脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化財

【東亞日報】108年間の他郷暮らしをした智光國師塔が故郷に 植民地時代の1911年、文化財収奪に血眼になった日本人の手によって…

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/22(土) 21:39:39.99 ID:CAP_USER
no title


長い流浪生活を行った悲運の高麗時代の僧塔「原州法泉寺址(ウォンジュ・ボブチョンサジ)智光(チグァン)國師塔 」(国宝第101号)が100年ぶりに故郷に戻ってくる。

文化財庁は、「20日、文化財委員会・建築文化財分科会で、原州法泉寺址智光國師塔を元の場所である江原道原州市の法泉寺址に移転することにした」と、21日明らかにした。

高麗文宗(ムンジョン)時代に國師を務めた僧侶海麟(ヘリン、984~1070)の舎利を奉安した智光國師塔は、ユニークな構造と華やかな彫刻、優れた裝嚴装飾で、高麗僧塔の白米に挙げられる。しかし、日本植民地時代から現在までの108年間、あちこちに流れて経験した受難は、韓国近・現代史の痛みと軌を一にする。

智光國師塔は、日本植民地時代の1911年、文化財収奪に血眼になった日本人の手によって解体され、法泉寺址から去った。当時、京城(キョンソン)市内の明洞(ミョンドン)にあった村上病院に運ばれた塔は、その翌年、ソウル中区南倉洞(チュング・ナムチャンドン)の和田邸宅の庭に再び移された。ついに同年5月、日本の大阪に搬出されることになった。朝鮮総督府の返還要求で1912年末に故国に戻ってきたが、いきなり景福宮(キョンボクグン)に置かれた。

光復(日本植民地からの独立)後も試練は続いた。韓国戦争の時に爆撃を受けて大きく破損し、1957年には緻密な考証なしに急いで復元された。以後、1990年に国立故宮博物館(当時は国立中央博物館)の裏庭に移転して、20年間その座を守ってきた。しかし、2005~2015年に行われた文化財特別安全点検と精密安全診断の結果、塔のあちこちに亀裂や脱落現象などが確認された。

結局、文化財委員会は、2015年9月、塔の全面解体・保存処理を決定した。2016年5月から大田(テジョン)国立文化財研究所で塔を保存処理している。研究所は今年末までに保存作業を完了する計画だ。現在法泉寺址には、108年前に別れた智光國師塔碑(国宝第59号)のみがぽつんと残っている。

文化財庁は、「塔を元の場所に殿閣を立てて復元するか、法泉寺址の敷地に建設を進めている展示館の内部に置く案などを多角的に検討している」とし、「実際の移転は2021年ぐらいにならなければならないだろう」と明らかにした。

柳原模

http://www.donga.com/jp/home/article/all/20190622/1768523/1/
東亜日報 June. 22, 2019 09:30

続きを読む

【以前より30センチ高く】韓国・益山の弥勒寺址石塔 20年にわたる補修工事終え完工 文化財庁長「歴史をよみがえらせた」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/04/30(火) 19:37:10.26 ID:CAP_USER
【益山聯合ニュース】百済の第30代王・武王(在位600~641)の時代に創建された、西部・全羅北道の益山弥勒寺址石塔(国宝第11号)が、20年にわたる補修工事を終えて荘厳な姿を取り戻した。

国立文化財研究所と全羅北道、益山市は30日午後、弥勒寺址で石塔の補修整備完工式を開催した。

鄭在淑(チョン・ジェスク)文化財庁長は「1300年前の王后が安寧のために塔を建てた心をそのまま胸にとどめ、石一つ、土一握りの歴史をよみがえらせた」と述べた。

 現存する国内最古・最大の石塔である弥勒寺址石塔は、1627点の部材を組み立てて新たに完成した。高さ14.5メートル、幅12.5メートル、重さは約1830トン。塔の上に石をもう一つ乗せ、以前より30センチ高くなった。

 美術史的には木塔から石塔への進化の過程を示すこの石塔は、弥勒寺址西側の金堂址の前に建てられている。百済が王室の安寧と衆生仏道を祈願して創建した弥勒寺は、金堂と塔がそれぞれ3つある三院式の寺刹で、中央に木塔を置き、西側と東側に石塔を建立した。

 植民地時代の1915年に日本は石材の一部崩れた部分をコンクリートで応急修理した。石塔はそれから約80年そのまま持ちこたえた。

 西側から見るとコンクリートの塊のようだった石塔は、99年に構造が不安定であるとの安全診断結果を受けて文化財委員会が解体・修理を決定し、補修工事が始まった。

 翌年には石塔を保護するために巨大なプレハブが設置され、国立文化材研究所は2001年10月から本格的な解体作業を開始した。

 同研究所は設計過程を推定しながら復元を進め、破損した石材を科学的な方法で補強して再利用し、現代技術の使用は最小限にとどめるという原則を立てた。

 これにより古い石材のうち81%を再利用し、新しい石材は益山で採石された花崗岩を使用した。古い石材と新しい石材の比率はそれぞれ65%、35%だ。

 石材を一つ一つ取り除き、185トンに達するコンクリートを除去した後、再び組み立てるのに16年かかった。研究所は17年に組み立てを完了し、プレハブと囲いを今年初めに撤去した。

 弥勒寺址石塔は単一の文化財では最も長期間修理された事例として記録され、さまざまな研究成果が発表されている。

 国立文化材研究所によると、弥勒寺址石塔に関する学術発表は18件、研究論文14本、学位論文5本、書籍9冊が発表された。特許登録も5件に及ぶ。補修に参加した述べ人数は12万人だ。

 研究所の関係者は「年末までに研究成果と解体・補修過程を整理した報告書を発刊する計画だ」と述べた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190430004300882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.04.30 19:09

no title

補修工事を終えた石塔=30日、益山(聯合ニュース)

続きを読む

【韓国国会議員】「小倉コレクション」の返還求める決議案提出

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/27(水) 22:11:29.85 ID:CAP_USER
【釜山聯合ニュース】韓国の与野党の国会議員が「小倉コレクション」の返還を促す内容を盛り込んだ決議案を国会に提出した。決議案の提出に加わった与党「共に民主党」の金海永(キム・ヘヨン)議員が27日伝えた。

金氏はこの日、国会で海外に流出した韓国の文化財を取り戻す活動を行う市民団体と共同で記者会見を行い、決議案の内容を公開した。

小倉コレクションは、日本による植民地時代に南鮮合同電気の社長などを務めた日本人実業家、小倉武之助氏(1870~1964)が朝鮮半島全域で収集した約1100点に及ぶ文化財。小倉氏の死去後、1982年に東京国立博物館に寄贈された。これらの文化財には盗掘など不法な方法で収集されたものが含まれている。

 決議案には韓日両政府に対し、小倉コレクションのうち、不正に持ち出された文化財について綿密に調査するとともに、返還に向けた協議を積極的に進めることを促す内容が盛り込まれた。

 金氏は、日本による植民地時代の1919年に起きた独立運動「三・一運動」から今年で100周年になることに触れた上で、文化財が国外に流出したのは韓国の歴史の痛みでもあり、それを取り戻すことは、歴史と文化に対する自負心を守る上でとても重要だと指摘した。

 また「与野党の国会議員が力を合わせて発議した今回の決議案を皮切りに、国会や市民社会が力を集めて成果を出せるように努力していく」と話した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190227005000882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.02.27 19:10

no title

金海永議員と市民団体による共同記者会見の様子=27日、ソウル(聯合ニュース)

続きを読む

【韓国】 「韓国が螺鈿漆器を修理すると15世紀の遺物も新品になる。修理は日本で」~韓国議員の発言が物議

1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/26(土) 20:37:24.21 ID:CAP_USER
2019年1月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国与党・共に民主党の孫恵園(ソン・ヘウォン)議員が、韓国の螺鈿漆器(らでんしっき)の保存処理技術について「大きな問題がある」と指摘した。

孫議員は23日、「国立中央博物館の人事に介入した」との疑惑に関する記者会見を行った際、韓国の螺鈿漆器の保存処理技術を問題視した。孫議員は「韓国は螺鈿漆器の修理を日本人に依頼している」とし、「日本は可逆的に修理するが、中央博物館には20年以上にわたり螺鈿漆器修理の間違った組織があり、韓国が螺鈿漆器を修理すると15世紀の遺物も新品のようになってしまう」と説明した。

しかしこれに対し、韓国の保存処理専門家や学者からは反論の声が上がっているという。ある木材保存処理専門家は「日本では高麗螺鈿についての研究が多く行われていたが、主なテーマは文様と様式だった。漆の技法についての科学的調査は韓国の方でより多く行われた」と主張。また「中央博物館は文化財を保存、復元する際、可能な限り伝統の材料と技術を用いて国際的規範を守っている」と強調した。

美術史を専攻したある教授も「螺鈿漆器の保存処理に詳しい職人が日本にいるとは思わない」とし、「日本では螺鈿より蒔絵が発達した」と述べたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「韓国の文化財を日本式で修理するなんてあり得ない」「韓国の親日派は日本=最高と思い込んでいる」「たとえ技術が劣っていても、韓国の技術者に修理させるべきでは?」「他の技術は日本に及ばないかもしれないが、螺鈿漆器は朝鮮半島のものだから日本に優れた技術があるわけない」など、孫議員の発言に不満を示す声が上がっている。

一方で「韓国のどこに専門家がいるの?」「螺鈿漆器の専門家の意見は?これじゃあ生物専門家が科学博士の言葉を批判しているようなものだ」「韓国で螺鈿漆器はずいぶん前に消えた。専門家がいるとは思えない。『韓国の方が知識が多い』とか『あなたの知識では不十分』といった幼稚な主張を日本は笑ってみているだろう」「日本では工芸品を高く売っても買う人たくさんがいるけど、韓国は誰も買わない。だから修理技術も発展しない」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

ソース:レコードチャイナ<韓国の伝統文化財を日本人が修理?韓国議員の発言が物議>
https://www.recordchina.co.jp/b682572-s0-c30-d0058.html

続きを読む

【中韓】韓国の歴史的建造物の「橋」に「パクリ疑惑」、中国の橋に瓜二つで騒動に=中国メディア

1: ひろし ★ 2019/01/22(火) 01:07:10.32 ID:CAP_USER
2019-01-21 15:12

 韓国でこのほど、文化的価値のある「橋」が510億ウォン(約49億円)もの大金を投じて復元されたが、その復元後の姿が中国湖南省にある「回龍橋」と瓜二つであると話題になっている。

 中国メディアの観察者はこのほど、韓国で復元された橋は「回龍橋」の「パクリなのではないか」との指摘の声が多く見られることを伝えつつ、韓国国内でも外観が「回龍橋」に似ていることに「危機感」を示す報道が見られると伝えている。

 記事によれば、物議を呼んでいるのは韓国慶州市にある「月浄橋」と呼ばれる橋だ。この橋は西暦668年から900年までの「統一新羅時代」に建造が行われた橋であり、かつての姿を取り戻すべく復元工事が行われていたという。もともと石造の橋と考えられていた月浄橋だが、復元工事後の姿は木造となっていたほか、橋の構造も復元されずに別の構造になっていたと紹介した。

 続けて、月浄橋の復元には10年以上の月日と510億ウォンもの費用がかかったというが、韓国国内では「復元工事後の月浄橋は中国湖南省にある回龍橋とそっくり」という指摘の声が上がったと紹介。また中国国内でも「パクられた」という認識が一般的なようで、湖南省の回龍橋の近くにする中国人は「月浄橋は回龍橋のパクリだと思うが、なぜ湖南省の田舎にある回龍橋なんかをパクったのか」、「回龍橋のデザインをパクっても、文化まではパクれるものではないが、それだけ回龍橋に魅力があったということなのだろう」と話した。

 一方、歴史的建造物の復元工事が「パクリ」と指摘されていることについて、韓国ネット上では批判の声が高まっていると伝えたほか、月浄橋が存在する慶州は「慶州歴史地域」として世界遺産に登録されていることから「復元工事で中国の橋をパクった疑惑が浮上したことで、慶州歴史地域の世界遺産としての地位が低下しかねない」といった指摘もあると伝えている。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1674839?page=1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト