脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

朝日新聞

【AERA】 慰安婦訴訟で韓国地裁が日本政府に「3月までに財産開示」命令  日韓で火種 「経済制裁で対抗する可能性も」

1: 荒波φ ★ 2021/09/05(日) 10:39:30.25 ID:CAP_USER
韓国のがソウル中央地裁が1月に元慰安婦ら12人への賠償を日本政府に命じた確定判決をめぐり、日本政府に韓国内の財産目録を来年3月21日までに提出するよう命じる決定を同地裁が1日までに下した。

日本政府は、国際法上の原則「主権免除」を盾にこの判決を認めておらず、地裁の命令にも応じない方針。これから日韓関係の火種となりそうだ。

1月に同地裁が日本政府に賠償を命じた判決を出し、国家は他国の裁判権に服さないとする国際法上の「主権免除」を主張していた日本政府は控訴せず確定した。

日本政府の資産の差し押さえに関しては、同地裁が3月に外交関係や在外公館などについて定めたウィーン条約に違反する可能性があることを理由に認めなかった。

原告側はこれを不服として抗告すると、同地裁は6月に国家免除の例外が認められるとして、日本の賠償責任を再確認し、日本政府に財産開示命令を下していた。

「日本政府は今回の判決に応じないでしょう。1965年の日韓基本条約で請求権協定が締結され、慰安婦問題は解決済みというスタンスです。そもそも、韓国の裁判所が日本に賠償や財産開示を命じるという事は主権侵害となる。そうなると、日本側は『日韓基本条約の請求権協定を反故にした』として韓国の資産を請求したり、経済制裁で対抗する可能性がある。このままエスカレートするようだと、韓国側の方が苦しい立場に追い込まれると思います」(韓国駐在の通信員)

今回の判決を受け、韓国の文在寅大統領は難しいかじ取りに迫られている。文政権は元慰安婦に寄り添う姿勢を示し、17年8月14日に「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」が国の記念日に指定された。

報道によると、今月14日の式典に文大統領はビデオメッセージを寄せ、「生きている間に恨(ハン)を解いてあげられず申し訳ない」、「被害者中心の問題解決という国際社会の原則を守り、一人ひとりの名誉を回復し、心の傷がいえるように支援する」と語った。

その上で、「韓日両国と世界の若者たちが(元慰安婦の)生きた姿から互いのことを理解することを望む」と呼びかけたという。ただ最近になり、文氏は日韓関係の外交的解決を訴えている。このビデオメッセージの中でも直接的な日本批判を避けている。

「文大統領は外交的解決を訴えていますが、日本政府は『韓国国内の問題』と捉えているので会談に応じるつもりはない。両政府はお互いの考えが平行線だと分かっている。ただ、韓国の裁判所が日本政府に賠償命令、財産開示請求と判決を下しているので韓国政府は動かざるを得ない。文大統領は裁判の判決を支持すれば、国民の支持率が上がりますが、日本政府から経済制裁を受けるリスクがある。悩ましい問題だと思います」(テレビの政治部記者)

SNS、ネット上では

「他国の政府への訴訟を自国の裁判所へ提訴して受け付けられる国家は韓国だけです。この差し押さえ手続が実際に実行されれば世界的なニュースになると思います。とにかく無視以外の方法はありません」、
「これで韓国政府が何も言わないんだから、日本が毅然とした報復をしない場合、国際法を守っていない事を良しとする国と思われても仕方が無い。何もしない事は、世界の国からの信用を失う事と同義なので、当然動くんですよね」

などのコメントが相次いでいる。

両国の政府はどのような対応に出るだろうか――。

2021.9.5 09:00
https://dot.asahi.com/dot/2021090400017.html?page=1
https://dot.asahi.com/dot/2021090400017.html?page=2

続きを読む

【朝日新聞/社説】日韓会談見送り 対話の流れ強め打開を

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/07/22(木) 05:29:19.18 ID:CAP_USER
 東京五輪の開会式に合わせた韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の来日が、見送られた。菅首相との会談に向けた事前協議で折り合いがつかず、時間切れになった。

 世界的な行事の開幕に隣国の首脳がかけつけ、友好の意思を確かめ合う。そんな最低限の善隣外交すらできないのが、日韓の現状である。

 両政府が口をそろえる「未来志向」を語るには、いま責任を持つ政治指導者が道を切り開くしかない。両首脳は一日も早く関係を正常化する努力を惜しんではならない。

 1泊2日の訪問日程は早くに固まったものの、その後の協議の結果、韓国側が「会談の成果とするには不十分」と判断し、訪日の見送りを決めた。

 韓国側は、日本が2年前に始めた韓国への輸出規制強化の撤回を求めた。代わりに軍事情報の交換と保護をめぐる協定の扱いを絡めようとしたが、日本側は歴史問題の解決が先決だとして取り合わなかったという。

 文氏は今年に入って、対日関係の改善を訴えている。6月のG7サミットに続き、今回も首脳会談に意欲をみせていた。

 大統領の残り任期が10カ月を切り、このまま対日関係を放置すれば「負の遺産」を残すとの焦りがあるようだ。

 だが、根本的な問題の打開に必要なのは、具体的な行動である。最大障壁となっている徴用工と慰安婦問題をめぐる韓国の司法判断に、行政府として対処する政治判断を示すべきだ。

 一方で、対韓関係のみならず、朝鮮半島政策全般に意欲を感じさせない菅首相の態度も、どうしたことか。

 韓国との間で特定の問題があるにせよ、近隣の国際環境を把握し、外交策を練るうえで会談の機会を生かすのは首相として当然の責務だ。だが、そうした問題意識すら見えてこない。

 この間に、在韓日本大使館の公使が韓国側を揶揄(やゆ)したような不適切発言をした。外交官としてあるまじき言動は非難されるべきだが、そうした官僚の空気を首相はじめ政治の側が助長しているのではないか。

 韓国大統領府の高官は、今回の協議では歴史問題などについて「理解の接近があった」と述べた。ならば、その機運を生かし、外相会談などさまざまなレベルで協議を継続し、懸案を克服すべきだ。

 きのうは日米韓の4年ぶりの外務次官級会合が、東京で開かれた。北朝鮮への対応や中国問題、台湾海峡情勢などについて意見交換したという。

 東アジアで切迫する懸案の多くを、日韓は共有している。両国首脳は大局を見すえ、不毛な対立から脱するべきだ。

朝日新聞デジタル 2021年7月22日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14983911.html?iref=pc_rensai_long_16_article

続きを読む

【朝日新聞】韓国食堂、京都市で急増中 「幸せ感」再現で一部に人気

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/05/18(火) 17:49:49.07 ID:CAP_USER
大貫聡子

 店名はハングルのみ。年季の入った店内にはアルミの丸テーブル――。あれ? ここは韓国だったっけ? そう錯覚してしまうほど、ソウルや釜山(プサン)の市場にありそうな韓国の食堂が京都市内で急増中だ。新型コロナの影響で渡韓できない韓国好きな女性たちの心をとらえている。

 昨年10月にオープンした「ミリネヤンコプチャン」(京都市下京区)は夕方になると焼き肉を楽しむ女性たちでいっぱいになる。店外も店内にもほとんど日本語はない。縦置きのエアコンや天井からぶら下がる店名の入った看板、ティッシュケースや店の外に置かれたビールケースまで、韓国の裏通りにある食堂そのもの。煙でくもった店内で食事をしていると、飛び交う日本語が不思議に思えるほど。まさに歩いて行ける韓国だ。

飾り気ないけど「しみじみおいしいなぁって」

 オーナーの全敞一(ぜんしょういち)さん(38)が神経を配ったのは「韓国風」ではなく、実際に全さんが韓国のある食堂で食べた時に感じた「幸せ感」まで再現することだった。「接客も料理も飾り気はないけど丁寧で、しみじみおいしいなぁって感じたんです」

 牛のミノと小腸を焼いて野菜に包んで食べるヤンコプチャンは釜山(プサン)名物。釜山のホルモン通りに実在する店をイメージし、食器やエアコン、焼酎のポスターなども韓国から取り寄せた。

 新型コロナウイルス感染対策で、営業時間の短縮を求められるなど飲食店には厳しい状況が続いているが、SNSで「本当に韓国に行ったみたい」と20代の女性を中心に注目を集めている。

 今年1月にオープンした「ソガシッタン」(東山区)もソウルの繁華街ミョンドンにある食堂をイメージしてつくった。メインは近江牛でつくるテールスープ。ランチタイムに訪れる女性が想像以上に多いという。取材に訪れた4月11日の昼時に店を訪れていた東山区の歯科衛生士の女性(30)は「ステイホーム中に韓国ドラマにはまって、食べに来た」という。左京区の会社員の女性(28)も、まだ韓国に行ったことはないといい「コロナが終わったら、実際に行ってみたい」と話した。

 釜山の郷土料理「ナッコプセ」を提供する「ナム京都駅本店」(下京区)も、青いシートで覆われた屋台「ポチャマチャ」を模した店内が話題になっている。同店を経営する月山昇龍(しょうりゅう)さん(35)によれば、「五感で感じる韓国」が店のコンセプト。食器やプラスチックのイス、蛍光灯に至るまで実際のポチャマチャを再現したという。2019年5月のオープン以降、京都と大阪に支店を拡大、計5店まで急成長した。

 コロナ禍のステイホームに端を発する第4次韓流ブームも注目を集める理由の一つだ。韓国ドラマ「梨泰院クラス」や「愛の不時着」が人気を博したものの、以前のように気軽に渡韓はできない。月山さんは人気の理由を「韓国に行きたくても行けない人たちが、味だけでなく空間でも韓国を味わいに来ている」と分析する。

 緊急事態宣言で、ナムは5月末まで休業。他の店も営業時間が通常から変更されている。(大貫聡子)

第四次韓流ブーム「受け手のアンテナも高く」

 日本国内にある各地の韓国料理店を、20~30代の女性8人で紹介するインスタグラム「hanilog(ハニログ)」を運営する宮口佑香さん(30)によると、「以前は『インスタ映え』を求める人が多かったが、最近はきれいさよりも、リアルな韓国が良いと思う人が増えている」と話す。

 ハニログがインターネットで52人を対象に、飲食店で「韓国にいるみたい」と感じるポイントを尋ねたところ、店内に韓国語が飛び交っていることや、韓国のテレビ番組が流れていることなど、雰囲気を重視する人が多かったという。

 コリアン・フード・コラムニストの八田靖史さんは、第4次韓流ブームの影響で、韓国系の飲食店の出店が全国で相次いでいると指摘する。店の雰囲気だけでなく、料理も現地感が重視されているという。八田さんは「韓国の地方の郷土料理を日本で食べられるようになるなど、提供される韓国料理の切れ味が鋭くなっているし、受け手のアンテナも高くなっているように感じる」と話す。

朝日新聞デジタル 2021年5月18日 16時25分
https://www.asahi.com/articles/ASP5K72Q6P4LPLZB005.html

続きを読む

【中央日報】 日本、韓国「反日」現象の誤報・誇張が依然として多い

1: 荒波φ ★ 2021/05/08(土) 11:22:13.17 ID:CAP_USER
※韓国ドラマの寿司や酒(ソース元参照)

※NiziU(ソース元参照)


いったい「反日」とは何だろうか。最近、反日について考える機会があった。

日本では4月末から5月初めまで「ゴールデンウィーク」連休だ。今年は新型コロナ感染が広がり、東京・京都・大阪・兵庫の4都府県に緊急事態宣言が発令され、家で過ごす人も多いようだ。

休館する映画館も多い中、ミニシアター(芸術映画館)の中には給付金も受けられず営業を続けているところもある。

こうした厳しい状況の中、ミニシアターで話題になった韓国映画がある。キム・ミレ監督のドキュメンタリー映画『東アジア反日武装戦線』(日本タイトル『狼をさがして』)だ。

東アジア反日武装戦線は1970年代の三菱重工業爆破事件など連続企業爆破事件を起こした日本左翼グループだ。

日本帝国主義による植民地支配や労働搾取を批判する目的だったが、過激な行動のため多くの死傷者が発生し、日本ではダブー視する事件となっている。

私はキム監督と日本の配給会社が最初にミーティングをする時から通訳を務めた。実際、1982年生まれの私はよく知らない事件だったが、日本の記者らのインタビューを通訳しながら大きな関心に驚いた。

もともとキム監督は「(日本では)関係者らを対象に上映会をしたい」と劇場公開まで期待していなかったが、多くのメディアが報道し、30館近い映画館で上映されることになった。

◆反日・嫌韓を利用する政治家・メディアを警戒

日本の記者らはまず「なぜ韓国の監督が日本の事件を素材に映画を制作したのか」と尋ねた。

ところがキム監督は基本的に韓国の観客を考えて作ったという。「東アジア反日武装戦線を通じて韓国の加害についても考えることになった」と伝えた。

日本で日本人が日本の加害について批判する構図を見て、「それまで韓国は被害国とばかり考えていたが、加害国であるかもしれないという考えになった」ということだ。

例えば東南アジアに進出した韓国企業による労働搾取など、韓国人が考えるべき韓国の加害もあると考えたのが、キム監督がこの映画を作った理由の一つだ。

ある日本の記者はキム監督に対し、東アジア反日武装戦線の反日の意味を尋ねた。キム監督は「日本帝国主義に反対すること」と答えた。

日本では最近、日本政府に批判的な話をすれば「反日」として売国奴扱いされる雰囲気があるが「それが本当に反日だろうか」と考えになった。

日本の記者と観客がこの映画に関心を持つのは、テロという手段は間違っているが、日本帝国主義による植民地支配や労働搾取に対する批判は日本人として考え直すべき問題という意識もあるからではないだろうか。

「日本人が制作すべき映画」という記者もいた。

東アジア反日武装戦線のメンバーの数人は北海道出身であり、アイヌ民族に対する差別が日本帝国主義に対する問題意識を抱く出発点だった。被害と加害の関係は国家と国家の構図でない場合もある。

アイヌ民族の立場で見ると、日本に侵略された過去は、日本の植民地支配を受けた韓国とも似ているのかもしれない。反日武装戦線の前に「東アジア」がついたのはそのような連帯を想起させる。

キム監督はそのような加害と被害の複雑さを映画で表現した。

「反日」や「嫌韓」は両国の政治家や照会数を増やしたいメディアによって利用されやすいという事実を忘れず国家を越えた広い視野で眺めれば、こじれるだけこじれた日韓関係を解く糸口でも見えるのではないうかと思う。

成川彩/元朝日新聞記者


中央日報日本語版 2021.05.08 10:57
https://japanese.joins.com/JArticle/278460

続きを読む

【asahi】 「日米韓、協力を」訴えたが……韓国の対応に手を焼く米国 なぜ足並みがそろわない

1: 荒波φ ★ 2021/03/04(木) 12:22:28.07 ID:CAP_USER
1月に発足したバイデン米政権は日韓両国に対して、日米韓3カ国が協力する重要性を繰り返し説いている。トランプ政権で弱体化した同盟関係を再び強化し、北朝鮮や中国の脅威に備えたい思惑があるが、日韓関係が悪化した状態ではそれもままならない。

アメリカはこの地域に対してどんな戦略を持ち、日韓はそれにどう反応しているのか。在日米軍と在韓米軍に勤務した経験を持つ米民主主義防衛財団(FDD)のデビッド・マクスウェル主任研究員らの話を交えて探った。(朝日新聞編集委員・牧野愛博)

米国務省は2月10日の日米外相会談と12日の米韓外相会談で、それぞれ日米韓協力の重要性を確認したと説明した。

マクスウェル氏は米国が日米韓協力を望む理由について「日本の戦略的な環境」を挙げる。「北東アジアで起きた事態が日本に影響を及ぼす可能性が高い。有事での米国の対応も、日本に拠点を置く米軍を頼みとしている。特に、北朝鮮が韓国を攻撃した場合がそうだ」と語る。

日本政府や自衛隊のなかには、朝鮮半島有事について「自衛隊が協力する相手は米軍だ。韓国軍に協力するわけではないので、日米韓協力は必要ない」(自衛隊幹部)という声もある。

この指摘について、マクスウェル氏は「大きな誤解だ。北東アジアで1カ国に影響を及ぼす有事は、他の2カ国にも影響を及ぼす」と反論。具体的には、日米韓による統合ミサイル防衛システムの構築の重要性を訴える。

■中国、北朝鮮への距離感にずれ

一方、日本政府関係者の一人は、米国が日米韓協力を訴える背景について「有事対応だけではなく、現時点での北朝鮮の核・ミサイル問題に対応する枠組みの中心にしたい思惑があるようだ」と指摘する。

バイデン政権は現在、北朝鮮問題の政策レビューを行っている。バイデン大統領は選挙戦中、トランプ政権の北朝鮮政策を批判しており、米朝の直接対話には慎重だとされる。

この日本政府関係者は「かといって、中国の影響力が強い6者協議(日米中韓ロと北朝鮮による、かつての交渉の枠組み)には戻りたくない。北朝鮮と交渉する際に、日韓にも役割分担させたいのではないか」と語る。

ただ、韓国の文在寅大統領は日米韓協力や米韓同盟の重要性を強調する一方で、同時に北朝鮮への経済協力の道も模索している。

1月の記者会見では、米韓合同軍事演習の実施について、南北軍事委員会で北朝鮮と協議できるという考えも表明。米政府元高官らが、米国メディアで「同盟国である米国に対し、不適切な発言」と反発した。

米国が日米韓協力を強調する背景には、韓国の北朝鮮への接近を阻止する狙いもありそうだ。

また、米政府の元当局者は「米国が3カ国協力を訴える背景には、北朝鮮はもちろん、中国への備えにしたい考えがある」と語る。

米国務省は、2月の米韓外相会談で米韓同盟について「自由で開かれたインド太平洋、世界の北東アジアの平和、安全、繁栄の要だ」と確認したと説明した。元当局者は「中国を意識した表現だ」と説明する。

ただ、2月4日に行われた米韓首脳電話会談では、中国を巡る認識の食い違いが生まれた模様だ。

韓国大統領府は「韓米両首脳は、韓日関係改善と韓米日協力が域内の平和と繁栄に重要だという点で一致した」としたが、中国については「ミャンマー、中国などその他地域情勢についても意見を交わした」とだけ言及した。ホワイトハウスの発表には、「中国」という文字すらなかった。

米政府の元当局者は「中国に対するバイデン大統領と文大統領の認識が食い違ったのだろう」と語る。中国問題は、米韓双方の強い関心事項であり、見解が一致すれば、当然アピールするのが自然だからだ。

実際、日米首脳電話会談の結果については、外務省もホワイトハウスも、報道資料で「尖閣諸島に日米安保条約第5条が適用される」と明言している。

こうしてみると、米国は北朝鮮や中国への対応を強化するため、日米韓協力の重要性を模索し、日本はこれに応じているものの、韓国の対応に手を焼いていると言えそうだ。

2021.03.04
https://globe.asahi.com/article/14236367

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト