脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

観光

北朝鮮へ観光しに行く日本人が倍増

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/06/20(水) 14:48:05.70 ID:uhcxEqzL0 BE:123322212-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
旅行者倍増、報道で関心? 政府、自粛呼びかけ

 北朝鮮に観光旅行する人が増えつつある。日本とは国交もなく、拉致問題も解決していない。経済制裁を行う政府は渡航自粛を
呼びかけているが、旅行会社の担当者は「北朝鮮に関するニュースが連日取り上げられ、関心が高まっているのではないか」
と話している。

 北朝鮮専門の旅行会社「ジェイエス・エンタープライズ」(東京都中央区)によると、同社が仲介した2016、17年の旅行者は
それぞれ年50人程度だったが、今年は5月時点で94人の申し込みがあった。今月12日に米朝首脳会談が開催された後は
団体客の申し込みもあり、6月15日現在で120人を超えた。その7割が20~40代という。

 北朝鮮専門の旅行会社は数社しかないが、同社はその一つで、現地の旅行会社と調整して、申込者の関心に沿った旅行の
計画を組んだり、ビザ取得を手伝ったりしている。担当者は「(金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談などで)
ミサイルを飛ばさないと発言したことで、『危険』というイメージが薄らぎ、もともと関心があった人が希望している」とみる。

 東京都の大学1年の男性(18)は「NKポップ」と呼ばれる北朝鮮の歌謡曲に興味を持ったことがきっかけで、昨年12月、
同社を通じて3泊4日で旅行した。

 「自由に質問はできなかったが、現地の中高生に学校生活を聞けた。素朴な子たちだと感じたし、政治観を抜きにすれば
魅力的な観光資源も多かった」と振り返る。平壌冷麺などの食に関心がある人や、今も利用されている旧型の鉄道や飛行機に
乗りたい人が訪れているという。

 北朝鮮は162カ国と国交があり、外国人観光客も少なくない。だが、観光客は事前に北朝鮮側と調整した場所しか訪れることができず、
滞在中は常に現地ガイドがついて回るなど行動は制限される。同社の小島健康社長は「行ける場所は限られるが、少しでも
北朝鮮を知る機会にしてほしい」と話す。外務省は「北朝鮮に対する経済措置の一環で渡航自粛を呼びかけている。
旅行の是非についてコメントする立場ではない」としている。【竹内麻子】
https://mainichi.jp/articles/20180620/k00/00e/040/289000c

続きを読む

【日朝】NK-POP、平壌冷麺が楽しむ…北朝鮮旅行を希望する日本人が増加

1: たんぽぽ ★ 2018/06/20(水) 18:58:16.66 ID:CAP_USER
東京の大学に通うAさんは昨年、北朝鮮専門旅行会社を通じて3泊4日の日程で北朝鮮を訪問した。日本の若者の間で「NK-POP」と呼ばれる北朝鮮の歌謡曲に関心を持ったのがきっかけだった。北朝鮮での経験についてAさんは「自由に質問はできなかったが、現地の中高生に学校生活を聞けた。素朴な子たちだと感じたし、政治観を抜きにすれば魅力的な観光資源も多かった」と話した。

米朝首脳会談のため北朝鮮関連のニュースが続き、北朝鮮旅行を希望する人が増えていると、日本の毎日新聞が20日報じた。特に若い世代の関心が高まっているのが特徴だ。北朝鮮に経済制裁を加えている日本政府は旅行の自粛を訴えているが、旅行会社の担当者は「北朝鮮に関するニュースが連日取り上げられ、関心が高まっているのではないか」と話した。

北朝鮮専門旅行会社ジェイエス・エンタープライズ(JSツアー、東京)によると、2016年と2017年に同社を通じて北朝鮮を旅行した人は年50人ほどだった。しかし今年は5月までに94人が北朝鮮旅行を申し込み、一部が旅行した。

12日にシンガポールで米朝首脳会談が開催された後には団体の申し込みも増え、6月15日までに申請者は120人を超えた。このうち70%が20-40代だと旅行会社側は明らかにした。

北朝鮮と日本は国交がないため、日本の北朝鮮専門旅行会社は北朝鮮国営の朝鮮国際旅行会社など現地企業と業務協約を結んでビザの発行や観光商品の販売をする。旅行会社の関係者は毎日新聞に「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が南北首脳会談などでミサイルを飛ばさないと発言したことで、『危険』というイメージが薄らぎ、もともと関心があった人が希望している」と説明した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/460/242460.html

続きを読む

【韓国】ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足を韓国ネットが批判

1: らむちゃん ★ 2018/06/16(土) 10:53:42.58 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2018年6月16日 09時10分
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180616/Recordchina_20180616009.html

2018年6月13日、韓国・アジア経済は、気温の上昇とともにソウル市内を流れる漢江(ハンガン)沿いにある汝矣島(ヨイド)漢江公園を訪れる市民が増加し、それにより公園に変化が生じていると報じた。

記事は、涼をとる市民でにぎわう公園の様子を「修羅場と化している」と表現。中でも目に付くのは夏の日差しを遮ってくれる「テント」だといい、読書や昼寝、カードゲームなどを楽しむ市民が多い中、
入り口を締め切っているものもあったという。また、日没後もテントの数は減らなかったそうだ。なお、漢江でテントを利用する際には2面以上を開放し、夜には撤去しなければならない決まりになっている。

記事は、公園内の交通の問題も指摘している。自転車と歩行者が入り混じっているため、事故につながる可能性のある危険な光景が何度も見られるという。この他にも、
公園の最寄駅である汝矣(ヨイ)ナル駅の前には違法露天商が道路に列をなしており、調理の際の煙などが通行人の迷惑になっている。

公園近くに住むある住民は「冬以外の春、夏、秋には人が多くうるさい。休むのはいいが、騒がず、ごみの分別をしっかりするなど高い市民意識を見せてほしい。違法露天商対策もしてほしい」と残念そうに話しているという。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【韓国】5月の訪韓日本人観光客が前年比43%増 韓日関係改善が影響か

1: たんぽぽ ★ 2018/06/15(金) 19:43:29.10 ID:CAP_USER
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/15/0400000000AJP20180615005300882.HTML

【東京聯合ニュース】5月に韓国を訪れた日本人観光客が約22万8000人で、前年同月比43.1%増加したことが分かった。在日韓国大使館や韓国観光公社が15日までに明らかにした。

 4月は21万3853人で同29%増えた。

 日本人観光客が前年に比べ増加したのは、南北の融和ムードが広がったことに加え、韓日関係の改善や、平昌冬季五輪の開催などが影響したものとみられる。

 在日韓国大使館は14日、名古屋で駐日総領事や外交部、雇用労働部、文化体育観光部、韓国観光公社、若者の雇用創出と海外就職を支援する「K-Moveセンター」などの関係者による会議を開き、訪韓日本人観光客の増加やその理由についての情報を共有した。

 また在日韓国大使館は訪韓日本人観光客数の今年の目標値を当初270万人から300万人に上方修正することにした。

 この日の会議では、韓国の若者の日本での就職を拡大するため、関連業務担当者による会議体を発足させることも決まった。

続きを読む

【東方網】韓国を旅行した日本人は、どんな感想を抱いて帰るのだろうか

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/12(火) 16:54:54.70 ID:CAP_USER
 中国メディア・東方網は11日、「韓国旅行で文句を言う日本人 もう来るなと言う韓国人」とする記事を掲載した。

 記事は、「歴史的な問題はさておいて、日本と韓国はいずれも非常に素晴らしい観光地である。中国人観光客は両方の観光地を支持し、毎年たくさんの人が訪れていた。しかし、例の事件が発生して以降、中国人観光客は韓国に行かなくなった。それからだいぶ時間が経過したが、中国人観光客はなおも韓国旅行に対して興味が薄く、韓国に足を向けない状態が続いている」とした。

 そのうえで、「日本人も実は旅行が大好きであり、日本人は中国よりも韓国に旅行しようと考える。その理由はさておき、日本人は韓国旅行でどんな感想を持つのだろうか。中国人は化粧品やファッションが特に素晴らしいという印象を抱いてきたが、日本人はそうは思わないようだ。品物が高額なうえ、ニセモノも少なくないという印象を抱くようである」と伝えている。

 また、「かねてより民度の高さを自称する日本人はショッピングでも自覚をもって列に並ぶが、韓国ではしばしば割り込みをされる。すると日本人は韓国はモラルが低いとして、文句を言うのだ。もう韓国には行かないと言う日本人の話を聞けば、韓国人たちは自ずと不愉快になる。そして、『来たくなければ来るな』と言い返すのだ」とした。

 日本にだって韓国旅行が好きで、何度も韓国に遊びに行く人が少なくない。もちろん、韓国旅行で何かしら不愉快な思いをして「もう2度と行かない」と思う日本人観光客も中にはいるだろう。ただ、いたとしてもそれは一部にすぎないはずだ。

 それにもかかわらず、中国のネット上でこのような記事が出てくるのは、記事曰く「例の事件」、すなわち韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題に端を発する、中国による韓国への厳しい締め付けに伴う中国世論の対韓感情悪化の影響だろう。そして、「日中友好は韓国のおかげ」という意識もあるのではないだろうか。
searchina
2018-06-12 16:12
http://news.searchina.net/id/1661159?page=1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト