脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

環境

【豪雨】北朝鮮でも記録的大雨 1981年以来の降水量

1: ばーど ★ 2018/07/12(木) 10:36:21.49 ID:CAP_USER9
※たまたまスレです

北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、梅雨前線の影響で9日から11日にかけ同国西海岸の広い範囲で大雨が降ったと報じた。1981年以来の降水量という。被害は伝えていない。(共同)

2018.7.11 21:17
産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/180711/wor1807110044-n1.html

続きを読む

【ヒアリ】 仁川港で初めて女王アリ発見~韓国国内繁殖の可能性

1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/08(日) 01:09:27.28 ID:CAP_USER
no title

▲仁川(インチョン)で発見されたヒアリ
no title

▲ヒアリ合同調査

(仁川・ソウル=聯合ニュース) 6日、仁川(インチョン)港コンテナ野積場でヒアリ働きアリ数十匹が見つかったのに続き、7日、女王アリまで国内で初めて発見され、ヒアリの国内繁殖に対する憂慮が大きくなっている。

7日、農林畜産食品部によれば仁川港コンテナ野積場の最初の発見地で女王アリ1匹、幼虫16匹、働きアリ560余匹が追加で発見された。女王アリと幼虫が同時に発見された事はこのヒアリが国内で卵を産んだという意味で、我が国も単純流入を越えて繁殖しているのではないか、という憂慮が出ている。

農食品部は「群体が小さくて繁殖可能な雄アリと王女アリが発見されておらず、まだ初期段階の群体と判断される」として「拡散の可能性はひとまず大きくないと見られる」と言う。農食品部によればヒアリの繁殖のためには王女アリ(女王アリになる前の未受精アリ)と雄アリが空に飛び立って組み合わせ作り飛行をする過程が必要だ。その後、地上に落ちてアリの巣を形成し群集を作り出す。

ある検疫当局関係者は「女王アリが出てきたが、外国で「結婚飛行」をした後、国内で卵を産んだと専門家たちは推定している」として「国内で二次繁殖したのかが重要だが、王女アリや雄アリなど生殖のための個体は発見されなかった」と強調した。

女王アリは一度、結婚飛行すれば翼が落ちてこれを繰り返すことはできない。従って国内で雄アリと王女アリが出てこない以上、国内二次大量繁殖までは起きていないだろうという推定だ。

しかし、天気が暖かくなり相次いでヒアリが国内で発見されることによって政府のコンテナ検疫システムに問題があるのではないか、という指摘も提起されている。政府は先月、ココナッツの皮やラワン角材など32品目についてはコンテナ全体を開けるなど、あたふたと検疫強化措置を発表した。

しかし、検疫当局が手を付けることができる貨物は植物関連貨物で全体の5%に過ぎず、残りの95%の貨物には手が出せない点が問題だ。検疫当局関係者は「1年に国内に輸入される1千300万個に達するコンテナをいちいち開場検査すれば途方もない時間がかかる」として「そのため、荷主がヒアリを発見したら申告するようにすることだ。日本もこのようなシステムを使っている」と話した。

しかしヒアリが植物貨物の他に一般工産品貨物に潜む可能性が全くなくはない以上、荷主の自主申告だけに依存するのは過度に消極的な措置ではないかという指摘が提起される。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 仁川(インチョン)港で初めての女王アリ発見にヒアリ国内繁殖憂慮
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/07/07/0200000000AKR20180707041300030.HTML

関連スレ:【ヒアリ】 名古屋港でヒアリの働きアリ20匹見つかる~中国からのコンテナ[07/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1530966970/

続きを読む

世界の海のプラスチックごみ、半分は中国起源だった

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2018/07/05(木) 23:04:18.12 ID:LDiRyI9R0 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
全世界の海のプラスチックごみの約半分が中国起源だとする研究結果が示された。
海に捨てられるプラスチックの90%以上がアジア、アフリカ地域の10の河川から流入するが、うち中国の内陸を通過する河川が5つを占めるという。
専門家は深刻化するプラスチックごみ問題を解決するため、開発途上国のプラスチック排出規制を強化すべきだと指摘する。

ドイツの国策シンクタンク、ヘルムホルツ環境研究センター(UFZ)は2日、国際学術誌「環境科学と技術」に掲載した報告で、世界の57の河川を調べた結果、アジアの8河川、アフリカの2河川から海のプラスチックごみの88-95%が排出されていることが分かったと指摘した。
報告は「特に中国の長江、黄河など5つの川を通じ、世界の海のプラスチックごみの半分が流入していると確認された」とした。
問題河川に韓国は含まれなかった。

研究陣によると、中国の長江はプラスチックごみの年間排出量が150万トンで、調査対象となった57の河川で最多だった。
英テムズ川の場合は、わずか18トンだ。現在世界では年間で1300万トンのプラスチックごみが海に捨てられる。
研究陣は「プラスチック排出が多い河川は大半が人口密集地域という共通点があるが、長江の場合は周辺の居住人口が5億人に達する」と説明した。
研究を主導したクリスティアン・シュミット博士は
「プラスチックにさまざまな添加剤や重金属などの汚染物質が吸着している場合、人間のDNAに害を与えたり、破壊したりする毒性が生じる。プラスチックが多く捨てられる河川の周辺都市を中心に排出規制を取ることが急がれる」と呼び掛けた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/04/2018070400711.html
日本沿岸に漂着した中国からのゴミ
no title

続きを読む

【ガス田開発加速か】中国、東シナ海に半潜水型の掘削船を投入

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/30(土) 18:25:20.32 ID:CAP_USER
 東シナ海の日中中間線付近で中国が一方的に進めるガス田開発で、中国が移動式掘削船(リグ)を設置したことが28日、政府関係者への取材で分かった。装置は過去に中国が活用してきた浅海用とは異なり、深海で掘削が可能な半潜水型。日本政府が確認したのは初めてとみられ、新たな海洋プラットホーム構築につながる可能性があるとみて、動向を警戒している。
 複数の政府関係者によると、今回のリグ「KANTAN(カンタン)4号」は6月下旬、日中中間線の中国側に設置されているのが確認された。現時点で試掘は実施していないとみられる。外務省が中国側に「一方的な開発は認められない」と申し入れた。
 カンタン4号は、浮上したまま曳航(えいこう)され、目的地でタンクに水を入れて構造体を水中に半分程度沈める「セミサブマーシブル型(半潜水型)」。日本政府がこれまで周辺で確認した中国側のリグは、脚を海底に固定し構造体を海上まで上昇させて作業する「ジャッキアップ型」だった。
 半潜水型は深海での掘削が可能で、ジャッキアップ型と比べ、船体の揺れが少なく安定性が高いという。カンタン4号の最大稼働水深は約600メートルで、5月に近隣で確認されたジャッキアップ型リグ「カンタン7号」の同約120メートルを大幅に上回っているとされる。4号、7号は、ともに中国国有企業「中国石化上海海洋石油局」の所属だという。
 日本政府は中国側が半潜水型を投入した意図を分析。中国は、日本との協力合意をほごにして一方的な開発を進めており、日中中間線の中国側で16基のガス田掘削施設を設置。17基目となる海洋プラットホームの建造に向けて動きを加速化させる可能性がある。
 一方、海上保安庁は28日、沖縄県久米島町の硫黄鳥島から西132キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、中国海洋調査船「科学号」が無許可調査を実施したと発表した。
 周辺の海底には鉱物資源が存在しており、科学号は平成26年4月にも同海域で無許可調査を実施。当時、海底サンプルを採取したとされ、今回も科学的な分析を進める狙いがあるとみられる。
産経ニュース
2018.6.29 09:27
https://www.sankei.com/politics/news/180629/plt1806290010-n1.html

続きを読む

【韓国】 放射性物質含む「ラドン・マットレス」、唐津港の野積場に山積み

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/26(火) 17:43:46.17 ID:CAP_USER
http://www.chosunonline.com/svc/zoomin.html?contid=2018062601909&no=0
no title

no title

no title


 肺がん誘発物質「ラドン」が検出された寝具メーカー、テジンベッドのマットレスが忠清南道唐津市からほかの地域に搬出される予定だったが、住民たちの反対により運び出すことができず、唐津港の野積場では26日、テジンベッドのマットレスが山積みとなっている。

 原子力安全委員会の関係者たちはこの日、集荷場周辺の環境放射線を測定した結果、一般的な水準であることを確認した。

ソース:NEWSIS/朝鮮日報日本語版<山積みのラドンマットレス>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/26/2018062601909.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト