脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

毎日新聞

【毎日新聞】 慰安婦、元徴用工…日韓の司法判断なぜズレる? 波多野澄雄・筑波大名誉教授

1: 荒波φ ★ 2021/02/06(土) 18:17:05.58 ID:CAP_USER
元慰安婦への損害賠償を巡る訴訟で、ソウル中央地裁が日本政府に元慰安婦らへ1人当たり1億ウォン(約950万円)の賠償を命じた判決が1月23日、確定した。

韓国では、慰安婦問題や元徴用工訴訟をはじめ、両国の歴史認識を巡り「解決済み」としてきた日本政府の主張を覆すような司法判断が相次いでいる。

なぜ、韓国でそんな判決が続くのか。事情に詳しい有識者に話を聞く。

初回は韓国大法院(最高裁)の元徴用工判決に詳しい波多野澄雄・筑波大名誉教授に語ってもらった。

■人権に敏感、最後のとりで
 
元徴用工問題は、企業側の待遇の悪さを元労務者が訴えた民事裁判だ。

一方、元慰安婦の場合は、訴訟の相手が日本政府という点で異なり、韓国憲法に照らして、人権侵害のような反人道的な問題については主権免除が当たらないという判断を下した。

二つの問題を踏まえて考えると、韓国は日本と同じ三権分立だが、韓国は憲法に厳格であり、司法府が行政府に一種の「介入」をして日本の確定判決を覆している、と言える。

背景の一つは、両国司法の役割の違いがある。

日本の司法は政治的に中立で、行政府に介入しないという建前がある。

ところが韓国の司法府はそうではない。人権や人道という問題に非常に敏感で、司法が最後のとりでのような面がある。そうした韓国司法の側面が、今回のような判決をもたらしたと言える。


毎日新聞2021年2月6日 17時00分(最終更新 2月6日 17時45分)
https://mainichi.jp/articles/20210206/k00/00m/030/111000c

続きを読む

【毎日新聞】 日中韓首脳会談  難局にこそ開催すべきだ

1: 荒波φ ★ 2020/12/29(火) 15:31:17.34 ID:CAP_USER
日中韓首脳会談の開催が見通せない。3カ国が持ち回りで議長となり、毎年開いてきたものだ。今年の議長国である韓国がソウルでの年内開催を目指したが、実現しなかった。

菅義偉首相が出席に難色を示している。背景にあるのは、徴用工問題での日韓関係悪化だ。

韓国では、元徴用工の訴訟で賠償を命じられた日本企業の資産が差し押さえられている。日本は、売却によって現金化されることを阻むよう韓国政府に求めてきた。首相訪韓の実質的な前提条件だ。

韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は最近、関係改善を模索する姿勢をアピールしている。ただ徴用工問題に関する日本との認識の差は依然として大きく、現実的な解決に近づいているわけではない。

資産の現金化が実行されれば、日韓関係は根本から揺らぐことになる。日本が強い懸念を抱くことは理解できる。韓国に対しては今後も、前向きな対応を求めていくことが必要だ。

だが、当事者ではない中国も入る多国間外交を駆け引きの材料に使うべきではない。

日中韓首脳による協議が始まったのは1999年だ。当初は東南アジア諸国連合(ASEAN)との首脳会合に合わせて行われたが、12年前から単独の会議として開かれるようになった。

3カ国は、領土や歴史の問題で対立しやすい。だからこそ、テロ対策や環境といった共通課題での協力を通じて信頼を積み重ねようとする取り組みが行われてきた。

日中韓の枠組みは、グローバル化の進展と中韓両国の経済成長を受けて重要さを増した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、協力の必要性はさらに高まっている。コロナ後の経済立て直しでも互いを必要とするパートナーである。

多国間協議に応じようとしないのは、これまでの日本の外交姿勢とも矛盾する。

尖閣諸島を巡る日中関係の悪化で、3カ国の首脳会談を開けなかった時期がある。日本は当時、懸案があるからこそ開くべきだと主張していた。

コロナ禍や経済悪化などの難局にこそ、日中韓の首脳が向き合って話をすべきである。


毎日新聞2020年12月29日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20201229/ddm/005/070/126000c

続きを読む

【毎日新聞】タピオカミルクティーが無性に恋しかった 韓国隔離リポート 日本と韓国は一層、近くて遠い国になってしまった

1: 新種のホケモン ★ 2020/08/20(木) 11:45:29.95 ID:CAP_USER
 韓国では、新型コロナウイルスの新規感染者数が8月に入って1日あたり数十人にとどまっている。抑え込みに成功しつつあるだけに、これ以上の感染拡大を防ごうと水際対策に懸命で、現在も入国者に2週間の隔離生活を義務付けている。

 私は語学留学のため、6月4日に仁川国際空港から韓国に入り、隔離生活を経験した。日韓間の人の往来は激減し、韓国観光公社によると6月に訪韓した日本人はわずか498人だった。ただ、入国から2カ月が過ぎた今も「隔離施設を予約する際はどこに連絡したのか」「韓国の携帯番号は必須か」といった問い合わせを相次いで受ける。それだけ日本で韓国への関心が高いということなのだろう。入国と隔離生活の情報が一元化されているサイトがなく、私も入国する際とても不安だった。細かい対応は地域によって異なる部分もあるが、参考になればと自分の経験をリポートする。

 ◇隔離施設は事前予約が必要

 隔離場所は自宅でもよい。ただ、私のように多くの外国人は韓国に自宅はなく、指定された施設やホテルで過ごさなければならない。しかも、入国前に滞在先の施設を予約する必要がある。

 私の下宿先はワンルームではなく、シェアハウスのような形態で共有部分がある。期間中の2週間は、原則として1人で生活しなければならないため、下宿先は隔離場所として適さないと当局に判断された。このため、海外入国者専用のホテルで隔離生活を送ることになった。

 最近受ける問い合わせの中で、ダントツに多いのが「施設を予約するのに、まずどこに連絡したか?」という質問だ。私の場合は、韓国に住む知人が下宿先の地域を管轄する保健所に電話を入れて予約してくれた。

 ただ、隔離に関する細かい対応は地域ごとに異なる。韓国を訪れる予定がある人は、入国前に地域の保健所に直接問い合わせておくと安心だ。

(続く)

【外信部記者・日下部元美】

毎日新聞 8/20(木) 10:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/9fa7079a6ada01517ce710fbbd0920e265b874c9

隔離施設で配られた昼食=ソウル市で2020年6月7日、日下部元美撮影
no title

続きを読む

【日韓】朝日・毎日「日本の輸出規制は裏目!」

1: 動物園φ ★ 2020/07/02(木) 08:40:56.04 ID:CAP_USER
日本の輸出規制は裏目? 韓国の高官「サンキュー安倍」
2020年7月1日 21時38分 朝日新聞

 日本政府が韓国向けの輸出規制を強化すると発表して、1日で1年がたった。元徴用工問題の解決を促す「圧力」とも指摘された措置だったが、韓国側は動かず、日韓の企業の負担だけが増した。両国政府はさや当てを続けており、関係改善への道筋は見えない。

 日本政府による昨年7月の輸出規制強化は、日韓双方にどんな「損益」をもたらしたのか。

 日本が輸出手続きを厳格化したのは、スマートフォンなどの画面に使う「フッ化ポリイミド」、最先端の半導体製造で使う「レジスト」と「フッ化水素」だ。いずれも世界的に日本企業のシェアが高く、韓国に輸出して稼いできた。

 このうち輸出が大きく減ったのがフッ化水素だった。財務省の貿易統計によると、かつての月2千~3千トン規模から規制強化の翌月はゼロに急落。20年5月でも前年同月比85・6%減の378トンにとどまる。

 国内のフッ化水素製造大手2社は、昨年末までに許可を得て輸出を再開したが「輸出量は(規制前の)半分ほどに落ち込んだ。経営への影響も大きい」(大阪のメーカー)。別の大阪のメーカーも、19年度の全体の出荷量は前年度より3割近く減ったという。

脱日本に成功、新たな問題も

 規制の強化により、当初は韓国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

https://www.asahi.com/articles/ASN716V9CN6ZUHBI01Q.html?ref=tw_asahi

続きを読む

【毎日新聞】日本はなぜ、韓国に一本取られたのか

1: 水星(大阪府) [GB] 2020/06/20(土) 12:27:30.56 ID:xhaDqKPf0● BE:329591784-PLT(13100)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon03.gif
韓国政府が6月2日、日本による半導体素材3品目の輸出規制強化について世界貿易機関(WTO)への提訴手続き
を再開すると発表した。昨年11月に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄とともに「停止」していたもので、日
本側は強く反発した。

日本が2019年7月に実施したこの措置をめぐる展開は、韓国側に一本取られたという感が強い。韓国は貿易管理
制度についての日本の要求をすべて受け入れたけれど、日本側の本当の狙いだった徴用工問題は好転していな
い。そのために日本は「制度を改善しただけでは駄目だ。運用を見てからでないと判断できない」という苦しい主張
をせざるをえなくなった。それを受けて韓国は、WTO提訴再開という揺さぶりをかけてきたという構図だ。

日韓請求権協定を無視するような徴用工問題での文在寅政権の対応には大きな問題がある。だから、外交的圧力
をかける必要があるという考えまで否定するわけではない。ただ、圧力をかけたつもりが空振りどころか、相手にう
まく立ち回られて自分が苦しくなっただけというのでは困る。やっぱり「愚策」だったのである。

以下ソース

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d3d469ceb6951faa1bbe30c7aff789d36e4821b

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト