脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

【中国報道】中国起源なのに!日本の茶道は中国の茶文化をはるかに超越した

1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/05/23(火) 17:13:50.04 ID:CAP_USER
 日本文化の1つである「茶道」だが、茶の文化そのものの起源はあくまでも中国にある。しかし、日本で独自の発展を遂げた茶道が、世界的な知名度を獲得したことについて、中国メディアの一点資訊はこのほど、「中国を源とする日本の茶道は中国の茶文化をはるかに超越する存在となった」と論じる記事を掲載した。

 中国にはお茶で有名な産地が数多く存在し、飲まれるお茶の種類も多い。お茶の道具も様々あり、お茶を愛し、おしゃべりをしながらゆっくりとお茶の時間を楽しむ人は数多く存在する。

 だが記事は、中国で親しまれるお茶の文化と日本の茶道は大きく違う物であるとし、日本の茶道は1つの形式化された作法で客人にお茶をふるまうものだと伝え、日常の生活における作法や形式を宗教や哲学、倫理、美学と融合させた総合的な芸術活動であると紹介した。

 さらに、お茶によって客人をもてなす以外に、「日本のお茶の席は礼儀作法を学び、精神を練り上げ、美意識や道徳観念を培う場」ともなることを紹介している。お茶室の空間は心を静め、雑念を除き心身を自然と融合させてゆく場であり、それゆえ会話の内容も「商売や金銭などの世俗的な話題は許されない」と紹介している。

 こうした精神的な部分については中国人にとって理解しづらい文化の一面に感じられるかもしれないが、日本の茶道はお茶を飲むことだけでなく、「一連の形を重視している」と説明。源をたどれば中国が発祥となるお茶の文化が日本に伝わり独自の発展を遂げたことについて、「起源が中国にあるのに、茶道のように本家大元の中国を超えた文化は数多くある」と伝え、中国は自国の文化をもっと大事にすべきだと提言した。
searchina
2017-05-23 15:12
http://news.searchina.net/id/1636277?page=1

続きを読む

【韓国】 地上波で日本の歌が流れないのはなぜ?~日本語の歌詞がタブー、韓国の歌でも日本語含めば「不適格」

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/05/20(土) 21:23:04.49 ID:CAP_USER
no title


Driver's High(ラルク・アン・シエル)、Endless Rain(エックス・ジャパン)のような日本のロック音楽をラジオで聞きたかった。何度もリクエストしたが一度もDJに選ばれなかった。そういえば日本音楽をラジオで聞いたことがなかった!ある読者が次の様な取材依頼を送ってきた。「なぜラジオでは日本の音楽が流れないのですか?」

日本語歌詞がタブー?

ラジオや放送で日本の音楽が問題になるのは日本語の歌詞のためだ。KBS審議部は日本語歌詞が含まれた曲を「不適格」処理する。日本の音楽でも歌詞がなかったり英語なら関係ない。同じ理由で我が国の歌でも歌詞に日本語式表現があればKBSの電波に乗ることはできない。2014年、ガールグループ・クレヨンポップの「オイ(Uh-ee)」はサビに登場する「ピカポンチョク」が日本語式表現という理由で事前審議で放送不適格の判定を受けた。「ぴかっ」という日本語副詞から始まる言葉で光るという意味だ。SBSとMBCも同じだ。ある地上波ラジオPDは「明け方の時間帯に、こっそりとおよそ二曲ほど流してしまうPDもいると聞いている」と耳打ちした。

近くて遠い日本文化

放送会社が日本大衆文化に閂をかけたのは本来、政府方針のためだった。政府は国民の反日感情を考慮し、私たちの文化を保護するという趣旨で日本大衆文化の浸透を防いだ。そうするうちに1998年10月20日、一部の日本映画・ビデオコンテンツの開放を許容した。この時から日本文化に対する壁が崩れ始めた。99年9月10日、映画と公演、出版物に門戸が開かれ2000年6月27日には開放範囲が大幅に拡大した。

日本大衆文化開放は日本の歴史教科書歪曲が問題になった2001年7月に中断され、2004年1月1日再開された。この時、映画・レコード・ゲームが全面開放された。ただし地上波放送で日本大衆歌謡を流す時は但し書きがついた。日本の歌手が国内公演や放送に出演した場合だけ放映できた。現在はこの規制が放送通信委員会の議決事項だけに残っている。強制力はないが地上波放送3社すべてが自発的に遵守する事項だ。

大衆音楽評論家イム・ジンモ氏は「文化は双方向コミュニケーションであるべきだが、韓日間文化交流はそうでない」として「日帝強制支配期から時間が多く流れたにもかかわらず(日本大衆歌謡の地上波放送禁止は)相変らず友好的でない国民感情が反映されたもの」と説明した。

時代によって認識も変わったか

「韓流」が証明するように私たちの大衆文化は爆発的に成長した。私たちの文化が日本文化に蚕食されかねないというのは取越苦労に近い。ただし慰安婦問題などで反日感情が深刻化しており、地上波放送で日本大衆歌謡が登場するまでは相変らず行く道が遠く見える。

大衆文化評論家チョン・トクヒョン氏は「反日感情にもかかわらず、アニメ映画『君の名は』のようにコンテンツだけで良いならば、十分に受容できる」としつつも「しかし、商業論理だけでは見られない敏感な懸案であるだけに、用心深く接近しなければならない」と話した。

ソース:国民日報(韓国語) 地上波で日本歌謡はなぜ出てこないだろうか?
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0011480099&code=61121111&sid1=all

続きを読む

【国際】外国人が挙げた「韓国人の独特な行動5つ」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/05/19(金) 18:19:13.60 ID:CAP_USER
ある米国メディアが公開した「韓国人の独特な行動」(Weird Things Korean Do)という動画が話題だ。

最近、米オンラインメディアのバズフィードはフェイスブックのアカウントに「韓国人の独特な行動」というタイトルの映像を掲載した。この映像には韓国人男性と女性がそれぞれ一人ずつ登場し、特に米国人が韓国人の独特な行動だと考えることを描いている。

公開された動画には小顔にこだわる韓国人女性が出てくる。映像の中で韓国人女性と米国人男性が共に自撮りをしていた中、韓国人女性は自身の顔が大きく見えるとして後ろで写真を撮る。

また、韓国人女性が米国人女性に「あなた、本当に顔が小さいね」と褒めたが、米国人女性は何を言っているのかわからないという反応を見せる。

また、韓国人女性と米国人女性が他の友達に関して話をする姿が出てくる。韓国人女性が「あの子、血液型は何?」と尋ねると、米国人女性は「私がなぜあの子の血液型を知る必要があるの?」と問い返す。

これに対し、韓国人女性が「なぜ血液型を知らないの? 血液型を知っていれば、その人の性格が分かるよ」と言うと、米国人女性は「それでは世の中ですべての性格は4種類しかないの?」と問い返す。

また、映像に登場する韓国人男性は米国人男性に生まれた年を聞いた後、「僕より下だね」としてナプキンや水などを持ってくるように指示する。

恋人たちの「記念日」も出た。韓国人女性が「ツーツーデー(付き合って22日になる日)」「100日」「200日」を言うと、恋人である米国人男性は混乱した表情を見せる。この他に、映像の中で韓国人は外国で自身以外の「韓国人」をとても意識する姿を見せた。

一方、該当映像はフェイスブックに掲載されて4日が過ぎた17日現在、260万ビューを超えている。映像に対する共感を表わすなど、様々な国籍のネットユーザーが書き込んだコメントも9000件以上がつき注目を集めている。

http://japanese.joins.com/article/165/229165.html

続きを読む

【韓国】韓国の人気アニメ上位を日本作品が独占!韓国アニメはピンチ

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/19(金) 06:31:00.91 ID:CAP_USER
2017年5月16日、韓国・朝鮮日報は、韓国のアニメーション業界が日本などの海外勢に押され苦境に陥っていると伝えた。

韓国の昨年の「アニメーション産業白書」によると、韓国人が一番好きなテレビアニメとして挙げたのは、アニメ「クレヨンしんちゃん」の韓国版「チャングは止められない」が最多の人気で26.4%、次いで「ワンピース」(19.9%)、「名探偵コナン」(18.6%)、「ドラえもん」(10.0%)と、上位を日本のアニメが独占した。韓国産アニメで最も善戦した「神秘アパート ゴーストボールの秘密」は、視聴率5.2%ほどだったという。

劇場公開のアニメ映画も同様だ。昨年1~6月期に上映されたアニメ作品のシェアをみると、ディズニー、ドリームワークスといった米国アニメが84%と圧倒的な人気を誇っている。また今年1月に公開された日本アニメ「君の名は。」は、韓国における日本映画の観客数記録を360万人に塗り替えた。これに対し、昨年1~6月期に上映の韓国アニメは6作品合計の観客数が72万3000人にとどまっている。

韓国で国産のアニメといえば、ペンギンの「ポロロ」が主人公の「ポンポン ポロロ」がまず挙がるが、制作会社のオコンがポロロを誕生させたのは2003年。以降、他社を含めてもポロロを超えるキャラクターは生まれていない。記事によれば、この原因は、零細業態から抜け出せない韓国アニメ制作会社の環境にあるようだ。例えば米ドリームワークスが1社で3500人を雇用するのに対し、韓国のアニメ制作会社は318社、従業員は4447人(15年)、平均すると1社当たりの社員数は14人だ。また全体の3分の1を超える110社が、主に日米欧企業の下請けを行っている。

こうした現状を改善するため、専門家は、現在それぞれ独立する制作・流通・おもちゃメーカーなどが一つになり「ワンストップ・スタジオ・システム」を構築すべきだと助言する。CJ E&Mアニメーション事業本部のソク・ジョンソ制作局長は「海外市場にも通用するキャラクター製品を開発するため、企画からマーケティングまで総合的な事業計画を立て、競争力をつける」ことが重要だと述べた。

記事を受け、韓国のネットユーザーからは「韓国アニメは絵が違うだけで内容が全部同じ」「韓国のアニメは単なるおもちゃの広告。新しいお友達ができました、買ってね、という感じ」と、韓国アニメの問題点の指摘が多数寄せられている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178569&ph=0

続きを読む

【ネットの反応】外国人が韓国で驚く7つのこと=韓国ネット「韓国は楽しい地獄」「これからは余裕のある生活を…」

1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/05/17(水) 13:36:27.73 ID:CAP_USER
2017年5月15日、このほどインターネットに「外国人が韓国で驚く七つのこと」と題した動画が掲載され、ネットユーザーの注目を集めている。

昨年6月にYouTubeにアップされたこの動画は、1年たたずに視聴回数が170万回を超える人気。外国人が驚く韓国の日常や習慣について、韓国語で紹介されている。

まず最初は「公共交通」。ソウル市内であれば公共交通機関だけでどこへでも行けるので、「車を買って運転する必要がない」と話す外国人が多いという。

二つ目は「インターネット」。せっかちな民族性なのかインターネットの速度が非常に速く、「家はもちろん、外を歩いていても地下鉄に乗っていても接続が切れないことが驚き」だそうだ。

三つ目は「出前文化」。電話1本で30分以内に配達してくれるのには、みんな「オーマイゴッド!」とびっくりするとのこと。

四つ目は「チムジルバン(韓国式健康ランド)」で、広くてきれい、プールもあるなど充実度は「アメージング」。また、安価な料金で一晩を過ごせること、汗蒸幕(ハンジュンマク。麻布をかぶって高温のドームに入る伝統サウナ)などが理由に選ばれている。

五つ目は「飲酒文化」。多くの会社員が退勤後に飲みに行く姿に「なぜ毎日飲み会をするのか」外国人は疑問を抱くそうだ。さらに、遅くまで飲んだのにもかかわらず、翌日7時には出勤している姿に「どうしたらそんなことができるのか」と不思議がるという。

六つ目は「教会」。夜の街で目につく十字架の赤いネオンはかなり印象的とのこと。一度韓国内の教会数を数えようと試みるも「ばかに多い」という結果に至ったそうだ。

最後の七つ目には「塾」が選ばれた。外国人が韓国でもっとも気になったこと、それは「韓国の子どもたちはどこで遊んでいるのか」で、韓国は老若男女問わず就職するまで勉強する国といっても過言ではないようだ。

動画は、「全般的に韓国のイメージは良かったものの、外国人は、韓国の忙しく目まぐるしい生活に『人生を楽しめないように感じた』と話す」と締めくくられている。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「韓国に住んでる人は韓国がどれほど住みやすい国か分からないだろう」と肯定的な意見が寄せられる一方で、「せっかちな性格なのは、民族性というより朝鮮戦争後の経済発展のスピードのせいでは?」「勉強する場所が多いだけで、しっかり勉強してるわけじゃない」「韓国で教会は宗教じゃない。一種の商売みたいなもの」「飲み会文化からして、この国は絶対に先進国にはなれない」と動画に一言投じる声が多く集まった。

また、「韓国の教育率はほぼ世界トップ級だけど、幸福指数は下の方」「資源も何もない国だから、他よりも速く賢く対処することだけが世界市場で生き残る術。仕方のない現実だ」「外国に出たら分かるけど、外国は退屈な天国、韓国は楽しい地獄」と切ない声が上がり、「韓国がこれほど発展できたのは、親世代の勤勉さと『パリパリ(速く速く)文化』のおかげ。これからは少し余裕のある生活を送ってもいいのでは」「非正常の正常化が必要」と願う声も寄せられた。
Record china
2017年5月17日(水) 8時30分
http://www.recordchina.co.jp/b163469-s0-c60.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト