脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【英韓】 旭日旗をロゴに使った英国の飲食店、抗議する韓国人と真っ向対立 「旭日旗についての事実は…」

1: 荒波φ ★ 2021/01/26(火) 17:28:07.13 ID:CAP_USER
※スポーツ朝鮮の元記事(韓国語)
https://sports.chosun.com/news/news.htm?id=202101250100175170010981&ServiceDate=20210125


2020年1月25日、英ロンドンにある日本食を提供する飲食店が旭日旗を使用し、物議を醸している。

韓国・スポーツ朝鮮によると、Facebookの英国在住韓国人コミュニティに24日、「ロンドンにある飲食店のロゴに旭日旗が使われている」との書き込みがあった。

同店は旭日旗柄のはちまきをした人の顔を店のロゴとして使用している。

これを見た韓国人ネットユーザーは相次いで店に抗議のメッセージを送り、ロゴの変更を求めた。しかし店側はメッセージを削除し、その投稿者をブロックしている。

インスタグラムのストーリーには「旭日旗についての事実」とし、「企業やブランド、漫画で使用されている」と投稿した。

さらに直接抗議の電話をした韓国人に対しては「何の関係があるのか」と一蹴しているという。

店側の対応を受け、韓国のネット上では

「抗議を無視するなんて許せない。なんとしてでもロゴを変更させたい」
「欧州には旭日旗がアジア人、特に韓国人とってどんな意味を持つのか知らない人が多い。だから無知によるミスである場合が多い。でもこの店は多くの韓国人の抗議を無視しているから余計に腹が立つ」
「今でも歴史に触れるたび、日本のしたことが許せず怒りが込み上げてくる。それなのにこうして旭日旗が平然と使われている事実が悲しい」
「もしロンドンのドイツ食レストランでハーケンクロイツ模様のロゴが使われていたら、人々は黙っているだろうか?。開店初日から抗議が相次ぐことは目に見えている」

などと批判が拡大している。

在英韓国人らは韓国や英国のメディアに情報提供を行い、協力を呼び掛けているという。


2021年1月26日(火) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b869726-s0-c30-d0058.html
no title

続きを読む

【ミシュラン国別ランキング】日本が731件で韓国が26件!?韓国ネットで賛否の声「いくら何でもこの差はない」

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/27(水) 07:33:58.91 ID:CAP_USER
2021年1月22日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「ミシュランガイド、国別の現況」と題したスレッドが立ち、話題を呼んでいる。

スレッド主は「ミシュランガイド2019」の星の数の国別ランキングと、三つ星獲得数の都市別ランキングを掲載している。国別ではフランスの621件と日本の731件が他国に比べて圧倒的に多く、三つ星獲得数でも1位が東京で13件、2位がパリで10件、3位が京都で7件となっている。これにはスレッド主も「日本とフランスが圧倒的…日本はどうしてこんなに多いの?」と驚きを隠せない様子だ。

これを見た別のネットユーザーからも「ロビーの効果では?」「日本が731件で韓国が26件。いくら何でもこの差はあり得ない」と疑う声をはじめ、「日本の食べ物はおいしいけど、ミシュランは最近あまり意味がないと思う」「そもそも食べ物は人によって好みが違う」とミシュラン自体に懐疑的な声も上がっている。

一方で「日本の料理のレベルは世界トップクラス」「日本の飲食文化を見ると、確かに実力がある。米国や仏国現地で活躍するシェフもいるし、韓国で人気があるレストランも日本をベンチマーキングしたり、日本留学した人が多い」「ロビーという話もあるけど、日本自体実力のある国。パリの洋食業も日本人が賄っているという話もあるぐらい日本人シェフが活躍している」と日本の実力を評価するコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/松村)


https://www.recordchina.co.jp/b869079-s0-c60-d0127.html

続きを読む

【韓国】 3等国家に落ちた日本、その尊敬されなかった成金の末路を反面教師に自ら振り返らなければならない

1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/26(火) 15:37:59.24 ID:CAP_USER
1950年代から30年間、西洋人は日本人たちをしばしば「経済動物(Economic Animal)」と呼んだ。お金の外を知らず、目の前の利益だけ追う日本人のアイデンティティを遠慮なく揶揄したのだ。

日本は日帝強制占領期間に取得した軍事技術を積極的に活用し、付加価値が高い民間用商品を作って売った。これらの商品が相次いでヒットした。輸出で稼いだドルがあふれた。韓国にも日本製なら目がない人々が生じた。

日本は米国に続く経済大国、いわゆるG2になった。特に1980年代に至って日本人はものすごかった。まさに彼らの全盛期であった。米国市場は彼らの居間だった。ソニーのテレビとトヨタの自動車が米国のあちこちを闊歩した。「メイド・イン・ジャパン」の進撃は日帝の真珠湾空襲を思い出させるほどだった。

彼らは米国シリコンバレーから半導体の機密を持ち出して捕まるなど世界のあちこちで「産業スパイ」として後ろ指を差された。米国での対日世論はますます悪化した。どれ程なら当時41才のドナルド・トランプが日本を非難する広告まで出しただろうか。
(中略:トランプ「数十年間、日本と他の国々は米国を利用してきた。(中略)米国が日本の防衛費を無料で提供することで、日本は経済先進国に跳躍した」と語る)

1989年9月27日、ソニーは米国映画会社コロンビアを買収した。この象徴的な事件が「克米経済」の絶頂だった。だが、これで終わりだった。日本は「失われた10年」を含み、ずっと下り坂を歩き、今後もそうするものと見られる。

国際信用評価会社ムーディーズが去る19日に発表したESG評価報告からは日本の現住所をそのまま見せる。ESGは国家や企業の非財務的要素、すなわち親環境(Environment)、社会的責任経営(Social)、支配構造(Governance)を意味する。ムーディーズは全世界144ヶ国を対象にしたESG評価で韓国など11ヶ国だけに最高等級である1等級を与えた。これは2等級である米国、英国と3等級である中国、日本より高い点数だ。

特に韓国が支配構造分野、すなわち制度や政策信頼性および効果性、透明性および情報公開、予算管理など4つの細部項目で全1等級を受けた点が目につく。ESGは企業だけの努力でなされるのではない。政府と企業、国民が一緒にしてこそ成果を上げることができる価値だ。

日本が3等級を受けたことは他の見方をすれば当然の結果だ。60年を越えた日本自民党政権の1党独裁は民主主義の価値を放棄した。政言癒着、政経癒着など時代精神にかなり遅れた反民主的弊害が今なお残っている。政府が海に汚染水を捨てるといっても、コロナ防疫をでたらめにしてもこれを正す努力はほとんど見られない。

過去の反省は言うまでもない。慰安婦と強制徴用被害者に対する彼らの言動を見れば日帝強制占領期間の蛮行は最初から自分たちの頭の中から消したように見える。依然として独島(ドクト、日本名:竹島)は自らの土地だと言い張って、教科書に堂々と嘘を入れている。

日本は老い、同時に古くなった。このような国が正常に回ることは皆無だ。その上、過去の栄光を再現する機会にしようとした東京オリンピックも水泡に帰する境遇に置かれた。奇跡のような革命が起きない限り日本は引き続き3等級国家と評価されるだろう。

今年はESG元年だ。金儲けにだけ血眼になった時代は終わったということだ。政府も企業も経済動物のようにふるまったら生まれる前に淘汰される。私たちの大企業総師が先を争ってESGを強調する新年の辞を出したのもこのためだ。

韓国は日本を警戒しなければならない。社会が目がくらむようで難しくなれば極端勢力が大手を振るうはずだ。最近、極右勢力の声が大きくなった日本社会がそうだ。現局面を打開するために「劇薬処方」が出せるという意味だ。一昨年の輸出規制措置のような挑発が出てこない保障はない。

同時に日本を反面教師としなければならない。お金は多かったが決して尊敬されなかった成金の末路を見て、私たちが進む道を模索しなければならない。私たちがもしかして日本に似ていくのではないか、いつも振り返ってみなければならない。

イ・スンヒョン産業副局長
no title


ソース:ニューストマト(韓国語)(トマトコラム)3等級国家に離れた日本を反面教師で
http://www.newstomato.com/ReadNews.aspx?no=1020840

続きを読む

【韓国・中央日報】日本「菅の次は河野」…次期首相めぐり「ワクチン勝負」

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/26(火) 09:56:42.92 ID:CAP_USER
河野太郎行政改革担当相が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)危機の中で、次期首相候補として存在感を表わして注目されている。

菅義偉首相が18日、河野氏を新型コロナワクチン接種過程で総責任を負うワクチン担当相に任命すると一部から「首相は河野氏にチャンスを与えて後継に据えようとしているのではないか」などの分析が相次いだ。読売新聞は25日、全国民ワクチン接種という難題を引き受けた河野氏が「次期首相候補としての手腕が試されることになる」と報じた。

◆小泉環境相と「ワクチンドリームチーム」

「(6月までに全ての国民に必要な数量の確保を見込んでいるという内容は)修正する。政府内の情報の齟齬(そご)があった。古い情報だった」

河野氏は22日の記者会見で、それまで日本政府が主張してきた「今年前半までに全国民に提供するコロナワクチンの確保計画」を覆す発言をした。ワクチン担当に任命された後、供給状況を検討した結果、日程調整が避けられないと判断したとし、これを率直に国民に公開したのだ。

実際、日本政府は米国製薬会社ファイザーから6000万人分のワクチンを今年上半期までに供給を受けると発表したが、正式契約締結過程で合計7200万人分を年内に供給を受けるという内容に変わった。これに伴い、接種日程は予想よりずれ込む可能性が高くなった状況だ。

河野氏はワクチン総責任者に任命されたことを受け、ワクチン関連情報を国民に透明に公開すると明らかにした。内閣府ホームページにワクチン専用サイトを開き、ツイッターを通じて連日ワクチン関連の情報を知らせている。このため、人々の間で認知度が高い小泉進次郎環境相もワクチンチームに引き入れて関連計画を議論している。

◆コミュニケーション能力は高いが、調整能力は「疑問」

日本政府および自民党内では、河野氏のこのような「コミュニケーション能力」は認めながらも各部署の意見を調整する「調整能力」には疑問を呈する声もある。

「今年前半までに全国民に提供するコロナワクチンの確保」が難しいと伝える過程でも、首相官邸などと十分な調整がなかったという不満も出ている。

坂井学官房副長官は同日の会見で「国民に混乱を与えないように慎重な情報発信に努めたい」としながら河野氏の「突発発言」を迂回的に批判した。河野氏は防衛相として在職中だった昨年6月にも、関係部署と十分な議論をせずに陸上配備型弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア(Aegis Ashore)」配備計画を突然中断すると発表して論争を巻き起こした。

したがって今回の新型コロナワクチン需給および接種過程が次期首相として河野氏の能力を評価する試験台になるだろうと日本メディアはみている。自民党のある議員は「接種事業がうまくいかなかった場合、首相だけではなく、河野氏も責任を負うことになり、次期首相どころではなくなる」と話したと読売は伝えた。


https://japanese.joins.com/JArticle/274827?servcode=A00&sectcode=A00

続きを読む

【韓国】脱日本を宣言した韓国、素材・部品の対日輸入はむしろ増加=韓国ネット「やっぱり」「短期的に見ては駄目」

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/26(火) 07:35:57.41 ID:CAP_USER
2021年1月24日、韓国・国際新聞は「韓国政府が日本依存度を下げるためにさまざまな対策を講じているが、昨年の韓国の素材・部品の対日輸入はむしろ増加したことが分かった」と伝えた。

記事によると、韓国の産業通商資源部が同日発表した資料から、昨年の韓国の素材・部品分野の輸入額1678億ドル(約17兆4122億円)のうち日本製は267億9000万ドルで16.0%を占め、2019年(15.8%)よりやや上昇したことが分かった。同分野の対日貿易赤字の規模も19年の141億5000万ドルから昨年は153億7000万ドルにまで拡大したという。

韓国政府は日本が対韓国輸出規制管理を強化した19年7月から「素材・部品・装備の国産化戦略」を推進し、対日輸入依存度を下げるため総力を挙げている。しかし素材・部品分野だけを見ると「改善傾向は見られない」と記事は指摘。対日貿易赤字の拡大も「日本との素材・部品の貿易取引で韓国が依然として被害を被っていることを示している」と指摘している。

また同部は、同日発表した別の資料で「(2019年7月以降の)1年6カ月間で素材・部品・装備の競争力強化対策を行った結果、主要部品の供給網が安定するなど韓国内の素材・部品・装備産業の生態系が変化した」と評価したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「やっぱりこうなると思った」「その分野で仕事している人は全員、日本製を手放せないということを知っている」「本当にノージャパンをしたければ、技術開発への膨大な投資、支援が必要だ。文政権に長期計画など一つもないのでは?」「情けないな。文政権が日本を政治に利用した結果だ」など結果に納得する声が上がっている。

一方で「短期的に見てはいけない。効果が出るには少なくとも3~4年は必要」「半導体の生産が増えたら日本製品の輸入も増えるのは当然」「日本はドイツを超える技術力を持っている。たった1~2年で超えられるはずがない。それでも国の持続的な支援と企業の強い意思で少しずつ差を縮めていこう」など「結果が出るのはこれから」と指摘する声も数多く見られた。(翻訳・編集/堂本)


https://www.recordchina.co.jp/b869497-s0-c20-d0058.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト