脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

フィギュア

【韓国】「羽生結弦が韓国語で挨拶する」フィギュア選手キム・ジンソとは何者!?

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/22(火) 17:03:29.39 ID:CAP_USER
no title

(写真提供=SPORTS KOREA)

平昌五輪を間近に控え、五輪連覇を狙う羽生結弦に注目が集まっているが、お隣・韓国に、羽生をはじめとした日本人選手たちと親交の深い選手がいることを知っているだろうか。

キム・ジンソがその人だ。

現在20歳の彼は、韓国で五輪代表候補の筆頭に挙げられる有望株で、2015年には国際スケート大会「アイススター」で優勝するなど数々の実績を残している。

また、「ISUフィギュアスケート世界選手権2014」ではショートプログラムとフリーの合計202.80点を記録。韓国の男子フィギュア選手として初めて200点を突破する快挙を達成している。

宇野昌磨との関係

注目すべきは、日本人選手との交友関係の広さだ。

例えば宇野昌磨、田中刑事とは親しい間柄であると韓国メディアが伝えている。

また、今年2月に札幌で開かれた冬季アジア大会の際には、こんなこともあった。

2月26日のフリーの演技の際、キム・ジンソは衣装を忘れてしまい、結局、衣装はフリーが始まる5分前に届いた。

慌ただしい状況の中、キム・ジンソは無良崇人に「大丈夫。落ち着いて」と声をかけられ心を落ち着かせたのだという。

その後のフリーでキム・ジンソは、トリプルアクセルなどをしっかり決め、7位に入る健闘を見せた。

羽生が韓国語で挨拶

こうした日本人選手との交流があるのは、彼が日本で練習を行っているからだ。

キム・ジンソは無良崇人の父である隆志コーチに師事しており、2016年には岡山県で10カ月間練習を行っている。

日本のトップ選手たちとともに練習を行い、無良隆志コーチの指導で4回転ジャンプも習得したのだという。現在は日本語も堪能だ。

キム・ジンソは、「選手たちを見ながらたくさんのことを学びました。また、無良崇人選手の練習も見て、すごく力になりました」と語っている。

快活な性格ですぐに人と打ち解けられるというキム・ジンソは、羽生結弦とも交流があるらしく、韓国メディアに対し、羽生結弦とこんな会話を交わしたと明かしている。

「羽生選手は国際大会の場でたくさん会うんですが、韓国語で“オレンマニムニダ”(お久しぶりです)と挨拶してくれます」

韓国語での挨拶とは、礼儀正しいことで知られる羽生らしいエピソードだと言えるかもしれない。

このようなキム・ジンソと日本人選手との交流は、日本と韓国の関係をより近づけてくれるものだと言える。

それだけに、今後もこうした関係が続いていくことを願わずにはいられない。

キム・ジンソの平昌五輪出場は未定だが、いずれにせよ、大会中に日本人選手と顔を合わせる機会ぐらいはあるだろう。

そのときにどんな会話が交わされるのか、今から楽しみだ。

(文=李 仁守)

http://s-korea.jp/archives/19373

続きを読む

【韓国】羽生結弦との日韓対決はなるか…平昌五輪出場権を背負う「韓国男子フィギュアの看板」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/21(月) 20:13:16.77 ID:CAP_USER
no title

(写真提供=SPORTS KOREA)

平昌五輪が間近に迫っている中、とりわけフィギュアスケート代表選手たちに関心が集まっている。

とりわけ男子シングル66年ぶりの五輪連覇を狙う絶対王者・羽生結弦への期待度は高いが、お隣・韓国でも、一人の選手が話題をさらっている。

イ・ジュンヒョンがその人だ。

「韓国男子フィギュアの看板」

現在、羽生結弦との“日韓対決”が実現するかどうかは、彼のスケートにゆだねられている状況にある。

というのも、韓国は、五輪開催国であるにもかかわらず男子フィギュアの出場権を獲得できていないのだ。

9月にドイツで開かれる「ネーベルホルン杯」が平昌へのチケットを手にする最後のチャンスとなっており、大会にただ一人出場するイ・ジュンヒョンの成績ですべてが決まる状況なのだ。

それだけに気になるのはその実力だろうが、「韓国男子フィギュアの看板」とも呼ばれる彼の実績は華々しい。

例えば2014年8月には韓国男子選手としては初めて国際スケート競技連盟(ISU)ジュニアグランプリ大会で優勝。ISU主催の国際大会で優勝したのは韓国男子選手として史上初のことだった。

翌2015年にはジュニアグランプリファイナルにも韓国男子選手として唯一進出しており、「韓国フィギュアスケートをリードする有望株」(『SBS』)として一気に台頭した。

「歩くだけでも痛かった」

ただ、彼はその年の夏、思いもよらない試練を受けている。

車で移動中に衝突事故を起こされてしまったのだ。

幸い、大事には至らなかったものの、彼はこの事故によってヘルニアを患ってしまった。

痛みはどんどん増していったといい、最悪のときは「練習していて痛いというレベルではなく、歩くだけでも痛かった」のだという。

それでも彼は痛みを押してスケートを続け、地道な治療とリハビリの結果、今はほとんど痛みがない程度に回復しているそうだ。

そんな苦難を乗り越え、彼は今年7月、「2018平昌冬季五輪代表選手1次選抜戦」で1位に勝ち上がり、平昌へのチケットをかけた「ネーベルホルン杯」の出場権を獲得したのであった。

”羽生結弦似”の選手と争えるか

「ネーベルホルン杯」出場が決まった直後は、「(平昌五輪の)チケットを取ってこられなかったらどうしようと不安になることが多かった」と話すが、現在の意気込みは十分だ。彼はこう語っている。

「最近は、大きなミスさえしなければ出場権を得られると言い聞かせて練習に臨んでいます」

「ネーベルホルン杯まで残り1月ですが、4回転ジャンプに挑戦することよりも、成功率が高い安全な演技で五輪出場オ件を必ず勝ち取ってみせます」

その強い意気込み通り、五輪出場権を獲得すれば、あとは今年12月と来年1月に行われる2次、3次代表で勝ち上がるだけ。「羽生結弦に似ている」と言われるチャ・ジュンファンと五輪出場権をかけて争う姿も、ぜひ見たいものだ。

果たして、平昌五輪で羽生結弦との“日韓対決”は実現するのか。イ・ジュンヒョンの動向から、今後も目が離せない。

(文=李 仁守)

http://s-korea.jp/archives/19218

続きを読む

【キムヨナの再来か】韓国のフィギュア・アジア女王が逆境乗り越えV、平昌五輪出場選抜の一次予選制す

1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/07/30(日) 17:34:58.70 ID:y9gNI1RP0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
2月の札幌冬季アジア大会のフィギュアスケート女子で韓国人初の金メダルに輝いた崔多彬(チェ・ダビン)が2018年平昌冬季五輪韓国代表の第1次選抜大会を制した。
前日のショートプログラム(SP)で63.04点だった崔はこの日、118.75点をマークし合計181.79点で優勝した。アジア大会優勝に続き、4月の世界選手権で10位に入った17歳は、
韓国女子の五輪出場枠2人の確保にも貢献したが
、6月に母をがんで亡くす悲劇に見舞われた。思うような練習ができなかったものの五輪シーズンのスタートを優勝で飾った=ソウル(聯合ニュース)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000023-yonh-spo

続きを読む

【韓国】「浅田真央引退」報道で「キム・ヨナ第一主義」にすり替え 過剰なスポーツ・ナショナリズム…反日の「恨み」が根底!?

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/04/29(土) 23:21:09.59 ID:CAP_USER
 フィギュアスケート女子の浅田真央(26)が4月10日に現役引退を表明したことは、韓国メディアも衝撃を持って大々的に報じられた。

 しかし、取り上げ方は偉大なアスリートが一時代を終えた惜別を込めるセンチメンタルなものというよりも、2014年ソチ五輪限りで引退した後も韓国で依然として絶大な人気を誇る浅田のライバル、キム・ヨナにスポットライトを当てて比較し、再評価するものばかり。それはまるで韓国の方が優れていることを強調することで、日本への「恨み」を晴らすかのようにみえる。

 浅田真央が今月10日、自らのブログで引退を表明。すると、韓国メディアは「電撃引退」としつつも、「ヨナの陰に隠れたナンバー2、平昌五輪の夢破れる」(朝鮮日報)、「浅田のフィギュア人生はキム・ヨナの壁に詰まって終了」(中央日報)、「浅田はいつもキム・ヨナの影に留まった」(YTN)、「キム・ヨナ超えず引退」(KBS)、「キム・ヨナは“良い刺激”」(SBS)など、どれも型で押したようにキム・ヨナが絡んでいた。

 主役は浅田であり、キム・ヨナはすでに3年前の2014年ソチ五輪を最後に現役生活を別れを告げている。

 浅田とキム・ヨナはともに1990年9月生まれ(浅田は25日、キム・ヨナは5日)。ライバル関係を運命付けられたように、2人はジュニア時代から切磋琢磨してきた。世界最大規模のスポーツイベント、五輪で報道合戦は過熱していった。結果的にキム・ヨナは2010年バンクーバー五輪で金メダル、14年ソチ五輪で銀メダルを獲得。浅田は銀、6位と金メダルに届かなかった。ちなみに浅田は世界選手権を3度制している。

 韓国メディアは2人の現役時代の成績をジュニア時代から振り返りながら、ジュニア時代は浅田が成績的に勝っていたが、シニアに入ってキム・ヨナが優れていたことを強調。

 朝鮮日報はバンクーバー五輪でキム・ヨナが銀だった浅田に「23.06点という大差」を付けて金メダルを獲得したことで「『ナンバー2』になった浅田」「2人の差はバンクーバー五輪を基点にさらに大きくなった」と表現。4年後のソチ五輪でもキム・ヨナに挑んだものの、「キム・ヨナが銀メダルと善戦したのに対し、浅田はミスを連発して6位に終わった」と報じた。

 中央日報に至っては、浅田の代名詞と言ってもいい「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)」を捉えて「キム・ヨナに勝つためにこだわった」とし、年齢を重ねるごとに「ジャンプの高さが低く、滞空時間が短く成功率は落ちた。それでも意思を曲げなかった。結局、浅田はキム・ヨナに逆転された」と書いた。そして07~08年シーズンまで4勝3敗で浅田がリードしたが、その後の9回の直接対戦で「キム・ヨナが7勝2敗、絶対優位になった」と伝えた。

 もう誰が主役なのか分からない。4月12日に行われた引退会見で、浅田はキム・ヨナの存在を聞かれて、こう応じている。「お互いにいい刺激を与えながら、もらいながらスケート界を盛り上げてきたんじゃないかなと思う」。すると、韓国メディアはこの部分をクローズアップして報じていた。

 韓国メディアの報道を見ると、浅田とキム・ヨナの比較によって韓国側がいかに優れ、日本に勝っているという優位性を前面に打ち出し、自尊心を満足させているとしか思えない。それは日本を打ち負かしたい、日本と戦って勝ちたいという過剰なスポーツ・ナショナリズムが垣間見える。

 韓国のネットユーザーもキム・ヨナと同時代に競技した浅田の不運を残念がり、キム・ヨナとの実力差は「一目瞭然だった」とか「実力不足」などのコメントが寄せられていた。

http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20170429/spo1704291000003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20170429/spo1704291000003-n2.htm

no title

2010年バンクーバー五輪のフィギュアスケート女子で優勝した韓国のキム・ヨナ(右)と、目に涙を浮かべ銀メダルを掲げる浅田真央(共同)

続きを読む

【韓国】 女子フィギュア、メドベージェワが歴代最高得点。キム・ヨナの記録は4位へ…技術発展ではなく採点インフレのせい?

1: LingLing ★@無断転載は禁止 2017/04/24(月) 22:56:59.11 ID:CAP_USER
■「241点」女子フィギュア歴代最高点、技術発展でなく採点インフレのせい?

[ソウル新聞]
エフゲニア・メドベージェワ(18・ロシア)が女子フィギュアスケートの歴代最高得点であるトータル241.31点を記録した。彼女はショートプログラムとフリースケーティング共に、それぞれ80.85点と160.46点を得て歴代最高得点を記録し、女子フィギュアの現役最強者であることを再確認した。

メドベージェワは22日、日本東京・代々木国立競技場の特設アイスリンクで開かれた2016~17シーズン国際スケート連盟(ISU)フィギュアスケート「ワールドチームトロフィー」の女子シングルフリースケーティングで、技術点(TES)82.40点、芸術点(PCS)78.06点を合わせ、160.46点を記録した。

20日に開かれたショートプログラムで80.85点だったメドベージェワは、トータル241.31点を記録して、女子シングル出場者12選手のうち1位になった。

メドベージェワは今大会で女子フィギュアのすべての記録を塗り替えた。ひとたび合計得点で、去る1日の2016~17シーズンISUフィギュアスケート世界選手権大会で優勝して出した233.41点をなんと7.9点も更新した。

ショートプログラムでは、2016~17シーズンのグランプリファイナルで出した自身の記録79.21点を1.64点飛び越え、フリースケーティングでも世界選手権で自身が記録した154.40点を6.06点引き上げた。

ワールドチームトロフィー大会は、国家対抗戦のため選手個人別の順位争いではないが、今回のスコアはISU公認記録として認められる。

メドベージェワは今年に入って実に三回も記録を更新して世界を驚かせた。

キム・ヨナ(27)がバンクーバー冬季オリンピックで金メダルを首にかけて出した世界記録である228.56点は、いつの間にか歴代4位の記録へ押し出された。

これについて氷上界からは「フィギュアの技術が大きく発展していないのに、採点方式の変化により、点数を随分ばらまいてるのではないか」という指摘も出ている。

ハン・ジェヒ記者

http://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=081&aid=0002815670

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト