脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

外交

【中国】対米輸入「大幅増」で合意 両国が共同声明

1: しじみ ★ 2018/05/21(月) 17:31:14.36 ID:CAP_USER
【5月20日 AFP】
米中両政府は19日、両国が米国の対中貿易赤字の削減に取り組み、
中国が米国製品の輸入を「大幅に」拡大することで合意したとの共同声明を発表した。
また中国の国営新華社(Xinhua)通信も劉鶴(Liu He)副首相の20日のコメントとして、
米中両国が貿易戦争を回避することで合意したと報じた。

 新華社によると、米政府との交渉を進める高官代表団を率いていた劉氏は
「両政府は貿易戦争を行わず、互いに関税を引き上げることはしないことで意見の一致に至った」と述べた。

 これまでドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は対中貿易赤字が国家安全保障上の脅威であるとし、
中国からの輸入製品に巨額の関税をかけるとけん制しており、2大経済大国である米中間の緊張が高まっていた。

 劉氏率いる中国の高官代表団は北京と
ワシントンでスティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)米財務長官率いる米国代表団と閣僚級協議を行い、
劉氏は17日にトランプ大統領とも会談した。

 19日に発表された共同声明によると、
米中両国は米国の対中貿易赤字の大幅削減に向けて実効性のある措置を取ることで合意。
また「中国国民の高まる消費ニーズ、そして質の高い経済発展の必要性に応えるため、
中国は米国のモノとサービスの購入を大幅に拡大する」という。

 米国は昨年、3752億ドル(約41兆円)の対中貿易赤字を計上。
これにトランプ大統領はしばしば強い不満を示しており、
報道によると米国は2020年までに少なくとも2000億ドル(約22兆円)減らすよう中国側に求めていたという。

 ただ、声明では詳細について北京で今後行われる協議で詰めるとしているのみで、
具体的な数値目標などにはほとんど触れられていない。
一方で米中両国は米国の農産物とエネルギーについても中国の輸入を「大幅に拡大」することで合意したほか、
かねて米国の不満の種となっている知的財産の保護についても両国が協力を強化することで合意したという。(c)AFP

関連ソース画像
no title


AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3175286

続きを読む

【米韓】トランプ大統領「首脳会談が来月実現しない可能性はかなり高い」

1: 動物園φ ★ 2018/05/23(水) 02:10:58.28 ID:CAP_USER
5/23(水) 1:49配信
ロイター

5月22日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスが引き続き米朝首脳会談の準備を進めているとしつつも、一定の条件が満たされなければ中止、もしくは延期の可能性にも備えていると語った。写真は5月21日、ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスが引き続き米朝首脳会談の準備を進めているとしつつも、一定の条件が満たされなければ中止、もしくは延期の可能性にも備えていると語った。

トランプ大統領は文在寅・韓国大統領との会談前に記者団に対し、北朝鮮の非核化が来月12日に開催を予定する首脳会談の開催の条件との考えをあらためて表明。また、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の「保護」を保証すると再度確約した。

さらに、首脳会談が来月実現しない可能性はかなり高いとしつつも、実現すれば素晴らしいと強調。たとえ実現しなくも「それで良し」とし、いずれ違う時期に開催される可能性はあると述べた。

また、日本、韓国、中国が北朝鮮支援に前向きとの考えも示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000007-reut-kr

続きを読む

【共同通信】ペンス米副大統領、北朝鮮が完全な非核化に応じなければ、米朝首脳会談取りやめると警告 非核化譲歩せず

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/22(火) 11:39:52.39 ID:CAP_USER
米朝首脳会談取りやめると警告
ペンス副大統領、非核化譲歩せず
2018/5/22 11:01
c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/371478279368279137

【ワシントン共同】ペンス米副大統領は21日、FOXニュースのインタビューで、北朝鮮が完全な非核化に応じなければトランプ大統領が米朝首脳会談が始まってからでも取りやめることがあり得ると警告し、「米国の一方的な核放棄の強要」に反発する北朝鮮をけん制した。
6月12日の会談を控え米朝間の駆け引きが激化する中、ペンス氏は譲歩しない姿勢を重ねて示した。

ペンス氏は「大統領は北朝鮮が核やミサイルを保有し、米国や同盟国を脅すのを容認しない」とインタビューで繰り返し強調。
金正恩朝鮮労働党委員長が今回の機会を捉えて核兵器を放棄することへの期待感を表明した。

続きを読む

【G20】北朝鮮の非核化議論か=河野氏、核拡散防止条約(NPT)体制強化呼び掛け

1: しじみ ★ 2018/05/22(火) 01:47:27.45 ID:CAP_USER
【ブエノスアイレス時事】
アルゼンチンで開かれている20カ国・地域(G20)外相会議は21日午前、2日目の討議を行った。
6月12日に予定されている米朝首脳会談を控え、北朝鮮の非核化をめぐっても意見が交わされたもようだ。
 午前の討議は「多国間主義と地球規模の統治」がテーマ。
河野氏は当初、北朝鮮の非核化に向けて具体的な行動を求める見通しだったが、午前の会合では触れなかった。
 一方で、気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」の着実な実施が重要と日本政府の考えを説明。

核拡散防止条約(NPT)体制の維持・強化と包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効が重要と呼び掛けた。
また、国連安保理改革やサイバーテロ対策でも日本の考えを伝えた。
来年のG20議長国である日本がテーマとして力を入れる「質の高いインフラ投資」の推進も訴える。
(2018/05/22-01:21)

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052100699&g=prk

続きを読む

【専門家の会議】長崎大学主催の核軍縮会議に北朝鮮が初めて出席の意向

1: ガラケー記者 ★ 2018/05/21(月) 17:56:11.66 ID:CAP_USER
米朝首脳会談を前に北朝鮮の非核化をめぐる動きが注目される中、長崎大学が主催する、北東アジアの核軍縮などを話し合う専門家の会議に、北朝鮮の関係者が初めて参加することがわかりました。
長崎大学核兵器廃絶研究センターが主催する「北東アジアの平和と安全保障に関するパネル」は、北東アジアの核軍縮などについて各国の専門家が議論する会議で、3回目のことしは、今月31日から2日間の日程でロシアのモスクワで開かれます。

会議にはアメリカや中国、韓国などからおよそ50人が参加する予定で、今回は「核保有国の核戦略の見直しの必要性」などをテーマに議論を進めます。

長崎大学によりますと、北朝鮮にロシアの外務省を通じて出席を打診したところ、ロシアにある北朝鮮大使館の参事官と書記官が参加するという意向を伝えてきたということです。

長崎大学は、おととしの初会合から毎年、北朝鮮に出席を打診していますが、出席する意向が示されたのは今回が初めてだということです。
「非核化ステップの提案も」
長崎大学核兵器廃絶研究センターの広瀬訓副センター長は「北朝鮮側とのチャンネルができることは大きな意味がある。われわれが持っているアイデアは、北朝鮮の将来と安全保障にとって決して悪い話ではない。これまで検討してきた政策提案を取りまとめ、北朝鮮がどのような非核化のステップとりうるのか提案もしていきたい」と話していました。
NHK
5月21日 17時35分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011447041000.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト