脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【韓国】 「経済報復、撤回せよ」 ソウルの日本大使館前で集会

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/20(土) 19:27:19.17 ID:CAP_USER
ソウルの日本大使館前で20日夕、日本政府が発動した輸出管理強化措置に抗議する大規模な集会が開かれた。

韓国の労働団体など100以上の組織が共催した集会には千人余りが参加、「ノー アベ(安倍晋三首相)!」
と書かれたプラカードを掲げ、「経済報復を撤回せよ」「強制徴用を謝罪せよ」などと気勢を上げた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072000494&g=int

続きを読む

【日経新聞】 韓国で外車人気、日本には韓国車なく

1: 荒波φ ★ 2019/07/20(土) 15:54:25.26 ID:CAP_USER
「日本車レビューする韓国人」というユーチューブ動画がおもしろい。エリン・キムさんという、日本語堪能な若い韓国人のチャンネルだ。ふだんは韓国で日本車や韓国車の試乗リポートやっているのだが、日本にも乗りに来る。

ホンダN-VANの回は、起き抜けのベッドで目をこすりながら「今日は朝イチの飛行機で日本に行こうと思います」と始まる。訪日韓国人が年間700万人というと、全韓国民の7人にひとりが来日している計算だが、そんなはずはなく、要は1年に何度も来る彼のようなリピーターが多いのだろう。

なぜかあまり報道されないが、韓国で日本車は人気だ。エリンさんもホンダ好きらしく、軽のスポーツカー、S660を愛用している。

人口が日本の半分以下であることを考えると、韓国の輸入車マーケットは大きく、日本の年間31万台に対して28万台くらいある。ドイツ車ラブは日本と同じで、メルセデスとBMWが圧倒的な二強状態だが、3位グループにはトヨタとレクサスが入り、2018年の日本車シェアは15%ほどである。

一方、日本の輸入車市場に韓国車は存在しない。20年近く前、「冬のソナタ」が大ヒットして、オバサマたちが「ヨンさまァ~」と言っていたころ、トップメーカーのヒュンダイが本格的な日本進出を図った。

古い付き合いの三菱自動車と協業して国内にディーラーをつくり、済州島に日本の報道関係者を呼び、試乗会も開いた。振り返ると、韓流ブームのこのときが最大の勝機だったと思うが、販売は伸びず、08年のリーマン・ショックがとどめを刺した。

しかし、その後の韓国車は世界市場で破竹の勢いである。海外メーカーからエンジニアやデザイナーを積極的にリクルートして、製品の偏差値も急速に向上させた。欧州市場では、ヒュンダイはもとより、2位のキア(起亜)も日本車ナンバー2の日産を販売台数で追い抜いている。

でも、日本では売っていない。韓国車レビューする日本人もいない。


2019年7月20日 15:30
https://r.nikkei.com/article/DGKKZO4753519019072019KNTP00?unlock=1&s=1

続きを読む

【どうなる不買運動】 韓国の食卓を守る“あれ”も実は日本産  ビニールハウスの多くが日本産のフィルムを使用

1: 荒波φ ★ 2019/07/20(土) 09:55:31.22 ID:CAP_USER
※聯合ニュースの元記事(韓国語)
国内ビニールハウスの多く、日本産のフィルムを使用... 国産化早足
農業振興庁、国産農業フィルムの品質向上技術の開発から
https://www.yna.co.kr/view/AKR20190712037000030

2019年7月14日、韓国・聯合ニュースが「韓国の食卓を守る韓国内の施設園芸農家の多くが日本産ビニール(フィルム)を使用している」と伝え、ネットユーザーから驚きの声が上がっている。

記事によると、2017年基準の韓国の施設園芸の栽培面積は5万2418ヘクタールで、そのうちビニールハウスが5万1997ヘクタールと大部分を占めている。

また、年間の農業用フィルムの販売量を分析した結果、10年には韓国産118トン、日本産1500トンと日本産が韓国産の10倍以上だった。

その後、韓国産の生産量が少しずつ増え、昨年は韓国産2450トン、日本産が2850トンと同水準になったが、現在も日本産ビニールが多く使用されているのが現実だという。

韓国農村経済研究院が15年に160の施設農家を対象に行った調査では、25.9%が日本産フィルムを使用していたという。

同研究院は「施設園芸農家全体が使用するフィルムの総量は5万300トン。農家らが15年から4年間、フィルムを交換せず使用していたと仮定すると、日本産フィルムは1万1350トンで22.56%が輸入産となる」と推定した。

まだ正確な全数調査統計はないものの、一部からは「韓国内のビニールハウスの半分以上が日本産フィルム」と予想する声もあるという。

日本産が多く使用される理由は「品質の差」で、国農業振興庁は「日本製は韓国製に比べて耐久年数が2年以上長い上、透明度・透過率・赤外線吸収率・ハウス内湿度などが全般的に優秀だ」と話した。

こうした状況の中で韓国の農業用フィルム会社の経営は厳しくなり、02年に25社あった生産会社の数は昨年11社にまで減少したという。

同庁は「多くの農家が韓国産より2倍ほどの価格の日本産フィルムを選んでいる」とし、「韓国型スマート温室を活性化するためにも韓国産フィルムの性能改善に向け技術的課題を分析し解決する必要がある」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは

「ビニールまで日本から輸入しているとは知らなかった」
「韓国の技術ではビニール一つ作れないとは!」
「韓国はこれまでこんなにも日本に依存していたのか」

など驚く声が上がっている。 また

「経済的に韓国は完全に日本の奴隷状態だな」
「韓国が自分たちだけでできるものは何?。日本と韓国が本気で戦ったら韓国の負けは目に見えている」
「ビニールだけかな?。ほとんどの物において日本産の方がいいのは事実」

などと嘆く声も。 一方で

「ちょっと遅いけど、この事実に気付けただけよかった。性能改善に力を入れよう」
「今回を機に1から10まで全てを国産化しよう。韓国にできないことはない」など前向きな声や、
「全てを国産化できる国なんて存在しないよ」

との声も上がっている。

2019年7月20日(土) 8時20
https://www.recordchina.co.jp/b188723-s0-c30-d0058.html

続きを読む

【韓国】 子供たちの童心まで攻撃する卑劣な日本の戦略…マクドナルド・ハッピーセットのおもちゃに『旭日旗』

1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/21(日) 23:14:49.49 ID:CAP_USER
no title

no title

no title


マクドナルド・ハッピーセットのおもちゃセットに旭日旗が登場して衝撃を与えている。

ソウルのあるマクドナルド店で販売されているハッピーセットのおもちゃセットであるパラシュートカプセルで、スヌーピーのパラシュートが旭日旗を連想させるに十分な形をしているからだ。

去る20日、家族と一緒にこの売り場を訪れたある市民はソウル新聞との電話インタビューで「子供たちがスヌーピーがとっても好きで、ハッピーセットのおもちゃセットを注文しようとした。色々なおもちゃセットの中でパラシュート・カプセル、スヌーピーが目にはいったら、パラシュートの布を見れば誰が見ても旭日旗を連想させる形で衝撃を受けた。日本から発端になった韓日貿易摩擦で憤慨していたので、情報提供しなければならないと決心した」と伝えた。

日本との貿易摩擦による国家的紛争で日本商品不買運動が強まっている今。子供たちの童心まで無差別に攻撃する日本の卑劣な「すきま戦略」を注意深く見守って対応すべき時のように見える。

パク・ホンギュ記者

ソース:ソウル新聞(韓国語)<子供たち童心まで…マクドナルド ハッピー米をおもちゃに‘旭日旗’>
https://stv.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190721500021

続きを読む

【朝鮮日報】質問をたくさんすると変人? 「独裁政権のような日本政府の言論観」

1: マカダミア ★ 2019/07/21(日) 07:20:18.98 ID:CAP_USER
加計学園問題などで東京新聞の女性記者が質問を浴びせると…首相官邸は「自制しろ」

日本の記者らは「質問者」というより「速記士」、政府発表の書き取りに忙しい

 「日本は憲法で言論の自由が保障された現代民主主義国家だ。ところが日本政府は依然、時として独裁政権を連想させるやり方で(言論と)相対している」

 これは、米国ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙による日本の言論環境についての分析だ。7月5日(現地時間)、NYT紙は「質問をたくさんする記者、多くの質問が彼女を変わり者にする」というタイトルの記事で、日本の言論環境について批判した。「独裁政権を連想させる政府」だけを批判したのではない。政府に順応的な取材や報道活動を自ら行っている日本のメディアも批判した。

特に、政治家が報道機関経営陣との親交を通して個々人の記者を管理し、特定の記者が記者会見にアプローチすることすら妨げている点を指摘した。NYTのこの記事は朝日新聞などを通して紹介され、日本国内でも話題になっている。

 NYTが注目したのは、「質問をたくさんして変人になった」東京新聞の望月衣塑子記者(44)だ。望月記者は、政府の報道官役を務める官房長官の定例記者会見に出席し、いつもしつこく多数の質問を行うことで有名だ。望月記者は社会部所属で、2017年に安倍晋三政権を揺るがした加計学園問題を取材した。加計学園問題関連の質問には一貫して中身のない答弁をする菅義偉官房長官に対し、望月記者が40分にわたって23の質問を浴びせたのは有名なエピソードだ。

 こうした望月記者に対し、菅官房長官が「あなたの質問にいちいち答える必要はない」と言ったのはもちろん、記者会見の担当職員が「簡潔に質問してほしい」などと言って望月記者が質問する1分30秒の間に7回も口を挟み、妨害したこともあった。また、望月記者の質問を巡り、首相官邸が東京新聞に書面で公式に抗議の意思を伝えてきたことだけでも9回もある-と東京新聞は明かした。

望月記者が「事実に基づかない、不適切な質問」をしているというのだ。今年2月には、望月記者と東京新聞に圧力をかけるにとどまらず、官邸出入りの記者団にも抗議の意志をしたためた書簡を送った。「東京新聞側にたびたび、事実に基づかない質問を自制してほしいと求めた」として「官房長官記者会見の意義が損なわれないよう、問題意識を共有してほしい」という内容だった。望月記者を全方位的に圧迫したのだ。

 問題は、記者の質問内容や方式を巡るこのような圧迫が、政府だけでなくメディア内部からも出てきたということだ。「東京新聞の望月記者、臆測と個人の視点が入り混じったでたらめな質問を連発」などの記事を数回にわたって掲載した産経新聞が、その代表例だ。これに関してNYTは、日本の言論界に「記者クラブという独特の文化があり、ここから排除されたりすると政府関係者の情報を得られなくなるので、記者は鋭い質問があまりできない」と指摘した。

もちろん、当事者の報道機関である東京新聞の編集局長は、社説で「(問題になった望月記者の質問は)事実に基づいていないとはいえない」「取材とは、記者が持つ情報を会見などで確認していく行為」だとして、官邸の措置に抗議した。日本言論人会(ママ)や朝日新聞も抗議に加わった。時事通信によると、NYT東京特派員は直接、官房長官記者会見で「特定記者の質問を非難する書簡を記者団に送った意図は何か」と尋ねた。

 デビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者は「われわれ(西欧)の文化では、(記者が質問してファクトを確認することは)極めて当然のことだが、望月記者の粘り強い質問は、日本では大いに意味のある行動と見られる」とコメントした。記者が繰り返した質問を通して、政府に従順なメディア環境に屈服せずにいることができる、という事実を示してくれたという理由からだ。

NYTは「望月記者の同僚らは、時として質問者(inquisitor)というより筆記者(stenographer)のように行動するが、彼女は質問をやめない。望月記者は、日本で言論の自由のための英雄になった」と報じた。

 日本の言論環境を懸念するのは、NYTだけではない。今年6月、デビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者は「日本メディアは政府関係者の圧力にさらされており、独立性が懸念される」という内容の報告書を出している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/19/2019071980151.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト