脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

社会

韓国企業、ブサイクやブスを大々的に批判するCMを公開

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県)@無断転載は禁止 [CN] 2017/09/25(月) 01:05:43.23 ID:VlZbUwdn0 BE:349486882-2BP(1919)
ロハス製薬の新商品オルフェスのCMが酷い
ブサイクは気持ち悪がられ、ブスは優しくされないのは当然と世間に広めるようなCM

ブサイクの優しさはピンチと罵る
https://youtu.be/S_HuE-zSwpE



ブスは優しくされないと知らしめる
https://youtu.be/6572uf8Vcy4




ロハス製薬は詐欺会社だと判明

ロハス製薬の社長 萩島宏さんのご尊顔
no title


アイア株式会社の社長も兼任
http://www.aiia.co.jp/recruit/president/

パズル雑誌“懸賞企画”約半数に賞品送らず
http://www.news24.jp/articles/2015/12/08/07316837.html

続きを読む

【統一日報】「大韓民国が恥ずかしい」検察の組織的反乱 捏造知りつつ11ヶ月隠蔽

43: 右大臣・大ちゃん之弼 ◆XHlpV9VG9KC3 @無断転載は禁止 2017/09/23(土) 17:56:16.66 ID:aNwUNV8g
>>4確かに、皆さん申し訳ないです。

朴槿惠前大統領弾劾の導火線となった崔ソウォン(崔順実)氏所有とされたタブレットPCが、捏造されたもので、検察はこの事実を把握しながら、11カ月も隠蔽してきたことが明らかになった。

検察や特検のこの驚愕すべき反逆行為は、今月裁判所に提出された検察の「タブレットPC分析報告書」が公開されたことで確認された。

 崔氏は初めから、自分はタブレットPCを使ったことがないと主張していた。少なからぬ専門家が、疑惑の発覚初期から、捏造を指摘していた。
崔氏と朴前大統領の弁護士も、「朴大統領と崔氏が経済共同体」という検察の主張に反論するため、裁判所にタブレットPCを証拠品として再三申請したが、検察と特検は応じなかった。

昨年10月24日、JTBCが崔順実のものとして公開したタブレットPCは、朴前大統領に対する国民的怒りを爆発させた。この国民的公憤が、国会の超法的弾劾の決定的なエネルギーとなった。

憲法84条は、在任中の大統領は内乱と外患罪でなければ刑事訴追されないと明記している。検察が大統領の捜査に踏み切らせたのは、まさにこの怒りだった。
検察はJTBCの捏造報道の翌日、報道内容が虚偽であることを知りながらも、これを隠蔽。大統領に対する違憲的捜査に乗り出した。

捏造された証拠で国家元首を弾劾に追い込んだのは重大な反逆・内乱行為だ。検事が証拠を故意に隠蔽するのも犯罪だ。要するに、検察と特検が組織的に反乱に加担したのだ。

検察が最近、崔氏のタブレットPC鑑定は不要という意見書を裁判所に提出したとき、一緒に出した「タブレットPC分析報告書」(16年10月25日作成)の内容を確認した「朴槿惠大統領法律支援団」は17日、「検察の報告書だけもこれまでの疑惑を裏付ける内容がある」とし、以下の点を暴露した。

△タブレットPCの写真約1900枚の中で、崔氏のものは2種6枚だけ。
△朴前大統領の統一関連演説ファイルは、外部からダウンロードされたもの。
△タブレットPCのアプリ接続記録約100件中60件が16年10月20日~24日、つまりJTBCによるもので、残り40件も10月25日、検察の科学捜査の前に開かれた。JTBCが入手する前にアプリを使用した記録は12年の3件だけだった。

「朴大統領の法律支援団」は、捏造と陰謀の証拠が溢れているとし、「裁判所の「タブレットPCの分析報告書」記載内容だけでも国基・国憲紊乱の疑惑を持たざるをえない」と発表。
また、「今回の疑惑は、検察の介入と連累が明白であるため特別検事の任命が避けられず」、「国家の百年の計と未来世代のため真実究明が必要」と強調した。

趙源震・大韓愛国党共同代表は18日、国会での記者会見で、「今まで提起された捏造疑惑はほとんど事実」「JTBCはもちろん、検察も共謀や幇助の疑惑が強い」と述べた。
趙代表は「タブレットPCを捏造し、共謀した勢力を糾明せよ」と訴え、真相究明のために国会聴聞会と特検法を発議すると表明した。

「月刊朝鮮」は、タブレットPCの内容は、崔氏のものでない証拠になりうると報道。崔氏のものでなければ、今回の事件は崔氏との関係が悪くなった高英泰などが企てた可能性もある。検察は崔氏を「国政壟断」で起訴したが、1審判決で有罪が認められたのは、崔氏の娘の大学入学不正のみだ。
法院と検察は近年、スパイなど反国家事犯を法手続き上の瑕疵を理由に、機械的に無罪と判断してきた。捏造された証拠で国家元首を弾劾・起訴した者は、全員法によって処断せねばならない。

「積弊清算」を掲げる文在寅政権が、この途方もない積弊―司法反乱を断罪しなければ、国民は、「積弊清算」は金正恩との連邦制推進に反対する愛国右派の粛清と見るしかない。明白な違憲・違法で弾劾・起訴された朴前大統領の名誉と権利は、直ちに回復されねばならない。

2017年09月22日 01:14
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=83517&thread=01r01

続きを読む

【韓国】息子を失った痛みで暴行もやむなし?韓国セウォル号遺族への判決に波紋=「法治国家という看板を下ろせ」ー韓国ネット

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/23(土) 09:53:22.43 ID:CAP_USER
2017年9月21日、韓国で14年に起こった旅客船セウォル号沈没事故で一人息子を亡くした父親が公務員に暴行を加えたとして起訴された事件で、裁判所が下した判断に波紋が広がっている。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

光州(クァンジュ)地裁・木浦(モッポ)支部は同日、傷害と公務執行妨害罪で在宅起訴されたチェ・ギョンドク被告(47)に対し、懲役4カ月の宣告を猶予したことを明らかにした。宣告猶予は軽微な犯罪について刑の宣告を一定期間猶予する措置で、今回の場合は2年が経過すればチェ被告は刑事処分から解放されることになる。

チェ被告は今年4月、セウォル号船体が引き揚げられた木浦新港内の撮影禁止区域で動画撮影をしていたところ、安全を理由にこれをやめさせようとした海洋水産部の職員に暴行を加え、全治2週間のけがを負わせた。チェ被告はセウォル号事故で一人息子のソンホ君を亡くしており、遺族らでつくる4・16家族協議会の「船体記録団」の一員として動画記録を担当していた。

裁判所は判決について「犯行方法を考えれば罪質は良くなく、今もって被害者から許されていない。しかし犯行を認め過ちを悔いており、前科がない。また犯行経緯に考慮すべき事情があり傷害の程度が重くない」と理由を明らかにした。

さらに「被告人はただ一人の子を失い言葉では言い表せない痛みを経験しており、国や社会全体が事故の発生経緯および収拾過程においてみせた振る舞いに大きな失望と不信を覚え、結局犯行に及ぶことになった」と説明した。

しかしこれについて韓国では「セウォル号の遺族が罪を犯しても、社会がその痛みを理解すべき」という趣旨の判決だと批判的に報じるメディアもあり、ネットユーザーからも

「あり得ない。法廷が政治的な判断をしている」
「裁判所が認めた暴行免許かよ」
「セウォル号なら何でも許される世の中だな」
「遺族は人を殴っても大目に見てもらえるんだね」

と怒りの声が多数上がっている。

また

「これが国なのか?」
「狂ってる。法は万人に平等であるべきだ」
「これで検察が控訴しないなら、法治国家という看板を下ろせ」

と、国や社会の問題を指摘する声も多く、

「大韓民国はセウォル民国だから仕方ないな」
「セウォル号遺族は大統領より上、韓国のトップに君臨している」

と諦めムードの声もあった。

韓国では先だっても、セウォル号特別法制定に関するデモの最中に警察官に暴行したとして起訴された遺族2人に大田(テジョン)地裁でそれぞれ無罪、宣告猶予の判決が出されている。


2017年9月23日(土) 1時0分
http://www.recordchina.co.jp/b191284-s0-c30.html

続きを読む

【話題】「兵役逃れをするような人は許せない。愛国心が問われてる」・・・揺れる韓国芸能界

1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 19:20:48.23 ID:CAP_USER
韓国芸能界 兵役を巡って株上げる人下げる人で評価真っ二つ
NEWSポストセブン
2017年09月23日 16:00


【兵役で株を上げた2PMのテギョン】

 韓国の芸能界において重要な問題となるのが、18才から29才までの成人男性に2年間の兵役義務が課せられる韓国の徴兵制度だ。多くの男性K-POPスターたちが、この兵役のために2年間の芸能活動休止を余儀なくされる。

 そんななか、2PMのテギョン(28才)は、本来は行く必要のない兵役に、自ら志願した。テギョンはアメリカからの帰国子女でアメリカの永住権も持っている。外国の永住権がある韓国人には兵役義務はないのだが、テギョンは永住権を放棄。

さらに、“軍務に耐える体ではない”と判断された者が進む公益機関勤務の「社会服務要員」ではなく「現役兵」にこだわるあまり、長年患っている椎間板ヘルニアの手術を2回も受け、晴れて入隊が認められたのだ。そんなテギョンに対し、韓国メディアは《国民の模範》《スターのお手本》などと絶賛したという。

 一方でJYJのユチョン(31才)は、2015年8月に入隊すると、社会服務要員として江南区役所勤務となった。しかし、終業後に市内の歓楽街で飲み歩く姿が報じられ、クラブで女性を暴行したとして告訴までされている。

 テギョンとユチョンの例に見るように、昨今の韓国芸能界では、兵役を巡って株を上げる人間と下げる人間が真っ二つに分かれている。

 韓流の代名詞でもあるぺ・ヨンジュン(45才)は視力低下を理由に兵役自体を免除されており、チャン・ドンゴン(45才)も過去に気胸の手術を受けていたことで、同じく免除された。

「イ・ビョンホン(47才)は、早くに父親を亡くしていたことから、『家長として家族を養わなければならない』という理由で6か月の社会服務要員になっています」(韓国スポーツ紙記者)

 いずれも正当な理由で兵役を免除または短縮された例だが、世間からは「芸能人ゆえの特例ではないか」と非難の目を向けられた。

実際に入隊しながらも、その生活ぶりがバッシングされた例もある。歌手のRain(35才)は、軍隊の慰問公演や広報活動を務める国防広報院の広報支援隊に服務中、恋人のキム・テヒ(37才)と頻繁に逢瀬を重ねていたことが報じられ、大騒動に発展した。

「彼が一般兵の2倍以上の特別休暇を取っていたことが判明したからです。さらに禁止されている携帯電話を所持し、済州島での広報活動の際、高級ホテルのスイートルームに宿泊していたこともわかった。
広報支援隊は“芸能兵”と呼ばれるほど、多くの芸能人が配属されることで知られていましたが、調べてみるとRainのような特別待遇の人間が多数いることが発覚し、国民から批判が殺到。結果的に、韓国国防省は2013年7月に広報支援隊を廃止しています」(別の韓国のスポーツ紙記者)

 今年5月、俳優のイ・ミンホ(30才)が社会服務要員として入隊した際も、一部で非難の声が上がった。

「映画やドラマであれだけ派手なアクションをこなしていたのに…」という声がほとんどで、いわば“イメージとの乖離”がファンを落胆させたのだった。韓国の兵役事情に詳しい作家の康煕奉氏が語る。



「しっかりと兵役を務め上げた男性や、息子を過酷な部隊に送った母親が批判の急先鋒になります。彼女たちはわが子の軍隊経験に誇りを持っており、兵役逃れをするような芸能人は許せない。
なによりも“愛国心”を問われてしまうんです。
北朝鮮とこれだけ長く緊張状態が続いている状況で、軍隊に行かない芸能人は、“国を守る覚悟がない”と判断される。最近は芸能人側もそれをわかっているので、自分の人気を守るためにも積極的に軍隊に行こうとする人も増えました」

 その先駆けとなったのが、俳優のヒョンビン(34才)だ。2011年に入隊した彼は、「韓国軍で最も過酷」と呼ばれる海兵隊に自ら志願。2年間の入隊生活は海兵隊の中でも模範とされ、兵役生活が人気を一層上げるきっかけとなった。

http://lite.blogos.com/article/247934/

続きを読む

【韓国】 北朝鮮への人道支援に脱北者らが抗議

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/22(金) 16:22:38.47 ID:CAP_USER
no title

韓国政府が北朝鮮に対し、国連の機関を通じて食料や医薬品など日本円でおよそ9億円の人道支援の実施を決めたことに対し、韓国に住む脱北者らが、ソウル中心部で抗議集会を開き、「北にこびを売ることにしかならない」などと訴え、政府に撤回を求めました。

韓国の統一省は21日、北朝鮮に対し、国連のWFP=世界食糧計画とユニセフ=国連児童基金を通じて食料や医薬品など合わせて800万ドル(およそ9億円)の人道支援の実施を決めました。

これについて、北朝鮮から韓国に逃れてきた脱北者らおよそ30人が、22日、ソウル中心部にある統一省が入る政府庁舎前で抗議集会を開きました。
この中であいさつに立った脱北者の男性は、「『水爆の実験を太平洋上で行うことになるのではないか』と述べるなど、私たちを、核とミサイルで脅している重大な時期にもかかわらず、支援を行おうとするのは、北にこびを売ることにしかならない」と述べました。

そのうえで「私たちには、北で生活している家族がいるにもかかわらず、なぜ支援に反対するのかわかってほしい。支援した物資は住民に届かず、結局、政権のものになる」などと訴え、政府に撤回を求めました。

韓国政府は、人道支援を行う時期については今後の北朝鮮をめぐる状況を踏まえて判断するとしていますが、韓国国内では、野党からも、国際社会との足並みが乱れかねないとして、支援に反対する声が上がっています。

9月22日 14時41分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011152201000.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト