脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

防空識別圏

【東シナ海】中国国防省、日本自衛隊機による妨害映像を公開


1: てんさいきんし@Ttongsulian ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 19:52:04.96 ID:???.net
http://mod.cri.cn/jap/xinwen20140612.mp4

 中国空軍航空兵部隊は11日、東海防空識別圏で日常の巡回をしました。午前10時17分か
ら28分にかけて、空軍Tu-154偵察機が中国近海の空域を正常に巡航していた際、日本自
衛隊のF-15戦闘機2機が接近、尾行してきました。最短距離は30メートル、中国側の飛行
の安全に重大な妨害を加えました。

2014/06/12 17:23
http://japanese.cri.cn/881/2014/06/12/141s222350.htm

http://www.mod.gov.cn/hdpic/2014-06/12/content_4515884.htm 4437e6581c3d150391f855

続きを読む

【米中】次期駐中国大使、中国の防空識別圏容認せず-中国に国際法順守促す

1:2014/01/29(水) 21:01:46.09 ID:
【ワシントン時事】米国の次期駐中国大使に指名されたボーカス上院財政委員長は28日、
上院外交委員会の指名公聴会に出席し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中の争いや
南シナ海の領有権問題への対処方針として
「海洋に関する国際法や規範を順守するよう中国に促す」と表明した。

ボーカス氏は、中国が東シナ海に設定した防空識別圏について
「米国が容認せず、さらなる行動を抑止することが重要だ」と指摘。

中国の指導者に対して「普遍的な人権、少数民族や宗教的な少数派を含む
全ての国民の自由を守るよう求める」とも強調した。(2014/01/29-10:44)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014012900251
続きを読む

【社会】 中国外交部「日米の中国防空識別圏批判ははもう十分、ゆっくりお休みください」

1:2013/12/19(木) 11:17:38.17 ID:
★<防空識別圏>「もう十分、ゆっくりおやすみ」日米の批判にぴしゃり一喝―中国外交部

2013年12月18日、国際在線は記事「日米の中国防空識別圏批判に中国外交部が反応=パフォーマンスはもう十分、ゆっくりお休み」を掲載した。

中国外交部は18日、定例記者会見を開催した。日本の安倍晋三首相、菅義偉官房長官が中国の防空識別圏策定を批判したこと。
フィリピンのデル・ロサリオ外相と会談したケリー米国務長官が防空識別圏を承認しないと発言したことについて記者が質問した。

華春瑩(ホワ・チュンイン)報道官は質問に対し、「関係者は発言の前にまず防空識別圏の概念についてよく研究してほしい」とコメント。
防空識別圏は領空でも飛行禁止区域でもなく、世界の20カ国以上が設定しているごくごく一般的なものだと指摘。
日本も40年以上前に設立しているとして、「他国が策定を許されて中国だけできないというのはどういう理屈なんでしょうか?
国際社会の道理、国家主権の平等はどこにあるのでしょうか?」と訴えた。

また11月23日の策定以来、関連空域の飛行活動と秩序は完全に正常で、地域の緊張を招くとはばかばかしいいいがかりであり、
中国への批判は別に意図を持った企みだと反論した。その上で「各方面のパフォーマンスはもう十分、ゆっくりお休みください」と述べ、
中国を挑発せずに公正に中国の行動を評価するよう呼びかけた。(翻訳・編集/KT)

recordchina 配信日時:2013年12月19日 8時9分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80692
続きを読む

【国際】バイデン米副大統領、韓国防空圏拡大を容認

1:2013/12/08(日) 14:22:25.08 ID:
★韓国防空圏拡大を容認=米副大統領

バイデン米副大統領のアジア歴訪に同行している高官は7日、ソウルで記者団に対し、
副大統領が6日の朴槿恵大統領との会談で、韓国の防空識別圏拡大を容認したことを明らかにした。

バイデン氏は、中国による防空圏拡大を受け、韓国が防空圏拡大を計画していることに
理解を示し、韓国側に対応を委ねる考えを示したという。

高官は、米韓両国は防空圏問題で緊密に協調しており、「国際慣習に基づき行動し、
いかなる措置も地域の緊張を高めないことが重要との認識で一致している」と述べた。(2013/12/07-22:36)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013120700415
続きを読む

【中国防空識別圏】尹少将、「飛行計画の提出拒否なら着陸後に罰金もある」との認識示す

1:2013/12/05(木) 14:32:13.99 ID:
【中国防空識別圏】中国、防空圏の批判を封殺 「日本の孤立化」狙いか
2013.12.5 07:24

中国の習近平国家主席は4日のバイデン米副大統領との会談で、防空識別圏設定に対する日本の批判を
押し返す形となった。経済上、中国を無視できない米側の弱みを見透かし、思惑通り、「新型大国関係の
構築」を主要議題に持ち込んだ。中国は今後、米側の“配慮”を利用し、防空圏問題で日本の孤立を狙う
可能性がある。

中国国内では会談前から「バイデン氏は軍の指導者ではない。具体的な要求はできないだろう」
「防空圏問題が会談の主要議題になることはない」といった楽観論が広がっていた。

事実、中国メディアは習氏が防空圏問題で「原則的な立場」を伝えたと報じているだけだ。中国国営新華社
通信は、習氏が互いの「核心的利益」と「重大な関心事」の尊重を呼び掛け、「対話と協力を高めることが
唯一の正しい選択だ」と述べたと強調した。

すでに中国外務省の洪磊報道官は4日の定例記者会見で、22カ国・地域の航空会社55社が飛行計画を
提出したことを根拠に「防空圏に多くの国の理解を得ている。多くの人々が防空圏は安全区域であって
危険区域ではないと認識するようになった」と述べた。

4日の共産党機関紙、人民日報のサイト「人民網」も、習氏の側近とされる海軍の諮問委員会主任、
尹卓少将が飛行計画の提出を容認した米国を「(従来の)一貫したやり方に戻った」と高く評価したと
する発言を掲載した。

尹氏はその一方で、日本を「われわれの防空圏の法的地位に挑戦しようとしている」と批判。日本の民間機が
飛行計画の提出を拒否して防空圏を通過した場合、着陸後に罰金を科す場合があるとの認識を示した。
日本だけが防空圏設定に反発していると印象付ける狙いがあるとみられる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131205/chn13120507250001-n1.htm
続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト