脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

朝日新聞

【朝日/AERA】絶景車窓だけじゃない車内には足湯まで! 韓国観光列車たち

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/22(土) 13:41:52.96 ID:CAP_USER
 沿線の絶景や美食などをテーマに、設備やサービスに趣向を凝らした観光列車。いまや鉄道の旅の1ジャンルを確立するまでに成長を遂げてきたが、お隣・韓国でもここ10年ほどの間に続々と観光列車が登場し人気を集めている。車窓をテーマにした列車はもちろん、“秘境駅”を活かした列車や非武装地帯観光という韓国ならではの列車までお目見え。日本とちょっと違う韓国の観光列車のいくつかを紹介してみたい。

《省略》

■足湯やオンドル部屋もあるのは韓国ならでは

 韓国らしさを体験したいなら、「G-Train」(西海黄金列車=ソヘクンビッヨルチャ)がおススメ。

 ソウルの副ターミナルである龍山(ヨンサン)と中西部のジャンクション・益山(イクサン)との間を、西海岸地方を縦断する長項(チャンハン)線経由で結ぶ。

 鮮やかな黄色一色で外装が整えられたディーゼル機関車が黄色や緑、赤など色鮮やかな客車を牽引。見た目にも楽しい列車だが、ユニークな車内設備がまた楽しい。

 客車5両編成のうち中央の3号車は「ヒーリングルーム」と呼ばれるパブリックスペース。飲食物やお土産などを扱うカウンターを備えカフェやイベントスペースとして利用されるが、この車両の目玉はなんと足湯。車両の一隅に6人分の浴槽を設け、車窓を眺めながら足湯を楽しむことができるのである。

 いまひとつの注目設備は5号車のオンドル客室だ。オンドルは韓国や中国北東部などで見られる床暖房。伝統的な韓屋(ハノク)をイメージしたデザインのパーテーションで4人用のオンドル個室が9室用意され、家族やグループ旅行の人気設備となっている。

 オンドル部屋も足湯も、個人的には夜行列車にも連結してもらいたいと思うが、韓国らしいユニークな設備であり列車だといえるのではないだろうか。

■「ななつ星in九州」の先輩格ともいえる豪華列車も

 このほか、茶室風のラウンジで伝統茶などが楽しめる「S-Train」(南道海洋列車。ソウル~麗水EXPO<ヨスエキスポ>間と釜山(プサン)~寶城(ポソン)間)や、「A-Train」(旌善アリラン列車。清凉里<チョンニャンニ>~アウラジ間)、非武装地帯(DMZ)を訪れる「DMZ-Train」(運休中)などが観光列車として活躍している。

 いずれも乗車券を買えば一般列車と同じく利用可能なので、韓国旅行のさいの国内移動手段として選んでみるのも面白い。

 そんななか、「ヘラン」は韓国随一の豪華列車として運行されている究極の観光列車だ。個室寝台車とラウンジ、食堂車からなる特別編成列車で、最上級の「スイートルーム」はキングサイズベッド(184×200ミリ)や大画面TV、冷蔵庫、シャワー室などを備えた超豪華客室。4タイプの客室のうち、4人用の「スタンダード」を除き全室にシャワールームが備わる(「スタンダード」では共用シャワー室を用意)。

 もとは2008年に北京五輪開催に合わせ、北朝鮮経由で北京に至る国際列車として計画された経緯を持ち、2008年3月からツアー列車として運行を開始している。現在は全国一周(2泊3日)のほか東部圏および西部圏コース(各1泊2日)が組まれ、ソウル駅を起終点に途中駅での観光下車を交えながら周遊するというスタイルになっている。

 私自身、この列車の存在を知ると、「こういう列車は九州や北海道なんかにも向いてそうだなぁ」などと夢想したものだったが、2012年の「ななつ星in九州」を皮切りに、各地でツアー形式の豪華寝台列車がお目見えしているのは御周知の通り。考えようによっては、その先輩格が「ヘラン」というふうに解釈することだってできそうだ。

 目下、文化的な交流は盛んなものの、政治的理由などからギクシャクが続いている日本と韓国だが、お互いの旅先では笑顔が出迎えることのほうが多いハズ。ときには、ここで紹介したようなユニーク列車に乗って韓国の地方を散策、鉄道の旅を通じてその文化を垣間見てみるのも意義深いのではないだろうか。(文/植村誠)

植村 誠(うえむら・まこと)
https://dot.asahi.com/dot/2020020700007.html

更新 2020/2/22 08:00

no title

続きを読む

【朝日新聞】 復興相、福島の食材、韓国念頭に「そっちの国より安全」・・・輸入規制を続けている韓国の態度をさらに硬化させる可能性

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/02/18(火) 20:49:19.70 ID:CAP_USER
田中和徳復興相は18日、東日本大震災から丸9年を前にした報道各社の共同インタビューに応え、
福島県産を中心とした被災地の食材が一部の国・地域で輸入規制され続けている現状について、
韓国を念頭に「そっちの国より(日本産のほうが)よっぽど安全だし、きれいだ」と述べた。

輸入規制を続けている韓国の態度をさらに硬化させる可能性がある。

発言の根拠について、田中氏は「福島の食材は日本の中でも問題はない低い(放射能の)数値だ。
韓国の数値も把握している。(日本は)世界中でもっとも厳しい基準をクリアしているものを流通させている」と説明した。

食品に含まれる放射能の基準は、東京電力福島第一原発事故を受け、日本は1キログラム当たり「100ベクレル」と厳格化した。

一方、韓国は同370ベクレル、米国は同1200ベクレル、EUは域内流通で1250ベクレルと、各国地域で基準が異なる。
https://www.asahi.com/articles/ASN2L6KT1N2LULZU00L.html

続きを読む

【朝日新聞】韓国、日本への渡航自粛? ちぐはぐ基準に広がる困惑

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/15(土) 09:33:45.20 ID:CAP_USER
 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためとして、韓国保健福祉省が日本などへの渡航自粛を勧告した。ただ、外交省は異なる見解を示しており、航空会社などで混乱も生じている。
 保健福祉省の勧告は11日付。韓国国民に対して中国以外にも、新型ウイルスの感染者が確認された日本、シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、台湾の6カ国・地域への渡航自粛を求めた。同省は「世界保健機関(WHO)が感染を確認した地域」と説明した。

 だが、韓国外交省は自粛は必要ないとの見解だ。同省は国民の海外渡航に関して①旅行留意②旅行自粛③撤収勧告④旅行禁止――の4段階の警報を設ける。新型ウイルスを理由に、中国湖北省を「撤収勧告」、中国のその他の地域(香港・マカオを含む)を「旅行自粛」とするが、日本など6カ国・地域は対象外だ。

 航空会社の関係者によると、韓国政府のちぐはぐな対応により、韓国や日本の航空会社には困惑が広がっているという。政府の要請で旅行をキャンセルするならば、手数料は免除されるべきだとの声が利用客から寄せられるためだ。この関係者は「保健福祉省と外交省の見解は異なっており、対応に悩んでいる」とこぼす。

朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASN2G641XN2GUHBI00Z.html

ソウル=鈴木拓也2020年2月14日18時57分

続きを読む

【朝日新聞】韓国を愛しています  僕の人生を変えた1杯のコーヒー

1: 鴉 ★ 2020/02/08(土) 13:49:38.44 ID:CAP_USER
● 僕の人生を変えた1杯のコーヒー

 今年最初の週末。ソウルの観光名所・仁寺洞は、家族連れやカップルでにぎわっていた。檜垣祐太郎さん(24)は友人の日本人女性と街頭に立った。片手でスケッチブックを頭上に掲げた。日韓の国旗を描き、英語でシンプルなメッセージを添えた。

「フリーハグ 私たちは一つ」。

裏面には韓国語で「韓国を愛しています」。


 1時間で約30人とハグを交わした。「韓国が好きなの?」「頑張ってね」。声をかけられ、「ありがとう」と一言ずつ、日本語と韓国語で返し続けた。気温は5度。ひざは痛んだが、寒さは感じなかった。
 昨年9月に活動を始めた。ソウルの光化門広場でフリーハグを行い、SNSで話題となった桑原功一さんの動画を見たのがきっかけだった。「これだ」と思った。

 徴用工問題で日韓関係は急速に悪化した。広島に住む母親は息子が危険な目に遭うのではと心配する。SNSを通じて、見知らぬ人からも同じような質問が届く。危なくないと言葉で説明しても理解されない。だから、街頭に立ち、ハグする様子を動画で発信しようと考えた。

朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASN234TKCN17UHBI01L.html

続きを読む

【朝日新聞解説委員】安倍政権の強硬策が生んだ韓国市民の「日本離れ」

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/05(水) 11:56:39.39 ID:CAP_USER
 韓国社会のパンドラの箱を開けてしまったのか。

 徴用工問題で韓国の文在寅(ムンジェイン)政権を動かそうと日本政府が踏み切った輸出規制強化は、歴史問題であっても黙ってはいないという安倍政権ならではの試みだった。だが、実際にこれまでに起きているのは、事態の打開どころか、韓国の長年の課題だった「日本依存からの脱却」である。

 昨年暮れ。ソウル中心部、青瓦台と呼ばれる韓国大統領府近くに向かう小型乗り合いバスは、何人詰め込めるかを競っているかのように超満員だった。

 ブレーキを踏むたび、つり革を持ったままの我が身は傾くが、もとのまっすぐな体勢に戻れない。バランスを大きく欠いた弥次郎兵衛状態に何とか耐えていると、座席にいる2人の女性――職場の先輩とみられる女性と後輩とおぼしき女性――の会話が耳に入ってきた。

 先輩 あなたこの前、1週間ぐらい休んでたよね?
    どっか行ってきたの?
 後輩 えっ。あっ。
    (小声でつぶやくように)こんなとこで言っていいのかなあ
 先輩 大丈夫よん
 後輩 (声をひそめて)ゆ・ふ・い・ん♡
 先輩 えっ!!
 後輩 (口元を右の人さし指で押さえ)シー!
 先輩 (こちらもひそひそと)で、どうだったの?
 後輩 (耳元で)も、サイコー。
    3年ぐらい前に行った時は温泉はごった返して、
    朝食ビュッフェもだいぶ並んだんだけど、今は余裕。
    行くなら今よ、オンニ!
      
(オンニ=女性が目上の女性を呼ぶ時の「お姉さん!」の意)

 先輩 へえ。でも私はもう日本はいいかなあ。
    何回か行ったし。やっぱ今はベトナムっしょ

 何と言うことのない会話だが、韓国社会の雰囲気や日本観、最近のトレンドが詰まったやりとりだった。

《以下略》

論座
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020020300001.html?page=1

2020年02月05日

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト