脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

朝日新聞

【朝日新聞】移民の声を受け入れない日本を歌う韓国ラッパー…日韓関係が悪化すると国を背負わされる。移民も日本の一部で貢献してるのに

1: 鴉 ★ 2020/05/25(月) 23:39:55.78 ID:CAP_USER
●明日も喋ろう 韓国出身のラッパー、モーメント・ジューンさん

大阪在住で韓国出身のラッパー、モーメント・ジューン(29)。リリック(歌詞)に、この住所が繰り返し出てくる。モーメントの覚悟だ。

高校卒業後、19歳で日本に留学。徴兵による軍隊生活も経て、現在は大阪大学大学院で学びながら音楽活動をしている。

日本に来たのは、韓国の受験戦争で落ちこぼれたから。より生きやすい人生を求めて来た、ただの「移民」だ。だが、「日本は好き?」と、繰り返し聞かれる。一番もどかしさを感じるのが、反論できない「悪意のない優越感」だ。「日本人が優越感に浸るために外国人が存在しているのか」。

移民の声を受け入れない日本社会を歌う。

「日本の悪口言うだけでしょ?しつこく 日本を歌う前に韓国から変えてこいよ」

日韓関係が悪化する中、両国間に何か起きれば、「おまえはどっちだ」と国を背負わされる。移民も日本の一部で、社会や経済に貢献しているのに。


https://www.asahi.com/articles/ASN5Q0THLN4VPIHB001.html
相手の懐で始まる対話 冷え込む日韓

続きを読む

【AERA】 韓流・K-POPの限界   日韓関係改善の役割に期待していたが嫌韓と住み分けができておしまい

1: 鴉 ★ 2020/05/16(土) 10:56:07.03 ID:CAP_USER
韓流・K-POPの限界「嫌韓と住み分けができておしまい」と韓国語学の大学教授

 K-POPをはじめとする韓国カルチャーが若者の間でブームとなって久しい。日韓関係改善においても、文化交流の果たす役割に期待する声もあるが、北海商科大学教授(韓国語学)で、国際交流センター長の水野俊平氏はシビアな見方をする。16年間の韓国在住経験があり、『韓国の若者を知りたい』(岩波ジュニア新書)、『庶民たちの朝鮮王朝』(角川選書)などの著書がある水野氏にKPOPの影響を聞いた。


*  *  *

――韓国のアイドルBTSの世界ツアーが4月末、コロナ禍で「再調整」となったことは日本でもいち早くニュースになりました。それほど韓国カルチャーが日本で浸透しています。

水野氏(以下敬称略):私が勤める北海商科大学でも韓国語の授業はたいへんな人気です。教養科目としてですが、週9時間もの授業を受けられます。そのため学生が全道から殺到している状態です。最近は、要望があって高校にまで教えに行っていました。

――受講生はK-POPファン? 韓国の芸能人が発するSNSを読みたい、話していることを理解したいという気持ちが韓国語を学ぶ大きなモチベーションになっていると多方面から聞きます。

水野:大半はそうでしょう。受講する学生の9割が女子。最近は男子も受講するようになってきています。大学の交換留学の制度には定員の4倍もの応募がありますよ。ハングルを学びたいというのは、日本人ばかりではありません。私は大学院でも教えていますが、その受講生には中国人留学生が多いんですね。半分は単位取得目的、もう半分はKPOPのファンですね。3年ほど前から、韓国に行きたい、韓国で働きたいという10代の若者が増えてきた印象です。

――K-POPの影響は大きいですね。その若者の熱意は、何らかの形で実を結ぶのでしょうか。

水野:実際に韓国企業に就職した学生もいますが、数は少ないです。観光などの業種で韓国とのつながりをもって働くパターンはあります。

 ただね、韓国で働くって、そんなに甘くはありません。旅行で「お客さん」として訪れる分にはいいでしょう。でも冷静に考えて、そこに住んで、一生のキャリアを積むことができますか。韓国は先進国です。そこで通用するようなスキルがないとそもそも就職は難しいですよ。また、能力・実力が同じならば、日本人ではなくて韓国人を採用するでしょう。それは日本でも同じではないでしょうか。


短期の留学に学生にも、そこまでシビアな現実は語りませんが、最低限、自分の身を守れるようには教えています。昨年は反日運動が盛り上がっている中で、保護者の心配もありましたから。

――若者の間で韓国カルチャーがブームの一方で、今は「嫌韓」も目立つ。この相反する現象をどのようにみていますか。

水野:残念ながら、K-POPファンは「韓国」には興味がないという人がほとんどです。わかりやすく言えば、コスメ、グルメ、イケメン三つの「メ」以外には興味がないのです。韓国の文化や歴史、政治に関心を寄せる人がどれだけいるでしょうか。完全に趣味の領域なのです。


 もちろん、個人の好みを否定するつもりはありません。確かにBTSなどは世界的なアイドルで非常に洗練されています。日本にはそうしたカルチャーがない。だから惹かれるんですね。実力があるので、日本で人気が出るのも当然です。

 しかしながら、「嫌韓」とK-POPファンはお互いの関心事が異なるので、交わることはありません。「嫌韓」は、結果を出しているKPOPの実力も否定したがりますが。とはいえ、特にネット上では、両者はきれいに住み分けができておしまい、それが現実なのだと思います。

(聞き手・構成/AERA dot.編集部・鎌田倫子)
https://dot.asahi.com/dot/2020051300063.html

続きを読む

【韓国報道】日本の朝日新聞が、コロナに対応するため「日本と韓国が共同歩調に乗り出すときだ」と提案した

1: ろこもこ ★ 2020/05/14(木) 21:33:24.14 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00258618-wow-kr
日本の朝日新聞が、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に対応するため「日本と韓国が共同歩調に乗り出すときだ」と提案したことが韓国で大きく報道されている。

【もっと大きな写真を見る】

朝日新聞は13日付けの朝刊に掲載した“コロナと日韓、危機をバネに協調を”というタイトルの社説を通じて「韓国の経験と対策が日本を含む国際社会に重要な実例情報をもたらしているのは間違いない」と伝えた。

また「ところが今の両国間では目に見える協力が乏しく、嘆かわしい状況が続いている」とし「協力を阻む背景の一つは相変わらず歴史問題と、それに起因する折からの対立である」と指摘した。

社説は特に「両国間には、韓国から医療物資を日本に送ろうとする動きがある。だが韓国政府は一部市民による反対運動を意識せざるをえない状況である」とし「日本政府も韓国への支援要請に慎重な姿勢を崩さない」と主張した。

この内容は早速、韓国で大きな反響を呼んでいる。社説はつづけて「(両政府は)体面にとらわれず情報を共有して物資を融通し合い、危機を乗り越えるべきだ」と注文した。

韓国政府には「対日政策での大胆な決断を」、日本政府には昨年7月から施行中である対韓輸出規制強化措置を「直ちに取り下げ」ることを要求し、「この危機をむしろ、日韓関係のリセットの契機にする」ことを提案した。

続きを読む

【朝日新聞】日本と韓国は共同歩調に乗り出すときである。日本は対韓貿易規制強化を直ちに取り下げよ(社説)

1: 鴉 ★ 2020/05/13(水) 07:12:14.08 ID:CAP_USER
 新型コロナ禍の世界的な広がりにどう立ち向かうか。アジアを代表する自由主義の主要国として、日本と韓国は共同歩調に乗り出すときである。


 文在寅(ムンジェイン)大統領は就任から3年を迎え、今月の演説でコロナ対策の成果を強調した。韓国の徹底した検査と追跡、治療の体制が、国際的に成功例として評価されていることを意識した。

 任期5年の韓国の政権は、後半は人気が下がるのが通例だ。文政権も一時は陰りが見えたが、最近の調査では7割以上の支持率へと息を吹き返した。感染症対策への国民の信頼が強い追い風になったのである。
 ただ、韓国も偶然に対策を編み出したわけではない。5年前に別のコロナウイルスで起きる中東呼吸器症候群(MERS)が流行し、多くの被害を出した教訓の上に構築されたのが今の体系である。

 個人情報の扱い方など、国によって考えや事情は異なる。韓国でも規制の緩和後に再び集団感染が起きるなどしており、最終的な評価はまだできない。
 だとしても、韓国の経験と対策が、日本を含む国際社会に重要な実例情報をもたらしているのは間違いない。
 ところが今の両国間では目に見える協力が乏しく、嘆かわしい状況が続いている。


 協力を阻む背景の一つは相変わらず歴史問題と、それに起因する折からの対立である。
 両国間には、韓国から医療物資を日本に送ろうとする動きがある。だが、韓国政府は一部市民による反対運動を意識せざるをえない状況だ。一方の日本政府も、韓国への支援要請に慎重な姿勢を崩さない。
 深刻な事態の中で、不毛な駆け引きに陥る余裕はない。両政府は防疫問題の政治化を避けねばならない。体面にとらわれず情報を共有して物資を融通し合い、危機を乗り越えるべきだ。

 文氏は今回の演説で、世界の感染症対策をリードする目標を示した。安倍首相も先月、東南アジア諸国連合と日中韓の会議で、「ASEAN感染症対策センター」の設立を提案し、情報共有の大切さを強調した。
 中国の感染源に近い最前線の国として、日韓両国が国際貢献を誓うのは評価できる。その実現のためにも、両国間で知見を高め合うために担当閣僚同士の対話を始めてはどうか。


 先の韓国総選挙で圧勝した文政権は、残り任期で対日政策での大胆な決断をするべきだ。安倍政権も、昨年導入した対韓貿易規制強化を直ちに取り下げ、関係を立て直す必要がある。


 この危機をむしろ、日韓関係のリセットの契機にする。そんな知恵を絞ってもらいたい。


https://www.asahi.com/articles/DA3S14473623.html
(社説)コロナと日韓 危機をバネに協調を
2020/5/13 5:00

続きを読む

【朝日新聞】朝鮮学校にマスク配らないのは差別だ。なぜ明らかに不合理な差別が行われるのか

1: 鴉 ★ 2020/05/10(日) 13:43:16.23 ID:CAP_USER
 「休校で仕事を休んだ保護者への助成金は、風俗業は対象外」「朝鮮学校幼稚部はマスク配布の対象外」――。新型コロナ対策で政府や自治体の差別的な運用が批判される事例が目立つ。感染拡大防止の観点からは明らかに不合理な差別が、なぜ行われるのか。

 「コロナで急に特別な差別が始まったのではなく、普段の差別や不平等が『見える化』されたにすぎない」。外国人児童の調査・支援を行う小島祥美・愛知淑徳大教授はそう語る。

 さいたま市は3月、保育園・幼稚園職員にマスクを配ったが、「各種学校」に分類される朝鮮初中級学校幼稚部は、所管でないとして当初は対象外だった。「これまでも各種学校は健康を軽視され、学校での健康診断を定めた法律の対象でもなかった。非常時でも従来の発想の延長線上で差別がある。コロナは国籍を選んで感染するわけではない。こうした不平等は社会全体にリスクとなって返ってくる」

 公の政策だから線引きに理由は付される。マスク非配布は「市が監査できる所管施設でない」からだし、風俗業の除外は「雇用維持のための既存の助成金制度にある同様の規定を適用した」だけ、と。これらは差別ではないのか。


https://www.asahi.com/articles/DA3S14470567.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト