脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

玉川徹

【玉川徹】 メディアの韓国への報道に警鐘 「韓国をけしからんと言った方が視聴率取れるからと流れていくメディアがあるんだったら残念」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/23(金) 09:49:07.85 ID:CAP_USER
23日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、
日韓関係の悪化の影響から韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことを特集した。

番組では、今回の決定を韓国国内で「歓迎」と「最悪」との反応が二分している新聞記事を紹介した。
これにコメンテーターで同局の玉川徹氏は「こうなってくると、日本の方がもしかすると感情的にエスカレートしている風に僕には見える」と示した。

その上で「そうなったときに今度はメディアがあおる可能性がある。つまり世論の大勢にメディアが付こうとする場合がある。
特にテレビなんかはそうだから。テレビは視聴率だから、韓国をけしからんと言った方が視聴率が取れるんだったらそっち側に流れる。
低きに流れる可能性がある。それが国民の感情をあおっている。

それをやっちゃダメだっていうことは戦前、我々は学んでいるはずなんです。不当に国民の感情を刺激してはいけないと。
冷静になることを呼びかけるのが本来のメディアの役割だと僕は思っているので、そういう風にある種志の低い方に流れる。

本当にそう考えてやっているんだったらいいんですけど、そうじゃないけど、
そっちの方が視聴率取れるからっていう形で流れていくメディアがあるんだったら僕は残念です」と訴えていた。
https://hochi.news/articles/20190823-OHT1T50050.html

続きを読む

【モーニングショー】 玉川徹氏 文議長の問題発言で韓国との断交望むネトウヨに猛反発「それで日本にどういう未来があるんだ」

1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/19(火) 17:07:21.23 ID:CAP_USER
 テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は18日、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の問題発言を取り上げた。

 慰安婦問題について「天皇が謝罪を」と発言した文議長。政府は謝罪と発言の撤回を求めたものの「盗っ人たけだけしい」と反発し、新たな波紋を広げている。

 元共同通信の青木理氏は発言の真意について、韓国の記者の見方として「決して悪意だったんじゃないんじゃないか」と主張。

「韓国にまだ、天皇行ってないんですよね。だから首相じゃないんだったら、陛下が謝罪に行ってくれれば、だいぶ韓国民とか慰安婦の人たちの気持ちも和らぐんじゃないかという趣旨で言ったらしいんですよ」と説明した。 

 一方、取材生活30年のテレビ朝日・玉川徹氏は、日韓関係の断交を要求するネトウヨ(ネット右翼)を疑問視。

「日本から見た時、『韓国なんかと付き合わなければいい!』ってネトウヨなんかは言うわけだけど、そういうようなことで日本の未来にどういう未来があるんだと。中国がこれから伸びていく。朝鮮半島は統一されていく。米国はどんどんアジアから引いていく。どうするんですか?」と日本が極東で孤立する可能性に触れ、問題提起した。

 青木氏は「むしろこのまま放っておくと、日本のほうが不利になっちゃう可能性が高いんじゃないかとボクは思って心配しています」と同意。

 玉川氏は難局を打破するには、政治家が冷静になって話し合うしか方法はないとし「とにかく政治家がお互いの国民感情をあおっちゃダメ。冷静にやらなきゃダメですよ、政治は」と訴えた。

ソース:東スポWeb<玉川徹氏 文議長の問題発言で韓国との断交望むネトウヨに猛反発>
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1284871/

関連スレ:【テレ朝】玉川徹氏 ネトウヨを大特集「一体、私のどこが反日?」→専門家「玉川さんは反日です」 [12/27]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1545900820/

続きを読む

【韓国レーダー照射】青木理「瀬取りの可能性は、ほぼないと思う。あり得ない」→ テレ朝・玉川「あり得ないってなんで言えるの?」

1: ザ・ワールド ★ 2019/01/29(火) 17:56:12.85 ID:CAP_USER
2019年1月29日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日系)』にてレーダー照射問題について特集され、

その中で玉川徹氏が
「なぜそんなことをしたのか? 日本の哨戒機を近づけない合理的な理由があった。
じゃあ近づけさせないで何があったんだ? 僕は瀬取りとまでは言わないけどなんらかのことを北朝鮮との間で軍がやっていたんじゃないか」
このように韓国軍は北朝鮮の人命救助していたのではなく、瀬取りまたはそのようなことをやっていたと発言。

それに続き玉川氏は「これからもそのようなことをしようとしている。そのようなことをしている韓国の軍艦を低空飛行で哨戒していた。
いわゆる『近づくな』ってことだと思う。そういうことが裏にあるんじゃないか?」と韓国軍がレーダー照射をした本当の理由を探った。

それに対して青木理氏が
「玉川さんあえて言ったと思うんですけど、瀬取りとか言う可能性はほぼ無いと思んです。
そんなことを韓国軍、韓国政府当局がやっていれば国際的な非難はもの凄いことになる。北朝鮮に対して制裁してるわけですから、
そんなことはあり得ない」と瀬取りの可能性を真っ向から否定。

すると玉川氏が
「あり得ないってなんで言えるの。じゃあなんのために火器管制レーダー打ったの」といつものバチバチが始まった。

以前1月7日の同番組の放送に出演した元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏がレーダー照射問題を初めて「瀬取り」と発言し話題となった。
実際に1月18日には北朝鮮タンカーと船籍不明の船が横付けしていることが確認され、瀬取りの疑いがあると指摘された。
これは日本防衛省が撮影したものでウェブサイトに公開されている。

http://gogotsu.com/archives/47631
https://snjpn.net/archives/93985

続きを読む

【モーニングショー】玉川徹氏 米国を無視する文在寅政権の狙いは「北朝鮮との一体化」日本の孤立化加速を懸念

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/29(火) 13:17:11.55 ID:CAP_USER
29日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は悪化する日韓関係を特集した。

 元徴用工判決、慰安婦問題、自衛隊機へのレーダー照射などを巡り、日韓関係は氷河期のように冷え切った。防衛交流も続々とストップし、来月に予定していた韓国海軍幹部の訪日は延期。護衛艦「いずも」の韓国への寄港取りやめも浮上している。

 韓国メディアからも不安の声が相次ぐ中、韓国の文在寅大統領(65)は「もう少し謙虚な姿勢を示すべき」と日本への強硬姿勢を取り続けている。

 この異常な状況について、取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏は「文在寅政権の戦略なんじゃないかとしか思えない」と指摘。

「親玉である米国が韓国にも日本にも『やめろ』と言うはずで、日本はある程度、そういうふうに言われたから『日本からはいいですよ』って話で引いたのかもしれないけど、韓国は全然引いてない。米国の言うこと全く聞かないわけですよ、軍がね」と主張した。

 その背景には、文政権による北朝鮮重視の政策があるという。「じゃあ何だって言った時には、北朝鮮と一体化していきたい。それがすべての根底あるとしか、ボクには思えない」と強い口調で訴えた。

 文大統領の両親は北朝鮮出身。大統領就任後は「民族共同体の回復」を掲げ、ミサイル問題にも目をつぶって融和を推し進めている。レーダー照射の際も韓国の駆逐艦が北朝鮮の漁船と何らかの「交易」を行い、それを隠すために日本にキバをむいたとの見方もある。

 玉川氏は「ボクがいつも心配しているのは、北朝鮮が韓国と一緒になるということになると、中国、朝鮮半島、これが一体化するわけですよ。歴史問題で日本に対して反日感情を持っている国が一体化する。そうなった時『米国も引きますよ』って言った時、どうするのか。その時に初めて日本が抱えていた歴史問題というのが、ものすごい足かせになって、どこにも入っていけないっていう状況になるのが一番怖いです」と日本の孤立化を危惧した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000005-tospoweb-ent
1/29(火) 10:37配信

続きを読む

【モーニングショー】 高木美保「韓国は証拠を何も示さないで言いがかり」、玉川徹「『監視するな』って言っているようだ」

1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/24(木) 14:24:09.11 ID:CAP_USER
 24日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、日韓関係に勃発した新たな火種を取り上げた。

 韓国国防省は23日、緊急会見し、自衛隊の哨戒機が低空飛行で威嚇したとして批判した。一方、日本側は「距離は従来通り、500メートル以上、高度150メートル以上を確保していた」と反論し、日韓外相会談でも遺憾の意を伝えた。

 女優の高木美保(56)は韓国の主張について「証拠を何も示さないで言いがかりをつけているというふうにも見えてしまう。国と国との関係の中で、とても残念」と感想を漏らし、「一番最初のレーダー照射の時も海外の専門家が哨戒機のサイズとか、韓国からの映像から見ても『日本の言っていることが正しいのではないか』ということを発言している。今回も客観的な意見が出てくるといい」と第三者による分析を期待した。

 一方で「安全保障の問題って日本は常に落としどころを探しながら話をする。ところが、全く韓国が乗ってこない。しかも言い訳がすごく稚拙なところから始まっている。この問題は落としどころが見えないし残念だし、不安ですよね。米国もあんまり関心を示せない状態になっている」と、解決の糸口が見つからないことを嘆いた。

 また、取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏は「どうも『監視するな』って言っているように聞こえてくる。レーダー照射、何のためにやったのかずっと分からなかったんですけど、少なくともレーダー照射をすればマニュアル上、日本側は回避行動を取る。つまり、近づけなくなる。韓国の軍艦も入って、北朝鮮の船を救助している場所を見られたくない。じゃあ何をやってたんだという話になってくる」と発言。

 これに対し、高木は「救助だけではなく、何かを渡そうとしたのではないかとか、物のやり取りがあった可能性があるという話は聞いている」と韓国側に何かを隠ぺいする目的があったことを示唆した。

ソース:東スポweb<高木美保 調和乱す韓国に嘆き節「証拠を何も示さないで言いがかりをつけている」>
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1257205/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト