脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【韓国・平昌五輪】あぐらがツラい外国人客「食事がヨガ修行のよう」

1: たんぽぽ ★ 2018/02/20(火) 06:33:26.05 ID:CAP_USER
 19日昼、江原道江陵市内にある刺し身料理店にアルペンスキーのアルゼンチン代表、セバスチアーノ・ガスタルディ選手(27)がやって来た。ガスタルディ選手は座卓の下に両脚を長く伸ばしていた。一般の人に比べ太ももが2倍ほど太いため、膝を曲げて座れないのだ。食事中、頻繁に体をよじりながら「何度も(あぐらをかこうと)膝を曲げようとしたが、とても無理だ。韓国人はあんな難しい姿勢でよく食事ができるなぁ」と言って笑った。

 五輪が行われている平昌・江陵エリアの飲食店を訪れる外国人客にとって、最も悩ましいことの一つが座敷での食事だ。長時間「あぐら」の姿勢で食べるのはとても難しいという。座敷の文化に興味を示して座卓を選んだ外国人が、実際に座ってからギブアップする例が少なくない。今は予約のときに椅子席があるかどうか確認するのが不可欠のようだ。そのため座卓を椅子とテーブルに変更する飲食店も増えている。

■「韓国人はヨガをしながら食事する」

 18日夜には江陵市内の別の刺し身料理店で、左頬に平昌五輪の公式マスコット「スホラン」を描いたスイス人観光客6人が4人用の座卓を狭そうに囲んで鍋料理を食べていた。入り口に近い椅子席は満席だったが、座卓の並ぶ奥の部屋はガラガラだった。カエタン・エガーさん(32)は「狭くても座卓を囲んで座ろうということになった。実際に座ってみたら腰と膝が痛くて10分も耐えられなかった」と話した。隣の座卓にいた英国人のケビン・カサイドさん(58)は「あぐらをかくと一人座っただけでテーブルの片側がいっぱいになってしまう。体格のいい西洋人にはあぐらは無理」と話した。

 「座布団に座ってみたい」と座敷を選ぶ外国人客もいるが、やはりつらそうだ。最初はあぐらをかいていても、すぐに膝立ちになったり片膝だけ折った姿勢で座り直したりする。スキー競技に出場する親戚の応援で江原道を訪れたカナダ人のロン・フォードさん(60)は「床にあぐらをかいてご飯を食べる韓国人を見ていると、ヨガをしているように見える」と話した。アルゼンチンから来たマーティン・ベジモさん(53)は「江陵に着いた日は好奇心から座敷を選んだ。しかし食事をしに行ったのに修行をして帰ってきた感じだった」と話した。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/19/2018021902742.html

続きを読む

【韓国】不満の声が噴出。平昌五輪は史上最悪の冬季五輪なのか? 選手ファーストは無視、観戦環境も最悪

1: ろこもこ ★ 2018/02/20(火) 07:09:27.27 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000001-wordleafs-spo

 選手ファーストは無視されていた。 
 今日もジャンプ台の向こう側の丘にある20機以上もの風力発電は、ぐるぐると強烈に回っていた。
 アルペンシア・ジャンプセンターは、2009年に山の上に建設されたジャンプ台で、スタート地点の標高は800メートル。風をさえぎるものがなく、5メートルからときには10メートルの強風が吹く。IOC、FISの視察団は、数年前に現地を訪れて改修を指摘、FISの規約では、競技を行うために風速は3メートル未満に抑えねばならないため、日本製の長さ約255メートル、高さ25メートルという自動昇降のできる防風ネットを張り巡らせたものの効果は薄かった。午後8時以降なら平均5メートルに収まるとも判断されていたが、見込みが甘かったと言わざるを得ない。
 10日のノーマルヒルは特に最悪だった。
 風があまりにひどいため、選手は待たされて、スタートバーを何度か行き来させられた。ジャンプ台は、氷点下10度にもなり、毛布をかけてもらっても暖はとれず「足裏の感覚がなくなってきた」という選手も。エース格の小林潤志郎は、醜いまでの追い風が覆いかぶさり2本目に進めず、けっして小言など言わない葛西紀明が、「これは中止でしょ」と漏らした。さらにはラージヒルでは葛西の背中に風が重くのしかかり2本目を飛べなかった。 そこに競技の公平さも何もあったものではない。
「寒い」、「凍える」、「こんな場所に作るジャンプ台は、そもそも欠陥で選手が危険にさらされる」、「コーチボックスは吹きさらしだ」
 海外の選手や関係者からは、そんな声ばかりが漏れた。

 昨年2月に同地で行われたプレ大会となるW杯では、強風の影響で危険と判断され、ラージヒルが、急遽、ノーマルヒルに変更された。このときも試合進行のスケジュールが大幅に遅れた。だが、五輪では、すべてが強行され、選手は命がけのフライトを余儀なくされることになった。根本的にあの場所にジャンプ台を作ってはならないのだ。地元の韓国選手も合宿を張れず、地元有利にも働かなかった。

 ジャンプ競技だけではない。女子スロープスタイルでは風に押されて飛距離が出ずに軒並み転倒、それでなくとも筋力で非力な選手は、雪面へ叩きつけられていった。決して延期や中止にならず強行された。アルペンスキーも、強風でスケジュールがめちゃくちゃな状況になってしまっていた。

 選手ファーストもできていないのだから、さらにファンは置き去りになっている。
 しかも、ヨーロッパへテレビ中継する時差の関係で、試合開始時間は、午後9時過ぎとなりノーマルヒルでは風による中断でさらにタイムスケジュールが押した。そもそもジャンプに興味のない地元のお客さんは、寒さに耐え切れず1本目が終わると出口に殺到していた。23時過ぎに終了予定だったが、気温はマイナス10度を下回り競技修了は、0時をとっくに回った。もう残っているお客さんは、ほとんどいなかった。ボランティアを私服で動員、観客席を埋めて表面をうまく取り繕おうとしていたのだが。

 クロスカントリースキーのコース沿いには、観客がほとんどいなかった。地元韓国の有力選手が出場しなかったせいもあるだろうが、辛い道中に、声援や拍手がなく盛り上がりに欠けた。
「こんな静かな中でのレースは初めてだ」と口にするヨーロッパの選手もいた。
 日本の北海道伊達市大滝村で直前合宿を張っていたスウェーデンのクロカンスキーチームは、競技日程ぎりぎりに韓国入りして、競技が終わると、さっさと帰国した。
 
 日本が金、銀を独占したフィギュアスケートや、小平奈緒との壮絶な優勝争いを演じたイ・サンファや、男子の500メートルでチャ・ミンキュが銀メダルを獲得したスピードスケートは、会場も満員で、かなりの熱気に包まれていたようだが、競技によっての温度差があまりに激しかった。
 大会組織委員会は、3日前に、観戦チケットの販売枚数が目標だった92.8%に当たる99万1000枚に達したことを発表した。観客動員数も、54万5000人に達したというが、現場で感じる実情は違った。 フィギュアのチケットでさえ当日買えたのはファンにとってはラッキーだったのかもしれないが。

 海外から来るファンにとっては観戦環境も最悪だった。

以下ソース

続きを読む

【韓国・平昌五輪】ギリギリまで新潟にいた露フィギュアスケート選手ら、満を持して平昌へ出発

1: 【東電 73.4 %】 (帝国中央都市) [US] 2018/02/19(月) 14:24:29.98 ID:vGYAGx6P0 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
ロシアのエフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、マリア・ソツコワの3選手らは19日、平昌五輪のフィギュアスケート女子に出場するため、
合宿地の新潟市での調整を終え、韓国へ出発した。読売新聞が伝えた。
選手らは1月29日から平昌五輪の事前強化合宿のため新潟入り。新潟市中央区の新潟アサヒアレックスアイスアリーナで調整を続けていた。
ロシアフィギュアスケート連盟のセルゲイ・コノヌィヒン副会長は「新潟で市民の温かい気持ちを感じられた。心から感謝申し上げる。
日本からもロシアの女子選手を応援してもらいたい」と語った。
フィギュア女子は21日にショートプログラム、23日にフリーが行われる。

https://jp.sputniknews.com/sport/201802194594055/
no title

続きを読む

【韓国の食文化】新鮮で多彩なマッコリの魅力

1: たんぽぽ ★ 2018/02/19(月) 16:12:12.84 ID:CAP_USER
http://www.sankei.com/smp/life/news/180219/lif1802190029-s1.html

 韓国料理好きでマッコリを知らない人はまずいないだろう。ほんのり甘く、微炭酸ですっきりとした味わいで、人気は高い。韓国農林畜産食品部韓国伝統酒ギャラリー副館長の明●(ミョン・ウク)氏に古今のマッコリ事情を聴いた。

 「貧乏だった学生時代、また農村でボランティアをしていた頃、そして兵役中とよく飲みました。多くの人々にとって思い出と結びつく酒だと思います。穀物粉を含んでいて、『元気が出る』とされているんですよ」

 「粗く濾(こ)した」という言葉が語源で、「新鮮」「搾り立て」といった意味もある。米や麦に麹(こうじ)を加え、発酵させて製造。アルコール度数は6~8度と比較的飲みやすい。発酵期間が2週間前後なので、韓国では生で飲むのが基本だが、日本に輸出されているものは大半が加熱処理されているという。

 「1960年代から80年代の高度成長期に一番売れていた酒です。その頃は、酒蔵にやかんを持っていって直接買うのが風習でした」と、明氏。最近は、女性や若い人にも人気があり、美容や健康効果も注目されている。

 「多彩な味わいも特徴です。米や麦のほか、豆類、果物など多様な原料を使い、韓国では約1500種類もあります。地域によって原料も味も違うので、飲み比べてほしいですね」

 文献でしか知られていなかった「梨花酒」という幻のマッコリが商品化されたり、レモンとヨーグルトを混ぜて飲むカクテルが登場したりと、今もマッコリは進化を続けている。 (取材協力 韓国観光公社)

●=火へんに日の下に立

続きを読む

【公徳心の欠片もない韓国】なぜ「韓国の常識は、世界の非常識」なのか 歪んだ教育が生む「選民意識」

1: 豆次郎 ★ 2018/02/19(月) 11:28:07.43 ID:CAP_USER
韓国・北朝鮮新潮45 2018年3月号掲載

「韓国の常識は、世界の非常識」と、かねて韓国ウオッチャーの間で言われてきた。

(中略)

 例えば「韓国の神様」は、衣料品店に外出の際に1度、あるいは2度ぐらい着た服を持ってきて、「気に入らないから返品する。金を返して」と要求する。店が断ると「消費者をバカにしている店だとネットにいろいろ書いてやる」と恫喝する。

 仕方がなく店が返金に応じても、それでは終わらない。謝罪要求が続く。店員に土下座を強要するような「神様」が韓国にはたくさんいる。(中略)

 店が「神様」をバカにすることも多々ある。前述の衣料品店なら、返品された服を新品として大人しそうな客に売りつけるのは当たり前だ。

 飲食店で、客の食べ残しを次の客に出すのは、まさに“韓国の常識中の常識”だ。

 気に入らない客が来たら、痰を吐き入れたドンブリを出すことも珍しくない。

 日本人からすると「信じがたい非常識」「悪質きわまる」となるだろうが、まるで武勇伝を記録するかのように、そうした場面を映したユーチューブはたくさんある。

 ソルロンタン(牛の頭などを煮込んだ白濁したスープ料理)や、粥の類は要注意だ。

「高級ホテルで食べる鮑粥なら大丈夫」などと思ってはいけない。なにしろ「世界の常識」が通じない国なのだから。

選民思想と自己主張の国

 なぜ韓国では、「世界の非常識」が常識になったのだろうか。

 私は教育によるところが圧倒的だと思っている。

 韓国の教育は、賤民いや選民思想に基づく。

「われわれは世界でも稀な単一民族であり、世界で最も優秀な民族だ」

「われわれは加害者になった歴史がなく、常に被害者だった」

「世界中の民が韓国に憧れている」

「われわれの価値観は常に正しい」

「日本人は文明的に遅れた民族であり、われわれは日本人に対して常に道徳的優位にある」

 こんなことを幼い時から刷り込むのだ。そして、協調性の大切さよりも、自己主張を立派にできることの重要さを教え込む。

 では、そうした「正しい教育」を受けて育ち、物心がついた頃に見る韓国社会はどんなものなのか。

 私利私欲に走ることが当たり前であり、悪いことをしても見付からなければ良いとする社会だ。

 滅私奉公の精神など存在しない。その逆の「滅公奉私」が彼らの基本的価値観だ。

 原子力発電所で大事故が起きたら、大惨事になる。

 福島原発の大事故の際、東京電力の現場は、まさに滅私奉公の精神で対処した。

 韓国では、安全性に細心の注意を払うべき原発に、性能証明書を偽造して不正部品を導入した。原発を運営する国策会社の社長を含む幹部、部品納入会社の関係者ら百余人が逮捕された。

 自分の懐が温まるのなら、世界の常識である「原発の安全性」など、どうでもいい――まさしく私利私欲が公益に優先する滅公奉私の社会だ。

 そして「見付かっちゃったとは、運が悪かったね」で終わるのだ。

 端的に言えば、公徳心の欠片もない社会であり、誰もが常に「騙されないようにしなくてはいけない」と身構えている総体的不信の社会だ。

 が、彼らにとっては、それが「世界中が羨む韓国社会」なのだ。

 だから彼らは、世界のどこへ行っても「韓国の正しい常識=世界の非常識」を貫こうとする。

 それが外国人から批判されると、「遅れた民族は、われわれの進んだ常識に対応できずに文句を言っている」と思い込む。

 例えば、韓国の留学生は、図書館で地図帳を借りては、「日本海」あるいは「ジャパンシー」(JAPAN SEA)とある表記を消して「東海」(EAST SEA)と書き込む。

 最近は「東海」(EAST SEA)と印刷されたシールが、留学に出る学生に国策団体から渡されるという。

 公共の図書館の蔵書に、そんな工作をするとは、まさに「世界の非常識」だ。ところが彼らは、図書館の職員に見つけられ注意されると「正しい知識を、遅れた国の民に教えてやっているのに何が悪い」と居直るのだ。(中略)

 韓国の教育は、韓国人に自国に対する限りない自信を与えている。韓国人にとって“進んだ韓国型常識”で動いている韓国は「素晴らしい国」なのだ。(後略)

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02190630/?all=1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト