脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

保坂祐二

【韓国・保坂祐二】 「日本はウイルスとの第三次世界大戦に敗れた」と言うのが日本の世論だ

1: 蚯蚓φ ★ 2020/04/23(木) 22:49:27.66 ID:CAP_USER
no title

▲保坂祐二、世宗(セジョン)大教授/写真=イ・キボム記者

保坂祐二、世宗(セジョン)大教授がコロナ19(COVID-19)による日本の状況を世界大戦になぞらえ遠回しに言及した。

保坂教授は23日、TBSラジオ「キム・オジュンのニュース工場」に出演して「日本の有名雑誌で今を『第3次世界大戦』とし、日本がウイルスとの世界大戦で敗北した、という話がとても多く出ている」と話した。

彼は「(コロナ19で)アベ政権が初め、とても緩く対処をして中間に対処を変え始めて今、問題が起きている。初めは強く、後になるほど緩くする方向が原則なのにそれを破った。これが日本が『第二次世界大戦で最後に負けた時のパターン』という言葉まで出ている」と説明した。

保坂教授は「日本は医療崩壊している」として「埼玉県で病床不足により肺炎症状のある人を自宅待機させ、その人は6日後に死んだ」と言った。引き続き「検査をせずに『そのまま家にいて』というと、むしろ小さな集団感染が家庭で起きている」と付け加えた。

彼は「東北大地震の時も列をつくって物品を買う、非常に秩序正しく動く日本なのに『国民性が崩壊した』という話も出ている。買い占めもそうで日本医療に対する信頼、国民意識が低下している状況が多く報告されている」と話した。

キム・ジソン記者

ソース:マネートディ(韓国語)日本内部世論"ウイルスと3次世界大戦で敗れた"
https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2020042309222533832

続きを読む

【韓国】保坂祐二、「嫌韓を利用して支持率を上げようという下心の安倍・・・天罰を受けるだろう」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/03/08(日) 22:13:14.77 ID:CAP_USER
(写真)
no title

▲ 世宗大学校の保坂祐二教授
_______________________________________________________

世宗(セジョン)大学校の保坂祐二(ホサカ・ユジ)教授は8日、日本の安倍晋三首相が『コロナ19(新型コロナウイルス感染症)』と関連して、韓国人と中国人に対する入国制限措置を取ったのは、日本国内の右派の要求を受け入れて、支持率を上げるためであると分析した。

保坂教授はこの日自身のFacebookを通じて、『日本の右派が安倍に中国人の入国禁止を要求した』という内容の日本の現地メディアの記事を共有し、このように明らかにした。


保坂教授は、「日本の右派は中国人の入国禁止を断行しない安倍に対する批判を強めていて、その影響で安倍政権の支持率が下落した」とし、「安倍は(4月に予定された)習近平の訪日を延期して、右派の中国人の入国禁止要求を受け入れた」と述べた。

続けて、「右派は韓国人の入国禁止を “嫌韓” 次元で主張していたが、それも受け入れたのは安倍が嫌韓を利用して支持率を上げようという魂胆をよく示している」と指摘した。

保坂教授はまた、「日本の右派は “コロナ19” を依然として武漢肺炎・中国肺炎・武漢ウイルスなどと呼んでいるらしいので、韓国側の保守野党とまったく同じということに驚愕する」と言及した。同時に、「安倍政権は間もなく天罰を受けるだろう」とも付け加えた。

保坂教授は日系の帰化韓国人で、世宗大学校の独島(トクド)総合研究所長を務めている。

ソース:news1(韓国語)
https://www.news1.kr/articles/?3866444

続きを読む

【韓国】「本当の嫌韓勢力は1%以下」~保坂祐二教授が明らかにした嫌韓の実態

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/08(火) 09:05:16.39 ID:CAP_USER
(動画=YouTube)
https://youtu.be/_-w_mHJPaeM



「実際に嫌韓勢力はそんなに多くありません。単に声を出し始めたら多く見えるだけです」

世宗大学校の保坂祐二教授が、嫌韓勢力の実態についてこのように語った。彼は極右派の嫌韓勢力は実際には1%以下に過ぎず、日本の人口の20~30%程度が「嫌韓に巻き込まれかねない人たち」と主張した。

引き続き、現在の日本社会と第二次世界大戦当時のドイツ社会の間に、「似たような狂気が存在する」と説明した。彼は、「当時のドイツ人は理性的だったが、ヒトラーに熱狂した」とし、「日本の人々も非常に理性的だが、韓国に謝罪しなければならない事実に悔しがっている」と話した。

韓日関係改善のための克服の課題では、『言語の壁』を挙げた。彼は、「(韓国の)保守気質の記事が主に日本に伝達される」とし、「情報が少ないことが問題だ」と話した。

(写真)
no title


ソース:ソウル=news1(韓国語)
http://news1.kr/articles/?3738146

続きを読む

【週刊新潮】 安倍首相は第2のヒトラー ・・・著書でこう主張する “韓国人” 政治学者の正体

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/09/29(日) 12:24:25.40 ID:CAP_USER
最近、韓国で『安倍、なぜ韓国を倒そうとするのか』というタイトルの本が出版された。
実はこれ、ただの反日本ではない。著者は、韓国人の政治学者、保坂祐二氏。
名前を見ればお分かりいただけると思うが、日本出身で韓国に帰化した御仁なのだ。

「安倍晋三は、第2のヒトラーになろうとしている」なんて主張しているそうだが、いくら何でもそりゃ言い過ぎじゃないの。
一体、この人、何者なのか。早速、本の一部を紹介すると、

「日本は昔から、自国がアジアで最も影響力のある国として君臨することを願ってきた。そのため、朝鮮半島を日本の支配下に置き、
アジア大陸進出のための足がかりにしようとした」

「安倍晋三は、第2のヒトラーになろうとしている。その手段は、人事権掌握と改正憲法の緊急事態条項だ。
嫌韓・極右勢力という彼の親衛隊が助力者の役割を果たしている」

9月19日付韓国の「毎日経済」電子版は、保坂氏の新刊を紹介。その記事を要約すると、
〈韓日問題専門家の保坂祐二教授は、安倍政権が1945年以前の大日本帝国を復元するため、そのシナリオを進めていると主張する。
安倍政権は、大日本帝国を復活させるために、「独裁」の道へ突入、残酷な侵略と戦争を起こす可能性があるという。

保坂教授はこのような兆候を数年前から強く感じていた。嫌韓デモを主導する極右集団が現れ、
安倍晋三という極右政治家が長年の間、総理の座に居座るという異常な現象が日本で日常化してしまった。

そして、大日本帝国の復元を実現する第一段階として、韓国を脅かし始めていると主張する。
ヒトラーがユダヤ人を敵と見なし、ドイツ人の怒りと不満の噴出口にしたように、安倍政権は韓国をいけにえにして日本国民の怒りと不満を噴出させようとしている。
強制徴用工問題が解決されても、韓国を敵と見なす安倍政権の態度は簡単に変わらないだろうと保坂教授は見ている。

日本の極右勢力にとって、大日本帝国を復活させるのに、安倍ほど適した人物はいない。
安倍総理は、第2次世界大戦のA級戦犯として逮捕された日本極右派の元祖・岸信介の外孫だ……〉

「9月20日付のハンギョレ新聞に、この本の広告が彼の顔写真付きで一面に出ていました」
と語るのは、産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏である。

「保坂氏は、2003年に韓国に帰化していますが、韓国では韓国人以上に日本批判をするというので、特異な存在になっています。
日韓間で何かあるたびにテレビに呼ばれていましたが、昨今の緊迫した日韓関係では、もう引っ張りだこですよ」

黒田氏は、保坂氏と韓国のテレビに出演したことがあるという。

「テレビ討論で、2回ほど保坂氏と一緒に出演しましたが、彼があまりにも過激な日本批判をするので、
一緒にテレビに出た親日派の韓国人から、『それは言い過ぎ』と指摘されたこともありました。

例えば、安倍首相が安保法制を強行したことについては、『朝鮮半島が有事になったとき、
自衛隊を出動させ、独島(竹島)を軍事的に占領する。奪うための布石です』と言うのです。

韓国人コメンテーターは成程と頷いていました。今の日韓関係については、『安倍政権は、韓国に経済的打撃を与えて、植民地化しようとしている』と。
彼は、韓国人になったのだから、韓国に忠誠を誓わないといけない。その忠誠心を過剰に見せようとしている感じですね。
メディアにちやほやされ、また、韓国の愛国者と言われて、ちょっとのぼせあがっているわけですよ」

保坂氏は東京都出身。東京大学卒業後、日本の韓国併合に疑問を持ち、韓国の高麗大学に留学し、大学院まで進んで政治学博士号を取得。
1988年から世宗大学の教員になり、現在は世宗大学教授である。

「保坂氏は、世宗大学では日本語を教えていて、そのうち、竹島(独島)の研究を始めるようになった。日本の図書館で竹島が韓国領であるとする資料を漁って、
それを韓国のメディアに見せて注目を集めるようになった。なにしろ独島は、韓国では愛国のシンボル的存在です。

独島に関わると、愛国者とみなされる。保坂氏も世宗大学に独島の研究所をつくってもらっています。独島の研究所があれば、政府から補助金が出るし、大学のPRにもなる。
独島研究家として売り込み、10年くらい前から韓国内で注目されるようになりました」

保坂氏は、文在寅大統領のブレーンも務めているという。
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/09291131/?all=1&page=1

続きを読む

【書籍】 「第2のヒットラーを夢見る安倍晋三」~保坂祐二著「安倍、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか」

1: 蚯蚓φ ★ 2019/09/20(金) 01:36:55.46 ID:CAP_USER
no title

▲保坂教授の新刊『阿部、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか』300ページ.1万5千ウォン.

「日本はかなり以前から自国がアジアで最も影響力のある国の座を念願してきた。そのため、韓半島を日本の支配下に置きアジア大陸進出の踏み台にしようとした。」
「安倍晋三は第2のヒットラーになろうとしている。その手段は人事権掌握と改憲憲法の緊急事態条項だ。嫌韓極右勢力という彼の親衛隊が助力している。」

韓日関係は急冷段階を越え果てしなく墜落している。7月1日、日本の安倍政権が韓国に経済報復措置を取ったことが決定的契機になった。韓日関係専門家の保坂祐二教授(世宗大)は安倍政権が1945年以前の大日本帝国を復元する意図でシナリオを進めている、と主張する。

このような背筋が寒くなる見解は保坂教授の新刊『安倍、彼はなぜ韓国を倒そうとするのか』で確認される。大日本帝国復活のために安倍政権は事実上「独裁」の道をたどり、結局、ぞっとする侵略と戦争を起こす可能性があるという。著者はこの様な兆候を何年か前から強く感じ始めたと打ち明ける。嫌韓デモを主導する非理性的極右集団が現れ、安倍晋三という極右政治家が継続して総理になる非正常的現象が日本で日常化してしまった。

「日本行政府の構造が2014年以降、大きく転換して2019年に『独裁的』権力を出現させた。安倍政権の暴走は今後も続くだろう。すべての政策が安倍総理を中心にごく少数の極右政治家によって決定される密室政治が現在の日本政治の本質だ。」

保坂教授は安倍総理が第2のヒットラーになるため自ら選択した情況を見出してその実体を掘り起こそうとした。安倍と彼を支える極右団体・日本会議の究極の野心は大日本帝国の復元。これを実現する最初の段階として韓国を恐れ反駁し始めたという。しかし、安倍政権にもアキレス腱がある。「アベノミクス失敗」と「福島原発問題」がそれだ。そのような内政問題に国民の視線が集まらないように安倍政権が外部に作った『敵』が韓国だ、と著者は指摘する。

ヒットラーがユダヤ人を敵とみなしてドイツ人の怒りや不満の噴出口としたように、今の安倍政権は韓国を犠牲にして日本国民の怒りと不満を噴出させているわけだ。この様な傾向は北米関係が改善され明確になった。それ以前は北朝鮮が日本の『敵』だったが、北米関係改善を契機に北朝鮮にラブコールを送り始めた安倍政権は韓国を『敵』にし始めた。保坂教授は「韓日関係悪化は強制徴用者判決問題を契機に始まったが、この問題が解決されても韓国を敵とみなす安倍政権の態度は簡単には変わらないだろう」と展望する。それと共に「過去を本当に反省したことがない人々が同じ犯罪を犯すことが常だが、日本という国家も同じ」と憂慮を現わす。
(中略:ドイツの反省の話)

「日本の極右勢力の動向に注意すべきだ。日本の極右が再び軍隊を持って靖国神社を国家の神社として復活させる時、日本は第2の侵略戦争を敢行し、その最初のスケープ・ゴートは韓国になるだろう。東北アジアに向けた安倍の攻撃はもう始まっている。」

日本極右勢力にとって大日本帝国復活に政治的・血統的に安倍ほど適した人物はいない。安倍総理は第2次世界大戦のA級戦犯容疑者として逮捕された日本極右派元祖・岸信介の外孫だ。保坂教授は「この様な状況で韓国にも安倍政権を積極的に助ける『新親日派』勢力がある。極右派は親日派韓国人を育てようとしてきたし、今も彼らを支援している。親日派養成はかなり以前から日本の国策だった」と付け加える。

今回の著書は「二度敗れなければ反省しない日本」「安倍政権の黒い内心」「強制徴用者判決問題」「日本極右思想のルーツ」「日本会議と安倍晋三」など全10種類の主題を通じて梗塞していく韓日関係の本質が何か多角的に暴く。

ソース:毎日経済(韓国語)"第2のヒットラー夢見る安倍晋三の攻撃はもう開始"
https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2019/09/743932/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト