脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ノーベル賞

【ノーベル賞】 情報分析会社が今年のノーベル賞候補17人を発表~韓国人ゼロでも韓国の研究所から一人選ばれる

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/20(木) 16:19:59.43 ID:CAP_USER
no title

▲2018年被引用優秀研究者17人のイラスト(クラリベイト・アナリティクス提供)

来る10月、ノーベル賞受賞者発表を控えて「ノーベル賞ピンセット」と呼ばれるクラリベイト・アナリティクスが有力候補17人を選定した。残念ながら韓国人は名簿にただ1人もいない。

情報分析サービス企業クラリベイト・アナリティクス(旧トムソンロイター)は2018年ノーベル賞を受けると予想される世界の研究者17人を選定して20日発表した。分野別に医学生理学賞3人、物理学賞6人、化学賞3人、経済学賞5人だ。

候補者名簿に韓国人はないが蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)特別教授兼基礎科学研究院(IBS)多次元炭素材料研究団長の米国人ロドニー・ラオフ(Rodney Ruoff)教授がノーベル物理学賞候補に含まれている。

ラオフ教授はグラフェン・カーボンナノチューブのように、ナノサイズの炭素材料の構造と特性の研究の専門家だ。炭素素材を土台にした「スーパーキャパシタ(Super capacitor)」研究が重要だった。スーパーキャパシタは高性能大容量電気保存装置だ。2008年に「ナノレターズ(Nano Letters)」に発表したこの研究結果は合計6431回引用された。

選ばれた17人中11人は北米地域の教育機関で活動している。ラオフ教授を含む6人は英国・フランス・ドイツ・スペイン・日本・韓国で活動中だ。

今年も候補群に日本人が含まれている。ミノル・カネヒサ(金久實)京都大教授は医学整理学賞候補に名前を上げた。金久教授は京都遺伝子およびゲノム百科事典(KEGG)を開発した。日本は2016年、大隅良典、東京工業大教授のオートファジーの研究成果でノーベル医学生理学賞を受賞した。

2002年から2017年までクラリベイトが予測した研究者のうち実際にノーベル賞を受賞した人は46人に達し、この中で27人は名簿に名前が上げられてから2年以内にノーベル賞を受賞した。クラリベイトがノーベル賞ピンセットと呼ばれる理由だ。

ソース:東亜日報(韓国語) 今年ノーベル賞候補者17人議論…韓国人候補は「0人」
http://news.donga.com/list/3/02/20180920/92099423/1

関連記事:zakzak<クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞」を発表 2018年 日本からの受賞者は1名 ~京都大学 金久實氏(医学・生理学 )~>
http://www.sankeibiz.jp/business/news/180920/prl1809201414038-n1.htm
クラリベイト・アナリティクス(英語)Clarivate Analytics Reveals Annual Forecast of Future Nobel Prize Recipients
https://clarivate.com/blog/uncategorized/clarivate-analytics-reveals-annual-forecast-of-future-nobel-prize-recipients/

関連スレ:【ノーベル賞】 「ノーベル科学賞に偏り、『公平性』に問題」「韓国受賞の可能性は高まっている」~韓国研究財団報告書★2[09/13]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536798749/

続きを読む

【韓国】 「ろうそく革命の精神を世界に広げノーベル平和賞受賞を推進」~『ろうそく革命、市民の叫び』出版

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/18(火) 18:33:45.16 ID:CAP_USER
no title

▲ろうそく革命出版市民委員会チョン・ヨンフン(左側)委員長に<ろうそく革命、市民の叫び>出版の意味をインタビューしているチョ・ヒョンシク(右側)<ハンギョレ:オン>株主通信員
no title

▲『ろうそく革命、市民の叫び』

「平和なろうそく市民革命は世界の民主主義の歴史に長く残る誇らしい私たちの歴史です。市民の参加で、市民の力を集めて記録し本に残したかったのです。」最近<ろうそく革命、市民の叫び>の出版を主導したろうそく革命出版市民委員会チョン・ヨンフン(58・写真)委員長はその日の感激と一緒に厳粛だった状況を回顧した。

「私たち市民のろうそく集会が微弱だったら国会の弾劾決議と憲法裁判所の弾劾容認は可能だったでしょうか?しかも最近明らかになった機動部隊司令室の「戒厳謀議計画」を見る時、ひとつ間違っていれば数多くの無実の市民の生命が犠牲になるところだった、と考えたら今更ながらくらっとします。」
(中略:本作りの苦労)

そのため彼の本に対する愛情と自負心は格別だ。「本を広く知らしめることが残りました。ろうそく革命精神の普及であり、ろうそく精神の継承発展のためですから。市民が主人の国、市民が作り出した偉大な歴史が広く伝わり休むことなしに前進して全世界に影響を与えますから。」

このため出版市民委員会は「ろうそくの叫び実現委員会」(仮称)に切り替える予定だ。「ろうそく市民のノーベル平和賞受賞を推進し、韓半島平和繁栄体制樹立に先頭に立ってろうそく革命精神を完成するのが目標です。」

昨年、31年6カ月の教職生活を終えて名誉退職した彼はハンギョレ創刊株主でもある。試験点数競争教育反対、国立墓地イ・スンマン墓地参拝黙祷批判など正しい教育を体で実践し解職・復職・正直など受難を体験した彼は参加政府(盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権)の時、民主化運動関連者認証も受けた。来る20日午後7時、ソウル市庁8階の多目的ホールで出版記念会が開かれる。

チョ・ヒョンシク<ハンギョレ:オン>株主通信員

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 機動部隊司令室「戒厳謀議」も勝ち抜いた「ろうそく市民精神」伝えなければならない
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/862302.html

関連スレ:【中央日報】100万市民平和的ろうそく集会は歴史的な名誉革命 大韓民国国民の底力を見せた誇らしい日だった[11/14] [無断転載禁止]©2ch.net
https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1479084706/

続きを読む

【韓国】 米NBC「対北朝鮮外交スタイル、ムン大統領はカメでトランプはウサギ。ノーベル賞にふさわしいのはムン」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/14(金) 13:39:57.63 ID:CAP_USER
no title

▲米NBC「対北朝鮮外交スタイル、ムン大統領は亀トランプはウサギ」記事の写真

米国外交専門家が北朝鮮非核化交渉方式と関連してムン・ジェイン大統領を「亀」に、ドナルド・トランプ米国大統領を「ウサギ」に各々比喩した。ムン大統領は非核化外交のために着実に力をつくすスタイルである一方、トランプ大統領は速度を重視するということだ。

米NBC放送は11日(現地時間)、韓米首脳の交渉スタイルを比較したジョージ・ロペス(George Lopez)元国連対北制裁委員会専門家パネル委員の発言を伝えた。

ロペスは「トランプ大統領はウサギに例えられる」として「トランプ大統領は不安定な約束と大層な宣言を土台にした速度戦を通じて外交レースで勝利を占めるために努力している」と話した。彼は引き続き「ムン大統領の交渉スタイルは亀と同じだ」とし、「ムン大統領はゆっくり、そして着実に行きながらデテールに注目している」と分析した。

同放送はまた、ムン大統領は非核化交渉初期から「キードライバー(key driver)だった」と高く評価した。それと共にムン大統領はトランプ大統領が北朝鮮非核化の成果でノーベル平和賞候補に推薦されるべきと明らかにしたが、トランプ大統領ではなく他の人が推薦されるなムン大統領だろうと伝えた。

米シンクタンク、ウッドロー・ウィルソンセンターのエイブラハム・デンマーク(Abraham Denmark)局長もムン大統領を高く評価した。彼は「現在二つの外交トラックが並んで作動している」として「一つは韓国が主導する(南北)平和トラックで、もう一つは米国が率いる非核化トラック。今までは平和トラックがはるかに多くの成果を作り出した」と話した。

NBC放送はムン大統領が非核化よりは南北関係進展に重点を置いていると見た。核政策専門家ジェフリー・ルイス(Jeffrey Lewis)は「ムン大統領は北朝鮮の武装解除可否は念頭に置いていない」として「ムン大統領の目標はトランプ大統領を満足させるほどの点数を上げること」と話した。

もちろん米国内の官民にムン大統領に対する賛辞だけ存在するのではない。同放送は韓米関係に対する懐疑的な見解も伝えた。放送はまた、韓米両国が非核化交渉にあって現在まで大きな衝突なしに無難に協力してきたが、迅速な結果を望むトランプ大統領の意地と漸進的発展を望むムン大統領の期待の間で韓米関係が圧迫を受ける可能性もあると指摘した。

ワシントン=ハ・ユネ特派員

ソース:国民日報(韓国語) 米NBC「対北朝鮮外交スタイル、ムン大統領は亀トランプはウサギ」
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924007086

関連記事:NBC” South Korea's talks with North are going well, unlike Trump's”
https://www.nbcnews.com/news/north-korea/north-korea-s-talks-south-are-going-well-unlike-trump-n907416

続きを読む

【韓国】 「ノーベル賞級科学者」元ソウル大学教授、数千億ウォン台の特許を横領~国家研究開発費支援受けて開発したもの

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/09(日) 20:03:46.36 ID:CAP_USER
no title

▲キム・ジンスIBS遺伝体矯正研究団長(元ソウル大学教授)=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 世界トップクラスの科学者とされる元ソウル大学教授が、在職当時に数千億ウォン台の価値の世界的特許を自分が最大株主の会社に横流しした事実が明らかになった。ソウル大学は「業務上背任罪での告発が可能」という内部文書を作っておきながら1年間処置をせず、取材が始まってから「監査をする」と明らかにした。

 7日、「ハンギョレ21」の取材結果と共に民主党のパク・ヨンジン議員室がソウル大学から受け取った資料を総合すると、キム・ジンス基礎科学研究院(IBS)遺伝体矯正研究団長は、2012~2013年のソウル大学在職当時、同僚たちと開発した「クリスパー・キャス9」(CRISPR/Cas9、以下クリスパー)遺伝子編集源泉技術と関連し、ソウル大学に虚偽の職務発明申告をし、自分の会社であるToolGenに特許を横流しした。クリスパー技術は遺伝子組換え生物の開発、難病治療などに利用することができ、世界的に注目されている。

 ToolGenとキム元教授は、このように横取りしたクリスパーの特許で大きな利益を得た。ToolGenが2014年6月「KONEX」(中小企業向け株式市場)に初めて上場したとき、株式価値は一株当たり2100ウォン(約207円)に過ぎなかった。しかし、2015~2016年にクリスパー技術が国内外に特許登録されたことで株価が急騰しはじめ、7日現在は一株当たり12万5千ウォン(約1万2300円、時価総額約8千億ウォン=約800億円)にのぼる。キム元教授はToolGenの創業者であり、株式の21.3%を持つ最大株主だ。

 キム元教授は、2016年に韓国研究財団が国内の基礎科学分野の研究者144人に聞いた結果、「ノーベル科学賞にもっとも近い韓国の研究者」の一人に選ばれた。

 クリスパー技術は、細菌の免疫システムを利用し、細胞内の遺伝情報を自由に編集できる3世代の遺伝子編集技術だ。科学分野の代表誌「サイエンス」は「2015今年の革新技術」の1位にキム・ジンス元教授らのクリスパー遺伝子編集を選定した。

 ソウル大学在職当時、キム元教授が開発したクリスパー技術は国民の税金で作られた。キム元教授チームは2010年から2014年まで韓国研究財団の創意研究事業として29億3600万ウォンの支援を受け、この技術を完成させた。「発明振興法」などによって国公立学校の教職員の職務発明または国家研究開発費を支援された職務発明の特許所有権は、当該研究者の所属機関の専従組織にある。これによってクリスパー技術に関連する特許の所有権は、ソウル大学の産学協力団にあるべきだが、実際には民間企業のToolGenが2012~2013年に米国・欧州・韓国・中国・日本・インドなどに単独で特許を出願した。

 キム元教授は特許権がToolGenに行くようにソウル大学に虚偽の職務発明を申告した。彼がソウル大学の産学協力団に2012年11月16日提出したクリスパーの核心特許(出願番号61/717,324)に関連する職務発明申告書を見ると、韓国研究財団の支援を受けたという内容が抜けている。この研究には国民の税金が使われていないと虚偽申告したのだ。代わりに、自分の所有する民間企業ToolGenが100パーセント研究費を支給したように見せかけた。また、クリスパー技術開発と大きく関係のない2010年に行われた小型研究課題2件を持ち込んで職務発明申告書に書いた。キム元教授は「ハンギョレ21」に「韓国研究財団で支援した研究費とクリスパー技術開発は関係がない」と話した。

 しかし、キム元教授の在職当時の研究室の事情をよく知る複数の関係者は「ハンギョレ21」とのインタビューで、「キム元教授がソウル大学に申告した職務発明の申告内容は完全に嘘」だと話した。彼らは「研究室は2012年夏、ジェニファー・ダウドナ(米国カリフォルニア大学バークレー校教授)がクリスパー技術を初めて発見した後になってクリスパー研究を始めた。当時、(キム教授チームの)クリスパー研究に投入された研究費は全て韓国研究財団が支援した金」だとし、「研究費の使用内訳を調査すればすぐに明らかになるだろう」と話した。
(後略:ソウル大学の対応)

ピョン・ジミン「ハンギョレ21」記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/861184.html
韓国語原文入力:2018-09-07 22:29 訳M.C

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<「ノーベル賞級科学者」元ソウル大学教授、数千億ウォン台の特許を横領>
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31580.html

続きを読む

【ノーベル賞】 韓国の科学者の半分「10年以内に科学分野のノーベル賞受賞者は出ないだろう」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/05(水) 13:14:21.92 ID:CAP_USER
no title

▲キム・ピッネリ教授

1901年ノーベル賞制定後、科学分野で受賞した韓国人は一人もいない。隣国の日本はすでに23人が受賞した。ノーベル賞シーズンに入る10月になれば相対的剥奪感に苦しめられて久しい。

科学技術界ではノーベル賞受賞が基礎科学水準を計る尺度や科学技術政策の目標にはならないとしても、科学に対する国民的関心を呼び起こして支援と投資を拡大するモメンタム(勢い)になりうることには同意する。

今回のアンケート調査で回答者の半分は今後10年以内に韓国人が科学分野のノーベル賞を受賞する可能性はないと答えた。受賞可能性があるという回答は17.3パーセントに過ぎなかった。

このうち最も多くの支持を受けた科学者はキム・ピッネリ、ソウル大生命工学部教授だ。基礎科学研究院(IBS)RNA研究団を率いるキム教授は生命延長と関連した遺伝子調節物質であるマイクロRNA分野の研究で世界最高水準の成果を出している。今回の調査には合計16人がノーベル賞受賞の可能性を占った。

ユ・リョンKAIST化学科特任教授とパク・ナムギュ成均館大化学工学部教授は各々4人と3人が支持した。機能性メゾナノ多孔性炭素物質およびゼオライト分野の開拓者と呼ばれるユ教授は2010年代に入りノーベル化学賞受賞予測人物として着実に議論される。

また、効率が優れた固体型ペロブスカイト太陽電池を世界で最初に開発して新再生エネルギー分野で頭角を現わしているパク教授は昨年、情報分析サービス「クラリベイト・アナリティクス(前トムソンロイター知的財産および科学分野事業部)」が近い将来、ノーベル賞を受けると予想される「被引用優秀研究者22人」に選ばたこともある。

/ソン・ヘンギョン記者

ソース:ソウル経済(韓国語) [基礎科学なしで革新成長ない]科学者半分「10年内ノーベル賞受賞者出てこないこと」
http://www.sedaily.com/NewsView/1S4I8NJRP8

関連スレ:【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定~韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」★4[08/29]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535633824/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト