脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【書籍】 私たちの憎しみと呪いの根元は日帝の階級的、暴力的文化による外傷~ユ・ソニョン著「植民地トラウマ」

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 01:02:11.52 ID:CAP_USER
no title

◇『植民地トラウマ』/ユ・ソニョン著/青い歴史/2万ウォン

1905年、乙巳保護条約で朝鮮は事実上日本帝国主義の植民地になった。40年後の1945年8月15日、米国を中心とした聨合軍によって日帝から解放された韓半島は深刻な理念的混乱を経て大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国ができた。分断は自由主義陣営と共産主義陣営のどちらか一方の独占を許さない地政学的弱点のため、避けられない半島の宿命だった。

「憎しみと呪いの竹槍」が乱舞した理念的対立は済州(チェジュ)4.3抗争、麗水(ヨス)順天(スンチョン)事件、国民保導連盟事件、パルチザン、6.25動乱(朝鮮戦争)につながって日帝時代の独立運動期間よりはるかに多くの民衆の命を奪い去った。そのような憎しみと呪いの文化は戦後も持続し、現在の私たちまで流れて今日も各種「嫌悪サイト」が竹槍の憎しみと呪いを貼りつけている。私はこの憎しみと呪いの根元が「(日帝)植民地トラウマ」だろうと漠然と考えてきた。

通常の歴史はある事件、時期、意味を中心に記録される。従ってこのトラウマは定性的に分析され、推測されるだけで定量的な歴史として記録されるのは難しい。歴史学者ユ・ソニョンは日帝の植民地市民として体験した身体的、精神的、感情的暴力と侮辱の外傷が亡国の国民に「集団不安」心理と劣勢集団に向けたテロ-ジェノサイド(集団虐殺)として噴出する攻撃性を植え付けたという。

私は普段、日帝によって形成された階級的、暴力的文化の残滓が憎しみと呪いの姿で今まで私たちの社会をくるんでいると主張してきたが、その残滓がつまり「内在した不安と攻撃性」であったことをユ・ソニョンの「植民地トラウマ」で確認した。

「未開な二等国民」と「軽蔑」された植民地市民は劣等感と近代化された外観の征服者に対するあこがれで、彼らと同一と認められたい欲望(優越感)の制限的噴出のため、内側に攻撃性が積もった。皮膚の下に隠れた攻撃性はヒステリーや過敏症として表出される。

「植民化はすべての社会構成員に自身のアイデンティティが何なのかを問いかけ、様々な可能性の一つを選択するよう強制する体制」なので、特に社会が不安定な時、個人は「アイデンティティ」に最も敏感に反応するよう訓練される。

植民地朝鮮での侮辱は民族感情という民族的結束と連帯、抵抗戦線を形成したが、反面、体制に順応する親日転向者を量産もした。「満州の都市で新女性らは自身が朝鮮人であることを見つけられず、日本語を流ちょうに駆使して洋装で近代性を誇示しながら無表情、無関心、冷笑的表情で他の人々と距離を維持しようとした」ことは自ら知っている二等国民の劣等感と不安感のためだった。「朝鮮人は他の朝鮮人が成し遂げた成功をばかにし、低評価する傾向がある」という第3者の評価のように、植民地市民は「自分自身が享受する成功まで信じない」という「病気」を病むことになった。

従って政治的、性的(ジェンダー)、階層的優越感や劣等感で行使する侮辱と無視、竹槍の呪いと憎しみの時代を越え、みなが切実に望む相互認定、妥協、協力政治、統合の時代に行くためにはあの病気と外傷が残したトラウマを治癒できる処方から研究することが先決であるようだ。恐らくその処方は植民史を軽やかに跳び越える「歴史の軽快な進歩」ではないか。

チェ・ポギ、コラムニスト

ソース:ニュース1(韓国語) [チェ・ポギの冊褓期]国一度奪われればこのように大変で
http://news1.kr/articles/?3052057

続きを読む

【韓国】朝鮮戦争で文大統領の両親ら避難民を助けた米船、韓国へ移す事業推進へ=韓国ネット「強固な韓米同盟の象徴」

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/17(月) 10:45:18.56 ID:CAP_USER
2017年7月14日、韓国・聯合ニュースなどによると、朝鮮戦争の際に北朝鮮・咸鏡南道(ハムギョンナムド)興南(フンナム)での撤収作戦に参加し、避難民7000人余りを運んでその命を救った米国船「レーン・ビクトリー」を韓国に移す事業が本格的に進められる。現在同船は米ロサンゼルス近郊の港に停泊、歴史博物館として使われているが、これを韓国に運んだ上で平和の意味を伝える記念公園造成に活用する計画だ。

「レーン・ビクトリー号の韓国引き渡し推進団」の団長を務めるユン・ギョンウォン氏(59)は14日、聯合ニュースに対し、「近くレーン・ビクトリー号を韓国に移すための非営利法人を設立し、本格的な活動に着手することにした」と明らかにした。

2013年に結成された推進団だが、これまでこれといった成果を上げられずにいたという。しかし先月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪米した際、米国国立海兵隊博物館を訪れ朝鮮戦争での犠牲者を追悼する慰霊碑に献花し、興南からの避難民に自身の両親が含まれていたと話したことが、同船受け入れを推進するきっかけとなった。

文氏は献花の際、「67年前、米海兵は『知らない国、会ったこともない人たち』のために崇高な犠牲を払った」とし、10万人余りの避難民が救出された興南埠頭撤収作戦で「レーン・ビクトリー」に乗った人々の中に自身の両親も含まれていたと述べていた。また「私は(作戦の)2年後、ビクトリー号が(避難民を)運んでくれた巨済(コジェ)島で生まれた」とし、米海兵が力を尽くした撤収作戦の成功がなければ「今の私もなかっただろう」と述べ、米国で大きな反響を呼んだ。

韓国に移した後の同船の停泊地としては、避難民が運ばれた巨済市が有力視されている。

この事業推進について、韓国のネットユーザーからは「韓米同盟の強固さを象徴的に示すいいきっかけになるね」「生きた歴史の証拠を引き受ける事業には拍手を贈るべき」「こういうことにこそ税金を使ってほしい」など歓迎の声が多数上がっている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=184421&ph=0

続きを読む

【話題】在日コリアン「朝鮮半島の火種はそもそも誰が作った?」

1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/07/16(日) 18:58:36.83 ID:CAP_USER
■どうなる? 朝鮮半島
By leesangyong ⋅ 2017年 7月
在日情報誌月刊イオ
http://www.io-web.net/2017/07/



度合いを増す朝鮮半島関連のニュースが春先から連日メディアをにぎわせている。

なぜ危機が繰り返されるのか、朝鮮半島情勢はどうなるのか、在日同胞への影響は―。今こそ、歴史的な経緯や構造を踏まえたうえで、ものごとを大局的かつ冷静にとらえる視点が必要ではないだろうか。

「マスメディアのニュースだけではよくわからない」―そんな読者の声に応え、朝鮮半島情勢の今とこれからについて解説する。

朝鮮半島の火種は、そもそも誰が作ったのか

目前の危機を歴史的に考察する


高演義●朝鮮大学校客員教授

世界の注目を浴びる朝鮮

 朝鮮民主主義人民共和国が世界の注目を浴びている。地球は平壌中心に回り始めたのか。米大統領は「北朝鮮は最重要課題」と持ち上げるし、日本首相も「わが政権の最優先課題は拉致問題」とおらびあげる。まるで、朝鮮なくして自分なし、と告白しているみたいだ。

 日本では、なぜ朝鮮はいつもこう地域の平和を乱そうとするのかと言い、とりわけ政治屋は国民にいらぬ危機感を煽り立てる。

そのくせ、毎年打ち続く朝鮮抹殺目的の米韓合同軍事演習については一言の文句も言わない。


この人たち、どうやら、お隣の朝鮮半島が今も戦争中であることをすっかり忘れてしまっているようだ。


 米国が4月26日、5月3日と続けざまに大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。が、日本ではほとんど報道されなかった。報道とは、何かを隠蔽するためにあるのだろうか。

同じ発射を朝鮮がすると、たちまち痙攣を起こしたように大騒ぎする日本のマスコミの胡散臭さが、ここにある。



Q&A 朝鮮半島ニュースの正しいミカタ
読者のギモンに答えます!


 朝鮮半島をめぐるニュースがメディアを騒がせているが、むずかしくてよくわからないという声も少なくない。読者から寄せられる素朴な疑問に対する答えや、現在の情勢を見るうえで押さえておくべきポイントを一問一答にしてまとめた。

Q1:「アメリカが北朝鮮を空爆する」とか物騒な話が流れているけど…。朝鮮半島で本当に戦争が起きるの?
Q2:なぜ朝鮮は核実験とロケット発射実験を繰り返しているの?
Q3:朝鮮の核・ロケット開発はどこまで進んでいる?
Q4:そもそも朝鮮は対米関係で何を目指しているの?
Q5:米韓合同軍事演習について詳しく教えて。
Q6:トランプ新政権の発足で米国の対朝鮮政策はどうなる?
Q7:朝鮮の核実験やロケット発射実験に対して国連が制裁を科している。ほかの国がやっても文句を言わないのに、なぜ朝鮮の場合だけ大騒ぎするの?
Q8:朝・日関係はどうなるの?

続きを読む

【話題】在日「朝鮮民族5000年の歴史」

1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/07/16(日) 18:48:19.06 ID:CAP_USER
「五千年民族史の大慶事」

労働新聞が伝えるところによるとICBM「火星14」型試射が成功裏に行われた日、金正恩委員長は花束を持って金日成主席と金正日総書記の銅像が立つ万寿台の丘を訪れた。春夏秋冬

▼試射成功を祝う盛大な国家行事も行われた。核実験や人工衛星打ち上げに成功した時よりも歓喜の度合いは高い。国内メディアによると民族の宿願である「強力な国防力」を手にした喜びだという。

念頭にあるのは米国だけではない。今回の成功は、朝鮮半島が周辺列強の角逐戦の舞台になった悲嘆の歴史と結びついている。自国を守る力がないがゆえに蹂躙され、支配された民族の記憶だ。

▼主席と総書記は、大国に媚びる事大主義を民族生存の方策とした受難史に終止符を打ち、自主自決の新たな歴史を切り開いた。その軌道に沿って朝鮮は「米国の心臓部を攻撃できる」ICBMを手にした。金正恩委員長は「火星14」型の開発者たちを表彰する式典に参席し、彼らが主席と総書記の大業を成し遂げるために奮闘したと称えた。

▼朝鮮では今回の成功を「五千年民族史の特筆すべき強国の大慶事」と評している。金正恩委員長も表彰式で「朝鮮の戦略的地位と世界の政治構図を根本的に変えた」とその意義を強調した。

敵対国は「火星14」型の性能を過小評価するのに躍起になっているが、真相は今後の情勢によって明らかになる。大国の強権と横暴に立ち向かう朝鮮の自主外交は一層力強く展開されるはずだ。(永)
http://chosonsinbo.com/jp/2017/07/skst-130/

続きを読む

【端島】あきれた「軍艦島」に関する韓国発のフェイクニュース 北海道の道路工事現場や筑豊の炭坑の写真を使用

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/16(日) 09:47:45.52 ID:CAP_USER
先日、韓国のMBCテレビから国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された「軍艦島」(長崎県、正式には端島)について取材を受けました。同テレビをはじめ韓国内でよく使われる黒ずんだ労働者が立っている写真は、北海道の新聞に掲載された道路工事現場の日本人で朝鮮人は写っていない。狭い場所で男性が横になって掘っている写真も筑豊の炭坑(福岡県)だと説明しました。
 
案の定、番組ではそれらは省かれました。織り込み済みでしたが、それでも取材に応じたのは一人でも多く韓国の人に「事実」を知ってもらいたかったからです。
 
米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板では7月上旬に「軍艦島は地獄島」との広告が流れました。そこに映っていたのはMBCテレビに間違いと指摘した写真でした。世界にばらまかれるフェイクニュース(偽記事)にはこれからも反論します。


(編集総務 有元隆志) 2017.7.16 08:50
http://www.sankei.com/world/news/170716/wor1707160010-n1.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト