脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日韓基本条約

【韓国】 安倍首相の「打つ手」~日本は未払いの賠償金を誰に払う?北朝鮮か統一韓国か/朝鮮日報コラム

1:2014/01/25(土) 23:52:11.99 ID:
 スイスの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、安倍晋三首相が朴槿恵(パク・クンヘ)
大統領の講演会場に座っている写真を見ると、ある種のペーソス(哀愁)が感じられる。「一国の
首相がなぜあれほど軽々しく振る舞うのか」という同情だ。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が手を振るとき、私たちは習慣のように不吉さを感
じる。「口蜜腹剣(口では甘い言葉を言いながら、腹の中は剣があるように陰険・邪悪なこと)」に
対する警戒心だ。ならば、安倍首相はどうだろうか。トラブルを起こしておきながら愛情を請う悪童
に接するときのように、放っておいてもいいのだろうか。

 入江昭ハーバード大学名誉教授は、日本の外交を「無思想の外交」と表現した。「良く言えば現
実主義、悪く言えば日和見主義」だというのだ。こうした現実主義が19世紀末、征韓論を抑えて確
立された現実に、私たちは苦々しさを覚える。しかも、その現実主義により力を伸ばし、最終的に
征韓論を貫徹したことはさらに苦々しい。

 日本の外交の現実主義は、大衆の前で崩れる姿を首相自ら演出する、一種の信念のようなも
のだ。ブッシュ前米大統領の前で「グローリー、グローリー、ハレルヤ」と身ぶり付きで歌った小泉
純一郎元首相のパフォーマンスは極端なケースだ。安倍首相の振る舞いは小泉氏に比べれば重
みがある。

 近代日本の外交原則に「主権線」「利益線」という概念がある。主権線は日本本土、利益線は本
土の安全を守るため確保しなければならない「味方」の範囲を言う。その範囲は時代によって違う
が、韓半島(朝鮮半島)は常にその中にあった。表立って言わないだけで、日本は今も韓半島の
位置をそのように考えているのだ。

 日本は今、韓国が日本の利益線から外れていると思っている。もちろん、過去の歴史を覆した日
本に大きな責任がある。しかし、ゆがんだ歴史観を正すような安倍首相ではない。だからと言って、
韓半島を諦める日本でもない。安倍首相はどのように韓国の離脱を防ごうとしているのだろうか。

 日朝国交正常化の動きはこれまで2度あった。どちらも自民党政権が推進した。日本の利益線
を韓半島全体に拡張しよういう試みだ。日朝国交正常化の意義は、国交正常化だけにはとどまら
ない。巨額のカネが付いてくるからだ。日本がまだ支払っていない北朝鮮側に対する植民地請求
権資金だ。14年前の交渉時は50億-100億ドル(現在のレートで約5100億-1兆200億円)と
の報道があった。今話し合うならさらに大きな額になるだろう。

 このカネは、日本が韓半島に対して負った負債だ。しかし、誰に返すかは日本の選択にかかっ
ている。日朝国交正常化により負債を返済して金正恩政権を引き延ばさせるのか、それとも将来
南北統一された後の韓国に借金を返し、韓半島の早期安定に寄与するのか。日本は韓国が自国
利益線のどの地点にいるかを細かく見極めながら、はかりにかけるだろう。日本の選択によって
韓国の将来は揺れ動く可能性がある。

 日本の外交が「無思想」で「魂がない」ということは何度も証明されている。米ソ対立が激化した
とき、火の粉を避けようとしてソ連と国交を結んだのは「親米国」日本だ。米国が中国に接近しよう
とすると、その間に割り込んで中国と先に手を握ったのも日本だ。日本は利益のためなら何でもし
たし、これからもそうだろう。

 安倍首相の行動を軽々しく考えてはならない。内に秘めた「腹剣」を理解し、対応しなければなら
ない。日本は今も「打つ手」がある国だ。

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)国際部長

ソース:朝鮮日報日本語版<【コラム】安倍首相の「打つ手」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/25/2014012500816.html
続きを読む

【韓国】徴用者支援財団、近く設立=日本側の拠出も狙いか

1:2014/01/19(日) 16:18:13.10 ID:
【ソウル時事】

聯合ニュースは19日、韓国政府主導で日本の植民地時代の徴用者を支援する財団が3月にも設立されると報じた。

韓国政府と韓国企業が資金を拠出し、福祉支援や調査・研究活動などを行うという。
 
植民地時代の請求権をめぐっては、1965年の国交正常化の際、日本側が経済協力資金を支払う形で解決が図られた。
徴用者らへの補償は韓国側が行うことになっているが、十分になされておらず、元徴用者に不満が残っている。
 
韓国政府は今年、運営資金として20億ウォン(約2億円)を計上。

国交正常化の際に日本から借款を受けた鉄鋼大手ポスコは100億ウォン(約10億円)の拠出を表明している。
 
徴用問題をめぐっては、春にも韓国最高裁で、日本企業に賠償金支払いを命じる判決が確定する見通し。

これに対し、「請求権問題は解決済み」とする日本側は猛反発している。
 
韓国側は、財団に日本政府や企業が資金を拠出する形で、妥協を図ろうとしているもようだが、日本側は応じない構えだ。 


(2014/01/19-15:30)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014011900069
続きを読む

【韓国国会】韓国、植民地時代に強制動員されるなどした韓国人や遺族の戦後補償で財団設立へ 国会で予算2億円を確保

1:2014/01/03(金) 19:13:47.77 ID:
韓国、戦後補償で財団設立へ 予算2億円を確保


 【ソウル共同】植民地時代に強制動員されるなどした韓国人や遺族を対象に支援事業を行う財団の設立を
検討している韓国政府が、財団運営資金として20億ウォン(約2億円)を2014年度予算(暦年)で要求し、
1日の国会で原案通り認められた予算が成立した。財団が14年中に設立される見通しが高まった。

 韓国では元徴用工らへの損害賠償を日本企業に命じる判決が続き、14年前半にも最高裁で被告敗訴の
確定判決が出る公算。原告側は勝訴が確定しても財団支援があれば被告企業への賠償金差し押さえを
留保する姿勢を見せている。


東京新聞: 2014年1月3日 18時00分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014010301001129.html

関連スレ
【日韓】 韓日関係の3大懸案と解決法~慰安婦、独島そして強制徴用判決問題はこう解いて韓日関係改善を[12/19]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387550751/
【韓国】日本企業の徴用工被害者への賠償判決、韓国のカントリーリスク高める…賠償に応じなければ株式や配当金の差し押さえも[11/8] (dat落ち)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1383884946/
ほか
続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト