脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

朝鮮語スピーチコンテスト

1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2017/12/13(水) 23:49:55.58 ID:IRGT/v2W0 BE:592048191-PLT(13345) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
韓国のプサン市と姉妹都市提携している下関市で、県内の大学生や中高生が、韓国語の能力を競うスピーチコンテストが、開かれました。

このコンテストは下関市の市立大学が毎年開いているもので、ことしは、県内の大学生や中高生27人が出場しました。
コンテストは「朗読」と「暗唱」、それに「弁論」の3部門があり、それぞれ発音や表現力で審査するほか、「弁論」の部では、内容や会場の反応なども問われました。
このうち「朗読」の部では韓国の屋台を紹介した教科書の1文を読み、出場者たちは韓国語独特の発音が含まれる文章を表情豊かに朗読していました。
また「暗唱」の部は、韓国の詩の一部を詩の意味を正しく理解しながら正確な発音やイントネーションで表現できているかが審査されていました。
さらに「弁論」の部では3分から5分以内に自分の考えを論理的に伝える力を競い、日韓関係についてや、韓国語を学ぶきっかけなど、思い思いに発表していました。
出場したベトナム人の留学生は「すごく緊張しました。毎日寝る前に勉強しましたが、発揮できなかったです」と話していました。

中学生の女子生徒は、「もう少し頑張れたかなと思い、ちょっと後悔しています。大学生のように発音できるよう、これからも頑張りたいです」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/4063496831.html

続きを読む

【中央日報】21世紀の韓国に落とされる日英同盟の「影」 韓国の境遇は100年前もいまもあいまいなのは同じだ

1: 荒波φ ★ 2017/12/14(木) 10:50:37.47 ID:CAP_USER
1902年1月30日、英国・ロンドンで「日英同盟」が宣言された。19世紀に世界最強国だった英国が「栄光ある孤立」をやめて選択した最初の同盟国は意外にも極東の日本だった。

1年前の1901年に駐英ドイツ大使だったヘルマン・フォン・エックハルトシュタイン男爵が世界的に膨張した当代の「主要2カ国(G2)」のロシアを牽制するために「日英独同盟」を提案したのが始まりだった。日本国内ではロシアと直接対応するのが負担になったため英国との同盟締結に否定的な認識が少なかったこともあった。

曲折の末に提案者だったドイツが抜けたまま日本が英国のパートナーに選別されたが、日英同盟締結後に世界史の流れは大きな変化を迎えることになる。北海とバルカン半島、中央アジアと中国で大英帝国の利益を脅かすロシアを牽制するための「大きなビジョン」に基づき英国は日本と手を組み、日本は英国を後ろ盾として日露戦争を敢行した。韓半島(朝鮮半島)と満州、中国大陸への侵略も続いた。

英国が日本に提供した軍艦と火薬、石炭だけでなく、世界的に収集して海底ケーブルで伝達した軍事情報が日本のアジア侵略に一役買った。体の良い中立を標榜した大韓帝国が国際外交舞台から徹底して疎外されたのはこの時代のまた別の悲劇的場面だ。

100年余り前の国際関係を改めて振り返ったのは最近の北朝鮮の核・ミサイル威嚇を契機に作られている韓半島周辺の国際情勢が当時と似ているという思いを振り払いにくいためだ。北朝鮮の軍事的脅威という表面的理由だけでなく、浮上する強国の中国を牽制するために「覇権国」の米国が日本との結束をさらに強化する姿が100年ほど前の英国と日本の姿にオーバーラップされる。

3月にソウルを訪れたティラーソン米国務長官は「日本は最も重要な同盟国で韓国は重要なパートナーのひとつ」とし、「パートナー」の日本に対する親密さを露骨に示した。北朝鮮のテロ支援国再指定、北朝鮮の「火星-15型」ミサイル発射など、北朝鮮関連の主要問題があるたびにトランプ大統領は最も緊迫した当事国である韓国の統帥権者より日本の安倍晋三首相と先に通話する。

英国が軍艦を売り軍事情報を提供したように、先月の日本訪問の際にはF-35ステルス戦闘機をはじめとする先端兵器購入に関する突っ込んだ協議をしたりもした。安倍首相は「インド太平洋構想」を出し中国を包囲することを望む米国の意向を推し量る姿を演出したりもした。韓国はそうした渦中で韓米首脳会談晩餐会場に出された「独島(ドクト)エビ」で日本との摩擦を起こした。

韓国の境遇は100年前もいまもあいまいなのは同じだ。ある瞬間から韓国は「どちら側なのか」という質問を絶えず受ける対象になった。

米国は当然視された平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加に一時文句をつけた。中国訪問を控えた文在寅(ムン・ジェイン)大統領に中国CCTVのアナウンサーは露骨に高高度防衛ミサイル(THAAD)を追加配備せず、韓米日軍事同盟を結ばず、米国のミサイル防衛体系(MD)に参加しないという「三不」発言を要求した。

「韓国人は子どもと同じで怖がらせれば言うことを聞く」という19世紀末の駐日清国公使何如璋の認識が変わらず続いているのだ。日米の結束が強くなり、周辺が混乱したこの時に韓国が取る「賢明な道」が何か深く悩まなければならない時だ。


2017年12月14日10時25分
http://japanese.joins.com/article/520/236520.html?servcode=100&sectcode=120

続きを読む

【韓国】「日本の挑発を抑える」~独島財団、コンテンツプラットフォーム『K-独島』の構築完了

1: HONEY MILKφ ★ 2017/12/14(木) 10:45:55.79 ID:CAP_USER
■ 独島サイバー戦略センターの役割に期待
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「日本の挑発、コンテンツで抑える!」

慶尚北道(キョンサンプクド)の支援機関である(財)独島(トクド)財団は14日、日本の一方的な主張に
対抗する独島サイバー戦略センターの『K-独島』構築を完了したと明らかにした。

独島財団が近ごろ試験運営を終えて本格的な運営に入った『K-独島』は、独島関連コンテンツを1ヶ所
に集めた独島のプラットホームである。

これまで独島に関連する歴史的真実と、日本の主張の虚構などに対する独島情報を提供する
ホームページはあったが、独島関連コンテンツを集大成したのは『K-独島』が初めてというのが独島財団
の説明である。

『K-独島』には独島関連ニュースと動画、ソーシャルネットワークサービス(SNS)に投稿された写真は
もちろん、ニューメディア時代の最新トレンドであるカードニュースとジュニア独島、様々な映像コンテンツ
などを一目で見る事ができる。

また、独島関連イベントや公募展、イベントなどに関する情報を得る事ができ、国民のコミュニケーション
の窓口『自由発言台』では、独島に対する自分の考えを自由に交わす事が出来る。

さらに独島広報物や研究、教育、独島専門マガジンなど、様々な資料もここを通じて共有する計画である。

他にもK-独島構築を記念して、来る17日までK-独島公式Facebookとホームページで多彩なイベントを
開き、ネチズンに盛りだくさんの景品を配る予定である。

イ・サンモ代表取締役は、「独島を日本から守るだけではなく、平和の島である独島に様々な文化・芸術
のコンテンツを乗せて世界に伝えなければならない」とし、「K-独島の活性化は独島を立体的に広報して、
日本の一方的な主張を抑えるサイバー戦略センターの役割を果たしてくれる事を期待している」と話した。

ソース:NAVER/ファイナンシャルニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=014&aid=0003924168

続きを読む

【韓国】不人気?平昌五輪、頭痛める韓国 スターが自腹で入場券

1: 荒波φ ★ 2017/12/14(木) 11:27:47.95 ID:CAP_USER
韓国内外で人気がなかなか高まらない平昌冬季五輪に、韓国政府が頭を痛めている。政府は聖火リレーや記念行事に文在寅(ムンジェイン)大統領や韓流スター、軍艦、ロボットまで動員。来年2月9日の開幕が迫る大会の雰囲気盛り上げに必死になっている。

大会組織委員会によれば、入場券販売はようやく半数を上回った程度。競技が開かれる江原道江陵(カンウォンドカンヌン)市(スケート競技)、平昌郡(スキー競技)の宿泊予約率は3割に満たない。

もっと注目を集めるため、力を入れているのが11月1日から始まった聖火リレー。12月11日、国立韓国科学技術院(KAIST)が開発したロボット「FX―2」が登場。キャンパスがある中部・大田市でリレーに参加した。

11月14日にはソマリア沖の海賊対策に投入した韓国海軍駆逐艦「文武大王(ムンムテワン)」が聖火を載せ、南部の統営(トンヨン)港から鎮海(チネ)軍港まで運んだ。今後も芸能人や韓国駐在大使らが参加し、内外に大会をアピールする。

江原道庁は8日、韓流スターのチャン・グンソクが自腹で2018枚の入場券を購入し、海外のファン2018人を招待すると発表した。チャン・グンソクは五輪と観光の広報大使も務め、聖火リレーにも参加する。日本などに数多くのファンを持つチャンの知名度にあやかりたい計算だ。

また韓国政府は、大会を盛り上げるコンテンツの提案などにかかわった市民約1万3千人を対象に、文大統領との食事会を企画。15日に招待客20人を発表する。招待客には大統領の記念時計もプレゼントするという。支持率7割の大統領人気にも頼った。


2017年12月14日11時13分/朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASKDF52L9KDFUHBI01J.html

続きを読む

【韓国】あの有名ブランドにそっくり?韓国の「平昌スニーカー」にデザイン盗作疑惑

1: らむちゃん ★ 2017/12/13(水) 20:54:00.68 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2017年12月13日 20時40分 (2017年12月13日 20時43分 更新)
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171213/Recordchina_20171213071.html

2017年12月13日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を記念して韓国のロッテ百貨店が企画、制作したダウンコートやスニーカーなどの「平昌シリーズ」のデザインに盗作疑惑が持ち上がっている。

韓国日報によると、韓国のネット上では最近「ロッテ百貨店が来月発売する平昌スニーカーのデザインが、有名スポーツ用品ブランドの製品に酷似している」と指摘する声が上がっている。

その製品とは「アディダス」の人気スニーカー「スタンスミス」。両製品とも白ベースで、かかと部分だけにワンポイントで黒など他の色がついており、「似ている」との印象を受ける。また、スタンスミスにはワンポイント部分にアディダスのロゴがついているが、平昌スニーカーも同じ位置に平昌五輪のスローガンである「Passion Connected」の文字が刻まれている。

ただ、平昌スニーカーの価格はスタンスミスのおよそ半分。そのため「盗作疑惑」にもかかわらず購入希望者は多いという。

また、ロッテ百貨店が企画した別の平昌五輪関連商品も物議を醸している。ロッテ百貨店は平昌ダウンコートの人気を受け、第2弾として「平壌(ピョンヤン)ダウンコート」の発売計画を進めている。製品名に「平壌」が入っているが、製品と北朝鮮に関連性はないという。

これについて、ロッテ百貨店は「平昌ダウンコートが大ヒットしたため、冗談交じりで第2弾の名前を平壌ダウンコートにした。製品のコンセプトは無国籍、無商標で、南北の平和を願う意味がある」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「シンプルなデザインだから似ているスニーカーはたくさんある」「特徴のないスニーカーだから、アディダスのロゴさえ入っていなければOKでは?」「全然似ていない。白ベースのスニーカーは全て盗作になるの?」など盗作疑惑に反論する声が上がっている。中には「たくさん買ってあげよう。韓国経済を盛り上げるためにも!」と主張する声も。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト