脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

技術

【中央日報】韓国、時速400キロ高速列車改良計画を放置?

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/15(火) 11:15:12.33 ID:CAP_USER
韓国政府が2017年に最高時速400キロで走行できるよう高速鉄道を改善する実行計画を推進すると明らかにしたが、2年が過ぎても事実上放置されていることが明らかになった。韓国鉄道産業の国際競争力を向上させる機会を失うという懸念の声も出ている。 

  国土交通部によると、2017年2月に発表した「第3次鉄道産業発展基本計画」には「これまで確保した時速400キロ級次世代高速列車技術活用のため高速鉄道のアップグレード推進」と書かれている。第3次鉄道産業発展基本計画とは2016年から2020年まで政府が重点的に推進する鉄道関連事項などを整理したものだ。 

  こうした内容はすでに開発を完了したHEMU-430X列車を念頭に置いたものだ。HEMUは2013年に最高時速421.4キロを記録し、フランス(575キロ)、中国(486キロ)、日本(443キロ)に続いて世界4番目の速度となった。 

  当時、韓国政府は2015年までに10万キロ走行試験を終えてHEMUを商用化し、ソウルー釜山(プサン)を1時間30分台で走破するという計画を明らかにした。また、HEMUの技術を輸出するとも伝えた。 

  しかしこの計画は実現されず、その後、第3次鉄道産業発展基本計画に反映された。2017年に高速鉄道改善実行計画を出し、今後10年間に信号設備や線路などを整備し、HEMUを実際の運営に投入するという意図だった。 

  しかし計画は今までほとんど実行されていない。国土部の鉄道関連部処で第4世代通信システムと線路の改良案の研究をしている程度だ。その間、HEMUは忠清北道五松(オソン)の車両基地で事実上放置されている。 

  さらに今年の国土部の業務報告にも時速400キロ台の高速鉄道改良事業は含まれていないと伝えられた。3年間も目立った動きがなく計画が埋もれているのだ。 

  匿名を求めた国土部関係者は「改良事業をするかどうかが決まってない状態」とし「内部では官僚の間でも現在も高速なのに速度をさらに高める必要があるのかという否定論も少なくない」と伝えた。 

  別の国土部関係者も「時速400キロ台に改良するには信号システムと電車線の整備はもちろん、現在の砂利軌道をすべてコンクリート軌道に変えるなど莫大な費用がかかる」とし「あえてこのような事業をすべきなのかという疑問がある」と説明した。 

  HEMUが高速で走る場合、京釜(キョンブ)高速鉄道第1段階区間(ソウルー東大邱)の砂利軌道では砂利が飛んで車輪や車体を破損する可能性が高く、したがってコンクリート軌道に変える必要がある。これには数兆ウォンかかると推定される。 

  しかし専門家は鉄道産業の競争力を高めるためにもHEMUの導入が必要だと指摘する。ソウル科学技術大のカン・スンピル教授は「高速鉄道の競争力は速度」とし「世界鉄道市場に進出するためにも時速400キロ台に高速鉄道を改善する作業をすべき」と話した。また「南北鉄道と大陸鉄道の連結にしても結局は高速鉄道の建設が主なイシューになるだろうが、現状況では韓国が高速鉄道強国の中国との競争で勝つのは難しい」と語った。 

  韓国交通研究院のチェ・ジンソク研究委員も「改良事業に費用と時間がかかるのは事実だが、鉄道の競争力向上のためにも信号体系や電車線の整備など可能な部分から段階的に改良事業を推進しなければいけない」と指摘した。 

  国土部の内部でも懸念の声がある。ある関係者は「1000億ウォンほどの費用を投入して開発した先端高速列車を活用できないのは問題」とし「高速鉄道の耐久年限が近づいているだけに、これに合わせて改善計画を立てて進めるべきだ」と主張した。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249137
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年01月15日 10時05分

no title

次世代高速列車として開発されたHEMU(中央フォト)

続きを読む

【国際】韓国の「世界初」技術、家電見本市で注目集める=韓国ネットから歓喜の声

1: Boo ★ 2019/01/13(日) 23:15:24.09 ID:CAP_USER
米ラスベガスで現地時間8日、世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」が開幕した。韓国メーカー各社は前日に記者会見を開き、「世界初」の技術を公開。会場は嘆声と拍手に包まれたと、9日(日本時間)に韓国日報が報じた。

記事によると、最も熱い反応があったのは、LG電子が公開した世界初のローラブル(巻取り式)テレビ「シグネチャーOLEDテレビR」だった。視聴しない時は四角形のサウンドバー内に画面を収納することができ、画面の一部だけを出して天気などの簡単な情報を表示させることも可能だ。ローラブル技術は昨年のCESでLGディスプレーが公開しているが、当時のものは試作品レベルで、LG電子関係者は「実際に使用できる量産型製品はこれが初」だと話している。ローラブルテレビは今年、発売の予定だという。

また、同社のカプセル式ビール製造マシン「LG HomeBrew」も、世界のメディアの注目を集めたという。酵母や麦芽などの入ったカプセルを使用し、5種類のビールを家庭で作り、味わうことができる。

一方、サムスン電子は98型のQLED8Kテレビを初公開した。8Kテレビを5種そろえて販売を開始したのは、韓国メーカーだけだという。この他、シルバー世代を主なターゲットとして開発した医療補助ロボット「Bot Care」を含む、かわいらしい顔のロボット「Samsung Bot」シリーズ3種と、ウェアラブル歩行補助ロボット「GMES」も紹介し、人気を集めた。ただ、サムスン電子関係者は「医療機器として認証を受けるには規制も厳しく、まだ研究段階だ。具体的な商用化計画はまだない」と話しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「資源もない弱小国が、強大国の中に飛び込み家電分野で世界一になった。韓国とサムスン、LG、素晴らしい!」

以下ソース
https://www.recordchina.co.jp/b677805-s0-c20-d0144.html

続きを読む

韓国ヒュンダイが「歩く車」を発表

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/01/10(木) 00:31:33.38 ID:/bZny8UE0 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
https://edition.cnn.com/videos/business/2019/01/08/hyundai-elevate-concept-car-walk-orig.cnn-business
現代の最新のコンセプトカーは「歩く」ことができる
CES HyundaiはElevateのコンセプトを発表しました。これは、地面を転がるだけでなく、険しい地形を横切って歩くことができる車です。

https://youtu.be/A33Yu-9rgxo


続きを読む

【韓経】KAI、韓国型戦闘機事業に「青信号」…インドネシアから分担金1320億ウォン受領(中央日報)

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/03(木) 12:52:51.91 ID:CAP_USER
韓国航空宇宙産業(KAI)が推進中の次世代韓国型戦闘機(KFX)事業に青信号が灯った。 

  KAIはインドネシア国防省からKFX事業開発分担金1320億ウォン(約128億円)の送金を受けたと2日に明らかにした。 

  韓国とインドネシアは事業費を共同負担して2026年までに次世代戦闘機を開発、量産するKFX事業を推進してきた。インドネシアは総事業費の20%に当たる1兆7000億ウォンほどを投資して試作機1機と各種技術資料の移転を受け次世代戦闘機50機をインドネシアで生産することにした。だがインドネシア側が技術移転と関連した立場の違いなどを理由に事業分担金を支払わないことからKFX事業から手を引くのではないかとの懸念が出ていた。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=248720&servcode=300&sectcode=320
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2019年01月03日 11時09分

続きを読む

【韓国】済州海上の浮遊式無人波力発電機が浸水・・・海洋汚染の恐れ

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/12/30(日) 09:54:06.57 ID:CAP_USER
(写真)
no title


済州(チェジュ)海上の浮遊式波力発電機が浸水しているが、強風などの気象悪化で接近が難しく、海洋警察が事故収集に困難をきたしている。

済州海洋警察署によれば28日の午後3時22分頃、済州市(チェジュシ)翰京面(ハンギョンミョン)?水里(ヨンスリ)龍水浦口(ヨンスポグ)の北西2.6㎞の海上で、海洋プラントが原因不明の理由で浸水しているという申告が海洋警察に寄せられた。

浸水中の海洋プラントは移動型の浮遊式波力発電機で、韓国海洋科学技術院付設の船舶海洋プラント研究所が管理している。サイズは横32.5m、縦23m、高さ9.5m、重さは1,088㌧規模で、8本(基・台)のアンカーで固定されている。海洋プラント内には軽油50㍑と油圧油800㍑が積載されていて、海洋汚染が発生する恐れがある事が分かった。

海洋警察は申告が寄せられた後、1,500㌧の艦艇とヘリコプターを現場に派遣して防除作業を行っているが、天候が悪くて進入に困難をきたしている。現在、済州島の全海上には強風波浪注意報が発令中であり、事故現場では強風とともに3mの高波が起きている。

海洋警察の関係者は、「現在、事故の海洋プラントは60~70%ほど浸水が進んでいて、まだ海洋汚染は見当たらない」とし、「海洋汚染の発生に備えて現場の状況を見守っていて、海洋プラント研究所とともに海洋汚染防止対策を準備している」と話した。

ソース:NAVER/韓国日報(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=469&aid=0000353117

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト