脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

経済

【中央日報】韓国、世界国債インデックス入り不発…観察対象国に維持

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/03/28(木) 08:16:28.19 ID:SkEyYXa4
韓国が世界3大債券指数とされるFTSE世界国債インデックス(WGBI)入りが今回も不発になった。

27日(現地時間)、WGBIを管理する英フィナンシャル・タイムズ・ストックエクスチェンジ(FTSE)ラッセルは、FTSE債券市場の国家分類を発表し、「韓国の国債指数の観察対象国の地位を維持する」と明らかにした。

FTSEラッセルは「韓国は2022年9月、市場接近性レベル2への上方修正の可能性とFTSE WGBI入りを考慮するための観察対象国になった」として「現地市場当局は国際投資家の韓国国債への接近性を改善するため、計画を引き続き進展させている」と説明した。

FTSEラッセルは国債発行規模、国家格付け、市場への接近性などから、通常3月と9月にWGBIを編入するかどうかを定期的に決定する。

WGBIには米国、英国、カナダ、日本など主要24カ国の国債が編入されており、追従資金は約2兆5000億ドル(約378兆円)と推算される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/44bd1fa5b4a52cd5105fd0ecd4d1652e5bdd183d

続きを読む

【朝鮮日報】「低賃金先進国」韓国人から見ると日本は異常な国

1: ばーど ★ 2024/03/24(日) 18:34:05.88 ID:w+koElTl
1990年代初めの日本社会を取り上げた漫画『クレヨンしんちゃん』。商社勤めで係長のお父さん・野原ひろしの年収は650万円だった。当時の1円=5ウォンの為替レートで計算すると3250万ウォンになる。韓国ドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』では、主人公の父親が銀行の係長をしている。月給は58万ウォン。ボーナスを600%でもらったとすると年俸は1000万ウォンの水準だ。30年前の時点では、日本の大企業の年俸は韓国の銀行員に比べ3倍くらいあったらしい。

 日本の「失われた30年」が、韓日間の賃金逆転をもたらした。韓国経営者総協会(韓国経総)が17日に発表した「韓日賃金推移」を見ると、2022年基準で韓国の大企業の平均月給は588万ウォン(現在のレートで約66万円。以下同じ)で、日本の大企業の平均443万ウォン(約50万円)より32%多い。過去20年間で日本の大企業の年俸は7%減少した反面、韓国の大企業の年俸は158%増えたことによる結果だ。海外移民して戻ってきた日本人は「どうして月給が30年前と全く同じなのか」と驚くという。

 一時は国民1人当たりの国内総生産(GDP)の額で世界1位-2位を争っていた日本で、不景気に物価の下落が同伴するデフレーションが起き、賃金も急降下した。各企業は物価下落を理由に賃金の凍結を続けた。トヨタのような大企業の労組は「国際競争力の低下」を心配し、賃上げよりも雇用の維持を優先した。経済学者の大前研一は「終身雇用と勤続年数に基づく賃金故に給与が少なくても転職せず、そうした風土が低賃金の動因として作用した」と説明した。

 かつて日本の植民支配を受けても日本に好意的な台湾も、賃金が低い。10年前の時点で、台湾の大卒社員の初任給は韓国ウォン換算で92万ウォン(約10万4000円)だった。月給は抑えられているのに住宅価格は天井知らずで、青年たちは台湾を「クイタオ(鬼島)」と呼んで自嘲した。世界第1位の半導体ファウンドリー(製造工場)のTSMCも例外ではない。2020年基準で、TSMC社員の平均年俸は7600万ウォン(約860万円)だった。サムスン電子(平均年俸1億2700万ウォン=約1430万円)の60%という水準だ。少し前にTSMCが日本工場で働く博士クラスの人材を採用したが、月給は35万円にすぎず、韓国大企業の社員らを驚かせたことがあった。

日本が、低賃金国の汚名から脱しようともがいている。政府だけでなく経団連も「給与引き上げが企業の責務」だと語っている。世界第4位の半導体製造装置メーカーの東京エレクトロンが一挙に賃金を40%も上げるなど、各企業も呼応している。だが1000万人を超える労働者が、依然として年俸200万円以下だ。だから「年収200万円で豊かに暮らす」などの超節約ノウハウを教えてくれる本がベストセラーになる。社会がこれほどになっても、集団抵抗は全くない。韓国人の目で見ると「異常な」国だ。

金洪秀(キム・ホンス)論説委員

朝鮮日報 2024/03/24 16:35
https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2024032180161

続きを読む

韓国の専門家が指摘する「日本の17年ぶり利上げは韓国の輸出好材料」

1: ばーど ★ 2024/03/23(土) 07:50:52.08 ID:ve2YqoQO
【03月22日 KOREA WAVE】日本で17年ぶりに基準金利が引き上げられ、韓国の輸出と証券市場にも好材料となりそうだ。ただし、金利引き上げの影響は、韓国銀行の今後の通貨政策決定には限定的だとの見方もある。

日本銀行(日銀、BOJ)は19日、金融政策決定会議でマイナス0.1%だった基準金利を0~0.1%に引き上げた。2016年1月に導入された大規模金融緩和政策の柱であるマイナス金利が解除された。日銀の利上げは2007年2月以来、約17年ぶりだった。

専門家らは、日本の金利引き上げが円高につながり、韓国の輸出に好影響があるとしている。メリッツ証券のイム・ジェヒョク研究員は「日銀の政策正常化は、明らかな円切り上げの要因になる」と分析する。「ドル・円為替レートと最も相関関係が高い要因は、日米内外金利差だが、今回の正常化によって日本国債金利が上昇(金利差縮小)することも影響する」と話す。

円高は日本の輸出企業にとっては負担になる。円が高くなりウォンが相対的に安くなれば、韓国企業の価格競争力を押し上げることになる。

韓国証券市場にも好材料として評価されている。ユジン投資証券のホ・ジェファン研究員は「日銀の政策変化可否は、韓国の国内証券市場に好材料だ」とし、「円安が終われば、高く推移していた日本証券市場と輸出株には負担が生じる一方で、韓国の国内証券市場と自動車・造船など輸出株には新たな機会になるだろう」と分析した。

ただ、円の大幅な切り上げが進む可能性は低い。日銀の通貨政策の正常化が、今後漸進的に進むと予測されるためだ。よって、韓国の輸出企業が享受する恩恵もそれほど大きくないとの指摘が出ている。

韓国銀行の通貨政策にも影響は限定的とみられる。以前から予想されていた日本の金利引き上げがすでに市場に反映されており、大きな影響はないというのが大方の評価だ。

3/22(金) 17:03 KOREA WAVE
https://news.yahoo.co.jp/articles/f57411c6c630ca716bc8c23be0f8859e30347b1d

続きを読む

【韓国メディア】トリプル5(国民所得5万ドル-G5国家-人口5,000万人)を達成しよう

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/03/22(金) 17:53:44.72 ID:5BbVRSDM
韓国メディア『毎日経済』が興味深い社説を出しています。「韓国はまだまだイケるぞ」という内容ですが、率直にいって誇大妄想に近いともいえます。以下に、冒頭部分を引用してみます。

2024年、青龍の年(甲子年)の春が訪れた。

年は変わったが、内外の複合的な危機が依然として続く中、米中間の経済・安全保障覇権競争はさらに激化している。

特に今年は、世界的な自国優先主義の流れの中で、先進国の門戸を開いた韓国が内実を固め、中枢国家として成長できるかどうかの試金石になっている。

『毎日経済』は昨年に続き、今年もG5経済大国をテーマに新年を迎えた。

現在の水準の人口を維持し、国民所得を高め、中枢国家を目指すトリプル5(国民所得-5万ドル-G5国家-人口5,000万人)を達成しようという大胆な目標を掲げた。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「5·5·5 담대한 도전 경제강국 도약, 한국기업 뛴다」

「あれっ? 先進国の門戸なんていつ開きましたっけ?」なのですが、2024年は「中枢国家として成長できるかどうかの試金石」なのだそうです。

今年も「韓国がG5に入ること」が目標だそうで、大統領に立候補したときの李在明(イ・ジェミョン)さんみたいなことを述べています。

『毎日経済』さんはスッカリ忘れてしまったのかもしれませんが、李在明(イ・ジェミョン)さんがかつて「555公約」※を掲げたときは、経済学者や識者の皆さんから失笑を勝ったのです。

※李在明(イ・ジェミョン)さんの「555公約」は「G5になる」「1人当たりの国民所得5万ドルを達成」「KOSPIが5,000を達成するでした。これに加えて「ウォンは基軸通貨になれる」と発言してさらに失笑を買いました。

https://money1.jp/archives/70046

今回の『毎日経済』による「トリプル5」は、

①G5国家
②1人当たりの国民総所得5万ドル
③人口5,000万人

を達成すること――だそうです。

韓国は、どうもイタリアとカナダを下に見る癖へきがありますが、その両国を押しのけて韓国がG5に入ると認められることなどあり得ません。アメリカ合衆国・イギリス・フランス・ドイツがそんなことは認めないからです。

もちろん日本だって認めません。

(略)

「トリプル5」なるものの①の可能性は全くありません。では、②③はどうでしょうか。

②の「1人当たりの国民所得5万ドル」もまず無理です。

2024年03月05日に『韓国銀行』が公表したデータよれば、2023年第4四半期時点で韓国の1人当たり国民総所得は「3万3,745ドル」でした。

もう何度だっていいますが、韓国はこれから人口が急速に減少していくのです。生産者年齢人口が急減し、潜在成長率が合衆国より低い国が、どうやって1人当たり国民総所得を現在の1.48倍にできるのでしょうか。

また③はもっと確定的に不可能です。

no title


韓国の人口推移予測によれば、最も低位のシナリオを取った場合、2030年代初頭には、韓国の人口は5,000万人を割ります。

ご安心ください。『毎日新聞』がいう「トリプル5」なるものは絶対に達成できません。これぞ「絵に描いた餅」です。

「もらえなかった餅」のことを、朝鮮では「恨」というのです。その意味では、この「トリプル5」も数年後には「恨」になるでしょう。

どうなるかというと――「あいつのせいで餅がもらえなかった」と言い出すのです。見ていてご覧なさい。きっと「日本のせいでG5になれなかった」などと言い出しますよ。

(吉田ハンチング@dcp)

https://money1.jp/archives/124271

続きを読む

【中央日報】円相場変化の動き…韓国証券会社「円安被害国だった韓国に機会」

1: 昆虫図鑑 ★ 2024/03/19(火) 17:23:51.80 ID:A1RYZBkh
韓国DS投資証券は19日、日本銀行が通貨政策基調の変化を準備していることと関連し、「円相場の変化は円安の被害国だったことを考慮すると韓国市場に機会になるかもしれない」と分析した。

同社のヤン・ヘジョン研究員は、「円相場は米国が金利を下げたり日本が金利を上げる時に変化がありえる。今年は両方すべてで政策的変化が現れる可能性が高くなっている」と予想する。

日本経済新聞などによると、日本銀行は18日から19日まで行われる金融政策決定会議を通じてマイナス金利を解除する方向で最終調整に入る。日本のマイナス金利解除が決定される場合、2007年2月から17年ぶりの利上げとなる。

ヤン研究員は「韓日間の主力産業の輸出競合度が低くなったりしたが資産市場では日本市場と競争する構図が続いている。そのため円が弱くなると韓国市場は傾向的な上昇を見るのが難しかった」とした。

その上で「円相場の変化は円安の被害国だったことを考慮すると韓国市場には機会になるかもしれない」として半導体、自動車、造船業種に注目することを勧めた。

https://japanese.joins.com/JArticle/316374

続きを読む
スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト