脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ハングル

【今年の抱負】韓流ブームで韓国語も人気…米大学生の受講外国語10位に

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/08(水) 17:44:07.26 ID:CAP_USER
韓国ドラマと韓国音楽に代表される韓流の人気が韓国語ブームに広がっていることが分かった。

米国の現代言語学会(Modern Language Association)が昨年6月に公開した報告書によると、米国の大学生が最も多く学ぶ外国語上位10位に初めて韓国語が入ったことが分かった。2006年には7146人に過ぎなかった韓国語の受講生が2016年には1万3936人に2倍近く増えた結果だ。増加率では95%に及び、トップ10の言語で最も高かった。最も受講生が多い言語はスペイン語、フランス語、ドイツ語、日本語の順だった。米国現代言語学会は10年間で韓国語の人気は米国の若者の間でK-POPなど韓流の人気が高まった結果だと分析している。

このような傾向は米国だけでなく世界的に広まっている。実際、韓国語の人気は在外同胞や外国人が韓国留学や就職に必要な韓国語能力の評価を受けるために受ける試験「韓国語能力試験(TOPIK)」でも実証されている。2000年の韓国語能力試験受験者は4850人余りに過ぎなかったが昨年は26万4842人で、受験者数が大幅に増えたことが分かった。韓国語への関心が韓流に対する単純な関心を越え、雇用やビジネスでも大きな役割を果たしているということだ。

外国語が学習できるアプリケーション(以下、アプリ)でも韓国語の人気が高まっている。昨年、韓国を訪問した世界的な外国語無料学習アプリ「Duolingo(デュオリンゴ)」のホルヘ・マザル副社長は「Duolingoで韓国語を学習した外国人は400万人だ。K-POPやドラマなどを通じて韓国語への関心が高まり、Duolingoの韓国語学習者も急増している」と韓国語教育市場の急成長と韓流コンテンツへの感謝の意を表した。

https://s.japanese.joins.com/jarticle/261304
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.08 15:25

続きを読む

【日経新聞】韓国語を学ぶ若者が増えている

1: シャチ ★ 2019/11/21(木) 18:03:04.39 ID:CAP_USER
徴用工訴訟などを巡って日韓の対立が深刻化する一方で、韓国語を学ぶ若者が増えている。韓国語能力試験(TOPIK)の申し込みは10~20代を中心に増えており、2019年は2万7千人と10年で2.6倍になった。韓国語のコースがある大学や専門学校も志願者が増えている。Kポップと呼ばれる音楽などがきっかけになっているようだ。(覧具雄人、島田直哉)(以下ソースで)

2019/11/21 5:30日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52423000Q9A121C1AC8Z00/

続きを読む

【いつものアレ】徐敬徳教授「ハングル誤謬修正キャンペーン…でたらめ表記の空港の情報提供を」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/09(水) 11:44:29.07 ID:CAP_USER
全世界に韓国を広報してきた徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学教授が、ハングルの日(10月9日)を迎え、全世界の主要空港にみられる誤ったハングル表記の修正に乗り出す。

 徐教授は今年のハングルの日から来年のハングルの日までの1年間、全世界の主要空港でみられるハングルの誤表記を修正するキャンペーンを展開すると8日発表した。徐教授は過去十数年間にわたり「全世界のハングル誤謬(ごびゅう)修正キャンペーン」を通じ、世界の有名観光地や独立運動の遺跡地などに設置された案内板のでたらめなハングル表記を修正してきた。

 今回はネットユーザーからの情報提供を通じ、全世界の主要空港でハングルの誤表記が多いという事実を確認した。徐教授は、主要空港のでたらめなハングル表記を正すだけでもハングルを広めるのに役立つと判断し、ネットユーザーからの情報を基に世界の空港にある誤ったハングル案内板を修正することにした。

 徐教授によると、スペインのバルセロナ空港内の案内スクリーンには「韓国語(ハングクオ)」が「韓国の(ハングクウィ)」(いずれもハングル表記、以下同じ)に、中国・大連空港では「国際旅客休憩所」が「国際乗客待機区域」に、中国・ハルピン空港では「手荷物」の「荷」を表すハングルが意味をなさない記号で表記されている。

 徐教授は「今回のハングルの日から来年のハングルの日まで、1年間集中的に全世界の主要空港の誤ったハングル表記を熱心に修正してみようと思う」として「全世界の観光客が利用する主要空港のハングル表記は、われわれのハングルを知ってもらうことにも大きく役立つため、積極的に空港側に連絡するなど迅速な措置を取る計画」と話した。

 徐教授は「海外旅行や出張で別の国や都市の空港を利用される際、ハングルの誤表記を発見したら、すぐに私のSNS(会員制交流サイト)にメッセージで情報提供してくださるとありがたい」と付け加えた。

アン・サンヒ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/08/2019100880218.html
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 2019/10/08 21:46

続きを読む

【ハングルの日】 韓国文大統領 「日帝強占期(日本による植民地時代)にハングルを守り抜いた独立運動家たちの民族精神を思い起こす」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/10/09(水) 17:03:29.26 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はハングルの制定を記念する「ハングルの日」を迎えた9日、
交流サイト(SNS)にメッセージを投稿した。

日本による植民地支配に抵抗して1919年に朝鮮半島で起きた三・一独立運動と大韓民国臨時政府樹立から100年の年に迎える
意義深い「ハングルの日」だとした上で、「573年前にハングルを創生した世宗大王の愛民精神と、日帝強占期(日本による植民地時代)に
ハングルを守り抜いた独立運動家たちの民族精神を思い起こす。日帝強占期はハングルを守ることがすなわち独立運動だった」とつづった。

植民地時代にハングルを守った独立運動家の精神に言及することで、
日本の不当な経済報復としての輸出規制措置に打ち勝つという意思をあらためて強調したものと受け止められる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/09/2019100980043.html

続きを読む

【韓国】日本の克服、言語生活から

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/09/21(土) 11:11:46.38 ID:CAP_USER
・実はありがちな日本語套
・替えられるものから替えよう

(写真)
no title

▲ シン・ジュンボン専門記者
____________________________________________________________

タイトルからコラムの内容をある程度推測していただいたと思う。歴史問題が日本との経済対決の様相に広がってから2か月。日本の製品を買わず、日本旅行を自粛するのも良いが、日本の影が他のどの国よりも濃く垂れ込んだ我々の言語生活も、この辺りで少し振り返ろうという話だ。

実は既視感程度ではなく記憶が曖昧なくらい、日本語套用語の醇化(純化)は我々の関心事だった。解放直後から日本の残滓を清算することに関心を寄せていたという。1990年代には日本語套が特に酷い、建設分野の用語だけを集めて醇化案を作ったりした。国立国語院は2005年と2006年に連続で、『日本語套用語醇化資料集』を発表した。(国立国語院チョン・フィウォン語文研究室長)

それなのに依然として使っているから問題で、少なからず日本語套かもしれないが使っているということが問題ならば問題だ。たとえば国民食とも言えるチャムポン(ちゃんぽん)が日本語だ。ウリ式(韓国式)表現はチョマミョン(炒碼麺)である。 しかし、国立国語院はチャムポン(ちゃんぽん)を敢えてチョマミョン(炒碼麺)に替えて使いなさいとは勧めない。あまりにもウリ語(国語)のように定着しているからだ。食べ物でなくても、色々と混ぜ合わせる時にチャムポン(ちゃんぽん)と言うなど、新しい意味も追加された。

ワサビ(わさび)、オデン(おでん)、ウドン(うどん)はチャムポン(ちゃんぽん)に比べたら容易でないのか。日本語套だ。我々の対応もはっきりしている。国立国語院のホームページのTOP画面の上端にある『標準国語大辞典』から検索ウィンドウに入力すれば、それぞれコチュネンイ(わさび)、オムク(練り物)・カラクグクス(包丁切り麺)に替えて使いなさいと案内する。

日本が由来している漢字語の問題で、日本語套清算という宿題の範囲を拡大すれば、経済対立を触発した韓日間の歴史問題の解決方法が複雑になる。

我々が特に拒否感もなく使う主に学問領域の漢字語、たとえば哲学や主観、客観、理性、芸術、文学、心理、科学、技術、権利、義務、このような語彙は全て日本から来た。日本で洋学導入の先駆者として数えられる19世紀の思想家、ニシ・アマネ(西周)が作った言葉だという。インターネットで検索すればすぐに分かる内容である。これで終りではない。大統領や首相、長官のような行政用語もルーツは日本だという。(クォン・ゼイル ハングル学会長・ソウル大学校名誉教授))

このような言葉は、日本という窓を通じて近代を受け入れるしかなかった過去、我々の痛ましい立場を再び思い浮かばせる憎らしい友だちのようである。それでもこの言葉を捨てることができるのか。現実的に不可能である。そのような事実を知って使うと、このようなレベルの対応が最善だろう。

というはずだったのだが、国立国語院は2015年、『日本語套語彙資料構築』という用役報告書を公開した。どのような漢字語が日本語套なのかを知りたいという国民の疑問を解消して、研究資料として活用するためからだ。韓中日の用例比較を通じて、約500の漢字のルーツが日本であると判定した。国語院の検索ウィンドウに『日本語套』と入力すれば、報告書が出る。驚くほどに日本産の漢字語が多い。

チャ(さぁ)、ではどうやって玉石を区分しなければならないのか。どのような基準で今後も使う日本語套、替えて使わなければならない日本語套を分けるのかということだ。答えはもう決まってないにか。専門家の意見も変わらない。

「日本から来た言葉だから替えて使おうとするより、コミュニケーションに無理がないかが先だ。誰が聞いても日本語表現が明白で、コミュニケーションの妨げになるなら改善しなければならない」(国立国語院 パク・ジュファ学芸研究士)

「大統領や首相のような用語を変えることに同意はできない。日本を通じて間違って伝わった英語や漢字語、たとえばリボン・コティン(リボンカッティング)の誤りであるテイプ・コティン(テープカッティング)、シチェ(屍體)の誤りであるサチェ(屍體)のような表現は直そう」(ハングル学会 クォンジェイル学長)

聞く値する。ウドン(うどん)、オデン(おでん)、ワサビ(わさび)から替えよう。もうすぐハングルの日だ。

ソース:中央日報SUNDAY(韓国語)
https://news.joins.com/article/23582768

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト