脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

朝鮮日報

【朝鮮日報】ソウル大AI研究チームの米学会発表論文、かなりの部分が盗作だった

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/06/27(月) 11:28:38.72 ID:CAP_USER
ソウル大のユン・ソンロ電気・情報工学部教授が率いる人工知能(AI)研究チームが最近、米学会で発表した論文に盗作した部分が相当数あることが明らかになった。ソウル大は27日、研究真実性委員会を開き、盗作の経緯と範囲を調査することを決める。ユン教授は文在寅(ムン・ジェイン)政権で大統領直属の第4次産業革命委員会委員長を務めた経緯がある。共同著者の中には、李宗昊(イ・ジョンホ)現科学技術情報通信部長官の息子も含まれている。

 ソウル大などによると、ユン教授が指導した問題のAI研究チームは昨年11月、映像の中の物体の動きや光の変化など不規則で非連続的な情報変化をAI技術でより速く正確に映像として再構成する方法をテーマに論文を発表。それを先週米国で開かれた「国際コンピュータービジョン・パターン認識学術大会(CVPR)2022」に提出し、優秀論文に選ばれた。ユン教授は論文と関連した外部との連絡を担当する責任著者を務めた。普通は指導教授やプロジェクト責任者が責任著者を務める。論文の末尾には科学技術情報通信部傘下の韓国研究財団と情報通信企画評価院の予算が投入されたと記載されている。

 しかし、今月24日、論文の一部内容が既存の論文10本余りを引用ではなく、そのまま書き写した疑惑がユーチューブを通じて指摘され、著者らは25日、SNS(交流サイト)で盗作を認めた。盗作内容は主に研究概要、先行研究紹介、背景説明などに集中していたという。ユン教授は盗作の事実を認めながらも、「第1著者である博士課程のA氏が学会に論文を提出するに当たり、元々の内容を共同著者の同意なしで修正したため、盗作は知らなかった」と釈明した。A氏はツイッターでの回答で、「全ての責任は私にあり、どんな懲戒も受け入れる」と表明した。

カン・ウリャン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/27/2022062780024.html

続きを読む

【朝鮮日報】 韓日慰安婦合意は本当に「屈辱」だったか

1: 荒波φ ★ 2022/06/26(日) 08:27:08.97 ID:CAP_USER
■決して意味は小さくなかった日本の責任認定
■陣営の論理に巻き込まれて水泡に
■5年間、被害者の恨ばかりが募った
■尹錫悦政権はこれを反面教師にすべき

来週のNATO(北大西洋条約機構)首脳会議の舞台から、韓日関係の突破口を探るための外交的努力が始まる。展望は明るいだけではない。「未来志向」の意思は十分でも、現実的な過去史の壁はあまりにも高いからだ。

強制徴用と共に過去史問題の一つの軸となっている慰安婦問題に関連して、最近公開された「外交部(省に相当)-尹美香(ユン・ミヒャン)面談」文書は、数年にわたって傾けられた努力が一瞬で水泡に帰する過程の一断面を見せてくれる。

同じミスを繰り返さないためにも、何があったのか振り返ってみる必要がある。

慰安婦問題で韓国政府が数十年にわたり日本政府に要求してきた核心は、「謝罪と責任認定、それに伴う賠償」だった。その水準についてはいろいろな意見があったが、最も重要なのは被害者が受け入れるかどうかだった。

2015年の韓日慰安婦合意の交渉を行った当局者は、ばかではない。彼らは、合意後に被害者が反対したら自分たちが「売国奴」として追われるであろうことを誰よりもよく理解していた。だから合意前に10回以上も被害者側と接触し、意見交換を行ったのだ。

当時、正義連の代表だった尹美香氏は「私を(被害者側の)窓口にしてほしい」と言ったという。

韓国外交部の文書によると、合意発表前日に交渉団は尹氏に「安倍首相の直接謝罪・反省表明」「日本政府の予算10億円拠出」など、中心的な骨子を事前に伝えた。

そのいずれも、被害者の「恨」(ハン。晴らせない無念の思い)を100%解くことはできないが、「日本政府の予算拠出+首相の謝罪」は日本の責任を明らかにするもので、その意味は小さくなかった。

尹氏も前向きな反応を示したといわれている。交渉家らは「被害者の同意を得た」と考えただろう。

ところが尹氏は、韓国側の措置、すなわち「日本大使館前少女像問題の解決の努力」「国際社会での非難・批判の自粛」「最終的・不可逆的解決の確認」と言う部分は聞かなかったという点を問題にしている。「政府が屈辱合意を隠した」と非難した。

この部分は確かめてみるべきだ。少女像や国際社会での批判は、それ自体が目的ではない。責任認定、反省に背を向ける日本を圧迫するための手段だった。

納得できるだけの謝罪と反省を得られたなら、ことさら国際法的論争を引き起こしながら外国公館前に少女像を置いておく必要はない。少女像を撤去するのでもなく、別の意味ある空間へ移そうというものだった。

また、謝罪・賠償を受けたら韓国が国際社会で日本をののしる理由もなくなる。こうなれば、自然と最終的・不可逆的に問題は解決する。もし日本が合意を守らず、とんでもないことを言い出したら、そのときはまた少女像、国際社会での批判を動員すればいい。

これをもって、合意自体に「屈辱」のレッテルを張るのは正しいことか。

責任認定、賠償の部分に問題があるのなら、尹氏は事前説明を聞いた際に被害者と共有し、「絶対駄目」とブレーキをかけるべきだった。だが慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)ハルモニ(おばあさん)などは「尹美香は合意の内容を知らせてくれなかった」と語った。

合意の発表後、世論では少女像ばかりを浮き彫りにし、「尻尾が胴を振り回す」格好になった。

一度もつれた結び目は、余計に絡む。文在寅(ムン・ジェイン)政権は慰安婦合意を、前政権を攻撃する手段として活用し、外交部は前後の脈絡をきちんと知っていながら「大変な欠陥」があったとして、事実上合意を破棄した。

そのせいで、加害者である日本が「韓国は国家間合意も守らない」と大声を上げる状況になると、文在寅大統領は後になって「両国間の公式合意であることは間違いない」と言った。

慰安婦合意が「かゆでも飯でもない」中途半端な状態になってから5年間、被害者のための措置は一歩も前に進まなかった。その間に、35人いた生存者のうち24人が世を去った。

ただでさえ難題の韓日問題に国内政治、陣営の論理、世論の追い立てが絡むと、このような悲劇が起きる。尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が反面教師にすべき理由がここにある。


2022/06/26 06:23
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480085.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480085_2.html

続きを読む

【朝鮮日報】韓国ガス公社、日本より78%割高でLNG輸入

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/06/24(金) 16:33:13.15 ID:CAP_USER
韓国ガス公社が今年1月、日本よりも78%高い価格で液化天然ガス(LNG)を輸入したことが23日までに分かった。ガス公社が割高な価格でLNGを輸入したことで、韓国全体では輸入価格が平均60%近く割高だった。日本と韓国はそれぞれ世界2位、3位のLNG輸入国だ。

 本紙が韓国貿易協会の輸出入統計を分析した結果、今年1月に韓国は1トン当たり平均1138ドルでLNGを輸入したが、日本による輸入価格は714ドルだった。韓国が約60%割高で導入したことになる。韓国の民間企業は日本を13%下回る620ドルで輸入したが、ガス公社が日本より78%割高の1271ドルで輸入したためだ。韓国はLNGの全量を輸入に依存しているが、ガス公社が民間企業の2倍の価格でLNGを輸入した結果、同じスポット価格ベースで日本に比べ、全体として輸入価格が過度に高くなった。

 ガス公社をはじめとする韓国企業は今年1月、LNG500万トンを約57億ドルで輸入。日本は679万トンを48億ドルで輸入した。2019-21年の数値を比較しても、ガス公社は毎年日本企業より高い価格でLNGを輸入していた。

 ガス公社は世界最大のLNG輸入企業だ。それにもかかわらず、国内民間企業よりも非常に割高なLNGを輸入してきたという指摘に対し、ガス公社は「民間企業は国際LNG価格が安ければ直輸入し、高ければガス公社から調達しており、安定的な物量確保のために割高で輸入せざるを得ない」と話した。

 しかし、そうした主張とは異なり、ガス公社は冬季にLNG在庫が不足し、逆に民間業者からLNGを借り入れていたことが判明した。民間発電業界によると、ガス公社は冬季にガス在庫が不足すると、18年に25万トン、昨年49万トン、今年69万トンを民間業者から借り入れた。業界関係者は「ガス公社から供給を受ければ、ガス公社による導入価格の140%を支払わなければならないという罰則規定がある。それより海外で現物を買った方が安いため、ガス公社から買う理由がない」と話した。実際に民間企業はLNG価格が急騰した今年1月、前年同月比で60%以上の輸入量を増やした。

 仁川大学の孫良薫(ソン・ヤンフン)教授は「ガス公社は備蓄義務と契約時期などを理由に挙げ、民間より高く買わざるを得ないと主張しているが、日本と比べても決して安く導入できないのが現実だ」と話した。孫教授は「ガス契約の秘密維持条項でけん制や監視ができない死角地帯がある」と指摘した。

チョ・ジェヒ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/24/2022062480009.html

続きを読む

【朝鮮日報】 韓国が手を差し伸べたのに…日本は国内政治に埋没し高姿勢

1: 荒波φ ★ 2022/06/16(木) 09:05:25.29 ID:CAP_USER
■首脳会談が実現しない可能性 関係改善のチャンスを失う恐れも

今月末にスペインのマドリードで開催されるNATO(北大西洋条約機構)首脳会議の際に行われると予想されていた韓日首脳会談が実現しない可能性が高まっている。

韓国政府は首脳会談に積極的で、また米国政府もこれを支持しているが、日本側は韓日首脳会談が来月の参議院選挙の悪材料として作用する可能性を懸念し、あいまいな態度を示していることが15日までにわかった。

外交関係者の間では「日本が国内の政治的な理由でせっかくの韓日関係改善の機会を失う愚を犯している」との指摘が相次いでいる。

韓国と日本はNATO加盟国ではないが、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と日本の岸田文雄・首相は特別に招待を受けているため、マドリードで何らかの形で顔を合わせる可能性が高い。

そのため韓国大統領室は尹大統領のNATO首脳会議出席が確定する前から日本側と首脳会談に向け調整を続けてきた。会談の形式も略式ではなく正式会談を目指したという。

今月はじめまで大統領室と韓国外交部(省に相当)では韓日首脳会談実現を楽観しする雰囲気だった。このような雰囲気の中で首脳会談の準備とも言える韓日外相会談も調整されてきた。

ところが日本側の雰囲気は全く違っているという。東京のある外交筋は「文在寅(ムン・ジェイン)前政権は反日扇動に没頭していたが、尹錫悦政権はこれとは違うと期待していた。しかし今はそのような期待もほぼなくなった」と語る。

林芳正・外務大臣が先月10日に尹大統領就任式に出席し、朴振(パク・チン)外交部(省に相当)長官候補者(当時)らと会った結果、尹錫悦政権は両国関係悪化の最大の原因である徴用賠償問題や慰安婦問題の解決を準備していないとの印象を受けたというのだ。

この消息筋は「日本も7月の選挙を前に歴史問題で柔軟な態度を示すのは難しいため、高官同士の会談は大きな負担だ」「しかも先月には韓国が独島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)で海洋調査を行い、日本国内の世論が急速に悪化している。これが会談が実現しない決定的な要因として作用した」とも説明した。

日本の産経新聞はこの日、複数の日本政府関係者の話として「岸田政権はNATO首脳会談の期間中に韓日首脳会談を行わない方針」と報じた。

尹大統領はこの日、出勤の際に上記の産経新聞の報道について「さあ、外交問題が決まる前に何かを確認するのは少し難しい。決まったことはない」と述べた。国家安保室の関係者も「NATO首脳会議の際に必ず韓日首脳会談をすべきというわけではない」とコメントした。

首脳会談に対する日本の消極的な態度を確認した尹錫悦政権もこれ以上は会談実現にこだわらないようだ。当初は今月中旬か下旬に東京で開催予定だった韓日外相会談も日本の参議院選挙後に先送りされる見通しだ。

韓国のある外交官幹部OBは「両国の国民感情に大きく左右される韓日関係はできるだけ任期のはじめに改善のきっかけをつかんだ方が良い」「岸田内閣が国内の政治問題に没頭し関係改善のチャンスを逃した場合、両国政府にとって今後も外交的な負担になるだろう」と指摘した。

韓日関係改善は韓米日三角協力復元に力を入れる米国のバイデン政権の意向でもある。韓日首脳会談は2019年12月、当時の文在寅大統領と安倍晋三首相が出席した韓中日首脳会議の際に中国青島で行われたのを最後に開催されていない。


2022/06/16 09:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/16/2022061680010.html

続きを読む

【朝鮮日報/寄稿】 日本人は本当に韓国が好きなのか

1: 荒波φ ★ 2022/06/11(土) 09:56:29.64 ID:CAP_USER
■最悪となった韓日関係
■相手を説得する最善の方法は

地元のスーパーで韓国商品の販促イベントを見た。「韓国」という看板を制作して天井に設置し、韓国の飲食物を紹介する掲示物も張られていた。日本でよく目にする光景だ。

今や日本で韓国食材は日常生活に溶け込んだようだ。キンパ、ビビンパ、トッポギ、冷麺、プルコギ、チャプチェ、コチュジャン、韓国のりなど、スーパーに行けば韓国食材はいくらでもある。

テレビをつければ韓国ドラマが放映されている。台詞も韓国語そのままだ。学生たちはK-POPに合わせて踊り、カフェでは韓国の歌が流れている。韓国の歌手たちはよく日本にやってくるし、その客席は日本人でいっぱいだ。

民族の自尊心が満たされ胸が熱くなる。テーハンミングク(大韓民国)!しかしすぐ気がかりになる。日本人は本当に韓国が好きなのか。それなら日本政府はなぜ歴史問題で謝罪しないのか。なぜ徴用被害者への賠償を拒否するのか。

この矛盾を説明するためによく使われるのが「本音と建前」理論だ。「日本人は表向きは韓国が好きなふりをするが、本当は韓国が嫌い」ということだ。

本当に? 実際は好きでもないのに無理に韓国食を口にし、ドラマを見る? どう考えてもおかしい。そこから出てくるのが、「政治家-国民分離論」だ。

日本国民は韓国に友好的だが、日本の政治家たちのせいで韓日関係が悪化したというのだ。はたしてそうか。

現在、徴用問題や慰安婦問題に関して日本国内ではほぼ共通認識が形成されている。日本の5大新聞は左右のイデオロギーに関係なく、「最近の韓日関係悪化の一次的な原因は韓国にある」とどこも社説で主張している。

左派系の野党でさえ「まずは韓国側が問題を解決すべきだ」としている。世論調査の結果をみても日本国民の約3分の2は徴用と慰安婦問題については政界やマスコミと意見が同じだ。

日本人は矛盾だらけなのか。この問題の答えを探すために同じ質問を自分たちにしてみたらどうか。

韓日関係が悪いのは昨日今日の話ではない。過去十数年にわたり日本に対する好感度は最悪だった。しかし日本を訪れる観光客は多い。

コロナ前の日本への観光客は全体で年間ほぼ3000万人だったが、うち約700万人が韓国人だった。コロナによる規制が解除され日本ツアーはまた飛ぶように売れている。日本が嫌いと言いながら韓国人はなぜ日本に旅行に行くのか。

韓日関係が最悪となったここ数年の韓国の対応も日本人にはミステリーだ。国際政治の舞台で他国が韓国の言い分を聞かない場合、よく使われる手段が輸出禁止だ。通常は「制裁」といわれるが、簡単に言えば韓国の商品を使うなということだ。

太平洋戦争が起こる直前、日本に対して米国が使った手段も「輸出禁止」だった。相手に経済的な苦痛を与え、それによってこちらの言い分を聞かせる外交手段の一つだ。

ところが韓国政府の高官は「竹槍を持とう」と言いながら輸出禁止はしなかった。政府次元で日本に打撃を与えるような措置は事実上全くなかった。当時の韓国ではビールや衣料などの消費財で市民によるボイコット運動が行われただけだった。


張富承(チャン・ブスン)関西外国語大学国際政治学科教授/2022/06/11 08:44
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/11/2022061180009.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/06/11/2022061180009_2.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト