脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【国際】日帝に5ドルで奪われた大韓帝国公使館、113年ぶり太極旗

1: たんぽぽ ★ 2018/05/16(水) 17:10:38.31 ID:CAP_USER
米ワシントンのホワイトハウスから北東に約1.4キロ、ロータリー「ローガンサークル」の上側の出口にビクトリア様式の地下1階、地上3階の赤いレンガの建物が見える。13番街1500番地。旧韓末の1889年、外交官が初めて入居した130年前の姿をそのまま復元した在米大韓帝国公使館だ。1910年に日本にわずか5ドルで奪われた建物を2012年に350万ドルで取り戻し、6年かけて徹底的な考証と復元工事を終えた。近代の対米外交を象徴する歴史遺跡記念館として22日に正式に開館する。

14日(現地時間)に訪れた公使館は、建物の前の交通信号や表示板を除けば昔の写真とほとんど違わなかった。太極模様が入った紺色の鉄製の玄関もそのまま再現された。建物の右側の駐車場跡には花柄が入った塀と不老門を設置し、平らな石を置いて小さな韓国式庭園を新しく作った。

公使館には無力な小国朝鮮の挫折と亡国の悔恨が染み込んでいる。1888年1月、初代公使の朴定陽(パク・チョンヤン)は赴任当時、「フィッシャーハウス」と呼ばれる近隣15番街の一般住宅に借りて暮らした。朴公使は朝鮮の自主外交を阻もうとしていた清の圧力にもかかわらず、クリーブランド大統領に単独で会って高宗(コジョン)の国書を伝えたことで、翌年、袁世凱に呼ばれた。その後、第2代の代理公使、李夏栄(イ・ハヨン)が現在の公使館に移った。高宗は朝鮮の自主性を見せようと1891年当時、皇室資金の内帑金の半分にあたる2万5000ドルを投入し、公使館の建物を取得した。海外公館のうち唯一の朝鮮政府所有の建物だった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/423/241423.html

続きを読む

北朝鮮「日本はアジア解放を声高に叫び戦争を仕掛けた戦争加害者」

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2018/05/13(日) 10:19:51.05 ID:+agCKX0Z0 BE:226456927-PLT(12522)
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題について、
「既に解決された問題」と主張し、問題の解決を求める日本政府を批判した。

6月12日にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談では、
トランプ米大統領が安倍首相の要請を受けて日本人拉致問題を提起する方針だ。
米朝会談を前に、拉致問題解決を強く主張する日本政府をけん制する狙いがあるとみられる。

同通信は「既に解決された『拉致問題』を再び持ち出すのは、
国際社会が歓迎する朝鮮半島の平和の気流を阻もうとする卑劣で愚かな醜態」と非難。
日朝関係について「本質は、加害者と被害者の関係だ」と日本の植民地支配に言及した。

また、「日本の過去の罪悪の歴史が、朝鮮人民に与えた損失は
日本という国を丸ごとささげても到底賠償できない」とけん制。
問題解決を求める日本政府について、「過去の清算を回避するもの」と指摘した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00050116-yom-int

続きを読む

朝鮮戦争で北朝鮮何もしてないだろ。戦ってたの中国義勇軍とアメリカ軍だし。

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2018/05/12(土) 15:57:08.47 ID:nqPCzRc+0 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
【ソウル共同】北朝鮮内で朝鮮戦争(1950~53年)に旧ソ連かソ連の影響下にあった東欧圏の国が参戦したことを示唆するポスターが
登場した。北朝鮮内の事情に詳しい消息筋が12日までに入手した。
 韓国の研究者によると、朝鮮戦争では中国が大規模な地上軍を北朝鮮に送ったほか、旧ソ連が空軍を、旧東ドイツが軍事顧問団を、
それぞれ派遣したことが分かっている。北朝鮮はこれまで中国以外の国の支援を公式に認めたことはなく、旧ソ連などの参戦を示唆するポスターも初めてとみられる。
 ポスターは遅くとも昨年末ごろには公開されたという。中国と共闘したことも強調している。

https://this.kiji.is/367923854703805537?c=39546741839462401

続きを読む

【韓国】「鉄道の日」は日帝の残滓? 韓国政府が日付を変更へ

1: たんぽぽ ★ 2018/05/09(水) 06:27:21.56 ID:CAP_USER
 法で定められた記念日「鉄道の日」が81年ぶりに9月18日から6月28日に変更される。韓国政府は8日の閣議で、「鉄道の日」の変更に関する「各種記念日などに関する規定」の改正案を議決した。従来の「鉄道の日」は、韓国初の鉄道となった京仁線の鷺梁津-済物浦区間の開通日(1899年9月18日)を記念する日として1937年に制定された。当時は「鉄道記念日」だったが、1964年に「鉄道の日」に改められた。

 これまで韓国政府内では、行政安全部・国土交通部(いずれも省に相当)を中心に「鉄道の日は日本帝国主義の残滓(ざんし)なので日付を変更すべき」との意見が出ていた。「京仁線は、日本が韓半島(朝鮮半島)侵奪のために建設した鉄道であり、その開通日を記念するのは不適切だ。最初に制定されたのも日本による植民地時代だったため、(日付を)変更すべきだ」というわけだ。この日、政府が新たに指定した「鉄道の日」は、甲午改革(1894年)当時、大韓帝国鉄道局が創設された日(1894年6月28日)だ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/08/2018050803260.html

続きを読む

【韓国】「日本は慰安婦になぜ謝罪しない?」~“ソウルメイト”の外国人が投げた質問

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/06(日) 09:02:03.01 ID:CAP_USER
(キャプチャー)
no title


「日本はなぜ謝罪しないのか」

“ソウルメイト”の外国人客が我々の慰安婦の歴史を勉強した。これを見守ったパネラーと視聴者は一緒に悲しみ、依然として進行中の痛い歴史に憤怒した。もちろん涙が溢れ出た。

5日に放送されたOLIVE『ソウルメイト』で、ニュージーランドから来た母娘キャサリンとティリーは慰安婦歴史博物館を訪ねた。ソユ(元SISTARらしい)はスケジュールのため同行できず、母娘だけでガイドの説明を聞いて博物館を見学した。

各所に韓国史の痛みが満ちていた。ほとんどが14歳から19歳だった日帝強占期の慰安婦少女たちの写真と、日本軍の蛮行が書かれた日記などが歴史的証拠として残っていた。キャサリンとティリーはこれを振り返り、自分の事のように胸を痛めた。

(キャプチャー)
no title


慰安婦ハルモニが日本の蛮行を暴露して、「私が証拠だ」と声を張り上げる映像は多くの事を考えさせた。生涯日本の謝罪を要求して痛い歴史を伝え、この世を去った方々が多いという話に自然と頭が下がった。

ティリーとキャサリンは、慰安婦ハルモニが依然として日本からまともな謝罪を受けられず、闘争している事を知って深く共感した。彼女らの痛みと強い精神力を込めた少女像と一緒に写真を撮り、メッセージを全身で感じた。

撮影当日は水曜日。二人は天候に関係なく、毎週水曜日にデモが行われているという話を聞いた。映像を通じて慰安婦ハルモニの鬱憤を感じたティリーは、「今日もやってるの?私たちが生きてる間に起きている歴史ですね」と言いながら悔やんだ。

娘のティリーはスタッフのインタビューで、「韓国の文化を学べて感謝しています。韓国に来る時に知っておきたい、非常に重要な部分を学んだと思います。悲しいけど、本当に意味深い時間だった」という感想を述べた。

(キャプチャー)
no title


二人は博物館の2階に用意された追慕館(追悼館)を見学して再びかっとなった。「顔を直接見ると一層感じられる」と悲しみ、「日本はなぜ謝罪をしないのか。心からの謝罪をすれば。 認めるだけでも」と悔んだ。

ずっと目を赤くしていたキャサリンは、「全く知らなかった韓国人の人生を知る事になった。強烈(インテンシティ?)の連続だった。本当に価値のある経験だった。一国と一女性の痛みを知った。 皆に勧めたい。ここに来て本当に良かった」と明らかにした。

ニュージーランドから旅行に来た母娘は、初日から韓国の歴史を勉強して痛みを共有した。ほとんどが外国旅行をすれば有名観光地や美味しい店に行くだろう。しかし、キャサリンとティリー母娘はそんな韓国人を恥ずかしくする旅行を選んだ。

これを見て涙を流したキム・スク(たぶんコメディアン)は、「とても悲しい。本当に反省してしまう。観光地に行ったり買い物したりで忙しいでしょうが、ニュージーランドから歴史の勉強をしにきたメイトだなんて。旅行初日から意味のある場所を見学した事が立派で申し訳ない」と本音を覗かせた。

彼女の気持ちがまさに視聴者の気持ちだった。

ソース:NAVER/OSEN(韓国語)
http://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003776008

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト