脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

環境

【韓国】 「月城原発地下水のトリチウム、廃樹脂貯蔵タンクから漏れたか」

1: 荒波φ ★ 2022/05/05(木) 09:37:50.89 ID:CAP_USER
■原子力安全委の民間調査団、第2次中間発表 
■「漏れた水が地下水に混じって濃度が上昇」 
■ボーリング孔を開けて外部への漏れの詳細調査へ

原子力安全委員会トリチウム(三重水素)民間調査団は、慶尚北道慶州市(キョンジュシ)の月城(ウォルソン)原発の地下水観測井戸で測定された高濃度トリチウムの流出源として、原発の廃樹脂貯蔵タンク(SRT)をあげた。

原発を運営する韓国水力原子力は、流出問題初期の昨年初め、観測井戸の高濃度トリチウムは地下施設というより大気に放出されたトリチウムに起因する可能性が高いと説明しているが、調査団の指摘はこれと相反する。

調査団は4日、「月城原発トリチウム第2次調査の経過および今後の計画」を発表し、その中で、「月城原発の観測井戸(WS-2)の地下水の高いトリチウム濃度の原因は、1号機の廃樹脂貯蔵タンクからの水漏れに起因するものと判断される」と明らかにした。

廃樹脂貯蔵タンクは、原発の稼動中に発生する放射性物質の吸着除去に使用された樹脂を集めておくプール型のコンクリート構造物で、各号機に3つ設置されている。

調査団は「廃樹脂貯蔵タンクから漏れた水が周辺の地下水とともに1号機擁壁の排水孔に流入したことで、貯蔵タンクに近い5番排水孔から昨年12月27日にはリットルあたり383万ベクレルのトリチウムが確認されている」とし「擁壁の集水槽に集まった地下水が雨水配管を通じて排出される過程で漏れ、隣接するWS-2観測井戸のトリチウム濃度がリットルあたり2万8200ベクレルにまで上昇したものと推定される」と説明した。

調査団はまた、環境団体などが提起した地下水を通じた原発敷地外へのトリチウム流出を確認するため、今月から敷地内で詳細な調査を行うことにしている。

詳細調査は、ボーリング孔を開けて地下水の流路を把握した後に、最新の地下水モデリング技法を用いて地下水内の放射性物質の拡散を評価するという方式で行われる予定だ。

調査団のホン・ソンゴル団長(ソウル大学建築学科教授)は、「(韓水原などのこれまでの調査結果の)報告書を見ると、外部流出はまだはっきりとあるとはいえず、今後5つほどのボーリング孔を開けて確認してみる」と述べた。


ハンギョレ新聞/2022-05-05 08:47
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43357.html

続きを読む

【朝鮮日報】韓国各地で被害…少なくとも77億匹のミツバチが巣箱から失踪

1: 新種のホケモン ★ 2022/03/19(土) 18:18:37.54 ID:CAP_USER
 今春、ミツバチが巣箱から姿を消す現象が、慶尚南道など韓国南部地域だけでなく韓国全域で発生していることが確認された。およそ77億匹以上のミツバチが姿を消したと推定されている。

 13日に韓国養蜂協会が明らかにしたところによると、韓国各地の養蜂協会所属の農家を対象に今月2日までミツバチ失踪被害の調査を行った結果、農家4159戸、計38万9045個の巣箱で被害が発生したことが判明した。同協会に登録された養蜂農家全体(2万3582戸)のうち、17.6%で被害が生じてた。巣箱1つあたり平均で2万匹のミツバチが暮らしており、これを基に推算すると、少なくとも77億8090万匹以上のミツバチが消えたことになる。各農家では、越冬中のハチを起こしてエサを与え、本格的な養蜂の準備をする「春のハチ起こし」の過程でミツバチが消えたことを確認した。

 巣箱の数で見ると、全羅南道(10万5894個)、全羅北道(9万個)、慶尚北道(7万4582個)、慶尚南道(4万5965個)の順で被害が大きかった。忠清南道(3万1280個)、江原道(1万3033個)、京畿道(4250個)などでも被害が発生した。慶尚北道の場合、飼育中の巣箱全体(15万6419個)の半数近く(47.7%)でハチが消えた。全羅南道では、協会に登録された農家全体(1831戸)の74.3%、1360戸が被害に遭った。今年1月末から全羅南道・慶尚南道など韓国南部地方を中心として集中的に確認されていたミツバチの失踪被害が、韓国各地に拡大したのだ。

 韓国養蜂協会のユン・ファヒョン会長は「資料を取り集めた3月2日以降も被害の申告があった」とし、「協会に登録されていない養蜂農家の被害などを考慮すると、被害規模はもっと大きいだろう」と語った。

 農村振興庁などは、今回のミツバチ大量失踪現象を、害虫であるヘギイタダニの発生や異常気象などが複合的に作用したからだと分析した。養蜂協会、農林畜産検疫本部などと共同調査を進めた農村振興庁は、ミツバチ失踪被害が発生した巣箱の大部分でヘギイタダニが観察されたことを明らかにした。ヘギイタダニはミツバチに寄生し、体液や組織を餌として成長する害虫で、ミツバチの成長を阻害する。

 不安定な天候の影響も大きかった。ハチは気温など天候の影響を大きく受ける昆虫だ。韓国気象庁の気候分析によると、昨年韓国各地の年間平均気温は13.3度で、平年に比べ0.8度高かった。これは、気象観測が韓国全域に拡大された1973年以降、2番目に高い。

 農村振興庁傘下の国立農業科学院のチェ・ヨンス研究官は「11-12月の温かい気温のせいで、越冬すべきハチが外へ出て採集活動を行い、体力を消耗して免疫力も低下したものとみられる」とし、「体力の弱ったハチが、天候など外部環境にデリケートに反応し、外に出て戻れなくなって斃死したと推定される」と語った。

キム・ジュンホ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

Copyright (c) Chosunonline.com 2022/03/19 18:08
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022031980033

続きを読む

韓国人 「日本が原発汚染水を海に放流するから、来年から水産物食べられないのか」

1: バラシクロビル(東京都) [US] 2022/03/18(金) 21:49:33.64 ID:/i4iySh30 BE:306759112-BRZ(11000)
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
「来年から水産物食べられないのか」…日本、原発汚染水30年間海に放流


「日本の放射性汚染水放流阻止共同行動」が11日、ソウル鍾路区の日本大使館前で記者会見を開き、
「放射性汚染水の海洋放流は人類全体に対する核テロであり、最悪の犯罪行為」と主張した。

日本政府が福島原発から出た汚染水を来春から海に放出することを決め、水産物の安全に対する懸念が高まっている。

2011年3月の東日本大地震により爆発事故が発生した福島第一原発では、
高濃度放射性物質が混ざった雨水・冷却水などの汚染水が引き続き溜まっている。
原発運営会社の東京電力が、第1原発のタンクに保管している汚染水だけで125万tに達するという。
日本政府は昨年4月、汚染水を海洋に捨てる計画を盛り込んだ「処理水処分に関する基本方針」を決定し、
2023年から30年間に渡り、汚染水を海洋に放出することにした。

これと関連し、釜山市は15日、釜山の沿岸海水と水産物の放射能監視体系を強化すると明らかにした。
釜山市は、海洋放射能の監視と水産物の安全管理を強化し、調査結果を速やかに公開し、市民が簡単に確認できるよう、
釜山市のホームページに、釜山市と国家の放射能検査結果関連統合メニューを作ることにした。
また機張郡の2カ所(機張海洋浄水センター・温井村)と影島区の1カ所(太宗台)では、
釜山市上水道事業本部水質研究所が毎日または週1回三重水素を分析する。





「来年から水産物食べられないのか」…日本、原発汚染水30年間海に放流=韓国の反応
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/59119685.html

続きを読む

【聯合ニュース】韓国東部の大規模山火事 過去最大の被害に迫る勢い

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/03/08(火) 08:15:56.63 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は7日、東部で発生した大規模な山火事により、同日午後6時までに2万756ヘクタールの山林に影響が及んだと推定されると発表した。

1986年に関連統計が始まってから、これまでに最も被害が多かった山火事は2000年に東海岸地域で発生し2万3794ヘクタールに影響を及ぼしたもので、今回の被害はこれに迫る。

 今回の山火事の被害面積はソウル市の面積(60.5ヘクタール)の3分の1を超えた。

 人命被害はないものの、570の施設が被害を受け、慶尚北道蔚珍郡では272軒、江原道東海市では66軒、そのほか合わせて348軒の住宅が焼失した。

 7日午後4時時点での鎮火率は、蔚珍郡と同郡と接する江原道・三陟市が50%、江原道東海市が90%、同道寧越郡が40%、大邱市達城郡が40%となっている。

 同時刻までに消防士など9783人とヘリコプター92機、車両706台が投入された。

 山火事により訳220世帯、330人の被災者が発生した。

yugiri@yna.co.kr


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220307004800882?section=news

続きを読む

【韓国】震度3の地震 住民800人が通報

1: 動物園φ ★ 2022/01/22(土) 11:58:44.85 ID:CAP_USER
入力2022.01.22。午前9時13分

22日午前1時8分頃、日本の大分県(九州)南東海域で規模6.4の地震が発生した。

地震で釜山、慶南、蔚山、全南などの地域でも地震動が感知された。
国内では室内、特に建物の上階にいる人は著しく地震を感じ、停止した車がやや揺れる程度の
震度3規模の振動が感知されたことが確認された。

釜山地域では消防当局に「揺れる」、「振動が感じられる」という届出が800件余り受付された。

震災から比較的遠く離れた全南木浦でも消防当局に弱い振動を感じたという報告が2件受け取られた。
光州では特別な申告や問い合わせが受け付けられなかった。

ただし、地震で被害が発生したという届出は受け付けられなかった。

https://n.news.naver.com/article/025/0003168387?ntype=RANKING

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト