脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

外交

【韓国】 “輸出措置”から1年  産業通商資源省は1日の会見で“撤回”求める

1: 荒波φ ★ 2020/07/01(水) 18:28:01.60 ID:CAP_USER
※ソース元にニュース動画

日本政府が韓国に対し、半導体材料などの輸出管理の強化措置を発表してから1日で1年です。韓国側は日本側に措置の全面撤回を求めて、国際機関に訴えていて対立は長期化が避けられない見通しです。

産業通商資源省、貿易投資室長「韓国の努力に相応する速やかな原状回復が必ず行われるべきだと思う。WTO(世界貿易機関)の提訴手続きは日程通り進行する」

韓国の産業通商資源省は1日の会見で、日本政府による輸出管理の強化措置について、改めて全面撤回を求めました。韓国側は、WTOでの提訴手続きを進める一方で、両国の局長級の政策対話なども続けたいとの考えも示しました。

韓国政府はこの1年で、素材の国産化などで“日本依存”の脱却を進め、半導体の生産などに「大きな支障はなかった」と主張しています。

日本側の措置のあと、韓国では日本製品の不買が続き、今年5月には日産自動車やアパレルの「GU」が撤退を表明するなど、日本企業への打撃も広がっています。

一方、韓国のいわゆる元徴用工訴訟の原告側は1日、記者会見を開き、日本の輸出管理強化について、日本企業への賠償命令に対する「経済報復だ」と批判しました。

その上で、日本側に改めて、謝罪と賠償を求めました。1日、会見を行った原告側は、三菱重工業の資産を差し押さえていて、早ければ来月末にも、現金化に向けた裁判所の手続きが前進する可能性があるとしています。


2020.07.01 17:45
http://www.nkt-tv.co.jp/m-news/news162157882.html

続きを読む

【韓国】大統領府、「韓国のG7参加に反対した日本、沒廉恥(破廉恥)は世界最高」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/06/30(火) 08:50:36.48 ID:CAP_USER
┃ボルトン回顧録に触れて日本を強烈に非難

(写真)
no title

▲ アメリカのトランプ大統領と握手を交わす日本の安倍晋三首相(2019年8月25日)
_______________________________________________________

┃ユ・ミョンフィのWTO事務総長出馬を牽制する日本に大統領府が警告メッセージ

青瓦台(大統領府)は、主要7か国(G7)首脳会議を拡大して韓国の参加を勧めていたアメリカのドナルド・トランプ大統領の構想に対し、日本政府が反対の意思を伝えたという報道について、「沒廉恥(破廉恥)だ」と強烈に批判した。青瓦台の高位関係者は29日、ソウル新聞との電話で、「隣国に害を及ぼすことに精通した日本の、誤ちを認めたり反省しない一貫した態度に驚くこともない。没廉恥水準は全世界で最高水準(トップレベル)だ」と話した。

彼は、「現政府が始まって以降、韓半島(朝鮮半島)の平和プロセスに対する日本の露骨な妨害は、ジョン・ボルトン(元ホワイトハウス国家安保)補佐官の回顧録に出ていることが全てだ」としながら、「解放以降、我々は一度たりとも日本に害を及ぼしたことがない一方、日本は絶えず牽制と妨害を繰り返していて今回も同様だ」と明らかにした。ただし、「国際社会、特に先進国はこの点を十分に認知しているため、(韓国のG7参加構想に)大きな影響はないと見ている」と話した。

日本の共同通信は前日、日本政府が「北朝鮮や中国に対する韓国の姿勢がG7と異なる」と懸念を示し、G7の枠組みを維持すべきという意思をアメリカに伝えたと報道した。日本が『G7の拡大および韓国の参加』に反対しているだけではなく、ユ・ミョンフィ産業通商資源部通商交渉本部長の世界貿易機関(WTO)事務総長の出馬に牽制の兆しを見せたことで、青瓦台が警告メッセージを送ったものと解釈される。

一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は青瓦台首席・補佐官会議で、「コロナ19による国民の経済的苦痛を、国会がこれ以上目を背けないこと信じる」とし、「第3次補正(補正予算)を切実に求める国民と企業の切実な要求に対し、国会が答えることをを改めて懇願する」と述べた。

イム・イルヨン記者

ソース:ソウル新聞(韓国語)
https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20200630002015

続きを読む

【韓国副首相】 「輸出規制から1年…韓国の努力に日本が応える番だ」

1: 荒波φ ★ 2020/07/02(木) 09:12:04.76 ID:CAP_USER
韓国の洪楠基 副首相兼企画財政相は「これからは日本が韓国の努力に応える番だ」と語った(提供:news1)
no title


韓国のホン・ナムギ(洪楠基)副首相兼企画財政相は今日(2日)「日本が不当に輸出規制措置をしてから1年が経った」とし「これからは日本が韓国の努力に応える番だ」と語った。

ホン副首相は午前に開かれた“非常経済中央対策本部会議”で「今日の会議でも政府は“素材・部品・装備2.0戦略”を議論した」と語った。

ホン副首相は「去る1年間“民と官”がひとつとなって努力した結果、生産の支障なく(日本による)規制を勝ち抜いた」と評価した。

つづけて「高純度のフッ化水素など核心素材の一部は国産化、その他は輸入多角化をするなど、素材・部品・装備の国内供給網をより強化するきっかけとなった」と強調した。

また「政府は日本に対しての現状復帰要求、両国の対話努力の進行、国内関連制度の再点検などに真正なる努力を傾け、一方では素材・部品・装備特別会計を作りながら競争力強化対策を推進中だ」と説明した。

ホン副首相は「これからは日本が韓国の努力に応えなければならない番だ」とし「日本政府は輸出規制撤回と解決のための誠意ある姿勢として、進展した立場をみせることをもとめる」と語った。


2020/07/02 08:58配信
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0702/10263357.html

続きを読む

【G7参加反対】 韓国 「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の再延長、難しくなった」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/06/30(火) 08:06:05.30 ID:CAP_USER
大統領府が29日、韓国の先進7カ国(G7)首脳会議への参加に否定的な態度を取っている日本政府に強い不快感を示した。

1年間続いてきた輸出規制とジョン・ボルトン前米大統領補佐官の回顧録からも分かるように、
日本政府が執拗に朝鮮半島平和プロセスを妨害したことに対し、思い切って批判を行ったものとみられる。

大統領府高官は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が正式の招待を受けて参加意思を示したのに、
日本政府がそれを妨害するのは、非常に見勝手な行動」だとし、「隣国としてありえない仕打ち」だと述べた。

日本政府が韓国と対立する戦略を変えないことにより、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の再延長も難しくなったという見通しも示されている。
米国の利害がかかっているものの、反日世論を押し切って再延長するのは容易ではないからだ。

GSOMIAの再延長の可否に関する通知期限は8月23日だ。

大統領府関係者は「GSOMIA問題はもう少し状況を見守ってから判断すべき問題だ」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37077.html

続きを読む

【発狂】日本に「恥知らず」と批判 韓国大統領府

1: 動物園φ ★ 2020/06/29(月) 16:03:06.13 ID:CAP_USER
拡大G7への参加反対 日本に「恥知らず」と批判=韓国大統領府

【ソウル聯合ニュース】先進7カ国首脳会議(G7サミット)拡大構想を巡り、日本が安倍晋三首相の意向を踏まえ、韓国の参加反対を米国に伝えたと報じられたことについて、韓国の青瓦台(大統領府)高官は29日、聯合ニュースに対し、「隣国に害を与えることに慣れた日本の一貫して反省しない態度にはもう驚きもしない」として、「恥知らず」と強く批判した。

 また、「国際社会、特に先進国は日本のこうした水準を十分認識しているため、(G7への参加に)別に影響はないと思う」と強調した。

 日本は韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が世界貿易機関(WTO)の事務局長選挙に出馬したことを巡ってもけん制するような態度を示しており、青瓦台が警告のメッセージを発したものとみられる。

 また、歴史問題で反省する態度を見せていないことも青瓦台の強硬な姿勢の背景にあるようだ。

 日本は2015年、朝鮮半島出身者の強制労働が行われた長崎市の端島炭坑(軍艦島)などを含む「明治日本の産業革命遺産」(23施設)が世界遺産に登録された際、犠牲者を記憶にとどめるための措置として情報センターを設置する方針を表明した。だが、今月15日に一般公開された情報センターには強制徴用を否定する証言と資料が展示され、韓国政府は日本側が約束を履行しなかったとして抗議した。

聯合ニュース

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/29/2020062980181.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト