脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

パクリ

【コラム】味までは、パクれなかったか…韓国

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/11/29(月) 10:10:42.66 ID:CAP_USER
配信日時:2021年11月29日 6時00分

 韓国のとあるブドウ農家のハウスを訪れると、多数のブドウが落ちていた。尻の穴毛まで抜くと言われている韓国人にしては、とても珍しいことだ。

 理由を聞くと、言いにくそうに「まずくて、出荷しても売れない」と正直に言った。そして「韓国人が泥棒だと悪口を言うのは、間違いですよ。日本は日帝時代に、韓国の優れた農作物の品種を盗んで行ったのだから」。とても、日帝時代には生まれているようには見えない中年の農家が続けた。

 この多数落ちていたブドウの品種は「大黄玉」という。日本で近年評判になっている「ほろよい」という品種に似ている。ソウル市のセレブたちが集う高級百貨店で、日本円にして、一房6000円という値段がついている。しかし、一向に売れる様子はない。

 以前韓国が、日本でも大ヒットしているシャインマスカットの苗木を違法に取得して、安価に逆輸出してきたことがある。ただ、日本の本物に比べて皮が厚くて、皮ごと食べられる代物ではないことは、その安価の原因だった。ただ、本当の味も「皮ごと食べられる」ことも知らない中国では、その安さが重宝がられたが。
 
 日本にも一定数、韓国産の偽物でも、安いからいいかという残念な購入者はいる。

 落ちていたブドウの大丈夫そうなのを一粒食べてみた。渋すぎて逆に苦い。確かに、似て非なるものだ。「韓国人は悪くない。日本人のような農業に賭ける匠の気持ちがないだけ」。それが、まずさの原因だと言う。韓国人にしては、正直だなと、少し感心した。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://globalnewsasia.com/article.php?id=7677&&country=1&&p=2

続きを読む

【韓国報道】韓国の「ぺぺロ」と日本の「ポッキー」、元祖はどっち?

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/11/12(金) 02:31:57.48 ID:CAP_USER
 11月11日を迎える度に起こる論議がある。形やマーケティングが似ている日本の「ポッキー」と韓国の「ぺぺロ」、どちらが先かという“元祖”論争だ。この議論は2015年には米国の裁判所で商標権紛争にまで発展した。

 日本のポッキーは韓国のペペロと味も形も似ている。韓国の『ペペロデー』と同様に、『ポッキー&プリッツの日(ポッキーの日)』というマーケティングも行う。元祖はどちらだろうか。

◇発売は「ポッキー」が、マーケティングは「ペペロ」が元祖

 ペペロとポッキーはどちらも棒型のチョコレート菓子だ。掴む部分はチョコレートがコーティングされていないため、掴んで食べやすいのも同じだ。

 形が似ているお菓子は多いが、2つの商業的な記念日も同じだという点で、特に類似性が高い。韓国の『ペペロデー』のように、日本でも11月11日が『ポッキーの日』だ。

 発売はポッキーが先だった。ポッキーは1966年、日本のお菓子メーカー「江崎グリコ」が発売を開始した。一方、韓国のロッテ製菓が「ペペロ」を発売したのは1983年だ。棒状のチョコレート菓子の“元祖”は「ポッキー」というわけだ。

 しかし『ペペロデー』と『ポッキーの日』、すなわち記念日マーケティングは韓国が先だ。韓国・聯合ニュースによると、『ペペロデー』は嶺南地域(慶尚道)の女子生徒が「ぺぺロ」のように細くなろうという意味を込めて「ペペロ」をやり取りしたことに由来する。この時期は1990年代半ばと推定されている。ロッテ製菓が公式的に『ペペロデー』マーケティングに入ったのは1997年だ。

 一方、『ポッキーの日』は1999年11月11日に指定された。1999年は和暦では平成11年だが、年度までの数字「11」に合わせて制定したものである。日本は、新天皇が即位する際に年号を新たに付けている。

 「ぺぺロ」や「ポッキー」の特徴である“1字型”をマーケティングに活用したのは、韓国のほうが早かったということだ。韓国スポーツ新聞『スポーツソウル』日本版の慎武宏編集長は「(マーケティングが)早期に始まったのは『ペペロデー』だけに、韓国が起源という主張も一理あるだろう」と2018年にYahoo!Japanで明らかにしたことがある。

◇6年間の商標紛争が終了···米国裁判所「有用なデザイン、独占してはならない」

 一方、今年、「ペペロ」と「ポッキー」の6年にわたる商標紛争が終了した。米国の第3巡回控訴裁判所はロッテ製菓の言い分を選んだのだ。

 「ポッキー」の製造メーカー・江崎グリコは2015年、ニュージャージー連邦地裁にロッテ製菓を相手取って商標権侵害訴訟を起こした。「ポッキー」の形に対する商標権を獲得し、米市場内のシェアを独占するためだ。

 「ポッキー」は1978年から米国での販売を開始し、「ペペロ」は22年後の2000年に販売を開始した。江崎グリコ側はロッテ製菓に米国内でのペペロ販売中止を要求する警告状を1993年から数回送ったが、ロッテ製菓がこれを無視したため、法的攻防に乗り出したのだ

 2021年1月26日に最終判決が下され、ロッテ製菓が勝訴した。理由は“棒状のチョコレート”というデザインだった。上記の判決を分析したKOTRA(大韓貿易投資振興公社)によると、「useful(有用)」なデザインは商標権の保護を受けることができない。消費者をより便利にするデザインは独占できないという意味だ。

 「ポッキー」は消費者がチョコレートを手につけることなく持って食べられる有用なデザインだ。このメリットが逆に商標権が認められない要因となったのだ。米国第3巡回抗訴裁判所は「ポッキー」の“棒型チョコレート”デザインを有用だと判断し、ロッテ製菓を相手取った商標権侵害主張が成立しないという判決を下した。

WOWKorea 2021/11/11 23:22配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/322626/

no title

no title

(※参考資料)

続きを読む

【ロゴパクリ】韓国空軍「ピースアイ」所属部隊のロゴ、日本のトヨタ車のロゴと酷似

1: 新種のホケモン ★ 2021/10/22(金) 09:26:03.47 ID:CAP_USER
韓国のキム・ビョンジュ共に民主党議員が、ある空軍部隊のロゴが日本の自動車メーカーのロゴと似ていて変更が必要だと指摘した。

国会国防委員会所属のキム・ビョンジュ共に民主党議員は21日、総合監査で空軍第271航空制御飛行隊台のロゴが日本の有名自動車メーカーであるトヨタの車のロゴと似ていると主張した。

第271航空統制飛行隊代は「ピース・アイ」と呼ばれる空軍のE-737航空管制機が所属する部隊だ。

キム議員は、該当のロゴは日本車はトヨタの「MR-S」の機種と似ているとし「このモデルは1999年度に初めて生産され、2007年度に生産が中止された車両だ」と説明した。

また、「この部隊は、2010年度に創設されたが、その後部隊のロゴデザインの過程で、このようなミスが出たことが残念だ」とし「ロゴを変更するのがいい」と促した。

2021/10/22 09:01配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 88
https://s.wowkorea.jp/news/read/319813/

https://imgur.com/a/sOZhD91

続きを読む

日本でシャインマスカットを超える高級ぶどうが開発された!韓国でも注目「また盗む?」「日本のおかげで…」

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/10/08(金) 07:43:00.70 ID:CAP_USER
2021年10月7日、韓国・KBSが「日本でシャインマスカットに続く新たな高級ぶどう品種が開発された」と伝え、注目を集めている。

長野県果樹試験場で開発された赤ぶどう「クイーンルージュ」は、ユニコーン(ロシア産赤ぶどう)とシャインマスカットを掛け合わせて作られた。2008年に開発が始まり、約10年にわたる試行錯誤の末に今年初出荷となった。

「クイーンルージュ」はシャインマスカットと同じく種なしで皮ごと食べられ、糖度はさらに高いという。

このニュースに韓国のネットユーザーは「シャインマスカットより甘いなんて、どんな味が気になる」「赤いシャインマスカットってこと?これは絶対食べなくちゃ」など興味津々の様子を見せている。

また日韓の間では、シャインマスカットをめぐって論争が起きている。シャインマスカットは日本で1988年に開発された品種だが、韓国では「国内産」としてロイヤルティーなく販売され、海外輸出も好調。そのため日本では「韓国がシャインマスカットを盗んだ」との主張も出たが、開発当時に韓国で品種登録がされなかったため違法ではないという。韓国では「ハチミツサツマイモ」として出回っている日本のサツマイモ品種「紅はるか」も、シャインマスカットと同様の状況にあるとされている。

そのため「クイーンルージュ」に対しても「シャインマスカットを盗んできた農民たちがまた狙っているだろう」「また誰かが朝鮮半島に持ち込み、さらに良いものに2次改良するのでは?」と疑う声や、「日本のおかげで韓国はおいしい米、いちご、りんご、ぶどうが食べられている。ロイヤルティーを払わずに。感謝するべきだ」との声も寄せられている。

反対に「甘ければいいというものではない。日本のものを盗む考えはやめて、韓国独自の果物を開発しよう」と訴える声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


https://www.recordchina.co.jp/b883296-s25-c20-d0191.html

続きを読む

【韓流】韓国ガールズグループaespa、今度はアルバムティーザー盗作疑惑…「日本のイラストと類似」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/10/02(土) 09:29:41.68 ID:CAP_USER
韓国ガールズグループのaespa(エスパ)が来月5日に公開する1stミニアルバムのイメージティーザーをめぐり盗作疑惑が持ち上がった。

30日、オンライン掲示板にはエスパがカムバックを控えて公開した1stミニアルバムのティーザーイメージが日本のイラストレーター、空山基の2020年『無題』と似ているという内容が投稿された。

(写真)aespa盗作疑惑のティーザーイメージ
https://s.japanese.joins.com/upload/images/2021/10/20211001071654-1.jpg
https://s.japanese.joins.com/upload/images/2021/10/20211001070501-1.jpg

メンバーが仮面をつけたティーザーも英国デザイナーのジェームス・メリーのコレクションに似ているという指摘があった。

大衆音楽評論家のキム・ドヒョン氏はツイッターに「aespaのティーザーに登場した仮面はジェームス・メリーのコレクションと似ていた」とし「(SMエンターテインメントが)正式にコラボレーションしたのか気になる」と話した。

aespaに「盗作疑惑」が持ち上がったのは今回が初めてではない。昨年11月にもSBS(ソウル放送)の音楽番組『人気歌謡』の舞台セットを盗作したという主張があった。当時の映像製作者パカデスはSNSにaespaの舞台写真を掲載して「私の作品と類似性が多い」として指摘した。

しかしそれ以降、彼はSNSに「aespaのミュージックビデオ(MV)ディレクターと連絡をし、われわれは互いの創意的な過程を理解する」とし「私は(aespaを)応援してデビューを祝う」と明らかにした。

一方、aespaは来月5日に1stミニアルバム『Savage』でカムバックする。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト