脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

世界遺産

【日韓】産業遺産情報センターの東京開設に韓国は「大変失望」 計画見直しも要求 日韓外相会談でも取り上げる可能性

1: たんぽぽ ★ 2017/12/19(火) 06:34:13.32 ID:CAP_USER
http://www.sankei.com/smp/politics/news/171219/plt1712190002-s1.html

 韓国の康京和外相と河野太郎外相が19日に初めて日本で会談するのを控え、韓国側が日本側に対し、徴用工問題に関連して国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の全体像を紹介するための産業遺産情報センター(仮称)の東京開設について「大変失望している」と伝達し、計画の見直しも求めていたことが18日、分かった。情報センターは外相会談でも取り上げられる可能性が高い。複数の外交筋が明らかにした。

 2019年に開設予定の情報センターでは、長崎市の端島(通称・軍艦島)炭鉱などの労働者の賃金記録を含む1次史料や元島民の証言などの公開が検討されている。日本政府は情報センター設置計画などを盛り込んだ報告書を11月末にユネスコに報告したが、韓国は今月5日、外務省報道官の論評を通じて「遺憾」を表明していた。

 韓国外務省は15日に在韓日本大使館幹部と面会した際、東京での情報センター設置に失望を表明した。その際、ユネスコへの報告書に「労働を強制された(forced to work)」との表現を使わず、「支援した(support)」になっていたことを問題視した。

 また、情報センターで公開される元島民の証言などを集めている一般財団法人「産業遺産国民会議」について、「これまでの活動を見ると客観的かつ公正な調査が可能なのか」と疑問を呈し、強制労働があったと韓国と同じ主張を展開する団体の関与を求めた。

 韓国側が念頭に置くのはは、11月末に韓国の市民団体「民族問題研究所」とともに「『明治日本の産業革命遺産』と強制労働」というガイドブックを作成した、日本の「強制動員真相究明ネットワーク」のことだとみられる。

 情報センターの設置は、一昨年の世界遺産委員会で産業革命遺産(福岡など8県23施設)が世界文化遺産に登録された際、韓国側が端島など一部の登録施設では戦時中、「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者がいた」と主張したことを受け、日本政府が設置を表明していた。

続きを読む

【世界遺産】韓国外交部「日本は軍艦島強制労働の説明を」=世界遺産会議

1: ひろし ★ 2017/11/27(月) 22:40:20.94 ID:CAP_USER
 韓国外交部(省に相当)は27日、ソウルで国連教育科学文化機関(ユネスコ)韓国委員会と共同で開催した「第2回世界遺産解釈国際会議」で、日本による植民地時代に朝鮮人が労働を強いられた軍艦島(端島炭坑、長崎市)について、日本が「軍艦島で強制労働があったことを説明する」とした2年前の約束を履行すべきだと強調した。

 外交部の李恩竜(イ・ウンヨン)文化外交局長はこの日、会議開会の辞で「日本政府は、日本の産業革命遺産がユネスコ世界遺産に登録される際に国際社会に向けて行った約束を迅速かつ誠実に履行しなければならない」と促した。

 日本政府は2015年7月、ユネスコ世界遺産委員会で軍艦島が世界遺産に登録される際に、朝鮮人が強制的に労働させられた事実を伝える情報センターや案内板の設置などを実施すると発表していた。

 しかし、2年たっても関連の措置が履行されないだけでなく、日本政府が情報センターを軍艦島ではなく東京に設置する計画を立てていることが分かり、物議を醸している。

 一方、この日の会議では、「人類の発展のためには紛争の歴史などと遺産を解釈する戦略を立てることが重要であり、そのような遺産解釈戦略はユネスコ世界遺産の制度の趣旨に合っている」ということで意見が一致した。

全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00003228-chosun-kr

続きを読む

【朝鮮日報】 慰安婦関連記録物、ユネスコ登録さらに困難に

1: 荒波φ ★ 2017/11/13(月) 09:10:28.03 ID:CAP_USER
国連教育科学文化機関(ユネスコ)のオードレ・アズレ次期事務局長(45)=フランス=は11日(現地時間)、「加盟国間の確執を招く可能性のある問題はできるだけ避け、団結を図らなければならない」と明らかにした。AFP通信などが報道した。

ユネスコ次期トップのこうした発言で、従軍慰安婦関連記録物が「世界の記憶」(ユネスコ記憶遺産)に登録される可能性がいっそう不透明になったとの見方が出ている。

アズレ次期事務局長は同日、AFP通信のインタビューで、「ユネスコは解決できない紛争に足を引っ張られたり、機構の機能がまひしたりしている。解決できない問題は避けるべきだ」と語った。

アズレ次期事務局長は先月12日、ユネスコを脱退した米国とイスラエルが再加盟するよう説得する計画を説明する際、このように述べたという。ユネスコは世界遺産に関する問題で、イスラエルよりパレスチナの方に友好的な立場を取ってきたことが、米国とイスラエルの脱退で決定的な役割をしたと仏紙ルモンドは報じた。

米国は、2011年にユネスコがパレスチナを加盟国に正式承認した際、ユネスコ総予算の4分の1を占めていた年間8000万ドル(約91億円)の分担金納付を凍結している。これ以降、ユネスコは財政難に陥った。

この日の発言は、慰安婦関連記録物の「世界の記憶」登録をめぐる韓日の確執とも無関係ではない。ユネスコ国際諮問委員会は先月30日、慰安婦関連記録物について登録を保留する判断を下した。日本の分担額はユネスコ分担金総額の10%を占めており、日本の顔色をうかがった判断だとの批判がある。


2017/11/13 08:45
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/13/2017111300638.html

続きを読む

【Record China】しまった!韓国「テコンドーの原型」ユネスコ遺産登録 北朝鮮に先越される=韓国ネット「日本に奪われるより…」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/11/01(水) 13:19:19.26 ID:CAP_USER
しまった!韓国、「テコンドーの原型」のユネスコ遺産登録で北朝鮮に先越される=韓国ネットには「日本に奪われるよりはまし」の声も

no title

1日、北朝鮮が朝鮮王朝時代の兵書を国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録した。歴史を共有する北朝鮮に一歩先を越されることになった韓国の学界からは、文化財庁などを批判する声が上がっているという。資料写真。

2017年11月1日、北朝鮮が朝鮮王朝時代の兵書「武芸図譜通志」を国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録した。歴史を共有する北朝鮮に一歩先を越されることになった韓国の学界からは、文化財庁などを批判する声が上がっているという。

「武芸図譜通志」は1790年、朝鮮王・正祖(チョンジョ)が編さんを命じ刊行された武芸の教本。中国や日本の図書を参考に朝鮮固有の武芸についてまとめたもので、24種の武芸の技術を挿絵を交え説明している点が特徴だ。

実は韓国国内でもソウル大の研究施設や韓国学中央研究院、国立中央図書館が数十冊を所蔵しているが、いずれからも「世界の記憶」への登録申請は行われず、北朝鮮に「奇襲登録」を許す結果となった。また、北朝鮮が今回の登録申請において、「『武芸図譜通志』が現代北朝鮮のテコンドーの原型になった」など、学界で認められていない内容を強調した点も、韓国で問題視する声が上がっているという。

韓国文化財庁関係者は「北朝鮮との共同登録は難しいと判断し、これといった措置を取らなかった」と話している。

これについて伝えた韓国メディアは「韓国が手をこまぬいている間に北が奇襲登録」「北の登録にぼーっとしていた韓国」などと一様に悔しさをにじませる表現で報じており、ネットユーザーからも「これではテコンドーも北朝鮮が元祖だと外国人に思われてしまう」「韓国はやるべきことをせず、悪いことばかりで1番になる」「カネにならないから何もしなかったのか?」と懸念や批判の声が寄せられている。

しかし記事のコメント欄をみると、まったく正反対の意見も少なくない。「韓国ができないことを北朝鮮がやってくれたんだよ。よかった」「こんなことで北朝鮮と競争しなくてもいいのでは?遺産をきちんと保存することが大事」「まあ、北が登録しても僕らのものに違いないしね」「同じ民族なんだし、誰が登録したかなんて問題じゃないでしょ」といった声だ。

また、「誰かが登録してくれるならそれでいい。中国人や日本人でさえなければね」「中国や日本に奪われるよりはましだ」といった声も、多くの共感を得ていた。(翻訳・編集/吉金)

Record China 2017年11月1日 12時50分
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=195665

続きを読む

【中央日報】日本がユネスコの最大後援国であることを武器に、慰安婦記録物が登録されないよう全方向から圧力を加えた

1: 動物園φ ★ 2017/10/31(火) 10:02:35.37 ID:CAP_USER
10/31(火) 9:26配信
中央日報日本語版

世界慰安婦の日の14日、大田西区ボラメ公園に設置された平和の少女像の目に雨水が涙のようにたまっている。

韓国・中国など8カ国の市民団体が共同で進めてきた「旧日本軍慰安婦記録物」の「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録が結局、保留となった。慰安婦記録物の登録を阻止するために日本政府がユネスコに圧力を加え、結局、実現しなかった。ユネスコの国際諮問委員会(IAC=The International Advisory Committee)は30日(現地時間)、仏パリでの登録審査の末このように決定したと伝えた。

旧日本軍慰安婦記録物は日本の蛮行を告発する被害者の証言と治療記録、慰安婦運営の事実を証明する史料など2744点で構成されている。これに先立ち小委員会は人権侵害された被害者の勇気ある発言と真相究明を引き出したという点で「唯一かつ代替不可能な資料」と評価したが、日本政府の強い反発を受け、関係国間の対話が必要だという理由で登録の判断を保留した。

その間、日本はユネスコ予算の9.6%を分担金として支給する最大後援国であることを武器に、登録審査制度改革案を自国に有利に変更するなどユネスコにあらゆる方向から圧力を加えてきた。このため今後の見通しも明るくないという分析だ。ユネスコは日本政府の強い要求で改定された審査制度を来年から施行し、関係国間の歴史認識に隔たりがある場合は審査を保留すると明らかにしている。

一方、慰安婦記録物とは違い、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)後に朝鮮が日本に派遣した朝鮮通信使の記録物330余点と「朝鮮王室の御宝と御冊」「国債報償運動記録物」は登録が決定した。今回3件が新しく登録され、韓国の「世界の記憶」は16件に増えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000010-cnippou-kr

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト