脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日本

【日韓】 「日本は無礼な要求」発言に羽鳥アナも不快感~玉川徹氏は日本の孤立化懸念

1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/16(水) 14:28:24.71 ID:CAP_USER
 16日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、自衛隊哨戒機へのレーダー照射を巡り、韓国が「無礼な要求」と日本を批判した問題を取り上げた。

 この発言は15日に行われた日韓実務者協議で韓国国防省の崔賢洙報道官の口から飛び出した。

 問題解決の糸口を探るどころか後退しかねない状況となり、羽鳥アナは「ちょっとダメですね、この問題はね」と憂慮。

 文在寅大統領(65)の強硬姿勢を韓国世論の約8割が支持しており「事実解明しようというよりも、日本に対する姿勢のほうが大事。全く歩み寄らないですね」と険しい表情を浮かべた。

 一方、取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏は「同じような世論調査をやったら、日本でも同じぐらいの結果出ますよ。8割ぐらいが強硬にしろという話になる。そういうふうになっちゃってる」と指摘。

「トランプ大統領がNATOから脱退するっていう話をずいぶんしてたっていうのが、昨日ニュースになっていた。とにかくアメリカは世界から引こう、引こうとしている。本当に極東から引いた時には何が起こるのか、いつも心配している。今の韓国、北朝鮮、中国っていうことの日本への対応と、それに対する日本の対応を見ていたら、どうなるかって火を見るより明らかですよ。だから、これ、いい話ではないんですよ」と極東地域における日本の孤立化に懸念を示した。

ソース:東スポ<「日本は無礼な要求」発言に羽鳥アナも不快感 玉川徹氏は日本の孤立化懸念>
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1248643/

続きを読む

【徴用工問題】菅官房長官「韓国側によって協定違反の状態が作り出されているから、責任を負うべきは韓国側だ」

1: ひろし ★ 2019/01/15(火) 23:16:19.72 ID:CAP_USER
2019年01月15日 22時45分

 菅官房長官は15日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、韓国人元徴用工の訴訟を巡り、1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づく2国間協議の申し入れに韓国側が応じるべきだとの考えを重ねて強調した。

 菅氏は、日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の判決について、「韓国側によって協定違反の状態が作り出されているから、責任を負うべきは韓国側だ」と指摘。「(2国間協議に)誠意をもって応じるものと考えている」と述べた。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190115-OYT1T50102.html

続きを読む

【コミケ】コミックマーケット準備会、「中国人・韓国人お断り」貼り紙問題に正式コメント 「コミケットという『場』には適切ではない」

1: ひろし ★ 2019/01/15(火) 00:01:04.78 ID:CAP_USER
1/14(月) 22:55配信

 コミックマーケット95会期中、「中国人・韓国人お断り」という貼り紙を見かけたとの情報が寄せられていた件で、コミックマーケット準備会は1月14日、「コミケットという『場』には適切ではない」との見解を正式に示しました。同日公式サイトで公開された「アフターレポート」の中で言及されたもの。

 そもそもの発端は、会期中の3日目に投稿されたツイート。一部のサークルが「中国人・韓国人お断り」という内容の貼り紙を掲示していた――というもの(ただし写真などはなく、あくまで文章による目撃報告のみ)で、さらにその後行われた“反省会”での質疑応答で、準備会側が「日本の法律に違反していない以上、準備会からは口出しする案件ではないと思う」と、貼り紙について容認するような見解を示したことから、当該サークルや準備会に対し一部で批判が寄せられていました。

 アフターレポートによると、準備会としては“貼り紙”ついて、反省会の質疑で初めて知ったもので、会期中の段階では把握していなかったと説明。このためあくまで“一般参加者間の原則論”として「サークルは、自分の頒布物をどう頒布するかを決める。その際、日本の法律に反しないのが1つの線引きである。基本的にはサークルの責任であり、それで批判をうけるのもサークルであり、サークルと一般参加者間の問題である」という旨の回答をしたとしています。

 しかし、その後内部で議論を重ねた結果、準備会として差別を容認しているわけではなく、「このような貼り紙はコミケットという『場』には適切ではない」としてコメントを訂正。今後、準備会として事実を認知した際には、貼り紙を取り下げてもらうなどの対応を取るべきと考えているとのこと。

全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000031-it_nlab-sci

続きを読む

【愛はないのか】<日本世論>韓国側の主張に「納得できない」87% 「納得できる」2%…JNN世論調査

1: 愛憎の@シコリアン ★ 2019/01/14(月) 19:34:51.81 ID:CAP_USER
 海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の艦船から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国政府は照射していないと主張していますが、韓国側の主張に納得できるか聞いたところ、「納得できない」と答えた人が87%に上り、「納得できる」は2%でした。

 また、韓国側は海自の哨戒機が「危険な低空飛行をした」と主張していますが、この主張に納得できるかどうかも聞いたところ、「納得できない」が81%でした。


全調査結果はリンク先で

14日 1時47分
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3572521.htm

続きを読む

【レーダー照射問題】韓国の“デタラメ”暴露 元海上保安官・一色正春氏「ボートと漁船の位置関係が不自然」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/13(日) 15:38:04.94 ID:CAP_USER
韓国海軍の駆逐艦による、海上自衛隊P1哨戒機への火器管制用レーダーの照射問題で、韓国側は支離滅裂な説明に終始している。2010年の沖縄・尖閣沖漁船衝突事件で、当時の民主党政権が隠蔽した衝突映像を公開して中国の危険性を知らしめた元海上保安官、一色正春氏が、韓国側の主張などを分析した。

 「ムチャクチャな理屈で、よく言えるなと思う」

 一色氏は11日に東京都内で開かれた集会で、こう語った。

 韓国側の反論動画では、「海自哨戒機が、威嚇的な低空飛行をした」「韓国駆逐艦の150メートル上まで接近した」などと批判している。

 ところが、一色氏が韓国側の画像を解析すると、哨戒機は駆逐艦の少なくとも180メートル上にあったと推定された。

 これはICAO(国際民間航空機関)の航空法にも合致しており、何の問題もない。だが、韓国側は「(規定は)軍用機には適用しない」と噛み付いているのだ。

 一色氏は「パトカーや救急車が制限速度を守っていたら、『お前たちは制限速度の適用がないから違反だ』と言っているようなものだ」とあきれた。

 韓国駆逐艦の「人道的な救助活動中だった」との説明にも、一色氏は疑いの目を向ける。

 海上保安官時代の経験から、韓国海洋警察の警備艦の搭載艇とみられる2隻のボートと、遭難したという北朝鮮漁船の位置関係が不自然として、「本当に救助だったのか」と首をひねった。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190112/soc1901120008-n1.html?ownedref=feature_not 176et_newsList
夕刊フジ 2019.1.12

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト