脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

朝鮮日報

【韓国紙】WTO事務局長選、韓国候補が撤退していないのに…ナイジェリア候補は当選者気取り

1: 動物園φ ★ 2020/11/25(水) 01:11:33.90 ID:CAP_USER
【独自】WTO事務局長選、韓国候補が撤退していないのに…ナイジェリア候補は当選者気取り

11/24(火) 20:43配信 朝鮮日報日本語版

世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選出が遅れている中、ナイジェリア出身の候補が活発にメッセージを発信し、あたかも当選者のように振る舞っている。ライバル国のトップである文在寅(ムン・ジェイン)大統領にまで感謝の意を伝え、自信をのぞかせている。一方で兪明希(ユ・ミョンヒ)候補(韓国産業部通商交渉本部長)側は沈黙を守りながらも、撤退はないとの意思を貫いている。

■世界最高の国ランキング1位はスイス、米国は7位、韓国は?

 ナイジェリアの財務相などを歴任したヌゴジ・オコンジョイウェアラ候補は今月に入り、活発な動きを見せている。先月に行われた次期事務局長の支持調査で1位になったことが伝えられる中、自身への支持を表明した国と政府の指導者に感謝を伝える内容がほとんどだ。

 オコンジョイウェアラ氏は先月27日、日本の菅義偉首相の「2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス実質ゼロ)」宣言を支持したのを皮切りに、南アフリカ共和国のラマポーザ大統領、オーストラリアのバーミンガム金融相、フランスの政治家モスコビッチ氏などに感謝の意を伝えた。

 今月17日にはピーターソン国際経済研究所(PIIE)が主催するイベントに出席し「デジタル貿易と電子商取引がさらに大きな経済的包摂(economic inclusion)に発展する可能性がある」と述べ、事務局長就任後の構想をほのめかした。

 さらに、全世界のワクチン開発と公平な分配を目指すGAVIワクチンアライアンスのトップでもあったオコンジョイウェアラ氏は最近、韓国政府が国際的なワクチン共同購入の枠組み「COVAXファシリティ」に1000万ドルの拠出を約束したことに言及し「新型コロナウイルスのパンデミック問題を解決するための巨大な歩み」として、文大統領に感謝の意を示した。

 一方、兪明希氏は韓国の行事と一部のラジオのインタビューに応じているだけで、対外的にはメッセージを発信していない。兪氏は先週あるラジオとのインタビューで「引き続き協議しながら加盟国間の意見の一致を導き出すために努力している」として、撤退の意思がないことを遠まわしに表明した。韓国外交部も同じ立場だ。

 こうした事態に加え、新型コロナウイルスの影響でWTO事務局長の協議手続きが遅延することが予想され、外交関係者の間ではバイデン米政権発足まで現在の膠着(こうちゃく)状態が続くとの観測も示されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6148cd6ff0da67204401aa9dfd53328587420e6

続きを読む

【韓国報道】日本「来年1月“東京五輪中止”の発表」? ソースは週刊朝日とTBSの星浩氏

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/19(木) 16:41:59.83 ID:CAP_USER
日本政府は、新型コロナウイルス感染症の再拡散を理由に、来年初め頃「東京オリンピック中止」を公式発表する可能性があるという主張が出ている。

週刊朝日 27日付けの最新号(17日発売)によると、ノンフィクション作家の本間龍氏は「国際オリンピック委員会(IOC)がすでに日本政府と大会組織委員会に『開催はもはや難しい』という旨を伝達しているという情報を、10月21日 複数の関係者から入手した」と明かした。

本間氏は「あとは日本側がこれを認めるかどうかということだ」とし「日本政府の発表は来年1月頃のようだ。選手たちの立場を考えれば、そのあたりがデッドラインだ」と語った。

一方 トーマス・バッハIOC会長は、今月の15日から18日までの訪日に先立ち、記者たちに「オリンピック中止の話し合いはない」と語っていた。

また バッハ会長は訪日中に菅義偉首相および東京オリンピック組織委員会の関係者などと会った席では「安全なオリンピック開催のために、日本側と協力していく」とし、特に 国内外の観覧客を伴った“有観客競技”を目指している」と強調していた。

しかし 本間氏は「あらゆる可能性を検討するべきIOCとして、オリンピック中止を議題にあげないのは、逆に不自然だ」と指摘した。

朝日新聞の記者・TBSのアンカー出身の星浩氏も「東京オリンピック組織委員会と外務省関係者の間でも、開催に後ろ向きな発言が出ている」とし「バッハ会長が日本の状況を把握したので、ヨーロッパなどの反応を聞きながら、11月下旬から12月上旬にかけて判断するのではないかとみている」と予想した。

WoW!Korea 11/19(木) 16:10
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/d104243e26d07323b187fcf7f113669f360bcd3c

日本政府は、来年初め頃「東京オリンピック中止」を公式発表する可能性があるという主張が出ている(画像提供:wowkorea)
no title

続きを読む

【朝鮮日報】日本はファイザー製ワクチン1億回分調達、韓国はゼロ

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/12(木) 08:14:40.08 ID:CAP_USER
 米ファイザーとドイツのバイオエンテックが開発している新型コロナウイルスのワクチンの販売が年内に開始されたとしても、来年までに供給可能な13億5000万回分の90%に当たる12億回分以上を米国、欧州連合(EU)、日本などが調達済みの状況となっており、韓国への導入は難しい見通しだ。韓国政府はファイザーだけでなく、どの製薬会社ともコロナワクチンの調達契約を結んでいない状態だ。

 主要国のファイザー製ワクチン調達量は、米国6億回分(5億回分の追加購入オプション)、EU3億回分(1億回分の追加購入オプション)、日本1億2000万回分、メキシコ3440万回分、英国3000万回分などだ。ファイザー製ワクチンは1人当たり2回接種を行う方式だ。カナダ、オーストラリア、チリ、ニュージーランドなども調達を行った。中国、ロシアなどコロナウイルスを独自開発している国を除くと、主要国は大半が調達を済ませたと言える。主要国はファイザーだけでなく、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソンアンドジョンソン、サノフィなどコロナワクチンを開発している製薬各社と調達契約を結び、さまざまな可能性に備えている。

 韓国政府は「コベックス(国際ワクチン共同調達プロジェクト)を通じて1000万人分、個別の製薬会社を通じて2000万人分を確保する戦略だ」と繰り返している。ファイザー製ワクチンを接種すると仮定すれば、6000万回分が必要だ。英国の調達量の2倍の量となる。孫映莱(ソン・ヨンレ)保健福祉部報道官は記者団に対し、韓国政府によるファイザー製ワクチン調達の可能性について、「個別企業との交渉過程を具体的かつ詳細に明らかにしにくい側面がある」と答えた。

 独自開発ワクチンが代案になり得るが、まだ道のりは遠いとされる。政府は「(国内メーカーのワクチン開発を)最後まで支援する」としているが、国内業界で最も開発が進展しているジェネクシンもまだ第1相臨床試験を終えていない状態だ。

 疾病管理本部長を歴任した全柄律(チョン・ビョンユル)車医科大学教授は「ワクチンを調達した国がうらやましい限りだ。コロナ克服には必須であり、国民の日常を取り戻す上で必要なワクチンの調達をなぜためらうのか分からない」と述べた。全教授は「安全性、効能を全て確認した上で調達しようとすれば、量や価格が見合わなくなる可能性がある」とも指摘した。

 一方、医療界の一部は「ファイザー以外にモデルナ、アストラゼネカのワクチンも最終段階の第3相臨床試験が終盤にあるため、米国やEUが調達オプションを行使しない可能性があり、ファイザーが工場を拡張する可能性もあるため、供給不足は生じないことも考えられる」と分析している。

 韓国政府は韓国企業のSKバイオサイエンスが英アストラゼネカ、米ノヴァヴァックスのワクチンを受託生産するため、韓国での生産分の一部を国内用に確保できると期待している。しかし、そうした期待は「絵に描いた餅」になる可能性がある。調達契約を結んでいないため、他国の調達分が解消されるまで待たされる可能性があるからだ。

 一方、中央防疫対策本部は11日、10日のコロナ新規確定患者数が146人だったと発表した。4日連続で3桁台となった。全国で小規模の集団感染が続いている。江原道原州市の医療機器販売業者では6日に従業員が陽性となった後、訪問者、家族、知人などの感染が明らかになり、確定患者が23人に増えた。忠清南道天安市のコールセンターで起きた集団感染も確定患者が41人に増えた。京畿道抱川市の初等学校(小学校)に端を発する集団感染でも20人の確定患者が出た。

朝鮮日報日本語版 11/12(木) 7:59
https://news.yahoo.co.jp/articles/74531ca4c3022d8ec8c5a5089b03485961c4c11c

続きを読む

【韓国】 「パクス・ジャパニーズ」を夢見てきた日本人、代わりに「ファクス(Fax)・ジャパニーズ」帝国作る

1: 蚯蚓φ ★ 2020/10/29(木) 22:43:15.42 ID:CAP_USER
先週経験したことだ。朝鮮日報東京支局のある建物でコロナ患者が相次いで発生した。すぐ上の階の民間企業職員2人が感染判定。止むを得ず自宅勤務を始めた。

家で仕事中、日本のA議員にインタビューすることになりA議員の事務室に電話をかけた。名刺を交換した秘書官が「質問紙をファクスで送ってほしい」と言う。このような回答は東京に勤務しながら日常的に経験しているので驚かなかった。ただし、家にプリンタとファクスがないことが問題だった。

丁重な日本語でお願いした。「申し訳ありませんがコロナのために自宅勤務中なので、Eメールで送れるよう配慮して下されば非常に感謝します。」秘書官は親切だったが例外を認めなかった。「それならコンビニに行ってファクスで送ってください。」説得は通じなかった。

しばらく考えたあげく、国際ファクスを利用することにした。韓国の後輩記者と業務職社員にそれぞれ連絡して事情を説明した。ソウルからEメール発信→編集局で質問紙印刷→東京にファクス送信する3段階の方法を使った。しかし、A議員側は二つとも受信されなかったとし、その時始めてEメールで知らせてきた。Eメールを送って返信を受けとるのに5分もかからなかった。簡単に終わることが、アンケートが東海を四回往復して完了した。

日本での特派員生活は韓国では消えゆくファクスとの同行といっても過言ではない。日本官公庁に連絡すればほとんどファクスで要望事項を送ってくれと言う。国会議員事務室は言うまでもない。

日本経済新聞26日の社説に日本公務員の86%が議員との業務はファクスにする、という調査が載った。それだけ永田町(日本国会がある所)にはファクス文化が根深く席を占めている。日本外務省がレセプションを開催する時も同じだ。東京駐在外交官と特派員がファクスで返信するのがマニュアルだ。

「Eメールにしてはいけないか」と問い合わせでもやはり親切な声の公務員に拒絶された。日本のファクス文化は今年、コロナ事態で社会的問題になった。東京都がファクス2台で1400万都民の健康状態を集計していることが分かって論議がおきた。都内31の保健所からファクスでコロナ感染者の報告を受けて「ジャム」がかかったせいで感染者の脱落、重複集計現象が発生した。

日本は地球から3億キロ離れた小惑星に探査船を送るほどの科学技術力を持つ国だ。月に宇宙飛行士を送る米国のアルテミス プロジェクトには核心パートナーとして参加する。このような国でファクスに固執するアンバランスにはめまいがおきる。

日本人は「パクス ジャパニーズ(Pax Japanese・日本による平和)」を夢見てきたが、その代わりにファクスを愛用する「ファクス(Fax)ジャパニーズ」帝国を作ることに成功したようだ。

ファクスは送る人は大変だが、受信人は直ちに文書をつかんで見ることができるという特徴がある。このためにアナログ時代の縦的関係を象徴する物とされる。日本社会は依然として自民党という巨大政党と官が強大な力を持っている。そうするうちに自分たちだけに便利なファクスに固執する傾向がある。

日本社会は「強い者には弱く、弱い者には強い」という意味の強弱弱強文化が残存しているという批判を受けてきた。こういうものが乙の境遇を配慮しないファクス文化に現れているのではないか。

ちょうど先月就任した菅義偉総理はデジタル改革相新設、官公庁の印鑑をなくすとともに縦割り関係清算を重要な課題として打ち出している。ぜひ彼の改革が結実して旧時代文化を改善し、韓国にも新しい刺激を与えることを期待する。

東京=イ・ハウォン特派員

ソース:朝鮮日報(韓国語)[東京リポート] ‘ファクス ジャパニーズ’
https://www.chosun.com/opinion/2020/10/29/YHYMJTVBJZGTBPK42MRL5GP3P4/

続きを読む

【朝鮮日報】 「アジア・パワー指数」 1位は米国、韓国7位…日本は?

1: 荒波φ ★ 2020/10/28(水) 10:28:54.09 ID:CAP_USER
no title


アジア地域で影響力を発揮している国家ランキングで、韓国が前年に比べワンランクダウンの7位となった。

ブルームバーグ通信が18日(現地時間)報じたところによると、オーストラリアのローウィー研究所が発表した「アジア・パワー・インデックス」2020年版で、韓国は31.6点で7位を占めたという。

米国は前年と同様1位を守ったが、点数の面では前年に比べ3点減の81.6点(100点満点)を記録した。2位の中国(76.1点)と5.5点しか差がない。そのほか日本が41点で3位に入ったほか、インド、ロシア、オーストラリアが後に続いた。特に、オーストラリアは前年には7位だったが、韓国を抜いて6位に上がった。
 
アジア・パワー・インデックスは経済資源や関係、軍事力および国防ネットワーク、外交・文化的影響力、復元力や未来資源など八つのカテゴリーの128の指標を活用し、26カ国・地域を対象にアジアに影響力を及ぼすランキングを付けている。

韓国は昨年32.7点だったが、今年は1.1点下がった。未来資源部門では1.0点上がったが、文化的影響力は4.5点ダウン。北朝鮮は昨年16位だったが、今年は17位となった。


2020/10/28 10:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/28/2020102880058.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト