脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ドイツ

【メルケル首相】WTO事務局長選で「韓国候補が適任者」=韓国ネット「一番は韓国の当選を嫌がっている日本を説得しないと」

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/02(金) 17:29:27.02 ID:CAP_USER
1日、韓国・ソウル経済によると、文在寅大統領がドイツのアンゲラ・メルケル首相と電話会談を行い、世界貿易機関事務局長選に出馬している兪明希産業通商資源部通商交渉本部長への支持を求めた。写真はWTO本部。

2020年10月1日、韓国・ソウル経済によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がドイツのアンゲラ・メルケル首相と電話会談を行い、世界貿易機関(WTO)事務局長選に出馬している兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長への支持を求めた。

記事によると、両首脳が直接会話したのは2018年10月のASEM首脳会議の際にベルギーのブリュッセルで首脳会談を行って以降、約2年ぶりのこと。

文大統領は兪本部長について「多者間貿易体制の守護と発展がWTOを中心に行われるべきという韓国の確固たる信念を実現できるビジョンと能力を備えている人」と説明し、「WTOを発展させ、信頼を回復させられる適任者だ」と紹介した。これに対しメルケル首相は「韓国の兪候補が能力と専門性を持ち合わせた適任者だと考えている」と述べたという。

これに韓国のネットユーザーからは「文大統領はいつも韓国のために頑張っている」「やはり文大統領の外交は真実味があっていい」「きっとうまくいくだろう。世界のトレンドは今、韓国だから」など称賛や期待の声が上がっている。また「日本は今、とても緊張しているだろう。WTOの首長が韓国から選ばれたらどんな反応を見せるかな」との声も。

一方で「一番は韓国の当選を嫌がっている日本を説得しないと」と指摘する声や「当選した後、潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長のように『歴代最悪』と言われるのではないかと不安だ」と懸念する声も見られた。

今回のWTO事務局長選は、兪本部長ら8人の候補が計3ラウンドを戦っている。このほど行われた第1ラウンドでは支持率の低かったメキシコのヘスス・セアデ外務次官、エジプトのハミド・マムドゥ弁護士、モルドバのトゥドル・ウリアノブスキ元駐ジュネーブ大使の3人が脱落した。

また、兪本部長は日本の対韓半導体材料の輸出規制強化措置に強く反発し、WTO訴訟を主導してきた人物でもある。そのため日本では、今回の選挙について「兪本部長が当選して影響力を行使すれば日本が不利になる可能性もある」と懸念する声も上がっている。
(翻訳・編集/堂本)

Record China10月2日(金)17時0分
Copyright 2020 Record China. All Rights Reserved.
https://www.recordchina.co.jp/b839911-s0-c10-d0058.html

関連スレ
【文在寅大統領】「兪明希WTO事務総長候補の支持要請」に対し、メルケル首相「能力と専門知識を備えた適任者だ」 [10/01] [新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601556273/

関連記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/c85b650925d6f72513f0d84942397c7c0f5230da

>選出までは最大2か月間、3回の協議が行われる。1回目の協議では候補8人を5人に絞り込み、2回目ではさらに2人に絞る。最終段階では加盟国の協議で1人を決める。11月初旬には最終決定される見通しだ。

続きを読む

【悲報/速報】ドイツ、韓国G7サミット参加「反対」

1: 動物園φ ★ 2020/07/27(月) 08:52:12.99 ID:CAP_USER

続きを読む

ドイツが戦略転換を示唆「我々は韓国を手本してきたが、これからは日本を手本にするべき」

1: ジャストフェイスロック(長野県) [DK] 2020/05/30(土) 06:46:24.01 ID:pn7O6JcS0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
ドイツの著名なウイルス学者であるシャリテ大学病院のクリスティアン・ドロステン氏が28日、
日本の新型コロナウイルス対策を「近い将来の手本にしなければならない」と語った。
一部の感染者から多くの感染が広がっている現象に注目し、日本のクラスター(感染者集団)対策が感染の第2波を防ぐ決め手になりうるとの考えを示した。

ドロステン氏は新型コロナの検査の「最初の開発者」(メルケル首相)とされ、
ドイツ政府のコロナ対策にも大きな影響力がある。2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の共同発見者としても知られるウイルス学の第一人者だ。

ドイツではドロステン氏が連日配信するポッドキャストの人気が高い。
同氏は28日の放送で「スーパースプレッディング」と呼ばれる一部の感染者から爆発的に感染が広がる現象を取り上げ、
これを防ぐためには対策の修正が必要で、日本の対応に学ぶ必要があるとの考えを示した。

ドロステン氏は、日本はほかのアジア諸国と比べれば厳格な「ロックダウン」なしに感染を押さえ込んでいると指摘。
ひとたびクラスターが見つかれば、検査よりも先に関係者全員を隔離することが戦略の「核心」になっていると説明した。

もともとドイツは、多くの検査で新型コロナを封じ込めた韓国を対策の参考にしてきた。
日本の対策は分かりにくいとの声が強かったが、英語での情報発信が最近増え始めたこともあり、注目が高まりつつある。

いかそ
コロナ対策、日本が「手本」 ドイツ第一人者が指摘、戦略転換も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59793200Q0A530C2EAF000/

続きを読む

【独韓】 韓国人留学生夫婦、独ベルリンでの人種差別暴行

1: 荒波φ ★ 2020/04/27(月) 16:06:29.69 ID:CAP_USER
韓国人留学生夫婦がドイツの首都ベルリンの地下鉄で「コロナ」と言われ、人種差別やセクハラなどをはじめとし、暴行を受ける事件が発生した。

留学生夫婦はドイツ警察が「人種差別主義者と呼んではいけない」として加害者の味方をしたと主張しており、論争が予想される。

27日、聯合ニュースによると事件は26日(現地時間)午前0時20分頃、ドイツ・ベルリンの地下鉄で発生した。

地下鉄7号線(U7)に乗って帰宅中の韓国人留学生夫婦にドイツ人と推定される男性3人と女性2人が近づいてきて数回にわたり「コロナ」と言った。

この男性らは「コロナ、ハッピーコロナデー、コロナパーティー」と言いながら妻のキムさんに向かって手にキスをするような行動も取った。

これらの行為を証拠として残すために、夫婦は携帯電話で動画撮影を始めた。夫の李さんは警察に電話をかけて通報し、その間にこのグループが逃げた。

金さんは彼らを追いかけ、その過程で暴行が発生した。グループの1人の男性が金さんの携帯電話を奪おうとして腕を強くつかみ、他の男性は李さんを押しのけて唾を吐いた。

このような状況を目撃した地下鉄の機関士が警察に通報し、乗り換えフロアにいた女性2人が捕まった。

この女性は「人種差別主義者」と言われたとし、居直ったように警察に問題提起した。これを聞いた警察は夫婦に「そう呼んではならない」と忠告したという。

夫婦は聯合ニュースの電話取材に「警察に『物理的な暴力ではなくコロナと嘲笑することは人種差別ではない』と言われて絶句した」とし「警察官に『ドイツ警察の公式の立場と見てもいいのか』と問うと、その時になって違うと言われた」と説明した。

続けて「当時、警察が事件の受付もしようとしなかった」と述べた。

夫婦は駐独韓国大使館の緊急領事電話を介して大使館に被害に遭った事実を知らせた。大使館側が警察に電話した後にようやくドイツ警察は事件を受理したと伝えられた。


中央日報/中央日報日本語版 2020.04.27 14:49
https://japanese.joins.com/JArticle/265328?servcode=400&sectcode=430

続きを読む

【新型コロナ】 まだ続く賛辞…「米国や日本と違った韓国、結局正しかった」と独シュピーゲル紙

1: 蚯蚓φ ★ 2020/04/10(金) 00:17:37.27 ID:CAP_USER
no title

▲3日午後、ソウル松坡区(ソンパグ)蚕室(チャムシル)総合運動場に用意された徒歩移動型ワーキング スルー選別診療所を訪れた市民が受け付けをしている。

ドイツ代表時事週刊誌シュピーゲルがコロナ19危機を迎えた韓国が米国、日本と異なり防疫に成功した要因を分析した。

6日、発行されたシュピーゲルには「韓国の成功的なコロナ戦略:国家全体を検査する」というタイトルの記事がのせられた。この記事でシュピーゲルは韓国と米国の初期対応が異なっていたとし、迅速性に注目した。シュピーゲルは「韓国の一番目の患者は1月19日、韓国に入国し、それからわずかなうちに米国も最初の患者を発表した。しかし、米国は貴重な何週間を浪費し、その間、韓国はすばやく対応した」と指摘した。

韓国のコロナ19防疫にも危機はあった。2月中旬、新天地の集団感染という予想できない変数に直面した。防疫の成否を分けるこの「分岐点」で韓国政府は速くて正確な検査システムをベースに伝播調査を実施し、再び成功を収めた。

シュピーゲルは「全数検査がなければ、韓国もやはり米国のようになっただろう」としながら「これは全世界から注目された戦略」と明らかにした。

引き続き「韓国はすべての潜在感染者を捜し出して検査した。これは目に見えずに広がるウイルスに人が感染することを防ぐ唯一の戦略」とし「軽症患者と重症患者を区分して医療機関まで保護できる唯一の戦略」と評価した。

「緊急事態」まで宣言した日本と比較する時、韓国が初期から「情報の透明性」で一貫してきた点も卓越した選択だったと強調した。全数調査で無症状患者まで捜し出せば感染者数が急増するが、長期的に感染の危険を低くできる方法、という説明だ。

シュピーゲルは「日本の場合、消極的な検査で感染者数が少ない」と指摘した。

この他に韓国のコロナ19対応が他の国家と違った点として感染者の動線公開をあげた。シュピーゲルは「スマートフォンやクレジットカードで感染者の動線を捜し出すことは私生活の侵害と見ることもできるが、結局、このような措置は国民にもう一つの自由をプレゼントした」として「韓国国民は通行制限なしに生活している」と伝えた。

ソース:マネートゥデイ(韓国語)まだ続く賛辞…"米国・日本と違った韓国、結局正しかった"
https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2020040913592779877

関連スレ:【ドイツ・メルケル政権】ウイルス対策で韓国手本に 検査数1日20万件目指す[3/30]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585578284/
【ドイツ】韓国モデルに検査拡大 新型コロナ対策の内部文書[3/27]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1585308824/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト