脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

技術

【韓国・ジェネシス】T.ウッズは九死に一生も…カーブの遠心力には最新の安全性能もお手上げ

1: 首都圏の虎 ★ 2021/03/03(水) 09:36:03.02 ID:CAP_USER
よく助かったな。そう思わせたのが、ゴルフのタイガー・ウッズ(45)が起こした自動車事故だ。車体はボンネットが大破、後部もへこむなど激しく損傷した。大惨事で脚を開放骨折する重傷を負ったものの、車の安全装置のおかげで上半身はほぼ無傷だったというから驚く。最新安全装置があっても、事故はどうして起こるのか。

 事故現場は、緩い下り坂のカーブで、ウッズの車は中央分離帯を乗り越え、反対車線の樹木に激突。6メートルの崖を横転しながら転落し、道路からかなり離れたところで止まったという。

 現地報道によれば、制限速度は45マイル(約72キロ)で、道幅が広く、下り坂とあって70~80マイル(約112~128キロ)で飛ばす車も珍しくないようだ。事故状況から推測すると、ウッズはもっとスピードを出していたとみられる。

 ウッズは2009年にも消火栓と木に激突する自動車事故を起こしたほか、17年には自宅近くの路肩で車を止めて眠っていたところを警察に職務質問され、飲酒または薬物の使用の疑いで逮捕されたこともある。今回は、飲酒も薬物も否定されているが、ウッズは決して運転マナーがいいタイプではなさそうで、車の最新性能に救われたといってもいいだろう。

 自動車ジャーナリストの横田晃氏が言う。

「ウッズが運転していたSUV『GV80』は、韓国ヒュンダイの高級車ブランド・ジェネシスの最新モデルで、トヨタのレクサスと双璧をなすグレードです。このクラスの車で、シートベルトをきちんとしていれば、単独事故なら助かる可能性が高い。それを証明した事故といえるでしょう。あの事故映像は、自動車エンジニアが思い描いた通りの乗員救命構造の結果に見えました」

 どういうことか。横田氏が続ける。

「車の前と後ろの部分を損傷させて事故によるダメージを吸収していて、人が乗るキャビンは損傷が少ない。このような車体構造は、自動車エンジニアが事故をシミュレーションして人命を守るために結実した形。さらにエアバッグをはじめいくつもの安全装置があります。たとえハンドルを取られても、対向車と正面衝突したりせず、単独事故なら、助かる可能性が高いことを証明したといえるのです。今回、ヒュンダイのジェネシスがクローズアップされていますが、日本車も欧米の車もこのクラスの安全性能は同じように高い」

■ウッズが運転していたSUVには10個のエアバッグ

 そこで、安全性能の進化と事故について横田氏に詳しく聞いた。

 まず一つは、ウッズの上半身を無傷で守ったエアバッグだろう。

「エアバッグは、運転席と助手席の前で広がるフロントエアバッグが基本です。次に普及しているのが、横の衝撃から乗員を守るサイドエアバッグやカーテンエアバッグで、シートの横やドア付近についています。さらにハンドルの下から飛び出すニーエアバッグは下肢のケガを防ぐほか、衝撃で姿勢が崩れるのを守る役割もある。座面に組み込まれるシートクッションエアバッグも同様で、シート前面が高くなることで乗員の体がへの字にならないように姿勢をキープします。さらに運転席と助手席の人との接触を防ぐセンターエアバッグも普及してきているのです」

 かくしてGV80には10個のエアバッグがあり、レクサスLSは最大12個を備えている。これだけあれば万が一、事故が起きても安心だ。

 事前に危険を回避するプログラムも充実している。今回の事故で話題を呼んだGV80の安全装置を見てみると、ざっとこんな具合だ。交差点で左右から近づく車や歩行者との接触を防ぐ「前方衝突回避支援(FCA)」、車線の中央を走るように促す「車線追従アシスト(LFA)」、さらにカメラやセンサーで障害物を検知したり衝突の衝撃を最小化したりする「先進運転支援システム(ADAS)」……。

 ハイグレード車種なら、違うメーカーでも同じような装置を備えるケースは珍しくない。それでも、装置のサポートを超えることが起きると、事故につながる。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4eae5726476ebe31869c360115cddffd82d92a55

続きを読む

【金大中の夢】20年を経て実現…韓国型戦闘機、来月公開 「KFX」開発着手から5年で成果およそ1年の地上テスト 来年7月に初飛行

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/03/02(火) 18:22:50.49 ID:CAP_USER
no title


   防衛事業庁(防事庁)と韓国航空宇宙産業(KAI)は1日、「韓国型戦闘機(KFX)試作1号機を4月の出庫式で一般に公開する」と発表した。2001年3月に当時の金大中(キム・デジュン)大統領が空軍士官学校の卒業式で「国産戦闘機開発」を宣言してから20年が経過した。防事庁とKAIが2016年に開発に着手してから5年を経ての成果だ。

 出庫式を控えた試作1号機は、90%以上の工程が済んでいる状態だ。KFXは全長16.9メートル、高さ4.7メートル、翼幅11.2メートルで、米国のF16戦闘機よりやや大きく、F18と同様のサイズ。最大推力は4万4000ポンド、最大離陸重量は2万5600キログラム、最大搭載量は7700キログラムで、最高速度はマッハ1.8(時速約2200キロ)、航続距離は2900キロだ。KFXは、およそ1年の地上試験を経て来年7月の初飛行を計画している。

防事庁とKAIによると、KFX事業の生産誘発効果は最大24兆ウォン(現在のレートで約2兆2600億円)規模。防事庁KFX事業団のチョン・グァンソン団長は「事業完了時までの就業誘発効果は11万人に達するものとみられる」とし「本格量産が始まれば大変な人数の雇用創出効果があるだろう」と語った。

 一方、防事庁とKAIはこの日、韓国国内の技術で開発する小型武装ヘリ(LAH)を無人機(UAV)と連動して運用する有・無人複合システムとして推進したい、と発表した。地上のコントロールセンターがUAVを運用しつつ、獲得した情報をLAHに伝え、ヘリの作戦遂行効果を50%以上向上させたいという。防事庁ヘリ事業部のイ・ボヒョン部長(陸軍准将)は「ヘリのパイロットが山を越えるとき、山の向こうに敵がいるかどうか一番怖い部分」とし「無人機を飛ばして確認していけば、生存の可能性をはるかに高めることができる」と語った。

ウォン・ソンウ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/03/02 11:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/02/2021030280100.html

続きを読む

【WOWKorea】韓国ワクチン予防接種=日本なら5人分が「K注射器」と「神業看護師」で7人分となる”K防疫”

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/03/01(月) 19:27:44.39 ID:CAP_USER
(略)
感染自体を”罪悪視”した場合、「問責」「処分」を恐れて、あるいは社会的な迫害を逃れようと、感染を疑っても確定診断を強制的に受診させられるまで、体調不良を隠蔽して社会生活を送る事になり、感染拡大の温床となり得る。

韓国政府がこうした非科学的な方針をとろうとしたのは、国際的にも「K防疫」の指揮において高い評価を受けているチョン・ウンギョン(鄭銀敬)疾病管理庁長や中央防疫対策本部の公衆衛生専門家でない、アマチュア・素人である筈の人事革新処が中心となって政策決定をしようとしたからだ。

この背景には公務員は率先垂範すべきと言った「精神論」が有るとの指摘もある。しかし、これに対してはむしろ、災害や事故の発生は「天意」によって統治者の資格を左右する、失政・失徳の通知であると看做す「天人相関説」的観点が強いのではと考える。

つまり感染拡大を見て、政権の致命傷になりかねないと慌てた政権与党とその意を反映した人事革新処が、政治的な次元で出した、専門性・科学を無視・欠如した政策決定にほかならないと考える。

以前も指摘したが、「法の支配」に基づく法治が徹底され、専門性や科学的根拠に基づいた政策決定がなされる近代的な国家においては、災害・事故の発生それ自体は政権与党の責任ではなく、その対応のみ、政治的責任が問われるものだ。

恐らく日本では、新型コロナウィルス騒動発生の責任、政治家としての資格や、ましてや刑事責任を問う声は無いだろう。

一方、感染拡大後の対応、例えば補償無き自粛要請、空港閉鎖と検査結果が出るまでの事実上の軟禁、外国人入国規制の遅過ぎる発令、連休時の外出や旅行への無規制、それどころか「GoTo政策」によって不要不急な外出・飲食・旅行を奨励した等については、政治的責任が指摘される可能性がある。

しかし、儒教文化圏に限らず、古代的な「天と人」「神と人」との関係に束縛される、”脱神話”を果たしていない文化圏では、災害・事故の発生それ自体が、統治者とその側近らの道徳性の反映であり、天・神の警告や怒りだと看做す。

儒教文化圏ゆえに、こうした「天人相関説」的な感覚の韓国では、どうしても昨今の感染拡大は、文在寅大統領以下、政権与党の構成員らの資格が天意(民意)喪失の反映の如く映っていたのだ。

逆に、ワクチン予防接種のスタートと慎重な日本とは比べ物にならないスピード感を持つ韓国式の接種は、天意(民意)が大統領を支持していることになり、政権への支持を急激に高める可能性もある。

経済や不動産の政策で危機を迎えていた文政権が、コロナ禍の中で行われた昨年の総選挙で、300席の国会議員議席の中180席を確保したことは、まさに「K防疫」を巧みに利用した結果だと言えよう。

最近、1瓶(バイアル)5人分のはずだったファイザー社のワクチンが、”K注射器”を使って6人分がとれることが話題になり、韓国では文大統領や執権与党の政治家の業績とされている。

しかし、これで終わりなら韓国ではない。熟練看護師が「神業」を使うと7人分まで接種できるとのことだ。

韓国の国立中央医療院長は「ファイザー製ワクチン1バイアルは0.45cc、解凍した原液に(マニュアル通り)1.8ccの生理食塩水を混ぜると約2.2ccになる。1人定量の0.3ccをピッタリ接種すると、7人分となる」と韓国総理に説明している。

ここで熟練した看護師の話が登場する。「K注射器」で注射器への残量が0に近いピッタリ0.3ccを6回接種できるならば、確かにバイアルには0.3cc以上が残る。しかし、「神業」ではない限り、残量が足りなくなる可能性もある。

しかも、バイアルでの残量確認は難しく、新しい注射器で抽出してみないと0.3cc以上が残っているのかが分からない。もし抽出できた量が0.3ccに満たない場合、残ワクチンを注射器ごと廃棄するしかない。1度バイアルに挿した注射器を新しいバイアルに「2度付け」することは汚染の可能性があり、禁止事項であるからだ。

世論の反発も凄い。「看護師の神業に頼るのは国がやるべきシステムではない」「日本は人口2倍分のワクチンを確保し5人基準で接種するのに韓国は水増しして7人が使えって?」「昔、洋酒やガソリンは水増しして売ってた時期もあったようだが、遂にワクチンもか」「大統領就任式での言葉が忘れられない。一度も経験したことのない国にしやがったな」など皮肉った反応が多い。

6人分の「K注射器」を越えて、7人分の「神業」で王手をかけた「K防疫」。昨年に続き、文政権に2回目の「薬」になるのか、「毒」になるのか、この後を注目したい。

WOWKorea 2021/03/01 17:49配信 最終更新:2021/03/01  19:7
https://s.wowkorea.jp/news/newsread.asp?narticleid=289775

続きを読む

【韓国型ロケット】 10月打ち上げ計画に”青信号”=韓国ネット大喜び 「弾道ミサイルも造れそう」

1: 荒波φ ★ 2021/02/27(土) 13:07:50.04 ID:CAP_USER
2021年2月25日、韓国メディア・韓国経済は、韓国型ロケット「ヌリ号」の打ち上げ準備作業が順調に進んでおり、今年10月の打ち上げ計画に「青信号がともった」と伝えた。

記事によると、韓国科学技術情報通信部(科技部)と韓国航空宇宙研究院(航宇研)はこの日、全羅南道高興の羅老宇宙センターで行われたヌリ号の第1段エンジンの2次燃焼試験に成功したと発表した。

今回の試験は、先月28日に行った1次試験(30秒)より長い100秒持続。

実際の打ち上げ時のように自動発射ソフトウエアで検証しており、今回の試験では推進体がエンジンに正常に供給され、燃焼が安定的に行われるかどうかを確認したという。

今後、科技部と航宇研は来月末に最後の燃焼試験である130秒の燃焼に挑戦する予定。

最終試験に成功した場合、今年10月に予定されている1回目のヌリ号打ち上げのための飛行モデル(FM)の製作も順調に行われる見通しだという。

これを受け、韓国のネット上では

「応援する」
「そのうち弾道ミサイルも造れそう」
「すごい!今後韓国の技術で人工衛星を発射する日もそう遠くないだろう」など喜びの声にあふれており、
「宇宙科学技術にもっと投資する必要がある」
「韓国も少しずつ国の地位を高めて月の探査や宇宙飛行士を輩出しよう」

と宇宙科学の発展を望む声も多い。その他

「(李明博政権時の)4大河川事業さえなかったら…。今からでも韓国は宇宙に飛び出そう」
「川底につぎ込んだお金で航空母艦や衛星の打ち上げができたかもしれないのに。民主主義を30年後退させた人たちは許してはならない」

など前政権の政策を悔やむ声も見られた。


2021年2月27日(土) 13時0分
https://www.recordchina.co.jp/b872606-s25-c100-d0194.html

続きを読む

【火星】 いま火星の地には韓国人20万人の名前が…日本人は?

1: 蚯蚓φ ★ 2021/02/26(金) 12:23:21.96 ID:CAP_USER
no title

火星行きの仮想搭乗券の見本//ハンギョレ新聞社
no title

1093万人の名前が刻まれたチップ3つが入っているプレート//ハンギョレ新聞社
no title

プレートが取り付けられている位置(赤い円)//ハンギョレ新聞社

 火星滞在1週間目を迎えた探査車「パーシビアランス」には、地球人1093万2295人の名前が入ったプレートが搭載されている。

 米国航空宇宙局(NASA)が2019年5~9月にオンラインで行った「あなたの名前を火星に送ろう」イベントに参加した人たちの名前だ。NASAは電子ビームで参加者たちの名前を爪大ぐらいのチップ3個に刻み込み、これを台形のプレートに入れてパーシビアランスに載せた。同イベントの参加者たちには仮想の火星行き搭乗券が発給された。

 NASAは23日、火星に名前を送った1090万人の国別分布を調査して発表した。これによると、火星に最も多く名前を送った国はトルコで、252万8844人だった。インドが177万8277人、米国が173万3559人でそれぞれ2番目と3番目に多かった。国籍を韓国人と書いた参加者は20万3814人で、全体で8番目に多かった。北朝鮮側からも2044人が参加した。

中国と日本からの参加者はそれぞれ29万2071人と3万1920人で、比較的少なかった。1人以上の名前が搭載された国の数は計250カ国に達する。名前だけではあるが、国の数から見れば、事実上、全世界が同時に火星に行ったことになり、NASAとしては全世界を対象にPR効果を上げるのに成功したということだ。

 NASAによると、文字の大きさは1マイクロメートル(100万分の1)よりも小さい。チップの中には探査車の命名エッセイ公募展で決選に進んだ生徒155人の名前も入っている。

 このプレートにはまた、太陽を中央に置いて左右両側に地球と火星が太陽光線でつながっている様子をレーザーで刻みこんだ絵がある。この絵の太陽光線の間にはモールス符号も刻まれている。「Explore As One」(一つとして探査する)という意味だという。地球と火星が同じく太陽系の一員としてつながっていることを意味する言葉だ。プレートはパーシビアランス後尾の横軸中央に取り付けられている。

 NASAは2011年のキュリオシティ打ち上げの際も名前を送るイベントを行ったことがある。当時は120万人が参加した。

 NASAは現在、ウェブサイトで次の火星行きのチケット予約者を募集している。24日時点で約600万人が申し込んだ。

クァク・ノピル先任記者
http://www.hani.co.kr/arti/science/science_general/984416.html
韓国語原文入力:2021-02-25 09:40訳H.J

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<いま火星の地には韓国人20万人の名前が…日本人は?>
http://japan.hani.co.kr/arti/culture/39252.html

関連スレ:【朝鮮日報】 韓国から学んだ技術で? UAE探査船が火星軌道進入に成功  宇宙探査船「アル・アマル」★2 [02/11] [荒波φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613017791/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト