脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

靖国神社

【靖国神社】 「私の父を、兄を戦犯から抜いて欲しい」韓国人遺族の叫び、日本の法廷5秒で棄却

1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/28(火) 23:27:28.57 ID:CAP_USER
(アンカー)日本帝国主義の象徴、靖国神社に戦犯でもないのに合祀された韓国人が何と2万人を超えるという事実、知っていますか?「私のお父さんが戦犯だと言っているのか」とし、恥辱と痛恨の歳月を送ってきた遺族たちが「お父さんの名前を抜いて欲しい」という訴訟を提起しましたが、日本の裁判所が今日、敗訴判決を下しました。判決文の朗読にぴったり5秒かかったといいます。報道はユン・ヒョンジョン記者です。

(レポート)日帝強制支配期に強制的に徴兵されて亡くなった韓国人、2万千181人が靖国神社に無断で戦犯らと合祀されています。遺骨まで埋められたわけではありませんが、A級戦犯と共に合祀者名簿に記録されているものです。強制的に引きずられて行って亡くなったのも無念ですが、戦犯と合祀されて親日派という誤解を受けるのは遺族たちにとって、さらに耐えられない恥辱でした。

[ナム・ヨウンジュ/強制徴兵犠牲者の妹(2013年)]「私が生きている間に兄さんの名前を必ず抜かなければなりません。それでこそご両親に会える面目があるんじゃないでしょうか。」

合祀者名簿から名前を抜いて欲しいと要求して何と5年半待った判決。しかし、裁判所はたった5秒後に棄却決定を下し閉廷しました。

「原告のすべての要求を棄却する。訴訟費用は原告側が負担する。」

ぴったりこの言葉だけ、どんな説明もありませんでした。遺族たちは言葉を失いました。

[パク・ナムスン/強制徴兵犠牲者の娘]「日本法はこのようにしますか?人を無視することでもなく。自分たちの思いのままに靖国神社に埋めておいて出すこともせず。」

日本裁判所は2007年に提起した1次訴訟当時、「合祀は宗教的行為で遺族たちはこれを尊重しなければならない」という詭弁を強要したことがあります。今回も判決文を通じて同様の主張を並べました。

[イ・ミョング/強制徴兵犠牲者の息子]「私ももういくらも残っていない私の人生を終えるまで、生前にお父さん、その名前を必ず取り出したいです。取り出さなければなりません。」

遺族たちは控訴を通じて戦いを継続するのはもちろん、国連人権機構など国際社会にもこのような事実を訴える計画です。

MBCニュース、ユン・ヒョンジョンです。

ソース:MBCニュース(韓国語) 「戦犯抜いてくれ」呼び掛けにも…日法廷5秒後に「ならない」
http://imnews.imbc.com/replay/2019/nwdesk/article/5334059_24634.html

関連スレ:【侵略神社?】韓国人遺族の靖国合祀訴訟で原告敗訴 判決説明なし[05/28]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559036667/
【侵略?】韓国人遺族の靖国合祀訴訟 28日に東京地裁で判決公判[5/26]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558873491/

続きを読む

【中国外務省】靖国神社で起きた事件 男逮捕で日本に懸念伝達=中国

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/14(金) 21:57:40.45 ID:CAP_USER
【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は14日の記者会見で、靖国神社で起きたぼやで中国(香港)籍の男が建造物侵入容疑で逮捕された事件をめぐり、「既に日本側に懸念を伝えた。日本がこの件を適切に処理し、関係する人物の合法的権益を確保するよう要請する」と述べた。(2018/12/14-17:52)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121400780&g=int
時事ドットコム

続きを読む

【東京】 靖国神社で不審火、中国人男を逮捕 南京事件に抗議か

1: LingLing ★ 2018/12/12(水) 18:35:28.80 ID:CAP_USER
靖国神社で不審火、中国人男を逮捕 南京事件に抗議か

【12月12日 AFP】都内の靖国神社(Yasukuni Shrine)の境内で12日、新聞紙の束が燃える不審火があり、火を付けたとみられる中国人の男(55)が建造物侵入の容疑で逮捕された。各社が報じた。

 時事通信(Jiji Press)とNHKによると、火は間もなく消し止められた。建物に被害はなく、負傷者もいないという。

 目撃者の話として、男は1937年に起きた南京(Nanjing)事件に抗議するメッセージが書かれた旗のようなものを手にしていたと報じられている。

 靖国神社では2015年にも、韓国人の男が境内のトイレに手製にパイプ爆弾を仕掛ける事件が起きている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3201705

続きを読む

【グローバルアイ】 主語がない原爆慰霊碑、そして靖国~一般参拝客の平気さと堂々さが怖かった

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/21(火) 23:54:25.57 ID:CAP_USER
史上最悪の猛暑が続いた先月末、原子爆弾が投下された都市・広島を訪れた。原爆で被害を受けた地域は平和記念公園に変わり、2行の言葉が刻まれた慰霊碑が位置していた。

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

原爆で犠牲になった魂を慰め、戦争の惨禍を繰り返さないという子孫の確約だ。ところが文面をじっくりと静かに見ている記者に誰かが「主語がない」と指摘してくれる。誰の過ちのことを言っているのか、曖昧だということだ。戦争を起こした過ちなのか、原爆を使った過ちなのか、文章を受け取る人によって解釈が異なる場合がある。英語では「We shall not…」となっているので、「私たち」が誰を示すことなのか曖昧だ。

この慰霊碑は1947年8月6日に公開された。14万人の犠牲者を出した原爆が広島を襲ってから2年後に開かれた初めての慰霊祭だった。当時の浜井信三・広島市長は「碑文が公開されれば全世界の人々が反核・平和を誓うことになるだろう」と述べたが、現実はそうではなかった。

主語のない慰霊碑の文面はすぐに論争に巻き込まれた。慰霊碑が立てられた年は米軍政統治時代だった。米国の顔色を伺うために、主語を曖昧にしたのではないかという声もあった。戦争に対する反省は無視して、世界初の原爆被害者であることを前面に出す者の論理だった。慰霊碑は平和公園の中央に設置されているが、論争は全く平和ではなかった。

このことを再び思い出したのは、今月15日に靖国神社で会った参拝客のためだった。A級戦犯14人が合祀されている靖国神社は朝から混雑していた。驚いたのは、ものすごい数の一般人参拝客だった。

平日にもかかわらず、炎天下で1時間以上にわたって列に並んで待った。

参拝客は「平和のために戦争をしたご先祖のため」と気兼ねなく話した。「戦争を起こしたことについてはどう思うか」という質問には「アジア諸国が欧州の植民地になるのを防ぐために下した決断」と称賛した。

「献身的に戦った先祖に合わせる顔がなく、反省するために来た」という詭弁には閉口した。靖国神社の外で軍服を着て帝国主義コスプレをしている者と違いはなかった。かえって「戦争の狂気」よりも平気さと堂々さが感じられてもっと怖かった。

来年4月に退位を控え、最後に戦没者追悼式で記念演説をした昭仁天皇は、4年連続で「深い反省」に言及した。平成30年間、彼が念願したのは「平和」だった。広島公園で、靖国神社で見た平和は、主語も本質も違うように見えた。

ユン・ソルヨン/東京特派員

ソース:中央日報/中央日報日本語版<【グローバルアイ】主語がない慰霊碑、そして靖国>
http://japanese.joins.com/article/196/244196.html

関連スレ:【靖国】 狂気に包まれた光復節の靖国神社…戦犯旗振り「戦争可能国」への改憲叫ぶ[08/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534428766/

続きを読む

【韓国】超党派議連が靖国参拝 「正当化できない」=韓国外交部

1: たんぽぽ ★ 2018/04/20(金) 18:56:29.58 ID:CAP_USER
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/04/20/0400000000AJP20180420003300882.HTML

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は20日、日本の国会議員らが太平洋戦争のA級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を集団参拝したことについて、「歴史に対する謙虚な省察や反省に基づき、責任ある行動を通じて周辺国からの信頼を回復することを望む」と述べた。

 また、「靖国神社は過去の植民地支配や侵略の歴史を美化する象徴的な施設のため、いかなる理由でも参拝は正当化できないというのが政府の基本的な立場」と改めて表明した。

 この日は超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー76人らが21日の春季例大祭を前に同神社を参拝。政府の佐藤正久副外相、奥野信亮副総務相らも参拝した。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト