脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ノーベル賞

【韓国】世界最高の次世代太陽電池を韓国チームが開発、 英誌ネイチャーの表紙飾る=韓国ネット「ノーベル賞を!」

1: ろこもこ ★ 2021/03/01(月) 18:08:32.55 ID:CAP_USER
https://www.recordchina.co.jp/b872679-s25-c20-d0195.html


2021年2月25日、韓国・YTNによると、次世代太陽電池の効率を大幅に上げる技術を韓国の研究チームが開発した。

記事は「太陽電池は生産が難しく色や形を変えることが難しいのが欠点だが、そうした問題を克服すると同時にコストを5分の1程度に抑える、次世代太陽電池の開発に世界が注力している」とした上で、「次世代太陽電池の問題点だった効率を大幅に上げる技術を、このほど韓国化学研究院化学素材研究本部が初めて開発した」と伝えている。

研究チームは、次世代太陽電池を構成する三つの層のうち、太陽光の吸収と電子の移動に関する2層の構造を画期的に変えたという。内部構造の欠陥を減らし、素材も再配置する形で、効率を25%以上引き上げた。低温で生産できる長所があり、軽く柔軟な太陽電池、半透明太陽電池も生産することが可能とされ、商用化が可能だとみられている。

なおこの研究成果は英科学誌ネイチャーの表紙を飾る論文に選ばれたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ネイチャーの表紙なんて、本当にすごいよ」「こういう人たちにこそノーベル賞を!」「いい成果があることを期待している」など喜びの声が寄せられている。

一方で、「だから何?。われわれは中国製を使ってるのに」「韓国には世界最高、最大の太陽光製造業、ハンファがあるのに、国内設置用の9割以上が中国製なのはなぜか理由が知りたい」「北朝鮮、中国への技術流出にきちんと対応しないと」「スパイに気を付けて」「科学は一流、政治は四流、国民は一流、政権はどん詰まり」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

続きを読む

【ノーベル賞】 漢江の奇跡もたらした韓国的経済学、ノーベル経済学賞か平和賞の資格充分だ

1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/02(土) 00:28:11.91 ID:CAP_USER
大韓民国の経済力が世界10位圏に浮上しながら、いつ頃、韓国もちゃんとしたノーベル賞を一度受けられるかに関心が高い。基礎科学系では有望科学者育成プログラムを作動せよという声まで聞こえる。しかし、有史以来世界最高成長という漢江(ハンガン)の奇跡を記録し、今日の10大経済大国に導いた韓国的経済発展戦略が真のノーベル賞級という事実は認知されずにいる。残念なことだ。

正統主流経済学は合理的人間を仮定し、このような人間が経済的自由が保障されれば経済繁栄を保障するという命題を基礎にしている。しかし、このような経済学の説明力に限界があらわれながら人間の経済行為を説明するためには個人が直面するインセンティブに対する考慮が重要だ、といういわゆる行動経済学分野が1980年代以後登場した。インセンティブの眼鏡をかけてこそ経済が正しく見えるという主張だ。

2000年代に入りノーベル賞委員会はこの分野研究に対して2002年、2017年、2019年など続けてノーベル賞を授けた。2019年ノーベル経済学賞はセマウル運動の縮小版と異ならない実験研究に授与された。いくつかのそれぞれ異なるグループの人々を実験対象にして差別化されたインセンティブを提供することが、どんな行動変化の効果をもたらすか実験してきた研究者に対して貧困退治政策開発に寄与できると賞を授けた。

ところでパク・チョンヒ(朴正煕)元大統領はすでに1960~1970年代、輸出育成政策や重化学工業化政策、セマウル運動などでまさに行動経済学が主張するインセンティブ制度を積極的に活用して漢江の奇跡を起こしたことを確認できる。

セマウル運動は成果によりインセンティブを差別化する「統制された所得増大実験」だった。セマウル運動は10年にもならないうちに、3000万大韓民国国民の貧困問題を解決したので人類の歴史に消すことができない金字塔をたてたわけだ。2019年のノーベル賞受賞研究はセマウル運動に比べてその独創性やスケール、成し遂げた成果などの側面で比較対象にならない初歩的研究に過ぎない。

さらに驚くべき事実はこのような経済的差別化政策が輸出企業支援、中小企業支援、重化学企業育成政策にもそっくり適用された事実だ。そのため漢江の奇跡自体が韓半島南側全体を対象にした巨大な行動経済学実験の結果であることを確認することになる。もちろん実験場の外にあった北朝鮮の想像を絶する「失敗の奇跡」を勘案すればパク・チョンヒ元大統領の自ら助ける者を助けるインセンティブ差別化実験は韓国、北朝鮮を含んだ韓半島全体を対象にした統制された所得増大実験だったとすることができる。

実験の結果、自ら助ける者を助けた韓国は皆を立て起こして漢江の奇跡を起こしたが、自ら助ける者をブルジョアだと清算した北朝鮮は歴史上最悪の失敗を記録している。これはどこの国のどの指導者もまねることのできない卓越した行動経済学実験だった。

このように見れば事実、経済学研究対象としてセマウル運動と漢江の奇跡は採掘を待つノーベル経済学賞の豊かな鉱脈に他ならない。しかもセマウル運動は過去数十年かけて全世界開発途上国の貧困退治と地域社会開発モデルとしての位置を確立した点で、これまでの世界経済発展に寄与した功績に対しノーベル平和賞を受ける資格も充分だと考える。国内学界の関心を促すところだ。

[チャ・スンヒ韓国制度経済学会理事長]
no title


ソース:毎日経済(韓国語)[寄稿]韓国的経済学、ノーベル賞可能だ
https://www.mk.co.kr/opinion/contributors/view/2021/01/27/

続きを読む

【ノーベル賞】 受賞者、韓国2人vs日本30人…この差はなぜ?~ノーベル賞目標の日本学術振興会、原爆製造隠蔽

1: 蚯蚓φ ★ 2020/11/26(木) 22:01:28.07 ID:CAP_USER
no title

▲ノーベル化学賞と生命は切っても切れない。図イ・デヨン

1944年、ドイツの放射化学者あるいは核化学者であるオットー・ハーン(Otto Hahn、1879~1968)は「中核分裂を発見した功績」でノーベル化学賞を単独授賞した。
(中略:核分裂関連ノーベル賞の説明)

韓日間の国力や自尊心を比較する時、客観的指標としてノーベル賞受賞者数がある。我が国はノーベル平和賞1人、韓国出身米国国籍のノーベル化学賞1人で二人が韓国生まれ、日本は日本国籍だけで25人になる。物理学賞9人、化学賞8人、生理医学賞5人、文学賞2人そして平和賞1人。ここに日本出身外国国籍者3人と日本関連出身の外国国籍者2人を含めれば30人にもなる。

1932年にすでに日本ではノーベル賞受賞者30人輩出を目標に日本学術振興会(Japan Society for the Promotion of Science, JSPS)を設立した。目標30人で「スキ間に食い込むプロジェクト」を実施し87年後の2019年、30人の目標を達成した。
(中略:JSPSの活動と学歴のない田中耕一と小柴昌俊は韓国では認められないだろうと紹介)

1949年、日本人原子物理学者、湯川秀樹(1907~1981)は「核兵器に対する理論的研究に基づいた中間子存在を予測した功績」で単独受賞者としてノーベル物理学賞を受けた。この結果をひっくり返して見ると、1932年、JSPSを設立した背景が純粋な学問振興ではなく、原子爆弾および化学兵器軍事兵器開発と組み合わせて大東亜共栄に利用したと見ることができる。
(訳注:ここで「核兵器」は韓国語でヘクムギ(核武器)。湯川博士の研究は「核力」であって「核武器」は誤訳。英語の元単語が"nuclear power"でpowerを「兵器」と訳したものと考えられる)

韓半島に関連したJSPSの活動を確認すれば、大まかに原爆・生化学兵器製造の隠蔽であった。すなわち、
i) 1932年ヒロヒト天皇の秘密プロジェクト黒龍江省ハルビン近隣に関東軍防疫給水部、別名731部隊(Unit 731)他10余りの秘密生体実験部隊を設置、生物化学兵器開発および生体実験を秘密裏に推進、
ii) 1933年京都帝国大学の原子物理学者、湯川秀樹、原爆製造の可能性検討、アインシュタイン、セシル・パウエル等、核物理学者諮問、
iii) 1934年豊富な石灰岩地域、龍川(ヨンチョン)の原爆製造基地化、
iv) 1937年10月ウラニウム濃縮電力供給のために新義州(シンウィジュ)東北東80キロに世界最大落差を利用した風水力発電所建設、
v) 1938年興南(フンナム)チッ素工場(1927年すでに建設)を化学武器製造廠に改造、
vi) 1940年には陸軍第2号秘密課題で推進し、1945年6月に入り海軍中心核融合研究(Fission Study)を公開的に推進した。

米・英のマンハッタンプロジェクト(Manhattan Project)は日本より遅れた1939年に始まったが、1945年7月16日トリニティ(Trinity)核実験成功によって20キロトン原子爆弾を最初に持つことになった。

このような背景のもと原子物理学者、湯川秀樹は日本京都市で生まれて母方の祖父から漢文を習い、西洋学問としてはやっと実らせた英語でロンドン タイムズ(London Times)を晩年まで購読した。尋常小学校を卒業し、京都第一中学の時のあだ名はあまり目立たないという意味の権兵衛だった。…
(後略:湯川秀樹の履歴を詳細に紹介。文中に「日本陸軍で進めてきた原爆開発プロジェクトに参加した。」の一文が挿入されている)

文=チョン・ギョンウン、コリア未来研究所首席研究員

ソース:大邱(テグ)新聞(韓国語)ノーベル賞受賞者、韓国2人vs日本30人…この差、何のために?
https://www.idaegu.co.kr/news/articleView.html?idxno=329662

関連スレ:韓国がノーベル賞を受賞できない理由→人口が少ない 工業化が始まったのが遅い [11/3] [首都圏の虎★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1604396190/

続きを読む

韓国がノーベル賞を受賞できない理由→人口が少ない 工業化が始まったのが遅い

1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/03(火) 18:36:30.32 ID:CAP_USER
2020年のノーベル賞発表が終了し、残念ながら今年は日本人受賞者はいなかったが、有力候補がいた韓国からも受賞者は出なかった。中国メディアの騰訊はこのほど、「これまで日本は多数のノーベル賞受賞者を輩出してきたが、韓国はなぜ全く取れないのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、東アジアの国で「ノーベル賞に最も近い国」は、日本、中国、韓国の順だと順位を付けている。中国も自然科学3賞の受賞者はわずか1人なので、平和賞1人のみの韓国と大差ないはずだが、「中国の科学技術の基礎研究は表に出さないので、評価されないだけだ」と主張。それに、華僑や華人も含めればノーベル賞受賞者は少なくないので、実際には日本と大きな差はないとしている。

 それはさておき、韓国がノーベル賞を取れないのはなぜだろうか。記事は、「人口が少ないこと」が理由の1つに考えられると分析。人口が少なければそれだけ不利なうえに、韓国は多くの人材が応用科学の分野に集中し、基礎研究が弱くなったと指摘した。ノーベル賞受賞者を多数輩出している欧州の場合、国ごとの人口は少ないが、欧州には国を超えて学ぶ合う土壌があるのでアジアとは違うとしている。

 また、「工業化が始まった時期が遅かったこと」も関係していると主張。日本と中国はそれぞれ明治維新と洋務運動の時期に工業化が始まったが、「韓国は日中よりスタートがかなり遅れた」としている。また、日中両国は政府が先頭に立って科学技術を段階的に向上させてきたが、韓国にはそれがないとも指摘した。

 韓国は近年発展が進み、アジアの先進国とみなされるようになったが、その韓国でこれだけノーベル賞受賞者が出ないというのは不思議なほどだ。しかし、それよりも不思議なのは、同じように賞をほとんど取っていない自国を、日本と同列扱いにして韓国と比較している中国ではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1694053?page=1

続きを読む

【朝鮮日報】ノーベル科学賞韓国人受賞者第1号になれる…彼らならば 10年以内にノーベル賞クラスの軌道に乗る

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/14(水) 11:23:21.76 ID:CAP_USER
 2020年ノーベル科学賞(物理・化学・生理学・医学賞)の受賞者が発表されたが、今年も韓国人の受賞者はいなかった。ヒョン・テクファン・ソウル大学教授が化学賞候補に挙がっただけだ。ノーベル科学賞は1901年から今年までで32カ国の624人が受賞した。米国・英国・ドイツ・フランス・日本は受賞者を数百-数十人輩出している。中国からは3人、インドからは2人出たし、トルコ・モロッコ・ルクセンブルク・パキスタンも1人ずつ受賞している。しかし、120年間で韓国の受賞者は1人もいない。

 それでも韓国の科学の未来はある。韓国の経済規模や教育水準は先進国にかなり近づいている。韓国の国内総生産(GDP)における研究・開発(R&D)投資比率は既に世界最高レベルだ。ここに黙々と研究に没頭し、世界の科学界の注目を浴びている40代の若い科学者たちがいる。

 本紙は13日、韓国科学技術翰林院(The Korean Academy of Science and Technology=KAST)と共に、新素材・人工知能(AI)・医学などの分野で世界的に頭角を現している若い科学者6人を選定した。KASTは韓国の科学技術分野における第一人者たちが会員となっている、韓国で最も権威のある科学者団体だ。

 ナム・ギテ・ソウル大学材料工学部教授(43)は人工光合成など生命体の原理をまねた新素材を研究している。キム・ヒョンボム延世大学医学部教授(45)は「遺伝子のハサミ」の効率をAIで予測した医科学者だ。ソ・チャンホ韓国科学技術院電気・電子工学部教授(42)は自律走行車の衝突予測システムなどにAIを適用している。キム・ボムギョン延世大学医学部教授(42)はB型肝炎による肝臓がん発生を予測できるモデルを開発した。チエ・ジェミン漢陽大学生命科学科教授(43)は自己免疫疾患研究で、パク・ホソク成均館大学化学工学部教授(43)は安全で高性能のエネルギー貯蔵装置開発分野で注目されている。

 ハン・ミングKAST院長は「国内の若い科学者のうち、10年以内にノーベル賞クラスの軌道に乗る人は多い。政府と企業が長期的に見て可能性のある研究者を支えてくれれば、まもなく具体的な成果が出てくるだろう」と語った。

朝鮮日報日本語版 10/14(水) 11:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/8858d9ad4b2d56094141c74ef8c33eafb458f156

(写真:朝鮮日報日本語版) ▲ナム・ギテ教授 キム・ヒョンボム教授 ソ・チャンホ教授 キム・ボムギョン教授 チエ・ジェミン教授 パク・ホソク教授
no title

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト