脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【WTO】マスコミ「なんで韓国候補支持しないのか!」 ビジュアル的には 💩VS💩

1: さくらとっとちゃん(大阪府) [DE] 2020/10/27(火) 17:56:55.30 ID:hwQJYNFK0● BE:784885787-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
no title


【WTO】マスコミ「なんで韓国支持しないのか!」加藤官房長官「知らね・・・」【韓国の反応】

日本、韓国候補支持せず WTO事務局長選、対日批判影響か

世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙に関し、日本政府はナイジェリアのオコンジョイウェアラ氏を支持する方針を固めた。

 対抗馬で韓国の兪明希氏が、同国政府の通商交渉本部長として半導体をめぐる争いで対日批判を繰り返してきたことを
踏まえた判断とみられる。日本政府関係者が26日、明らかにした。

 オコンジョイウェアラ氏はナイジェリアの財務相などを歴任し、世界銀行の専務理事も務めた。
「兪氏より格上」(日本政府関係者)とされるが、中国の大規模な経済支援を受けるナイジェリア出身のため、
中国の意向に影響を受ける可能性も指摘されている。

 加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、事務局長選への対応について「外交上の理由から明らかにしない」として
明言を避けた。ただ、WTOトップに求められる資質に関しては「主要国間の利害を調整する能力、
多角的貿易体制の維持・強化に積極的に貢献する能力」を挙げた。 

時事通信:https://news.yahoo.co.jp/articles/61ca44315e48b5e00cb8ee01e262830ddb855acd

続きを読む

【韓国・ソウル新聞】日本に「菅=ヒトラー 」「日本国民=ナチスドイツ国民」論争加熱 安倍元首相を超える超高速で迎える

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/25(日) 15:27:39.75 ID:CAP_USER
先月16日、就任後半月ぶりに発生した「日本の学術会議の任命拒否」波紋を介して、自分の独断スタイルを表わにした菅義偉首相に「ヒトラー論争」の火がついた。安倍晋三元首相も強権的な権力行使に出るたびにヒトラーに似ているという批判がSNSなどのインターネットで提起されたりしたが、菅首相はそのような状況を超高速で迎えたわけだ。

菅首相は先月、日本学術会議のが推薦された候補者の学者105人のうち、前の安倍政権の時、政府の政策に反対意見を出したことがある6人の任命から脱落させ、学界と進歩陣営の強い反発を買っている。政府の政策を提言する学術会議のは首相傘下機関であるが、関係法令に基づいて人事、運営などの独立性が確保されてきた。しかし、この慣行に菅首相が初めてブレーキをかけながら「政府の学界の支配」の懸念が大きくなった状態だ。

「菅=ヒトラー」論議の発端は去る23日、菅首相に任命で脱落した松尾宮高明立命館大学教授が外国特派員協会記者会見に出ていた発言だった。松宮教授は「ドイツナチスのヒトラーさえ全権を掌握するためには、特別な法律を必要としたが、菅首相は(法律新設もせずに)現行憲法を変えて解釈することで、自分がヒトラーのような独裁者になろうとしているのではないかと思う」と発言した。

菅首相の立場を支持する陣営が発言について「問題だらけの日本学術会議のを改革しようとする菅首相を人類虐殺を行ったヒトラーと比喩するのは話にならない」、「問題のある人を学術会議ので排除することは、国家指導者として当然の責務」などの反論があふれた。

これ米山隆一前新潟県知事は24日、ツイッターでヒトラー政権当時のドイツ国民と現在の日本国民を比較しながら、「今、日本がそのようになっていることを心から心配しなければならない」と書いた。彼は周りの人が気に入らないとして当局に申告するドイツ人があふれたのがナチス独裁の土壌を作ってくれたという、関連書籍の内容を引用して現在の日本の社会がそのような状況に陥っていると憂慮した。

東京キム・テギュン特派員windsea @ seoul.co.kr」

ソウル新聞 2020.10.25 14:31
https://n.news.naver.com/mnews/article/081/0003133992?sid=104

菅義偉日本の新首相。AP連合ニュース
no title

続きを読む

【日韓】 韓国から遠ざかった日本の「左手」~韓国と日本が再び手を握るには

1: 蚯蚓φ ★ 2020/10/21(水) 00:21:39.07 ID:CAP_USER
中曽根康弘元総理は現代日本右派政治のドンである。彼は1983年前後、日本総理としては初めて海外訪問地にソウルを選んだ。後日、彼は当時を次のように回顧した。「右手に米国、左手に韓国の手を握って韓・米・日三カ国が太平洋国家に突進しよう、というのが私の外交戦略だった。」

彼が政権を取った1980年代初めは「米・ソ新冷戦期」だった。40年過ぎた現在の米・中葛藤と全く肩を並べる。

中曽根元総理は当時まで戦後日本外交を支えてきた経済発展中心の吉田路線から遠く離れ、喜んで米国のために日本を「浮沈空母」とみなすことを強調した。米・日軍事同盟強化は普通国家になるための踏み台だった。東アジアの盟主を自任するために「左手の韓国」は日本の勢いを形成するために必要な重要なパーツだった。

韓日関係改善はその前提であった。翌年1984年当時、全斗煥(チョン・ドファン)大統領が答礼訪問の形で日本を国賓訪問した時は「今世紀、日本が韓国と韓国国民に対して大きな苦難を及ぼした事実を否定できない」として深い遺憾を表明した。このような立場は元大統領の昭和日王との面談での「遺憾」発言につながった。

2010年、中曽根元総理は知韓派言論人である朝日新聞の故若宮啓文主筆(2016年死亡)とのインタビューで「韓国にそのようなことをした以上、一度は謝らなければならない」ということが当時の立場だったと明らかにした。さらに付け加えた。「私は民族主義者なので韓国の民族主義も理解していた」と。政治感覚で武装した優れた現実政治家であり、日本の国益の観点から大きな絵を見ることができる外交設計者であった。
(中略:葬式問題)

40年前、左手に韓国の手を握った日本の大韓半島外交はもはや暮れつつある。もちろん韓国も捉えた日本の手を離して長くなるようだ。

アベ路線の忠実な継承を前に出している菅義偉(スガ・ヨシヒデ)日本総理は就任後、初めての通話をオーストラリアのスコット・モリソン総理とし、2番目の通話は米国とした。米国は第1の同盟国で、オーストラリアは「自由で開かれたインド・太平洋構想」に参加する準同盟国だ。

今月の初めにはインドを含んでインド・太平洋構想に参加する4カ国外交長官が東京に集結し、スガ総理はこの席で対中国包囲網結成に日本外交が中枢になると自任した。スガ総理の初めての外国訪問国は中国と緊張関係を形成しているベトナムだ。

勢力を伸ばすことに乗り出した日本の左手はすでに袋にいっぱいだ。戦略的利益と呼ばれる21世紀型協力の理由を探せなければ、韓国と日本が手を握るはずはない様に見える。

チョ・ウンヒョ東京特派員
no title


ソース:ファイナンシャルニュース(韓国語)[ジャパン パッと]韓国とは遠ざかった日本の'左手'
https://www.fnnews.com/news/202010201828340969

続きを読む

【対米ロビー】使った金額は同じぐらいなのに…日韓の力の差を韓国メディアが指摘 ネット「日本のロビー額など信用できない」

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/19(月) 13:29:59.43 ID:CAP_USER
2020年10月16日、韓国・ノーカットニュースは「使った金額は同じくらいなのに…日本のロビー力に押される外交部」と題した記事を掲載した。ドイツのベルリンに設置された慰安婦像の問題を機に公共外交が再評価されているが、「対米ロビー活動でも日韓は競争している」と伝えている。

記事は「慰安婦像問題のような政府が介入しづらい外交事案の場合、その国の日頃の評価とイメージが勝敗を決めることが多い」と説明。国の魅力度向上には、経済力や文化レベルなど総合的な国力に加え「相手国に働きかける公共外交戦略が求められる」としている。

その上で「韓国は米国に力を入れてきており、資料によると2016~20年の対米ロビー額は政府部門で世界2位、政府・民間合計部門では9位となっている。一方、日本は両部門とも1位。ただ、政府部門では韓国と大差がない」としている。

韓国政府のロビー額は16年の693万ドル(約7億3000万円)から17年は1443万ドル、18年は1791万ドル、19年は2626万ドルと推移している。しかし、米議会や政府への直接的ロビーとは関係のない大韓貿易投資振興公社や韓国観光公社などの関連予算を除外すると金額は大幅に減る。15~18年上半期の規模は1040万ドル、年間260万~350万ドル水準だという。一方、同じ基準だと日本の規模は1734万ドルで「大した差はない」としている。

ただ、記事は「問題は、外形的には日本に大きく劣らない水準になったにもかかわらず、実益が特にないこと」だと指摘している。駐米韓国大使館が過去4年間に対米ロビーのために最も大きな資金を費やした相手は、米国のロビー企業としては7797位に過ぎない企業で、同社は「ロビー企業というより、大使館のお使いセンターのような評価もある」と伝えている。

一方、日本は「ロビー企業のトップに最も資金を投じており、活動地域も首都ワシントンだけでなく州政府にも拡大している」という。「日本が寄贈した桜がワシントンの名物になったことからも分かるように、日本の対米ロビーの歴史は古い」「日本専門家グループが米国内の至る所に布陣しているほどだ」とし、「日韓のロビー力には、いまだ大きな隔たりがある」と評している。

さらに、「質的部分が依然として後れていること」も問題だと指摘。対米公共外交予算のかなりの部分が朝鮮半島平和プロセスに否定的なシンクタンクなどに支援されているとし、「笑えない現実だ」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「金額が同じぐらいだって?。1.7倍も多いじゃないか。何を基準に『同じぐらい』だと言ってるのか」「記者さんは給料が7割カットされても、金額は同じだと思うのか?」「日本の言ってるロビー額など信用できない」など、記事の内容に対する批判が多く寄せられている。

その他、「金額の問題じゃない。日本はメディアと政府が協力しているが、韓国はメディアが政府の邪魔ばかりしている」「こんなにも問題が多く成果がなく、でも支持されている外交は初めてだな」「事実を知らせるのにもロビー活動が必要なの?」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

2020/10/19 11:08 (JST)©株式会社 Record China
https://www.recordchina.co.jp/b845106-s0-c10-d0144.html

no title

続きを読む

【持続可能な100大企業】「ソニー1位 サムスン28位」WSJのランキングに韓国ネット「ソニーが1位って、ギャグじゃないの」

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/15(木) 14:54:06.16 ID:CAP_USER
2020年10月13日、韓国・聯合ニュースによると、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」が選ぶ「持続可能な100大企業(The 100 Most Sustainably Managed Companies in the World)」で、韓国のLG電子が6位、サムスン電子が28位に入った。評価は100点満点で46.9点と74.2点だったという。

WSJは世界の約5500の企業を対象に、事業モデルや革新性、社会・製品、従業員、環境などの持続可能性を評価した。1位はソニー(日本)、2位はフィリップス(オランダ)、3位はシスコ(米国)、4位はメルク(ドイツ)、5位はイベルドローラ(スペイン)となった。100大企業を国別に見ると米国が23社、日本が16社、フランスが9社となっている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国ファイト」「誇らしい記事だね。LGおめでとう」など、喜びの声が寄せられている。

一方で「ソニーが1位ということに驚き」「ソニーが1位じゃ、信頼度がガクッと落ちる」「ソニーが1位って、ギャグじゃないの(笑)」「ソニーは持続可能性より生存を心配しないと」など順位に不満げなコメントも多い。

ただ、中には「持続可能性に経営と未来の照準を合わせた企業のランキング、未来の地球環境の可能性を最優先にしているということだよ。ソニーは苦しい状況の中で1位に選ばれたのだから、すごいと思う。LGとサムスンは奮起しないとね」という意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)

2020/10/15 13:38 (JST)©株式会社 Record China
https://www.recordchina.co.jp/b842394-s0-c20-d0144.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト