脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

軍事

【防衛費交渉】韓国ネットが怒り「本当に失礼!」「米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」…在韓米軍司令官のツイートで

1: 鴉 ★ 2020/04/04(土) 15:19:45.51 ID:CAP_USER
2020年4月3日、韓国・JTBCは、駐韓米軍司令官のツイートが「韓国に対して無礼だ」として物議を醸していると報じた。

記事によると、ロバート・エイブラムス司令官は2日、自身のツイッターに別のユーザーが投稿したある画像をリツイートした。画像には「キムチの汁を飲む(=とらぬ狸の皮算用)」という韓国のことわざの訳とその意味が英語で書かれていた。これは、韓国で「米韓の防衛費交渉が大筋合意した」とのニュースが出た翌日に投稿されたという。

記事は「防衛費分担金交渉が大詰めを迎える中で米韓間の意見のすれ違いの溝はまだ埋まっていないとの意味だ」と分析し、「韓国政府に対する無礼な表現だ」と指摘している。

韓国の鄭恩甫(チョン・ウンボ)防衛費分担金交渉代表は先月31日、「最終調整をしている段階だ」と明らかにしていた。また別の韓国政府関係者も「早ければ4月1日に交渉妥結が発表される」と話していた。

しかし米国務省のクラーク・クーパー次官補(政治軍事担当)は現地時間2日、「米韓の防衛費負担金交渉は決して終わっていない。相互の利益のための公正な合意を模索している」と述べたという。


これに韓国のネットユーザーからは

「本当に失礼!」

「合意せずに米軍を撤収させよう。自分の国は自分で守る」

など怒りの声が上がっている。


また「トランプ大統領もほどほどにしてほしい。韓国はそこまで裕福じゃない。それなりに頑張って防衛費を負担しているのだから」と訴える声も。


一方で「まだ決定していないのに焦り過ぎ。もっと慎重で誠実な政府になってほしい」「コロナ検査キットのFDA承認の時もそうだった。韓国大統領府はうそばかり」「偽ニュースの温床は大統領府だ。事実確認をせずに自画自賛する能力はこれまでの政権の中で最高」など韓国政府への指摘の声も数多く見られた。

(翻訳・編集/堂本)

レコードチャイナ
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6961884


参考
【取らぬ狸の皮算用】在韓米軍司令官、「キムチの汁を飲む」韓国のことわざをリツイート…防衛費交渉を狙ったのか [4/3]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585869149/

続きを読む

【軍事】 韓国の軍事力は世界6位~気になる北朝鮮と日本の軍事力は?

1: 蚯蚓φ ★ 2020/03/25(水) 01:14:45.78 ID:CAP_USER
今月22日、世界138カ国の軍事力を比較する「グローバル・ファイア・パワー(GFP) 2020」が発表されました。韓国は昨年より一段階上がって6位を占め、北朝鮮は7段階落ちて25位でした。当然、軍事大国である米国、ロシア、中国は昨年に続き1,2,3位を占めました。

私たちの関心は北朝鮮と日本の軍事力です。

日本は私たちより一段上の5位を占め、2017年の7位から2段階上がりました。陸上戦力では私たちが圧倒的に優位ですが、海・空軍力では日本が先んじていたり、部分的には同等と知らされました。現在、日本はステルス戦闘機など先端武器の導入と開発に熱を上げています。「戦争可能国家」を夢見る日本は韓国より10兆ウォン多い60兆の予算を投資しています。

北朝鮮の国防予算は私たちの3.6パーセントに過ぎず、戦争遂行能力の核心指標である「経済力」も私たちに比べて大きく遅れています。北朝鮮の正規軍は128万人で私たちの2倍を越えますが、予備軍規模は60万人で私たちの19.4パーセントに過ぎません。戦車数は北朝鮮が私たちの2倍を越えますが、ほとんど旧ソ連製なので機能面で私たちとは比較にならず、海・空軍力も私たちが北朝鮮を圧倒しています。

そればかりか北朝鮮の主力機ミグ・29は1980年代に導入されたソ連製で、それさえも燃料不足で正常訓練を出来ずにいるのが実情です。特に北朝鮮は私たちのF-35A導入を強力に批判しながら、「非対称戦力」で補完する戦略をたてたことが分かっています。

私たちの軍事力を点検しながら、過去、ケネディ大統領が言った「平和のために戦争の準備をする」という皮肉を思い出します。

ヨム・ホンチョル/韓南(ハンナム)大客員教授
no title


ソース:中都日報(韓国語)[ヨム・ホンチョルの朝単相(859)]韓国の軍事力は世界6位
http://m.joongdo.co.kr/view.php?key=20200324010010171

関連スレ:2020 Military Strength Ranking
https://www.globalfirepower.com/countries-listing.asp

続きを読む

【韓国】 喜劇のような 「警戒失敗」 事件相次ぐ韓国軍、「敵軍なら皆殺しの危機に直面」 と韓国紙

1: 荒波φ ★ 2020/03/21(土) 14:10:53.47 ID:CAP_USER
※朝鮮日報の元記事(韓国語)
飲酒者と痴呆老人にもあけられた部隊、'軍隊'としていてはいけない
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2020/03/18/2020031800013.html


最近、韓国軍で喜劇のような「警戒失敗」事件が相次いで起きている。首都ソウルを守る防空陣地に泥酔した男が侵入したほか、海軍基地には認知症の高齢者が入り込んだ。

朝鮮日報は「敵軍なら、皆殺しの危機に直面」と指摘。「世界の本物の軍隊に失礼」と軍紀の確立を促した。

同紙によると、16日には首都防衛司令部に属する防空陣地に50代の男が侵入し、1時間にわたって闊歩(かっぽ)した。泥酔したまま、山菜を採ろうと垣根の下の地面を掘って入り込んだという。

1月には認知症の70代の老人が何ら制止されることなく鎮海海軍基地の正門を通り抜け、1時間以上も歩き回った。

正門には検問兵が3人いたにもかかわらず、電話をしたり車を監視したりしていて見逃したが、鎮海基地は警戒失敗を報告すらしなかった。

これらのほかにも、今月7日には民間人2人が済州海軍基地の鉄条網を破って入り込み、デモを行った。

2時間も基地を引っかき回し、記念写真まで撮った。基地がデモ隊の遊び場と化したのに、待機班は2時間後にようやく出動した。

平沢基地では昨年、挙動不審者に逃げられてしまい、偽の犯人を仕立て上げて隠蔽(いんぺい)・捏造(ねつぞう)するという事件まで起きていた。

一連の事態を朝鮮日報は「泥酔者や認知症の高齢者ではなく敵軍であったなら、皆殺しの危機に直面していただろう。これを軍隊と呼んだら、世界の本物の軍隊に対して失礼だ」などと非難。

別の記事では「現政権発足後、軍首脳部が南北軍事合意など『平和ムード』に偏ったことが軍紀紊乱(びんらん)につながっているという指摘もある」と言及した。

韓国の鄭景斗国防相は17日に緊急指揮官会議を開き、警戒失敗について「弁明の余地はない」「反省する」としつつ、「特段の対策」を強調。

「改めて骨身を削る努力で警戒作戦システムを徹底して点検・補完し、作戦紀綱を確立するための特段の対策を整備せよ」と指示したが、韓国軍関係者は「事件が起こるたびに反省と補完を強調するが、一線部隊に下ってくる後続の指針は、いつも全く同じだったり形式的だったりする」と語った。

鄭国防相の発言に関して、朝鮮日報は社説で「今や、この言葉を信頼する韓国国民はほとんどいないだろう。韓国軍は『軍事力ではなく対話で国を守る』という軍隊だ」と皮肉っぽく解説。

「敵の顔色をうかがう、世界で唯一の軍隊でもある。北朝鮮が韓国を狙う弾道ミサイルを撃っても、『不詳』と言ってはぐらかす。この先、『警戒失敗』よりもっと大きな事件が起きてもおかしくはない」と危機感をあらわにした。


2020年3月21日(土) 13時30分
https://www.recordchina.co.jp/b790957-s0-c10-d0059.html

続きを読む

【留学ビザも発給できない】徴兵逃れ目的の日本留学もアウトー韓国

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/03/11(水) 22:59:35.73 ID:CAP_USER
2020年3月10日、21歳の韓国人青年は、約2年の準備期間を経て、この4月から日本のデザイン系の専門学校に留学する予定だった。しかし、2020年3月5日、日本が韓国人の入国制限措置を発表したことで、予定は狂い始めた。在韓日本大使館に6日午前ビザの申請をしようとした。「旅行ビザはもとより、留学ビザも発給できない」という返答だった。

 学校側からの救済策はまったくない。日本人の学校もとうとう公立の幼稚園まで休園になっている状態なのだから、私立の専門学校だけ特別救済措置が取られることはまずないだろう。

 4月に入学できなければ、彼は軍隊に入らねばならないと言う。

 韓国には、徴兵制度がある。30歳まで行けばいいと猶予時間はあるが、19歳で徴兵検査を受け、一日でも早く兵役に就いた人のほうがいくら年下でも上官になる。つまり、若ければ若いうちに行っておいた方が、社会生活には適応しやすいと言うことになる。

 この徴兵猶予も、学業などどうしても今学んで行かなければならない理由がある場合や、タレントの芸能活動などに適応される。

 自由に生きてきた若者にとって、徴兵は我慢を強いられる過酷な生活の場だ。それは行きたくはないだろう。
だからと言って自国の大学に進学するならまだしも、日本に留学してまでも徴兵逃れをしたい若者が昨今増えている。学びたいとどんなに訴えても、徴兵逃れとしか言いようのない現実が確かにある。

 2020年の初春に、新型コロナウィルスが流行しているということは、韓国人の若者にとって、徴兵を取る選択肢しかないようだ。それでも小狡い韓国人は、徴兵を逃れるためにほかの手段を考えるのか。いっそ、徴兵をやめてしまえば、日本に留学するという嘘のために、金銭がかからなくていいかもしれない。

【編集:UH】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=6207&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2020年3月10日 6時15分

続きを読む

【入国制限】韓国人のLさん、危機に直面「日本の学校に入学できなければ、軍に入隊しなければならない…」

1: 鴉 ★ 2020/03/07(土) 22:24:56.43 ID:CAP_USER
 Lさん(21)は2年間にわたり日本語の勉強など入試を準備した末、今年4月からゲームと映像製作、デザイン専門学校である「ハル(HAL)東京」に入学する予定だった。しかし5日、日本が韓国人の入国制限措置を発表したことで、長年の夢が水の泡と帰す危機に直面した。Lさんは6日午前、在韓日本大使館の開館時間に合わせてビザ申請をしようとしたが、大使館側は「旅行ビザはもとより、留学ビザも発給できない」と答えた。「まだ学校側から救済策があるという連絡が届いていません。これ以上入隊を先送りできないし、4月に入学できなければ、結局軍隊に行かなければならないと思います」


 日本政府が5日、今月9日から今月末まで韓国と中国全域から入国する人全員を対象に2週間の「待機」を要請する方法で、事実上隔離措置を取ると発表したことで、日本の韓国人留学生や企業の日本駐在員ら、旅行客たちは身動きの取れない状況に混乱している。

 特に、日本の新学期は4月から始まるため、多くの韓国人留学生たちが韓国にとどまっている可能性が高い。日本内の韓国人留学生は約1万7千人だ。韓国で高校を卒業し、4月に日本京都精華大学に入学する予定であるKさん(19)も「ニュースを聞いて1年の間一生懸命に準備した入試がすべて意味がなくなったという気がした」とし、「今月27日に寮の入室に合わせて出国する計画だったが、9日以前に行って待機するためには、ホテル代だけで100万ウォン以上使わなければならず、27日に日本に行くとしても2週間隔離されなければならない状況なので、始業式には間に合わない」と話した。Kさんは学校側から「2021年に入学を延期したい場合は連絡してください」というメールが届いたとして、入学の延期も検討している。


 ビジネスのために頻繁に韓国と日本を行き来する会社員たちも、困惑を隠せずにいる。日本をはじめ東南アジア諸国を対象に輸出入業務を行っている大手企業社員のSさん(41)は、「日本にいる駐在員が一時帰国すると再び日本に戻れないかもしれないと思い、そのまま日本に留まっている」とし、「日本の入国制限があまりにも急に決まったため、まだ会社レベルの対応指針は決まっていない。駐在員らの間では『防疫の前ではビジネスもなく、友人もいない』と言われている」と話した。

 日本政府が韓国人が観光目的などで90日以内の短期滞在する場合、日本にビザなしで入国できるようにする制度も、9日から今月末まで一時停止したことで、日本旅行を計画していた人たちも不便を強いられている。韓日の軋轢による不買運動により1年間で26%減少したが、昨年でも558万4600人の韓国人が日本を訪れており、日本は韓国人がよく訪れる旅行先だ。旅行会社と航空会社には予約した航空券の払い戻しが可能かどうかを尋ねる電話が殺到し、会員数約129万人の国内最大日本旅行サイト「ネイルドン」にも関連の書き込みが相次いでいる。ある利用者は、「両親は飛行機に長く乗れないため4月初めに福岡行きを予約したが、どうすればいいのか分からない」とし、他の利用者は「8日に福岡に行く予定だったが、公式的にはまだ外交部からの指針が発表されず、キャンセル手数料なしの払い戻しや変更には応じられないと言われた。旅行会社側も指針がなく、当惑していた」と書き込んだ。


キム・ワン、キム・ミンジェ記者(お問い合わせjapan@hani.co.kr)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35956.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト