脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【コラム】「日本は朝鮮半島で良いこともした」 本当のことを言えない異常

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/16(土) 16:03:01.94 ID:CAP_USER
6月に北朝鮮問題の研究家、安部桂司さんの講演を聴く機会があった。安部さんは元通産省の技官で、公害問題の専門家。

もともとは、日朝国交正常化を前に、日本が北朝鮮に残した産業遺産が戦後、公害を垂れ流していないかの調査を求められ、北朝鮮に関心を持ち始めた異色の研究者だ。

「北朝鮮の経済建設と日本の関わり」と題した講演でまず紹介したのは、朝鮮総督の宇垣一成(1868~1956)。

宇垣は朝鮮経営にあたり、南で綿花を育て、北で羊毛の生産を奨励する「南綿北羊政策」を推進する一方で、海軍の軍服用に亜麻の栽培にも努力したという。亜麻は繊維が役立つだけでなく、種からは亜麻仁(あまに)油が取れる。最近では美容と健康に良いと一時期ブームにもなった亜麻仁(あまに)油だ。

1910年から1945年まで続いた日本の朝鮮半島統治は、戦後、収奪の歴史として、糾弾されている。しかし、総督府や進出企業の資料等からは、それとは異なり、朝鮮半島の発展に真剣に取り組んだ歴史が浮かび上がる。

また、講演では、日本窒素肥料(チッソ)の野口遵(のぐち・したがう=1873~1944年)の事業についても説明された。

野口は、大正14(1925)年には、北朝鮮の赴戦江(ふせんこう)で水力発電の開発に着手し、鴨緑江本流には水豊発電所(70万キロワット)を建設。「朝鮮半島の事業王」などと呼ばれた人物だ。

安部さんは、電力開発だけでなく、イワシ油からせっけんを作り、火薬を製造、機械工業を創設した経緯などを話す。

「沿岸でのイワシの回遊は突然始まり、太平洋戦争の最中の昭和17(1942)年に突然終わった。そして、戦後また始まり、金日成の死去の前後にまた突然終わった」という安部さん。

イワシの動きという自然環境の変化によって経済が大きな影響を受けた可能性を指摘し、海洋資源の変化について科学的な分析が必要だと主張する。

安部さんには、ソ連の崩壊後、ロシア公文書館で公開された1946~65年の北朝鮮に関する資料を調査した経済学者、木村光彦・青山大教授との共著『北朝鮮の軍事工業化』がある。講演を聴いた後、私は以前、安部さんから聞いた言葉を思い出した。

「私には朝鮮半島に対する贖罪意識が一切無い」

聞いた当初は、奇異に感じた。私を含め、戦後教育を受けた大部分の日本人は「日本は朝鮮半島に悪いことをした」と教えられ、多くはそのことだけを情緒として記憶しているからだ。

野口遵は、昭和16(1941)年に全財産3000万円を寄付して化学工業の振興を目指す財団を設立。うち500万円を朝鮮奨学会に寄付して、朝鮮半島出身の勉学を助けた。

朝鮮奨学会は、昭和18年設立の公益財団法人で、今も在日韓国・朝鮮人学生へ奨学金など支給している。

1995年の村山富市政権下、自民党の衆院議員が日本統治時代について「日本は悪いこともしたが、良いこともした」というオフレコ発言を批判され、総務庁長官を辞任したことがある。

政治的に正しい発言(ポリティカル・コレクト)からすると、これは今でもNGかもしれないが、本当のことを言えない状況は異常だ。日本統治時代に成した良いこと。それはもっと見直されていい。(M)

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170908/soc1709080020-n1.html

続きを読む

【Record China】 高句麗に続き百済も「中国史」、中国の主張に韓国騒然

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/14(木) 18:06:50.40 ID:CAP_USER
https://i.imgur.com/8YemXc4.jpg
13日、米華字メディアの多維新聞によると、中国と韓国の歴史論争は常に敏感な話題となっているが、中国でこのほど、百済が中国の歴史に含まれるとする主張が初めて確認されたことを受け、韓国社会が騒然としている。資料写真。

2017年9月13日、米華字メディアの多維新聞によると、中国と韓国の歴史論争は常に敏感な話題となっているが、中国でこのほど、百済が中国の歴史に含まれるとする主張が初めて確認されたことを受け、韓国社会が騒然としている。

13日付の韓国紙・東亜日報によると、中国政府が資金支援し改訂した中国の新しい歴史書で、高句麗や渤海国(唐末)はもとより、百済まで中国史の一部として編入されたことが確認された。

韓国陸軍士官学校軍事史学科のイ・サンフン教授が12日、「百済歴史編年」「高句麗歴史編年」など「東北古代民族歴史編年双書」5巻シリーズを分析した結果として明らかにした。

高句麗や扶余の歴史を中国史の年号に従って記述したこの双書の中の「百済の歴史の初期から中国史」という主張は、中国学界で初めて出されたものだ。

双書の編者で中国長春師範大学の姜維公(ジアン・ウェイゴン)教授は、「百済歴史編年」内の小論文「百済起源問題探討」で、「中国学界はこれまで、百済を韓国史の範囲内としていたが、百済の前期の歴史は事実上、中国史に含まれる」とし、「百済は4世紀半ばに朝鮮半島の漢江流域に移動したが、百済が中国史に含まれるという事実を変えることはできない。紀元前2世紀から4世紀半ばまで漢江流域は中原王朝の所有だった」と主張している。(翻訳・編集/柳川)

2017年9月14日 12時10分 Record China
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=190605

続きを読む

【韓国で書籍】『学校では教えてくれない日本史』が話題に 「江戸時代は野蛮ではなかった」と驚く声が多数

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/13(水) 17:30:47.19 ID:CAP_USER
日本を「近代的封建国家」から「西欧型の帝国主義国家」に変貌させた明治維新は、「世界史上の大快挙」と言われるほどに評価されている。

 しかしこの大革命の背景には、「徳川時代の日本は、世界的に見て貧しく、劣等な後進国であった」という批判的な定説が大前提となる。

 来年「明治維新150年」を迎える日本でも、近代化を歓迎するお祝いムードや式典一色なのかと思いきやそうではではない。

 ここにきて、明治維新に異議を唱え、旧幕府側にこそ正義があったとする書籍が相次いで刊行されている。原田伊織著『明治維新という過ち』を皮切りに、『明治維新という幻想』、『明治維新という名の洗脳』、『もう一つの幕末史』、『明治維新の正体』などといった書籍がさまざまな著者により刊行され、ベストセラーにもなっているほど。

 更におどろくべきは、隣国の韓国でもこの大前提が覆される書籍が刊行され、話題となっていること。

注目されているのは、「学校では教えてくれない日本史」(プリワイパリ出版)。

 著者は韓国・江南(カンナム)でうどん屋を営んでいるシン・サンモク氏。前職は公務員の外交官で、16年間に及ぶ外交官生活を送った。

 2010年に開催されたG20首脳会議の時には準備委員会で行事企画課長として勤務し、2012年に開催された核安保首脳会議では、準備企画団で儀典課長を務めたほどの超エリート。しかし赴任先のパキスタンで命の危機に遭遇し、その時に「人生はいつ何が起こるかわからない。やりたいように人生を全うしよう」と思ったのがうどん屋へ転職したきっかけだという、異色の経歴の持ち主だ。

それは「日本近代化への出発点」としての観点より、韓国が日本に遅れをとりはじめた「きっかけ」だったという観点から。しかしそれは韓国が日本よりも優位であったという逆説にもなる。

 シン氏の著書では「明治維新」ではなく「江戸時代」に注目し、「日本の江戸時代に比べれば、韓国のほうが先進的」という韓国人の一般的な考え方に異議を唱えている。日本では江戸時代に既に市場や経済、自治活動の面々で近代化の要素があり、決して韓国に「出遅れ」てなどいない。


<文・安達 夕>

2017.9.13
https://hbol.jp/150759
https://hbol.jp/150759/2

続きを読む

【軍艦島】韓国政府、軍艦島の強制連行の被害者数を誤って10倍に増やして海外に宣伝

1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/09/09(土) 08:03:40.40 ID:CAP_USER
東京新聞8月26日朝刊/特報「軍艦島」の真実とは より引用

軍艦島の歴史の真実とは何か。

「調査・朝鮮人強制労働」の著者がある近代史研究者、竹内康人さん(60)=浜松市=が
「一九三九年以降、約四千人の朝鮮人が端島と高島に強制連行され、労働を強いられたと推測できる」と語る。

高島炭鉱が作成した敗戦時の在籍者の名簿や、戦時中の在日朝鮮人の統制組織「中央協和回」、
石炭業界の組織「石炭統制会」の統計などから推計した。
このうち端島に連行された約五十人が、労働中の事故などで亡くなった。(中略)

一方、この問題での韓国側の誤りも指摘する。

韓国政府の委員会が竹内氏のデータを引用した際、強制連行の被害者を
「約三万九千人」と十倍に誤り、韓国の東亜日報は十三年十一月にそのまま報じた。

「明かな引用ミスだが訂正されていない。軍艦島が世界文化遺産に登録される際、韓国政府はこの数字を宣伝に使った」

十五年五月には中央日報が「端島に六百人が連行され病気や事故で百二十二人が死亡」と報じた。
正しくは連行者千数百人、死者約五十人。この誤った数字も、ニューヨークで流された映像宣伝に使われた。

続きを読む

【韓国】混血児を産んだ女性は軍隊売春婦。母の職業が持つ烙印を受け継いだ子供は韓国の外で家庭を探さなければならない

1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/09/08(金) 12:15:46.20 ID:CAP_USER
李承晩政権の海外養子縁組は「混血児清掃」だった

※この記事は、イ・ギョンウン、国際人権法専門家、ジェーン・チョン・トレンカ真実と和解のための海外養子縁組会代表の助けを借りて取材、作成されました。

「国際養子縁組は韓国で「生まれ」ました。西洋里親による、アジアの子供の大規模な養子縁組は、1950年代の韓国戦争直後にさかのぼる。」 (セモン、「21世紀のアジア国際養子縁組」、2014)

国際養子縁組で韓国が占める位置は独歩的である。韓国は最も長い間、最も多くの児童を海外に養子として送った国だ(1953年以降、現在までに韓国政府が提示する統計情報は、16万人、国際社会の推定は、20万人以上を海外に養子として送った)。

さらに重要な事実は、韓国が産業化された国際養子縁組の「基本的な枠組み」を作ったという点だ。特に韓国と米国間の国際養子縁組を通じて、現在の国際養子縁組の多くの問題点が誕生したといっても過言ではない。そのような点で、韓国で国際養子縁組がどのように最初に起こって、どのような制度と法で維持されてきたのかを検討するのは、現在の問題を解く鍵でもある。

ソース:プレシアン 2017.09.08 09:19:27(韓国語)
http://www.pressian.com/news/article.html?no=166089

続きます

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト