脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

慰安婦

【韓国】漫画で見る慰安婦の物語『16歳だった』(写真)

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/05/18(火) 06:36:11.63 ID:CAP_USER
(写真)
no title


京畿道(キョンギド)富川市(プチョンシ)にある韓国漫画(マンファ)博物館で、ウリたちの痛恨の歴史である日本軍慰安婦の物語『16歳だった』の展示会が来月30日まで開かれる。慰安婦による映像証言だけではなく、漫画も上映されている。観覧料は無料。

(関連写真=聯合ニュース)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


ソース:東亞日報(韓国語)
https://www.donga.com/news/article/all/20210517/106986140/1

続きを読む

【李容洙】 「日本の“強制連行”の証拠はとても多い」

1: 荒波φ ★ 2021/03/01(月) 17:44:32.14 ID:CAP_USER
韓国女性家族部のチョン・ヨンエ長官は1日昼12時、光化門近くの食堂で元従軍慰安婦のイ・ヨンス(李容洙)さんと会って、2時間ほど被害者支援や関連記念事業推進方向などに対する意見を交わした。

李容洙さんは同日、「慰安婦問題について、日本政府の責任を明確にするためには国際司法裁判所に提訴して、判決を受ける必要がある」と改めて強調した。

最近論議になったラムザイヤー教授の論文に対しては「日本が強制的に連れて行き、人権を侵害したという証拠はとても多い」とし「政府が直接対応すべき問題ではないかと思う」と言及した。

続けて「被害者が一人でも生きている時、日本は当然謝罪すべきだ」と強調した。

チョン長官は「慰安婦問題を知らせて、解決するために努めていらっしゃった李容洙さんが推進しようとすることに、政府が支援できる部分を前向きに検討する」と答えた。

特に「おばあさんたちの意志がきちんと伝わるよう、積極的な役割を果たすのが私たちの役目」とし、「被害事実の歴史的な記録を体系的に収集・拡散するために、もっと努力する」と強調した。


2021/03/01 17:29配信 Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0301/10289912.html

続きを読む

【慰安婦問題】 韓国タブー「貢女論」「米軍慰安婦」をあげて韓国大学の教授2人がラムザイヤー教授を異例の擁護

1: 蚯蚓φ ★ 2021/02/21(日) 22:50:36.42 ID:CAP_USER
no title

(画像提供:wowkorea)

米国ハーバード大学のラムザイヤー教授が「慰安婦は売春婦だった」と主張する論文に対して感情的な反応が続いている韓国。韓国内の大学教授2人がラムザイヤー教授に賛成するコラムを米国誌に寄稿し、韓国で波紋が広まっている。

韓国の名門大学であるヨンセ(延世)大学とハニャン(漢陽)大学に教授として在職中の2人の外国国籍の教授たちによるもの。ジョー・フィリップス延世大学アンダーウッド国際大学副教授、そして、ジョセフ・リー漢陽大学政治外交学副教授は、米国の外交専門誌「Diplomat」誌に「”慰安婦”と学問の自由」というタイトルの英文を共同寄稿した。
(中略:関連スレとほぼ同内容につき関連スレ参照)

教授らはまた「韓国政府は高麗(918~1392年)王朝と朝鮮(1392~1910年)王朝の時、当時の韓国は数万人の「かわいい女」(貢女)を中国に送った」とし「(日本敗戦の)1945年以降は、政府の激励と監督の中、最大50万人に達する米軍慰安婦が活動した」と書いた。

続いて「現代の性労働者(売春婦)も大衆や政府の思いやりをほとんど受けなかったり追放されている場合が多い」とし、「韓国はOECD(経済協力開発機構)の中で最も懲罰的な性労働法を通過させて強制的に適用し、『少数の不道徳な女性だけが自発的に有給性労働に参加している』と主張している」と批判した。

教授らは「日本は自国の非を議論して知らせる豊富な運動家と学者があるモデル」とし「ラムザイヤー教授の論文に対して謝罪と取消し要求で反射的に反応している人々は、深く持っている信念を議論して再評価する機会を同じく歓迎し、自分自身と韓国、そして人権コミュニティーに奉仕することが、もっと良いだろう」と皮肉った。

また「私たちの目的は、ラムザイヤー教授の論文を支持することではない」とし「私たちは、韓国の学者として、住民として、検閲や縮小や感情的に満足のいく謝罪のためのものではなく、彼の出版物について拡大や試験や異議を提起する実証的な研究と分析のため」と付け加えた。

2人の教授が韓国名門大学に在職中であることを考えると、これから「学生の抗議」「在職大学の調査」「韓国世論の猛非難」が予測される。韓国国籍ではないため、最悪の場合、居留資格喪失など何らかの理由で追放されることまでも想定できる。

特に、韓国歴史のタブーである「貢女論」まで言及したことで、この2人に対する韓国社会の対応・待遇は、「感情 vs 理性」「革新左派 vs 保守右派」「大陸勢力 vs 海洋勢力」が今も闘争中の韓国で「未来の試金石」となるような気がする。

ソース:ワウコリア<W解説>ハーバード教授の「慰安婦=売春婦」論文、韓国タブー「貢女論」で韓国大学の教授2人が異例の擁護
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0221/10288960.html

関連スレ:【中央日報】 延世大学・漢陽大学の教授、米メディアに 「慰安婦売春」 教授擁護する寄稿 [02/21] [荒波φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613866844/

続きを読む

【慰安婦】イ・ヨンス(ハルモニ)さん、「ハーバード大教授の妄言は無視しよう」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/02/18(木) 09:44:32.06 ID:CAP_USER
(写真)
no title


日本軍慰安婦の被害者であるイ・ヨンス(ハルモニ)さん(93歳)が、慰安婦は売春婦という主張をしたハーバード大学ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授を無視しようと主張した。

イさんは17日、ハーバード大学アジア太平洋法学部生徒会(APALSA)の、『慰安婦を否定する日本側の主張に対する反論』というテーマで開かれた、オンラインセミナーに参加した。

セミナーでイ・ヨンスさんは、「ハーバード大学の学生たちは、その教授の言うことを無視してほしい」と求めた。

続けて、「むしろ、その教授はよくやったと思う」とし、「慰安婦問題の解決に進展がない状態で、この問題をしっかりと思い起こさせてくれたから」と付け加えた。


イさんは、「ハーバードの学生たちが慰安婦被害の問題に気遣い、頑張っていることがよく分かる」とし、「雲の上のハルモニたちもよく分かっているはずだ」と涙ながらに語った。

彼女は、「ICJ(国際司法裁判所)で、この問題を完璧に確かめることが私の最後の願いだ」と言いながら、「文在寅(ムン・ヂェイン)大統領が日本の菅義偉総理を説得して、問題を解決すべきだ」と訴えた。

イさんは今後に、日本との交流を続けるという意志を明らかにした。彼女は、「両国間は怨讐を担う国ではない」と言いながら、「一学生でも、一人間でも、慰安婦被害の問題について、(日本が)なぜ慰安婦を作り、どこで作ったのかを明確に知るべきだ」と強調した。続けて、「お互いに親しく過ごしながら、このような正しい歴史を伝えたい」と付け加えた。

この日のオンラインセミナーには、マイク・ホンダ元連邦下院議員、慰安婦正義連帯(CWJC)のリリアン・シン共同議長とジュリー・タン元米国法廷判事、ICJ回付推進委員会のキム・ヒョンヂョン報道官などが共に参加し、ラムザイヤー教授を批判した。

ソース:ヘラルド経済(韓国語)
http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20210218000027

続きを読む

【韓国外交部】 慰安婦問題のICJ付託に慎重姿勢  「被害者の意見聴取」

1: 荒波φ ★ 2021/02/16(火) 15:39:30.63 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】

旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんが16日に記者会見を開き、慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう提案したことについて、韓国外交部の当局者は「(被害者の)おばあさんらの意見をもう少し聴取したい」と述べ、慎重に検討する方針を明らかにした。

同当局者は「政府は慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復するため、できるだけの努力を尽くしている」として、「慰安婦被害者らと緊密に意思疎通しながら円満な解決のため、最後まで努力する」と強調した。

李さんは会見で、「韓国政府が乗り出し、国際法に基づいて日本の罪を明らかにすべき」とした上で、「日本が過ちを悟って反省するよう、ICJの判断を受けてほしい」と訴えた。
 
ICJは国連の主要な司法機関で、国連加盟国はICJの判決に従う義務がある。
 
慰安婦問題を巡っては先月、日本政府に被害者らへの賠償を命じたソウル中央地裁の判決が確定している。
 
一方、自民党などからは同判決は国際法違反だとして、ICJに提訴するよう求める声が出ている。だが、韓国はICJに提訴された裁判の受け入れを義務付ける「強制管轄権」を受託しておらず、日本がICJに提訴しても韓国が応じない場合は訴訟が成立しない。
 
ICJで慰安婦問題が取り扱われる場合、国際社会の注目を受けるため、韓国に不利ではないとの見解もある。


2021.02.16 15:22
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210216002500882

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト