脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓流

【韓国】[韓流新時代]K―POP専門家「JーPOPがヒントに」教育ノウハウはジャニーズから

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/26(月) 15:04:01.03 ID:CAP_USER
 「韓流」の強さの秘訣(ひけつ)を探るインタビュー企画の第4弾。今回は、大衆音楽専門家で「K―POPの時代~カセットテープからストリーミングまで」の著者でもある韓国ジョージ・メイソン大学の李奎卓(イ・ギュタク)教授に、K―POPが世界に飛躍した契機や根深い課題など、その光と影について書面で聞いた。【坂部哲生】

 ■教育ノウハウはジャニーズから

 ――J―POPと比べたK―POPの強みはどこにあるか。

 K―POPはもともと、J―POPの影響を大きく受けている。特に育成制度などはジャニーズ事務所からのノウハウを取り入れたものだ。

 ただ現在は、J―POP以上にダンスや歌唱力などパフォーマンスの高さを重要視するのが特徴となっている。このため芸能事務所では、練習生たちに対して体系的な教育を施している。

 ――日本と韓国でファンが求めるものが違うためか。

 日本では、音楽的には未熟であったとしても親切で礼儀正しく、ファンとの交流を大切にするアイドルの人気が高い。ファンは彼らに高い音楽性を期待するよりも「成熟したスターへと成長していくプロセスを共有したい」という願望が強い。

 ■トータルマネジメントが奏効

 ――K―POPがビジネスモデルを転換する契機は何だったのか。

 2000年代の初め、韓国で大きな人気を誇っていたアイドルたちに対して「音楽的に未熟だ」という批判の声が高まった。追い打ちをかけるように、所属する芸能事務所との契約が、アイドル側にとって一方的に不利な内容になっていることも社会的な問題として注目された。

 韓国の芸能事務所は生き残りをかけて、より洗練された体系的な訓練をアイドルの卵たちに施し、彼らを完成した歌手としてデビューさせる「トータルマネジメント(total management)」戦略を取るようになった。アイドルの卵をデビューの企画段階から商品として完全に管理することで、アイドルの海外進出も可能になった。

 ■過酷な競争など社会問題に

 ――一方で「芸能事務所の訓練は過酷だ」という話も聞く。デビューまでこぎつけられるのはほんの一握りで、多くの若者は脱落し、その後もきちんとした仕事に就けないケースが多い。

 行きすぎた過酷な競争とそれによる脱落者たちの問題は、音楽業界だけでなく韓国社会全般の問題だ。その点では日本も例外ではないと聞いている。何よりも、アイドル歌手たちの行動に対する過度な干渉が問題だろう。

 昔と比べれば随分と改善されたが、今でもアイドルにとって不利な契約内容が依然として多く、必要以上に自由が制限されることもある。

 ――新型コロナウイルス感染症の拡大で、オンラインでのライブ配信が増えている。K―POP業界にどんな影響を与えると考えるか。

 K―POPが産業として世界的に成功した要因の一つに、00年代半ば以降、動画配信サイト「ユーチューブ」や会員制交流サイト(SNS)などのメディアを積極的に活用してきた点が挙げられる。オンラインでのライブ配信も以前からの試みの一つであり、コロナ禍の影響でその動きに拍車がかかった。

 ■ポストBTSを見据えて

 ――「BTS(防弾少年団)」が所属する芸能事務所「ビッグヒットエンターテインメント」が上場した。ただ、BTSへの依存が懸念され、株価が続落している。

 ビッグヒットエンターテインメントのBTSへの依存度が高いのは事実だ。しかし、メンバーの入隊で1年半から2年ほど活動ができなくなる場合に備えて、さまざまな手を打とうとしている。

 例えば昨年は、TOMORROW X TOGETHER(TXT)という弟分の男性グル??ープをデビューさせた。人気ガールズグループ「ガールフレンド」の企画会社や男性グループ「セブンティーン」と「ニューイースト」の企画会社も買収し、事業の拡張を図ろうとしている。

 過去に比べて兵役の期間も短くなった。多少の空白期があったとしても、会社の将来に致命的な損失をもたらすことはないだろう。

 <プロフィル>

 李奎卓:

 1978年生まれ。韓国ジョージ・メイソン大学教授。大衆音楽の専門家。ソウル大学英語英文学科卒業後、同大大学院で修士号、米ジョージメイソン大学で博士号を、それぞれ取得した。15年から現職。著書に「K―POPの時代」などがある。

NNA 10/26(月) 11:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e2129c30a1594ca793ad659e2bcde3b9c42c3ee

写真:NNA
no title

続きを読む

【戦犯旗】K-POPファンをターゲットにした米企業の広告に「旭日旗」!?韓国ネットから批判相次ぎ削除

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/26(月) 13:59:07.28 ID:CAP_USER
2020年10月23日、韓国・エコノミックポストは「米半導体企業がK-POPファンをターゲットにした広告に旭日旗が使用され、韓国のネット上で物議を醸している」と報じた。

記事によると、米半導体企業AMD Philippinesは同日、SNSに「Ryzen 5 3600X」の広告を掲載した。記事は広告について「韓国の女性アイドルグループ・BLACKPINKのグループ名や色とりどりのネオンサインデザインを使用しているところが特徴的」と説明。また「AMDはK-POPファン層を狙ったかのように、BLACKPINKの人気曲に言及しつつ『Ed Mod craftの今回のビルドはBLACKPINKからインスピレーションを受けた』と説明した」と伝えている。

しかし、広告の背景には「旭日旗とみられる模様」が使われ、これが韓国のネット上で波紋を呼んだ。他にも日本家屋や富士山と思われる火山、侍のよろいをキャラクター化した絵が使われていることにも反論の声が相次いでいるという。

実際に韓国のネット上には「あれは旭日旗じゃなくて戦犯旗だ」「あえて旭日旗を背景にする必要がある?。意図的にやったに違いない」「びっくり。アジアを対象にした広告なのに、事前調査しなかったの?」「オリエンタリズムとワパニーズ(wanna be Japanese)に対する理解の限界」「まさかBLACKPINKを日本のグループと勘違いしてるとか?」などの声が寄せられている。

こうした非難が相次ぐ中、当該広告は同日午後3時に削除されたという。
(翻訳・編集/松村)

レコードチャイナ 2020年10月26日 11時20分
https://www.recordchina.co.jp/b847041-s0-c30-d0127.html

no title

続きを読む

【日刊ゲンダイ】世界的人気「BTS」兵役問題の波紋…「ダイナマイト」は文在寅政権の起爆剤か、危険な爆薬か?

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/24(土) 09:34:55.91 ID:CAP_USER
 韓国が「BTS(防弾少年団)」の兵役問題で揺れている。BTSといえば、いまや世界的に活躍する人気K―POPグループ。それでも兵役の義務があり、現行の兵役法で最年長メンバーのJIN(ジン)は満28歳となる今年12月に入隊しなければならない。

 メンバーが次々と入隊すれば、人気が失速するのではないか。こうした懸念から韓国では2年前から「国益のためにもBTSのような芸能人については兵役を免除すべき」という声が上がり、国会で改正法案が発議されていた。

 だが「発案されても、兵役問題は“免除”といった例外をつくってしまうとその後の適用基準が難しくなる」と韓国人女性は言う。実際、過去にも人気スターが入隊するたび議論されてきたが、同様の理由で立ち消えとなっていた。

 国民の間にはただでさえ「不公平」に対する不満の声が多い。兵役問題はその最たるもので「芸能人だろうと財閥の子息だろうと入隊すべき」という考えが大原則だ。BTSのメンバーも本音はどうであれ、「兵役は当然の義務。時期が来たら行く」と表明。ファンも「政治目的でBTSを利用しないで」と冷静だった。

 ところが、9月に新曲「Dynamite(ダイナマイト)」が米ビルボードのシングルチャートで2週連続1位を記録すると、空気が変わる。その経済効果だけでも1兆7000億ウオン(約1520億円)といわれるのだ。韓国人歌手として史上初の快挙で、今月は所属事務所が韓国証券取引所に上場。時価総額は一時11兆8800億ウオン(約1兆900億円)に達した。

 兵役の議論も再燃し、前出の韓国人女性も、「“免除”ではなく、“延期”なら妥当と思う。BTSは韓国経済にも影響をもたらしており、今、兵役に就くのは大きな損失となる」と、以前とは少し違った見解を示した。

 このBTS法案の成立を誰よりも強く望んでいるのは文在寅大統領だろう。経済効果はもちろん、韓国のイメージアップになり、若者の支持も得られるという思惑がある。

「ダイナマイト」は文大統領にとって起爆剤ともいえる。BTS株は上場後に暴落したが、低迷していた文大統領の支持率は兵役法の改正で上昇するかもしれない。一方で、国民の目に“過度な特別扱い”と映れば反発を買い、文大統領の株が大暴落する可能性も。危険をはらんだ爆薬でもあるのだ。

(児玉愛子/韓国ウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITAL 10/24(土) 9:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e201ca90bf55986e421049f6f2849376f8c685c

BTS(防弾少年団)/(C)ロイター
no title

続きを読む

【悲報】BTS株に人生を賭けた韓国の若者たち、奈落へ。「まだ一日も経ってないので払い戻しさせて」

1: ナショナル坊や(佐賀県) [CN] 2020/10/22(木) 10:17:43.73 ID:cOS5P0Ec0● BE:773723605-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
https://news.yahoo.co.jp/articles/a24ba16ebbae7c876c7304e7641a9a01e9efabce

「払い戻しはできないんですか?」

「株の払い戻し」という、聞き慣れないワードが韓国ツイッターのトレンドランキング1位に上がった。

----------
「結婚資金として貯めた5千万ウォンで投資したんですが、キャンセルできますか? まだ一日もたってないので、
可能だと思いますが、実際、キャンセルしてみた方はいらっしゃいますか?」

「D+2営業日以内に証券社に行けば払い戻してくれると聞きましたが、正確な規定などありますか? 
今後は投資を法的に禁じられてもかまいませんので、払い戻しの方法を教えてください。購買証明資料もあります」

「どうして払い戻しできないんですか? 消費者保護法もありませんか?」
----------

これらの書き込みは、上場直後、ストップ高まで上昇した後、垂直落下しているビッグヒット・エンターテインメント
(Big Hit Entertainment)株を高値で掴んでしまった初心者投資家によるもので、見ての通り、株の購入代金の払い戻しを要求しているのだ。

10月15日、BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒット・エンターティンメントが韓国株式取引所に上場された。

寄り付きから買い注文が殺到する中、公募価格(13万5000ウォン)の倍にあたる27万ウォンで取引開始、
株価は一気に35万1000ウォンまで高騰、時価総額は11兆8800億ウォン(約1兆1000億円)に達した。

これは韓国の3大エンターテインメント会社であるJYP、YG、SMの時価総額を合わせた約2兆8000億ウォンの4倍近い驚異的な額だった。

公募株請約の時点から、メディアや証券アナリストの関心を集めてきたビッグヒット株には、
折りしも「BTSのビルボードチャート占領」という快挙が重なり、58兆ウォンという、韓国証券市場で史上2番目に高い請約金が殺到した。

また、BTSのビルボード1位を契機に、与党議員を中心にBTSメンバーの「兵役免除」が公式に取り上げられ、世論も肯定的に反応した。

年末から来年までJINが軍に入隊しなければならないことがビッグヒットとしては最大のリスクだっただけに、
メンバーの兵役が免除されるかもしれないという期待感が、ビッグヒットの株価予測にも大きな影響を及ぼした。

※以下、全文はソースで

続きを読む

「BTS株」に人生を賭けた韓国の若者たちは一夜にして奈落へ堕ちた

1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/22(木) 07:04:35.26 ID:CAP_USER
「払い戻しはできないんですか?」

 「株の払い戻し」という、聞き慣れないワードが韓国ツイッターのトレンドランキング1位に上がった。

「結婚資金として貯めた5千万ウォンで投資したんですが、キャンセルできますか? まだ一日もたってないので、可能だと思いますが、実際、キャンセルしてみた方はいらっしゃいますか?」

「D+2営業日以内に証券社に行けば払い戻してくれると聞きましたが、正確な規定などありますか? 今後は投資を法的に禁じられてもかまいませんので、払い戻しの方法を教えてください。購買証明資料もあります」

「どうして払い戻しできないんですか? 消費者保護法もありませんか?」
----------

 これらの書き込みは、上場直後、ストップ高まで上昇した後、垂直落下しているビッグヒット・エンターテインメント(Big Hit Entertainment)株を高値で掴んでしまった初心者投資家によるもので、見ての通り、株の購入代金の払い戻しを要求しているのだ。

 10月15日、BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒット・エンターティンメントが韓国株式取引所に上場された。

 寄り付きから買い注文が殺到する中、公募価格(13万5000ウォン)の倍にあたる27万ウォンで取引開始、株価は一気に35万1000ウォンまで高騰、時価総額は11兆8800億ウォン(約1兆1000億円)に達した。

 これは韓国の3大エンターテインメント会社であるJYP、YG、SMの時価総額を合わせた約2兆8000億ウォンの4倍近い驚異的な額だった。

 公募株請約の時点から、メディアや証券アナリストの関心を集めてきたビッグヒット株には、折りしも「BTSのビルボードチャート占領」という快挙が重なり、58兆ウォンという、韓国証券市場で史上2番目に高い請約金が殺到した。

 また、BTSのビルボード1位を契機に、与党議員を中心にBTSメンバーの「兵役免除」が公式に取り上げられ、世論も肯定的に反応した。

 年末から来年までJINが軍に入隊しなければならないことがビッグヒットとしては最大のリスクだっただけに、メンバーの兵役が免除されるかもしれないという期待感が、ビッグヒットの株価予測にも大きな影響を及ぼした。

 そうした背景から、上場直前まで、韓国の主要証券会社ではビッグヒットの株価目標を30万ウォン台前半に設定した。

 しかし、予想とは裏腹に、ビッグヒット株は上場直後から取引日基準で5日連続で暴落し、ストップ高時と比べると約50%も下がっている。上場初日から、誰も予想できなかった株価急落という「爆弾」に見舞われた個人投資家らは一様に狼狽し、冒頭のように、株の払い戻しを要求する書き込みをインターネットにあげるようになったわけだ。

 結婚資金として貯めた5千万ウォンを投資して数千万ウォンを損したと主張する「予備新婦」や、信用取引で2億ウォンを銀行から借りて投資したという会社員など、それこそ個人投資家の「血と汗と涙」がにじむような話がネット上を熱く沸かせた。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/a24ba16ebbae7c876c7304e7641a9a01e9efabce

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト