脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

尖閣

【軍事】尖閣に迫る嵐、「終戦の日」の中国に備えよ 海警船の領海侵犯の次は「軍艦」か「上陸」か…試される日本

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/10(水) 03:08:26.74 ID:CAP_USER
no title

尖閣沖に中国公船。日本政府が抗議(写真提供:第11管区海上保安本部/AP/アフロ)

 日本の尖閣諸島海域に嵐が迫っている。台風のことではなく、8月5日午後、尖閣諸島領海に2隻の中国海警船と漁船が初めて侵犯してきた事件である。
このとき、尖閣諸島の接続水域の中国公船の付近には230隻あまりの中国漁船があった。日本外務省は、この事実を確認し、中国大使館公使に抗議した。これは6月9日の尖閣諸島接続水域に軍艦が侵入して以降、
中国が計画的戦略的に東シナ海・尖閣諸島に対してアクションを起こしているということであり、おそらく8月15日の終戦の日を一つのピークに、中国側は本格的に日本の出方を見定めていくつもりではないか。日本側に準備と覚悟はできているのか。

漁船を追う形で中国海警船が領海侵入

 今回の件を簡単に振り返る。

 日本の海上保安庁によると、5日午後12時15分ごろから、中国海警船2隻が相次いで尖閣諸島付近の領海内に侵入した。この2隻はともに機関砲を搭載する武装船である。まず、2隻のうち「海警33115」が12時15分ごろ領海に入り尖閣西北から西側を通り抜けた。
続いて午後1時半から再び領海に侵入し、このときは約3時間航行したのち、領海外側の接続水域に抜けていった。続いて「海警2307」が午後3時45分ごろから、領海内を15分航行し接続水域に抜けた。ともに漁船を追う形で侵入したという。

 これら海警船は7月30日ごろから尖閣諸島付近にいた。これは今年に入って21度目の中国海警船の集団来航である。6日午前の段階で、中国海警船6隻が釣魚島の接続海域にいることが確認された。
これら船のうち少なくとも3隻は外観から機関砲を搭載しているようだった。一般に中国海警船は3隻で行動することが多く、今回6隻の規模に拡大したのは、中国の挑発がそれだけエスカレートしたということだろう。
しかも、周辺海域では230隻以上の漁船が作業をしていた。これほどの漁船が尖閣諸島周辺海域に集結していることも異例の出来事である。今回、領海侵入した海警33115、海警2307と、もう一隻の海警2166は8月3日以来、繰り返し接続水域を航行しているという。

 日本外務省アジア・大洋州局長の金杉憲治は、領海侵犯があった段階ですぐ、中国大使館の公使・郭燕に電話で「このような行動は、現場の緊張をさらに高める一方的な行動であり、受け入れることは絶対にできない」と抗議し、
中国側は船を領海に入れないように、さらに接続水域から立ち去るように要請した。中国の日本大使館も中国外交部に対し抗議を表明した。

 日本政府としては、「中国海警船が漁船に囲まれて航行することは、日本の領海内で中国が法の執行行為をしているということになり、主権侵害に当たるとして、過去の接続水域侵入とレベルが違う」と判断。
5日夕の抗議は、外務次官の杉山晋輔が、中国大使の程永華を呼び出して、「厳正なる抗議」にレベルアップし、「この挙動は日本主権の侵害であり、断固許すことはできない」とした。

中国の変わらぬ態度と増え続ける海警船

 これに対し、中国外交部報道官による中国の公式の態度は「中国側の釣魚島(尖閣諸島)問題においての立場は明確で、一貫している。釣魚島とその付属島嶼は中国の固有の領土であり、中国はこれら島嶼とその海域の主権について争う余地はない。
同時に中国側はこの海域に関しては妥当な管理措置を取っているところである。我々は強烈に日本サイドが、双方の関係する原則の共通認識精神を守ることを希望し、冷静に事態を見つめ、
状況を緊張、複雑化させる可能性のあるいかなる行動もとらないように希望する。そしてともに関係海域の安定のために建設的な努力をしよう」といつも通りであった。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/080800059/

>>2以降に続く)

続きを読む

【尖閣問題】中国、尖閣周辺の航行を正当化 尖閣は「中国固有の領土」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/06(土) 22:45:39.83 ID:CAP_USER
no title

尖閣諸島周辺の領海に侵入した中国漁船=5日(海上保安庁提供)
no title

尖閣諸島周辺の接続水域で確認された中国公船。船首近くに砲のようなものが搭載されている=6日(海上保安庁提供)

 中国外務省の華春瑩報道官は6日、
沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を中国海警局の公船や多数の漁船が航行したことについて「釣魚島(尖閣の中国名)は中国固有の領土だ。中国は付近の海域に争う余地のない主権を有している」と正当化するコメントを発表した。

 日本外務省による中国側への抗議に対しては「情勢の緊張と複雑化を招くいかなる行動も取るべきではない。関係海域の安定のために共に建設的な努力をすべきだ」と反論。「中国側は関係海域の事態を適切にコントロールしている」と強調した。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160806/wor1608060061-n1.html

関連スレ
【日中】外務次官、尖閣領海侵入で中国大使に厳重抗議 漁船に公船が異例の伴走[8/06]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470411078/
【日中】尖閣の接続水域に中国海警局6隻と中国漁船230隻来襲 金杉アジア大洋州局長「緊張をさらに高めるエスカレーションだ」[8/06]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470464376/
【日中】尖閣に中国公船と漁船が侵入、同時に領海侵犯は初[8/06] ©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470479282/
【日中】尖閣へ集結の中国漁船約230隻、乗り込むのは軍事訓練受けた漁民か 習近平政権、日本支配の打破へ新段階 南シナ海関与を牽制も©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470485118/
【尖閣】中国外務省「日本は冷静な対応を」 尖閣問題 ©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470486990/

続きを読む

【国防】中国から離島を守れ! 韓国に対馬の不動産を買い占められた過去を教訓に、政府が対策に本腰を入れ始めた

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/07(日) 05:00:30.62 ID:CAP_USER
no title

東シナ海上空から臨む尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=平成23年10月13日(鈴木健児撮影)
no title

首相官邸で開かれた総合海洋政策本部の会合。右から2人目があいさつする安倍晋三首相=7月26日午前
no title

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に初めて侵入した中国海軍の艦艇と同型のフリゲート艦(防衛省提供)

 日本は、北海道、本州、四国、九州、沖縄を含む約6800の島で構成され、外洋に多くの離島を有する。管轄海域は国土面積の12倍にも及ぶ。このうち有人離島は約400島あり、残りはすべて無人離島だ。
中でも排他的経済水域(EEZ)の根拠となる離島の保全強化は、海洋上の安全保障を堅持する上で最も重要な課題となっている。

 政府が中国の海洋進出を念頭に離島の保全管理に力を入れ始めている。

 国の行政機関の設置や土地の買い取りを推進することを盛り込んだ「離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」を策定。過疎化が進む離島の環境整備を図って住民の定住を促して、領土・領海の保全につなげる考えだ。

 「海洋国家であるわが国は、管轄海域の根拠となる離島の保全、管理を図っていかなければならない」。
安倍晋三首相は7月26日、官邸で開かれた総合海洋政策本部の会合でこう述べ、関係閣僚に住民の継続的な居住が可能となる具体策を講じるよう指示した。

 政府が定めた新たな基本方針には、国の行政機関の施設の設置に努める▽土地の買い取りに努める▽港湾の整備に努める▽外国船舶による不法入国の違法行為の防止に努める-などが盛り込まれた。

 国が土地の買い取りを推進することを盛り込んだのは、過去に長崎県対馬で、島の不動産が続々と韓国資本に買い占められたことが教訓になっている。

 対馬では当時、リゾートホテルや民宿、自衛隊の基地の隣にまで土地を買収され、国民が気づかない間に領土保全にかかわる深刻な事態にさらされた苦い経験がある。こうしたことから今回、土地買収を主要事項として明記することとなった。

 このほか、離島は運賃や物流コストが高いため、交通手段となるフェリーなどの運賃の低廉化や、安定的な漁業経営の確保なども新たに加え、離島の地域社会を維持を目指す。

 一連の離島の保全強化策は、領土・領海をめぐる中国の活発な海洋進出が背景にある。

 日本政府による平成24年9月の尖閣諸島国有化以降、中国公船の領海や接続水域への侵入は常態化しているが、今年6月9日には、中国海軍の軍艦が初めて接続水域に入域する事態に発展した。
東シナ海における中国の挑発行動は現在も続いており、政府は米国と連携を図るなどして警戒を強めている。

 中国は南シナ海でも、スプラトリー(中国名・南沙)諸島で軍事拠点化を進めるなど、その傍若無人な振る舞いによって周辺国と対立を深めている。
7月12日にオランダ・ハーグ仲裁裁判所が、南シナ海における中国の主張や行動は国連海洋法条約違反だとするフィリピン政府の主張を認めたものの、中国の元外交トップが「紙くず」と強弁するなど、裁定を受け入れる気配はない。

 こうした顕在化する海洋における脅威に対応するため、政府は離島保全の基本方針に加えて、海洋活動を衛星などで監視する「海洋状況把握(MDA)」の能力強化を図り、
海洋情報を集約、共有、提供のための「海洋状況表示システム」を整備することも決めた。

 MDAは、平成13年のアメリカ同時多発テロ事件を契機に米国で検討が開始され、欧米諸国で取り組みが先行。
海上保安庁が同システムを整備・運用し、29年度から整備を始める予定で、今後MDAを活用した米軍との連携も検討して、監視の目をさらに光らせる方針だ。(政治部 広池慶一)

http://www.sankei.com/premium/news/160807/prm1608070025-n1.html

続きを読む

【日中】尖閣に中国公船と漁船が侵入、同時に領海侵犯は初

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/06(土) 19:28:02.96 ID:CAP_USER
 中国海警局の公船2隻と中国漁船6隻が5日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に侵入した。8月に入って尖閣周辺海域には中国漁船が多く出没しているが、公船と漁船が同時に領海侵犯するのは初めてだ。
「8月尖閣危機」も指摘されるなか、どんな狙いがあるのか。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、5日午後0時15分ごろ、中国公船1隻が魚釣島の西北西から侵入。すぐに出た後に再び入り、午後1時半ごろから約3時間航行して接続水域に出た。
さらに、別の中国公船1隻が同日午後3時45分ごろから約15分航行し、接続水域に出た。両船とも、先に入った漁船を追尾するかのように周辺を航行したという。

 中国は「尖閣諸島は中国領」と事実無根の主張をするだけでなく、最近では「沖縄本島も中国だった」と吹聴している。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「偽装漁船で海上民兵などを尖閣諸島に上陸させ、『自国民の保護』と称して海警局公船や軍艦を侵入させることも予想される。
中国は尖閣から300キロほど離れた地点にヘリポートを建設しており、瞬時に尖閣を侵略する電撃作戦に打って出る可能性もある。十分警戒すべきだ」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160806/plt1608061558003-n1.htm

関連スレ
【日中】外務次官、尖閣領海侵入で中国大使に厳重抗議 漁船に公船が異例の伴走[8/06]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470411078/
【日中】尖閣の接続水域に中国海警局6隻と中国漁船230隻来襲 金杉アジア大洋州局長「緊張をさらに高めるエスカレーションだ」[8/06]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1470464376/

関連記事
中国海警局の船新たに1隻が接続水域へ 計7隻
http://www.sankei.com/world/news/160806/wor1608060047-n1.html

続きを読む

【尖閣接続水域侵入】中国艦、尖閣接続水域へ…上がる「現状変更」のステージ

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/14(火) 11:03:41.26 ID:CAP_USER
政府は9日、中国軍艦1隻が同日午前0時50分頃から約2時間20分間、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域内を航行したと発表した。

中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったことが確認されたのは初めてだ。

中国はなぜ、このタイミングで行動に出たのか。防衛問題や安全保障に詳しい日本大学の勝股秀通教授に分析してもらった。

読売新聞 2016年06月10日
http://www.yomiuri.co.jp/matome/archive/20160610-OYT8T50016.html

◆ロシアは借りを返した?

「緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している」――。

中谷防衛相は9日、中国海軍のフリゲート艦が沖縄・尖閣諸島の接続水域内に入ったことに対し、中国を厳しく非難した。前任の小野寺防衛相時代から、何度同じような言葉が発せられただろうか。

政府は中国海軍の意図などについて詳しい分析を進めている。今回の中国海軍の行動について、現時点では二つの推測が成り立つだろう。

その一つは、6月3日から5日にかけて、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(英国・国際戦略研究所主催)におけるカーター米国防長官と中国の孫建国・統合参謀部副参謀長とのやり取りが伏線になったという見方だ。

人工島建設など南シナ海問題で、「自らを孤立させる『万里の長城』を築くことになりかねない」と警告したカーター米国防長官。すぐさま孫副参謀長が「中国は孤立していない」と大声で言い返した。

米中対立を鮮明にした場面だ。その言葉を証明するかのように、ロシアの軍艦と歩調を合わせながら尖閣諸島の接続水域内を航行したと考えても不思議ではない。

周辺国だけでなく国際社会からも中国への非難が集中している南シナ海においては、いくら一緒に行動してくれと頼んでも、ロシアも首を縦には振らないだろう。

しかし、日中が対立する東シナ海であれば、各国の関心は低い。まして接続水域内の航行は国際法で認められた行為であり、ロシアが中国の頼みを受け入れたという見方もできる。

なぜなら、中露両国は2012年以降、毎年のように日本海や東シナ海で海軍による合同演習を行っている。しかし、昨年は突然、中国にとっては縁遠い地中海で実施した。

これは、ロシアがウクライナ情勢で対立するNATO(北大西洋条約機構)加盟国をけん制するためだったといわれる。ロシアは地中海の借りを東シナ海で、中国に返したのかもしれない。

もう一つは、尖閣諸島の南方海上で警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦が、北上する3隻のロシア艦隊を発見、追尾している途中で、尖閣諸島の北方海上に展開する中国艦隊がそれに気づき、1隻のフリゲート艦を接続水域内に差し向けたという見方だ。

「ここは中国の海だから、ロシア艦隊を監視せよ」という命令が出てもおかしくはない。フリゲート艦と所属する艦隊司令部などとの交信内容が公表されることはないので、今後も臆測の域を出ないが、フリゲート艦の単独行動というレベルではないことだけは確かだろう。

no title

no title

no title

no title


中国のジャンカイI級フリゲート艦
no title

no title

ロシアのウダロイ級駆逐艦
no title

no title


続く

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト