脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

伝統文化

【韓国伝統衣装】「韓服」の制服 来年から新たに19校で導入=全国35校に

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/10/06(水) 12:43:58.68 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部と韓国工芸・デザイン文化振興院は6日、2022学年度の新入生を対象に韓服(伝統衣装)の学校制服を導入する中学・高校19校を新たに選定したと発表した。

 これにより、来年には全国35の中学・高校で韓服の制服が採用されることになる。

 文化体育観光部などは、来年から韓服の制服を導入する19校のために計81種類のデザインを発表する。19年に開発された既存のデザインの中から生徒の人気が高い29種類を改善。20年に実施された韓服制服デザイン公募展で選ばれた作品を基に、新たに52種類のデザインを開発した。

 袖、襟のデザインやキュロットスカート、ワンピースなどのスタイルで多様性を拡大し、着心地の良さと実用性を兼ね備えた制服として生徒の選択の幅を広げたという。

 文化体育観光部と教育部は19年に業務協約を結び、「韓服制服普及」事業を推進してきた。昨年行われた試験事業により、今年は16の中学・高校の生徒が韓服の制服を着用した。

聯合ニュース 2021.10.06 11:27
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20211006001500882?section=society-culture/index

no title

no title

韓服の制服(文化体育観光部提供)=(聯合ニュース)

続きを読む

【国際】中国「チョゴリは中国衣装」 韓国教授激怒

1: 動物園φ ★ 2021/09/10(金) 00:26:57.69 ID:CAP_USER
9月9日(木)15時20分 Record China

2021年9月8日、中国メディア・観察者網は、以前中国のオンライン百科事典のキムチに関する記述でクレームをつけた韓国の大学教授が、今度は民族衣装の記述に抗議を行ったと報じた。

記事は韓国・聯合ニュースの7日付報道を引用。それによると、韓国誠信女子大学のソ・ギョンドク教授は同日、中国のオンライン百科事典「百度百科」を運営する百度に対して、「百度百科内で韓国の伝統衣装が朝鮮族の伝統衣装と表示され、なおかつ中国国家級無形文化遺産の一つと説明されている」とし、修正を求める抗議書を提出したことを明らかにした。

記事は、同教授が抗議書の中で「(韓服は)韓国固有の文化であり、(百度は)歴史的事実を認め、中国人に対して正しい事実を紹介すべきだ」と主張するとともに、韓服が韓国の伝統衣装であるとする理由を説明する資料を添付したと紹介している。記事によれば、百度百科で「韓服」と入力して検索すると、自動で「朝鮮族の服装」のページに飛ぶようになっているという。

https://news.biglobe.ne.jp/international/0909/rec_210909_2515196329.html

続きを読む

【韓国企業】 線香製造、2代目が線香文化を蘇らせて…日本の線香は、我が国から日本に渡った文化

1: LingLing ★ 2021/07/17(土) 23:37:59.55 ID:CAP_USER
線香製造企業「インセンスワールド」、2代目線香文化を蘇らせて
パク・スンチョル記者

写真=「インセンスワールド」提供
no title

no title


[ジョブポスト] パク・スンチョル記者 = 2代で香を製造しているソンヒャン製造企業「(株)インセンスワールド」(代表ソン・ソンヒョン)は、現在韓国で製造されている線香の90%以上を製造している。 「(株)インセンスワールド」の本社は、利川(イチョン)ドジャギ村の入口に位置する。

香は線香と竹香の二つに分けられる。竹香はインドから伝わって来た香で、竹木スティックに香料を加え練り上げた形のもので、線香は竹木スティックなしで、香料を材料そのまま細長く作るもので、我が国と日本の伝統的な香である。線香と竹香は見た目の違いもある。線香は上から下まで同じ太さになっている。インドから伝わった竹香は、下の部分が薄いというのが外形的特徴だ。日本の線香は、我が国から日本に渡った文化としても見ている。わが国では、ほぼ消え失せた線香が、日本では発展に発展を重ねた。

ソン代表は、香の製造企業を経営していた父親の影響で、幼い頃から身近で香に接しながら成長した。中学生時代に日本を訪問したとき、日本で定着した大衆的で優秀な線香の文化に驚いたソン代表は、大人になったら「我が国に必ずや線香の文化を蘇らせたい」と誓った。 成人後に市場調査をして、日本を幾度も訪問して、発展した線香製造技術を学んで、研究を続けた。

30歳になった年に、「インセンスワールド」を設立して、本格的に線香を製造しながら線香文化の普及に熱中し始めた。当時、一般人たちにとって香は寺や祭祀の時に焚くものだという認識が強くて、販売量はほぼ皆無だったが、ソン代表は続けて線香を知らせることに集中して、製品開発に熱中した。

そんな中、済州で香を楽しむイヒョリの姿がテレビで映されて、香文化が大衆に知られると、ソン代表の努力が花を開き始めた。その後、オンライン上で「インセンス」関連キーワードで市場を形成して、線香を販売中だった「インセンスワールド」の販売量が急増し始めた。特に20~30代の女性に大きな関心を集め出した。自然にセレクトショップ、ファンシーショップなどで線香について関心を持ち始めて、OEM生産についての要請も殺到し始めた。

ソース ジョブポスト(韓国語)
http://www.job-post.co.kr/news/articleView.html?idxno=28593

関連スレ
【韓国】蚊取線香de火事(茂朱)[06/25]
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1466812808/

続きを読む

【韓国伝統刀剣】 映画『鳴梁』、李舜臣将軍の剣が本物みたいな理由は?昔、日本に渡った技術を復元。15年のノウハウ

1: LingLing ★ 2021/06/30(水) 08:34:20.31 ID:CAP_USER
『鳴梁』のなかで李舜臣(イ・スンシン)将軍の剣が本物同じ理由?「高麗伝統技術の15年のノウハウ」
・映画・ドラマ300本以上の小道具製作
・伝統刀剣の技術、日本の匠人から伝授され

映画『鳴梁』で使用された長剣。忠武公李舜臣将軍が使用した長剣をそのまま再現している。 写真=高麗伝統技術提供
no title

no title


[トゥデーコリア=キム・ドンイル記者] 韓国の固有の文化映像コンテンツである「史劇」。OTT(Over the Top)産業が発達しながら、史劇はもはや我が国だけでなく、海外の視聴者も楽しめるコンテンツとして、その座をつかんだ。累積観客数1700万人を突破して、今なお国内映画観客数1位を守っている『鳴梁』、ネットフリックスで電波に乗って海外で爆発的な興行を記録したドラマ「ミスターサンシャイン」だけ見ても史劇の人気を実感することができる。

こうした史劇人気の秘訣には、当然ながら興味津々な脚本と監督の精巧なディレクティング、俳優たちの熱演ぶりがあろう。しかし、目に留まらなくても作品の完成度を決定付ける点がまだある。時代をそのまま再現したかのような衣装や武器などの装備・小道具がそれだ。特に、ジャンルの特性上、戦闘シーンが多い史劇の場合、剣のような武器小道具のクオリティは、劇への没頭度に大きな影響を与える。

■映画『鳴梁』の李舜臣将軍の剣を伝統技術で再現する
伝統刀剣製作会社「高麗伝統技術」は、15年間積み重ねてきた伝統刀剣復元ノウハウを基に、韓国内史劇制作に必要な三国および高麗、朝鮮時代の武器文化に関する考証資料を適用して、放送小道具を製作・供給している。

高麗伝統技術は、現在まで約300本以上の映画およびドラマ放送小道具を製作した。映画『鳴梁』、『最終兵器弓』、『安市城』、『鳳梧洞戦闘』、『南漢山城』、ドラマ『ミスターサンシャイン』、『緑豆の花』など彼らの手に入った小道具は、スクリーン中で伝統刀剣として、生まれ変わった。

高麗伝統技術が常に上手くいっていたわけではない。最近まで放送業界では、費用などの問題で低価格の中国産小道具を多く使っていたが、今年3月にSBSの『朝鮮駆魔師』が放送廃止されたことで、放送小道具の重要性を再認識した後、再び高麗伝統技術を求める制作会社が増えてきたという。伝統技術を保有して、確実な考証を通じて信頼できる小道具を製作するという理由からだ。

高麗伝統技術の関係者は、「最新装備と施設を活用した生産工場を備えて、これを通じて高品質な小道具を大量生産して、放送各社の要求事項を満たせるような多様な製品製作に努めている」と話した。

■日本刀剣匠人から伝授された技術力
ムン・ジュンギ高麗伝統技術代表は、刀剣製作の技術を学ぶために、2006年に日本に渡った。彼は日本で5年間、刀剣長である「マツバイチロ」から刀剣製作についての全般的な技法を伝授された。

日本で学んだ刀剣製作技術を会社の刀剣生産に適用して、昔、我々の先祖から日本に渡った技術を復元した。現在もマツバイチロ匠人と交流しながら、伝統刀剣について共同研究している。

また、技術を韓国内に再び伝授して、我が国固有の刀剣を製作できる基礎を築いている。会社が保有している伝統刀剣の技術力が知られて、伝統刀剣の製錬技術を学ぶために、韓国内の有名鍛冶屋の子弟及び技術者、刀マニアたちが会社を訪れて、現在彼らに技術を伝授している最中だ。

■伝統文化と先端技術で鍛えた「刀」
高麗伝統技術は2016年、未来創造科学部(※かつて存在した韓国の国家行政機関、現在は「科学技術情報通信部」。)が発足した「伝統ルネサンス事業団」に属して、様々な研究課題を遂行した。

伝統文化と現代先端技術の融合・複合を通じた技術革新および産業競争力を強化するため、産学研の技術協力促進および伝統文化産業の基盤構築などを支援する「伝統文化融合研究事業」に参加した。(つづく)

ソース トゥデイコリア(韓国語)
http://www.todaykorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=289535

続きを読む

「韓服は韓国の伝統文化だ」…米NY・タイムズスクエアに「韓服の広告」

1: 首都圏の虎 ★ 2021/06/12(土) 17:09:56.64 ID:CAP_USER
韓国の文化財庁と韓国文化財財団は、「反日教授」として有名な韓国ソンシン(誠信)女子大学のソ・ギョンドク(徐ギョン徳)教授と力を合わせ、米ニューヨークのタイムズスクエアの大型電光掲示板に「韓服の広告」を出したと、きのう(11日)明らかにした。

世界的な韓服デザイナーであるチャイ・キム(Chai kim)氏がデザインした現代的な韓服を、大韓民国の代表宮廷を背景に 様々な国のモデルたちと撮影した、30秒ほどの広告である。横45メートル・縦20メートルの超大型電光掲示板で披露している。

この広告は、文化財庁と韓国文化財財団が展開する「文化遺産訪問キャンペーン」の一つとして制作された。

今回のことを企画したソ教授は「タイムズスクエアの “韓服広告”を、ユーチューブとフェイスブック、インスタグラムなどのSNSでも宣伝していく」と語った。

また ニューヨークを皮切りに、英国ロンドン、オセアニア・シドニー、タイ・バンコク、南アフリカ共和国・ケープタウンなどでも、韓服をはじめとして ハングル(韓国・朝鮮語文字)、韓食、韓屋(韓国在来の家屋)を伝えていく計画である。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b69b05c41e85873721aca171c79d5301838ec2ac
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210612-00303201-wow-000-1-view.jpg

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト