脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

【新型コロナ】 いつになったら日本に行けるの?  中韓への入国制限に憂慮の声=中国報道

1: 荒波φ ★ 2020/03/15(日) 14:13:44.43 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスの感染拡大は日本の観光業界に大きな暗い影を落としている。逆を返せば、日本の観光業はそれだけ中国人インバウンドに大きく依存していたと言えるだろう。

中国国内では新たな感染者の増加ペースが大きく鈍化していると言われ、すでに企業の活動も再開され、日常の生活を取り戻しつつあるようだが、日本では新たな患者の増加に歯止めが掛かっていないため、日本への渡航を考えていた中国人のなかには「いつになったら日本に行けるのか」と憂慮している人も多いという。

中国メディアの網易は10日、日本は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるのに苦労していると主張する記事を掲載し、「いつになったら日本へ行けるのか」と心配している中国人は多いと伝えた。

記事はまず、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、日本は9日から中国と韓国からの入国規制措置を発動したと紹介。それにより、日本に滞在できる査証(ビザ)を所有している中国人や日本を旅行で訪れようと考えていた中国人にとっては大きな問題が生じてしまったと伝えた。

特に、4月から日本に留学する予定だった学生や、中国に一時帰国していた人たちにとって、今回の入国規制措置は大きな混乱をもたらしたようで、中国のネット上でもどのように対応すべきか、多くの中国人が情報交換を行ったり、相談したりしていたことを紹介した。

記事は、多くの中国人は日本に魅力を感じていると伝え、旅行や留学などで日本行きを予定していた人は多かったと指摘する一方、新型コロナウイルスの問題によって「いつになったら日本に行けるのか」と心配している人が増えていると主張した。


2020-03-15 11:12
http://news.searchina.net/id/1687666?page=1

続きを読む

【産経新聞】習近平氏「見舞い電」で共闘アピール 韓国、イタリアなどへ 中国責任論封じ込め 「感染に国境はない」と強調

1: 新種のホケモン ★ 2020/03/14(土) 19:12:25.90 ID:CAP_USER
 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は14日までに、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な韓国やイタリア、イランの各首脳に「心からの見舞い」を伝える電報を送り、「力の及ぶ限りの援助」を約束した。国営新華社通信が同日伝えた。世界にウイルスを拡散させたとする「中国責任論」の高まりを封じ込める狙いがありそうだ。

 習氏が電報を送ったのは韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とイタリアのマッタレッラ大統領、イランのロウハニ大統領。

 習氏は自らが掲げる理念「人類運命共同体」を持ち出して「感染に国境はない」と強調し、感染防止に向けた共闘と団結を各国にアピール。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は世界全体を襲った天災だったとの立場をにじませた。感染源としての中国の責任には触れなかった。

 中国政府の発表によると、13日に報告された中国本土の感染者11人のうち、7人がイタリアなど外国で感染した後に入国したケースだった。中国の感染対策の重点は、国内での拡大防止から、外国で感染した人の流入を食い止める水際対策へと移りつつある。

産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000560-san-cn

3/14(土) 18:37配信

続きを読む

【韓国女性を「盾」】中国国内線に韓国人CA配置 韓国内で中国航空会社に非難 これら路線に優先的に韓国人CAを配置 特にひどい都市

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/05(水) 20:08:58.67 ID:CAP_USER
中国の女性CA(キャビンアテンダント)は様々な理由をつけて、コロナウイルス患者の割合が多い方面への勤務を避けている。そのため中国の航空会社はこれら路線に優先的に韓国人CAを配置しているという。韓国のテレビ「チャンネルA」と中央日報系テレビJTBCが、中国系航空会社でCAとして働く韓国女性の苦情をもとに伝えた。

上記テレビ放送は、中国東方航空で勤務する韓国女性CAの話を伝えた。そのうち一人は、昨年12月あるいは今年1月から湖北省への路線やその他中国国内線に韓国人CAが配置されることが多くなったと語った。それ以前、韓国人CAは主に中国⁻韓国間の国際線に配置されていた。この路線は韓国人乗客が多く、CAと朝鮮語でコミュニケーションをとる機会を考えると当然の理由であった。外国人CAを国内線に配置することは異例。これはちょうどコロナウイルス蔓延と一致している。多くの場合においてこれら国内線には感染状況が特にひどい都市が含まれており、様々な憶測を呼んでいる。

中国東方航空で働くもう一人の韓国人CAもこれを認め、中国人CAは様々な理由をつけてコロナウイルス感染者が多い湖北省、広州、四川省などへの路線勤務を避けていると語った。
中国東方航空の韓国オフィスはJTBCテレビへのコメントを避け、CA配置は中国本社が行っていると答えた。

この報道は韓国ネットユーザーの間で波紋を広げ、韓国女性を「盾」として使う中国の航空会社が非難されている。またその延長で、中国に大量のマスクや呼吸器を送ることを決定した韓国政府の対応にも批判の声が高まっている。

https://jp.sputniknews.com/life/202002057077685/

2020年02月05日 18:55(アップデート 2020年02月05日 19:02)

続きを読む

【中国メディア】2002年日韓W杯はなぜ「サッカー史上の恥」と言われるのか 「審判がホスト国である韓国をひいき」

1: ろこもこ ★ 2020/02/01(土) 21:15:32.47 ID:CAP_USER
https://www.recordchina.co.jp/b777507-s0-c50-d0135.html

2020年1月29日、山東生活網は、2002年のサッカー日韓ワールドカップが「サッカー史上の恥」と称される理由について紹介する記事を掲載した。

記事は、02年W杯についてもともとは日本がホスト国として開催することが基本的に決まっていたものの、当時国際サッカー連盟(FIFA)副会長を務めていた韓国の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏が日本の単独開催に異議を唱え、韓国も開催国候補として名乗りを上げたと紹介。両国による激しい誘致争いを経て、FIFAは日本と韓国の両方で大会を開催する決定を下したとした。

そして、「史上初めてアジアで開催される大会、そして2カ国がホストを務める大会として大きな意味を持った02年W杯だったが、多くのサポーターを憤慨させる大会になってしまった」とし、大会の運営にあたり種々の準備不足が露呈したと紹介した。

また、同大会が「史上最低の大会」と揶揄(やゆ)されるもう一つの理由として、「審判がホスト国である韓国をひいきしたことがある」と指摘。グループステージでポルトガルを破って決勝トーナメント進出を果たした韓国について、トーナメント1回戦のイタリア戦で韓国選手がイタリア選手の頭を故意に蹴るもレッドカードが出ず、イタリア選手が韓国選手に倒された別のシーンではイタリア選手がシミュレーションの反則を取られ一発退場させられるという事態を引き起こしたと紹介している。

さらに、準々決勝のスペイン戦でもスペインのゴールが無効と判定されたり、0-0で迎えた延長終了間際にスペインが得たコーナーキックを蹴る前に主審が試合終了の笛を吹いたりといった不可解な判定が相次ぎ、結局PK戦の末にスペインが敗れて韓国がベスト4に進出したと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

続きを読む

【中国・武漢】「都市封鎖令」…交通網閉鎖、韓国人1000人が閉じ込められた

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/23(木) 09:46:40.65 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスの震源地とされる中国武漢市が一時的な都市封鎖令を下したと中国国営テレビが22日(現地時間)、報じた。

ロイター通信によると、国営テレビはバス、地下鉄、旅客船、長距離旅客輸送網が23日午前10時から見送られると伝えた。

また、乗客が外部に出る空港と駅も閉鎖されると明らかにした。政府当局者は「ウイルスの拡散を抑制して国民の健康と安全を保障するための措置」と説明した。同時に、武漢市民にもこの当局者は「特別な事情がない限り、都市を離れないでほしい」と求めたと国営テレビは伝えた。

人口1100万人の都市である武漢は中国の主な産業と商業施設が密集しており、中国最大内陸港がある交通のハブだ。韓国人も留学生を含んで1000人余りが居住していることが分かった。武漢肺炎と知らされた新型コロナウイルスは現在まで中国だけで17人の死亡者が確認され、全世界で500人以上を感染させた。中国武漢の華南海産市場で始まったとされて韓国や日本、タイ、香港、台湾、マカオ、米国で確認された患者が発生し、オーストラリアやメキシコ、ロシアでは症状が疑われる患者が調査を受けている。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/261808
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.01.23 08:36

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト