脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

野球

【野球】 韓日のプロ野球コミッショナー 交流戦実現へ協議推進

1: 仮面ウニダー ★ 2023/11/21(火) 07:02:26.95 ID:VAowj7R4
【ソウル聯合ニュース】韓国プロ野球を統括する韓国野球委員会(KBO)事務局は20日、
KBOの許亀淵(ホ・グヨン)総裁と日本プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)の榊原定征コミッショナーが
19日に東京ドームで懇談し、両国のプロ野球チームの交流戦実現に向け協議を進めることを決めたと発表した。

 19日はアジアプロ野球チャンピオンシップの決勝戦が東京ドームで行われ、
韓国は日本に延長十回タイブレークの末に3―4でサヨナラ負けした。

 許氏は韓日戦が野球の活性化に重要な要素だとし、
「両国と連携した多様な国際大会や試合を通じてアジアの野球発展のために共に努力したい」と提案した。

 榊原氏は日本のプロ野球について、観客は増えたもののアマチュア野球の競技人口が減少しているため
野球人気が落ちる危機感を持っているとし、多様なアイデアを共に検討し野球復興のために協力したいと応じた。

 双方は、来年3月に米大リーグの開幕戦がソウルで開かれるのに合わせ、韓米日コミッショナー会談を推進することで一致した。

yugiri@yna.co.kr
2023.11.20 17:22
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20231120004200882?section=news

※関連スレ
【野球】日韓戦 大接戦 結果 [動物園φ★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1700398983/
【野球】“最強国”侍ジャパン破り優勝へ…韓国がアジアCSを軽視できないワケ「球界の未来がかかった大会」[11/16] [昆虫図鑑★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1700101809/
4大スポーツ日韓戦の成績、15年以降に形勢が逆転=韓国ネット「もう劣等感から脱却すべき」[11/18] [昆虫図鑑★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1700299783/

続きを読む

【喜べぬ準優勝】 韓国復権ならず 日本との再戦も延長サヨナラ負け 主要国際大会でライバル日本に8連敗

1: 仮面ウニダー ★ 2023/11/20(月) 07:16:45.89 ID:832FeJLY
デイリー 11/19(日) 22:05配信

 「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ・決勝、日本代表4-3韓国代表」(19日、東京ドーム)

【写真】おへそチラリもお構いなし 熱烈応援の韓国美女チア
no title


 リベンジを挑んだ韓国は、またも日本に屈した。17日の対戦は1-2で惜敗。
この日は柳仲逸(リュ・ジヒョン)監督が「エース」と評する郭彬(クァク・ビン)を先発に立て、右腕は5回1失点と好投。
だが、六回に同点に追いつかれた。タイブレークに持ち込まれた延長十回に1点を勝ち越したが、その裏に2点を奪われてサヨナラ負け。
つかみかけた頂点の座を逃した。2017年の前回大会に続いて準優勝に終わり、
ライバルの日本には主要国際大会(アジア大会、アジア選手権を除く)では8連敗となった。

 復権の道は険しい。今春のWBCではオーストラリアと日本に連敗を喫し、1次ラウンドで敗退。
2021年の東京五輪では準決勝で日本、米国に敗れ、3位決定戦でもドミニカ共和国に敗れて4位となり、
メダル獲得を逃している。

 2019年のプレミア12では準優勝になっているが、日本には8-10で敗れている。

 国の権威をかけて戦うWBCでは、2006年の第1回大会でベスト4、09年の第2回大会では日本の粘りに屈したものの
準優勝と好成績を残してきたが、13年の第3回大会では2勝1敗ながら得失点差で1次ラウンド敗退となり、
17年の第4回大会でもイスラエル、オランダに敗れて1次ラウンド敗退を喫しており、
3大会連続で1次ラウンド敗退と苦杯をなめている。

 試合後の柳仲逸監督は開口一番、「ちょっと残念に思っている」としたが、
「ゲームの内容は良かった。両チームの選手に拍手を送りたい」と激戦を振り返った。

 柳監督は「日本の野球と韓国の野球で格差が広がったと思ったけど、基本を守って一生懸命にやっていけば、
対等なゲームができると思った」と敗戦にも収穫を感じ取った。

 17日の対戦は1-2の惜敗。この日も3-4の1点差負けと互角に渡り合った。
「韓国の投手、打者が一段階成長できた大会だと思う。プレミアでもここでの経験が出てくると思う。
万全の準備をして、ベストのゲームをできるようにしたい」と前を向いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8e71677e54bfcd621d5be721a953e0287c33931

※関連スレ
【野球】日韓戦 大接戦 結果 [動物園φ★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1700398983/

続きを読む

【韓日戦応援差別】<APBC>「韓国ファンだけ起立制止した」「旭日旗」議論

1: 昆虫図鑑 ★ 2023/11/20(月) 10:59:43.86 ID:3NU2Xjbd
 17日に行われたアジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)予選第2戦韓国対日本の試合で、東京ドーム側が韓国のファンだけに厳格な規程を適用したとして公正性をめぐる議論がふくらんでいる。

当時東京ドーム側は安全を理由に韓国式に立ち上がって応援をしないよう求めたが、日本のファンの起立応援には特別な制止をしなかったという。特に一部の日本のファンには旭日旗を手にする人まで見られたが、彼らに対する東京ドーム側の制裁はまだ伝えられていない。

韓国ファンと日本ファンの間での東京ドーム側の差別の主張は17日に韓日戦の試合会場を訪れたあるインターネットユーザーの投稿が話題となって表面化した。ソーシャルネットワークサービスのXなどによると、インターネットユーザーAさんは「東京ドームはおかしい」として話し始めた。

彼は「日本人は外野でもどこでも自分の攻撃(日本チームの攻撃)タイムに立ち上がって応援した。だが韓国の攻撃タイムに(立ち上がって応援をすると)警備スタッフが集まってきて座るよう制止した」と作成した。

Aさんが明らかにした投稿によると、東京ドーム関係者らは日本の観客の応援には寛大な姿を見せたが、韓国の観客には同じやり方を認めなかったということになる。

こうした内容に対し日本のメディアも正当ではないとの反応を見せている。日本のインターネットメディア「NewSphere」は今回の事態をめぐり、「国の文化の違いによる思わぬ騒動が起きていました」とし、韓国と台湾の応援スタイルは日本と違ったが東京ドームではこうした部分が認められなかったと報道した。

ある野球ファンはメディアとのインタビューで「チケットを購入する時、応援シートを選択しました。『内野席では立ちあがってはいけない』という規定はありませんでした。韓国では攻撃時、内野席で立ちあがって応援することが文化になっているので、いつものようにできると考えていました」と伝えた。

一方、この日会場では応援を繰り広げた日本のファンの中に旭日旗を広げて持ち微笑を浮かべた人たちも見られた。彼らは旭日旗を持って記念写真を撮るなど自分たちの行為が大したことではないという姿を見せた。

これに対して誠信(ソンシン)女子大学の徐坰徳(ソ・ギョンドク)教授は19日、自身のSNSを通じAPBC側に抗議メールを送ったと明らかにした。徐教授は抗議メールで「旭日旗は過去に日本がアジア各国を侵略する際に掲げた旗だ。軍国主義と帝国主義を象徴する。旭日旗による応援はアジア人には戦争の恐怖を思い起こさせる行為でありファシズムの象徴」と叱責した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d05d350505e3e864693bb86a8020f5722e8fee7

【喜べぬ準優勝】 韓国復権ならず 日本との再戦も延長サヨナラ負け 主要国際大会でライバル日本に8連敗 [11/20] [仮面ウニダー★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1700432205/
【徐教授】東京ドーム韓日戦に旭日旗また登場…「ファシズムの象徴」抗議 [11/19] [仮面ウニダー★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1700367418/

続きを読む

【野球】日韓戦 大接戦 結果

1: 動物園φ ★ 2023/11/19(日) 22:03:03.47 ID:eRYPdhjY
アジアプロ野球チャンピオンシップ 決勝戦

韓 002 000 000 1 - 3
日 000 011 000 2 - 4

https://baseball.yahoo.co.jp/apbc/game/2021019967/text

続きを読む

【野球】日本 2-1 韓国

1: 動物園φ ★ 2023/11/17(金) 21:48:57.92 ID:SE/D15dl

続きを読む
スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト