脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【朝鮮日報】 「北朝鮮では日帝が民族精気を絶つために打った杭はみな抜いた」→米国人「日本人も気を信じているのか」

1: 蚯蚓φ ★ 2019/11/10(日) 00:06:42.59 ID:CAP_USER
https://image.chosun.com/sitedata/image/201911/08/2019110802877_0.jpg
イラスト=アン・ビョンヒョン

先日、米国ワシントンで開かれたある懇談会に参加して現地の対北専門家たちと北朝鮮情勢について話を交わした。最近のキム・ジョンウンの白頭山(ペクトゥサン)白馬登頂が話題にのぼった。ある米国専門家が北朝鮮の人々がまだ「白頭山の気」のような観念論的宣伝を信じるのか尋ねた。私が答える前にそばに座っていた米国学者が「北朝鮮はもちろん韓国でも天から白頭山に韓民族の気が降りてくると信じている。違いは北朝鮮では白頭山の気がキム氏一家に降りてくると信じていることだけだ」と答えた。

気を信じる文化が彼ら観点では不思議に見えるようだった。私は「東洋ではすでに数千年前に陰陽五行説という学説が登場し、気を信じている。気の観点から見た時、韓半島ほど良いところもない」と自慢した。具体的には「韓半島は中国大陸に根をおろして白頭山を主幹とし、三面が海に囲まれている。韓民族が浮かび上がる朝の太陽を追って東に移動し席を占めたのだ。天(宇宙の本体)の霊気が白頭山に降りてきて土地の隅々に活気がある」と言った。

実際に外交官の仕事をしながら多くの国に行ってみたが、韓国ほど三千里の津々浦々あまねく山良く水良い国はなかった、というと米国人が目をまるくした。

日帝が韓民族の精気を折るために全国の名山の山頂ごとに杭を打ち込んだが、北朝鮮ではみんな抜いてしまったという話もした。参席者は「日本の人々まで白頭山の気を信じるのか」として興味深いと言った。それと共に自分も白頭山の気を信じるのか、気を受ければ長く生きるのかなどを尋ねた。キム氏一家は気を受けようと一年に何度も上がるが他の人々より特に長く生きたようではない。
(中略)

韓国にきてみると白頭山の精気に対する解釈が少し違った。韓国の知人たちは白頭山に天から降りてくる気を受けるのではなく、白頭大幹に乗って流れて来ながら、さらに強くなった気勢が抜け出す時に受けなければならないと言っていた。そういえば慶北奉化国立白頭大幹樹木園では毎年、新年を迎えて「白頭山虎気受信」行事が開かれていた。白頭山の気が抜け出すという慶南山清の王山(ワンサン)で気を受けなければならないという人もいた。
(後略:王山に気を受けにいった話)

太永浩(テ・ヨンホ)元北朝鮮外交官

ソース:朝鮮日報(韓国語)白頭山の気も、白頭山脈の気も受けた…統一されるその日まで暮らせないだろうか
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/11/08/2019110802900.html

続きを読む

【環境】 「福島原発汚染水、韓中協力して日本に解決促す」~日本からは小泉進次郎、環境相

1: 蚯蚓φ ★ 2019/11/10(日) 22:07:02.59 ID:CAP_USER
no title
 
▲趙明来(チョ・ミョンネ)環境部長官

韓国政府が今月下旬開かれる第21次韓・中・日環境長官会議で中国政府とともに日本側に福島原子力発電所汚染水問題解決を公式に促す。

韓・中両国が協調して日本政府が原発汚染水を海に放流せず合理的な代案を探すよう要求するという趣旨だ。

趙明来(チョ・ミョンネ)環境部長官は6日、ソウル中区ソウルスクエアのソウル事務所で国民日報と持った就任1周年インタビューで「日本、福岡で開かれる3国環境長官会議の際、福島汚染水海洋放流問題を中国政府とともに公式提起する」と話した。

チョ長官は「汚染水が海に放流される場合、放射能を含む魚類が韓半島にくる可能性など大きな脅威にさらされる。私たちにとって切迫した問題だ。決して軽く見ない」と強調した。

来る24日から二日間開かれる環境長官会議にはチョ長官と李干杰・中国生態環境部長、小泉進次郎・日本環境相が参加する。

長官級の人々が参加する国際会議で福島原発汚染水問題が議論されるのは初めてだ。政府がこの問題を長官級議題で格上げさせたのは汚染水が直ちに国内に押しよせる可能性が現実的な脅威になるという判断からだ。

特に今回の会議は汚染水問題に対して韓・中両国が日本を事実上共同で圧迫する席になるものと見られる。チョ長官は去る9月、日本政府が「汚染水を海に放流して薄める以外に方法がない」としたことに対して「私たちは強力に抗議した。最も重要なのは海洋放流をしてはならないということ」と強調した。

チョ長官と李部長は最近開かれた韓・中環境長官例年会議でも日本の汚染水海洋放流は国際協約違反で海洋環境に否定的影響を及ぼすという認識を共有した。

チョ長官は「李部長は国際原子力機構(IAEA)核安全特別会の議長だった時にも福島原発汚染水海洋放流に対して問題を提起するなど核の専門家。(李部長と)意気投合が十分になされた」と話した。

チョ長官は合わせて微細粉塵拡散防止のために韓国、中国、北朝鮮、日本、モンゴルなどとの対策協議を強化すると明らかにした。チョ長官は「韓・中長官級政策会議に続き、モンゴルと北朝鮮、日本が皆参加する微細粉塵協約体系を作るだろう」と言った。

政府はこれを通じて微細粉塵と関連した政策・技術交流、大気質予報と関連した情報・技術交流などを一緒にする計画だ。

モ・キュヨプ記者

[出処] -国民日報(韓国語)[単独] “福島原子力発電所汚染水、韓・中政府協調して日本に解決促すこと”
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924107174&code=11131700

続きを読む

【韓国】「国民が求める役目全う」 任期折り返しで文大統領

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/11/11(月) 17:36:30.28 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、青瓦台(大統領府)で開いた首席秘書官・補佐官会議で「政権発足からはや(任期の)半分の時間が過ぎ、残り半分の時間が一層重要になった」として、「国民と時代が求める大統領の役目を最善を尽くして全うする」と、政権後期の国政に臨む覚悟を語った。文大統領は9日に5年間の任期の折り返し点を迎えた。

文大統領は「残りの任期は国民にもっと低姿勢で近寄る」として、「国民の激励と叱咤(しった)に耳を傾け、重い責任感を持って国政に臨みたい」と言明し、支持を求めた。

 また、「この2年半は乗り越えるべき過去を克服し、新しい未来に向かう転換の時間だった」と振り返りながら「任期の前半に種をまいて芽を出させたなら、後半は花を咲かせ、実を結んでこそ文政権が成功したといえる」と語った。その上で「国民が変化を確実に体感するまで、一貫性を持って革新・包容・公正・平和の道を揺るぎなく走っていく」と政権後期の国政運営の方向性を示した。

 朝鮮半島の非核化問題については、「平和は朝鮮半島の運命を決めること」として、「これまでの奇跡のような変化も始まりにすぎず、まだ結果を楽観できない。依然として多くの困難なプロセスが残っているのは明白」と指摘した。ただ、「われわれには別の選択肢がない」とし、「平和・繁栄の新しい朝鮮半島が開かれるまで大胆に進み、必ず成功させなければならない」と強調した。

 外交に関しては、「国益中心の4強(米中日ロの4大国)外交を強化しながら、外交の多角化を着実に推進し、外交のすそ野を広げ、『新南方・新北方』で交流協力と経済領域を拡大した」と評価した。

 日本の対韓輸出規制強化措置にも言及し、「毅然(きぜん)として堂々と対応し、素材・部品産業の競争力を強化するきっかけとし、誰も揺るがすことのできない国に向けた礎を築いている」と述べた。

 その上で「こうした転換の過程で問題も多く、現実的な困難も少なくなかった」とし、「その道を走ってきた結果、新しい韓国に向かう土台が構築されており、確実な変化に向かう基盤がつくられていると信じている」との認識を示した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191111003200882?section=politics/index
聯合ニュース 2019.11.11 17:13

no title

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=11日、ソウル(聯合ニュース)

続きを読む

【韓国KBS】日本不買運動で『ペペロデー』衰退・・・「餅に変えよう」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/11/11(月) 10:07:32.59 ID:CAP_USER
(動画=YouTube)
https://youtu.be/0jSZyreFvSc


____________________________________________________________

<アンカー>
今日、11月11日は、いわゆる『ペペロデー』で、流通業界最大のイベントの一つに数えられていましたが。

今年は雰囲気が一変しました。

正体不明のお菓子マーケティングに代わり、『農業人の日』を迎えて我が国伝統の餅(カレトック)を筆頭に、代替品を求める消費者が多くなりました。

チョ・ヘジン記者が取材しました。

<レポート>
いわゆる『ペペロデー』を控えた大学街の便宜店(コンビニ)。

例年ならば流通のピークですが、今年は賑やかなイベントの文字が見当たりません。

日本産の輸入菓子は影を潜めました。

<コンビニ店員(音声変調)>
「○○(日本製品)あるじゃないですか、そのようなものは出ません」

主要の顧客層である若者も、今年からは購入を控える雰囲気です。

<ペ・ソヨン(ソウル市 西大門区)>
「この時局に、こんなものを買うのかって反応もあまり良くなく、私たちも少しぎくしゃくしているので買わなくなります」

特需を賜ったのは餅屋でした。

11月11日は農業人の日であり、細長い餅の形が棒状のお菓子の代わりになって、餅のプレゼントを代わりにする人たちが増えました。

<パク・オクジャ(ソウル市 道峰区)>
「両親が田舎で農業をしているので米の消費が多くなればと思い、そして美味しい」

甘さを手放せない消費者は、他のデザートを求めました。

<キム・ドンフィ(マカロン店の店主)>
「休めません。求める人が多くて」

<ソ・ジオ(仁川市 西区)>
「不買運動もあったので代替品も多く、違うものを探してプレゼントしたり(します)」

日本不買運動の影響によって、お菓子メーカーのマーケティングに振り回されるよりも、我が国の米、我が国の製品を愛用しようという動きが広まっています。

KBSニュース、チョ・ヘジンでした。

ソース:KBS(韓国語)
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4320798

続きを読む

【韓国】自動車販売、過去10年で最低

1: 動物園φ ★ 2019/11/10(日) 12:37:41.13 ID:CAP_USER
機械翻訳

自動車販売、10年ぶりに最低...輸出も「緊張」
記事入力2019.11.10

[アンカー]
今年、韓国の自動車販売の世界金融危機以降、10年ぶりに最も少ないことがわかった。

こうした中、米国が輸入車に高い関税をつけるかを決定することにした期限が三日後に迫り、関心が集まっています。

取材記者接続します。 チェ・アヨン記者!

今年に入って韓国の自動車販売、10年ぶりに最も少なかったが、昨年よりどのくらい減ったのですか?

[記者]
韓国自動車産業協会が公開した内容をアップ。

今年に入って10月まで、韓国の自動車メーカーの国内外の販売量はすべて324万2千台と集計された。

前年同期比0.7%減のでしょう。

279万台売れた2009年の世界金融危機以降、10年ぶりに最も不振ですが。

特に輸出は198万6千台、1年前に比べて0.3%減少し、10年ぶりに最も少なく、

国内販売も1.2%減少し、3年目減少が続いています。

このように、輸出と国内販売の両方鈍化し、今年400万台の販売もめくり容易ではない見通しが出てきます。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D052%26aid%3D0001363937 ate%3D20191110%26type%3D2%26rankingSeq%3D2%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhjPAigulcbTdrPl2liCZSCvaweagw

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト