脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

慰安婦

【日本上陸】 慰安婦支援企業「マリーモンド」、東京でイベントも ~挺対協と協力している日本の市民団体が販売

1: LingLing ★ 2018/12/09(日) 21:15:55.44 ID:CAP_USER
■慰安婦ハルモニ支援企業マリーモンド、日本で商品販売開始
日本市民団体を通じてオンライン販売…東京でオフライン行事も進行

日本軍慰安婦被害ハルモニたちの美術作品をモチーフに、デザイン商品を作る韓国ブランドマリーモンドが、日本で商品の販売を開始した。

日本市民団体・希望のたね基金は「マリーモンドジャパン」を作って、8日からオンラインでマリーモンドの商品を販売すると発表した。

マリーモンドは、慰安婦園芸心理治療のプロセスで花を押して作った美術作品をモチーフに、携帯電話ケース、手帳、バッグ、Tシャツ、帽子など色々なファッション小物を製作して販売している韓国企業だ。

希望のたね基金は、販売収益を性暴行根絶運動に使用する予定だ。オンライン販売と、8日から二日間は東京の台東区でオフライン販売イベントも進行する。

希望のたね基金は、日本の市民社会の人々が日本の若者に正しい慰安婦の歴史を知らせるために作られた団体だ。

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協>>0�などが設立した「正義記憶財団※」と協力して、教育・研修、交流事業などを推進している。
※「挺対協」と「正義記憶財団」=組織統合して現在は「正義連」

一方、マリーモンドの商品は防弾少年団、TWICEなどK-POPスターが着用して話題になった。

ソース 民衆の声(韓国語)
http://www.vop.co.kr/A00001360620.html

【韓国企業】 慰安婦支援ブランド「マリーモンド」上陸、韓流アイドルが着用 ~日本の団体が販売、利益は性暴力根絶の活動に[12/08]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1544266070/
【韓国企業】 BTS、TWICEも着ている!慰安婦支援ブランド「MARYMOND(マリーモンド)」がついに日本上陸 北原みのりらが協力[12/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1543939964/
【慰安婦問題】 韓流スターが着用して話題の「MARYMOND」、どんな企業?営業利益の50%以上を挺対協などに寄付[11/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1542901640/
【韓国】元慰安婦支援団体「挺対協」が「正義連」に名称変更
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1531744594/

続きを読む

【韓国企業】 慰安婦支援ブランド「マリーモンド」上陸、韓流アイドルが着用 ~日本の団体が販売、利益は性暴力根絶の活動に

1: LingLing ★ 2018/12/08(土) 19:47:50.74 ID:CAP_USER
■慰安婦支援ブランド上陸

・セキチクの花をデザインした元慰安婦を支援するスマホケースなどの商品(マリーモンドジャパン提供)
no title


旧日本軍の従軍慰安婦だった女性らを支援する韓国ブランド「マリーモンド」は8日、日本で衣類や雑貨の販売を始めた。Kポップの人気グループ「BTS(防弾少年団)」や「TWICE」のメンバーらが着用し、話題となった。慰安婦問題に取り組む日本の団体「希望のたね基金」がインターネットで売り出した。利益は性暴力根絶の活動に使うという。

マリーモンドは、元慰安婦1人ずつにイメージの花を決め、それぞれの花をデザインしたスマートフォンのケースやTシャツ、かばん、文房具を韓国ソウルの店舗やネットで販売。昨年死去した在日韓国人の宋神道さんの商品は、セキチクの花がモチーフだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000042-kyodonews-soci

【韓国企業】 BTS、TWICEも着ている!慰安婦支援ブランド「MARYMOND(マリーモンド)」がついに日本上陸 北原みのりらが協力[12/05]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1543939964/
【慰安婦問題】 韓流スターが着用して話題の「MARYMOND」、どんな企業?営業利益の50%以上を挺対協などに寄付[11/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1542901640/

続きを読む

【慰安婦問題】 韓国の組織だった反日活動に負け続ける日本~慰安婦問題のウソに抗議した韓国系アメリカ人の孤軍奮闘

1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/02(日) 00:32:56.58 ID:CAP_USER
no title

▲米カリフォルニア州グレンデール市の「慰安婦」像に献花するアダム・シフ下院議員=2014年4月 (中村将撮影)

 《私は1930年に朝鮮で生まれ、50年代の大学留学以降、アメリカに住んでいます…以前、あなたがグレンデールの公園にある『慰安婦』像を訪問するニュースを見ました》

 在米の韓国系アメリカ人の男性(88)が、米民主党の下院議員、アダム・シフ=カリフォルニア州=へ宛てて送った手紙は、こう始まっている。書いたのは、新たにサンフランシスコ市で、中国系団体による『慰安婦』像などの寄贈受け入れが議論になっていた昨年8月のことだ。

 シフは、元慰安婦への日本政府の謝罪などを求めた2007年の米下院決議の共同提案者の一人だ。報道によれば、前回の中間選挙を控えていた14年4月、シフは、選挙区であるカリフォルニア州グレンデール市に設置された『慰安婦』像を訪れて献花を行い、「何十万人もの女性が戦時中に性奴隷とされ…元慰安婦の女性が何十年も恥と怒りとともに生きてきた」などと口を極めて非難した。

 手紙の中で男性は、日本統治時代などの自身の体験を踏まえ、シフが口にしたような“虚構の物語”に疑問を呈していく。

 《(日本統治下の朝鮮の)朝鮮語の新聞で、私は「軍隊のための性労働者」の求人広告を見たことを覚えています。もしも、日本軍が本当に自宅や路上で無理やり朝鮮の少女を連行したのならば、わざわざ、こんな新聞広告を出す必要があったでしょうか?》

 《1980年代に「吉田清治」という怪しげな背景を持つ男の本が韓国語にも翻訳されて出版されました。彼らは『戦争中に朝鮮女性が“性奴隷”として日本軍に強制連行された』と主張しましたが、それまで韓国で、そんな話はまったくなかった。果たして、日本軍が秘密裏に何十万もの朝鮮女性を連れ去ることなど可能でしょうか?》

 男性は、日本統治時代の朝鮮に生まれ、旧制中学在学中に終戦。戦後はソウル大学法学部を出て朝鮮戦争に従軍、米大学に留学して米国籍を取り、長年、アメリカの多国籍企業で国際金融関係の仕事に携わってきたビジネスマンだ。その2年前には、オバマ政権で駐日大使を務めたキャロライン・ケネディ宛てにも同様の手紙を送っている。

 「本当は日本人がすべきことでしょう。だが、僕はウソを見過ごせない。戦時中、僕の街や親類でも、慰安婦にさせるため“軍に強制連行された若い女性”の姿なんて見た人は誰ひとりいないのだから」

 結局、どちらの手紙にも返事はなかった。サンフランシスコ市は昨年11月、像などの寄贈を受け入れ、シフは、先月行われた中間選挙で再選。民主党が下院で多数党になったため、下院情報委員長への起用が確実視されている。また、今回の選挙で、ニュージャージー州では、20年ぶりとなる韓国系下院議員(民主党)も誕生した。米政界の一部議員による理不尽な日本への非難は、今後も強まりこそすれ、緩むことは期待できないだろう。

 慰安婦問題や徴用工問題をめぐる“歴史戦”は、今やアメリカが主戦場になっている感がある。

 「反日」で結託する韓国系と中国系ロビーが政治家や地方自治体に圧力をかけて各地に『慰安婦』像や碑を建てさせ「性奴隷」「人身売買」などという言葉で煽(あお)り立てる。米公立高校で使われる一部の世界史教科書には「約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に徴用した」などという虚偽の記述が堂々と掲載される。ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板には、徴用工問題をめぐって「軍艦島は地獄島」などという韓国映画の意見広告が流される…。

 ウソがウソを呼んでひとり歩きし、まるで人間の所業とは思えない“日本軍の悪行”が吹聴され、とどまることをしらない。なぜ、直接関係がないアメリカで、虚構の物語が、これほどまでに流布されるのか。
>>2-5あたりに続く

ソース:産経ニュース<【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(47)慰安婦問題のウソに抗議 韓国系アメリカ人の孤軍奮闘>
https://www.sankei.com/world/news/181201/wor1812010006-n1.html

続きを読む

【韓国】慰安婦合意を捨て去った「馬耳東風」の論理

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/11/30(金) 20:59:15.78 ID:CAP_USER
no title

慰安婦問題はいつまで日韓の間でくすぶり続ける?(17年5月、ソウル) Kim Kyung Hoon-REUTERS


<文在寅政権が「和解・癒やし財団」の解散を発表――強気の背景には世界的な人権重視のトレンドがある>

日韓関係はこうもこじれるものなのか。韓国政府が21日、15年の日韓慰安婦合意の根幹となる「和解・癒やし財団」の解散を発表した。合意に基づき、日本政府がこの財団に10億円を拠出。生存する47人のうち34人が1人当たり1億ウォン(約1000万円)を受け取っている。

だが、合意と財団は慰安婦支援団体をはじめ少なからぬ韓国世論の反発を受けてきた。「朴槿恵(パク・クネ)前政権が日本と政治的な合意を結んだ」というのがその理由だ。文在寅(ムン・ジェイン)現政権はこれを受け、「法的拘束力がない政治合意で、公権力の行使とみるのは難しい」と発表。理事の大半が昨年末で辞任し、財団の実質的な機能は停止していた。

さらに韓国では10月末、大法院(最高裁判所)が徴用工問題に対し、「個人請求権はある」との判決を出し、日本の新日鐵住金に賠償を命令。65年の請求権協定で定められていない「個人請求権」を韓国司法が認めたことで、国際法違反という反発が日本側で強く起きた。そして今回の財団解散だ。安倍晋三首相も「国際約束が守られないのであれば、国と国との関係が成り立たなくなってしまう」と、強い口調で反発している。

しかし、韓国には馬耳東風だろう。「(財団解散について)もともと韓国国民は無関心な上に、文政権が慰安婦合意に否定的な声明を発表した延長線上にあると認識しているので、大きな問題になっていない」と、ある韓国の全国紙記者は言う。「日本側の反発も大したことがないと、大統領府や政府が思っている可能性はある」

日本からすれば、韓国側の態度は「日本軽視」に見える。だが「大統領府のスタッフはむしろ逆に『日本に対し、われわれはよくやっている』と思っている」(日本の韓国政治研究者)。植民地支配の過去の清算をきちんと行わない日本には現在のような対応でいい、ということだ。

中国や北朝鮮も参戦か?

日本では慰安婦や徴用工の存在そのもの、そして「被害」の定義をめぐって論争がある。だが、韓国にとっては「戦争・植民地による人道的被害」というのが共通認識であり、道徳性や正当性から見て日本側が一方的に悪い、と今も考えられている。

徴用工問題について、日本側は日韓基本条約に定められた手続きによる2国間紛争解決、さらには国際司法裁判所(ICJ)への提訴も考えている。慰安婦問題は当時の状況からして同条約には言及・明記されていないが、日本政府は「国際法・合意違反」を打ち出し、世界に韓国の非を訴えるほかない。だが、それがどこまで通じるか。

冷戦終了以降、過去の戦争や植民地支配などでの非人道的行いについて、国家間では解決済みとされても、個人的な責任追及や賠償などを求める声が高まった。そして、この動きが世界的なトレンドになっている。

日本では異論があるが、国連での場でも、途上国を中心にそうした意見が高まり、決議もされている。11月19日にも、国連の強制的失踪委員会が、日本の慰安婦問題について元慰安婦らへの保障は十分とは言えず、最終的かつ不可逆的に解決したという日本政府の立場に遺憾の意を示したばかりだ。

慰安婦合意の再交渉や破棄はないというのが日本の立場だ。しかし「国際法違反」という日本側の主張が、世界にどこまで通用するか。今後、中国や北朝鮮も歴史問題を取り上げてくるかもしれない。負の連鎖を止める日韓両国の知恵が、今こそ最も必要とされているのだが。


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/post-11357.php
Newsweek 2018年11月30日(金)15時40分

続きを読む

【慰安婦問題】 和解治癒財団を清算して「慰安婦研究のメッカ」を作ると言ったのに...スタート3カ月で慰安婦研究所の所長が辞任

1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/28(水) 14:47:45.39 ID:CAP_USER
no title

▲「日本軍慰安婦問題研究所」は今年8月10日、ソウル中区中林洞の韓国女性人権振興院に事務室を設置した。写真・イ・ジュンホン記者

ムン・ジェイン政府が100大国政課題事業の一環としてスタートした「日本軍慰安婦問題研究所」の所長が3ケ月で辞退するなど、研究所が体制を整える前にふらついている。政府が少ない予算で急に研究所をスタートさせ、研究の独立性も保障しなかったからという批判の声が出ている。

複数の慰安婦関連学者らによれば去る8月、研究所所長を引き受けたキム・チャンロク慶北(キョンブク)大法学専門大学院教授が27日、辞意を表明したことが分かった。慰安婦問題を研究してきたある学者は「研究所スタート前から女性家族部と学者の間に設立方式と運営方向をめぐり異見があった」として「キム教授が所長を引き受けて研究所をうまく導こうとしたが、結局退いたと理解している」と話した。

今年8月10日にスタートした研究所はムン・ジェイン政府が昨年出した100大国政課題に含まれた事業だ。政府はパク・クネ政権時、日本との「慰安婦合意」を通じて日本から出資金を受けて作った「和解治癒財団」を今年中に清算し、研究所を作って「戦争と女性人権の問題を研究する世界的なメッカにする」という方針を明らかにした。

研究所は国内外機関と博物館などに散った慰安婦関連記録物を一カ所に集めてデータベース(DB)化し、慰安婦口述記録集を外国語で翻訳・発行して国際社会に知らせる役割をするという。政府傘下にできた初めての慰安婦研究機関で意味が大きいという評価を受けた。しかし、国会で法的根拠になる法案通過が延期され難航していた。

ナム・インスン共に民主党議員などが研究所設立根拠を入れた慰安婦被害者法改正案を今年の初め発議したが、通過せずに国会に係留されている。このため研究所は女性家族部傘下の韓国女性人権振興院が女家部の慰安婦関連事業を受注する「1年委託事業」形式で出発した。その様に見ればでたらめに書かれた予算と人材だけで急にスタートしたという指摘が出た。

スタート当時、キム・チャンロク所長も京郷新聞とのインタビューで「このまま運営されれば政府がこれまでしてきた慰安婦関連事業に一つを追加するだけ」として「事務室一つ、会議室一つに研究人材は4人だけなので研究所と言うのも難しい」と言った。キム所長は辞意表明後、現在、外部との連絡を避けていることが分かった。

これまで「日本軍性奴隷問題解決のための正義記憶連帯」(正義研)等関連団体は政府委託事業形態でなく、政権と関係なしに持続的に研究を遂行できる独自の研究所を作らなければならないと主張してきた。慰安婦問題を長く研究してきたカン・ソンヒョン聖公会(ソンゴンフェ)大教授は「振興院が職員を派遣し、いちいち事業に干渉してめながらウェムメゴジン一つを学者らの意図のとおり作ることさえやさしくなかったことと理解している」と話した。

カン教授は「研究所は歴史記録を保存し広報だけでなく現在の被害者が生きている歴史的な事件について真実を糾明する役割を持つ重要な場所」とし、「政府が慰安婦問題に対する明確なロードマップなしで最小限の装置だけ作った」と批判した。

また他の女性問題専門家も「日本のお金で作った財団をなくしてしっかりした研究所を作るという約束は『ショー』に過ぎなかった」とし、「女家部の方針は形式的に研究所をスタートさせて『管理』するだけということに他ならない」と批判した。女性家族部関係者は「キム所長の辞意を公式に伝達されたことはない」と話した。

イ・ヘイン記者

ソース:京郷新聞(韓国語) [単独]和解治癒財団清算して「慰安婦研究のメッカ」を作るといったのに...スタート3ケ月ぶりに慰安婦研究所長辞退
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?art_id=201811271720001

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト