脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日帝残滓

【中央日報】日帝時代に創氏改名を余儀なくされた町名が変わる=韓国

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/07(金) 08:34:12.60 ID:CAP_USER
京畿道安城市(キョンギド・アンソンシ)の最東端にある地域名は「一竹面(イルジュクミョン)」だ。この地域は本来竹山郡(チュクサングン)南一面(ナムイルミョン)・南二面(ナムイミョン)・北一面(ブギルミョン)・北二面(ブギミョン)・蹄村面(チェチョンミョン)など5カ面で構成されていた。「竹山郡」は1895年まで近隣郡・懸を管轄していた竹山府があったことから名付けられたという。日帝時代に日本は「竹山郡」をなくした。その代わりに、この地域を安城郡に編入させた後「竹一面」と名付けた。だが、まもなく苦情が提起された。「竹一」という発音が「悪口のようだ」という指摘だった。(訳注:韓国語で「チュクイル」は「殺す」の発音と似ている)論議に巻き込まれると「竹一面」は3年後、「一竹面(イルジュクミョン)」に名前を変えた。

京畿地域の邑・面・洞の40%が「一竹面」のように日帝強占期当時変更された地名を今まで使っていることが分かった。日本が韓国人固有の情緒と意識を抹殺するために推進した創氏改名(日本式姓と名前を持つように強要)が土地名に拡大したわけだ。いわゆる「創地改名」だ。

京畿道が地名の変化を分析した結果、京畿道の398邑・面・洞の中で160カ所が日帝強占期当時日本によって名前が変更されたことが確認された。最も多い類型は2つの地名から一文字ずつ取って合わせた「合成地名」で121カ所にもなる。代表的なところが城南市盆唐区書ヒョン洞(ソンナムシ・プンダング・ソヒョンドン)だ。旧名は遯書村(ドゥンソチョン)、陽ヒョン里(ヤンヒョンリ)、遯路洞(トンロドン)などだったが、一文字ずつ取って書ヒョン洞に変更した。水原市勧善区区雲洞(スウォンシ・クォンソング・グウンドン)、城南市盆唐区盆唐洞、龍仁市器興区新葛洞(ヨンインシ・キフング・シンガルドン)なども合成地名だ。

《中略》

京畿道は日帝残滓の清算と地域の歴史性・アイデンティティの回復のために現在31市・郡を対象に行政区域の名称変更への意思があるかどうか意見を聴取している。地名の変更を希望する所があれば、行政区域の名称変更を通じて固有な行政地名復元の手続きに入る予定だ。邑・面・洞や機関名などは上位地方自治体の条例改正を通じて変えることができる。

実際に城南市盆唐区にある草林(チョリム)駅と柏宮(ペックン)駅は住民などの要求で「薮内(スネ)駅」と「亭子(チョンジャ)駅」に名前が変わった。

地方自治体の名前が変わった事例もある。この場合、行政安全部の承認と法制処の審査、閣僚会議と国会審議で成立する必要がある。儀旺市(ウィワンシ)は2007年日帝が任意で変えた漢字名を「儀旺市」から「義王市」に復元した。

仁川弥鄒忽区(インチョン・ミチュホルグ)は「防衛」が入った地名を変えた事例だ。弥鄒忽区の旧名は「南区(ナムグ)」だ。1968年地域が区切られた当時、南側にあるという理由でこのような名前がつけられた。だが、地域の特色がないという指摘を受け、地方自治体が出て地名の変更を推進し、2018年7月から「弥鄒忽区」になった。
それでも地名の変更を推進していた地方自治体が全部成功したわけではない。住民の反対にぶつかったり、議会で同意を得ることができなかったりしてうやむやになることも多い。仁川東区(トング)も名前の変更を推進したが、区議会の反対にぶつかった。

地名の変更を推進したある地方自治体関係者も「団体長が出て推進しても『馴染みのある地名をなぜ変えるのか』とし、反対する住民が多ければあきらめざるを得ない」と話した。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/262295

2020.02.07 07:41

続きを読む

【韓国軍】「憲兵」を「軍事警察」に 創設から72年で改称 「憲兵という名称は日本で先に使用され、ネガティブなイメージ」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/02/05(水) 19:39:54.79 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国陸軍の「憲兵」の名称が、創設から72年で姿を消した。国防部は5日、「憲兵」を「軍事警察」(Military Police)に改称する内容の改正軍事法院法が前日に官報で告示され、同日から憲兵の代わりに軍事警察の名称を使うことを明らかにした。

同部は憲兵の表示を軍事警察に改める作業を進めている。こん棒を用いた憲兵のロゴも、拳銃2丁と刀をデザインした新たなロゴに変更した。

 同部は改称の背景について、「憲兵という名称は1870年代から日本で先に使用され、ネガティブなイメージが現在も残っている。憲兵の意味が法の執行、すなわち捜査にのみ限定されており、現在のさまざまな任務を遂行する兵科のアイデンティティーを正確に表現できていなかった」と説明した。

 憲兵の沿革に関する資料によると、日本による植民地支配からの解放後の1947年3月に軍監隊が設置され、48年3月に朝鮮警備隊軍紀司令部が創設された。48年12月に軍紀兵を憲兵と改称し、憲兵兵科が創設された。

 これに対し、元憲兵らは「わが国は(朝鮮王朝第26代王で大韓帝国初代皇帝の)高宗の時代に日本式モデルの憲兵を土台に憲兵司令部を設置したが、1907年に日本が大韓帝国軍隊を強制解散させた際に憲兵も廃止された。解放後の米軍駐留により、日本をモデルにしていた大韓帝国の憲兵から脱却して米国式の憲兵に生まれ変わった」と主張している。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200205002100882?
聯合ニュース 2020.02.05 13:57

no title

陸軍軍事警察のロゴ(国防部提供)

no title

これまで使用していた陸軍憲兵のロゴ(陸軍憲兵ホームページより)

続きを読む

【韓国】 「日帝残滓は精算だ。でも何が日帝残滓?」~京畿道教育庁、各学校に「日帝残滓発掘のための調査資料」提出要請

1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/06(土) 00:09:22.29 ID:CAP_USER
no title

▲京畿道教育庁全景.写真=中部日報DB

京畿道(キョンギド)教育庁が学校内親日残滓清算に再挑戦する。

これに先立って校名変更プロジェクトなどが一線の現場で共感を得られず失敗に終わり、今回は学校現場から眺めた親日残滓を先に尋ねてこれを整理して清算可否を決める方針だ。

4日、道教育庁によれば同庁は最近、学校の現場に「学校生活の中の日帝残滓発掘のための調査資料提出」という公文書を送付した。公文書には3・1運動および大韓民国臨時政府樹立100周年をむかえて各学校に残っている日帝残滓を発掘し大討論会および公聴会を通じて清算可否を決めるという内容が含まれる。

それと共に
▲学生または教師が考える日帝残滓の概念は何か▲学校生活の中における日帝残滓は何か▲探し出した日帝残滓は清算対象と思うか▲清算対象なら、どのように清算すべきか、など現場の意見をまとめるように資料提出を求めた。

例えば「訓話」は上司が部下に「訓示」するという日帝強制占領期間の軍隊用語であって正すべき単語など、教育過程、教育施設、日本式用語など現場で改善が必要と見られるあらゆる分野の日帝残滓の内容をまとめるということだ。

これは道教育庁が2016年、日帝残滓が残っている学校の名前を変えると始めた「学校名をお願い」プロジェクトが現場の共感を得られず有名無実に終わったことにともなう措置と見られる。当時、道教育庁は▲東・西・南・北など方位名▲行政洞名▲日本式漢字語▲序列主義式などの学校名を日帝残滓に分類して学校で自主的にこれを変えるようにした。しかし、方位名などを果たして日帝残滓と見なせるかなど論議が起きて、結局、該当プロジェクトは道内5つの校名を変えるだけに終わった。

この様な事情から、道教育庁は現場で先に共感を得る日帝残滓を把握した後、改善する計画だ。ただし、このような方針に一部から憂慮の声も出ている。現場に尋ねるという趣旨は良いが、日帝残滓というものがとても広範囲で果たして正しい議論ができるか、ということだ。
(後略)

ピョン・クンア記者

ソース:中部日報(韓国語)<京畿道(キョンギド)教育庁、学校内親日残滓清算再挑戦>
http://www.joongboo.com/news/articleView.html?idxno=1367113

続きを読む

【中央日報】韓国全州市、日帝残滓清算ために地名変更

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/18(火) 22:24:59.43 ID:CAP_USER
韓国(チョンジュシ)は地名を変えるべきという住民の意見に基づき、市民の公募を経て東山洞(ドンサンドン)を如意(ヨウィ)洞に変更する方針だと18日、明らかにした。 

  全州市の名称変更推進委員会は市民が提案した36件の洞名のうち最も多くの人が応募した如意洞とチョクルム洞について検討し、親しみがあり呼びやすい如意洞に決まったと説明した。 

  如意洞は「希望が実現して龍(ヨン、リョン)が如意珠をくわえて昇天する」という包括的な意味が込められていて、この一帯にドクリョン、クリョン、バルヨン、ヨンアム、ヨンジョンなど特に「龍」に関連する村が多いため高い点数を受けた。 

  東山洞は1907年に三菱の創業者・岩崎弥太郎の長男・岩崎久弥が父の号「東山」にちなんで設立した東山農事株式会社全州支店があったことに由来する。その後、1914年の行政区域改編で東山里に変更され、今日に至っている。 

  市は三一独立運動100周年を迎えた今年初め、東山洞名称変更のために住民と市会議員・専門家など約20人で「名称変更推進委員会」を構成した。住民アンケート調査には東山洞の計1万602世帯のうち70%の7418世帯が応じ、うち90.7%の6730世代が洞名の変更に賛成した。 

  イ・ウンギ東山洞名称変更推進委員長は「日帝の残滓を完全に清算し、地域の特色と自負心を高める新しい洞名を子孫に譲る」と述べた。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254571&servcode=a00&sectcode=a10
[ⓒ 中央日報日本語版]2019年06月18日 15時26分

no title

全州市の韓屋マウルの様子(写真=中央フォト)

続きを読む

【朝鮮日報】 「親日」の木  大統領が親日清算を要求するせいで道路名、校歌まで変え、今度は植物まで攻撃

1: 荒波φ ★ 2019/06/08(土) 10:17:04.91 ID:CAP_USER
アサガオ、オシロイバナ、ツキミソウは、その名だけでも深い情がある。先祖代々ずっと、故郷の家路の曲がり角で息衝いていたかのようだ。しかし、それは錯覚。いずれもインド、中米、南米が原産地の花だ。野辺でよく見かけるヒメジョオンやシロツメクサ、都市部ではありふれた存在のセイヨウタンポポも外来種だ。

こうした「帰化植物」が韓国には400種類以上もある。木の「国籍」を質して何になるのか。生態系に問題を起こすことなくきちんと調和して生きているのであれば、それは韓国の花だ。

にもかかわらず、植物の「国籍」論争がしばしば繰り広げられている。サクラがその代表例だ。サクラは日本の「国の花」だという認識があるせいで、昌慶宮にあったサクラの木は大挙して伐り倒されたり、移植されたりした。

しかし日本に「国の花」はなく、強いて挙げるなら皇室の象徴たるキクの花だという。今考えてみると、あきれてしまう。韓日の植物学者らは過去数十年間、ソメイヨシノの原産地をめぐって論争を繰り広げてきた。

論争はあっけなく終わった。国立樹木院が韓日のソメイヨシノの遺伝子全体(ゲノム)を解析してみた結果、「2つの木の種類はそもそも違う」という事実が昨年明らかになった。

すると今度はイブキの木が論争に巻き込まれた。済州道議会が6月3日、「日帝植民残滓(ざんし)清算条例案」を立法予告した。済州教育庁(教育委員会に相当)は「校内に植えられた『カイヅカイブキ』は日帝残滓」「条例案が通過したら切り倒す」という。

このイブキの木を校木に指定している小・中・高校は済州島内に計21校ある。校庭のイブキ2157本が無慈悲に切り倒されそうな様相だ。大統領が親日清算を要求するせいで道路名、校歌まで変え、今度は植物まで攻撃している。

「1909年に伊藤博文が大邱の達城公園でカイヅカイブキを記念植樹した」という主張がある。だが韓国学中央研究院は昨年発行した『精神文化研究』に、「カイヅカイブキに関する俗説は、ほとんどが虚構」だとする論文を掲載した。

日本でカイヅカイブキ(貝塚伊吹)という樹名が初めて登場するのは1928年のことで、「1909年の時点ではそんな木はありもしなかった」という。1930年に発行された日本の文献には、伊藤博文が植えたイブキが跡形もなく消えた、という記録もある。

イブキの原産地は韓国、日本、中国など複数ある。ソウルの昌徳宮や先農壇などには、樹齢500年を超えるイブキが生えている。逆に、スギの木は日本が原産地の日本固有種だ。植民地時代に朝鮮へ持ち込まれ、済州島の村の周りや田畑、果樹園などの防風林として植えられ、済州の代表的な樹木になった。

イブキを切り倒そうという論理からすると、その前にスギからまず切り倒さなければならない。済州は荒廃するだろう。こんな寒々しいコメディーをいつまで見なければならないのか。


2019/06/08 10:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/08/2019060880012.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/08/2019060880012_2.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト