脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

フィギュア

【韓国】人気は〝妖精の抱擁〟…キム・ヨナさんと浅田真央さんが互いの健闘をたたえ合う姿 韓日中写真展で1位

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/28(木) 15:03:30.62 ID:CAP_USER
2018年平昌冬季五輪・パラリンピックの成功を祈願し、5日からソウルで開催されている韓日中写真展で、2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、キム・ヨナさんと銀メダルの浅田真央さんが互いの健闘をたたえ合う姿を捉えた共同通信の「韓日フィギュアの妖精の抱擁」が最高の写真に選ばれた。

写真展は韓国の聯合ニュースと日本の共同通信、中国の国営新華社の共催。11月30日までソウルの大韓民国歴史博物館で開催されている。

9、10の両日に行われた展示中の写真に投票する「最高の写真を探せ」のイベントには計600人余りの来場客が参加し、投票で各社の写真の1位、2位が選ばれた。共同通信の「韓日フィギュアの妖精の抱擁」が215票を獲得し、3社の写真の中で最も人気が高かった。

会場には写真の展示コーナーのほか、平昌五輪のマスコット「スホラン」とパラリンピックのマスコット「バンダビ」の人形と写真が撮れるコーナーが設置され、アイスホッケーの体験イベントはともに多くの観覧客でにぎわっている。

http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=23729

no title

続きを読む

【韓国】「やっぱりキム・ヨナは偉大」「韓国人でよかった」=IOCがキム・ヨナの誕生日に掲載した映像が話題に

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/10(日) 18:40:59.83 ID:CAP_USER
2017年9月7日、国際オリンピック委員会(IOC)が公式SNSを通じて、韓国が誇る元フィギュアスケート選手のキム・ヨナに贈った「バースデープレゼント」が話題となっている。

5日、IOCの公式フェイスブックには同日誕生日を迎えたキム・ヨナを祝福するための映像が掲載された。映像には「フィギュアの女王」になるまでの道のりや業績、引退後も後輩のために多方面で活動するキム・ヨナの人生が描かれている。

「韓国の劣悪なフィギュアスケート環境を変えたいと主張し続けたキム・ヨナは地道な努力の末、国民的英雄として多くの人のお手本になった」と説明し、写真1枚1枚に字幕もついている。

また、五輪の公式インスタグラムにも、2014年のソチ冬季五輪に出場したキム・ヨナの写真と共に「誕生日おめでとう」の文章が掲載された。

IOCが公式SNSを通じてキム・ヨナに「バースデープレゼント」を贈ったのは今回が初めてではない。キム・ヨナが現役だった2013年のほか、引退後の昨年にもハングルでお祝いのメッセージを掲載して注目を集めた。

この映像に、韓国のネットユーザーからは「感動注意!」「やっぱりヨナは偉大な選手だ」「これまでの人生でキム・ヨナより美しいフィギュア選手を見たことがない」「誇らしい。キム・ヨナが韓国人でよかった」「キム・ヨナが引退後も国民に愛され続ける理由だ」「ところで、ソチ五輪の金メダルが“返還”されるのはいつ?」「ヨナの金メダルを奪った人たちが誕生日をお祝い?なんかしゃくに障る」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

http://www.recordchina.co.jp/b189993-s2-c50.html

https://youtu.be/MyUm5J3qRGE


続きを読む

【韓国・悲報】ν速民に好評だった「キム・ヨナ像」 撤去されてしまう

1: 名無しさん@涙目です。(茸)@無断転載は禁止 [EU] 2017/09/05(火) 11:37:02.59 ID:JWptt96q0 BE:643485443-PLT(15000) ポイント特典
2017年9月3日、韓国・オーマイニュースによると、韓国のインターネット上で不満の声が相次いでいた仁川国際空港の「キム・ヨナ像」についての論争が続いている。

韓国のインターネット上ではこのほど、仁川国際空港に設置された現役時代のキム・ヨナを連想させる銅像が物議を醸していた。衣装とポーズがバンクーバー五輪でのキム・ヨナのフリーの演技を思わせるこの銅像に対し、
ネットユーザーからは「顔が不細工」「全く似ていない」「外国人観光客にとって韓国の第一印象となる空港に設置するにはクオリティーが低過ぎる」などと不満の声が相次いでいた。
さらに、銅像がひび割れた氷の上に立っている点についても「一体何を意味しているのか」「不適切だ」と指摘する声が出ていた。

仁川国際空港にはキム・ヨナを連想させる銅像以外にも、アイスホッケーやスピードスケートの選手、2018年平昌五輪のマスコットキャラクターの銅像が設置された。これらの銅像を制作するのに約1億ウォン(約970万円)が投入されたという。

これに関し、仁川空港公社は「江原道から平昌五輪をPRする銅像を設置してほしいと要請があった。銅像は五輪が終わるまで展示する予定」と明らかにした。
また、江原道関係者は「五輪の種目をPRするためのものだが、キム・ヨナ選手をモデルにしたのではない」と説明した。
ところが、現在はキム・ヨナを連想させる銅像だけが撤去された状態になっているという。仁川空港公社のPR担当者は「私たちは場所を提供したのみ。
平昌五輪組織委員会と江原道が排他的な使用権を持っているため銅像の設置や撤去については何も知らない」と述べた。

江原道関係者は「問題が大きくなったため銅像の制作会社が撤去を決定した。別の銅像を設置するかどうかは協議中だ」としつつ「江原道は追加費用を支払う考えはない」 と強調した。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13566164/
参考
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1503138538/
no title

no title

続きを読む

【韓国】平昌五輪を意識して造られたキム・ヨナの銅像が酷過ぎると話題に

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/02(土) 17:56:07.27 ID:CAP_USER
現役引退を発表した元フィギュアスケート選手の浅田真央が監修するオフィシャル写真集『浅田真央 希望の軌跡~ホープのきせき~』が、8月12日に発売された。ここ一番の大舞台で得意技を決めた決定的瞬間など、これまでの活躍を150点以上の写真で振り返ることのできる写真集だ。

「この夏は、引退表明後に初のアイスショーへ出演もしています。平昌五輪を目指していたころよりも、若干ふっくらした感じで、女性的な丸みを増した現在の体型にはセクシー写真集のオファーが来ているというような報道もありました」(主催関係者)

そして、この写真集とほぼ同時期に公開されたのが、ライバルだったキム・ヨナの銅像だ。8月16日に韓国の仁川国際空港へ設置されたのだが、こちらは不評を買っている。

「金メダルを獲得したバンクーバー五輪のときの衣装とポーズがモチーフにされています。しかし、実際に銅像を見たファンや外国人観光客は『顔も体型も全く似ていない』、『少しもキム・ヨナを連想できない』といったような感想を述べていました」(特派記者)

キム・ヨナの銅像が造られたのはこれが初めてではない。京畿道軍浦市(キョンギドクンポ市)にも設置されているが、こちらもやはり「全く似ていない」と不評だという。

建造費は約5000万円

この軍浦市の銅像は5億2000万ウォン(約5000万円)の税金が投入されて建造された。製造過程でやり直しが出たため高額になったそうだが、今回の仁川国際空港に新設された銅像は、来年2月の平昌冬季五輪で韓国を訪れる外国人観光客を意識したものであり、ほぼ同額の制作費が投入されているという。

韓国のファンはインターネット上に《キム・ヨナがかわいそう》とまで投稿していた。

「銅像公開の前、キム・ヨナはファッション系ブランド会社の広告写真を公開しています。その艶やかな美しさが話題になり、銅像とのギャップが激し過ぎたせいもあるようです」(同・記者)

キム・ヨナは仁川空港の銅像についてコメントしていない。どう思っているのか聞いてみたいところだが…。

https://myjitsu.jp/archives/30156

続きを読む

【韓国】韓国のフィギュア界、キム・ヨナに続く“新星”の誕生を期待し、スター選手の発掘に躍起

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/01(金) 10:18:49.49 ID:CAP_USER
平昌五輪の開幕が間近に迫る中、女子フィギュアスケートが話題だ。

本田真凛や三原舞依といった注目選手の中で、浅田真央の後を継ぐのは誰か、平昌五輪行きの切符を手にするのは誰なのかと、代表候補たちの熾烈な戦いに関心が集まっているが、お隣・韓国も同じような状況に立っている。

現在、韓国のフィギュア界は、キム・ヨナに続く“新星”の誕生を期待し、スター選手の発掘に躍起になっているのである。

「ライバルではなく親友として」

そんな中で、ひときわ注目を浴びている選手がいる。16歳のキム・ナヒョンがその人だ。

no title

(写真提供=SPORTS KOREA)キム・ナヒョン

キム・ヨナに憧れて2007年にフィギュアを始めた遅咲きの“キム・ヨナキッズ”は、ジュニア時代には目立った成績を上げられていなかったものの、最近は実績を重ね、有望株の一人として関心が寄せられている。

例えば昨年のロンバルディ杯2016では、韓国女子フィギュア史上3番目に高い177.27点を記録し、銀メダルを獲得。

また、今年1月の第71回全国男女フィギュアスケーティング総合選手権大会では3位に入賞している。

とりわけ注目されているのは、彼女ともう一人の“キム・ヨナキッズ”との熱い“友情物語”だ。

上述した今年1月の総合選手権大会で3位に入賞したことで、キム・ナヒョンは4月の「2017国際スケート連盟(ISU)世界選手権大会」への出場権を獲得していた。この世界選手権は、韓国代表の平昌五輪行きのチケットをかけた大事な大会だった。

しかし、彼女は足首のケガにより出場が困難になってしまった。

自力での五輪切符の獲得を断念することになり、彼女は世界選手権出場権を、総合選手権で4位に入っていたチェ・ダビンに譲ったのだった。

チェ・ダビンは、キム・ナヒョンと同じくキム・ヨナに憧れてスケートを始めた有望選手であり、二人は小学校5年生のころから競い合ってきた“戦友”だ。

それだけに、キム・ナヒョンには世界選手権の出場権を譲ることに複雑な感情もあっただろうが、彼女は「ライバルではなく、親友としてダビンを応援したい」と快く送り出し、大会当日には直接応援のメールまで送ったのだという。

結果、チェ・ダビンは世界選手権で10位に入賞。平昌五輪行きのチケットを2枚も勝ち取ってきたのだった。キム・ナヒョンはこの成果を、「本当にすごい」と手放しで喜んだ。

「二人で平昌に行きたい」

世界選手権を終えた後、二人はお互いに対して、次のように話し合っている。

「平昌五輪では、一緒に良い姿を見せられるように頑張りたい」(チェ・ダビン)

「代表選抜戦で一緒に良い成績を残して、二人で平昌に行きたい」(キム・ナヒョン)

平昌五輪の韓国代表選抜戦は、来年1月まで3次に渡って続けられる。キム・ナヒョンから思いを託され、チェ・ダビンが獲得してきた五輪出場枠は2つだ。

戦友であり、ライバルであり、そして親友である二人の“キム・ヨナキッズ”が、平昌のリンクでともに世界と戦う姿は見られるだろうか。

(文=李 仁守)

http://s-korea.jp/archives/19723

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト