脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【国際】米紙「日本と韓国、コロナ対策でアメリカはどちらを見習うべき?」

1: 鴉 ★ 2020/03/31(火) 21:09:04.44 ID:CAP_USER
米紙「日本と韓国、コロナ対策でアメリカはどちらを見習うべきか」
3/31(火) 15:00配信

広範囲に徹底的な検査を行った韓国に対し、検査対象者を絞っている日本。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、どちらの手法が効果的なのか──米紙「ワシントン・ポスト」が“2つのライバル国”を比較している。

日本は限られたリソースを賢く活用?

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、東アジアの2つのライバル国が全く異なる対応をしている。大規模検査を実施する韓国に対し、対象者を絞って検査する日本だ。

ウイルス封じ込め策として、どちらが有効なのか──アメリカをはじめ世界各国が注目する議論である。

韓国は迅速かつ広範囲に検査を実施したことで、世界的な称賛を浴びた。3月29日発表のデータでは、累計39万4000人以上が検査を受け、感染が確認されたのは9583人となっている。

一方、韓国の人口の2倍以上、1億2700万人を抱える日本では、約2万8000人が検査を受け、感染者は1724人となっている(3月28日時点)。

日本では数週間ほど前からこんな議論が巻き起こっている。

韓国より感染者数が少ないのは、単に日本の検査実施数が少ないからなのか? 日本政府は限られたリソースを賢明に使っているのか、それとも直視したくない現実から目をそらしているだけなのか?

日本の公式集計は実態を反映しているのか

いまの米政府がそうであるように、日本政府は流行発生の初期段階で検査能力の不足が批判された。それ以降、検査態勢は拡大されたが、医師が保健所に検査を依頼しても断られた事例が290件もあったという日本医師会の調査結果も報告されている。

日本政府の指針では、疑いのある症状が出ても発熱が4日以上続かない限り、病院へ行くべきではないとしている(高齢者は除く)。また、診察した医師からの依頼がなければ、検査を受けることができない。

その結果として、日本の公式集計が、実際の感染者数よりもかなり低い数字になっている可能性がある。

しかし、この検査手法を支持する向きは、これで限られたリソースを重症患者に集中させることができ、死者数も低く抑えられていると話す。「重症でない人は病院に行くべきではない」と語るのは、政府対策本部の専門家会議メンバーの押谷仁・東北大学教授だ。

押谷によれば、特に若い人には症状がなく、感染者をすべて特定するのは不可能であり、それなら重症者に集中して、軽症の人には自宅待機を呼びかけるべきだという。

検査を求める人々で混雑した病院の待合室では、感染していない人が感染のリスクにさらされる危険性もあると、押谷は指摘する。


日本はアメリカの「実験の場」

アメリカでは、検査能力が徐々に拡大し、3月28日までに89万4000人の検査が行われた。だが同時に、政府が発するメッセージに変化がみられる。「症状が軽いなら検査は不要、家にいなさい」という感じにシフトしているのだ。

検査キットだけでなく、検体を採取する医療従事者が使うマスクやガウンなどの防護具も不足している。軽症の人の検査で防護具が使い尽くされてしまっては、医師や看護師が感染するリスクも高まり、彼らが感染すれば重症患者のケアが充分にできなくなる。

マイク・ペンス副大統領は3月初め、医師の指示があれば「すべてのアメリカ人が検査を受けられる」と述べていたが、先週ぐらいからその発言が変わってきている。

「検査について言うと、医師を必要としているのは健康な人ではなく病気の人です。ゆえに、症状がないのなら検査を受ける必要はありません。そのルールを守ることで、検査のリソースを症状が出ている人々が利用できるようにしてほしい」

そうした方針の「実験の場」となっているのが日本だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00000004-courrier-int&p=2

続きを読む

【コロナ19】 大量検査VSターゲットを絞った検査、新型肺炎の日韓戦は韓国が勝利=ワシントン・ポスト紙

1: 蚯蚓φ ★ 2020/03/31(火) 21:17:17.82 ID:CAP_USER
パンデミック(世界的大流行)で猛威を振るっている新型コロナウイルスに対する韓国と日本の対照的な対応方法をめぐり、米国メディアは韓国を高く評価した。

29日(現地時間)、ワシントン・ポスト紙(WP)によると、東アジアのライバル国である韓国と日本は、新型コロナウイルスに対して異なる方法で戦っている。韓国は「大量検査」で、日本は「ターゲットを絞った検査」である。人口5000万人の韓国は、新型コロナウイルスの診断に迅速に着手し、世界的な評価を受けた。すでに39万4000人が検診を受け、このうち9583人の感染者を発見した。死者は152人である。これに対し、人口1億2700万人の日本は約2万8000人を対象に検診を行い、1724人の感染者を発見した。

日韓両国における新型コロナウイルスに対する戦術は、このウイルスに対する最善の抑制策を模索している米国のような他の国にも大きな意味を持つ。

◇日本、すべての人を対象にした検診は資源の無駄…4日以上の症状が続く場合に検診:日本では4日間にわたり熱が続かなければ病院に行けない。これは本当に病気である人だけに限られた資源を効率的に集中するというものである。

東北大学大学院の医学系研究科微生物学分野・押谷仁教授は「それほど具合が悪くなければ、医療機関に行ってはいけない」と述べた。数字だけ見ると、日本の政策は成功である。韓国や米国、多くのヨーロッパ諸国のように大きな影響を受けていないように見える。

しかし、医療ガバナンス研究所の上昌広理事長は、検診不足により、政府が新型コロナウイルスの感染状況を適切に把握していないと指摘した。また、虚偽の事実を持って国民を安心させていると指摘した。彼が主張する内容は、日本国民の行動を見れば明らかである。今月は多くの東京都に住む市民が公園で花見をし、居酒屋やレストランには人が押し寄せた。政府の甘い抑制のため社会的な距離感が崩壊した。

◇韓国、検診による予防が重要…感染者の放置は非倫理的:韓国では政府が迅速に民間業者が開発した検診キットを承認し、病院の外だけでなく、屋外にもドライブスルー施設を設置して、数百か所の臨時検診所を設けた。ソウル大学保健大学院ファン・スンシク教授は「適切な診断は、患者に感染のリスクを伝え、それに伴う予防措置を取ることである」と述べた。

韓国では、軽い症状でも認められた患者は、家族に感染させないようにすぐに隔離させる。また、400か所の「新生命治療センター」を設立し、患者の健康状態を確認し、必要に応じて、患者を集中治療室に迅速に移送させている。ファン教授は「経路、追跡、治療などのアプローチは、医療システムに負担を与えることになるが、患者を暗闇の中に放置することは倫理的に問題があり、医学的にも非効率的である」と強調した。

◇事態が改善される韓国vsこれから影響が拡大する日本:最終的に韓国と日本の両国における新型コロナウイルスの対応方法は、どちらがより効果的であるか決定できる。韓国では当初、発症者数が急増したが、最近の数週間において、新規感染者の発生速度は著しく遅くなっている。韓国では29日、新規感染者数が105人に鈍化し、多くの人々が退院して家に帰った。

日本はこれまで新型コロナウイルスをよく制御してきたが、過去数日間は27日115人、28日194人、29日169人の新規感染者が発生し、加速化の兆しを見せている。

ワシントン・ポスト紙(WP)は23日、「日本政府の専門家委員会が、日本国内において新型コロナウイルス感染拡大の可能性を警告した後で、東京の街から人影がなくなり始めた」とし、韓国の対応方法を評価した。

ソース:ワウコリア<大量検査VSターゲットを絞った検査、新型肺炎の日韓戦は韓国が勝利=ワシントン・ポスト紙>
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0330/10254887.html

関連スレ:【国際】米紙「日本と韓国、コロナ対策でアメリカはどちらを見習うべき?」[3/31]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585656544/

続きを読む

【コロナ19】 世界に広がる日本不信…日本発入国統制192カ国に増加、韓国を上回る

1: 蚯蚓φ ★ 2020/03/30(月) 23:38:29.21 ID:CAP_USER
no title

▲東京で二人の女性が桜の花を背景に自撮りしている。

コロナ19流入を防ぐために日本発入国制限を実施する国家が30日午前基準で192カ国に増加した。

この日午前6時基準で日本外務省海外安全ホームページによれば日本発の入国者を制限する国家が最近五日で5つ増えて192カ国になった。日本発入国を制限する国は入国制限180カ国、入国者制限62カ国、二種類の統制政策の両方を施行する重複国家は50カ国だ。

2020東京オリンピックが延期になって感染診断もやはり低い水準に留まると、すぐに日本に対する国際社会の不信と憂慮が大きくなった、という分析が出ている。

これは韓国発の入国を制限する国家数を抜いた数字だ。

この日午前10時基準、外交部によれば韓国発入国者に入国禁止措置を下したり入国手続きを強化した国家は合計181カ国だ。全世界的にコロナ19が拡散して逆流入遮断のために他国家入国を制限しながらだ。

この日基準で韓国全域に対する入国禁止措置は147カ国(韓国一部地域に対する入国禁止措置3カ国を含む)、隔離措置14カ国、検疫強化および勧告事項などは20カ国だ。

一方、日本は30日基準でクルーズ船「ダイヤモンド プリンセス」搭乗者(712人)を含んだ感染者数が2605人に増えた。28日、29日の東京の感染者はそれぞれ63人、68人となるなど連日感染拡散の兆しが現れている。

イ・ジェウォン記者

ソース:マネートゥデイ(韓国語)広がる日本不信…日本発入国統制192ヶ国
https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2020033015091264545

関連サイト:外務省ホームページ<新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限)>
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

関連スレ:【国際】韓国メディアがフェイクニュース拡散「日本人の入国を制限する国、209ヶ所 韓国の174ヶ所を超えた」 ★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1584713287/

続きを読む

【武漢コロナ】パヨクのアホが韓国を見習って検査拡大しろと騒ぐがやはりデメリットだらけと判明

1: エルビテグラビル(ジパング) [JP] 2020/03/29(日) 12:33:04.59 ID:GsNMJs2o0 BE:455830913-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
PCR検査、なぜ受けられない? 対象の拡大には三つのデメリット

 「症状があるのになぜ、検査が受けられないのか」「九州は人口の割に検査数が少ない」「海外のように検査数を増やせないのか」。新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査について、対象の拡大を求める声が出ている。専門家に聞いてみると-。

 聖路加国際病院(東京)QIセンター感染管理室マネジャーの坂本史衣さんは「感染の発生状況、医療体制などによって、誰を対象にどのように検査するかは異なる。国や地域の人口規模と件数だ
けを見て単純に比較できるものではない」と言う。その上で「軽症者や症状がない人など、幅広く検査することはデメリットの方が多い」とし、三つの問題点を挙げる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00010000-nishinp-sctch

続きを読む

【コロナ19】 「臭いものに蓋をする」日本、蓋が開いて悪臭漏れ出し全世界震撼

1: 蚯蚓φ ★ 2020/03/30(月) 15:43:36.13 ID:CAP_USER
日本固有の臭い、地球村震撼

no title

(写真=ニューシス)

3月9日のコラムで日本の「臭いものに蓋をする」ということわざは韓国の「血は水より濃い」のように日本で最も有名なことわざの一つと言った。日本人たちの属性が次第に明らかになってきたのは、ひとまず臭いものをとにかく(無条件)隠蔽するということだ。日本はこれまで、臭い(コロナ19)が出るのをふた(隠蔽、縮小)で覆ってきたが、実際に蓋を開けて、これまで覆われていた悪臭が(隠すだけ隠して仕方ない時は)日本はもちろんアジアを越えて全世界を震撼させている。

東京オリンピックが延期になるやいなやコロナ19感染者が急増

3月24日、日本安倍晋三総理の申し出を国際オリンピック委員会IOCのトーマス・バッハ委員長が受け入れ、2020東京オリンピックが1年延期になった。ところで東京オリンピックが延期を待っていたとばかりに東京都を中心に日本に「コロナ19」感染者と死者が急増している(記者注:死者は延期決定前後で増えていない)。
コロナ19感染者が東京オリンピック1年延期の一日後である25日に41人、26日47人、27日40人、28日63人そして昨日29日68人と算術級数的に増えている。3月28日現在、東京で430人のコロナ19感染者が出てソウルの410人を軽く越えた。28日、日本全域で208人の感染者が出て韓国の一日の感染者数(28日新規感染者105人)を越え始めた。
(中略)

福島原子力発電所、再びふくらむ可能性

日本は2021年、東京五輪を円満に行うには、これまで東日本大地震後に縮小・隠蔽している放射能問題に対する完全な安全診断をしなければならない。その範囲が福島農水産物だけでなくオリンピックが開かれる東京近隣の土壌や水質汚染についても信頼できる国際機構の検証を受けなければならない。

また、福島汚染水海洋放出確定時期も注目される。我が国をはじめとして近隣国家に直接的に影響を及ぼす「汚染水放出時期」は大変重要だからだ。日本政府と東京電力はアルプス(ALPS)すなわち「多核種除去設備処理」汚染水保管タンクの保存能力が2022年夏ぐらいに飽和するといった。したがって2020東京オリンピックが閉幕する8月以降、早ければ今秋ぐらいに処理する方針をたてたことは明らだ。ところで2020東京オリンピックが1年延期になったので、もし処理時期を延期すれば、日本は国際社会から非難を免れないだろう。
(中略:オリンピックの開催時期)

「コロナ19の終息」と共に福岡、東京都などの放射能問題を解決してこそ正常なオリンピック開幕ができると見られる。また、東京オリンピック組織委員長である森喜朗の「日本は天皇を中心にした神の国」と主張する祭政一致主義から抜け出さない限り「オリンピック ジンクス」や地震、台風などの天地災変から抜け出しにくいものと見られる。

キ・ヨンノ編集委員

ソース:ニューシアン(韓国語)日本、'オリンピック ジンクス'から抜け出すには...
http://www.newsian.co.kr/news/articleView.html?idxno=40887

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト