脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

支持率

【韓国】文大統領支持率、史上最低の41.4% リアルメーター

1: 動物園φ ★ 2019/10/14(月) 10:40:59.20 ID:CAP_USER
機械翻訳

記事入力2019.10.14。 午前8:41

ムン・ジェイン大統領の支持率が41.4%まで低下し、先週に続いてチェイム後最低値を、また更新した。

否定の評価は56.1%まで上昇し、就任後最も高く、肯定的評価との差が二桁になった。

加えて、民主党の支持率も35.3%に低下して34.4%の支持率を示した自由韓国党と0.9%ポイント(p)の差に絞られた。

世論調査会社リアルメーターがYTN依頼で7?11日(ハングルの日の9日を除く)全国の満19歳以上の有権者2502人を対象に調査し、14日発表した10月の2週目の国政遂行支持率週間集計結果(標本誤差95%の信頼水準で±2.0%p)によると、ドア大統領の支持率は先週(44.4%)より何と3.0%p離れた41.4%となった。

一方、「国政遂行を間違っている」は、否定評価は先週52.3%で3.8%p上昇した56.1%を記録した。

今回のドア大統領支持率と負の評価はリアルメーターの調査基準週間・平日評価史上就任後最低・最高値だ。

肯定評価と否定の評価の格差は一桁(10月1駐車場7.9%p)で二桁の14.7%pで行われたものと集計された。

「分からない・無回答」は0.8%p減少2.5%となった。

日間では4日43.7%(否定の評価53.3%)を記録した後、7日(月)には42.2%(否定の評価55.0%)に下落し亘っ・不正評価ともそれぞれ終戦就任後日間の最低値(9月16日42.3%)と最高値(9月16日54.8%)を更新した。

8日には42.5%(否定の評価55.0%)で下落を止め小幅反発した。 以後、10日には41.6%(否定の評価55.9%)で下落したのに続いて、11日にも40.4%に低下し、二日連続で亘り・不正評価が日刊集計基準の最低値と最高値を更新したことが分かった。

続きを読む

【韓国】支持率・底なし沼 文大統領 民意は聞こえないふり! 悲惨な末路か

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/08(火) 22:09:47.92 ID:CAP_USER
2019年10月8日、文韓国大統領の支持率は底なし沼、奈落の底にまっしぐらだ。韓国の市民、民衆は、今自らの政治の在り方について積極的行動をとっている。いわゆる「広場政治」だ。

 それは、ソウルのソキョドンの「チョ・グク守護」集会とクァンファムンの「チョ・グク辞任」集会の勢力対決の有様に見て取れる。進歩・保守に関係なく、政治家らが自らの役割をきちんと果たしていないからの大義名分がそこには存在する。

 「政界は、チョ・グク問題について、是でもなく非でもなく、ただただ無責任に傍観している」
「広場という場所に出てきた市民の声の後ろに隠れるべきではない」
「イ・ヘチャン民主党代表やファン・ギョアン自由韓国党代表ら与野党指導部がどのような形でも対話すべき問題。この難局を解決しなければ、政党として存在する理由がない」。

 韓国の総選挙は、来年に行われる。「対決政治」が本来なら維持されてしかるべきだった。それは、大きな選挙を控えると支持層を結集して安定的な得票基盤を確保するべきだと分析がなされている。それにも関わらず、チョ・グク法務大臣就任問題において、与野党とも議論がなされず、文大統領の私意に押し切られている。

 こんな声もある。
「今からでも遅くないから、チョ法相の就任を保留状態にし、国民とのタウンミーティングを行う。チョ・グク局面をきっかけにして現れた不満や不正の問題を直接話し合ってみる。そして全国から寄せられた世論に基づいて、超党派的な国家委員会を設けて国会に提出する」。

 近い将来、チョ法相の妻の有罪が決まれば、チョ法相自身が辞任する可能性もある。無罪になれば、ユン・ソクヨル検事総長が罰せられる。どちらになっても収拾できない。

 大統領が「チョ法相を守る」。そんな私意を強行に押し付ける限り、民衆感情はどんどん反政府感情に高まっていくのだろう。

 文大統領の支持率が44.4%にダウン。これまで最低だった今年3月第2週目の最低値(44.9%)を更新する結果になった。

 全方位失敗の文大統領、いつまで大統領職にしがみつくのか。大統領職を追われれば、歴代の大統領と同じ、壮絶なバッシングで悲惨な末路が待っているのかもしれない。

【編集:BY】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5924&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2019年10月8日 6時15分

続きを読む

【文大統領】 支持率が44.4%で就任後最低 不支持率は最高更新

1: 荒波φ ★ 2019/10/07(月) 16:44:51.44 ID:CAP_USER
青いグラフが文大統領の支持率、赤いグラフが不支持率(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)
no title


【ソウル聯合ニュース】

韓国の世論調査会社、リアルメーターが7日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ2.9ポイント下がった44.4%となり、同社の同じ調査で就任後最低となった。不支持率は2.1ポイント上昇の52.3%で、就任後で最も高かった。

調査はYTNの依頼を受け、先月30日~今月4日(同3日を除く)に全国の成人2007人を対象に実施された。

リアルメーターは「チョ国(チョ・グク)法務部長官と検察改革を巡る与野党陣営の対立激化、保守陣営の集会、厳しい経済関連報道などが重なった結果」と分析した。

政党支持率は進歩(革新)系与党の「共に民主党」が前週より1.9ポイント下落した38.3%、保守系最大野党「自由韓国党」は2.7ポイント上がった33.2%となった。

「正しい未来党」は0.8ポイント上昇の5.9%、「正義党」は0.9ポイント下落の4.9%、「民主平和党」は0.7%下落の1.2%だった。

一方、同社の別の調査では、チョ氏の娘の不正入学や家族ぐるみの不透明な投資疑惑などを巡り、検察当局がチョ氏の家族を捜査していることについて、「適切だ」との回答は49.3%となり、前回調査より6.6ポイント増加した。「行きすぎだ」は46.2%で、2.9ポイント減少した。


2019.10.07 10:30
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191007001200882?section=politics/index

続きを読む

【韓国】文大統領の支持率42.1%、就任後最低... 否定の評価54.2%で最高

1: 動物園φ ★ 2019/09/18(水) 12:53:59.46 ID:CAP_USER
no title


記事入力2019.09.18。 午前11:00

ムン・ジェイン大統領の国政支持率が就任後の最低値を記録した。 「祖国事態」による世論の悪化が秋夕連休を経て、さらに増幅されたものと解釈される。

否定の評価54.2%のピークディップ「祖国警告灯」

デイリーのが世論調査専門機関アルエンサーチに依頼して実施した9月の第3週定例調査によると、ドア大統領の国政支持率は先週より3.2%ポイント下落した42.1%となった。

これは2017年11月デイリーのとアルエンサーチが定例調査を始めて以来の最低値だ。 従来最低値は、昨年12月の第4週の調査で記録した42.9%だった。

国政運営の不正の評価は、3.1%ポイント上昇した54.2%で最高点をとった。 去る8月第4週の調査で記録した最高値(51.2%)を超えた記録である。

ドア大統領の国政運営について「非常によくやっている」という回答は28.0%で、先週より5.3%ポイント落ちた。 「積極的に支持層」の支持率曲線がより急下落した結果だ。

デイリーのが世論調査専門機関アルエンサーチに依頼して実施した9月の第3週定例調査によると、ムン・ジェイン大統領の国政支持率は先週より3.2%ポイント下落した42.1%で最低値を記録した.?アルエンサーチ

全国下落のに... 「ドクヤチョンチョン」湖南73.3%

地域別の調査では、湖南のみ単独で上昇した。 湖南省は73.3%で、先週より6.8%ポイント上昇した。 続いて、ソウル(42.4%)、京畿(40.7%)、釜山・蔚山・慶南(33.0%)、大邱?慶北(29.1%)の順となった。

年齢別では40代が51.9%と最も高かった。 30代(47.8%)、20代(44.8%)、50代(40.9%)、60代(30.3%)が続いた。

これと関連し、金美賢アルエンサーチ所長は「ドア大統領の肯定?否定評価格差が過去最大に広がったということは、「秋夕の食卓」で祖国論議が再点火されたということ」とし「秋夕民心がかなり否定的だったことを知ることができる結果」と解釈した。

今回の調査は、過去16?17日、全国の成人男女1064人(加重1000人)を対象に、構造化されたアンケートを利用した無線LAN(100%)RDD自動応答方式で行われた。 全体回答率は11.4%、標本は2019年7月末、行政安全部住民登録人口基準による成果年齢、地域加重値を付与する(セル加重)で抽出した。 標本誤差は95%の信頼水準で±3.0%ポイントだ。 詳細については、アルエンサーチ(www.rnch.co.kr)で確認すればよい。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D119%26aid%3D0002352819 ate%3D20190918%26type%3D1%26rankingSeq%3D5%26rankingSectionId%3D100&usg=ALkJrhhcPNqIZfIsf7hcyuyI7D7ONSaBIg

続きを読む

【韓国】文大統領の支持率、2週連続アップ…韓国与党も共に上昇

1: シャチ ★ 2019/09/06(金) 02:29:17.53 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が2週連続で小幅上昇した。

世論調査専門機関リアルメーターがtbsの依頼で2日から4日までの3日間、全国有権者1502人を対象に大統領国政遂行評価を調査した結果、肯定的な評価は前週比1.3ポイント上昇した47.8%(非常に良い27.8%、良い20.0%)となった。

否定的な評価は1.9ポイント低下した48.3%(非常に良くない36.9%、良くない11.4%)だった。分からない・無回答は0.6ポイント増えた3.9%。

文大統領の日別支持率はチョ・グク法務部長官候補の記者懇談会の影響で2日に47.4%から48.7%まで上がり、3日に48.8%まで上昇した。その後、検察の2回目の家宅捜索直後は47.3%と1.5%落ちた。

地域別には釜山・蔚山・慶南(肯定的47.3%)、大田・世宗・忠清(45.4%)、ソウル(46.6%)の順に上昇幅が大きかった。年齢別には60代以上(39.9%)、20代(45.1%)、50代(46.3%)、30代(60.1%)の順に大きく上昇した。

一方、京義・仁川(肯定的49.1%)、光州・全羅(66.3%)でそれぞれ3.4ポイント、1.3ポイント落ちた。特に40代(肯定的52.5%)では肯定的評価の比率が9.4ポイントも下落した。

政党支持率も似ていた。与党・共に民主党の支持率は前週比0.4ポイント上昇した39.8%で40%に迫った。

一方、自由韓国党の支持率は0.6ポイント落ちた28.5%となった。次いで正義党(7.4%)、正しい未来党(5.1%)、ウリ共和党(1.5%)、民主平和党(1.1%)の順となった。

今回の調査の標本誤差は95%の信頼水準で±2.5ポイント。回答率は5.8%。詳細事項はリアルメーターや中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認できる。

中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000035-cnippou-kr

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト