脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【国際】フランス人が指摘した「日本人と中国人の見分け方」に、我々は赤面せざるを得ない=中国報道

1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 07:34:16.91 ID:CAP_USER
日本人と中国人の外見的な差異はほとんどないため、特に欧米人にとって外見から双方を見分けるのは容易ではない。中国メディアの捜狐はこのほど、日本人と中国人を見分けることは可能だというフランス人の見解を伝え、「この見分け方を聞いて、中国人は赤面せざるを得ない」と論じている。

フランスは世界有数の観光立国であり、パリには日本人も中国人も数多く訪れている。記事は、フランス人のなかには、言葉を聞かなくても日本人と中国人を見分けることができる人がいるとし、ヒントは「服装」や「立ち振る舞い」らしいと紹介した。

たとえば、日本人の服装は小ぎれいで、髪型もしっかりとセットしているのに対し、中国人の服装は、バランスなどはあまり考えられておらず、着の身着のままといった人が多いと指摘。また、中国人は髪型にはあまりこだわりがないように見え、歩き方もだらだらとしていて、こうした点から日本人と中国人を見分けているらしいと伝えた。

さらに、日本人は声が小さく、謙虚で礼儀正しい態度であるのに対し、どこでも座り込み、礼儀やマナーを気にせずに大きな声で話をしているのが中国人で、こうした振る舞い方の違いも日本人と中国人を簡単に見分けることができる材料らしいと記述した。

記事は、フランス人の「日本人と中国人の見分け方」は、中国人にとって「恥ずかしい内容」であることを強調し、個人の行為であっても、国外であれば国のイメージを左右するものになると指摘。

中国経済の発展とともに中国人の購買能力が向上し、各国で爆買いしているというのに「未だに歓迎される観光客」になることができないのは、マナーの悪さなどのイメージが大きく関係しているはずだと主張している。(編集担当:村山健二)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171018/Searchina_20171018005.html

続きを読む

【中国メディア】「静かで美しい本当の日本」を体験できる・・・今人気急上昇の都道府県はココ!

1: ねこ名無し ★ 2017/10/18(水) 05:54:41.78 ID:CAP_USER
クルーズ船での旅行や格安航空会社の就航もあり、中国人観光客を増やしている九州。これまでは、阿蘇山や別府温泉、ハウステンボスなどが代表的な観光地だったが、最近ではこれまで目立たなかった佐賀県の人気が上がっているという。

佐賀県のどこが中国人をそれほど惹き付けるのだろうか。中国メディアの今日頭条は13日、佐賀県の良さを紹介する記事を掲載した。

記事はまず、中国人の多くは佐賀県といえば「佐賀のがばいばあちゃん」と認識していることを伝えた。日本では映画やドラマ化もされた小説だが、中国の書店でも「窓ぎわのトットちゃん」と並んで販売され、根強い人気を集めている。この本からは佐賀の静かさ、純朴さが伝わってくるが、佐賀はそればかりではないという。

記事によると、中国人にとって佐賀県が魅力的なのは、なんといっても「中国からの近さ」だという。上海から2時間弱で着く近さで、大都市とはうって変わって「静かで美しい本当の日本」を体験できる、とその魅力を伝えた。

では、佐賀ならではのおすすめとは何だろうか。記事は、「佐賀牛」や「呼子のイカ」は実際に行かなければ体験できないと勧めた。イカの活き造りは、透明で美しく、コリコリとした歯ごたえで酒のつまみにちょうどいいと絶賛した。

また、観光地ではないが書店とカフェが併設された「武雄市図書館」にも注目。建物がおしゃれで、「日本で最も美しい書店の1つ」と評した。最後に、忍者好きの中国人には、忍者村で見ることのできる「忍者ショー」もおすすめだとし、日本では忍者の文化を伝承していると感心した。

このように、中国からも気軽に訪れることができる「静かで美しい」佐賀県。実際に行かなければその魅力はなかなか分からないもので、もしかしたら1日で佐賀が好きになってしまうかもしれないと締めくくった。

派手で目立つ観光地ばかりでなく、きれいな景色や地元の名産物を楽しむ等身大の旅が、中国人旅行者に癒しを与えているようだ。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1646008?page=1

続きを読む

日本車がドイツ車より優れている 中国メディア

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2017/10/16(月) 17:48:30.32 ID:TyxY7zOJ0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
中国において大きな人気を集めている日系メーカーの自動車。その理由の1つが、長い距離を走っても故障が少ない、丈夫で長持ちという点だ。
中国メディア・今日頭条は7日「日系車の質がフォルクスワーゲンに完勝していると言うだけの証拠がある」とする記事を掲載した。
 
記事は「日本系とドイツ系のどちらが優れているかという話は、自動車ファンの間で比較的激しく議論される問題だが、それぞれに一理あって
相手を納得させるまでには至らないものだ」としたうえで、米国の雑誌が先日各メーカーの自動車に32万キロを走行させてそのコンディションや故障状況を
評価するという調査を実施したと紹介した。

そして、調査の結果上位に入った9車種のうち、トヨタが5車種、ホンダが3車種、フォードが1車種という結果になったと説明。
「基本的に日系車で独占されたが、それよりも驚きなのは、自動車強国のドイツ系が1つも入っていないことだ」と評している。

中国のネットユーザーからは「日系車は信頼性でドイツ系を上回っている。これには納得せざるを得ない」、「ホンダの車に9年載っているが、ちっとも故障しない」、
「今、日系車は中国で進化し続けている。10年もすればフォルクスワーゲンの地位は日系に取って代わられるだろう」など、
記事の内容に賛同を示す感想が見られた。

http://news.searchina.net/id/1645873?page=1

続きを読む

【パヨク速報】ジャーナリストの津田大介さん、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」に登場

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [ニダ] 2017/10/14(土) 23:55:33.04 ID:dUntRs0m0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
〈声をつなぐ―共生へのまなざし〉ジャーナリスト・津田大介さん / “ファクトの軽視、感情優越の時代”

ネット社会となりつつある日本で、その影響力を軽視できないソーシャル・ネットワーキング・
サービス(SNS)。誰もがニュースの発信者となり、リアルタイムでさまざまな「事実」が瞬く間に
世界中へ拡散される。そんなSNSの主流ともいえるツイッターで「シンポジウム中継をする第一人者」
として名を馳せ、「TSUDAる」という造語まで生むなど、近年テレビや雑誌、新聞などあらゆる
媒体で注目されるジャーナリスト。津田大介さん。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。
 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。
 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。
http://chosonsinbo.com/jp/2017/10/171012hj/

続きを読む

【堀潤】蓮舫議員で話題になった「二重国籍」は何が問題?

1: ねこ名無し ★ 2017/10/15(日) 02:14:56.06 ID:CAP_USER
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「二重国籍」です。

蓮舫さんの二重国籍問題が以前ニュースになりましたね。あそこまで騒がれたのは、彼女が元閣僚で民進党党首だったからです。また、「二重国籍ではない」と言い張ったことが虚偽だったという、政治家としての発言責任問題も大きく関わっていました。

国の要職につく政治家の二重国籍がなぜ問題になるのか。それは、たとえば敵対している国との二重国籍だった場合、本当に国益になる判断ができるか。スパイ行為に及ばないとも限らないからです。とはいえ、容認するかどうかは国によっても異なります。

アメリカでは、過去に州知事を務めたシュワルツェネッガー氏は、オーストリア国籍とアメリカ国籍の両方を持っています。しかし、アメリカ大統領は、アメリカ単一国籍かつ、アメリカ生まれでないとなることができません。

現在イギリスの外務大臣で、元ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏は、アメリカ国籍とイギリス国籍の両方を保持していたそうです。フィリピンやオーストラリアでは、二重国籍の政治家は認められていません。

国籍の取得ルールは大きく「血統主義」と「出生地主義」に分かれます。

日本は「血統主義」。父親か母親が日本人であれば、たとえ外国で生まれても日本国籍を取ることができます。

ただし、その場合、出生後3か月以内に届け出をしないと権利は失われます。逆に、代々日本に暮らしていても、両親が外国籍の場合は日本国籍を取得することができないんですね。対してアメリカは親が米国人でなくても、アメリカで生まれればアメリカ国籍を取得できるという「出生地主義」です。

国籍を持っていなくても住民権は得られますし、税金も納めますが、選挙権は得られません。

日本で働く外国人労働者の数は100万人を突破しました。これから、外国ルーツの子どもはますます増えるでしょう。

アスリートでも、外見は外国人風でも日本人として活躍する方がたくさん出てきましたよね。今後、何世代も日本で暮らす外国人が増えていくなかで、彼らが政治参加できないままでよいのかどうか?これから議論の必要があると思います。

no title

堀潤ジャーナリスト。NHKでアナウンサーとして活躍。2012年に市民ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げ、その後フリーに。ツイッターは@8bit_HORIJUN

※『anan』2017年10月18日号より。写真・中島慶子イラスト・五月女ケイ子文・黒瀬朋子

(by anan編集部)

https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_AnanNews_135660/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト