脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ヒュンダイ

【韓国・エンジン欠陥問題】現代・起亜車、株価が急落

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/10/20(火) 12:00:04.53 ID:CAP_USER
現代・起亜車がエンジンの欠陥に対する引当金を計上することが伝えられ、20日の韓国株式市場で株価が急落した。

現代車はこの日午前10時10分現在、前日終値比3.27%(5500ウォン)下落した16万2500ウォンで、起亜車も同比2.78%(1300ウォン)下落の4万5400ウォンで取引されている。

現代・起亜車は振動や停止などエンジン欠陥問題が浮上したシータ2GDiおよびシータ2ターボGDiエンジンを搭載した2010-19年の車両保有顧客(韓国および米国)に生涯保証プログラムを提供することを決めた。

このため現代・起亜車はそれぞれ2兆1000億ウォン(約1950億円)、1兆2600億ウォンの品質費用を7-9月期の業績に反映することにした。リコールや交換など顧客サービス費用をあらかじめ用意し、これを7-9月期の業績に「マイナス」で反映したのだ。これを受け、現代・起亜車の7-9月期の業績は市場の期待値を大幅に下回り、赤字が避けられないとみられる。

ⓒ 中央日報日本語版 2020.10.20 10:39
https://s.japanese.joins.com/JArticle/271361

no title

現代自動車グループの鄭義宣新会長が14日午前、世界の役員社員に送ったビデオ就任メッセージで発言している。[写真 現代自動車グループ]

関連
【現代自動車】「電気自動車コナ」の駐車場の充電器の前で火... 8日目に、また火災発生 計12件 出火原因は調査する予定 [10/04]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601798023/

【環境規制】 EU排出ガスの規制強化で、“来年から”現代車が「3兆ウォンの罰金を払う」可能性が [10/07]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602031401/

【韓国】現代の電気自動車、相次ぐ炎上で全世界で77000台リコール
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602151930/

【韓国現代自】火災相次いだEV車をリコール=原因はバッテリー欠陥? 製造したLG化学は反発=ネット「現代自動車の責任転嫁」 [10/11]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602407560/

【速報】現代の電気自動車がまた充電中に炎上
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602934519/

続きを読む

【悲報】韓国製バッテリーを積んだ3社の電気自動車が続々と炎上・リコール

1: バザールでござーる(神奈川県) [JP] 2020/10/15(木) 14:00:29.45 ID:Xx/g/po40● BE:329614872-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
韓経:GM・BMWの電気自動車も火災・リコール…困惑する「韓国製バッテリー」

現代自動車の電気自動車「コナEV」で相次いで火災が発生した中、米ゼネラルモーターズ(GM)、独BMWなどが生産した電気自動車とプラグインハイブリッド(PHEV)自動車でも火災の危険性が提起され販売が中断される事例が続いている。共通して韓国企業が生産した二次電池(バッテリー)が火災原因として指摘されている。

韓国企業は電気自動車に対する消費者不信につながらないか懸念している。

米道路交通安全局(NHTSA)はGMの電気自動車「シボレー・ボルトEV」の火災事件の通報を受け予備調査を進めているロイターなどが14日に報道した。調査対象は2017年から2020年までに生産されたボルトEV7万7842台だ。NHTSAに寄せられた火災事件3件はいずれも後部座席下部で発生した火が内部に燃え移ったことがわかった。

NHTSAは火災原因をバッテリーと特定していないが、火災発生地点が「バッテリー部位」と説明し可能性があることを示唆した。ボルトEVに使われるバッテリーは全量LG化学が供給する。LG化学はこのバッテリーを忠清北道(チュンチョンブクド)の梧倉(オチャン)工場と米ミシガン工場で製造した。

BMWもPHEV車両の火災危険性のため2万6700台に対する販売中断とリコールに入った。BMWは「バッテリー充電時に火災の危険があり、当分は充電をしないでほしい」と顧客に勧告したと明らかにした。該当車両はSUVモデルである「Xシリーズ」から「3・5・7シリーズ」、ミニ「カントリーマン」などだ。BMWはドイツだけで1800台ほどを回収し、すでに生産した3500台は販売しないことにした。

BMWの電気自動車とPHEV車にはサムスンSDIのバッテリーが主に使われる。昨年から中国CATLが供給会社に追加されたがそれまではサムスンSDIが単独で納品してきた。

サムスンSDI関係者は「該当モデルのバッテリーセルを供給しているが、火災原因がバッテリーセルなのかは究明されていない。リコールと関連してBMWから公式に通知された内容はない」と話した。

? 中央日報/中央日報日本語版 2020.10.15 08:41
https://s.japanese.joins.com/jarticle/271202

no title

続きを読む

【韓国】現代の電気自動車、相次ぐ炎上で全世界で77000台リコール

1: 動物園φ ★ 2020/10/08(木) 19:12:10.17 ID:CAP_USER
現代車、相次ぐ火災に電気自動車コナを結局リコール... 世界7万7000台対象
2020.10.08。午後4:40

「バッテリーセルの製造不良による火災の可能性」

現代自動車が最近まで続いた火災で議論をかもすコナ電気自動車(EV)の自発的リコール(是正措置)を決定した。国土部の調査で、バッテリーセルの内部短絡による火災の可能性が確認されたからである。現代車は国内販売された車両を先にリコールし、海外輸出車もリコールする方針だ。

国土交通省は、コナEVで高電圧バッテリーセルの製造不良による火災が発生する可能性が確認された8日、明らかにした。国土部傘下の自動車の欠陥調査機関である韓国自動車の安全性研究が現代自動車と共同で行った調査の結果、製造公正品質不良でバッテリーセルの正極板と負( - )極板の間にある膜が損傷し、内部短絡が発生する可能性があることが分かった。

現代車は今月16日から是正措置に入る。リコール対象車は2017年9月29日から今年3月13日までに生産された車両2万5564台。現代車の関係者は、「海外輸出したコナEVも海外当局と協力して自主的リコールを行う予定だ」と明らかにした。海外輸出量まで加えると、全世界の総7万7000台がリコール対象である。

リコール対象車は、まずソフトウェアであるバッテリ管理システム(BMS)のみ更新される予定である。今回の欠陥がすべてのコナEV車に同様に発生する構造的欠陥ではなく、いくつかの製品の不良問題で見たからである。更新されたBMSは、過度のセル間の電圧ばらつきや急激な温度変化等のバッテリーの追加以上の変化を検出すると、自動的に充電を停止と始動がかからないように制限する。消費者と緊急出動サービスコールセンター(現代自動車)に警告メッセージも自動転送する。現代車は更新されたBMSは、バッテリ異常を検出した場合、新しいバッテリーパックに全面交換するという方針だ。

欠陥是正と関連現代自動車は、自動車の所有者にメールや携帯電話のテキストに是正方法などを知らせる予定だ。もし是正前の車の所有者が欠陥を自費で修理した場合、発行元に修理費用の補償を申請することができる。

現代車コナEVで、過去2018年5月から4日まで、国内外で計12件の火災が発生し、バッテリーの安定性の議論が起こった。自動車の安全性研究は、昨年9月から関連の調査に着手した状況である。国土部と自動車の安全性研究は、今回の現代車のリコールとは別に、火災再現試験などを通じてリコール計画の適正性などを検証し、必要なら補完措置する計画である。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=023&aid=0003567268

続きを読む

【米高級車市場】レクサスが1位、韓国ジェネシスは最下位に=韓国ネット「正直、技術力はまだ日本車に及ばない」

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/10(土) 08:27:14.48 ID:CAP_USER
2020年10月9日、韓国メディア・韓国経済によると、米国の高級車市場でレクサスが1位を獲得した。一方、韓国の現代自動車の高級車ブランドであるジェネシスは最下位となった。

記事によると、レクサスの今年7-9月期の米国での販売量は前年同期比2%増の7万5285台だった。高級車ブランドのうち7万台を超えたのはレクサスのみだったという。

2位以下にはメルセデスベンツ(6万9631台)、BMW(6万9570台)、テスラ(6万4000台)が続いた。

昨年7-9月期はBMWが1位、メルセデスベンツが2位を獲得し、レクサスは3位にとどまっていたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でドイツ車の生産に支障が出たため、レクサスが1位に浮上したとみられている。

ジェネシスは前年同期比23.6%減の3745台で、高級車ブランドのうち最下位だった。販売数の減少には新モデルのG80とGV80の発売が遅れたことも影響したとみられている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「車はトヨタに限る」「日本車と韓国車には大きな差がある。乗ってみれば分かる。ジェネシスが売れているのは韓国だけ」「レクサスの品質は文句のつけどころがない。本当にいい車だ」「レクサスは手で、現代自動車は足で蹴って。組立方法が違うことは韓国国民ならみんな知っている事実では?(韓国では6月に現代自動車の生産工場で働く職員が車のドアを足で蹴って閉める映像が公開され、物議を醸した)」「正直なところ、現代自動車の技術力はまだ日本車に及ばない。これだけ売れたことが奇跡だ」「自分が米国人なら現代自動車は選ばない」など、この結果に納得の声が上がっている。

その他「日本製品不買運動中の韓国人でさえレクサスに乗っているくらいだから」「米国人が国産車より日本車を買うということはそれだけ品質を認めているということ。認めるべきものをちゃんと認めないと競争力は育たない。韓国人も無意味な日本製品不買はやめよう」「現代自動車は労組さえなければもっと上に行けるだろうに」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

2020/10/10 07:38 (JST)©株式会社 Record China
https://www.recordchina.co.jp/b841471-s0-c20-d0058.html

関連スレ
【米国】高級車市場、レクサスが75285台で1位 現代のジェネシスは3745台で最下位 第3四半期 [動物園φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602214721/

続きを読む

【現代自動車】「電気自動車コナ」の駐車場の充電器の前で火... 8日目に、また火災発生 計12件 出火原因は調査する予定

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/04(日) 16:53:43.29 ID:CAP_USER
現代自動車「コナ」エレクトリック電気自動車で火災事故がまた発生した。これまで国内外で集計されたコナ・エレクトリック火災は12件である。
no title


大邱達成消防署によると、4日午前2時、大邱達城有価町テクノポリスのアパートの地下駐車場緩速充電器の前で、コナ車両の火災が発生した。達成消防署はこの日の午前2時47分の火災通報を受けた後、現場に出動し、午前3時04分頃、車の火災を鎮火した。コナ車両は完全全焼され、国立科学捜査研究院が現場に出動して車両を移動させる予定である。国立科学捜査研究院は、電気自動車が緩速充電を終えた後、火が出た可能性があるとみて、火災の原因を調査する方針だ。正確な火災原因はまだ確認されていない。今回の火災による人命被害は発生しなかった。

コナ電気自動車火災事故は先月26日、済州市で発生した火災事故の後、8日後にまた起こった。当時、済州では、あるアパートの駐車場で固定器をコナ車体に接続し、充電している間、車両から火が出た。火はバッテリーが設置された車両下部を燃やして消えた。 コナモデルは2018年に発売された後、国内でのみ3万台ほど販売された。

現代車側は「済州島で発生した火災を含め、今回の火災まで正確な原因を国土部と共同で調査する予定」とし、「バッテリーの問題なのか、車両の設計上の欠陥があるのか、それとも高速・緩速充電器の問題なのかなどを解明してから、その調査結果に基づいてリコールや消費者救済など、必要な措置を検討する」と述べた。

ハンギョレ 2020.10.04 午後4:00
https://n.news.naver.com/mnews/article/028/0002514920?sid=101

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト