、
地上波の主要チャンネルから姿を消して久しい。しかし、BS放送では相変わらず主力コンテンツの1つで
視聴者のニーズは健在だ。折しも韓国で反日色が強いとされる新政権が誕生。日韓交流のさらなる
冷え込みが懸念されるなかでの、韓流ドラマの行方を探る。

 ■地上波で放送するにはリスク?
 「韓国では、台本がドラマの撮影の直前に仕上がるので、まるで生放送のような感覚です」

 5月15日、NHK総合の情報番組「ごごナマ」に、韓国の若手人気女優、チン・セヨンさん(23)が登場し、
ドラマ撮影の裏話を披露した。

 チンさんは、同局のBSプレミアムで放送されている韓国の歴史ドラマ「オクニョ 
運命の女(ひと)」(日曜午後9時)に主演しており、そのPRのための来日だ。

 ドラマは、監獄で生まれ育った主人公が困難に立ち向かいながら、新しい人生を取り戻す物語。
日本でも人気を博した韓国ドラマ「チャングムの誓い」のイ・ビョンフン監督が手掛け、
韓国では2016年に放送され平均視聴率17・3%(最高22・6%)を記録した人気作だ。
NHKは視聴率を公表していないが、「低くない」(広報局)という。

 それにもかかわらず地上波では放送されないのには、理由がある。あるテレビ関係者は、
現在の放送業界での韓流ドラマの位置付けをこう解説する。

 「韓流ドラマはかつてのように視聴率を取れない上、反感を抱く視聴者も少なくない。今や、
より多くの人が見る地上波で扱うにはリスクが高いコンテンツになっている」

 ■外交問題を引き金にブーム沈静化
 韓流ドラマのブームは2002年、日韓共催のサッカーW杯をきっかけに互いの文化に対する関心の高まりを背景にわき起こった。

 NHKが04年に地上波で放送したドラマ「冬のソナタ」は、最終回の平均視聴率が関東地区で20・6%、
関西地区で23・8%を記録。主演の俳優、ペ・ヨンジュンさんが「ヨン様」の愛称で親しまれるなど社会現象になった。
在京キー局もこぞって韓流ドラマ枠を設けた。

産経新聞 5/22(月) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000527-san-ent
>>2に続く

続きを読む

【韓流】おばさんたちの韓流は終わったが…日本の若者が韓流で「ヤバい」盛り上がり=韓国ネット「また存在感が高まるぞ!」

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/05/22(月) 19:26:13.57 ID:CAP_USER
2017年5月19?21日の3日間にわたって幕張メッセ(千葉市)で開催された世界最大級の韓流フェスティバル「KCON 2017 JAPAN」の大盛況ぶりを、韓国日報が報じた。

記事によると、同フェスティバルには延べ4万8500人以上の来場者があり、ここ数年冷え切っていた日韓関係を経て、日本における韓流ブームが再び息を吹き返したとの評価が出ているという。

特に20日夕方には1万人以上のファンが公演会場の客席を埋め尽くし、Apink、Babylon、Tiger JK、ユン・ミレ、CNBLUE、GOT7、MONSTA Xなど韓国有名歌手らがステージに立つたびに、あちこちから「かわいい」「ヤバい」「めっちゃかっこいい」など黄色い声援が2時間の公演の間中、響きわたったそうだ。

イベントを主催した韓国のメディアコンテンツ企業CJ E&Mによると、昨年に比べ今年の観客は若年層の割合が高まっているといい、関係者は「『日本のおばさん部隊』の限界が指摘された過去とは異なり、10代から大学生、社会人、壮年層と、年齢層が広がったことが大きな収穫だった」と話す。

また今年は、韓国のライフスタイルを総体的に体験できるさまざまなイベントが用意されたことも特徴の一つ。K?POPのほか、韓国の料理、コスメ、ドラマ、ファッションなど韓国人の生活を実際に体験できるようにし、韓国中小企業庁、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)、韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院などの政府機関も参加してイベントを展開、来年に迫った平昌(ピョンチャン)五輪を宣伝したという。

CJ E&M音楽コンテンツ部門長で総括担当のシン・ヒョングァン氏は、「韓流は音楽・ドラマを超えて、韓国の食やファッションなど韓国のライフスタイル全体に広がっている。KCONを継続的に開催して、韓国文化が世界の主流文化に跳躍していけるようサポートしたい」と話している。

これを受け、韓国のネットユーザーからは

「これでまた韓流の存在感が高まるぞ!」
「韓流の世界化、日本の韓国化が進むね」
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の当選が国家イメージの改善に大きく寄与したことは間違いない」

など喜びの声が上がっている。

一方で、日本在住というユーザーからは

「日本にいるけど、韓流ブームというほどのものはない。一部マニアはいるかもしれないけど」

という声が上がり、

「韓国でもクラスに2?3人は日本や米国マニアがいる。日本もそれと同じケースでは?」
「韓国で無名なバンドが日本進出しても人気になる。それだけマニア層が多いということ」

との声も。

また、

「安倍(晋三)首相が政策的に“嫌韓”を利用する限り、第2の韓流ブームは望めない」
「日本に行く韓国人観光客の方がよほど多いはず」

と冷静に分析するコメントも寄せられた。

Record china 配信日時:2017年5月22日
http://www.recordchina.co.jp/b178867-s0-c30.html

続きを読む

【韓流】<iKON>母国デビューから1年9カ月で初ドーム公演「ドームを吹っ飛ばすつもりなので、しっかりついてきてください」

1: @Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★) 2017/05/21(日) 12:01:37.25 ID:CAP_USER9
韓国の人気グループ、BIGBANGの弟分で、昨年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した7人組、iKON(アイコン)が20日、京セラドーム大阪で初のドーム公演を開催した。

2015年9月の母国デビューから1年9カ月でドームに立つのは、海外アーティスト史上最速。同じ韓国男性グループ、EXOが持つ3年7カ月を大きく更新した。

3年前、BIGBANGのドームツアーのオープニングアクトで上がった同じステージに念願の単独公演として立ち、7人は大感激。
リーダー、B.I(20)は「ドームを吹っ飛ばすつもりなので、しっかりついてきてください!」と4万人をあおり、新曲「BLING BLING」(8月16日発売)を初披露するなど23曲を熱唱した。

6月17日に埼玉・メットライフ(旧西武)ドーム公演を行い、計9万人を動員する。最年長のジナン(23)は「次は全部のドームに行きたい」と6大ドーム制覇を誓った。

サンケイスポーツ 5/21(日) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000015-sanspo-asent

写真
no title

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト