脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ノーベル賞

【中央日報コラム】ノーベル賞受賞研究は一日で出てくるものではない=韓国

1: 昆虫図鑑 ★ 2023/11/20(月) 16:12:25.54 ID:3NU2Xjbd
10年ほど前、ある企業の役員陣と技術チャンピオン企業になるためのいくつかの戦略について議論したことがあった。興味深い議論をしながら、その企業の未来に希望と期待を抱くことになった。雰囲気が突然変わったのは、景気が悪化して新しい最高経営責任者が就任してからだった。コスト削減と効率性が最優先目標となり、真っ先に手をつけたところが技術開発に関連する組織だった。お金がかかるがすぐに役立たないという理由ですぐにリストラ対象となり、予算は実際に削減された。

役員陣と進めていた議論も当然中断した。景気が良くなって新しく登場した最高経営責任者は改めて技術中心企業を宣言し、研究開発投資をすると明らかにしたが、成果は伴わなかった。これでは企業の技術力蓄積は不可能だと直感した。

(略)

その後また研究員を雇用するため投資を増やしても問題はある。蓄積されたレベルまで回復するだけでも歳月がかかる。結論的に技術開発では投資の変動性が大きくなれば、技術は蓄積されるのではなく、むしろ築いた基盤までも消失するという点が重要だ。遠くを眺めることもなく、来年度の国家研究開発予算が突然、大幅削減されたケースを考えればよい。この急激な変化は研究開発投資の変動性を高め、予測の可能性を落とすという側面で、今後の数年間、韓国革新生態系の蓄積基盤を脆弱にする可能性が高い。

◆2015年にノーベル生理学賞を受賞した中国人

中でも長期的な基礎研究とこれを遂行する人に対する投資が減ったのは痛恨の部分だ。生涯にわたりクソニンジンの研究をした結果、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した中国のト・ユウユウ氏は博士学位も海外留学経験もなかった。さらに科学院や工程院の院士でもない「3無」研究者だった。しかし少ない月給を受けながらも研究を続けることができた。

mRNA研究で今年ノーベル生理学・医学賞を受賞したカリコー・カタリン教授も希望のない研究という批判を受けて教授職から追い出されたが、研究員の席を維持しながら研究を続け、その結果、人類を救った新型コロナワクチン技術の先駆者になった。基礎研究に身を置く人たちが挑戦的な疑問を捨てず蓄積を継続できるよう後押しした国家的な投資がなかったとすれば、ノーベル賞を受賞していたかは分からない。

いま国家的に戦略技術に対する戦略が話題だが、先進国レベルに達する韓国が望む戦略技術は長期的な基礎研究の基盤なしには達成不可能なものがほとんどだ。長期的な観点の基礎研究、そしてこれを遂行する人、特に未来の世代に対する投資なしには国家戦略技術も土台のない砂の城にすぎない。

◆短期的相対評価の危険性

もう一つ致命的な部分は、相対評価で成果のない課題を周期的に構造調整するという政策方向だ。マシンラーニングの創始者と呼ばれるジェフリー・ヒントン、ヤン・ルカン、ヨシュア・ベンジオは2004年、カナダ高等研究院(CIFAR)から研究を10年間支援するという約束を受けた。人工知能の冬であり、誰が見ても短期的な成果を期待するのが難しかった。予想された通り数年間は目立った成果はなかった。しかし2012年にイメージ認識コンテストでディープラーニング技術を活用して圧倒的な成果を見せ、人工知能の新たな春を開いた。

半面、韓国は短期的な成果に執着してきた過去の慣行のように、人工知能先進国に追いつくための戦略をつくるのに今も忙しい。その間、政府の研究開発投資に関連して過度な課題細分化、戦略性不足、不正使用、倫理問題などいくつかの問題が指摘された。これを改善するための制度的革新と科学技術界内部の自浄努力はさらに激しく進行されなければいけない。

しかし投資総量の急激な変動、基礎技術と人に対する投資縮小、相対評価の導入は別の問題だ。これらが韓国の革新生態系の蓄積を崩壊させ、また追撃時代に退行させるマイナスの効果をもたらさないか心配だ。

イ・ジョンドン/ソウル大工大教授

https://news.yahoo.co.jp/articles/fa9a2302b2dcd546cbaf75c0023eec5ccb6af4e8

続きを読む

【中央日報】 「ノーベル賞後進国」いつまで放置するのか=韓国

1: 仮面ウニダー ★ 2023/10/11(水) 07:45:36.87 ID:w2Kwltvq
毎年秋になるとノーベル賞受賞者発表のニュースが関心を集める。
今年も生理医学賞をはじめ平和賞まで6部門の受賞者が発表された。
すべての受賞者が話題だが、ハンガリー出身のカタリン・カリコ博士は映画のように劇的な人生で特に注目された。

生命工学企業ビオンテックの上級副社長として在職中のカリコ博士は米ペンシルベニア大学のドリュー・ワイスマン教授とともに
生理医学賞共同受賞者に選ばれた。新型コロナウイルスに対抗する人類の武器であるmRNAワクチンの核心技術を開発した功労だ。
保守的なノーベル賞委員会がmRNAのように現在も開発中である技術に賞を贈った点も異例だが
世間の基準として見ると大きな経歴がない人物が主人公である点も興味深い。

ハンガリー生まれのカリコ博士は大学生時代からその後の生涯の課題となったこの分野に関心を持った。
ハンガリーは科学分野だけでノーベル賞受賞者を9人も出している。
19世紀に医師の手の汚染により妊婦の死亡率が高まるという事実を明らかにし、
消毒法で多くの妊婦を生かした科学者イグナッツ・ゼンメルワイスもハンガリー出身で、
カリコ博士はゼンメルワイスを含むハンガリー科学者の「学問的後裔」だ。

カリコ博士は生涯の課題であるmRNA研究を正しく遂行しようと米国に渡り苦労の末にペンシルベニア大学で教授職を得た。
だが学問的に注目されることはなく成果もすぐには出てこないmRNA研究に没頭する彼女に大学は寛容を無制限で施さなかった。
10年余りにわたり成果を出せず彼女は教授職を失い研究員に降格され、年俸も半分に削減された。

普通はこうした場合、学界では侮辱に耐えられず辞職する。
だが彼女は研究をしっかりできるインフラが整ったペンシルベニア大学に残る道を選んだ。
彼女の風よけを自任したのが今回ノーベル賞の共同受賞者であるワイスマン教授だった。

こうしたカリコ博士の人間勝利の話は映画にしても良いほど劇的だ。人々は彼女の強靭な意志と努力に賛辞を送るが、
彼女の成功談を可能にさせた背景は見過ごしている。
もしペンシルベニア大学のしっかりとした研究インフラがなかったとすれば彼女のストーリーは可能だっただろうか。
ー中略ー

だから教授から研究員に降格されてもそのインフラに残る道を選び、そこで再び機会を得て研究を継続する。
「敗者復活戦」が可能になるのだ。人類がコロナと戦い負けないのもこうしたインフラのおかげだ。韓国の現実はどうなのか。
言葉ではだれもが研究インフラの重要性を力説するが、まともに実践するのかは疑問だ。
豊富でない国家研究費予算から3兆4000億ウォンが削減されても、政策担当者も政界も深刻に思わない。
その上で韓国からノーベル賞が出てこないとして糾弾する。

ノーベル賞を作るのはカリコ博士のように10年間成果のないまま井戸を掘り続けても抱えてくれるインフラなのに、
木になった実を見るだけでそれを育てた土地や農夫の隠れた努力は考えない。
韓国にはカリコ博士のような「不良研究者」を抱える所はない。
有能な若い研究者が基礎科学研究にまい進する「愚かな冒険」をどうしてするだろうか。

韓国は「ノーベル賞後進国」だ。ノーベル賞を取れなくて後進国なのではなく、
ノーベル賞を取れるほどの人材を枯死させるので後進国だ。
韓国の人材だけでなく他国の人材まで引き込んで抱える研究インフラを作ることが本当に不可能なことなのか、
カリコ博士のノーベル賞受賞のニュースを聞いていま一度考えてみる。

イ・ジェヨン/ソウル大学英語英文学科教授、元人文学部長
◇外部執筆者のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります

2023.10.10 09:49
https://japanese.joins.com/JArticle/309940

続きを読む

韓国の大学の「ノーベル賞を受賞する方法」と題する討論会 外国人教授「韓国に来るまで、このような討論会は聞いたことがなかった」

1: 昆虫図鑑 ★ 2023/10/04(水) 08:45:03.18 ID:6CfrKHj1
 またノーベル賞の季節がめぐって来た。1901年の最初の授与からの歴史も今や122年。生理学・医学賞、物理学賞、化学賞の受賞者が増えてきたことに伴い、統計を分析してノーベル賞の流れと現代科学の素顔を明らかにしようという研究も現れている。

 何より統計で非常に目立つのは女性受賞者の少なさだ。韓国研究財団が2019年にまとめた科学分野のノーベル賞の分析報告書によれば、1901年から2018年までの607人の受賞者の97%は男性で、女性は3%に過ぎなかった。もちろん条件と環境のせいで女性科学者が少なかったからでもあるが、それでも行き過ぎた偏重の問題はノーベル財団も重視しているようだ。ノーベル財団は公式ウェブサイトに女性受賞者のページを設け、将来の女性科学者を激励している。科学界に進出する女性研究者が増えたことで、女性受賞者は過去100年間(1901~2000)で11人だけだったが、この22年間では13人出ている。

 そして、単独受賞が多かった初期に比べ、共同受賞(最大3人)が増えているのも目につく。共同受賞のすう勢は1950年代以降に明確になり、最近は2、3人の共同受賞の方が一般的だ。共同研究が増え、似たような研究で多くの科学者が競争しつつ協力するという、最近の科学の特徴をよく示している。

 ノーベル化学賞が次第に伝統的な化学の領域から脱しつつあるとの指摘も目を引く。最近ではDNAやたんぱく質のような生体分子を扱う生化学者が生理学・医学賞だけでなく化学賞を受賞する例がしばしば見られるが、このようなすう勢は化学賞本来の性格が薄まりつつあることを示しているという。米国の化学史研究者ジェフリー・シーマンはオンラインメディア「ザ・カンバセーション」への先日の寄稿で「受賞者を選定するノーベル化学賞委員会の生化学者の割合は、1910年代の10%から2000年代には50%に増加」していることをその背景として分析している。

 「ノーベル賞受賞までのタイムラグ」は長期化している。科学ジャーナル「ネイチャー」は最近、受賞までにかかる期間は1960年代の2倍以上になっていると分析した論文を引用し、受賞者のほぼ半数が研究業績を発表してから20年待たなければならなかったと報道した。もちろんmRNAワクチンの研究者たちが3年で超高速受賞した今年のような例外もあるが、タイムラグの長期化はすう勢となっている。引用された論文によると、この10年間のタイムラグは化学賞で最も長く平均30年で、最も短い生理学・医学賞でも26年にもなる。「ネイチャー」は、現代科学においてはパラダイムを変えるほどの画期的な研究や発見が減っていることを示すシグナルかもしれないと解説する。

 毎年10月になると、世界中のメディアが同時にノーベル賞に注目する。1世紀以上にわたって最高の権威を保ってきた科学賞だからだ。しかし、受賞だけが目標になってしまうと異様に執着していると思われてしまう。韓国の大学の外国人教授が、学内に掲げられている「ノーベル賞を受賞する方法」と題する討論会のバナーを見て「韓国に来るまで、このようなテーマの討論会は聞いたことがなかった」と語っていたことが思い出される。基礎研究環境を整え、支援しつつ待つという研究文化がまず強固になってこそ、それを土台として独創的な成果も得られるはずだ。

オ・チョルウ|ハンバッ大学講師(科学技術学)
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/47973.html

続きを読む

やってきたノーベル賞シーズン、指をくわえて見ているだけの韓国 毎年有力候補が挙げられる日本と比較せざるをえない

1: 昆虫図鑑 ★ 2023/10/03(火) 08:19:41.13 ID:S4BjxxR+
ノーベル賞シーズンが始まった。スウェーデンノーベル委員会によると、2日の生理学・医学賞を皮切りに、3日に物理学賞、4日に化学賞など科学部門の受賞者発表が続く。5日には文学賞、6日には平和賞、9日には経済学の受賞者が公開される。ノーベル賞はダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルの母国であるスウェーデンだけではなく、世界中が認める世界最高の賞だ。特に科学技術世界では他の名高い賞でさえ「○○分野のノーベル賞」という別称がつくほどノーベル賞の権威は特別だ。ノーベル科学賞受賞者の名簿を時代別に並べてみると、それ自体が人類の科学発展の歴史という事実がノーベル賞の位置を新たに確認させる。

韓国社会は毎年9~10月になれば「ノーベル賞煩い」で忙しくなる。学界や関連団体ではノーベル賞関連行事が相次いで開かれる。毎年受賞者発表シーズンになると、韓国内の誰が有力な候補なのかという話が出回りはするが、結局何もなしで終わる。隣国の日本と比較して「我々は何をしているのか」という嘆きも続く。「国内総生産(GDP)に対する研究開発(R&D)投資は世界1、2位を誇るのに、ノーベル賞をなぜ受賞できないのか」という批判が出てくることもある。発表が残っているので見守るしかないが、今年も韓国のノーベル科学賞受賞者の輩出は難しいものとみられる。

ノーベル賞予測で有名な学術分析機関クラリベイト・アナリティクスが挙げた候補の中には韓国人科学者は一人もいない。すでに25人のノーベル科学賞受賞者を輩出し、毎年有力候補が挙げられる日本と比較せざるをえない。ノーベル科学賞は基礎科学領域に与えられる賞だ。新しい分野で先駆的研究を行い、その研究が人類に多大な貢献をした時に受賞することができる。このために今日偉大な科学的発見をしたからといってすぐに受賞できる場合は珍しい。韓国研究財団によると、ノーベル科学賞受賞者は「30歳以前に博士学位を終えて独自研究を始め、40代でノーベル賞を受賞するほどの研究を完成した人」が主流をなしている。50代半ばに研究結果が学界の注目を浴びて、50代後半に差し掛かって該当分野の最高権威者になってノーベル賞を受賞する場合が大部分だ。

先進国の追撃に忙しかった韓国社会が基礎科学に本格的に投資するようになってからそれほど経っていない。2011年には世界的水準の基礎科学研究のために「基礎科学研究院(IBS)」を設立した。韓国が科学研究の「ファーストムーバー」(先導国家)として飛躍するためには基礎科学に対する持続的な投資が必要だ。だが、韓国政府が発表した来年予算案ではR&D部門は今年に比べて16.6%も削減された。深刻な財政赤字のためだとしても総予算案は2.8%増えた。水準の高い研究が引き続き行われ、国家の体質が「ファーストムーバー」型に変わってこそノーベル賞にも近づくことができる。

https://japanese.joins.com/JArticle/309684?servcode=100§code=110

続きを読む

【ハンギョレ新聞】ソウルに集まったノーベル賞受賞者ら「韓国の研究開発予算削減、科学界に打撃与える」

1: 昆虫図鑑 ★ 2023/09/27(水) 09:00:23.37 ID:APTjg6h3
「ノーベルプライズ・ダイアローグ・ソウル2023」行事で

 ノーベル賞受賞者たちが、韓国政府の研究開発(R&D)予算削減編成に関し、一斉に懸念を表明した。

 2010年にノーベル物理学賞を受賞したコンスタンチン・ノボセロフ教授(英マンチェスター大学)は24日、ソウル江南区(カンナムグ)のCOEXで開かれた「ノーベルプライズ・ダイアローグ・ソウル2023」に先立って行われた記者懇談会で、「知り合いの韓国の研究者たちが、最近(政府の予算削減が予告され)厳しい状況だと話している」とし、「予算削減が全般的に韓国の科学界に打撃を与えうる」と述べた。

 ノーベル賞の知識と価値を全世界に広めるために開かれたこの日の行事には、ノボセロフ教授をはじめ、ノーベル賞受賞者5人が参加。この場に集まった受賞者たちは、韓国政府が来年度のR&D予算を今年より16.6%(5兆2千億ウォン)も減らすことにしたことに対して一斉に懸念を示し、「政府が科学を支援しなければならないという認識を持つべきだ」と助言した。

 2006年ノーベル物理学賞受賞者であるジョージ・スムート教授(香港科学技術大学)は「基礎科学に投資すれば100倍以上の利益を得ることができるが、問題は時間が必要だということ」と述べた。さらに「韓国は天然資源がない国なのに技術に投資して経済10位圏の国家となった」とし、「韓国政府は経済発展のためにも基礎科学に支援すべきだ」と強調した。

 2013年ノーベル化学賞受賞者のマイケル・レビット教授(米スタンフォード大学)も「今回、韓国政府が研究・開発予算を削減した理由に妥当性があるかは分からない」としつつも「予算削減は決して良い結果を生まない。未来に重要なのは教育、科学技術への投資だ」と強調した。

 2017年ノーベル化学賞受賞者のヨアヒム・フランク教授(米コロンビア大学)は「政府の科学技術投資や支援が科学者に圧力として作用してはならない」として「特定方向に研究が進むことを願ってはならない」と語った。

 ノーベル財団のビダル・ヘルゲセン理事長も、韓国の政治状況などに対する言及は避けながらも「科学・教育・研究分野における長期的な投資と国ごとの成功事例輩出には相関関係がある。ノーベル賞受賞者数だけ見てもたやすく分かる」と述べた。

 一方、野党「共に民主党」のチョン・ピルモ議員は同日、来年度のR&D予算が16.6%削減で確定した場合、25の政府支援研究機関の研修職の研究員1200人以上が削減されるという見通しを示した。この減員規模は、研修職1人当りの人件費を今年水準に維持し、支援年ごとに来年度の予算削減比率を適用した結果だ。

 同研究機関の研修職の研究員は、ポストドクター研究員、学生研究員、インターンで構成されている。現在、25の研究機関ではポストドクター研究員1087人、学生研究員3089人、インターン715人など計4891人が働いている。

キ・ミンド記者

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/47942.html

続きを読む
スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト