脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

旭日旗

【国際】韓国女優がサーカスのセットの前で写真撮影 韓国国民が戦犯旗だと激怒

1: 動物園φ ★ 2019/01/09(水) 08:42:17.21 ID:lV1R41Zi
Record china
配信日時:2019年1月8日(火) 22時20分

no title


2019年1月8日、韓国・ニューセンによると、韓国の女優ハ・ヨンスが「旭日旗騒動」について釈明した。

ハ・ヨンスは昨年7月、ロシアを旅行中に撮影したとしてSNSに掲載した写真が物議を醸した。写真にはサーカスのセットの前で笑顔を見せるハ・ヨンスの姿が写っていたが、このセットの柄をめぐり韓国のネット上で「軍国主義を代表する旭日旗を連想させる」と指摘する声が上がったのだ。ネットユーザーらから抗議が相次いだため、当該写真は削除されていた。

ハ・ヨンスは今月8日にソウルで行われたメディアとのインタビューで、同騒動に関し「(セットの柄は)旭日旗ではなかった」と主張した。その上で「恥ずかしいとは思わない。不快に思った人には申し訳ないが、結論的には旭日旗でないので恥じる必要はないと思う」と強調。また、「韓国が好きだし、寄付やボランティア活動もしている。基本的な教養もあると考えているので1枚の写真で評価されるのは残念だ」としつつも「世界にはさまざまな人がいるので私を好きになってと強要することはできない」との考えを述べたという。

これに対し、韓国のネットユーザーからは「旭日旗のことを知ってて掲載したの?信じられない」「赤と白の放射線柄が旭日旗に見えないというのは韓国人として問題」「韓国国民にとって敏感な問題であることは確か。写真を撮るのは構わないけど、SNSへの掲載は避けるべきだった」「誰が見ても旭日旗だった。国を愛しているなら絶対に笑って写真なんて撮れない」「注目を集めるためにしたなら大成功だね」など冷ややかな声が数多く上がっている。

一方で一部からは「日本と関係ない場所で撮った写真にたまたま似ている柄が写っただけで謝罪までするの?これを批判するにはかなり無理がある」「何を言ってもネットユーザーは批判する。放っておけばいいよ」と擁護する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/b677472-s0-c30-d0058.html

続きを読む

【太陽光線が描かれている】反旭日旗撲滅運動活動家の徐敬徳・誠信女子大客員教授、今度はディズニーのポスターに苦言=韓国

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/09(水) 11:58:54.64 ID:q7ghfNxD
“反旭日旗撲滅運動活動家”として有名な韓国・誠信女子大の徐敬徳(ソ・ギョンドク)客員教授(44)来る3月29日に全米公開されるディズニー映画「ダンボ」(実写映画化/制作:ティム・バートン)に苦言を呈した。

 徐氏は「映画上映に先駆けて作成したティザーポスターに旭日旗を連想させる太陽光線が描かれている」と指摘し、自身のFacebookに撤回を求める「公開状」を投稿した。

 公開状を受けてインターネット上では論議が繰り広げられている。コメントはほぼ英語のため、大半は英語圏の投稿者と見られる。ネットユーザーらは「でっち上げの憤慨」、「サーカスのテントは赤と白のストライプというのは欧米では何百年も前から。われわれの文化を理解してくれない」と反論している。

 ハリウッド映画の関係者は同騒動を受け、「韓国向けの最終ポスターを変えればいいだけのこと。

ディズニー社は既に、別の図柄のポスターをネット上で公開している」と冷静な反応を見せた。

http://s.wowkorea.jp/news/read/227272/
wowkorea 2019/01/09 10:31配信

no title

徐敬徳
no title

参考画像

続きを読む

【韓国・中央日報】 米ロサンゼルス公立学校「旭日旗壁画」消去保留…なぜ?

1: 荒波φ ★ 2018/12/20(木) 10:56:32.04 ID:CAP_USER
米ロサンゼルスのコリアタウンに位置したある公立学校の外壁に描かれた「旭日旗」を想起させる壁画の消去作業が一時保留された。17日(現地時間)、ロサンゼルス・タイムズ紙によると、ロサンゼルスの統一学区はこの日「多くの反響があり、追加の議論が必要だ」として消去計画を当分保留すると明らかにした。

該当壁画はロサンゼルスのコリアタウンにある公立学校「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズ」の体育館外壁に描かれたもので、2016年学校の壁画祭りの時、画家ビュー・スタントンさん(32)が描いたものだ。

スタントンさんは、壁画に描かれたのは米国の有名女優である故エバ・ガードナーで、光線の模様は旭日旗を意味したわけではないと釈明したことがある。当初、ロサンゼルスの統一学区が韓国系の人々の抗議で翌月休みの期間中に壁画を塗り消すことにしたが、「表現の自由を侵す」という反対のの声が出てきた。

ロサンゼルス・タイムズ紙は、ロバート・ケネディ氏の息子であり、作家兼弁護士として活動しているマックス・ケネディさんの意見も添えた。

マックス・ケネディさんは「私たちはシンボル(symbol)の力を知っている。また、シェパード・フェアリーさんとビュー・スタントンさんが公共美術の検閲に反対することを支持する」として「象徴の表現は傷を刺激することもあり得るし、ある象徴は表現してはならない。だが、光線(rays of light)はこの国で希望を表す」と主張した。

ウェルシェア・コミュニティ連合会(WCC)のチョン・チャンニョン会長は米国中央日報に「LAUSDから壁画の消去決定を改めて議論したいというメールを送ってきた。見直しの決定とみられる」として「韓国系社会はLAUSD、画家や少数界の痛みと歴史を直視し、対話で壁画の除去合意を導いた。報道機関と一部の画家が芸術の自由だけを強調して少数界コミュニティは冷遇する対決構図のフレームは誤った」と話した。


2018年12月20日10時47分 [中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/327/248327.html?servcode=A00&sectcode=A10

続きを読む

【朝鮮日報】 旭日旗想起の米学校壁画、消去に「待った」 スタントン氏 消去された場合はロサンゼルス統一学区を訴える方針

1: 荒波φ ★ 2018/12/19(水) 08:45:32.08 ID:CAP_USER
■ロサンゼルスのコリア・タウンの公立校
■「壁画消去は表現の自由を侵害」
■ケネディ家も反対表明

米ロサンゼルス市のコリア・タウンにある公立学校の外壁に描かれた壁画が「旭日旗」を連想させるとして地元の韓国系コミュニティーが消去を求めていたことに関連し、冬休み中に実施される予定だった壁画の消去作業が当面の間保留されることになった。

 壁画をめぐっては、当初はロサンゼルス統一学区が韓国系コミュニティーの抗議を受けて冬休み中に壁画を消すことを表明したが、これに対し「表現の自由を侵害している」との反発の声が上がっていた。

 17日付(現地時間)の米紙ロサンゼルス・タイムズによると、ロサンゼルス統一学区は同日「多くの反響があり、さらなる論議が必要だ」として壁画の消去を当分の間保留すると発表した。

 問題の壁画はロサンゼルス市内のコリア・タウンにある公立学校「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクール」の体育館の外壁に描かれており、2016年に行われた学校行事で画家のボー・スタントン氏(32)が制作した。

 壁画は、赤い放射状の光が人とヤシの木の周りに広がるデザインで、旭日旗を連想させる。スタントン氏は、壁画に描かれているのは米国の有名女優、故エバ・ガードナーで、光の部分は旭日旗を意味するものではないと否定している。

 しかしロサンゼルス市の韓国系コミュニティーは先月、ロサンゼルス統一学区に「作家の意図は分かるが、壁画は旭日旗を連想させる」と文書で抗議。これに対し統一学区側は、学校の冬休み期間に壁画を塗りつぶして別の壁画を描くと表明した。

 この決定に対し、壁画の作家だけでなく検閲に反対する複数の団体から「表現の自由を侵害している」と批判の声が上がった。

 さらに、米国のジョン・F・ケネディ元大統領の弟で司法長官を務めた故ロバート・ケネディ元上院議員の子どもたちからも、壁画の消去に反対する意見が上がった。学校はケネディ元上院議員が暗殺されたホテルの跡地に建設されている。

 ケネディ元上院議員の息子の1人は16日、ロサンゼルス統一学区および学校側に壁画消去に反対する文書を送付し、自身の意見が父だけでなく伯父のケネディ元大統領をも代表していると主張した。

 文書は「父は文化的にデリケートな事案に好意的だが、米国の民主主義の基盤は表現と言論の自由」だとして「米国人は寛容と多様性を強く支持してきたため、父と伯父(ケネディ元大統領)は検閲を嫌悪した」と訴えた。

 さらに「父と伯父は政治的アジェンダ(重要課題)のために芸術作品を破壊した人々を最悪の悪党だと考える」として「今回の壁画除去計画には非理性的で非難されて当然という部分があまりに多く、ばかげた欠点を列挙する論文がかけるほどだ」と批判した。

 グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏も壁画の消去に反対の立場を示した。フェアリー氏は、問題の壁画を消去するなら自身が学校内に描いたケネディ氏の肖像画の消去も要請すると述べた。学校の一部教諭と生徒も反対の意思を示している。

 壁画を描いたスタントン氏は17日、弁護士を通じ、壁画が消去された場合はロサンゼルス統一学区を訴える方針を示した。


2018/12/18 22:27
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/18/2018121880128.html

続きを読む

【旭日旗に見えちゃうらしい】 学校壁画消去の決定を保留 米ロス学区、批判受け

1: 荒波φ ★ 2018/12/18(火) 12:07:09.91 ID:CAP_USER
【ロサンゼルス=住井亨介】

米西部カリフォルニア州ロサンゼルス市の統一学区が、旭日旗を想起するとする地元団体の抗議を受けて公立学校の体育館にある壁画を塗り消す決定をした問題で、同学区は17日、決定を一時保留する考えを明らかにした。地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)が報じた。「表現の自由を侵す」などと批判が巻き起こっていたことに配慮したとみられる。

壁画は、韓国系の人々が多く住むコリアタウン内の公立校「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズ」にあり、女優のエバ・ガードナーさんとヤシの木をモチーフに青と赤の光が放射状に広がる構図となっている。

「壁画は第二次世界大戦以来の日本帝国主義を示す旭日旗を描いている。旭日旗は、人類に対する最も恐るべき犯罪の一つとなった日本軍の侵略を象徴している」とする地元団体の求めに応じ、同学区が冬休み期間中に塗り消すことを決定していた。

ロサンゼルス・タイムズ紙によると、決定の保留について、統一学区の担当者は「多大な反響があり、さらに議論する必要がある。現時点ですぐに塗り消すことはしない」としている。

同問題をめぐっては、「太陽の光線は世界共通のシンボル」とする壁画の作者だけでなく、検閲に反対する団体からも批判の声が上がったほか、校名となっている、ジョン・F・ケネディ元大統領の下で司法長官を務めた同氏の弟、ロバート・ケネディ元上院議員の息子からも作者らを擁護する意見が同紙に寄せられたという。


2018.12.18 11:0
https://www.sankei.com/world/news/181218/wor1812180013-n1.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト