脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

スワップ

【スワップ】近く韓米通貨スワップのドル資金貸付が満期…延長の可否に関心 状況を見守って満期延長の可否を決める

1: 新種のホケモン ★ 2020/06/18(木) 11:52:46.40 ID:CAP_USER
3月に締結した韓米通貨スワップのドル資金貸付が満期となる。

韓国銀行が17日に明らかにしたところによると、25日に米連邦準備制度理事会(FRB)との通貨スワップ資金を活用した競争入札方式の外貨貸付79億2000万ドルが満期を迎える。

FRBとの通貨スワップ資金を活用した最初の入札の満期だ。当時韓国銀行は7日物と84日物の2種類で貸付を実行した。7日物が超短期貸付で、貸付規模も10億ドル未満だった点を考慮すると、来週迎える貸付満期が事実上初めてとみることができる。

韓国銀行は今週までにスワップ市場などドル資金市場の状況を見守って満期延長の可否を決めるという立場だ。

最初の貸付満期到来規模が100億ドルに満たないなど貸付規模が大きくなく、外貨資金市場全体に及ぼす影響が限定的で、外貨資金市場でこれを十分に消化できると判断されれば当局は満期延長をしないこともある。韓国金融当局が外貨資金市場の不確実性を解消するために満期延長をしても貸付期間を流動的に調整する可能性もある。

ⓒ 中央日報日本語版 2020.06.18 11:42
https://s.japanese.joins.com/JArticle/267188?servcode=300&sectcode=300

続きを読む

【中央日報】 米国と通貨スワップ締結した韓国、約30%供給…他国は?

1: 荒波φ ★ 2020/05/29(金) 12:20:33.44 ID:CAP_USER
韓国銀行(韓銀)は3月19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と600億ドル規模の通貨スワップ契約を締結した。今月6日まで韓米通貨スワップ資金の入札は6回行われた。

第1-6回の入札によるドル供給額は198億7000万ドルと、韓米通貨スワップ契約限度(約600億ドル)の約30%水準だ。

FRBが3月に韓銀と通貨スワップを締結をする際、計9カ国の中央銀行と通貨スワップ契約を締結した。

韓国・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・シンガポール・スウェーデンの中央銀行とは600億ドル、デンマーク・ノルウェー・ニュージーランドの中央銀行とは300億ドル規模だ。期間は最短で6カ月。

FRBは声明を通じて「世界ドル市場の緊張を緩和し、国内外の家計・企業に対する信用供給に及ぼす影響を減らすため」と明らかにした。

FRBと3月に同時に契約を結んだ他国と比較すると、韓国の通貨スワップ資金活用度は多い方だ。

国際金融センターのイ・サンウォン副専門委員はアジア経済のインタビューで「韓国とシンガポールは、通貨スワップ限度が無制限の英国やスイス劣らず、すでに多くの資金を供給した」とし「日本は2258億ドル、英国は231億ドル、スイスは94億ドルの供給残額を保有中」と明らかにした。

メキシコは66億ドルを供給し、ノルウェーはほとんど応札がない。また、ブラジルとニュージーランドはFRBと通貨スワップを締結したが、ドルの供給はしていない。


中央日報日本語版 2020.05.29 11:43
https://japanese.joins.com/JArticle/266479?servcode=300&sectcode=300

続きを読む

【韓銀ちゃうんかい】トルコ、日本銀行などとスワップ締結迫るとの報道…リラが値上がり

1: 新種のホケモン ★ 2020/05/21(木) 10:08:29.83 ID:CAP_USER
トルコ中央銀行が日本銀行と英イングランド銀行(中央銀行)と通貨スワップを締結するだろうとの報道が出てトルコ・リラが上昇している。ダウ・ジョーンズが19日に報道した。

トルコの現地メディアなどはトルコ中央銀行が日本銀行とイングランド銀行と総額200億ドル規模のスワップ締結に近づいたと報道した。

TDアメリトレードのクリスティアン・マッジョ研究員は「スワップが確定すればリラが強まるだろう。ただしリラが高くなればトルコ中央銀行が21日の通貨政策会議で金利を大幅に下げる可能性も大きくなる」と診断した。

ⓒ 中央日報日本語版 2020.05.21 09:50
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266175?servcode=300&sectcode=300

続きを読む

【やったね韓国】トルコ、韓国に通貨スワップ要請

1: 新種のホケモン ★ 2020/05/19(火) 10:07:38.69 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスの感染拡大で経済的危機を迎えているトルコが、韓国に通貨スワップを公式要請したと、ヘラルド経済が14日報じた。

ヘラルド経済は外交筋を引用し、4月中旬にトルコ政府が在韓トルコ大使館を通じて韓国との通貨スワップ締結を望むという書簡を韓国政府に渡したという。外交筋は「新型コロナ状況と重なってトルコ国内の経済状況が悪化し、韓国に事実上SOSを要請した」とし「両国高官級の電話でも意見が伝えられた」と述べたと、ヘラルド経済は伝えた。

新型コロナ感染拡大以降、トルコリラは対米ドルで大きく値下がりしている。トルコのアルバイラク財務相はG20(20カ国・地域)や米国と通貨スワップを締結すべきとも明らかにした。

一方、現在、韓国は米国、中国、豪州、カナダなど8カ国と2国間通貨スワップを締結している。締結規模は1932億ドル以上で、2017年に締結したカナダとの契約は限度がない。

ⓒ 中央日報日本語版 2020.05.19 10:00
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266084?servcode=300&sectcode=300

続きを読む

【世界二大基軸通貨】駐韓EU大使「企業の流動性のために韓国とEUの通貨スワップ必要」

1: 新種のホケモン ★ 2020/05/12(火) 16:44:15.78 ID:CAP_USER
駐韓欧州連合(EU)大使が新型コロナウイルスによる金融セーフティネット確保に向け韓国とEU間の通貨スワップ締結が必要だと明らかにした。

ミヒャエル・ライテラー駐韓EU大使は12日、ソウルの全経連会館で開かれた招請企業家朝食懇談会で「企業の流動性のため韓国とEU間の通貨スワップが必要だ。(それを通じて)中小企業、零細企業の十分な流動性を確保しなければならない」と明らかにした。

ただ具体的案に対しては韓国銀行次元で欧州中央銀行と議論が必要だと説明した。ライテラー大使は「通貨スワップを締結する欧州中央銀行はユーロを管理する独立的機関。(締結と関連し)韓国が多くの関心を持っているならば韓国銀行総裁が欧州中央銀行総裁と直接話をするのが良い」と明らかにした。

これに先立ち全経連のクォン・テシン副会長はあいさつを通じ「コロナ危機であるいまがまさにウォンとユーロの通貨スワップ締結を積極的に検討すべき時期。世界2大基軸通貨であるユーロとの通貨スワップが韓国とEUの2大経済圏と双方に進出した企業ともに必要な金融セーフティネットであり、象徴的な経済協力装置」と話した。

ⓒ 中央日報日本語版 2020.05.12 16:33
https://s.japanese.joins.com/JArticle/265860?servcode=A00&sectcode=A00

no title

12日に全経連会館で開かれた朝食懇談会に出席したクォン・テシン全経連副会長(左)とミヒャエル・ライテラー駐韓EU大使。[写真 全経連]

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト