脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

観光

<丶`∀´>韓国は実質的にシンガポールの上ニダ

1: サビイロネコ(光) [MA] 2020/07/08(水) 14:04:01.82 ID:xdJ37Sa30● BE:439992976-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/morara.gif
韓国パスポート「世界3位」 189カ国にビザなし渡航可=1位日本

【ソウル聯合ニュース】
米CNNテレビなどによると、英コンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」は7日(現地時間)、
ビザ(査証)なしで渡航できる国・地域の数を比較した世界パスポート(旅券)ランキングの2020年版を発表した。
韓国のパスポートは189カ国・地域にビザなしで渡航でき、ドイツと並び3位だった。

1位は日本(191カ国・地域)、2位はシンガポール(190カ国・地域)。
一方、北朝鮮のパスポートでビザなし渡航が可能なのは39カ国・地域で、103位に入った。

今回のランキングには、新型コロナウイルスの世界的流行による一時的な入国制限措置は反映されていない。

ランキング3位の韓国や1位の日本は今月1日から欧州連合(EU)加盟国への入国が認められた国のリストに入っている一方、
2位のシンガポールは入っておらず、この現状を考慮すると韓国が実質的に2位だとの分析もある。
シンガポールのパスポートでビザなし渡航できる国・地域が190から163に減るためだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d79521988a959a00976ca9128c123ae606b03ca7

続きを読む

【国際】韓国旅行業界「コロナにより日本旅行ボイコットの意識が薄れているため、終息したら日本旅行の需要が再び高まる可能性が高い」

1: 動物園φ ★ 2020/07/01(水) 11:42:22.88 ID:CAP_USER
日本旅行ボイコットは韓国にも「毒」となった、それでもネットには「続ける」の声
Record China
配信日時:2020年7月1日(水) 11時20分

2020年6月28日、韓国・マネートゥデイは「日本旅行ボイコットに“悲鳴”を上げた日本、韓国にも“傷”が残った」と題する記事を掲載した。

記事によると、日本と韓国の観光客は2010年代から相手国の旅行市場の成長に大きく貢献してきた。特に18年は韓国の出国者2869万人のうち753万人が日本を訪れた。同年の訪日外国人は3120万人に達したが、そのうち約24%を韓国人が占めたという。

しかし日本が半導体材料の対韓輸出管理を強化した昨年7月から状況は一変。韓国で日本製品不買運動と日本旅行ボイコット運動が拡大し、毎月50~60万人に達していた訪日韓国人観光客が急減した。昨年の訪日観光客数は前年比26%減の558万人となったが、このうち7~12月はわずか157万人にとどまった。これにより観光客の消費が主な収入源の日本の地方都市は大きな打撃を受けた。昨年秋には宮崎県知事が韓国のアシアナ航空本社を訪れ、旅行活性化を求めていた。

一方で、日本旅行ボイコットは韓国にとっても「毒になった」と記事は指摘している。日本市場の占める割合が大きい韓国内のアウトバンド旅行業界が大きな打撃を受け、旅行大手ハナツアーの昨年の営業利益は前年比70%減少した。さらに訪韓日本人観光客数も減少したため韓国内のホテル、カジノの営業にも悪影響を及ぼした。韓国は旅行産業の雇用人員が多いため、その被害は大きいという。

訪日韓国人観光客数は昨年10月に19万7000人にまで減少したが、「行きやすさ」と「旅行コンテンツの豊富さ」が訪日意欲を徐々に回復させ、昨年12月は24万8000人、今年1月は26万6000人に増加していた。ところが2月からは世界的に新型コロナウイルス感染が拡大して物理的に旅行自体が不可能となり、再び日韓の旅行市場に「氷河期」が訪れている。記事は「問題は日本旅行ボイコットにより体質が弱くなった韓国の観光産業が新型コロナウイルス感染事態に耐え切れず、旅行・免税・カジノ全てが再生不可能な状態になっていること」と指摘している。

ただ、旅行業界では「新型コロナウイルス感染事態により日本旅行ボイコットの意識が薄れているため、コロナ事態が終息して再び海外旅行意欲が高まれば、行きやすくて経済的な日本旅行の需要が再び高まる可能性が高い」との見方も出ているという。

韓国のネットユーザーからは、「日本人はもともと韓国に来てなかったよ」「訪韓日本人観光客の数は訪日韓国人観光客の数の10分の1だった。お互いに行かなければどちらがより大きなダメージを受けるかは一目瞭然」「旅行業界が大変なのはコロナのせい。日本以外にも海外旅行先はいくらでもあるのだから」など反発の声が上がっている。

また、「お互いに損失があるから適当なところでやめにしようということ?。それは絶対にできない」「それでも、日本が負けを認めて謝罪するまでは日本製品不買運動と日本旅行ボイコットは続けるべきだ」「旅行業界の人たちには申し訳ないけど、日本が心から謝罪するまでは絶対に行かない」との声も。

一方で、「早く日本を旅行したい」「韓国人の反日は『みんながしているからする』というスタンス。だから結局は続かない」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/b802682-s0-c10-d0058.html

続きを読む

【悲報】日本人がコロナが落ち着いたら行きたい海外旅行地 1位は韓国のソウル

1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [ニダ] 2020/06/17(水) 12:29:11.98 ID:0KfE/hyu0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
日本人、コロナが落ち着いたら行きたい海外旅行地1位は「ソウル」

世界最大規模の宿泊予約サイト「ブッキングドットコム」によると、日本人が新型コロナが落ち着いたら最も行きたいと考えている海外旅行地はソウルであることが調査で分かった。

ブッキングドットコム日本が顧客を対象に2カ月間(3月、4月)、新型コロナが落ち着いたら行きたい海外旅行地「ウィッシュリスト」に保存した10万カ所の旅行地を分析した結果、「ソウル」(韓国)が最も多いことが分かった。

続いてバンコク(タイ)、ホノルル(ハワイ)、タイペイ(台湾)、 パリ(フランス)の順だったが、上位10地域のうち7地域は東南アジアで、比較的近い海外旅行地を選択した人が多かった。

一方、日本のブッキングドットコム利用者は旅行地や宿泊施設のハートマークをクリックしてウィッシュリストに登録するが、今回の調査で51%が自国旅行を登録したことが分かった。
これは前年同期の33%を大きく上回る。新型コロナの影響で国内旅行への関心が高まったとみられる。

https://s.japanese.joins.com/jarticle/267090?sectcode=410&servcode=400
no title

続きを読む

【来んな】中国人がコロナ後に行きたい国、1位は日本! 「NO JAPAN」韓国でも日本旅行には一定の人気

1: 新種のホケモン ★ 2020/05/29(金) 17:08:32.73 ID:CAP_USER
新型コロナウイルス流行前の訪日外国人客の主力だった中国人や韓国人は、現在でも訪日旅行の意欲が高いようだ。

日本インバウンド・メディア・コンソーシアム(JIMC)が4月初旬にチャットアプリ・微信(WeChat)を通じて中国人145人を対象に行った調査で、日本がコロナ収束後に訪問したい海外旅行先の1位となった。行きたい国に日本を挙げたのは44%で、2位のタイを大きく引き離した。欧州は7%だった。

訪日旅行については、37%が「自国政府が安全宣言を出したら行く」、21%が「日本政府が安全宣言を出したら行く」と回答。「1年以内は行かない」は19%、「1年以上行かない」は9%だった。人気の都道府県は、北海道がトップで、以下、東京都、大阪府、京都府の順だった。

3月に発表された、艾威聯合旅遊顧問機構、中国康輝旅游グループ、太平洋アジア観光協会が共同で行ったコロナ後の旅行意欲に関する調査報告でも同様の結果が出ている。同調査では、海外の行きたい場所として日本を挙げた人が18%で最多となり、2位がタイと欧州(14%)だった。

日本製品不買運動が続いていると言われる韓国でも、日本は旅行先として一定の人気があるようだ。韓国紙・中央日報によると、オンライン宿泊サイト「ブッキングドットコム(Booking.com)」が3~4月に利用者のお気に入りリストの情報を分析したところ、国別では1位が韓国(国内旅行)、2位がインドネシア、3位がタイで、日本は4位に入ったという。

日本政府観光局が発表した2019年の訪日中国人は前年比14.5%増の959万4300 人。韓国人は日韓関係悪化の影響で8月以降減少したが、それでも2番目に多い558万4600人(前年比26%減)だった。(編集/北田)

Record China 2020年5月29日 13時20分
https://www.recordchina.co.jp/b808472-s0-c30-d0052.html

続きを読む

【ハンギョレ】日本、韓国人ビザなし入国制限1カ月延長…韓国外交部「遺憾」

1: 新種のホケモン ★ 2020/05/26(火) 08:43:48.08 ID:CAP_USER
韓国滞在者に対する隔離生活要求なども共に延長 入国制限対象国を既存の100カ国から111カ国に拡大も

 日本政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡散を理由に実施した韓国人に対するビザなし入国制度の効力停止の延長を25日に決定したと、日本の法務省が発表した。

 NHKの報道と法務省が同日発表した内容などを総合すると、日本政府は、韓国人が90日以内は日本でビザの所持なく滞在できるビザなし入国制度の効力停止を、来月末まで延長することにした。ビザなし入国の効力停止の期限は当初、今月末までと予定されていた。日本政府はあわせて、韓国に滞在してから日本に入国した者に対する隔離生活および公共交通の利用禁止の要請なども同様に1カ月延長した。

 日本政府はこれと共に、当初100カ国・地域だった入国制限の対象にインドなど11カ国を追加することを決めた。

 日本の安倍晋三首相は同日行われた記者会見で「どのように国際的な人の往来を部分的・段階的に再開できるかについて、慎重に検討したうえで、適切なタイミングで総合的に判断をしていく考え」と述べ、外国人入国制限措置を段階的に解除することを示した。

 韓国外交部当局者はこれに対して「防疫状況が安定した韓国に対してビザ制限などの日本の入国制限措置が継続することを遺憾に思う」と明らかにした。

シン・ギソプ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr ) 5/26(火) 8:09
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5b48c5412b75eba6a5b312adcef29ced84119ed

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト