脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

東京新聞

【東京新聞】輸出手続き煩雑化 韓国「ホワイト国」から除外へ 自国の要求を通すために自由貿易に逆行する姿勢は米国と同じ

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/07/03(水) 15:03:11.57 ID:CAP_USER
日本政府は半導体などの製造に必要な材料について韓国への輸出規制を厳しくし、輸出手続きを簡素化する「ホワイト国」からも外す方針です。国際ルール上、問題はないのでしょうか。 (伊藤弘喜、矢野修平)

 Q ホワイト国とは何ですか。

 A 核不拡散条約に加盟するなど、日本が定めた条件を満たし、「大量破壊兵器などを拡散する恐れがない」と日本が認めた国です。外為法に基づき二〇〇二年に制度がスタート。現在、米国、ドイツ、オーストラリアなど二十七カ国が指定され、韓国はアジアで唯一、〇四年に指定されました。プラスチック製品など安全保障への影響が比較的小さい品目については、輸出の際の手続きや審査が省略されます。

 Q ホワイト国から除外されると、輸出手続きは変わりますか。

 A 輸出には審査による許可の必要が生じ、三カ月ほどの時間がかかることになります。ホワイト国なら数年分の輸出許可が一度に得られますが、除外されると輸出の機会の度に許可が必要になります。「ホワイト国」は日本独自の呼び方で、海外では使われません。経済産業省は「正式名称ではなく通称」と説明しています。

 Q 今回の措置は、世界貿易機関(WTO)のルールに違反しませんか。

 A WTOの規定では、安全保障上の理由があれば例外的に貿易制限が認められます。日本政府は元徴用工問題などを受け「信頼関係が損なわれたため、安全保障を目的に輸出管理の運用を見直した。ルール違反ではない」と主張しています。ただ通商問題に詳しい早稲田大の福永有夏教授は元徴用工問題という背景が「安保を理由に正当化できるかはグレーだ」と指摘します。

 Q トランプ米大統領が進めている保護主義的な貿易政策との違いはあるでしょうか。

 A トランプ氏は自国の産業保護や中国との技術覇権争いの手段として、追加関税などの措置を取っています。外交問題の解決手段に貿易を制限する日本とは目的が違いますが、自国の要求を通すために自由貿易に逆行する姿勢は同じと言えます。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201907/CK2019070302000160.html
東京新聞 2019年7月3日 朝刊

続きを読む

【朝鮮系東京新聞/社説】米朝会談1カ月 実務者の接触再開を

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/25(月) 10:02:02.39 ID:CAP_USER
対話を中断してはならない。物別れで終わった米朝首脳会談からほぼ一カ月。非核化の手法を巡る双方の立場の差は埋まっていないが、会談での論点を踏まえ、実務者の接触を早期に始めてほしい。

 いまだに明確になっていないのが、北朝鮮の対応だ。

 ハノイでの首脳会談の結果に不満なのだろう。北朝鮮の崔善姫(チェソンヒ)外務次官は十五日に平壌で開いた会見で、米国との非核化交渉の中断を検討していると明らかにした。

 北朝鮮・東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射施設で復旧の動きも判明している。将来の爆破に備えて、あえて復旧させたとも指摘されているが、意図は不明だ。 

 一方で北朝鮮は、国連安全保障理事会からの制裁をかいくぐって、サイバー攻撃を活発化させ、仮想通貨を盗み取っていると指摘された。

 このような状況で、これまで自制していた核、ミサイル実験を再開すれば、国際社会から追加制裁が科されるのは間違いない。不用意な行動は控え、早急に対話の意思を表明すべきだ。

 一方の米国側は、対話継続の意向は表明しているものの、非核化の一括実現を求め、制裁も維持する姿勢だ。

 安易な妥協は禁物とはいえ、対決状況に戻ってはならない。ハードルを引き上げるだけではなく、柔軟な対応も必要ではないか。

 南北の和解を進め、米朝の関係改善をリードしてきた韓国の責任はいっそう重くなっている。

 北朝鮮は二十二日、昨年九月に開設された北朝鮮・開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所から人員を撤収し、韓国側を困惑させている。

 国際社会からの制裁を理由に、南北間の経済協力事業を進めない韓国を揺さぶる狙いだろう。

 韓国は、成果を出そうと焦ってはならない。まずは北朝鮮に特使を派遣するなどして、非核化を粘り強く訴えてほしい。

 米朝首脳会談の再開が不透明になるなか、日本政府もようやく北朝鮮との交渉に動きだした。

 これまで国連人権理事会に提出してきた北朝鮮の人権侵害に関する非難決議案について、今年は提案国になるのを見送った。

 拉致問題解決への転機を生み出す狙いだというが、小手先の対応で、北朝鮮が対話に応じてくるとはとても思えない。

 拉致問題が解決された後、日本が北朝鮮の経済発展にどう寄与できるかといった、長期的なビジョンを示すべきだろう。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019032502000135.html
東京新聞 2019年3月25日

続きを読む

【東京新聞】<ひと物語>「自分のルーツ」織り交ぜ「日本国籍の韓国人」在日3世のライター・金村詩恩さん

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/04(月) 19:14:33.30 ID:CAP_USER
埼玉育ちの在日三世。好物はチャンジャ。韓国語は苦手。ブログやウェブマガジンで発信を続ける県内在住のライター金村詩恩さん(27)は、そんな自分を「日本国籍の韓国人」と表現する。

 常に持ち歩くノートに気になったことを書き留め、自身のルーツを織り交ぜながら政治や社会を切り取ってきた。例えば、国会で入管難民法改正案が審議されていた昨年十一月のブログには、こうつづっている。

 「日本にも移民がやってきた」と語るひとたちを横目に、「昔からこの国には『安価な労働力』だった移民がいたんだよな」と「安価な労働力」の子孫である私がひとりごちる。そのひとりごとは真新しい「移民」ということばでかき消されてしまう。まるで、そんなことは今までの日本ではなかったと言いたいように。

 小学生の時に家族で日本国籍を取得した。当時の金村さんに「警察官になりたい」という夢があったからだ。両親に「自分のルーツは話すな」と言われながら、小学校から大学までは日本の教育を受けて育った。

 大学四年の春、学食で一枚のビラを見かけた。「朝鮮人が日本を支配している」と在日コリアンを敵視する内容。「大学の中までヘイトが来たかって感じだった」。国境と民族のはざまにいる自分の思いを、文章で表現するようになった。

 反響の大きかったブログ記事がある。二〇一七年一月の「拝啓 デマサイトを管理していた人へ」。ニュースサイトを装って韓国を中傷する「フェイクニュース」を発信していた男性宛てに、手紙形式で書いた。

 「あなたのもうかりたいというちょっとした気持ちで書いたフェイクニュースによって、路上で『朝鮮人は帰れ』『韓国人は死ね』と口汚い言葉を吐くようになってしまう現実がある」「私の平穏な日常と未来を返してください」

 記事はネットニュースで取り上げられ、大きな注目を浴びた。その後も発信を続けるうちに出版社の目にとまり、一七年末にブログをまとめた本を出版。同時に実名も明らかにした。

 反応はさまざまだ。「まだ分かってないな」と言う在日の年配者がいれば、「自分たちの気持ちを素直に言ってくれた」と喜ぶ若者も。「『国に帰れ』はしょっちゅうある」と笑う。

 出版後は寄稿をする機会が増え、活躍の場は広がった。新たな出会いも多い。今は、韓国以外の海外ルーツやトランスジェンダーの人の話に興味を持つ。「マイノリティーに共通する部分から社会の構造を問い掛けたい」 (井上峻輔)

<かねむら・しおん> 1991年生まれの在日コリアン3世。2001年に家族で日本国籍を取得する。大学卒業後に会社員を経て、ライターに転身した。17年12月に過去のブログを書籍化した「私のエッジから観(み)ている風景-日本籍で、在日コリアンで-」を、川口市の出版社「ぶなのもり」から出版した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201902/CK2019020402000153.html
東京新聞 2019年2月4日

no title

「マイノリティーに共通する部分から社会の構造を問い掛けたい」と語る金村さん=川口市で

続きを読む

レーダー照射泥沼化 韓国紙「安倍政権が支持率回復のために問題を利用しているのでは」

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/12/29(土) 17:28:20.46 ID:GXZu9LCs0● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
 【ソウル共同】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、
29日の韓国紙は、防衛省の動画公開に対する韓国国防省の反発を伝えながら「日韓関係泥沼化」
「感情的対立に拡大」などと報じた。日本の対応については「安倍政権が支持率回復のために問題を
利用しているのでは」との分析も出ている。

 韓国は火器管制レーダーの照射を否定している。東亜日報は、従軍慰安婦問題や元徴用工訴訟での
韓国最高裁判決に続く対立激化で「日韓関係が泥沼にはまったとの懸念が出ている」と指摘した。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018122901001351.html

続きを読む

【東京新聞】朝鮮人虐殺の負の歴史に向き合おうとする大多数の都民の思いを小池都知事は踏みにじっていないか

1: 動物園φ ★ 2018/09/08(土) 08:46:33.53 ID:CAP_USER
【こちら特報部】都知事の追悼文取りやめ きっかけは都議
(東京新聞 2018/09/01)

 関東大震災発生後、デマなどが原因で虐殺された朝鮮人犠牲者の追悼式が今日、
東京都墨田区の公園で行われる。追悼式をめぐっては、歴代知事が追悼文を
送付してきたが、小池百合子知事は昨年に続き、今年も取りやめる。きっかけは、
都議会でのある都議の質問とされるが、その中身を読むと「虐殺はなかった」と
する本からの引用など、問題だらけだ。都議の意向に従った形の小池知事だが、
負の歴史に向き合おうとする大多数の都民の思いを踏みにじっていないか。(石井紀代美、大村歩)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2018090102000169.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト