脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

フィギュア

中日スポ「可愛すぎるとネットで人気の韓国イム・ウンス」 ネット「どこのネットだよそれは」

1: アクチノポリスポラ(茸) [US] 2020/02/09(日) 12:02:39.17 ID:u6p4CYam0● BE:886559449-PLT(22000)
sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
可愛すぎる”とネットで人気の韓国イム・ウンスは8位「失敗を糧に来季へ」泣きそうな顔で前を向く


 ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17)=関大KFSC=がフリーでも1位の151・16点をマークし、合計232・34点で男女を通じ大会初の2連覇を果たした。
SP5位の樋口新葉(19)=明大=は207・46点で4位、SP4位の坂本花織(19)=シスメックス=は202・79点で5位。
15歳でSP3位の劉永(ユ・ヨン、韓国)が自己ベストを更新する223・23点で2位、ブレイディ・テネル(米国)が222・97点で3位に入った。

 昨季のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯で3位に入り、韓国女子として金妍児以来となるGPでのメダルを獲得した16歳の林恩讐
(イム・ウンス、韓国)は、ジャンプでの転倒が響いて得点が伸びず、合計200・59点で、SP6位から総合8位に沈んだ。

 演技後、まったく笑顔がなく、能面のようなこわばった表情を崩さなかった。泣きそうな顔で報道陣の前に立った林恩讐は「今季最後の試合で残念にもジャンプでミスを出してしまった。
今回は残念な結果に終わったので、この失敗を糧にして来季に向けて練習して準備するだけ」と、悔しさいっぱいだった。

 日本でもキュートなルックスからツイッターで「イムウンス」がトレンド入りするなど人気沸騰中。
この日も「おでこがかわいい」「氷上の妖精みたい」「綺麗すぎて惚れる」などのツイートが続いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00010060-chuspo-spo
no title


コメント
・ネットで人気?どこのネット??
・大抵、「可愛すぎる」って書かれるひとは、可愛すぎなくても、少しは可愛かったりするけど、この人は可愛くもないわ。
・中日スポーツさんですか?
中日新聞は韓国を持ち上げる記事が多くて、安倍さんを酷評する社説が多いけど、スポーツさんも親会社を忖度してますなあ~。
無理に可愛すぎるなんて書かなくてもと思いますよ。

続きを読む

【韓国・フィギュアスケート女子シングルの顔】フィギュアのユ・ヨン、4大陸大会で銀メダル…キム・ヨナ(30)以来11年ぶり

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/02/09(日) 00:39:02.98 ID:CAP_USER
no title


韓国のフィギュアスケート女子シングルの「顔」として台頭したユ・ヨン(16、果川中学)が、国際スケート連盟(ISU)4大陸フィギュアスケート選手権大会のメダリストになった。韓国選手としてはキム・ヨナ(30)に続き2人目の快挙。

 ユ・ヨンは8日、ソウル市陽川区木洞の屋内アイスリンクで開かれた同大会の女子シングル・フリースケーティングで技術点(TES)79.94、技術構成点(PCS)69.74、計149.68をマークした。

 2日前のショートプログラムで73.55を獲得していたユ・ヨンは合計223.23となり、2位に上った。

 韓国選手が4大陸フィギュアスケート選手権大会でメダルを取るのは、2009年のバンクーバー大会でキム・ヨナが金メダルを取って以来11年ぶりで、歴代2度目。

 キム・ヨナを見て夢を育んだ代表的な「ヨナ・キッズ」の一人であるユ・ヨンは、お茶の間からアイドルの後を継ぐまでになった。

 この日ユ・ヨンが取った149.68という点数は、昨年9月のUSインターナショナルでの141.25をはるかに上回るもので、自身のISU公認最高点になる。合計点でも、217.49だった従来の記録を軽々と書き換えた。

 金メダルは日本の紀平梨花(232.34)がつかんだ。ショートプログラムで圧倒的な技量を見せつけて1位になった紀平は、大きなミスもなく1位を守った。米国のブレイディ・テネルは222.97で、ユ・ヨンに続いた。

クォン・ヒョクチン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/08/2020020880042.html
NEWSIS/朝鮮日報日本語版 2020/02/08 23:27

続きを読む

【フィギュア】 1年ぶりのキム・ヨナの演技、韓国ネットがちょっとがっかりした理由

1: 蚯蚓φ ★ 2019/06/08(土) 00:40:46.42 ID:CAP_USER
no title


2019年6月7日、韓国・イーデイリーによると、フィギュアスケートの元五輪女王のキム・ヨナが1年ぶりに演技を披露した。

記事によると、キム・ヨナは6日、ソウル・オリンピック公園KSPOドームで開かれたアイスショーに出演した。2014年のソチ五輪後に引退を発表したキム・ヨナは、昨年アイスショーに特別出演者として参加し、4年ぶりに演技を披露。今年はレギュラー出演者として、オープニングやエンディングなどプログラム全体に参加した。

キム・ヨナはショーの後の記者会見で「いざリンクに立つと緊張した。観客の大きな応援のおかげで無事ショーを終えることができた」と感想を語った。また、今回のショーでキム・ヨナはジャンプなど難度の高い技には挑戦しなかった。その理由については「とても悩んだが、空白期間が長かった上、プログラムの完成度に大きな影響は与えないと判断して諦めた」と話したという。

キム・ヨナの久しぶりの演技に、韓国のネットユーザーからは「ジャンプがなくても十分素晴らしかった」「優雅できれいでかっこいい。映像を見ただけでも幸せな気分になれたよ」「正式の競技じゃないんだからジャンプは跳ばなくていい。膝をけがしたらどうする?」「彼女がリンクに再び立っているということだけで感動」など絶賛の声が上がっている。

一方で「ジャンプのないフィギュアはフィギュアと言えない。ちょっとがっかり」「ジャンプがないと感動できないし、完成度も半分になる。過去のアイスショーでジャンプを跳ばなかった選手なんている?」「正直、あまり練習をしなかったのでは?」など、落胆した様子のユーザーも見られた。
(翻訳・編集/堂本)

ソース:レコードチャイナ<1年ぶりのキム・ヨナの演技、韓国ネットがちょっとがっかりした理由>
https://www.recordchina.co.jp/b719151-s0-c50-d0058.html

続きを読む

【フィギュア】韓国選手、ライバルから故意に負傷させられたとISUに申し立て 世界フィギュア

1: Boo ★ 2019/03/21(木) 18:52:41.87 ID:CAP_USER
韓国選手、ライバルから故意に負傷させられたとISUに申し立て 世界フィギュア

【AFP=時事】国際スケート連盟(ISU)は21日、開催中のフィギュアスケート世界選手権(ISU World Figure Skating Championships 2019)の練習中に、米国のマライア・ベル(Mariah Bell)がライバル選手である韓国の林恩讐(Eun-soo Lim、イム・ウンス)を意図的に負傷させたという申し立ての調査に乗り出すことが決まった。

 大韓スケート連盟(KSU)はAFPに対し、20日に行われたショートプログラム(SP)のウオーミングアップ中にベルが林を蹴り、その結果として脚に切り傷ができたと林のマネジメント会社が主張している出来事について、正式に異議の申し立てを行ったと同日に話した。

 KSUは、ISUがどのような措置をとるかについての臆測を拒否したものの、ベルの衝突が意図的だったかを「証明するのは難しい」と認めた。

 これが初の世界選手権出場となった16歳の林は応急処置を受けてSPに臨むと、パーソナルベストとなる72.91点を記録し、ベルより一つ順位の高い5位につけた。

 22歳のベルに対する批判が韓国のSNS上で相次ぐ中、ISUのメディア担当者であるセリーナ・ヴァニエ(Selina Vanier)氏は、この申し立てについて話し合うための会合を21日に開く予定だと明かした。

 全米フィギュアスケート協会(USFSA)からのコメントは得られていない。

 マネジメント会社は、林が他の選手から離れた壁の近くで滑る中、その背後から衝突されたと主張しており、ベルの行為は意図的なものだったと確信する理由があるとコメントした。

 林とベルはともにロシアのラファエル・アルチュニャン(Rafael Arutyunyan)コーチに師事しており、韓国メディアによれば、ベルは今回の世界選手権に出場するまで「数か月にわたって林をいじめていた」とマネジメント会社は主張しているという。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000031-jij_afp-spo

続きを読む

【韓国】「キム・ヨナのようなダイヤモンドになるだろう」韓国紙が車俊煥を絶賛/フィギュア

1: 動物園φ ★ 2018/12/11(火) 00:04:54.28 ID:CAP_USER
男子フリーで演技する車俊煥=バンクーバー(共同)【拡大】

 韓国紙の中央日報電子版は10日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの男子で自己ベストの合計263・49点を出して3位に入った初出場の車俊煥(17)について、「厳しい環境でも車俊煥は驚くほどよく成長した」と絶賛した。

 車は五輪連覇の羽生結弦(24)=ANA=と同じブライアン・オーサー・コーチに師事し、ショートプログラム(SP)では4位だったが、フリーでは冒頭の4回転トーループで転倒して回転不足を取られた以外は手堅くまとめ、表彰台に食い込んだ。

 同紙によると、GPファイナルの男子で韓国勢初のメダルを手にした車について、オーサー氏は「韓国はキム・ヨナという特別なダイヤモンドを一度作った。ジュン(車俊煥)が2番目のダイヤモンドになるだろう」と語ったという。オーサー氏はかつて、バンクーバー五輪女子金メダルのキム・ヨナさん(28)を指導していた。

 2022年北京五輪に向け、同紙は「4年後には21歳だ。男子フィギュア選手としては最高の技量を誇ることができる歳だ」と期待を寄せた。 

https://www.sanspo.com/sports/news/20181210/fgr18121016250017-n1.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト