脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

東亜日報

【韓国・東亞日報】米軍の敗北

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/04/02(火) 16:58:08.06 ID:CAP_USER
中国は、韓国戦争で自分たちが世界最強の米軍に勝利したと言う。正確に言えば、世界最強の米軍を笑い話にした軍隊は北朝鮮軍が先だった。韓国の地に初めて足を踏み入れた米軍は、日本に駐留していた在日米軍だった。彼等の目的は警察任務であり、米軍が韓国に来た瞬間、戦争は終わると信じた。皆がそう考えたわけではないが、多くの兵士がそう聞き、また信じた。

しかし、在日米軍は全世界の米軍の中でも将校から兵士まで軍規が最もとれていなかった。訓練もされていなかった。野戦に投入されても、小銃の修理もまともにできない兵士が半分以上だった。米軍兵士は足が長く、韓国の険しい山岳地形に適応できなかったという話が長くあったが、実は訓練不足で脚力がなかったのだった。

米軍の本当の問題は別にあった。在日米軍は機動訓練を全くしていなかった。1948年に在日米軍司令官になったウォルトン・ウォーカー中将は、この状態を見て驚いた。彼は、部隊単位の機動訓練を指示したが、日本の反発と米国の消極的な態度で大隊単位の訓練にとどまった。これは、人で言うなら片手運動、膝運動しかしないようなものだ。 

米軍の表現によれば、世に知られていない東洋の小さな兵士たちが「向こう見ずに」突っかかってきた。米軍は、連隊が崩れ、師団が崩れ、師団長まで捕虜になる屈辱を受けた。当時の北朝鮮軍の記録を見ることはできないが、おそらく自分たちが世界最強の軍隊を撃破したと歓呼しただろう。

実際のところ世界最強の軍隊という名声は、日本に駐留していた在日米軍の兵士が作り出したものではなかった。その兵士たちは除隊し、本国で第2の人生を送っていた。

私たちはここで2つの教訓を得ることができる。まず、訓練のない軍隊は軍隊ではない。現代戦がいくらハイテク戦争だとしても、先端兵器と装備が勝利をもたらさない。次に、世界最強から烏合の衆に転落するのに5年で十分だということだ。


シン・ムギョン記者

http://japanese.donga.com/List/3/05/27/1687955/1
東亜日報 02, 2019 08:52

続きを読む

【韓国】 日本には特別な国花がない…日本が桜を愛するようになった背景は?

1: LingLing ★ 2019/03/25(月) 22:06:18.42 ID:CAP_USER
■日本は国花は?桜ではなく◯◯

日本の国花は?
日本人たちが最も愛する花は何だろうか?

「サクラ」。ほかならぬ、ポッコッ(※韓国語で「桜花」。)である。日本は、2020東京夏季オリンピックの聖火リレーで使用するトーチも「桜花」の形を模した。
no title


ところが、日本人がこうして愛する桜花は、不思議なことに日本のククァ(國花・ウリ花)ではない。日本には特別な国花がない。ただし、日本の皇室では「菊花」を象徴的に活用する。

それでも、「菊花の国」よりも、「桜花の国」と呼ばれる日本。日本人の桜花愛はいつから始まったのだろうか?

満開の桜。東亜日報資料写真
no title


・美しい桜花、その目的は?

桜花は明るい色で暖かく、美しい春を知らせる。しかし、日本が桜花を愛するようになった背景は、さほど美しくもない。

「あなたと私は同期サクラ。離れ離れになっても/花都ヤスクニ神社。春に咲いて会おう。」

日本の昔の軍歌、「同期のサクラ」の一部分だ。日本は軍国主義を強化するために桜花を使用した。軍国主義は、軍事が国の主人の役割を担う体制。国の最も重要な目的を軍事力として考えて、戦争準備のための政策を最も重要視する政治体制である。 20世紀初頭の日本とドイツなどが軍国主義体制を維持しながら、我が国をはじめ数々の国を侵略した。

・「鎮海軍港祭」こんな背景が?

「桜花の秘密」という本を出版したリュ・スンヨル作家は、「サクラには歴史の悪縁(悪い因縁)が潜んでいる。サクラは韓国と日本の悪縁をつなぐ歴史の一本橋と同じ」と書いた。

その悪縁が始まった場所は、桜花で有名な慶尚南道昌原市鎮海区であった。鎮海は日本が露日戦争で勝った場所であった。露日戦争は、1904~1905年に満州と韓国の支配権をめぐって、ロシアと日本が行った戦争である。日本は露日戦争で勝ったことを記念しようと、「日本海海戦記念塔」を建てて、桜の木数十万本を植えた。

日本で軍国主義が強まるほど桜の木が増えた。一度に咲き乱れて、全て一緒に散る桜花の特性になぞらえて、「天皇のために桜花のように散れ」という言葉もまた、軍事の忠誠心を駆り立てる意味で使われた。

子供東亜シム・ソフィ記者

http://kids.donga.com/?ptype=article&no=20190324133957650682

【韓国】 ムクゲの花は旭日旗を象徴する日本の花。国花にしている韓国を見て日本人が笑っている★2[03/20]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553141064/
【韓国起源】 「日本の国花だから…」桜を楽しむのが気まずい?韓国国立山林科学院「日本王桜の原産地は漢拏山」[04/10]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1523371964/
【韓国】 鎮海軍港祭の由来 ~1962年、王桜の原産地は日本ではなく我が国の済州島であることが明らかに[03/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1520177390/

続きを読む

【韓国】 もしかして福島産?相変わらず続く日本食品の恐怖~産地を調べて警告するアプリまで登場

1: 蚯蚓φ ★ 2019/03/11(月) 15:10:12.20 ID:CAP_USER
「ワーキング・ダディー」シム謀氏(36)はスーパーで日本産食品を選ぶたびに心が楽ではない。包装紙の裏面の原産地表記に「日本」と書かれているだけで2011年原発事故が発生した福島県とどれくらい近い場所で生産されたのか確認できないからだ。シム氏は英語で書かれた製造会社の名前をかろうじて日本語に翻訳して検索してから製品を買い物かごに入れることもある。

11日は2011年東日本大地震が発生して8年になる日だ。消費者らは相変らず原発事故地域近隣で作った食品を避けるために「各自図生」(各自が生き残る方法を探すという意味)している。現行法上、輸入食品の包装紙表面には国内輸入および販売会社の住所を書くようになっているが、本来、現地製造会社の場合は会社名だけ表示してもかまわないからだ。

このために育児コミュニティでは「海外検索エンジンで探すと、子供が食べた食品が福島近隣で製造されたものだった」という文が繰り返し上がってくる。この様な中、最近では日本産食品のバーコードをカメラで撮れば該当製造会社のすべての製造工場位置を画面に出すスマートフォンアプリまで出てきた。

「RadDog」(放射線を探す犬という意味)という名のこのアプリは発売2カ月で3万人余りがダウンロードするほど注目を集めた。日本国内生産工場が福島原発事故地域から半径160キロ内にあれば犬が「モン!」(訳注:日本語のワン)とほえる警告画面が出てくる。東亜日報取材チームがソウル江南区のある輸入食品売り場に陳列された日本産食品34個を対象に試した結果、14個で警告メッセージが出た。このアプリを開発したファン・チャンユ氏(29)は「スーパーで日本産食品を選んで不十分な原産地表示方式に苦しさを感じて直接アプリを作った」と話した。

食品医薬品安全処は福島と隣接した地域の農産物27品目と水産物全商品の輸入を禁止し、加工食品は持ちこむたびに放射能が検出されるか精密検査しているので不安に思わなくても良いという立場だ。しかし、「原産地表示が不十分だ」という消費者の指摘が続くとすぐに新薬処は翌月から日本産食品の製造会社住所を公開することにした。ただし製品の表面ではなく「食品安全局」ホームページだけに公開する方式で消費者がいちいち確認しなければならない。

一方、日本の消費者らも福島産製品を避けている。日本消費者庁が最近実施した「食品の放射性物質関連意識調査」によれば「福島県が原産地の食品の購買を迷う」という人は5176人中646人で約12.5%であった。調査が始まった2013年以後、最も低い水準に落ちたが日本人たちも相変らず福島産を忌避しているという意味だ。

東京=パク・ヒョンジュン特派員

ソース:東亜日報(韓国語) ひょっとして福島産?相変わらず日食品恐怖
http://news.donga.com/Main/3/all/20190311/94472530/1

続きを読む

【韓国】 喧嘩両成敗の日本…最悪状況で答えを探す韓国~日本は鳩山元総理の主張を聞け

1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/19(火) 20:06:48.82 ID:CAP_USER
1460年頃、日本の地方領主「大名」らは天下をとるために毎日のように戦った。武士政権「幕府」は解決のために喧嘩両成敗法を作った。原因の善し悪しを分けず、戦えば両方どちらにも同じように罰を与えるという意味だ。この法は江戸時代(1603~1867年)に慣習法に変わり近代に消えた。常識的に理解し難い法だが約400年間維持された。「法を作れば必ず守らなければならない」という日本文化の断面を見せる。

韓国には法があっても不当だと思えば、これを守らず、我慢しなくても良いという情緒がなくはない。それが正義と信じるためでもある。4・19革命、6月民主抗争など民主化を勝ち取るための政権との対決も続いた。ムン・ジェイン政府もロウソクのあかりを前面に出した社会変革の流れに乗って登場した。韓国人にとっての戦いは相手の誤りを正すための行動という認識が背景にあるとも言える。

他の文化を持った人同士は会えば衝突しやすい。この頃の韓日葛藤の背後にも他国の文化的差がある。慰安婦問題を見てみよう。日本政府は2015年、韓日慰安婦合意を通じて「最終的かつ不可逆的に解決した」と見る。すなわち「合意」に傍点をつけたのだ。韓国政府は違う。法的には終わったかも知れないが、慰安婦ハルモニらが気持ちで受け入れてこそ解決されると見る。持続的に「真心からの謝罪」を要求する理由だ。日本側が韓国文化を無視して「終わった問題をなぜまたむしかえすのか」と言えば葛藤は持続するほかはない。

「共存」の意味も完全に異なる。日本は交渉をうまく達成するために必ず事前調整を経る。それが「根回し」だ。あらかじめ相談して共感を作るので、当事者同士が声を高めて戦うことが少ない。両側の意見衝突が着実に起きたらどうだろうか。日本人は「もういい」と関係をあきらめる。現在の日本政府の韓国に対する認識は「もういい」段階に入ったようだ。安倍晋三総理の年頭教書、日本政府の防衛白書などでは韓国の重要性を意図的に下げる姿勢まで見せた。

韓国では争う両者がすべて底辺まで落ちた後に共生をはかる気質がある。
(中略:「コーロン」亀尾(クミ)工場の労使紛争の例)

しかし、今のように日本政府が問題の本質を回避し、迂回的に韓国叩きだけに没頭するなら、今後も状況は変わりにくい。日本外務省は最近、米国、ヨーロッパ聨合(EU)等で「北朝鮮非核化は信じられない」として韓国政府の北核解決努力を引き降ろしている。

そうした点で鳩山由紀夫元総理が16日、東京文京区民センターで「今なぜ脱大日本主義なのか」を主題にした講演を日本政府は留意してみたら良いだろう。鳩山元総理は「日本は相手方に対する尊重、他国に対する尊重をしなければならない」と強調した。彼は昨年10月、釜山(プサン)大で名誉政治学博士学位を受け「傷ついた方々が『これ以上謝罪しなくても良い』と言うまで謝罪しなければならない」と述べた。

韓国文化を理解し韓国国民の感情を読み取れた彼の心が、まさに現時点で韓日関係に最も必要な徳性のようだ。

パク・ヒョンジュン東京特派員
no title


ソース:東亜日報(韓国語) [光化門から/パク・ヒョンジュン]戦えば二つとも罰を与える日本…最悪状況で答探す韓国
http://news.donga.com/list/3/02/20190218/94165497/1

関連スレ:【夕刊フジ】「制裁発動」躊躇する必要なし!韓国議長の暴言「鳩山のように」“土下座を”「首相1番目で2番目天皇」[2/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1550557649/

関連動画:20190216 UPLAN 公開シンポジウム「脱 大日本主義のすゝめ」
https://www.youtube.com/watch?v=z4By5vD4IsY


続きを読む

【韓国】 平成の終焉~最後の記者会見で安倍式歴史修正主義を牽制した日王

1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/31(月) 15:09:08.79 ID:CAP_USER
来年4月末、アキヒト(明仁)日王の生前退位を控えて、日本の今回の歳末は一つの時代が幕を下ろす雰囲気でいっぱいだ。ヘイセイ(平成・1989~2019年)時代の終焉だ。戦争の惨禍で汚された父・ヒロヒト(裕仁)日王のショウワ(昭和・1926~1989年)時代に対する骨にしみた反省から始まった平成は明仁日王の在任期間を意味する。同時に現在満30才未満の若者世代も意味する。

「昭和生まれ」ならば30才以上、平成生まれならその下の世代となる。歌手・安室奈美恵の引退や国民漫画「まる子は9才(ちびまる子ちゃん)」の作家さくらももこの死亡など平成時代を風靡した主人公らの退場のニュースに日本人たちは「平成が終わる」と繰り返し言っている。

敗戦後73年が過ぎ、日本の戦後を引っ張ってきた各界名士らの訃告も毎日のように聞こえてくる。これら元老が残した話の中には必ず「戦争反対」がある。歳末には一年を締めくくる企画を送りだすマスメディアは今年は30年単位の過去を顧みる各種企画物を送り出している。

23日公開された明仁日王の85才誕生日記念記者会見も話題になった。退任前の最後の記者会見で彼は何回も喉がつまって平和と反戦にかける心を述懐した。発言は始終一貫「右傾化する日本と安倍政権」を牽制する内容でぎっしり埋まって話題になった。

「先の戦争で多くの人命を失い我が国の戦後平和と繁栄がこのような多くの犠牲と国民の努力によって積み重なったことを忘れず…戦後に生まれた人々にもこれを正しく伝えていくことが重要だ。平成が戦争のない時代で終わろうとしていることに心から安堵している。」

安倍政権は日本軍慰安婦問題や南京大虐殺など戦争犯罪を分けようとする動きを加速化しながら歴史教育に対する介入も強化してきた。この点で日王が歴史を単に「伝える」でなく「正しく伝える」と表現したことは安倍式歴史修正主義に対する反撃と解釈された。

英国の国王は「君臨するも統治せず」と言う。これに比べて戦後の日王は天皇(空の皇帝)という称号とは異なり「君臨も統治もせず」、単なる象徴的存在と位置づけた。この点で明仁日王の「歴史を正しく伝えること」のような発言は場合によっては政治介入と解釈されかんれない一種の破格だ。平和反戦の受け入れに対する彼の熱望がそれ程強いことを見せる事例であろう。

この様な彼の人気は驚くべきほどで23日の一般人祝賀訪問客は即位後最も多い8万3000人を記録した。

記者は2019年1月末で二番目の特派員任期を終える。その間、日本も大きく変わった。戦争を知らない世代を量産し普通国家へ向かう過程といえるが、過去の日本の特徴だった丁重さや細心さ、謙虚さが急速に消え、ただ忙しく荒くなっていく日本に会うことになる。

他人に迷惑をかけることを極度に敬遠するせいで、それぞれが孤立しそれぞれが老いと孤独、死を迎える恐怖が社会全体を押さえ付けている。記者個人的には平和と包容の国に対する日王の念願が日本国民に共感できている平成の終わりに日本を離れることになり、幸いだという気がする。

一つの時代の終わりを見守りながら日本がさらに薄情にならないことを、平成の平和が続くことを希望してみる。

ソ・ヨンア東京特派員
no title


ソース:東亜日報(韓国語) [今日と明日/ソ・ヨンア]平成の終焉、離れる異議念願
http://news.donga.com/list/3/02/20181231/93495288/1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト