脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

外交

【ツートップ外交】「即位礼正殿の儀」出席の韓国首相 大統領専用機で訪日=大規模記者団も同行

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/15(火) 22:09:25.40 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に出席するために訪日する際、大統領専用機の空軍1号機を利用する。複数の国務総理室関係者が15日、伝えた。

22~24日の日程で訪日する李首相は当初、空軍2号機を利用する予定だったが、変更されたという。

 1号機と同様に、2号機も大統領専用機だが、1号機の搭乗可能人数が180~200人であるのに対し、2号機は30~40人で機体が小さい。

 今回の李首相の訪日は国民の高い関心を反映してか、同行記者団の規模が大きく、韓国首相の同行記者団としては過去最大になる見通しだ。現在までに国内30の報道機関から約50人が同行取材を申請した。

 韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決、日本の対韓輸出規制強化、韓国の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定などで韓日関係が1年近く悪化を続ける状況の中、今回の訪日を機に関係改善の糸口を見いだすことができるか注目される。

 特に李首相と安倍晋三首相の会談が実現すれば、昨年10月に韓国大法院が初めて強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じて以降、約1年ぶりの首脳級会談となる。

 文大統領は大統領と首相が役割を分担する「ツートップ外交」の重要性を強調しており、李首相は昨年7月から海外歴訪の際には空軍1号機を利用している。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191015003400882?section=politics/index
聯合ニュース 2019.10.15 19:38

続きを読む

【中央日報】冨田浩司が駐韓日本大使に正式決定・・・天才右翼作家の娘婿

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/15(火) 10:36:58.42 ID:CAP_USER
日本政府は15日、我が国の国務会議に当たる閣議を開き、新たな在韓日本大使に冨田浩司(61歳)元外務省主要20か国(G20)サミット担当大使を正式に決定した。10月22日付の人事である。

(写真)
no title


冨田大使は外務省内で『韓国通』というよりも、北米局参事官と北米局長を経た米国の専門家として通っている。

東京大学法学部を卒業した後、1981年に外務省に入省して、駐韓、駐英国、駐米日本大使館公使を経て、北米局長、駐イスラエル大使などを歴任した。

廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2004~2006年、駐韓日本大使館で政務公使(政治部長)を務めた。この時に韓国語の勉強を熱心にしたという。

前任者である長嶺安政大使やその前の別所浩郞大使は、外務省官僚の『ナンバー2』に相当する外務審議官を務めた後、韓国大使に就任した。

冨田大使が外務審議官を経ていないという事から、「日本政府が両国関係の悪化などを考慮して、韓国大使を意図的に少し落としたのはないか」という分析もある。

日本国内では、本人よりも義父の方が有名である。 冨田大使の夫人は太平洋戦争敗戦後の日本文学を代表する作家の一人、三島由紀夫(本名=平岡公威)の長女である。

代表作『金閣寺』などを残した三島は、ノーベル文学賞の候補に挙げられる程の天才作家だったが、右翼思想に陥り、1970年に東京の陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本部)を攻めて総監を人質に取り、バルコニーでクーデターを促す演説をした後、伝統的な侍式の自決方式で切腹した。

(写真)
no title

▲ 三島由紀夫

ソース:中央日報(韓国語)
https://news.joins.com/article/23604057

続きを読む

【韓国】文在寅大統領が安倍首相に哀悼メッセージ・・・「一日も早く平穏な日常を」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/14(月) 19:33:32.11 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、台風19号によって日本で多数の犠牲者や被害が出たことについて「深い哀悼と慰労の意」を示すメッセージを安倍晋三首相に外交ルートを通じて伝えた。韓国大統領府が明らかにした。

文氏は「日本政府と国民が心を合わせて被害状況を早期に収拾し、被害に遭った多くの日本国民が一日も早く平穏な日常を取り戻せることを心より願う」と記した。

ソース:産経新聞
https://www.sankei.com/world/news/191014/wor1910140020-n1.html

続きを読む

【韓国政府】 「北ミサイルを把握できない日本を助けようと…韓国がGSOMIAを先に要請」

1: 荒波φ ★ 2019/10/14(月) 16:35:54.94 ID:CAP_USER
北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3型」を発射した2日、日本が弾道ミサイル情報を正確に把握できなかったため、韓国が日本に知らせるレベルで韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を通じた情報交換を要請したと、韓国政府当局者が14日明らかにした。

この当局者は「当時(2日午前)日本が『北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射した』と誤って発表した後、政府内部で『友好国として助けるべき』という意見が出て、日本側に情報交換を要請した」とし「韓国が日本からの追加情報を望んだのではなく、独自で分析した北極星3型の軌跡などを日本に提供した」と説明した。

韓日は今年、計9回にわたりGSOMIA通路を開いて北朝鮮の飛翔体情報を交換した。このうち2日だけが唯一、韓国側が先に要請したケースだった。この当局者は「韓国は発射前日の1日から北の異常動向を感知し、発射場所の江原道元山(ウォンサン)一帯を注視していた」と明らかにした。

菅義偉官房長官は2日、北朝鮮のミサイル発射から39分後の午前7時50分ごろ、「北朝鮮が2発の弾道ミサイルを発射した。1発は北朝鮮沿岸に、別の1発は日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとみられる」と発表した。

しかし韓国国防部が当日午前10時29分ごろ「北朝鮮が北極星系列(SLBM)と推定する弾道ミサイル1発を発射した」と発表すると、菅官房長官は午前11時35分ごろ「1発の弾道ミサイルが2つに分離して落下した可能性もある」と修正した。

関連事情に詳しい政府筋は「日本政府では韓国の情報を低く評価する雰囲気があり、これを正そうというレベルだった」とも話した。

しかし安倍晋三首相は9日の参議院本会議で、「2日に日韓の連携不足が初期分析の失敗につながった」という指摘に対し、「(GSOMIA)終了で日本の防衛に直接的な支障が発生するわけではない」と強調し、従来の立場を維持した。


中央日報/中央日報日本語版 2019.10.14 15:36
https://japanese.joins.com/JArticle/258536?servcode=A00&sectcode=A10

続きを読む

韓国「五輪での旭日旗禁止を可決したことを伝えに行くニダ」 日本「来んなよ」 韓国「傲慢ニダ!」

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ES] 2019/10/15(火) 09:43:34.21 ID:ZQTrAFVX0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
【ソウル聯合ニュース】韓国国会で先ごろ可決された、2020年東京五輪・パラリンピックでの競技場への旭日旗の持ち込み禁止を求める決議案を日本側に伝達するために与野党の議員団が訪日する意思を伝えたものの、
日本側がこれに応じずにいることが14日、分かった。

国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長(与党・共に民主党)がこの日、国会で開かれた大韓体育会(韓国オリンピック委員会)などに対する国政監査で明らかにした。

安氏は日本側の態度について、「非常に遺憾であり、傲慢(ごうまん)な態度」とし、「わが国を無視する姿勢が続けば、両国間に外交的にも不幸な状況になるだろう。あらかじめ警告する」と述べた。

その上で、「日本側がわが国の国会代表団の面談日程を決めることを丁重に要請する」と話した。

韓国国会は先月30日の本会議で同決議案を可決した。出席した議員199人のうち196人が決議案に賛成し、3人は棄権した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/14/2019101480242.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト