脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【在日三世】 「韓国はもう終わった」「日本にもう帰国する」、韓国総選挙「まさかの結果」で“悲鳴”が止まらない…!

1: 仮面ウニダー ★ 2024/04/23(火) 12:22:19.50 ID:Faq+++5p
・「韓国は終わった」の声が出てきたワケ
 韓国与党にとって散々な結果となってしまった総選挙だが、一部の常識人からは悲鳴ともいえる声が上がり出している。

 たとえば、自身のSNSでの発言が度々騒動になる漫画家の尹瑞寅(ユン・ソイン)氏。
今回の選挙結果を受けて、悲痛なコメントを発している。その書き出しは「このままでは今日から大韓民国の大統領は事実上、
李在明(イ・ジェミョン、共に民主党代表)」「尹錫悦(ユン・ソンニョル、大統領)もいつだって弾劾できるし、
法も思い通りに作れる」と、今後の尹政権の苦しい立場を語っている。

 そして「大韓民国の国民は共産主義者と犯罪者が好きすぎる。
大韓民国のリーダーなら、罪を犯し、不正によってカネを手にしても構わないと思っている」と、今回の選挙結果を嘆いているのだ。
また、「江南3区の正常な人たちの間にしばらく身を置き、そこそこ自由があるうちに生計を立てる術を見つけて出ていこう」と
移住をほのめかすほどだ。

 この発信に対して海外在住の韓国人からも「韓国は終わった」という声が上がり、
「こっちで一緒に暮らそう」と誘う場面も見られたのだ。

 選挙の結果が出た日も、期日前投票を済ませて台湾の出張先から連絡をくれた年配の韓国人は、
「台湾の地震で取引先が心配で来ていたが、韓国もそれどころではなくなった」と話していた。

・野党に翻弄される未来
ー中略ー

・韓国社会は、どうなる…?
 日韓では歴史上、領土問題で意見が食い違うことがあったが、これはまだ理解ができる。
両国で違った内容の教育もあり、まったく目線が違う、そういったことがこれまで「反日」「嫌韓」として現れていた。

 だが、今回の選挙結果はそうした政治思想もへったくれもない。多くの前科者、疑惑まみれの者たちが当選したということは、
「人としての常識」が「犯罪者でも国を任せられる」と判断したということなのだ。
それは「だますほうが正義で、だまされるほうが悪」となってしまうのではないかと懸念するのは私だけだろうか。

 同じ韓国籍を有して、こんなに恥ずかしい結果はこれまで生きてきた中で初めての思いだ。
韓国に住む日本人からも「こんな社会で子供を育てるのが心配」という声を聞く。
韓国の地方に住む韓国人に嫁いだ日本人は「子供のことを考えて日本に帰国しようと思っている。
不景気や物価の高騰は我慢できるけど、正しいことを正しいと言えない国では子供の将来の価値観が心配」と話していた。

 先日も私がSNSでこの結果を嘆いていると韓国人から「竹島がぁ~」と言われたが、私は今回の選挙結果について
一言も歴史観も竹島領土問題も話していない。ただただこの結果を出したことは民意であり、総意ならば、
韓国の国民に嫌気がさしたという嘆きをつぶやいたのだ。
もちろん常識人も多く存在する前提で話しているが、それでもやはり「犯罪者」が「正義」になってしまうことが
まったく理解できないのは私だけだろうか。

豊 璋(在韓国コンサルタント)

全文はソースから
4/23(火) 7:33配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/f34c76cbe194acb2ec2a56668a0186cb68fe51aa

続きを読む

日本のGDP、来年インドに抜かれ5位に…韓国ネット「10位にも入れない国が3、4位の心配をするとは」

1: ばーど ★ 2024/04/23(火) 08:13:40.40 ID:+aRXp9aN
2024年4月22日、韓国・アジア経済は「来年に日本が名目国内総生産(GDP)で1ランクダウンし、世界5位に後退するとみられる」と伝えた。

記事は日本メディアの報道を引用し、「25年にインドのGDPが4兆3398億ドル(約670兆円)となり、4兆3103億ドルの日本を上回るとみられる」「国際通貨基金(IMF)は昨年10月、インド経済が26年に日本を抜くと予測していたが、円安の影響でドル換算の日本のGDPが目減りし、従来予測を修正した」「インドのGDPの規模は14年に世界10位だったが、IMFの予測では27年にはドイツも抜いて米国、中国に続く世界3位の経済大国になるとみられている」「日本は昨年、GDPの規模で55年ぶりにドイツに抜かれて世界4位に転落した」などと伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「日本の心配をしている場合?」「まずは韓国経済をどうにかしないと」「世界10位にも入れない国が3、4位の心配をするとは」「韓国も同じ。サムスンの半導体でなんとか耐えている」「日本は世界2位までいったけど、韓国は今が最高で、後は下がる一方とみられる。少子化と高齢化によりGDPが上がらないのは常識。日本はそれでも善戦している先進国だ」「大丈夫。日本は世界屈指の技術強国だから」「とはいえ結局は日本の方が豊かに暮らしている」「日本が後退しているのではなく、インドが急速に成長している」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

Record Korea 2024年4月23日(火) 7時0分
https://www.recordchina.co.jp/b842313-s39-c20-d0191.html

※関連ソース
日本の名目GDP5位転落へ インドが抜く
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000346188.html
https://image.p-c2-x.abema-tv.com/image/programs/89-44_s0_p346188/thumb001.png

続きを読む

米コラムニスト「韓国は国際化できないし、その必要もない」

1: ばーど ★ 2024/04/19(金) 07:45:58.43 ID:DPGX7w1V
(上)からの続き
「韓国は国際化できないし、その必要もない」 米コラムニストが見た韓国(上)
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2024/04/16/2024041680156_2.html  

■毎回問題点を突き止める韓国、国際化に執着する韓国

 最近、初の韓国語による書籍を出版したことで、さまざまなインタビュー要請、およびテレビへの出演依頼を受けているマーシャルさんは、どこへ行っても韓国人から同じような質問をされるという。韓国の問題点と国際化の方法についての質問だ。韓国に来る前は、どんな国に対しても批判することは良くないことと思っていたが、韓国人はこれをよく受け入れると語る。

 国際化については、もう少し深く考えるよう勧める。マーシャルさんは「多くの韓国人が国際化に執着している。国際化するとは一体どんなことなのか。国際化をあまりにもいいことだと思っているが、全ての事柄には長所と短所が付き物だ」とし「正直に言うと、韓国は国際化できないと思う。そして国際化する必要もなさそうだ」と語る。ありのままの韓国を受け入れるのが国際化といった助言だ。

 マーシャルさんにとって一番のお気に入りの建物は「世運商店街(セウンサンガ)」だ。国内初の住商複合マンション団地として1967年に建てられた世運商店街は、年々老朽化が進んでおり、韓国の若者にとってはなじみのない場所だ。マーシャルさんは、世運商店街に何度も足を運んだだけではなく、建築家の故キム・スグンさんについても知っており、外国人の友人が訪韓した際は必ず連れていく観光スポットだという。また、「世運商店街は外国人の立場からすると本当に興味深い。韓国の近現代史がそのまま残っている所」とし「最近オープンした新しい飲食店の横に50年以上も続くカフェがあり、真向かいの商店街には数十年間コンピューターを修理している職人さんがいる。まるでタイムマシンに乗っているかのような気分だが、こんな建物は海外では見た試しがない」と興味深げに話す。

 (略)

■韓国の社会的問題は他国のケースで解決できず…「韓国らしい解決策を見いだすこと」

 マーシャルさんは、韓国社会の問題について韓国だけが抱いている問題と捉える理由が分からない、ともどかしさも口にした。次いで「多くの韓国人が否定的に考える他人と比較する文化は世界のどの国に行っても存在する。事実、他人と比較する文化だけを見れば米国の方がよりひどいと思う」とし「米国にもカーダシアン・ファミリーのファンが非常に多く存在し、彼らのように見えを張ろうとする人々も多い」と言う。カーダシアン・ファミリーは豪華でぜいたくな生活を通じ、米国で人気を得た一家だ。

 また、「他国の文化と言語について多くの関心があり、約20近くの国々を歩き回ったが、他人と比較する文化の存在しない国などどこにも存在しなかった」とし「人間は社会的存在であり、本能的に他人と比較しようとする性質を抱いている。なぜ韓国だけがそう(他人と比較する文化が激しい)に違いないと思っているのか」と疑問を投げ掛けた。

 少子化問題と高い自殺率も、何も韓国だけが抱える問題というわけではないと指摘した。二つの問題は関連性が深く、明らかに深刻な問題だが、全世界の先進国が普遍的に経験している現象だというのだ。マーシャルさんは「逆説的にも韓国人だけが簡単に認めようとはしないが、韓国はすでに先進国であり、今経験しているほとんどの社会問題は普遍的に先進国で見受けられる問題だ」とし「韓国人は社会問題が発生した際に、他の先進国の政策をまねようとするが、全く違う社会の政策が韓国に合うわけがない。韓国ならではの解決策が必ず見つかるはず」と強調した。

 マーシャルさんは、韓国で就職をしたことも学校に通ったこともないため、目上の人との関係をはじめ、さまざまな韓国文化を理解するのに限界があることを認めた。その上で、今後はより多くの職業群に属する韓国人に出会って、彼らの話を聞きながら、韓国をもっと理解したいと言う。さらに「ここで暮らしながら不幸に思える韓国人たちにも出会ったが、何か常に生産的なことをしなければならないという強迫観念の中で暮らしていた」とし「韓国社会は、全ての人々に同じことをしろと強要するべきではない。個々人も各自が本当にやりたいことに集中すれば、より幸せな社会になるのではないかと思う」と語った。

ミン・ソヨン記者

朝鮮日報 2024/04/18 15:06
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2024/04/16/2024041680157.html

続きを読む

【在日三世】 韓国で「反日大復活」という“悪夢のシナリオ”が、まさかの「現実味」を帯びてきた

1: 仮面ウニダー ★ 2024/04/19(金) 12:21:02.78 ID:Z1xgen8s
・再燃する「反日扇動」
ー中略ー
 野党勢力はこの勝利を起点にして、これまで野党がしでかしたことを正当化しつつ、尹政権を徹底的に叩くことが予想される。
そして大統領を叩きながらの「反日扇動」も再び盛り上がっていくに違いない。昨今の韓国を見ていると、
「さすがに韓国国民も扇動されて反日することはもうないだろう」と思えていたが、この選挙結果を見るとかなり怪しくなってきた。

・「とんでもない時代になった」と…

 私が深夜に開票速報を見ていると、韓国で半導体を作る会社社長からメッセージが入った。

 「とんでもない時代になった」

 と言うのだ。さらに、「ここまで国民が認めるとは思ってもなかった」と話すのだ。

 韓国にはもちろんこの様な常識人がいるが、選挙結果はそうした人が“少数派”であることを示しており、頭を抱えてしまう。

 これは文在寅政権が誕生した時と同様の悪夢の始まりだ。
文在寅政権が誕生する頃、まったく同じことを私は周りに言い聞かせていた。
そして今の野党も文在寅政権の人気の中で大きくなったわけが、そんな文在寅政権の「嘘」を知り、国民もこりたと思えたが、
まったく学んでもないしこりてもいなかったわけだ。そう思うと、今回の選挙は文在寅誕生時より大きな失望感を感じざるを得ない。

 今回の選挙結果を見ると、今後の日韓関係にも大きく影響が出てくることは簡単に想像ができる。

 最初に心配になるのは元徴用工問題だ。国内に財団を立ち上げて、企業から寄付を募り、第三者弁済という形で被害者、家族、遺族
に補償をするという構想を尹政権は打ちあげているが、これが「ちゃぶ台返し」されないか懸念される。

 自分たちの利益のためならば、国家間の約束事を何とも思わない左派思想家ならば、
国内の「元徴用工問題」の取り決めについても、自分たちの価値観の中で不当性を訴えながら、
国民の意識を少しずつ反日に向かう様に仕掛けてくることは十分にあり得る。
そして一斉にメディアがこれを持ち上げ、国の総意の様に作り上げる。
過去にも繰り返された現象が再び起こるのもお決まりの路線だ。

 文在寅政権下で、野党も「国民の反動」について十分学んだはずだ。すべて反日を抑え込むのではなく、
日本文化を楽しむ分は放置しながら、しっかりこれまで培ってきた「恨」の部分の「反日歴史観」に訴えていく様に思われる。

 そして左派はこれまで同様の活動の中、政権の失敗を待ち、一気に畳み込む算段であろう。
そして国民が踊らされていくとすれば……それは悪夢の始まりでしかない。

・「民意の勝利」の意味

 私はこの選挙を見守りながら、厳しい判断が下されるだろうと思っていた。
まさか事前に報道された前科者立候補たちがほぼほぼ当選してしまっている結果を見て、韓国人への怒りが抑えられなくなった。
私の懸念は、こういう状況を子供たちになんと説明できるだろうかと思ったのだ。

 今回の結果を踏まえ韓国内の左派メディア、左派ジャーナリストたちは何かとこの勝利に理屈をつけて、民意の勝利と叫んでいる。
もちろんこれが今回示された「民意」なのだろうが、私は今回ほど韓国を恥ずかしく感じたことはない。
私の感覚がもはや時代遅れということなのだろうか。

 90年代までも、日本に対して北朝鮮や韓国が反日を行うたびに肩身の狭い気持ちでいた。
でも、今回は国の反日行為どころではなく、韓国国民に失望を感じている。
今後、韓国では子供たちに「悪いことは悪い」と示せないし、私は言えない。
豊 璋(在韓国コンサルタント)

全文はソースから
4/19(金) 7:34配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3a6206e5f79d599142f8eb352b26b89bb33d80e

続きを読む

【コラム】韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

1: 朝一から閉店までφ ★ 2024/04/15(月) 23:45:06.06 ID:IwIGZ9x2
伊東順子
日韓迷点観測
韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

2024年04月15日(月)20時00分

<冬を乗り越えてやってきた韓国の春は、記憶と向き合う季節でもある>

「ちょっと韓国語の勉強でも」と、仕事をやめてソウルに渡ったのは1990年9月だった。バブル時代の終わり頃、日本を出る20代女性は結構いたけれど、周囲には「え、どうして韓国?」と不思議がられた。それは現地に行ってからも同じだった。

「我が国に何かありますか?」

あれから30年余り、韓国は大いに化けたというのか、今は世界中に韓国で暮らしたいという人びとがいる。今はもう「韓国に何があるか?」なんて聞かれない。つまり私には先見の明があった!? とかでは全くなくて、私が韓国を選んだのは自然のなりゆきだった。
とにかく子どもの頃から韓国が大好きだった。というか、好きな物や人が全部韓国に関連していた。友人に「私の前世は中国人」と信じている女性がいるけれど、私もそれかもしれない。だから1年の予定だったのが、そのまま30年も暮らしてしまった。

まずは日本を離れてよかったのは、ひどかったアトピーが治ったことだった。ステロイドで黒くなった皮膚が見事に元に戻った。仕事をやめたことの効果だったかもしれない。そして1年目の春、これまたひどかった花粉症からも解放された。それだけでかなり幸せだった。

 「あなたは何しに韓国へ?」
 「デトックス」

立派な答えを期待した人々はがっかりしたかもしれない。




韓国の春は辛かった

ただし韓国の水や空気が100%優しかったわけではない。それはとても辛(から)かった。

その頃の韓国はすでに民主化後ではあったけれど、春となれば学生デモが頻発して、街には機動隊が発射する催涙ガスが充満した。目と鼻を突き刺すような強烈な痛みに、涙と鼻水が止まらなくなる。その痛みを韓国人は「メプタ、メウォ(辛い)」と表現していた。キムチや韓国料理に使う「辛い」と同じ単語だ。

春は革命の季節だ。3・1、4・3、4・19、5・18という数字が何を意味するのか、韓国に詳しい人はご存知だと思う。3.1独立運動、済州島4.3事件、4.19学生革命、5.18光州民主化運動と、韓国の春は文字通り「冬の終わり」を願う人びとの季節だった。

90年代初頭、すでに3・1と4・19は政府主催の記念式典となっていたけれど、4・3と5・18はまだ軍事政権時代のタブーを引きずっていた。
当時政権の座にあった盧泰愚(ノ・テウ)大統領が、盟友である全斗煥(チョン・ドファン)前大統領とともに光州事件の被告席に立たされるのは、次の金泳三(キム・ヨンサム)政権(1993~98)になってからだった。

「国民は真実を知らされていない」――春の新歓シーズン、日本以上の厳しい受験戦争をくぐり抜けてきた新入生が知るのは、お酒や恋愛だけじゃなかった。
90年代初頭の韓国の春は、学生たちの切ないほどの正義感が充満していた。そして30年後の今は、「記憶する」ことが新たなスローガンに加わっている。私たちはとても忘れやすいのだ。
https://www.newsweekjapan.jp/ito/2024/04/10.php

次のページ「セウォル号事件」の悲しみ
https://www.newsweekjapan.jp/ito/2024/04/10_2.php

続きを読む
スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト