脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

北朝鮮

【北朝鮮】日本車など800台超密輸か 米研究機関報告書

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/07/17(水) 15:57:13.81 ID:CAP_USER
【ワシントン=永沢毅】安全保障分野が専門の米シンクタンク、高等国防研究センター(C4ADS)は16日、北朝鮮が日本車を含む多数の高級車を輸入しているとする報告書をまとめた。一部は国連安全保障理事会の制裁により北朝鮮への輸出が禁じられているぜいたく品にあたるとして、制裁逃れへの対策を講じる必要性を指摘した。

報告書によると、北朝鮮は2015~17年に90カ国からロシア企業を通じ、高級車「レクサス」など日本車計256台を含む803台を調達したとみられる。

1台約50万ドル(約5400万円)の独製高級車「メルセデス・マイバッハS600ガード」は18年6月にオランダで貨物船に運び込まれ、中国・大連や大阪、韓国・釜山を経由しながらロシアに渡り、平壌に空輸された可能性があるという。

マイバッハは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が乗車していることが今年確認されている。

報告書は中ロなどへの輸送に関わる業者が高級品を運ぶ際の検査を厳しくする措置などを提案している。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47428440X10C19A7FF2000/
日本経済新聞 2019/7/17 15:19

続きを読む

【北外務省】韓国を非難「南のステルス導入は北侵略…図々しくおかしな人々」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/07/11(木) 17:10:34.07 ID:CAP_USER
北朝鮮外務省が韓国のステルス戦闘機導入をめぐり「南北軍事合意違反」としながら「北侵略の門を開くにあたり目的があるということに疑いの余地がない」とより強力に非難した。北朝鮮当局が韓国を直接非難したのは先月27日に外務省米国担当クォン・ジョングン局長の談話文発表以来、2週間ぶり。 

  北朝鮮外務省米国研究所政策研究室長は11日、北朝鮮官営「朝鮮中央通信」を通じて発表した談話で「南朝鮮(韓国)当局が今年3月に続き今月中旬に米国からステルス戦闘機F35A 2機の納入を受けようとしている」とし「別名『見えない殺人武器』とも呼ばれるF35Aの納入が地域に、周辺の国々に対する軍事的優位を保障し、特に朝鮮半島(韓半島)有事の際、北侵略の門を開くにあたり、その目的があるということに疑いの余地がない」と声を高めた。 

  あわせて「歴史的な板門店(パンムンジョム)朝米首脳対面で、朝鮮半島に肯定的な気流が造成されている時に、自分たちの同族を害する殺人武器を持ってきて置くことに順応することが南朝鮮当局者が喚いている『常識を超える想像力』の創案品なのか聞きたい」とした。 

  これは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月2日の国務会議で米朝首脳間の板門店会合に対して「常識を超えた驚くべき想像力の産物」と明らかにしたことを批判したものとみられる。 

  外務省室長は「今回の戦闘機の搬入が我々の反発を招き、朝鮮半島情勢の軍事的緊張激化を刺激する危険千万な行為になるということを明らかに知りながらも、泣き寝入りして米国の機嫌を取りながら生きていくのが南朝鮮当局のおかしな人々」ともした。続いて「その一方で、南北間の和解と協力を喚いているところを見ると、図々しくも哀れにも思える」とした。 

  また、外務省室長は北朝鮮の武力挑発と実験が南側の武力増強に対する防御的手段だとも主張した。外務省室長は「南朝鮮当局が朝米関係が改善される兆しが見えれば一歩前進し、ホワイトハウスが遮断棒を下ろせば二歩後退する外勢依存の宿命から抜け出すことができないならば、南北関係の見通しは期待するべくもない」としながら「我々もやはりやむを得ず南朝鮮で増強される殺人装備を焦土化させる特別兵器開発と試験をせざるを得なくなった」とした。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255451&servcode=500&sectcode=510
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年07月11日 16時49分

no title

ステルス戦闘機F-35A

続きを読む

【北朝鮮】南北国境でトランプ大統領と金正恩委員長が面会 ホワイトハウスにも招待 金正恩氏はトランプ氏を平壌に招待

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/30(日) 17:46:13.06 ID:CAP_USER
トランプ米大統領は30日16時ごろ、北朝鮮と韓国を隔てる南北軍事境界線(DMZ)で、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長と面会した。現職のアメリカ大統領が境界線を越えて北朝鮮側に入ったのは初めて。

報道によると、境界線で握手を交わした両者は、トランプ大統領が「(北朝鮮側へ)入ってもいいだろうか?」と声を掛けると、「どうぞ」と金委員長は片手を広げて案内する仕草を見せた。大統領が北朝鮮側に数歩踏み入ったのち、両者は再び握手を交した。数分後に大統領は境界線に戻った。

境界線で、トランプ大統領は金委員長と共同で取材に応じて「立ち入ることができたのは名誉なことだ」「世界にとって素晴らしいことだ。多くの可能性を開拓するため、この日は第一歩となる」と述べた。

トランプ大統領は29日朝、ツイッターを通じて、韓国訪問と同時に南北境界線で金正恩委員長と面会する意向があることを明らかにした。報道によると、北朝鮮側は調整を行ったという。

今年2月の第二回米朝会談は、非核化に向けた交渉が決裂し、物別れに終わった。トランプ大統領は、金委員長に直接的なアプローチをすることで、非核化交渉の進展させる狙いがあるとみられる。

ロイター通信によると、トランプ大統領は、金正恩委員長をホワイトハウスに招くと述べた。金正恩委員長は「大統領が平壌を訪問すれば素晴らしいことだ」と応じて、互いに訪問を招待した。

(編集・佐渡道世)

https://www.epochtimes.jp/2019/06/44361.html
大紀元 2019年6月30日(日)

no title

南北国境でトランプ大統領と金正恩委員長が面会した

関連
【トランプ大統領】北朝鮮に足踏み入れる キム委員長と面会[06/30]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1561877630/

【トランプ大統領】金正恩委員長をホワイトハウスに招待[6/30]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1561881154/

続きを読む

【北朝鮮】「金正恩委員長、ハノイ会談決裂後に公式の席で涙」『人民が飢えている時に私は…』

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/24(月) 17:15:17.85 ID:CAP_USER
韓国の金鍾大(キム・ジョンデ)正義党議員が24日、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が交換した親書の内容について「相手が最も興味を感じる部分をやりとりしたはず」と予想した。 

  国会国防委員会所属の金議員はこの日午前、CBSラジオ番組「キム・ヒョンジョンのニュースショー」のインタビューで「(親書の内容は)経済制裁に関する話ではないかと思う」とし「総合すると、両首脳間でやり取りされたメッセージは、北が寧辺(ヨンビョン)核施設のいくつかを果敢に公開し、米国の専門家とともに査察することを大胆に受け入れる一方、米国は柔軟に経済制裁を猶予したり弾力的に適用するという内容ではないだろうか」と話した。 

  金議員は米朝首脳のこうした譲歩については「ベトナム・ハノイで首脳会談が決裂したことを両指導者があまりにも残念だに思っているため」と分析した。また「一部のメディアがいう『ハノイトラウマ』は北側が大きいと見るが、韓米情報筋から『ハノイ会談直後に金委員長が公式の席で涙まで流した』という噂も聞いた」と主張した。続いて「どのような席だったかは正確に分からないが、金委員長が『人民が飢えている時に私は景色の良いところを旅行し、いかなる成果も出せなかった』と悔恨の涙を流したようだ」とし「こういうことまで北側では流すようだ」と伝えた。 

  ただ、金議員はこのような主張について「事実かどうかは確認していない」としながらも「精通する情報筋から聞いた」と伝えた。 

  これに先立ち北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信は、金委員長がトランプ大統領の親書に満足を表し、親書の内容を慎重に検討するという立場を明らかにしたと23日、報じた。朝鮮中央通信はホームページで金委員長がトランプ大統領の親書を読む写真を公開しながらも、親書を送ってきた時期や具体的な内容には言及しなかった。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254779&servcode=500&sectcode=500
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月24日 14時36分

no title

北朝鮮の金正恩委員長

続きを読む

【旭日旗は戦犯旗だ】 韓国に続き北朝鮮メディアも激しい非難 外務省HPの説明に

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/16(日) 13:29:39.99 ID:CAP_USER
外務省は5月24日にホームページ上に「旭日旗」に関する説明文を日本語と英語で掲載した。

「旭日旗の意匠は,日章旗同様,太陽をかたどっている。この意匠は,日本国内で長い間広く使用されている。今日でも,旭日旗の意匠は,大漁旗や出産,節句の祝いなど,日常生活の様々な場面で使われている」
などとして、旭日旗は日本文化、自衛隊の公式な旗、類似のデザインが世界で広く使用されているという3点を強調した。

これに対し韓国では、外務省当局者が「旭日旗は過去の軍国主義と帝国主義の象徴だと周辺国に認識されている」「日本は謙虚に歴史を直視する必要がある」とコメント。多くのメディアも「旭日旗は戦犯旗だ」などと批判した。

■北朝鮮メディアも激しく非難
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は6月12日に、「戦犯旗を庇護する目的は何か」と題する論評を掲載し、外務省が旭日旗の説明をHPに掲載したことを、次のように批判した。

「『日の丸』と共に『旭日旗』と言えば、誰もが戦争のヒステリーに狂ってのさばっていた日本軍国主義を思い浮かべ…」

「罪悪に満ちた旗は当然、侵略国家の敗北と共に歴史のごみ箱に埋葬されるべきであった」

「安倍一味がいくら血塗られた旗を粉飾しようとしても、侵略と略奪、殺りくで塗られた戦犯旗としての本質をいかに覆い隠すことができるだろうか」
などと痛烈に批判した。

以下は、朝鮮中央通信論評の全文だ。

■「日本が、軍国主義の野望をいっそう露骨にさらけ出している」

先日、日本外務省のホームページに「旭日旗」が「日本政府の伝統的象徴」という説明文が日本語と英語で掲載された。

この旗の図案が自国で長い間、広く使われてきたし、国際社会で幅広く受容されているなどの、荒唐無稽な主張で一貫した説明文は日本の腹黒い下心その通りである。

国際的に「旭日旗」掲揚問題が深刻な反発を買っている時に、公然と戦犯旗を擁護しているのだから、日本こそ、破廉恥極まりない国である。

軍国主義の象徴、侵略の象徴として万人に指弾されている戦犯旗を至る所ではためかせたあげく、世界に対して「伝統的象徴」に押し立てているのは、遂げられなかった「大東亜共栄圏」の昔の夢を必ず実現しようとする島国一族の領土膨張野望の集中的なあらわれである。

絶え間なく続く日本の「旭日旗」挑発行為は、血塗られた戦犯旗に対する国際社会の反感を静め、過去の侵略行為を正当化しようとする不純な企図以外の何物でもない。

安倍一味がいくら血塗られた旗を粉飾しようとしても、侵略と略奪、殺りくで塗られた戦犯旗としての本質をいかに覆い隠すことができるだろうか。

「旭日旗」は、20世紀の太平洋戦争で旧日本軍が使用した軍旗である。

「日の丸」と共に「旭日旗」と言えば、誰もが戦争のヒステリーに狂ってのさばっていた日本軍国主義を思い浮かべ、野獣のような日帝が働いた前代未聞の人間大虐殺蛮行に歯ぎしりしている。

罪悪に満ちた旗は当然、侵略国家の敗北と共に歴史のごみ箱に埋葬されるべきであった。

にもかかわらず、日本の反動層は海上「自衛隊」の発足と共に、それをまたもや軍艦旗に使用して自分らの犯罪的正体を露骨にさらけ出した。

こんにち、罪悪の象徴を揚げた海上「自衛隊」の艦船と陸上「自衛隊」の部隊が世界の各地を奔走して戦争演習に狂奔しており、列島内の右翼ごろの会合の場はもちろん、国際競技場にまで戦犯旗を公然と振っている。

日本の反動層は昨年10月、済州の沖合に自国の軍艦が「旭日旗」を揚げて入ろうとすることに反対する南朝鮮各界の抗議に対して非常識的だの、礼儀のない行動だの、何のというたわごとを言いふらし、今になっては全世界に対して戦犯旗を公然と庇護、粉飾する域にまで至った。

これは、過去の侵略犯罪に対する一抹の反省はおろか、またもや海外侵略に乗り出すという公然たる宣布であり、朝鮮民族と国際社会に対する我慢できない冒とく、愚弄である。

戦犯旗を容認することはすなわち、日本の海外侵略を容認することになる。

日帝の敗北後、長い歳月が流れたが「旭日旗」に対する国際社会の排撃、朝鮮とアジア諸国人民の憎悪の念は静まるのではなく、むしろより激しくなっている。

日本は、またもや戦犯旗を揚げて世界制覇の道に踏み出すなら、与えられるのはより悲惨な終えんだけであることを銘記すべきである。(了)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00010000-asiap-kr
6/16(日) 6:40配信 アジアプレス・インターナショナル

外務省がHPに掲載した旭日旗の説明文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00010000-asiap-kr.view-001

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト