脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

中国で小学生女児の“生ストリップ配信”が流行 2万人のフォロワーを持つ人気女児も

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2017/12/16(土) 19:49:20.63 ID:9ILKuAyr0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
 
中国で小学生女児の“生ストリップ配信”が大流行! 視聴者の求めに応じて胸元を……「面白いからやってるの」

no title


中国の若い女性がネット上で“エロ生中継”をして大金を稼いでいたり、14歳で妊娠した少女が大きなお腹を
披露してミルク代を稼いでいるなどといった話題は、これまでも何度かお伝えしているが、最近はついに、
女子小学生までもが“ストリップ生中継”をしていることが、中国のニュースネットサイト「ホウハイ新聞」の
報道でわかった。

それによると、中国のショート動画プラットフォームである「美拍」(メイパイ)には人気のある動画に対して
報酬を与える機能があり、その報酬獲得を狙って、小学生を含む未成年が生中継で服を脱いだり、セックスを
思わせる動作をして見せているのだという。

それを生で見ているフォロワーたちが、チャット機能を使って女の子たちに服をめくるようはやし立てたり、
女の子たちもそれに応じて胸元をめくったり、服をお腹からめくり上げたりしている。人気がある少女などは、
すでにフォロワーが2万人近くにまで増えている。

ストリップ生中継をしている一人の少女は、自分は2005年生まれの小学生で、どうしてやっているのかと
問われ、「お金のためにやってるんじゃないの。面白いからやってるの。私、クラスで一番フォロワーが
多いのよ」などと自慢しているという。

no title


「ホウハイ新聞」の報道により、この件は大きな社会問題となり、ネットライブの機能を提供している美拍では、
12月9日から未成年の登録者に対しては生中継を行う権限をカットすると発表している。

インターネット情報検閲を強力に進め、政府や共産党に不都合な話がネットにアップされると、あっという間に
削除してしまう中国でさえ、ネットライブのようなものだとすぐには対応できないようだ。

こういった未成年者によるネット上での性的な進出は、これからも止まりそうにない。
(文=佐久間賢三)

http://www.cyzo.com/2017/12/post_144998_entry.html

続きを読む

【パヨク速報】中韓首脳、「朝鮮半島での戦争は絶対に容認できない」という立場で一致⇒ トランプ激怒へ

1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [ニダ] 2017/12/14(木) 23:11:46.66 ID:OgB2kcF90 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中韓首脳、朝鮮半島で戦争容認せず=平和解決再確認-THAAD進展なし

 【北京、ソウル時事】5月の就任後、初めて国賓として中国を訪れた韓国の文在寅
大統領は14日午後、北京で習近平国家主席と会談し、韓国側によると、両首脳は
「朝鮮半島での戦争は絶対に容認できない」という立場で一致した。朝鮮半島の
非核化原則を堅持する方針も確認した。
「中国の安保、侵害しない」=初訪問前に韓国大統領

 韓国代表取材団によると、習主席は文大統領の訪中が「関係改善の重要な機会に
なると信じる」と強調。中国国営中央テレビは、文大統領が「韓中関係をさらに
一段高く押し上げたい」と応じたと伝えた。
 ただ、中央テレビによれば、中韓関係悪化の原因となった最新鋭迎撃システム
「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍配備に対し、習氏は反対する
立場を改めて表明し「韓国が問題を適切に処理し続けることを希望する」と迫った。
この問題で大きな進展はなかったもようだ。
 北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐっては、習氏が「最終的に対話と協議を通じて
解決する必要がある」と述べた。文氏も「平和的に解決する共同の立場を再確認
する」と同意した。
 習氏は、13日に南京で開催された旧日本軍による「南京事件」80年の追悼
式典に韓国が駐中国大使を派遣したことに謝意を表明した。文氏も哀悼の意を
改めて示した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121400888&g=int


【関連スレ】
【吉報】明日12月14日の中韓首脳会談で韓国が「米国との縁切り状」に判を押して、中国の属国に戻るかも
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513176969/

続きを読む

【韓国】文大統領の「一人飯」論争に…青瓦台「冷遇論には同意できない」

1: 動物園φ ★ 2017/12/15(金) 16:23:23.50 ID:CAP_USER
2017年12月15日14時58分
[中央日報/中央日報日本語版]

no title


中国を国賓訪問している文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国指導部と食事をせずに「一人飯」をしていることで論争が広がっていることに対し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が15日、立場を表明した。

青瓦台関係者はこの日午前、青瓦台で記者団と会い、関連質問が出てくると「インドネシアで市場を訪れたように(14日午前の)朝食は韓国が企画した日程」としながら「(文大統領が)中国国民に身近な印象を残すことも重要な外交」と答えた。続いて「冷遇論が出てくる心配も分からないことはないが、(韓中首脳間の)会談内容を評価してほしい」とし「会談を予定よりも1時間長くしたのは初めて見た。(中国が)韓国を重視する認識の表れだとみている」と述べた。それから「冷遇論に同意できない」と強調した。

文大統領は前日午前、金正淑(キム・ジョンスク)夫人と一緒に北京の朝食専門店「「永和鮮漿」で、油條(中国式揚げパン)と豆漿(油條につけて食べる中国式豆乳)を注文して食事を取った。中国人に人気の食堂をサプライズ訪問して、食事を取る姿を通じて、中国人に親しみを感じてもらおうとしたというのが青瓦台の説明だ。この席には盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中大使だけがいた。

だが、訪中前から中国経済の指令塔であり序列2位の李克強首相との15日の会談が、当初進めていた昼食会形式ではなく午後遅くの面談形式に決まったことを受けて大きな論争を呼んでいた。

一部メディアでは、文大統領の訪中期間のすべての食事日程に対して問題提起をしている。3泊4日の訪中期間中、食事ができるのは全部で10回。そのうち習近平主席との国賓晩さん会(14日)、中国次世代指導者として注目されている陳敏爾・重慶市党書記とは昼食会(16日)など2食だけを中国指導部と共に食事する日程で、残りは中国側の高位要人とは一緒ではないためだ。食べることを最上に考えている中国で、客をもてなす最高の所作が食事の招待であることを考えると、異例という言葉が出るのはこのためだ。野党圏ではこれについて「中国の真ん中で、国賓である大統領が冷や飯を食わされている」〔正しい政党の兪義東(ユ・ウィドン)首席報道官〕と批判している。

これについて、また別の青瓦台高位関係者は前日、中国現地で記者会見し、「我々が日程を入れずに勉強のために空けてあっただけなのに『一人飯』という言葉がどうして出てくるのか」と反問した。

青瓦台関係者は前日午後、北京人民大会堂北大庁で開かれた公式歓迎式で、文大統領が中国側の人々と挨拶をする時、王毅外交部長が文大統領の腕をポンと叩いたことに対しても「王毅部長は親近感を示すためにしたかもしれないので、欠礼だとは見ないでほしい」とした。当時、王毅部長が腕を叩く前、文大統領が先に握手をした後、王毅部長の右腕を2回叩いて再会の喜びを表現した。

だが「同じ行動をしたといっても、国賓として訪問したトップに国賓を迎える側の長官級の人物が腕を叩く行為は外交的欠礼だ」という指摘が出ている。相当数の外交慣例は王政時代の礼法に従っているためだ。2009年英国バッキンガム宮殿でレセプションが開かれた時、バラク・オバマ当時米国大統領のミシェル夫人が親近感を示すためにエリザベス女王の肩に腕を回して欠礼問題が広がった事例もある。

http://japanese.joins.com/article/587/236587.html?servcode=A00&sectcode=A30

続きを読む

【中国】中国には自動車メーカーがたくさんあるのに「なぜ日本に勝てないんだ!」=中国報道

1: らむちゃん ★ 2017/12/14(木) 22:29:43.99 ID:CAP_USER
サーチナ2017-12-14 15:12
http://news.searchina.net/id/1649800?page=1

 中国には非常にたくさんの自動車メーカーが存在し、一説には100社以上もあると言われている。だが、中国の街中では日系車や韓国車、ドイツ車などを見る機会が多いのが現状で、メンツを重視する中国人消費者にとっても中国車は「乗っていてメンツが立つ」車ではないのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条は10日、中国には自動車メーカーが数多く存在するのに、なぜ自動車産業で日本に勝てないのかと疑問を投げかける記事を掲載し、その理由は日本の自動車メーカーの工場を見学すれば分かると主張、日本の自動車メーカーの凄さについて紹介している。

 記事は、日本国内にある自動車生産工場の様子を写真で紹介している。記事によれば、その工場では1日で1400台の自動車を生産する能力があるというが、工場内には様々な産業用ロボットが導入されていて、24時間休むことなく自動車が製造されているという。産業用ロボットは運搬、溶接、鋳造、塗装など、自動車生産にかかわる多く工程で人間に代わって高い生産性のもと作業を行なっていると紹介した。

 さらに、日本の自動車産業の強さを支える要素として、すべての部品を自国でまかなうことができることや、優れたサプライヤーが存在することだと指摘。特にトランスミッションの技術や、車体を軽量にするために使用されている樹脂の加工技術が非常にすばらしいことを指摘し、日本では自動車メーカーが非常に高い生産性のもとで自動車生産を行っているうえ、非常に高い技術力を持つ部品メーカーと各種サプライヤーがおり、日本メーカーを超えるのは短期間では到底無理だと匙を投げた。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【サッカー】<日中戦>ハリル監督の中国称賛に中国「やはり日本は尊敬」「韓国だったら、日本のような謙虚な態度は期待できない」

1: Egg ★ 2017/12/14(木) 19:01:14.36 ID:CAP_USER
サッカーの東アジアE-1選手権の第2戦で、日本代表は中国に2-1で競り勝ち、優勝に王手をかけた。

この一戦は中国でも大きな注目を集めたが、中国メディアの今日頭条は12日、試合後に日本代表のハリルホジッチ監督が述べた言葉を紹介しつつ、「これがサッカーで日本を尊敬できる理由だ」と伝えている。

ハリルホジッチ監督は、中国戦の試合後に中国代表を率いる名将リッピ監督を称賛したほか、複数の中国人選手が試合中に優れたパフォーマンスを見せたと称賛した。

また、中国人選手については徹底的な分析はできていなかったと述べる一方で、中国人選手たちの潜在能力は高く、リッピ監督のもとでさらに優れた選手が出てくるであろうことを指摘した。

また、中国代表が2022年ワールドカップへの出場を目指していることについて触れ、リッピ監督に率いられた中国代表は今後さらに強くなるはずだと警戒感を示した。

記事は、ハリルホジッチ監督の発言を紹介したうえで、勝ったことに驕らず、対戦相手を尊重した発言ができるという点を称賛し、こうした謙虚な態度こそ日本代表を尊敬できる理由の1つだと伝えた。

ハリルホジッチ監督が中国代表の成長を認める発言をしたことで、中国ネット上では「日本は歴史問題以外では責める気にならない国だ」、

「相手を尊重でき、謙遜できる日本はやはり尊敬に値する」といった声が上がった。一方、なぜか韓国を引き合いに出すコメントも多く見られ、

「日本は相手が強ければ素直に相手を認めるが、韓国では相手が強いとその相手はいつの間にか韓国人になっている」、

「韓国だったら、日本のような謙虚な態度は期待できない」といった声が多く見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

2017年12月14日 9時12分 サーチナ
http://news.livedoor.com/article/detail/14026995/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト