脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ノーベル賞

【韓国人】「トランプにノーベル賞を」

1: 【B:90 W:80 H:91 (F cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/13(水) 10:37:40.81 ID:CAP_USER
歴史的な北米(米朝)首脳会談が行われた12日、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長とドナルド・トランプアメリカ大統領の初会談に市民が歓呼している。

米朝関係の正常化はすなわち韓半島(朝鮮半島)の平和プロセスと密接な関連があるだけに、両首脳が意味のある合意点を導き出す事ができた場合、トランプ大統領がノーベル平和賞を受ける資格が十分あるという意見を提起する市民もいる。

自身が舞台の主人公になって関心を受ける事が極度に好きなトランプ大統領の性向から、ノーベル平和賞を与えて朝鮮半島の平和に貢献して欲しいという気持ちからである。

インターネット空間では、このような風潮を「トゥジュラ(トにあげなさい)」と呼ばれている。プロ野球ロッテ・ジャイアンツのファンの文化である、「アジュラ(ファウルボールは子どもにあげなさい)」に当て付けた表現である。

実際にトランプ大統領が賞を受けられるかどうかはまだ分からないが、ネチズンはトランプ大統領のTwitterに彼を称えるコメントを付けている。

あるネチズンはハングルで、「支持者のノーベル連呼に満面の笑みがこぼれる」とし、「ノーベル賞はトランプに、我々には平和を!」というコメントを残した。

また他の韓国ネチズンも、「誰がホストなのかはあまり重要じゃない。金正恩委員長が決断さえしてくれたら朝鮮半島は祭りにパッと変わるだろう」と言いながら、「しょーもないノーベル賞はトランプに与えても全く惜しくない」と述べた。

自身を韓国系アメリカ人と称したネチズンは、「朝鮮半島と世界に平和をもたらしたあなたの業績に心より感謝します」とし、「あなたは賞を受ける資格がある。アメリカとアメリカ大統領に神の祝福を」というコメントを残した。

朝鮮半島の平和構築という実利を持って来る事ができれば、名誉はアメリカ大統領に十分譲歩できるという意味だ。

各種インターネットコミュニティーでも、『トゥジュラ』を叫ぶ者が多くいる。 もし賞を与えなければならないのなら、文在寅(ムン・ジェイン)大統領にも与えなければならないと言う意見に対し、「なぜこのように気付かないのか」とし、「トランプにノーベル賞を与えるなら、単なるトランプを与えなさい」と笑い話をする様子も容易に見つける事ができる。

すでに著名人がトランプの受賞に言及している。文在寅大統領が、「ノーベル平和賞はトランプ大統領が受けて、我々は平和だけ来れば良い」と発言したのも同じ脈絡である。

2002年にこの賞を受賞したジミー・カーター元アメリカ大統領は先月、某ポッドキャスト(ネットラジオやネットテレビの一種)に出演して、「もしトランプ大統領が北朝鮮との受け入れる事のできる平和協定を成功的に遂げられれば、私は彼が絶対にノーベル平和賞を受けなければならないと思う」と述べた。

ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0008649825

続きを読む

【朝鮮半島】“なんちゃって平和賞”に浮足立つ…独裁者より情けない南のペテン師大統領

1: らむちゃん ★ 2018/05/31(木) 17:56:21.33 ID:CAP_USER
夕刊フジ2018.5.31
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180531/soc1805310005-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

 いっやあ…ただでさえだらしないナリで、みっともないのに…まさに絵に描いたような右往左往。ホンマあの北のヘタレ独裁者、小物ぶり丸出しやないか。

 昨日は、中国の独裁者、明日は、南のペテン師大統領へと、もう信念もプライドも…ってハナからそんなもんも、へったくれもないか。

 これで、米朝首脳会談が流れようもんなら、せっかくアテにしとったゼニ回してもらえんようになる。そうなったら、人民食わすどころか、おんどれの体形維持するための、おいしい冷麺も食えんようになるし、足代わりのベンツのガソリン代にも事欠くようになるから、もう必死のパッチや。

南のペテン師大統領と違うて、今度の相手はお得意のハッタリも恫喝(どうかつ)も通用せん、ホンマもんのアメリカ大統領やで。

もっと情けないのは南のペテン師大統領や。「いっやあ、今回はこのワテの顔立てて…1回だけ会うたって…悪いようにせんから…このままうまいこといったらノーベル賞もらえまっせ。安いもんでんがな。経済支援なんか、イルボン(日本)に貢がせたらヨロシイがな」てか。

続きを読む

【中央日報】 韓国人受賞者がいないノーベル科学賞、日本人は22人…日本の強みは?

1: 荒波φ ★ 2018/05/10(木) 15:32:32.87 ID:CAP_USER
科学者の最高の栄誉に挙げられるノーベル科学賞。韓国人はまだ受賞者がいないうえ有力候補に挙がっている人も少なく、未踏の領域として残っている。

ノーベル科学賞は物理学賞、化学賞、生理学・医学賞の3つの分野があり、通常、該当分野の先導的な業績を持つ科学者が受賞する。では、受賞者は研究にどれほどの時間を費やしたのだろうか。

韓国研究財団は最近、これに関連する報告書を出した。1945年から2015年までノーベル科学賞を受賞した447人の研究期間を分析したのだ。

分析の結果、受賞者は平均37.1歳の時に核心の研究を始めたことが分かった。分野別にも物理学37.1歳、化学37.6歳、生理学・医学36.6歳と大きな差はなかった。

ノーベル科学賞受賞者の平均年齢は59歳だった。30代半ばから後半に始めた研究がノーベル賞受賞という成果につながるまで平均22年かかったということだ。

特にノーベル賞初期の1940年代には研究開始から受賞まで平均18.5年だったが、2010年に入ってからは29.2年もかかっている。受賞までにかかる期間が長期化する傾向が表れているのだ。

30代に主張した理論が立証され、研究成果が商用化されるなどの成果が表れるまでにかかる時間が長くなっているからだ。

ノーベル賞受賞者の研究期間が長い理由は、この賞が主に核心の理論を早期に主張した学者の功労を認めるからだ。韓国ではまだノーベル科学賞の受賞者が出ていないが、隣国の日本は受賞者が22人(日系米国人含む)にのぼる。その大半が2000年代以降の受賞者だ。

長期にわたる科学への投資が最近になって成果として表れていると解釈できる。

日本の強みは研究者が若い頃から長期間にわたり研究を継続できる文化だ。文部科学省傘下の理化学研究所(RIKEN)が代表的な例に挙げられる。1917年に設立され、昨年100周年を迎えた理化学研究所はノーベル科学賞受賞者3人を輩出している。

研究の実績がすぐに出なくても研究費を中断せず支援し続けるのが理化学研究所の特徴だ。ノーベル化学賞を受賞し、理化学研究所の理事長を務めた野依良治教授は2016年の訪韓当時、中央日報のインタビューで「科学で大発見の機会は誰にでも開かれている。ただ、20-30年にわたる長期研究のための後押しが必要だ」と述べた。

しかし韓国では若い学者が長期間研究できる環境が不足している。政府研究支援金の82%を教授の1割が占め、その大半が中堅級以上の教授だ。また、多くの研究課題を政府が決めて発注する形であるため短期間に成果を出さなければならず、研究者が自発的に課題を決めて研究するのが容易でない。

野依教授は「若者は高齢者に比べて圧倒的な想像力と柔軟性を持つ。韓国の若い科学者が高齢の師や上司が提示した問題の答えを探すことに集中すれば成長は難しい」と指摘した。


2018年05月10日15時20分
http://japanese.joins.com/article/280/241280.html?servcode=400&sectcode=400

続きを読む

【韓国】文在寅「南北会談。トランプにノーベル賞を!」蚊帳の外安倍「は?全て私のおかげだが?。」

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CH] 2018/05/01(火) 07:12:12.96 ID:YDWf2t8/0 BE:425021696-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/moukoneeyo_1.gif
安倍首相は「南北首脳会談はわれわれが決めていたラインにのっとって行われたことが確認できた」と記者団に述べた。
https://this.kiji.is/363148640644695137

文在寅は「ノーベル賞はトランプ大統領が受けるべきだ。我々は平和だけ受け取れればいい」と語ったという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30005870Q8A430C1FF8000/

続きを読む

【朝鮮】“ロケットマン”金正恩氏 ノーベル平和賞予想1番人気 文在寅大統領とともに

1: らむちゃん ★ 2018/04/29(日) 15:26:29.94 ID:CAP_USER
スポニチ[ 2018年4月29日 05:30 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/04/29/kiji/20180429s00042000011000c.html

 10月に発表される今年のノーベル平和賞受賞者を巡る英ブックメーカー(賭け屋)の予想で、27日に首脳会談を行った北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領が28日昼(日本時間同日夜)時点で1番人気となっている。

 世界最大規模のブックメーカー、ラドブロークスの予想。正恩氏と文氏の同時受賞が約1・67倍と断トツ。正恩氏と史上初の米朝首脳会談を近く行う見通しのトランプ米大統領の単独受賞が2番人気で、難民保護を行う国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と同率の11倍だった。南北首脳会談前までは、トランプ氏が1位だった。

 北朝鮮は今月21日、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験中止や核実験場廃棄を決定するなど事実上の核開発凍結を表明。米朝首脳会談も控えており、平和に向けて一歩踏み出したとの見方もある。とはいえ、これまで核実験とミサイル発射を繰り返し、周辺国を脅威にさらしてきたのが正恩氏。

トランプ氏に「ロケットマン」と呼ばれ、自身も「老いぼれ」と“口撃”しあうなど、平和賞からはかけ離れた印象だ。

 史上初となった2000年の南北首脳会談では、韓国の金大中大統領(当時、故人)が同年の平和賞を受賞。一方で北朝鮮の金正日総書記(同)は受賞しなかった。受賞した金大中氏も、融和的な「太陽政策」が北朝鮮の体制延命と核開発推進に手を貸したとの批判がある。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト