脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

社会

【韓国】韓国の親が望むわが子の職業は? 子どもの夢は「芸能人」

1: たんぽぽ ★ 2018/02/20(火) 06:39:23.92 ID:CAP_USER
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/02/19/0800000000AJP20180219004300882.HTML

 同研究所の報告書によると、昨年、2~5歳の子どもを持つソウル在住の親、316人を対象に調査した結果、回答者の58.7%が子どもに希望する職業として「専門職」を挙げた。このほか「芸術家・アスリート・芸能人」(10.9%)、「教職」(9.9%)、「事務職・技術職」(8.0%)と続いた。

 日本、台湾、米国、フィンランドで同様の調査を行った結果、全ての地域で「専門職」が1位だった。2位は国により異なり、日本と台湾は「事務職・技術職」、米国とフィンランドは「経営管理職」だった。

 子どもに対する精神的な支援をいつまでするべきかについて、韓国の親の48.4%が「一生」と答え、「結婚するまで」(18.4%)、「大学卒業まで」(12.0%)と続いた。

 精神的な支援を一生するべきと答えたのは、フィンランドが95.8%、米国が90.9%、台湾が90.7%、日本が63.8%と韓国よりも多かった。 

 子どもに対する経済的支援をいつまでするべきかについて、韓国の親は「大学卒業まで」(47.5%)が最も多く、「就職するまで」(19.3%)、「大学入学まで」(12.3%)、「結婚するまで」(11.7%)などが続いた。

 日本(54.8%)、台湾(44.9%)、米国(34.6%)でも「大学卒業まで」が最も多く、フィンランドは「就職するまで」が53.8%で最も多かった。

 報告書は、すべての地域で子どもに対する期待は似通っているが、韓国は子どもに対する支援を「一生する」と考えない傾向があったと説明した。

 一方、子どもたちの多くは親の希望と異なり、芸能関係を将来就きたい職業に選んだ。

 学生服メーカー「スマート学生服」が小・中・高の児童・生徒4994人を対象に行ったアンケート調査によると、24.5%が将来「エンターテインメント分野」に就職したいと回答し、公務員(13.4%)、芸術業界(12.0%)、医療業界(9.6%)と続いた。

続きを読む

【公徳心の欠片もない韓国】なぜ「韓国の常識は、世界の非常識」なのか 歪んだ教育が生む「選民意識」

1: 豆次郎 ★ 2018/02/19(月) 11:28:07.43 ID:CAP_USER
韓国・北朝鮮新潮45 2018年3月号掲載

「韓国の常識は、世界の非常識」と、かねて韓国ウオッチャーの間で言われてきた。

(中略)

 例えば「韓国の神様」は、衣料品店に外出の際に1度、あるいは2度ぐらい着た服を持ってきて、「気に入らないから返品する。金を返して」と要求する。店が断ると「消費者をバカにしている店だとネットにいろいろ書いてやる」と恫喝する。

 仕方がなく店が返金に応じても、それでは終わらない。謝罪要求が続く。店員に土下座を強要するような「神様」が韓国にはたくさんいる。(中略)

 店が「神様」をバカにすることも多々ある。前述の衣料品店なら、返品された服を新品として大人しそうな客に売りつけるのは当たり前だ。

 飲食店で、客の食べ残しを次の客に出すのは、まさに“韓国の常識中の常識”だ。

 気に入らない客が来たら、痰を吐き入れたドンブリを出すことも珍しくない。

 日本人からすると「信じがたい非常識」「悪質きわまる」となるだろうが、まるで武勇伝を記録するかのように、そうした場面を映したユーチューブはたくさんある。

 ソルロンタン(牛の頭などを煮込んだ白濁したスープ料理)や、粥の類は要注意だ。

「高級ホテルで食べる鮑粥なら大丈夫」などと思ってはいけない。なにしろ「世界の常識」が通じない国なのだから。

選民思想と自己主張の国

 なぜ韓国では、「世界の非常識」が常識になったのだろうか。

 私は教育によるところが圧倒的だと思っている。

 韓国の教育は、賤民いや選民思想に基づく。

「われわれは世界でも稀な単一民族であり、世界で最も優秀な民族だ」

「われわれは加害者になった歴史がなく、常に被害者だった」

「世界中の民が韓国に憧れている」

「われわれの価値観は常に正しい」

「日本人は文明的に遅れた民族であり、われわれは日本人に対して常に道徳的優位にある」

 こんなことを幼い時から刷り込むのだ。そして、協調性の大切さよりも、自己主張を立派にできることの重要さを教え込む。

 では、そうした「正しい教育」を受けて育ち、物心がついた頃に見る韓国社会はどんなものなのか。

 私利私欲に走ることが当たり前であり、悪いことをしても見付からなければ良いとする社会だ。

 滅私奉公の精神など存在しない。その逆の「滅公奉私」が彼らの基本的価値観だ。

 原子力発電所で大事故が起きたら、大惨事になる。

 福島原発の大事故の際、東京電力の現場は、まさに滅私奉公の精神で対処した。

 韓国では、安全性に細心の注意を払うべき原発に、性能証明書を偽造して不正部品を導入した。原発を運営する国策会社の社長を含む幹部、部品納入会社の関係者ら百余人が逮捕された。

 自分の懐が温まるのなら、世界の常識である「原発の安全性」など、どうでもいい――まさしく私利私欲が公益に優先する滅公奉私の社会だ。

 そして「見付かっちゃったとは、運が悪かったね」で終わるのだ。

 端的に言えば、公徳心の欠片もない社会であり、誰もが常に「騙されないようにしなくてはいけない」と身構えている総体的不信の社会だ。

 が、彼らにとっては、それが「世界中が羨む韓国社会」なのだ。

 だから彼らは、世界のどこへ行っても「韓国の正しい常識=世界の非常識」を貫こうとする。

 それが外国人から批判されると、「遅れた民族は、われわれの進んだ常識に対応できずに文句を言っている」と思い込む。

 例えば、韓国の留学生は、図書館で地図帳を借りては、「日本海」あるいは「ジャパンシー」(JAPAN SEA)とある表記を消して「東海」(EAST SEA)と書き込む。

 最近は「東海」(EAST SEA)と印刷されたシールが、留学に出る学生に国策団体から渡されるという。

 公共の図書館の蔵書に、そんな工作をするとは、まさに「世界の非常識」だ。ところが彼らは、図書館の職員に見つけられ注意されると「正しい知識を、遅れた国の民に教えてやっているのに何が悪い」と居直るのだ。(中略)

 韓国の教育は、韓国人に自国に対する限りない自信を与えている。韓国人にとって“進んだ韓国型常識”で動いている韓国は「素晴らしい国」なのだ。(後略)

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02190630/?all=1

続きを読む

【韓国】朝鮮人を強制徴用した製鉄所の「ねじ」を模倣したチョコレートが日本で爆発的人気。韓国での販売も計画

1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/19(月) 10:20:25.07 ID:CAP_USER
日本で「ねじ」のチョコレートが人気...韓国人強制徴用製鉄所のねじを模倣

no title


日本ではバレンタインデーを控え、実際のねじのように締めたり緩めたりできる「ねじ」状のチョコレートが人気を集めている。

12日、朝日新聞は福岡県北九州市の「グランダジュール」(Gran Da Zur)という製菓店が開発したこのチョコレートが国内外で大きな人気を集めているとして、今後は韓国と中国にも輸出を計画していると報道した。

しかし、このチョコレートは日本植民地時代に多くの朝鮮人が強制徴用された八幡製鉄所(現新日鉄住金所有)で使用されたねじの形を模したものである。北九州市にある八幡製鉄所は、日帝時代に朝鮮人約3400人が強制徴用されて連行された場所で、彼らのうち18人が労働で死亡したところである。

八幡製鉄所は、2015年にユネスコの世界文化遺産に登録された「明治時代の産業革命遺産」の一つで、「グランダジュール」製菓店は、製鉄所で使用されたねじの形状からインスピレーションを得て、このチョコレートを開発したと朝日は伝えた。

吉武太志(45)グランダジュール会長は「世界遺産がある北九州をアピールするためにねじチョコレートを開発した」と説明した。

ねじチョコレートは、ボルト(長さ約2㎝)とナットの形で構成されている。ボルトとナットのそれぞれに溝が掘られており、実際に合わせて回すと締めることができる。商品は2種類で、ボルトとナットで構成されたセットと、その上にココアパウダーを鉄の錆のように撒いたものがある。

朝日によるとこの製品は2016年2月の発売後、日本国内で爆発的な人気を得ており、海外でも販路が拡大され、シンガポールとアラブ首長国連邦(UAE)でも販売している。来る3月から米国でも販売する予定だ。

新聞はこのチョコレートを韓国と中国、オーストラリアなどでの販売も計画していると伝えた。

グランダジュール製菓店は、バレンタインデーを控えて生産工場に昨年10月に製造ロボットまで導入し、現在は一日約1万5000セットを作っているが、注文に追いつかない状況だと新聞は伝えた。

ソース:ニューシス 2018-02-12 16:01(韓国語)
http://news.donga.com/home/3/all/20180212/88637336/1
関連
実際に締まる「ネジチョコ」、注文殺到 米国でも販売へ
https://www.asahi.com/articles/ASL266WWQL26TIPE048.html
グランダジュール
http://www.grandazur.jp/
http://grandazur.buyshop.jp/

注:朝日新聞では吉武太志さんは社長となっています。

続きを読む

【韓国・平昌五輪】 ソウルで男を一時拘束、日本大使館に爆破予告電話…米NBC放送解説に憤怒し

1: LingLing ★ 2018/02/19(月) 00:46:31.54 ID:CAP_USER
■ソウルで男を一時拘束 日本大使館に爆破予告電話 NBC放送解説に憤怒
2018年02月18日 21時59分

no title

ジャーナリストで実業家のジョシュア・クーパー・ラモ氏は自身のSNSで、五輪開幕式での発言を謝罪した(スクリーンショット)

ソウル警察当局によると、在韓日本大使館に爆破予告の電話をしたとして、韓国人の男(55)を18日、一時的に拘束した。現地メディアによると、男は、米NBC放送が平昌オリンピックの開幕式で、日本による韓国併合に言及したことについて憤怒していたという。

韓国のコリアン・ヘラルド18日付によると、男は脅迫的な爆破予告の電話を日本大使館にかけたことを認めている。当時は酒に酔っていたという。

報道によると、ソウルの仁川在住の男は自宅で身柄拘束されたが、尋問の後、釈放された。警察調書によると「過去に似た犯罪記録はなく、逮捕令状は出さない。しかし、検察は在宅起訴する」としている。

米NBC放送は五輪開幕式12日、日本選手団の入場場面で、同局五輪コメンテーターを担当していたジョシュア・クーパー・ラモ氏が1910年~45年の日韓併合について言及。日本が韓国の近代的な発展のカギとなる文化的、技術的、経済的な模範を示したと述べた。

NBCには、韓国側から「プライドを傷つけられた」として苦情が相次ぎ、謝罪を要求する1万3000署名の嘆願書が届いたという。NBCも同氏の発言を撤回した。

ラモ氏は、キッシンジャー・アソシエイツのコンサルティング会社副会長兼共同CEOで、ニューズウィークやタイム誌の編集者を経たジャーナリスト兼実業家。2008年の北京オリンピックの評論も務め、米放送界の栄誉あるピーボディ賞とエミー賞を受賞した。

ラモ氏は米コーヒーショップ大手スターバックス取締役も務めており、このたびのNBCでの発言に憤怒する一部の韓国語SNSユーザーは、同社製品の不買運動を呼び掛けた。騒動を受けて、ラモ氏は14日、自身のSNSアカウントで「開幕式での発言で傷ついたすべての人々に」対して謝罪コメントを発表した。

ソース 大紀元
http://www.epochtimes.jp/2018/02/31339.html
Korea Herald
http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20180218000225

【平昌冬季五輪】<「日本植民地支配妄言」NBC解説者>一歩遅れて謝罪... 「それでもスターバックス不買運動 "
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518730952/

続きを読む

【朝鮮日報】 韓国人の恥ずべき習性 「韓国人には共生の能力が足りない」

1: 荒波φ ★ 2018/02/18(日) 09:00:37.44 ID:CAP_USER
韓国人の恥ずべき習性を風刺したことわざに「かめの中のカニ」というものがある。かめに何匹かのカニを入れると、互いに先に外に出ようと暴れ回る。しかし結局は1匹も外に出られない。下にいるカニが先にはい上がろうとするカニを引きずり落とすからだ。

一人の中国人が風呂敷包みを持って外国の空港に降り立つと、10人の中国人が集まり少しずつ金を出し合って店を出させるという。次に別の中国人がやって来ると、今度は11人が同じように支援する。

これに対して韓国人は一人が移民にやって来ると10人が来て全てを剥ぎ取る。次に別の韓国人が来ると今度は11人がやって来て同じことをする。以前海外に住むある韓国人から聞いた話だ。

英国には「金持ちになりたければ金持ちに昼飯をおごれ」ということわざがあるそうだ。しかし韓国では「いとこが土地を買えば腹が痛い」という。「腹が痛い」とは嫉妬に狂うことを意味する。

われわれは世の中に放り出された時に、自分で成功することよりもまずは同業者や隣人を踏みにじろうとする。

政治がそのような世界になったのはずいぶん前のことだが、周囲のちょっとした日常もこれと変わらない。相手をだますことや侮辱すること程度なら全くためらわない。数年前、京畿道のある製パン店で「ネズミが出た」とネットで大騒ぎになった。実はこれもライバル店が広めたうそだった。

京畿道水原市のある大学前では、二つのインターネットカフェが文字通り「命懸けの競争」をしていることが話題になっている。一方が「1時間500ウォン(約50円)、ラーメン500ウォン」で客を集めようとしたところ、もう一方が「1時間300ウォン(約30円)、ラーメン300ウォン」を打ち出した。

双方の社長はかつて一緒に店を出そうとしたほど仲が良かった。ところが今は「お前が死ぬまでネットカフェの料金は無料にする」段階にまで行き着いた。「性犯罪者もネットカフェができるのか」といった個人攻撃とも言える横断幕も平気で掲げる。どちらも間違いなく赤字のはずだが、それでも関係ない。

重要なことは相手を引きずり落とすことだ。しかし影響でそれ以外の店も結局廃業に追い込まれるだろう。

ある夏の暑い日、ライオンとイノシシが水場で鉢合わせした。どちらが先に水を飲むかでけんかになり、いつしか死ぬか生きるかの争いになった。双方が一息ついていると、ハゲタカの群れが先に死んだ方を食べようと遠くから見守っていた。

ライオンとイノシシは「ハゲタカの餌になるよりも、互いに友人になった方がいいな」と互いに話し合った。イソップ物語に出てくる話だ。

韓国人は内輪で命懸けで相争い、結局は異民族の支配を受けるというつらい経験を味わった。ところが「それでも韓国人には共生の能力が足りない」と思わざるを得ないときが多々ある。


2018/02/18 05:03
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501052.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/15/2018021501052_2.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト