脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

東亜日報

【東亞日報】 欧州の冷たい視線にも「対北朝鮮制裁緩和」を説得する文大統領

1: 荒波φ ★ 2018/10/17(水) 09:50:13.60 ID:CAP_USER
フランスを訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、マクロン大統領に「北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に来たと判断するなら、国連制裁の緩和を通じて非核化を促進しなければならない」とし、フランスが役割を果たすよう求めた。

これに対してマクロン氏は、「私たちは何より北朝鮮が非核化とミサイル計画の廃止に向けたプロセスに実質的に協力しているという意思を見せることを待っている」とし、「それまではフランスは国連安保理が採択した制裁を継続しなければならないだろう」と述べた。制裁緩和は時期尚早と遠まわしに断ったのだ。

文氏の今回の欧州歴訪は、すべて北朝鮮に対する制裁緩和に合わされているようだ。

文氏は「後戻りできない非核化の段階に来れば」という前提はつけたが、大統領府関係者はさらに一歩踏み込んで、「その段階に行くためにも、その段階が確定するまでの過程でも(制裁緩和が)必要だ」と述べた。大統領府側は「制裁緩和を国際舞台の公論の場に上げたという面がある」とまで述べた。文氏が、制裁緩和に向けて乗り出したという話のようだ。

最近、国際社会には制裁緩和をめぐって対立戦線が形成されている。米朝が非核化交渉の敷居で特に進展がない状況で、米国は「非核化先行」の原則を守っており、北朝鮮、中国、ロシア3国は、国連の制裁緩和を求める報道文を出すなど共同戦線を構築した。韓国政府は事実上、米国に対抗する陣営に近い。

文氏は19日に英国のメイ首相、ドイツのメルケル首相と会っても制裁緩和を非核化促進カードに提示するだろうが、欧州首脳が呼応するかは疑問だ。

米国務省関係者は15日、南北高官会談の合意と関連して制裁の完全な履行を強調し、「すべての国家が北朝鮮の不法核・ミサイル計画を終わらせることを支援するよう責任を深刻に受け止めることを期待する」と述べた。韓国を名指ししてはいないが、南北合意が制裁離脱に向かってはいけないという明らかな警告だ。

外信も、「韓国が米国に抵抗している」、「同盟である韓米間の見解の違いが大きくなっている」と報道している。

むろん、同盟だからといってすべての事案で意見が一致するわけではない。時には葛藤や摩擦もあり得る。しかし、韓米同盟の根本的理由である北朝鮮との関係をめぐって意見が食い違い、不信を育てるなら、同盟関係は不安になって危機に陥るほかない。

意見の相違があるなら、まず同盟を説得しなければならない。周囲に向かって同盟を説得してほしいと言うなら、帰ってくるのは冷笑だけだろう。緊密な意思疎通で意見の相違を解消し、共に解決することが同盟であり、それがまさに同盟が持つ力でもある。


October. 17, 2018 09:31
http://japanese.donga.com/List/3/0501/27/1504808/1

続きを読む

【韓国・東亞日報】「安倍の3選と韓日」=コ・ミソク論説委員

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/20(木) 08:55:28.73 ID:CAP_USER
【横説竪説/コ・ミソク】

本日行われる日本の自民党総裁選挙は事実上、次期総理を決定づける選挙である。選挙は安倍晋三総理と石破茂元幹事長の一騎打ちで行われる。3選を狙う安倍総理が確固たる優位を占める状況のため、すでに日本最長寿の総理時代が開かれるという展望も出ている。

(写真)
no title


⇒ 安倍の独走に挑戦状を出した石破は、1986年に29歳の最年少で衆議院に当選して注目された8選議員である。父親は国家公安委員長を務め、政界入門は父親の友人である田中角栄元総理の勧めで行われた。これだけあればかなり心強い人脈だが、安倍に比べれば名刺も差し出す事ができない水準である。父親は外務大臣、祖父は衆議院議員、外祖父は戦後に元A級戦犯から総理になった岸信介、大叔父は61~63代総理の佐藤栄作である。これまで佐藤元総理が最長在任記録(2798日)の保有者だが、安倍が選挙に勝てば来年8月にその記録を超える事になる。

⇒ 安倍家門の政治的故郷は山口県、幕府時代に長州藩と呼ばれた場所である。明治維新を設計し、『征韓論』や『大東亜共栄論』を主唱した吉田松陰がまさにこの地の出身。朝鮮侵略の元凶である伊藤博文初代総理が彼の弟子である。最も尊敬する人物に吉田松陰を挙げる安倍総理は、彼の墓所を参拝して、「松陰先生の意志を忠実に引き継ぐ」と念を押している。その言葉の意図が何なのかは正確には分からないが、安倍総理の集権以降、日本社会の右傾化の歩みは加速して韓日関係も順調ではない状況である。独島(トクド)や日本軍慰安婦被害者問題などを巡って日本政府の歴史挑発が相次ぎ、韓日間の対立はますます深くなっている。

⇒ 安倍総理は今回の選挙を『戦争ができる国』に推し進める改憲の足場にを計画した。予想通り彼が勝利した場合、改憲時計の速度は早くなり、東アジアの安保情勢に少なからぬ影響を及ぼすだろう。 否でも応でも(良い時も悪い時も・嫌おうが好こうが)韓日両国は互いに影響をやりとりするしかない関係。果たして安倍の3選時代はどのように開かれるのだろうか。今後3年間、安倍総理を更に見守らなければならない韓国にとっても大きな関心事に変わりはない。

コ・ミソク論説委員

ソース:NAVER/東亞日報(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=020&aid=0003170792

続きを読む

【東亞日報】 「大韓民国号」に難民をどれだけ乗せるのか

1: 荒波φ ★ 2018/07/27(金) 11:08:21.35 ID:CAP_USER
私たちは今、救命ボートに乗って海に漂流している。ボートには50人いるが、さらに10人乗せることができる。海に投げ出された100人が救助を願っている。ボートにいる私たちはどうすべきか。

3つの選択が可能だ。①できるだけ全員を救助する。②10人だけ救助する。③救助しない。たいていは①と②を選ぶだろう。しかし、1985年にこの「救命ボートの倫理」を提示した米国の生物学者ギャレット・ハーディンは、③が正解だと言った。

60人定員のボートに150人が乗れば全員が死ぬ。10人を選んで乗せることは話にならない。万一に備えて余裕分が必要なうえ、100人のうち10人をどのように選ぶのか。立派な人か、必死な人か、さもなければ先着順か。

ハーディンは救命ボートの比喩を通じて、「完璧な正義は完璧な破局を生む」とし、人口過剰による環境破壊を解決するためには途上国を見捨てることもやむを得ないとし、非難を受けた。

救命ボートの倫理を利用して、済州(チェジュ)イエメン難民事態で熱くなった難民論争を考えて見よう。まず、危機に直面した難民を最大限受け入れることが人間の道理だと主張する人がいる。

韓国は1992年に難民条約に加入し、アジアでは初めて2012年に難民法を制定した難民保護先進国だ。しかし、今年6月までに難民と認められたのは849人、難民認定率は4%だ。

米国、ドイツ、英国、カナダなどは25~45%。韓国にだけ偽装難民が集まるのか。そうでなければ認定率が少なくとも2ケタにならなければならないという主張だ。

反対に、難民審査の手続きを強化したり、難民法を廃止しなければならないという意見もある。ただでさえ就職難で「松坡(ソンパ)三母娘」のような境遇の人も多いのに、難民に仕事を奪われ、福祉の恩恵を与え、犯罪とテロの脅威に苦しめられては、私たちまで死ぬという論理だ。

特に20代や女性の難民反対の割合が相対的に高いが、それだけ仕事と安全問題に対する恐怖心が強いためだ。

人が先か、国民が先か。多くのジレンマがそうであるように、難民ジレンマも両極端の間に回答があるだろう。アリストテレスが言った「中庸」だ。例えば「蛮勇」と「卑怯」の両極端の間に「勇気」がある。

しかし、中庸は人によって異なる。水泳が上手な人が水に落ちた人を救うことは勇気で、そのまま通り過ぎるのは卑怯だ。しかし、泳げなくて足の速い人が水に飛び込むことは蛮勇だ。そして見て見ぬ振りをするのは卑怯で、救助を要請しに走って行くのは勇気だ。

「韓国号」に乗って航海する私たちに対して、貧困と戦争と政治的迫害から逃れて来たと手を振る異邦人がいる。世界10位圏の経済大国が彼らを冷遇することは卑怯なことだ。今になって難民法を廃止して難民条約から離脱して後退することはできない。

難民条約に加入した約140国の中で離脱した国はない。だからといって能力以上に受け入れることは蛮勇だ。人手不足で外国人労働者に門戸を開いた日本も難民認定率は0.2%にしかならない。その代わり支援金を多く拠出している(2017年国連難民機関国家別寄付金4位)。

韓国ギャラップが最近、成人男女1002人に済州島のイエメン難民申請について問うと、「できるだけ受け入れる」(11%)か「最小限で受け入れる」(62%)という意見が多かった。難民法廃止国民請願に対する政府の回答期限は8月13日。「卑怯」でも「蛮勇」でもない「勇気」ある答えを出すことを期待する。


July. 27, 2018 10:04
http://japanese.donga.com/List/3/05/27/1403749/1

続きを読む

【韓国】 北朝鮮は文大統領を非難、制裁に穴があいた韓国では正恩氏を称賛/東亜日報社説

1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/22(日) 21:27:58.28 ID:CAP_USER
北朝鮮労働党機関紙の労働新聞が20日、「(米朝)首脳がした約束を守らなければ、国際社会から厳しい審判を受けることになるだろう」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の13日のシンガポール発言を受けて、「むだな訓示」と非難した。同紙は、「朝米双方がシンガポール共同声明の履行に向けて努力している現実に目を閉じ、身の程を知らずの予想までして並べたてる無礼な詭弁に誰が耳を傾けるだろうか」と非難した。

4月の南北首脳会談後、北朝鮮が文氏を非難したのは初めて。同紙の主張の核心は、南北関係の進展を非核化と結びつけてはならず、核問題は米国とだけ議論するということだ。韓国は、経済支援などの目的で相手にするという過去の戦略が変わっていないことを示す。むろん、これに敏感に対応する必要はない。今の国際社会は、国連制裁という枠組みを通じて非核化と経済支援などすべての要素を緊密に連携させている。

しかし、制裁が揺らげば、すべての進展の基礎が崩れることになる。北朝鮮産石炭を積んで昨年韓国・仁川(インチョン)、釜山(プサン)港などを出入りした船舶が、最近も韓国領海を航海しており、政府が今のように傍観している問題ではない。元山(ウォンサン)では、石炭輸出のための船積み作業が活発に行われているという。

国連決議によると、これらの船舶は拿捕して調査できる制裁対象だ。しかし、政府はまだ「疑惑船舶」段階であり、関税庁事務官1人が調査にあたっていて人材不足であるうえ、輸入業者の主張が交錯しているとだけ説明する。米国務省は19日、「すべての国連加盟国は、安保理制裁決議を履行しなければならない」とし、迂回的に韓国に警告を送った。もし政府が制裁履行を南北対話同様、重視したなら、このようなことが起こっただろうか。

制裁が弱まる警告ランプは、中国、ロシアでも灯っている。米国は、安保理の対北制裁委員会に北朝鮮が海上での瀬取りの手法で情製油を密輸入しているとし、追加販売禁止を要求したが、中国とロシアは6ヵ月間の検討期間を要求し、ブレーキをかけたという。

このように非核化と北朝鮮の態度改善には特に進展がないが、国内では期待が現実よりも先を言っている。作家の柳時敏(ユ・シミン)氏は19日、大韓商工会議所フォーラムでの講演で、「(金正恩朝鮮労働党委員長は)祖父と父親から受け継いだ絶対権力を違う方法で使い、変えようとするのではないか。それが革新だ」とし、「大企業の2、3世の経営者の中で正恩氏ほどの人がいるだろうか」と強調した。現在、韓国経済を率いている主要グループの2、3世経営者が経営権を継承した後、企業価値を数十倍高めたという評価を受けていることを考えると、適切な比較とは言えない。北朝鮮核問題の実際の進行状況に対して、韓国政府と社会がより冷徹に認識しなければならない時だ。

ソース:東亜日報日本語版<北朝鮮は文大統領を非難、制裁に穴があいた韓国では正恩氏を称賛>
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1396347/1

続きを読む

【韓国】 「さぁ、行こう!日が昇る国の日王のもと」~RADWIMPS だけじゃないJポップに染み込んだ「軍国主義」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/16(土) 01:00:24.20 ID:CAP_USER
日本大衆音楽、いわゆる「Jポップ(J-Pop)」で軍国主義論議がおきていると朝日新聞が14日報じた。軍歌を連想させたり「靖国神社」のような敏感な内容を入れた歌が相次いで発表され、日本国内でも批判が出ている。

○軍歌のようなロックバンド曲

Jポップ軍国主義論議は4人組ロックバンド「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」がロシア・ワールドカップ開幕を控えて6日、フジテレビのワールドカップ放送挿入曲として新曲「HINOMARU(日の丸)」を発表して触発された。ラッドウィンプスは昨年、韓国で371万人の観客を動員した新海誠監督のアニメ「君の名は」の主題歌を歌って韓国でも知られたバンドだ。

「胸に手をあて見上げれば/高鳴る血、誇らしく/この身体に流れるのは高貴なこの帝国と魂/さぁ、行こう!日が昇る国の日王のもと」(訳注:韓国語からの翻訳。元の歌詞では「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の御名のもとに」)

のように軍国主義時代を思い出させる刺激的な歌詞が公開されると「軍歌のようだ」「無理な愛国心を要求する」等、批判がソーシャルネットワークサービス(SNS)を中心にあふれた。

これに対して一部、右翼勢力を中心に「表現の自由を侵害してはならない」「愛国心を表現しただけだ」として擁護し論議がさらに広がった。

バンドボーカル野田洋次郎は新曲発表直後、論議がおきるとすぐに「左も右もない、この国を歌いたかった」と釈明したが世論はなかなか落ち着かずにいる。一部ネチズンらはバンドの公演会場で抗議をする集団行動の計画も明らかにした。野田は11日「軍歌を作る意図はなかったが、傷ついた方々に申し訳ない」としてSNSに謝罪メッセージを上げた。

○拝外主義vs表現の自由

フォークデュオ「ゆず」が4月に発表したアルバム収録曲「ガイコクジンノトモダチ」も歌詞が論議になった。「TVじゃ深刻そうに右だ左だと話して/しかし、君とみた靖国の桜の花は美しかった/美しい日本、平和な日本」等の歌詞に靖国神社のような敏感な内容が含まれたためだ。

ファン・ソンオプ日本音楽評論家は「この様な内容の歌詞が過去になかったわけではないが、最近SNSを中心に波及力が大きくなって論議が広がっている」と話した。

2020年東京オリンピックの音楽監督を引き受けた女性歌手・椎名林檎も軍国主義論議から自由ではない。彼女は5年前に発表した「新しい文明開化」という曲のミュージックビデオで旭日旗を振って歌ったし、2014ワールドカップ主題曲で発表された「ニッポン」の歌詞に軍国主義を象徴する内容を入れた容疑で日本メディアから何回も指摘を受けた。

朝日新聞は辻田真佐憲(軍歌研究者)を引用して「愛国歌のような日本大衆音楽が国粋主義を刺激しやすく拝外主義的動きにつながり外交問題に広まる可能性もあるだけに注意が必要だ」と憂慮を現わした。

反面、増田聡、大阪市立大教授は「歌手の素朴な愛国心を問題にして彼らとファンを拝外主義者に追い詰めるのは問題」と明らかにした。

一部ではJポップを主に消費する若年層の保守化傾向により歌詞も影響を受けることにならないかとの分析も出てくる。昨年10月に開かれた衆議院選挙出口調査で20代の40.6%が自民党を支持すると答えて全年齢帯の中で最高に高いことが明らかになった。

東京=キム・ポムソク特派員

ソース:東亜日報(韓国語) 「靖国桜の花は美しかった」日Jポップに染みる「軍国主義」
http://news.donga.com/3/all/20180614/90590683/1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト