脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ヒュンダイ

【韓国】ドイツ検察、韓国の現代自動車を捜査

1: Ikh ★ 2022/06/29(水) 20:28:00.16 ID:CAP_USER
 【ベルリン共同】ドイツメディアは29日、地元当局が韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車のドイツなどにある施設を捜索したと報じた。有害物質の排出量を少なく見せかける装置を21万台以上のディーゼル車に搭載した疑いがあるという。

共同通信社 2022/6/29 20:10 (JST)
https://nordot.app/914835869566140416?c=39546741839462401

続きを読む

日本で本格始動の韓国現代自動車、先月の販売台数は約10台と振るわず=韓国ネット「日本は韓国車を車とは思ってないよ」

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/06/28(火) 16:08:47.75 ID:CAP_USER
2022年6月25日、韓国・イーデイリーは「IONIQ5、日本での販売は約10台…中長期を狙え」と題する記事を掲載した。

韓国の現代(ヒュンダイ)自動車は5月から、日本で本格的に新型BEV(バッテリー電気自動車)「IONIQ5」とFCEV(燃料電池車)「NEXO」のネット販売を始めた。同社は13年前にも、俳優ペ・ヨンジュンを広報大使に起用し「ソナタ」「グレンジャー」などで日本進出を果たしたが、「惨敗」している。今回は、その失敗を繰り返すまいと徹底的な準備をした上での再進出で、記事は「進出のタイミングは最良、販売車種の選択も申し分ない」と評している。狭く複雑な日本の道路事情を考慮し中型以上の車種は避け、「日本人は内燃機関車に関して韓国の技術を下に見ている」ことから、未来カーを選定したと説明。ネット販売でコストを最小限に抑えたのも適切な計画だとしている。

しかし、先月の販売台数は約10台と振るわず、失望の声も上がっているという。ただ、記事は「さほど心配することはない」とし、「グローバル市場では在庫がなくて手に入らないというほど人気のIONIQ5が、日本でも専門家から高く評価されているにもかかわらず売れないのは、日本の消費者が嫌韓を意識しているため」だと指摘している。また「日本の市場は排他的で、今でも輸入車シェアは約5%にとどまっている上、嫌韓感情や日韓関係の悪化もあり、周りの目を気にして韓国車を購入できないのだ」と説明している。

しかし、今後は日韓首脳会談の開催などで日韓関係も改善するだろうとの認識が広がっており、若者を中心に韓流が大人気となっていることから、「今回の進出が、韓国車の優秀さを広め、肯定的な見方を拡大できる好機になる」「1~2年以内に販売率急増というポジティブな結果を導出できる」「難攻不落の日本市場を確実に開拓する契機になる」と「確信している」と記事は強調。「韓国の電気自動車技術は間違いなく世界最高水準であり、隣国の巨大市場を放っておくことは、プライドの問題にかかわる」ともしている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「プッ(笑)」「その10台は試乗用の車両じゃないの?」「韓流ドラマに現代自の車を提供すれば、ドラマファンが買うんじゃない?(笑)」「日本はガラパゴスのまま決して変わらないと思う」「トヨタを無視して現代自の車を買うわけない」「日本は韓国車を車とは思ってないよ」「韓国における中国車と同じでしょ」「日本は電気自動車自体を否定的に見てるから、充電スタンドもあまり普及していない。だから売れないんだよ」「進歩とは何かも知らない人たちに新技術の電気自動車なんて売らなくていい。技術流出しちゃうよ」「安全性の問題があるから、今すぐ電気自動車が主流にはなれないでしょ。爆発事故でも起きれば、救急車が到着する前にあの世生きだ」など、「日本では売れない」とのコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)

https://www.recordchina.co.jp/b896708-s39-c20-d0195.html

続きを読む

【車】 日本での販売台数が約10台のEV「アイオニック5」、日本は中・長期戦で=韓国キム・ピルス教授コラム

1: 荒波φ ★ 2022/06/26(日) 13:38:37.12 ID:CAP_USER
現代自動車は5月から日本で、電気自動車(EV)「アイオニック5」と、燃料電池車「ネッソ」のオンライン販売を本格的に開始した。

時期的要因や技術的な完成度も考慮すれば、もっとも良いタイミングだといえる。

まずは狭くて複雑な日本の道路事情を考慮し、「ソナタ」など中型以上の車は販売していない。

試乗とサービスの店舗のみを日本に置き、他はオンライン販売を行って費用を最小化したのも良い企画だ。日本がもっとも遅れているEVを販売し、ある程度普及しているEVスタンドと水素ステーションのインフラを考慮した部分も評価できる。

しかし販売開始から2か月が過ぎた時点での実績は、それほど良くはなかった。販売台数は10台ほど。

背景には嫌韓による否定的な視点を、日本の消費者が警戒する点にある。また日本市場は輸入車に対する排他的な雰囲気が大きく、現在も輸入車の市場シェアは5%程度となる。

日韓関係が冷え切った状況で韓国車を購入するには、周囲からの視線は恐れに値する。

しかし遠からず日韓の首脳が面会し、関係が改善するという認識が膨らんでいる。若者を中心に韓流が非常に人気を得ており、表面と中身が異なる様相もみられる。

おそらく1~2年以内には販売急増という、前向きな結果が出ると確信できる。日本市場はもっとも排他的だが、500万台超の重要な市場でもある。

これほど大きな市場を放っておくのは自尊心に関わり、さらに韓国が日本から得た技術を逆に輸出する機会にもなる。現在、韓国のEV技術は、明らかに世界最高水準なのだから。


2022/06/26 11:56配信
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0626/10353529.html

続きを読む

【韓国】 現代自動車が日本で目に見える成果を挙げるのは難しい?=韓国ネット 「絶対売れない」

1: 荒波φ ★ 2022/06/21(火) 14:44:24.85 ID:CAP_USER
※マネートゥデイの元記事(韓国語)
「日消費者、安い軽自動車を好む」というのに…。現代の「アイオニック5」
https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2022062013224323342&type=1

2022年6月20日、韓国・マネートゥデイは「現代(ヒュンダイ)自動車が先月、日本で電気SUV『IONIQ5』を発売したが、当面、目に見えた成果を得るのは難しそうだ」と伝えた。

記事は「輸入車の墓場と呼ばれる日本市場を攻略するには、軽自動車が有利だ」と伝えている。韓国自動車研究院によると、

昨年、日本で販売された新車は37.2%が軽自動車だった。乗用車販売の60.6%が軽自動車・小型車で、大型SUVやセダンは販売数が少ない。

記事は

「日本は道路幅や車庫証明制度などの事情から、消費者は中・大型車よりも軽自動車を好む」
「グローバル人気モデルが日本市場で成功すること、逆に日本国内人気モデルが世界の主要市場で売れることがめったにないのは、そのせいだ」
「日本の自動車市場は自国ブランドの販売比率が(昨年基準)93.4%に達しており、輸入車の墓場と認識されている」

などと説明。

その上で「現代自は『IONIQ5』と『NEXO』で13年ぶりに日本再上陸を果たしたが、こうしたことから準中型SUVやセダンという大型の車種では、日本市場の攻略は難しいのではという懸念の声が上がっている」としている。

また、記事は「価格もネック」だとしている。韓国自動車研究院によると、日本の消費者の70.5%が自動車購入時には価格を重視するとの調査結果があり、日産「サクラ」や三菱「ekクロス EV」などの軽電気自動車は価格が抑えられているという。

一方、「IONIQ5」はスタンダードなもので479万円となっている。日本ブランドの同クラスモデルに比べると価格は低めだが、軽自動車中心の日本市場では高額に感じられる部類だとしている。

記事は「(日本では)高い電気自動車は売れないということ」だとし、「業界でも、独自の規格がある日本市場をすぐに攻略するのは難しいと見ている」と伝えている。

日本で昨年販売された電気自動車は2万1139台で、全自動車販売数の1%にとどまっており、人口が日本の半分ほどの韓国(10万681台)より少ないという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「絶対に売れないと思う」という声が殺到しており、

「(販売数は)100台以下と予想。それも在日韓国人の金持ちに頼み込んで」
「法人向けやレンタカーを攻略するほうがいいよ」
「日本の電気自動車の充電スタンド数は、先進国中最下位。まだ電気自動車は売れない」
「日本は道路も路地も駐車場も狭くて、大型車には地獄だから」
「電気自動車市場の未来に期待を懸けての進出でしょ。今すぐ売れないことは分かってるから、代理店を構えずオンライン販売だけにしてるんだ」
「日本人はお金がないから、こんな車は買えないでしょ」
「日本人には高級車を買うお金はない。駐車場がどうとか、そんな理由はうそ。高級車を買いたいのが人間の本能でしょ。ただお金がないだけだよ」

などのコメントが寄せられている。


2022年6月21日(火) 14時0分
https://www.recordchina.co.jp/b896281-s39-c20-d0195.html

続きを読む

【韓国】ヒョンデの電気自動車「アイオニック5」。ご希望に応え全国10都市で試乗会開催へ。

1: ダークマター(愛知県) [EU] 2022/06/20(月) 20:03:19.33 ID:OWLVXUtP0● BE:896590257-PLT(21003)
sssp://img.5ch.net/ico/2-1.gif
ヒョンデの電気自動車と燃料電池車、全国10都市で試乗会を開催へ
2022/06/20 17:32 レスポンス

ヒョンデモビリティジャパンは、『アイオニック5』および『ネッソ』の全国試乗会を6月23日より10都市にて順次開催する。

同社では4月、5月に大阪・名古屋・福岡にてアイオニック5/ネッソの試乗会・展示会を実施。多くの来場客でにぎわった。
今回、各地域からの希望に応え、6月から9月にかけて全国10都市(札幌、仙台、横浜、名古屋、新潟、神戸、大阪、香川、広島、熊本)での試乗会を新たに開催する。
なお、試乗は事前予約が必要となる。

アイオニック5はヒョンデの新たなEVブランド「IONIQ」シリーズの第1弾。唯一無二のエクステリアに加え、先進性と快適性を兼ね備えたインテリアが特徴。
また、V2L機能により屋外でも電化製品に直接給電できる。ネッソは独自の技術で開発した「FCEV専用システム」を搭載し、水素と大気中の酸素で電気を生成し、モーターで走行。
1回/約5分の充填で最長820kmの航続距離を実現している。

◆IONIQ 5&NEXO Hyundai 全国試乗会◆
札幌試乗会 日程:6月23日(木)~26日(日)
仙台試乗会 日程:6月30日(木)~7月3日(日)
横浜試乗会 日程:7月7日(木)~10日(日)
名古屋試乗会 日程:7月14日(木)~17日(日)
新潟試乗会 日程:7月21日(木)~24日(日)
神戸試乗会 日程:7月28日(木)~31日(日)
大阪試乗会 日程:8月4日(木)~7日(日)
香川試乗会 日程:8月18日(木)~21日(日)
広島試乗会 日程:8月25日(木)~28日(日)
熊本試乗会 日程:9月1日(木)~4日(日)

https://response.jp/article/2022/06/19/358795.html
アイオニック5(EV)とネッソ(FCV)
no title

no title

no title


ヒョンデ公式:IONIQ 5・NEXO 全国試乗会
https://www.hyundai.com/jp/brand/events-JP1PEM00000000000482

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト